ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ヤキメシ」の検索結果

「ヤキメシ」に関連する情報 174件中 1〜10件目

「ヤキメシ」に関連するグルメ情報

ヤキメシ

京都の逸品は新福菜館の中華そば。京都はラーメンが愛されていて京都ラーメンの2大巨塔が第一旭と新福菜館だという。麺はやや太め。美味しさの秘密は真っ黒なスープ。数種類の濃口醤油をブレンドし、豚骨スープをあわせている。2つ目はぎょうざ歩兵のぎょうざ。口の中でとろける餃子は皮が薄く豚の脂が入っている。さらにタレも自家製でまろやか。判定はBが多く中居1人だけ食べられない結果になった。


「ヤキメシ」に関連するグルメ情報

ヤキメシ

今回は箱崎をお散歩。“日勝亭”は創業大正14年の洋食店で、創業以来変わらぬ味は年配の方にも人気が高い。有吉一行は「ハンバーグ」「ビーフカツ」などを試食した。日勝亭へは、東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」より徒歩4分。


「ヤキメシ」に関連するグルメ情報

ヤキメシ

洋食店の作るヤキメシに大興奮!


「ヤキメシ」に関連するグルメ情報

海老のヤキメシ

2軒目の道中に枡アナが結婚したときの話になり、青木は枡の家を出禁になっていると話した。第一子が生まれたときに抱っこしに来たがヒゲをジョリジョリして娘が大泣きし、妻が本気で切れた。その後でヒゲを永久脱毛した。2軒目の取材交渉は青木が挑戦して成功した。内定するまでお互いに知らなかった。顔合わせの時に、待ち合わせが午後7時だけど2人は30分ぐらい前から待っていた。お互いに面識がないので15分ぐらいかけてにじり寄って柱にもたれかかっているときに、確信できたので話しかけた。早く到着したことなど価値観があっているとお互いに思ったという。ポークジンジャーなどそれぞれ別のものを注文したが、枡と青木は同じスプーンで味見などもした。


「ヤキメシ」に関連するグルメ情報

海老のヤキメシ

トークをしていると青木が注文した人気メニューの「ミックスフライ」が到着。そしてウエンツが注文したのは「ポークジンジャー」、桝の「海老のヤキメシ」が到着し、それぞれ味を堪能した。ここで桝と青木の唯一の違いは女性のタイプで、桝は地味で人見知りで、愛想が悪い女性が好きとのことで、八方美人ではなく八方無愛想な人とのこと。


「ヤキメシ」に関連するグルメ情報

ポークジンジャー

トークをしていると青木が注文した人気メニューの「ミックスフライ」が到着。そしてウエンツが注文したのは「ポークジンジャー」、桝の「海老のヤキメシ」が到着し、それぞれ味を堪能した。ここで桝と青木の唯一の違いは女性のタイプで、桝は地味で人見知りで、愛想が悪い女性が好きとのことで、八方美人ではなく八方無愛想な人とのこと。


「ヤキメシ」に関連するグルメ情報

ミックスフライ

トークをしていると青木が注文した人気メニューの「ミックスフライ」が到着。そしてウエンツが注文したのは「ポークジンジャー」、桝の「海老のヤキメシ」が到着し、それぞれ味を堪能した。ここで桝と青木の唯一の違いは女性のタイプで、桝は地味で人見知りで、愛想が悪い女性が好きとのことで、八方美人ではなく八方無愛想な人とのこと。


「ヤキメシ」に関連するレストラン・飲食店

青木が交渉をし「洋食工房 ヒロ」を訪れた。それぞれ好みのメニューを注文したあと、料理が来るまで青木が桝との出会いのエピソードを披露。お互い学生で内定する前で顔も知らない相手だったが、人事部から集合するように呼ばれ駅で待ち合わせした時に、お互いに、一目見て意識しおそらくアナウンサー試験を受けた人だろうなと互いににじみ寄り話しかけあったとのこと。このじりじりな感じが価値観合う感じだったと明かした。

トークをしていると青木が注文した人気メニューの「ミックスフライ」が到着。そしてウエンツが注文したのは「ポークジンジャー」、桝の「海老のヤキメシ」が到着し、それぞれ味を堪能した。ここで桝と青木の唯一の違いは女性のタイプで、桝は地味で人見知りで、愛想が悪い女性が好きとのことで、八方美人ではなく八方無愛想な人とのこと。

 (洋食、コロッケ・フライ、ハンバーグ)

ブックランプ

今週はパピエ ティグルさんの「ブックランプ」を1名様にプレゼント。


検索結果の絞り込み