ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「レインボーブリッジ」の検索結果

「レインボーブリッジ」に関連する情報 3930件中 1〜10件目

レインボーブリッジ

選手村を空から調査。計画によると14階〜18階建ての住宅棟21棟を建設予定。最大約1万8000人を収容可能。工事は12棟の地上部に着手している。住宅棟の周囲には公園や緑地が整備されれる。敷地は東京ドーム約9個分の広さ。工事は来年12月に完成予定。オリンピック後は大規模住宅地に再開発予定。東京五輪の競技会場は選手村を中心に配置され、都心ゾーンと湾岸ゾーンで構成されている。


レインボーブリッジ

高速道路のトンネルには事故に対する工夫が施されており、トンネル火災が発生したときには消火装置により消火されるようになっている。「鶴見つばさ橋」では橋の下に作業用のゴンドラが常設されており橋の隅々を点検している。点検時には絶対的に「人」の感覚が必要とされており目と耳だけを頼りに危険を察知して点検を行っている「紺野康二」が今回のゲンバビト。この日、千葉県市川市にある高速道路の点検に訪れた紺野は点検範囲の70mを目と耳を頼りに空洞やひび割れの有無をハンマーで叩いた音などを判断し点検した。この日の点検で紺野はコンクリートの剥離による空洞や僅かなひび割れを発見し修繕した。


経済・港湾委員会

東京都議会の経済・港湾委員会の活動について伊藤ゆう委員長が解説。経済・港湾委員会は東京の経済を活性化し、雇用の確保を図るとともにインバウント政策、臨海地域の開発、中央卸売市場を所感していると紹介した。

東京都議会の経済・港湾委員会の栗下善行理事に今後の課題について聞く。経済の活性化や、中央卸売市場をより良いのもにしていくため様々な議論が進められている。栗下理事はこうした事を大きな起爆剤として、東京をより豊かにする為に委員会一丸となって取り組んでいきたいと語った。

経済・港湾委員会の副委員長に今後の方針を提示してもらった。アメリカの大手旅行雑誌コンデナスト・トラベラーが公表した魅力ある都市ランキングで、東京は2年連続1位となった。今後も増加すると予想される外国人旅行客に向け、2020年までに国際観光都市東京実現に向け整備を急ぐ方針。また、東京は自然環境保全にも取り組んでいる。葛西海浜公園には2万羽以上の水鳥が飛んできており、都内初のラムサール条約湿地登録を実現し、世界にアピールしたい考え。地震や津波、高潮から都民の命を守る海岸保全施設の耐震、耐水対策の推進と豊洲市場を新市場として開場できるように取り組む予定。

東京港は陸と海を含めた部分を言う。かなり広い。羽田空港やお台場。ラムサール条約の登録を目指している葛西海浜公園がある。ラムサール条約とは特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である。葛西海浜公園の登録がされると東京都内では初となる。東京湾は今も進化している。東京都港湾局の伊藤さんに教えてもらう。後ろには水陸両用バスがある。臨海地域を楽しんでもらえるよう3事業者が運航している。早速乗せてもらった。今回はお台場周辺を巡り海を目指す。車内ではガイドもある。海にスムーズに入れるよう東京都はお台場などにスロープを整備した。東京オリンピックなどの会場になっているため整備したという。バスが入水し海の上を運航した。コンテナの積み下ろしを行う場所なども見える。東京港は外国との貿易によるコンテナの取り扱い量が日本で一番多い港だという。20年連続で一位だとのこと。現在新たにコンテナターミナルの増設や防災機能強化の工事なども行っている。そしてバスが向かったのはレインボーブリッジである。また現在、新たな客船ふ頭ターミナルビルも建設中であるという。2020年に向けて整備している。

経済・港湾委員会の副委員長の山崎一輝氏は「経済・港湾委員会は4つの所管の部署だが、産業労働局の中小企業支援、金融、雇用就業などを前に進めていきたい。結果を出す1年にしたい。港湾局関係では臨海開発などを前に進めていきたい。11の中央卸売市場を東京都が設置したとして結果を出した」などと話した。

