ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ルイ・ヴィトン」の検索結果

「ルイ・ヴィトン」に関連する情報 5007件中 1〜10件目

東洋大学

被害を受けた社長によると女の買い物の仕方には特徴があり、短期間で高額の商品を買っていた。女は1999年に入社し、2002年からルイ・ヴィトンを買い始めたことがわかっている。1日に使った最高額は約1300万円だった。東洋大学の桐生正幸教授によると、色んな所で大金を使うと目立つが、高級ブランド店ではリスクが低くなるという。「こんなに買うということは、必要というよりは誰かに対してマウントしたいという気持ちなのか、依存していたのか、普通ではない感じがする。」などと犬山さんらが話した。社長によると女は複数の従業員と不倫関係にあり、不倫相手との手紙のやり取りを入手した。「どういう年をとったんですかね…嫌になってしまいますよね。」などと末延さんらが話した。A氏とは破局し、次は同じ職場のB氏が不倫相手となった。女は850万円を援助し、B氏は会社を設立、女はその会社の役員となった。東洋大学の桐生正幸教授によると、浮気性的な側面を持っており、金によって新しい男をひきつけたいという心理が働いたという。


ルイ・ヴィトン

約3000万円を着服したとして業務上横領の疑いで先月、逮捕・起訴された56歳の被告の女。土木工事請負会社の経理を担当していた女は、金の着服は認めたが反省した様子は見られなかったという。去年12月、社長の息子の妻が経理担当になり、女の着服が明るみになった。さらに不倫相手A氏の存在が発覚し、新たな着服も明らかになったという。不倫相手の為に建てたのが人気キャラクターの一戸建て。会社では別の不倫相手B氏の存在も把握。B氏の会社を設立させるため、850万円の着服も行っていた。会社は女が出した領収書やレシートをさかのぼって確認し、そこにあったのは会社とはほぼ無関係の領収書ばかりだったという。領収書の総額は4年間で約66万円ほど。領収書を改ざんし、差額を着服した可能性もあるという。車内に女の協力者がいたという指摘。番組はそのやり取りを入手した。

被害を受けた社長によると女の買い物の仕方には特徴があり、短期間で高額の商品を買っていた。女は1999年に入社し、2002年からルイ・ヴィトンを買い始めたことがわかっている。1日に使った最高額は約1300万円だった。東洋大学の桐生正幸教授によると、色んな所で大金を使うと目立つが、高級ブランド店ではリスクが低くなるという。「こんなに買うということは、必要というよりは誰かに対してマウントしたいという気持ちなのか、依存していたのか、普通ではない感じがする。」などと犬山さんらが話した。社長によると女は複数の従業員と不倫関係にあり、不倫相手との手紙のやり取りを入手した。「どういう年をとったんですかね…嫌になってしまいますよね。」などと末延さんらが話した。A氏とは破局し、次は同じ職場のB氏が不倫相手となった。女は850万円を援助し、B氏は会社を設立、女はその会社の役員となった。東洋大学の桐生正幸教授によると、浮気性的な側面を持っており、金によって新しい男をひきつけたいという心理が働いたという。


ディズニーランド

先月女は社員互助会費300万円を着服し逮捕された。社長は総額は5億円だという。被告の自宅からはルイ・ヴィトンの品々が見つかった。購入リストには1日で1000万円以上使うこともあった。4年前に建てた自宅とは別の一軒家はミッキーハウスと呼ばれている。夫・子ども・孫もいたがこの家は愛人との逢瀬のために建てた。昨年12月に横領が発覚したが発覚後も金を使い続けた。


ルイ・ヴィトン

先月女は社員互助会費300万円を着服し逮捕された。社長は総額は5億円だという。被告の自宅からはルイ・ヴィトンの品々が見つかった。購入リストには1日で1000万円以上使うこともあった。4年前に建てた自宅とは別の一軒家はミッキーハウスと呼ばれている。夫・子ども・孫もいたがこの家は愛人との逢瀬のために建てた。昨年12月に横領が発覚したが発覚後も金を使い続けた。

横領の疑いで逮捕された女と社長とは家族ぐるみの付き合いで20年前から経理を担当している。逮捕容疑は“社員互助会費300万円の着服“だが社長は5億円を超えていると思うと話している。被告は2002年頃から2017年までルイ・ヴィトンを購入していて、1日で1300万円以上使うこともあった。ほかにも“ミッキーハウス”と呼ばれる愛人とのあいびき用に買った家、自宅のリフォームを3回するなどに金を使った。


