ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「リオ五輪」の検索結果

「リオ五輪」に関連する情報 41352件中 1〜10件目

「リオ五輪」に関連するイベント情報

リオデジャネイロオリンピック

2012年のロンドンオリンピックでは福原愛・石川佳純・平野早矢香が卓球女子団体戦に出場。日本卓球界初となるオリンピックでのメダルを獲得した。さらに2014年には平野美宇・伊藤美誠の「みうみま」コンビがワールドツアーダブルスで史上最年少で優勝を成し遂げた。その2年後にはリオ五輪に出場した水谷隼が日本男子史上初のメダルを獲得。2017年には張本智和が14歳という史上最年少でワールドツアー優勝を果たした。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

ロンドンオリンピック

2012年のロンドンオリンピックでは福原愛・石川佳純・平野早矢香が卓球女子団体戦に出場。日本卓球界初となるオリンピックでのメダルを獲得した。さらに2014年には平野美宇・伊藤美誠の「みうみま」コンビがワールドツアーダブルスで史上最年少で優勝を成し遂げた。その2年後にはリオ五輪に出場した水谷隼が日本男子史上初のメダルを獲得。2017年には張本智和が14歳という史上最年少でワールドツアー優勝を果たした。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

リオ五輪

今日午前11時、JOC竹田会長が贈賄疑惑を全面否定して潔白を主張していた。かつては馬術の選手だった竹田会長はミュンヘン五輪やモントリオール五輪に出場し、2001年にJOC会長に就任して現在に至る。東京オリンピック・パラリンピックでは招致委員会トップの理事長をつとめ、中心的な役割を担ってきた。今回捜査に動いたフランス検察当局は、招致委員会が2013年にIOC委員の1人だったラミン氏の息子と親密な友人のコンサルタント会社「ブラックタイディング社」に約2億2000万円を送金し、賄賂だったと見て捜査している。日本の法律では民間同士の賄賂は罪にはならないが、フランスでは贈収賄が成立するという。竹田会長は会見で「コンサルタント契約の正当な対価で賄賂ではない」と強調し、記者からの質問を一切受け付けず7分で終わった。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

リオ五輪

今シーズン限りの引退を表明したA・マレー選手の1回戦。かつて五輪連覇などを成し遂げたが、現在の世界ランクは229位で、臀部の痛みから今大会前に引退を発表していた。マレー選手は痛みをこらえつつ、気迫のプレーを見せたが、最後は3−2で敗退した。マレー選手は試合後、「最後の試合になったとしても、素晴らしい最後だろう」など話していた。過去に19回も対戦したマレー選手の引退に、錦織圭選手は「彼から学んだことは大きかった」と話していた。マレー選手は、臀部の手術に踏み切るか、1週間以内に決断を下す予定。


WADA

竹田会長が理事長をつとめていた東京五輪・パラリンピック招致委員会からコンサル料として、ブラックタイディングス社に払われていたという。そこで東京を支持していた当時IOC委員のラミン・ディアク氏の息子に多額の振込があったのではないかという疑惑が持ち上がっている。欧米メディアではこの会社がペーパー・カンパニーだとみている。息子はロシア陸上選手のドーピング関与などで国際指名手配されており、ラミン氏はリオ五輪招致を巡る収賄などの疑いで捜査されている。竹田会長は会見で「通常の手続きに従い締結されたもの。契約に関する稟議書は最後に回覧されて私が押印した。契約の意思決定プロセスには関与していない。ブラック・タイディングスとラミン氏との関与も知らなかった」などと話していた。与良さんはこの会見について「朝になって突然、質問は受け付けないという話になった。潔白を主張するならできるだけ質問は受け付けた方が良かった」などとコメントしていた。


ブラック・タイディングス

竹田会長が理事長をつとめていた東京五輪・パラリンピック招致委員会からコンサル料として、ブラックタイディングス社に払われていたという。そこで東京を支持していた当時IOC委員のラミン・ディアク氏の息子に多額の振込があったのではないかという疑惑が持ち上がっている。欧米メディアではこの会社がペーパー・カンパニーだとみている。息子はロシア陸上選手のドーピング関与などで国際指名手配されており、ラミン氏はリオ五輪招致を巡る収賄などの疑いで捜査されている。竹田会長は会見で「通常の手続きに従い締結されたもの。契約に関する稟議書は最後に回覧されて私が押印した。契約の意思決定プロセスには関与していない。ブラック・タイディングスとラミン氏との関与も知らなかった」などと話していた。与良さんはこの会見について「朝になって突然、質問は受け付けないという話になった。潔白を主張するならできるだけ質問は受け付けた方が良かった」などとコメントしていた。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