平口さんのお店はレディースファッションのセレクトショップ。ただ売るだけでなくSNSを活用したファッションの楽しみ方を提案している。実はこちらのチャレンジショップは専門家が店舗運営をサポートしてくれるのも特徴の1つである。IT研修や会計相談などであるという。看板などもアドバイスから作成したという。開店準備から運営までアドバイスを貰える。中小企業支援にもなっている。東京都では店舗の創業支援だけでない。千代田区にはTOKYO創業ステーションもある。1階は無料で誰でも立ち寄れるスペースで専門家の相談や支援事業の紹介などイベントが行われている。2階は具体的に起業を考えている人をバックアップするフロア。ビジネスプランの作成などサポートしてくれる。去年のオープン以来、訪れた人は4万人を突破している。経済・港湾委員会では起業などの中小企業支援をこれからも行っていく。

経済・港湾委員会の理事尾崎あや子氏は「当面する最大の課題は豊洲市場への移転日を東京都が10月11日にすると決めたが、まだまだ移転に対して反対の声もあり問題が山積していること。中小企業支援も必要である。モノづくりの問題では東京の製造業の減少に歯止めがかかっていない。雇用の問題でも長時間労働を無くしていくなどが必要。」などと話した。

経済・港湾委員会の今後の活動は目が離せない。伊藤悠委員長に今後の経済・港湾委員会の今後の課題について話を聞いた。伊藤悠委員長は「産業労働局は年間5000億円の予算を投じて中小企業支援を行っている他東京オリンピック・パラリンピックに向けて観光振興を司っているので、外国人観光客の方に東京の街を楽しんでいただける仕組みづくりを提言している。女性起業家の支援や障害者雇用について議論をしている。港湾局関係では交通アクセスの改善などを議論している。中央卸売市場は築地市場の移転と豊洲市場の開場を所管している。円滑に開場するように議論を進めていく。豊洲市場の安全対策工事について熟議を重ねている」などと話した。

経済・港湾委員会で審議された内容は平成30年度東京都中央卸売市場会計予算について。平成30年度東京都臨海地域開発事業会計予算。PRIME観光都市東京〜東京都観光産業振興実行プラン2018〜についてなどが審議された。


新客船ふ頭ターミナルビル

東京港は陸と海を含めた部分を言う。かなり広い。羽田空港やお台場。ラムサール条約の登録を目指している葛西海浜公園がある。ラムサール条約とは特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である。葛西海浜公園の登録がされると東京都内では初となる。東京湾は今も進化している。東京都港湾局の伊藤さんに教えてもらう。後ろには水陸両用バスがある。臨海地域を楽しんでもらえるよう3事業者が運航している。早速乗せてもらった。今回はお台場周辺を巡り海を目指す。車内ではガイドもある。海にスムーズに入れるよう東京都はお台場などにスロープを整備した。東京オリンピックなどの会場になっているため整備したという。バスが入水し海の上を運航した。コンテナの積み下ろしを行う場所なども見える。東京港は外国との貿易によるコンテナの取り扱い量が日本で一番多い港だという。20年連続で一位だとのこと。現在新たにコンテナターミナルの増設や防災機能強化の工事なども行っている。そしてバスが向かったのはレインボーブリッジである。また現在、新たな客船ふ頭ターミナルビルも建設中であるという。2020年に向けて整備している。


レインボーブリッジ

東京港は陸と海を含めた部分を言う。かなり広い。羽田空港やお台場。ラムサール条約の登録を目指している葛西海浜公園がある。ラムサール条約とは特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である。葛西海浜公園の登録がされると東京都内では初となる。東京湾は今も進化している。東京都港湾局の伊藤さんに教えてもらう。後ろには水陸両用バスがある。臨海地域を楽しんでもらえるよう3事業者が運航している。早速乗せてもらった。今回はお台場周辺を巡り海を目指す。車内ではガイドもある。海にスムーズに入れるよう東京都はお台場などにスロープを整備した。東京オリンピックなどの会場になっているため整備したという。バスが入水し海の上を運航した。コンテナの積み下ろしを行う場所なども見える。東京港は外国との貿易によるコンテナの取り扱い量が日本で一番多い港だという。20年連続で一位だとのこと。現在新たにコンテナターミナルの増設や防災機能強化の工事なども行っている。そしてバスが向かったのはレインボーブリッジである。また現在、新たな客船ふ頭ターミナルビルも建設中であるという。2020年に向けて整備している。