ルイ・ヴィトン

女は横領したお金でルイ・ヴィトンのバッグなどを買っており、1日に270万円の買い物をした日もあったという。4000万得ん以上の価値のある通称ミッキーハウスでは不倫相手と過ごしていた。会社の調査によると、2002年から2017年まで800点以上を購入し1億9000万円以上に登り一月最高1300万円ほど使用していたという。2005年の4月10日、神戸の店での買い物で12万円以上のぬいぐるみなど20点で1日で215万円ほど購入した。その一ヶ月後には同じ店でバッグ2点127万円を購入した。その1週間後には紳士靴を含め13点、191万円ほどの買い物をしている。


ヴィトン

勤務していた会社から金を約2900万円横領したとして56歳の女が逮捕された。この女の元交際相手が一昨日取材に応じた。容疑者が横領した金は不倫相手と過ごすための家であるミッキーハウスの購入費や高級ブランドルイ・ヴィトンの爆買いの費用になっていた。元交際相手はブランド品の購入に関しては一切知らなかったとコメント。


ルイ・ヴィトン

先月逮捕・起訴された56歳女。約2900万円ほどの横領と言われていたが、総額は5億円以上にのぼると社長はいう。不倫相手との別荘でもあったミッキーハウスや自宅のリフォームにつぎ込んでいたという。さらに、ルイ・ヴィトンの品々を横領した金で買っていたという。総額約2億円にも上るという。元々社長と容疑者は中学校の同級生で、長い付き合いで信頼していたという。去年の12月に横領が発覚して以降、容疑者は今年2月にお金を返すとしていたが、それにもかかわらず容疑者は福井に1000万円で土地を購入していたという。今年4月に自己破産も申請しているが、お金などは何も返していないという。自己破産をしても横領などの犯罪行為で生じた賠償金は免除されない可能性が高く横領した金は返さなければいけないと専門家は指摘。しかし、現実的には金額が大きく返済能力もないため泣き寝入りになる可能性も高いという。


ルンバ

先月、業務上横領の疑いで逮捕された56歳女。犯行が明るみにでたきっかけは、社長の息子の妻が経理を担当するようになったことだった。不正を隠すためか圧力をかけてきたという容疑者。しかし、社長の息子の妻は見たことがあに領収書が多すぎたので社長に聞きに行ったところ、そんなところには行っていないということになり、不正が発覚した。決め手になったのがルンバを買っていて送り先がミッキーハウスだったという。逮捕前の今年7月に会社で行われた聞き取り調査については、社長は容疑者について犯罪者がすいませんという態度ではなかったとコメント。 

先月逮捕・起訴された56歳女。約2900万円ほどの横領と言われていたが、総額は5億円以上にのぼると社長はいう。不倫相手との別荘でもあったミッキーハウスや自宅のリフォームにつぎ込んでいたという。さらに、ルイ・ヴィトンの品々を横領した金で買っていたという。総額約2億円にも上るという。元々社長と容疑者は中学校の同級生で、長い付き合いで信頼していたという。去年の12月に横領が発覚して以降、容疑者は今年2月にお金を返すとしていたが、それにもかかわらず容疑者は福井に1000万円で土地を購入していたという。今年4月に自己破産も申請しているが、お金などは何も返していないという。自己破産をしても横領などの犯罪行為で生じた賠償金は免除されない可能性が高く横領した金は返さなければいけないと専門家は指摘。しかし、現実的には金額が大きく返済能力もないため泣き寝入りになる可能性も高いという。


ルイ・ヴィトン

先月業務上横領の疑いで逮捕された56歳女は、横領した金でルイ・ヴィトンなどを買い、ミッキーマウスで埋め尽くされた一軒家を購入したとされている。容疑者は「大変なことをした」などと話した。社長は、帳面上で不足している金は5億円以上あると話した。“ミッキーハウス”に出入りしていたのは若い不倫相手。元交際相手は「借りた金は返している。横領した金って分かっていたら借りていない。」などとコメント。容疑者は年下男性との不倫を繰り返していた。容疑者は嫌いな男性は領収書を拒否するなど冷たくあしらっていたという。社長が決めたボーナスの減額し、交際していた従業員にプラスしていた。


神戸地検

着服した金を元交際相手に使ったとして、56歳女を業務上横領で逮捕。会社から合計2900万円を着服した疑い。社長は実際の横領額は5億円以上と主張。容疑者はルイ・ヴィトンなどを爆買い。不倫相手と過ごすためにミッキーだらけの別宅を建てたという。ラブレターには「しあわせがこぼれないように」、「お互いの存在を意味のあるものに」などと記載。元交際相手は取材に対し「話したくない。豪遊には気付かなかった。横領した金と分かっていたら借りなかった。」などとコメント。15年間会社の金を横領していた。容疑者は発覚後「大変なことをしたという思いはあった。」などと話した。容疑者は今年4月に自己破産を申告。神戸地検は、容疑者の容疑の認否を明らかにしていない。