ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ロンドン・ヒースロー空港」の検索結果

「ロンドン・ヒースロー空港」に関連する情報 278件中 1〜10件目

ロンドン・ヒースロー空港

井上聡はイギリス ロンドン・ヒースロー空港へ降り立った。井上への司令は「イギリス電気女 本当に電気を操れるのか確認せよ」。電気女は周りにある電化製品に影響を与える力を持っているという。


「ロンドン・ヒースロー空港」に関連するグルメ情報

ハンバーガー

岡野・青山はロンドン・ヒースロー空港に到着。聞き込みをしながらウェールズの首都カーディフを目指す。ロンドンからカーディフへはバスで3時間。2人はウェールズ代表の選手発表記者会見に潜入。ウェールズはヨーロッパ予選でグループ3位と苦戦。8日後には首位アイルランドと対戦する。会見では青山がコールマン監督に質問し、会見後にも直撃した。現地記者から逆取材を受け、サポーターの集うパーティーに招待された。カーディフ市内を観光し、夜になってパーティー会場へ。ウェールズの強さの理由を取材した。


「ロンドン・ヒースロー空港」に関連するイベント情報

EURO

岡野・青山はロンドン・ヒースロー空港に到着。聞き込みをしながらウェールズの首都カーディフを目指す。ロンドンからカーディフへはバスで3時間。2人はウェールズ代表の選手発表記者会見に潜入。ウェールズはヨーロッパ予選でグループ3位と苦戦。8日後には首位アイルランドと対戦する。会見では青山がコールマン監督に質問し、会見後にも直撃した。現地記者から逆取材を受け、サポーターの集うパーティーに招待された。カーディフ市内を観光し、夜になってパーティー会場へ。ウェールズの強さの理由を取材した。


「ロンドン・ヒースロー空港」に関連するイベント情報

W杯

岡野・青山はロンドン・ヒースロー空港に到着。聞き込みをしながらウェールズの首都カーディフを目指す。ロンドンからカーディフへはバスで3時間。2人はウェールズ代表の選手発表記者会見に潜入。ウェールズはヨーロッパ予選でグループ3位と苦戦。8日後には首位アイルランドと対戦する。会見では青山がコールマン監督に質問し、会見後にも直撃した。現地記者から逆取材を受け、サポーターの集うパーティーに招待された。カーディフ市内を観光し、夜になってパーティー会場へ。ウェールズの強さの理由を取材した。


「ロンドン・ヒースロー空港」に関連する観光・地域情報

ヴェイルリゾートホテル

岡野・青山はロンドン・ヒースロー空港に到着。聞き込みをしながらウェールズの首都カーディフを目指す。ロンドンからカーディフへはバスで3時間。2人はウェールズ代表の選手発表記者会見に潜入。ウェールズはヨーロッパ予選でグループ3位と苦戦。8日後には首位アイルランドと対戦する。会見では青山がコールマン監督に質問し、会見後にも直撃した。現地記者から逆取材を受け、サポーターの集うパーティーに招待された。カーディフ市内を観光し、夜になってパーティー会場へ。ウェールズの強さの理由を取材した。


スウォンジー

岡野・青山はロンドン・ヒースロー空港に到着。聞き込みをしながらウェールズの首都カーディフを目指す。ロンドンからカーディフへはバスで3時間。2人はウェールズ代表の選手発表記者会見に潜入。ウェールズはヨーロッパ予選でグループ3位と苦戦。8日後には首位アイルランドと対戦する。会見では青山がコールマン監督に質問し、会見後にも直撃した。現地記者から逆取材を受け、サポーターの集うパーティーに招待された。カーディフ市内を観光し、夜になってパーティー会場へ。ウェールズの強さの理由を取材した。


ロンドン・ヒースロー空港

岡野・青山はロンドン・ヒースロー空港に到着。聞き込みをしながらウェールズの首都カーディフを目指す。ロンドンからカーディフへはバスで3時間。2人はウェールズ代表の選手発表記者会見に潜入。ウェールズはヨーロッパ予選でグループ3位と苦戦。8日後には首位アイルランドと対戦する。会見では青山がコールマン監督に質問し、会見後にも直撃した。現地記者から逆取材を受け、サポーターの集うパーティーに招待された。カーディフ市内を観光し、夜になってパーティー会場へ。ウェールズの強さの理由を取材した。


ロンドンヒースロー空港

ハリルホジッチ監督がブチ切れ!?、ロンドンヒースロー空港赤いかばんの海に・・・小さい松岡修造2020年は全競技でメダル


ロンドン・ヒースロー空港

18日、ロンドン市内のビルの屋上で男性の遺体が発見された。イギリスへの密入国を目指し、南アフリカの空港から飛行機の車輪の格納庫に潜入していたとみられている。男性は車輪の格納庫が開いた際に落下した可能性がある。格納庫には別の20代の男性も忍び込んでいて、空港には到着したが、寒さと酸素不足のためか意識不明の重体だという。


ロンドン・ヒースロー空港

きのう午後5時過ぎ、男性の病人が出たと羽田空港から交番へ連絡が入り、カナダ国籍でジャーナリストの男性がエボラ出血熱の感染を疑われた。男性はエボラ出血熱の取材でエボラ出血熱による死者が2700人以上にのぼるリベリアに約2か月滞在していたが、エボラ出血熱患者との接触は確認されていない。男性は、リベリアから出国し、ブリュッセル、ロンドン・ヒースロー空港を経由し、羽田空港に降り立った。ヒースロー空港では入国審査ではエボラ出血熱の検査を行うが、乗り継ぎの乗客には検査を行っていない。エボラ出血熱は、空気感染はせず体液などに触れた際、傷口や粘膜からウイルスが侵入し感染する。