ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ラグビーW杯」の検索結果

「ラグビーW杯」に関連する情報 2538件中 1〜10件目

「ラグビーW杯」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

サイバーセキュリティとは不正アクセスなどサイバー攻撃に対しての防御行為。サイバーセキュリティ基本法改正案の答弁を担当するのが桜田大臣。2020年東京大会開催に万全を期すため官民で作る協議会の来年4月設置を目指している。来年は6月にG20大阪サミット、9月〜11月にラグビーW杯もあるため、政府は今の国会での成立を目指す。田崎さんは「重要法案じゃない。でもこれに引っ掛けて桜田さんを呼んだ。改正案は熱心に審議しないと思う」、八代さんは「対決側法案じゃない」、伊藤さんは「重要なテーマには間違いない。今一番恐れているのはサイバーテロ。飛行機とかに攻撃かけてくるのも有りうる」などと話す。委員会でサイバーセキュリティについて知見・経験はあるか聞かれた桜田大臣は「国民目線の対策を実施する」、パソコンを使うか聞かれ「自分で打つことはない」などと答えた。


「ラグビーW杯」に関連するイベント情報

東京オリンピック

サイバーセキュリティとは不正アクセスなどサイバー攻撃に対しての防御行為。サイバーセキュリティ基本法改正案の答弁を担当するのが桜田大臣。2020年東京大会開催に万全を期すため官民で作る協議会の来年4月設置を目指している。来年は6月にG20大阪サミット、9月〜11月にラグビーW杯もあるため、政府は今の国会での成立を目指す。田崎さんは「重要法案じゃない。でもこれに引っ掛けて桜田さんを呼んだ。改正案は熱心に審議しないと思う」、八代さんは「対決側法案じゃない」、伊藤さんは「重要なテーマには間違いない。今一番恐れているのはサイバーテロ。飛行機とかに攻撃かけてくるのも有りうる」などと話す。委員会でサイバーセキュリティについて知見・経験はあるか聞かれた桜田大臣は「国民目線の対策を実施する」、パソコンを使うか聞かれ「自分で打つことはない」などと答えた。


NHK

来年のラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの実況する人はどうやって選ぶ?という質問。まずはアナウンス部長が推薦して各社内を通して決めると答えた。


「ラグビーW杯」に関連するイベント情報

パラリンピック

来年のラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの実況する人はどうやって選ぶ?という質問。まずはアナウンス部長が推薦して各社内を通して決めると答えた。


「ラグビーW杯」に関連するイベント情報

東京オリンピック

来年のラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの実況する人はどうやって選ぶ?という質問。まずはアナウンス部長が推薦して各社内を通して決めると答えた。


「ラグビーW杯」に関連するイベント情報

ラグビーW杯

来年のラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの実況する人はどうやって選ぶ?という質問。まずはアナウンス部長が推薦して各社内を通して決めると答えた。


「ラグビーW杯」に関連するイベント情報

ラグビーW杯

サイバーセキュリティ基本法改正案は官民でつくり協議会の設置後、2019年にはG20大阪サミットやラグビーW杯があるため、サイバーセキュリティの強化が急がれている。サイバーセキュリティ強化に与野党異論はなかったにも関わらず、法案に関する話よりも桜田大臣の資質を問う法案となってしまっている。


「ラグビーW杯」に関連するイベント情報

2015年ラグビーW杯

「帝京大学ラグビー部では練習中に何度もホニャララをします。いったい何をするでしょうか?」というクイズが出題された。正解は「ミーティング」だった。帝京大学ラグビー部の練習中には、「3人トーク」といわれるミーティングの光景が頻繁にみられる。これは、学生の違う選手3人が1つのグループになり、練習中に出てきた課題を選手同士で考えるミーティング。選手で話し合うことで、自分で考えて行動する力が養える。また、「帝京大学ラグビー部では、臨機応変な対応力を養うため???にラグビーを教えている。???とは誰でしょうか?」という問題が出題され、正解は「園児」だった。園児は予期せぬ突発的な行動が多く、その突発的な行動に対応することで、臨機応変な対応力を養うことができるという。


「ラグビーW杯」に関連するイベント情報

ラグビーW杯

3年前に総理大臣官邸の屋上にドローンが落下した事件を受け、重要施設の上空を無断で飛行させることは法律で禁止されている。政府は来年のラグビーW杯や東京五輪パラの期間中競技会場周辺での飛行を原則禁止とし、無断で飛行させたドローンを強制的に回収できるよう法整備を行う方針である。また在日米軍や自衛隊の基地周辺での飛行も禁止する方向で調整しており、帰省を実施するための法案を来年の通常国会に提出し成立させたい考えを示した。


総理大臣官邸

3年前に総理大臣官邸の屋上にドローンが落下した事件を受け、重要施設の上空を無断で飛行させることは法律で禁止されている。政府は来年のラグビーW杯や東京五輪パラの期間中競技会場周辺での飛行を原則禁止とし、無断で飛行させたドローンを強制的に回収できるよう法整備を行う方針である。また在日米軍や自衛隊の基地周辺での飛行も禁止する方向で調整しており、帰省を実施するための法案を来年の通常国会に提出し成立させたい考えを示した。