羽田空港

東京港は陸と海を含めた部分を言う。かなり広い。羽田空港やお台場。ラムサール条約の登録を目指している葛西海浜公園がある。ラムサール条約とは特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である。葛西海浜公園の登録がされると東京都内では初となる。東京湾は今も進化している。東京都港湾局の伊藤さんに教えてもらう。後ろには水陸両用バスがある。臨海地域を楽しんでもらえるよう3事業者が運航している。早速乗せてもらった。今回はお台場周辺を巡り海を目指す。車内ではガイドもある。海にスムーズに入れるよう東京都はお台場などにスロープを整備した。東京オリンピックなどの会場になっているため整備したという。バスが入水し海の上を運航した。コンテナの積み下ろしを行う場所なども見える。東京港は外国との貿易によるコンテナの取り扱い量が日本で一番多い港だという。20年連続で一位だとのこと。現在新たにコンテナターミナルの増設や防災機能強化の工事なども行っている。そしてバスが向かったのはレインボーブリッジである。また現在、新たな客船ふ頭ターミナルビルも建設中であるという。2020年に向けて整備している。


港湾局

東京港は陸と海を含めた部分を言う。かなり広い。羽田空港やお台場。ラムサール条約の登録を目指している葛西海浜公園がある。ラムサール条約とは特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である。葛西海浜公園の登録がされると東京都内では初となる。東京湾は今も進化している。東京都港湾局の伊藤さんに教えてもらう。後ろには水陸両用バスがある。臨海地域を楽しんでもらえるよう3事業者が運航している。早速乗せてもらった。今回はお台場周辺を巡り海を目指す。車内ではガイドもある。海にスムーズに入れるよう東京都はお台場などにスロープを整備した。東京オリンピックなどの会場になっているため整備したという。バスが入水し海の上を運航した。コンテナの積み下ろしを行う場所なども見える。東京港は外国との貿易によるコンテナの取り扱い量が日本で一番多い港だという。20年連続で一位だとのこと。現在新たにコンテナターミナルの増設や防災機能強化の工事なども行っている。そしてバスが向かったのはレインボーブリッジである。また現在、新たな客船ふ頭ターミナルビルも建設中であるという。2020年に向けて整備している。


東京港

東京港は陸と海を含めた部分を言う。かなり広い。羽田空港やお台場。ラムサール条約の登録を目指している葛西海浜公園がある。ラムサール条約とは特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である。葛西海浜公園の登録がされると東京都内では初となる。東京湾は今も進化している。東京都港湾局の伊藤さんに教えてもらう。後ろには水陸両用バスがある。臨海地域を楽しんでもらえるよう3事業者が運航している。早速乗せてもらった。今回はお台場周辺を巡り海を目指す。車内ではガイドもある。海にスムーズに入れるよう東京都はお台場などにスロープを整備した。東京オリンピックなどの会場になっているため整備したという。バスが入水し海の上を運航した。コンテナの積み下ろしを行う場所なども見える。東京港は外国との貿易によるコンテナの取り扱い量が日本で一番多い港だという。20年連続で一位だとのこと。現在新たにコンテナターミナルの増設や防災機能強化の工事なども行っている。そしてバスが向かったのはレインボーブリッジである。また現在、新たな客船ふ頭ターミナルビルも建設中であるという。2020年に向けて整備している。