来年にせまる東京五輪招致をめぐってフランス検察当局が捜査している贈賄疑惑をめぐり、海外メディアも注目する中でJOC竹田会長が会見を行った。竹田会長が理事長をつとめていた招致委員会はシンガポールのコンサルタント会社に約2億3000万円を支払っていた。この会社の友人の親であるラミン氏は、開催都市決定の投票権を持つ国際オリンピック委員会の委員を務めていた。ラミン氏は東京を五輪開催地として支持していたが、この2億3000万円がラミン氏側に賄賂として渡った可能性があるとしてフランス検察当局が起訴するかどうか判断する「予審手続き」を行っていた。JOCは疑惑が明らかになった際、調査チームを3年前に設置していたが「違法性はなかった」と結論づけて竹田会長も疑惑を否定していた。竹田会長は今回の疑惑で今日、会見を行ってフランス当局が捜査中であるという理由から8分で打ち切りとなっていた。当局は竹田会長を起訴するかの判断に時間を要するため、必要があれば再度判事が事情を聴く可能性もあるという。

竹田会長が理事長をつとめていた東京五輪・パラリンピック招致委員会からコンサル料として、ブラックタイディングス社に払われていたという。そこで東京を支持していた当時IOC委員のラミン・ディアク氏の息子に多額の振込があったのではないかという疑惑が持ち上がっている。欧米メディアではこの会社がペーパー・カンパニーだとみている。息子はロシア陸上選手のドーピング関与などで国際指名手配されており、ラミン氏はリオ五輪招致を巡る収賄などの疑いで捜査されている。竹田会長は会見で「通常の手続きに従い締結されたもの。契約に関する稟議書は最後に回覧されて私が押印した。契約の意思決定プロセスには関与していない。ブラック・タイディングスとラミン氏との関与も知らなかった」などと話していた。与良さんはこの会見について「朝になって突然、質問は受け付けないという話になった。潔白を主張するならできるだけ質問は受け付けた方が良かった」などとコメントしていた。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

東京オリンピック

来年にせまる東京五輪招致をめぐってフランス検察当局が捜査している贈賄疑惑をめぐり、海外メディアも注目する中でJOC竹田会長が会見を行った。竹田会長が理事長をつとめていた招致委員会はシンガポールのコンサルタント会社に約2億3000万円を支払っていた。この会社の友人の親であるラミン氏は、開催都市決定の投票権を持つ国際オリンピック委員会の委員を務めていた。ラミン氏は東京を五輪開催地として支持していたが、この2億3000万円がラミン氏側に賄賂として渡った可能性があるとしてフランス検察当局が起訴するかどうか判断する「予審手続き」を行っていた。JOCは疑惑が明らかになった際、調査チームを3年前に設置していたが「違法性はなかった」と結論づけて竹田会長も疑惑を否定していた。竹田会長は今回の疑惑で今日、会見を行ってフランス当局が捜査中であるという理由から8分で打ち切りとなっていた。当局は竹田会長を起訴するかの判断に時間を要するため、必要があれば再度判事が事情を聴く可能性もあるという。

竹田会長が理事長をつとめていた東京五輪・パラリンピック招致委員会からコンサル料として、ブラックタイディングス社に払われていたという。そこで東京を支持していた当時IOC委員のラミン・ディアク氏の息子に多額の振込があったのではないかという疑惑が持ち上がっている。欧米メディアではこの会社がペーパー・カンパニーだとみている。息子はロシア陸上選手のドーピング関与などで国際指名手配されており、ラミン氏はリオ五輪招致を巡る収賄などの疑いで捜査されている。竹田会長は会見で「通常の手続きに従い締結されたもの。契約に関する稟議書は最後に回覧されて私が押印した。契約の意思決定プロセスには関与していない。ブラック・タイディングスとラミン氏との関与も知らなかった」などと話していた。与良さんはこの会見について「朝になって突然、質問は受け付けないという話になった。潔白を主張するならできるだけ質問は受け付けた方が良かった」などとコメントしていた。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

国際陸上競技連盟本部がフランス沿岸のモナコに置かれている事から、フランス司法当局はロンドン五輪でのロシア選手のドーピングについて、ロシア陸連と反ドーピング機関が隠蔽工作しているのではないかと捜査している。国際陸連トップも捜査対象で、当時のトップがラミン・ディアク氏。2015年11月にロシア選手のドーピング検査の陽性反応を公表しない見返りにロシア側から賄賂を受け取った疑惑が持たれ起訴されている。息子のパパマッサタ・ディアク氏もロシア選手のドーピング隠蔽に関与した疑惑があり、ICPOから国際指名手配中。リオ五輪の際には集票工作のためブラジル人実業家から約2億円の収賄疑惑が持たれている。


ブラック・タイディングス社

国際陸上競技連盟本部がフランス沿岸のモナコに置かれている事から、フランス司法当局はロンドン五輪でのロシア選手のドーピングについて、ロシア陸連と反ドーピング機関が隠蔽工作しているのではないかと捜査している。国際陸連トップも捜査対象で、当時のトップがラミン・ディアク氏。2015年11月にロシア選手のドーピング検査の陽性反応を公表しない見返りにロシア側から賄賂を受け取った疑惑が持たれ起訴されている。息子のパパマッサタ・ディアク氏もロシア選手のドーピング隠蔽に関与した疑惑があり、ICPOから国際指名手配中。リオ五輪の際には集票工作のためブラジル人実業家から約2億円の収賄疑惑が持たれている。