葛西海浜公園

経済・港湾委員会の副委員長に今後の方針を提示してもらった。アメリカの大手旅行雑誌コンデナスト・トラベラーが公表した魅力ある都市ランキングで、東京は2年連続1位となった。今後も増加すると予想される外国人旅行客に向け、2020年までに国際観光都市東京実現に向け整備を急ぐ方針。また、東京は自然環境保全にも取り組んでいる。葛西海浜公園には2万羽以上の水鳥が飛んできており、都内初のラムサール条約湿地登録を実現し、世界にアピールしたい考え。地震や津波、高潮から都民の命を守る海岸保全施設の耐震、耐水対策の推進と豊洲市場を新市場として開場できるように取り組む予定。

東京港は陸と海を含めた部分を言う。かなり広い。羽田空港やお台場。ラムサール条約の登録を目指している葛西海浜公園がある。ラムサール条約とは特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である。葛西海浜公園の登録がされると東京都内では初となる。東京湾は今も進化している。東京都港湾局の伊藤さんに教えてもらう。後ろには水陸両用バスがある。臨海地域を楽しんでもらえるよう3事業者が運航している。早速乗せてもらった。今回はお台場周辺を巡り海を目指す。車内ではガイドもある。海にスムーズに入れるよう東京都はお台場などにスロープを整備した。東京オリンピックなどの会場になっているため整備したという。バスが入水し海の上を運航した。コンテナの積み下ろしを行う場所なども見える。東京港は外国との貿易によるコンテナの取り扱い量が日本で一番多い港だという。20年連続で一位だとのこと。現在新たにコンテナターミナルの増設や防災機能強化の工事なども行っている。そしてバスが向かったのはレインボーブリッジである。また現在、新たな客船ふ頭ターミナルビルも建設中であるという。2020年に向けて整備している。


「レインボーブリッジ」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

外国人観光客に対する東京都の取り組みについて紹介。近年世界有数の観光都市として注目を集める東京。訪れる外国人旅行者の数は年々増加し、2016年には過去最高の1310万人に到達。外国人旅行客を受け入れる東京都の整備は様々。浅草の日本料理店では、外国人向けに英語、韓国語、中国語で書かれたメニューを用意している。このメニューは、東京都が都内の飲食店向けに運営しているウェブサイト、EAT東京を利用して作られている。ウェブサイト上で登録し、使いたい言語と値段などを設定するだけで英語のメニューが完成。また、登録するとEAT東京が運営する飲食店一覧に登録されるため、外国人旅行客の集客も見込めるのが特徴。東京都では更に取り組みを進めていく予定だ。

東京港は陸と海を含めた部分を言う。かなり広い。羽田空港やお台場。ラムサール条約の登録を目指している葛西海浜公園がある。ラムサール条約とは特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である。葛西海浜公園の登録がされると東京都内では初となる。東京湾は今も進化している。東京都港湾局の伊藤さんに教えてもらう。後ろには水陸両用バスがある。臨海地域を楽しんでもらえるよう3事業者が運航している。早速乗せてもらった。今回はお台場周辺を巡り海を目指す。車内ではガイドもある。海にスムーズに入れるよう東京都はお台場などにスロープを整備した。東京オリンピックなどの会場になっているため整備したという。バスが入水し海の上を運航した。コンテナの積み下ろしを行う場所なども見える。東京港は外国との貿易によるコンテナの取り扱い量が日本で一番多い港だという。20年連続で一位だとのこと。現在新たにコンテナターミナルの増設や防災機能強化の工事なども行っている。そしてバスが向かったのはレインボーブリッジである。また現在、新たな客船ふ頭ターミナルビルも建設中であるという。2020年に向けて整備している。

経済・港湾委員会の今後の活動は目が離せない。伊藤悠委員長に今後の経済・港湾委員会の今後の課題について話を聞いた。伊藤悠委員長は「産業労働局は年間5000億円の予算を投じて中小企業支援を行っている他東京オリンピック・パラリンピックに向けて観光振興を司っているので、外国人観光客の方に東京の街を楽しんでいただける仕組みづくりを提言している。女性起業家の支援や障害者雇用について議論をしている。港湾局関係では交通アクセスの改善などを議論している。中央卸売市場は築地市場の移転と豊洲市場の開場を所管している。円滑に開場するように議論を進めていく。豊洲市場の安全対策工事について熟議を重ねている」などと話した。