ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ワールドカップバレー2015」の検索結果

「ワールドカップバレー2015」に関連する情報 491件中 1〜10件目

「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

ワールドカップバレー2015

バレーボールリオ五輪最終予選特集、深津英臣は全日本男子バレーの絶対的司令塔、ワールドカップバレー2015ではセッターランキング1位となった。深津の心の支えは去年生まれた深津英斗くんだった。深津は将来、息子に五輪の話をしたいとし練習を頑張った。深津選手は息子の1歳の誕生日にビデオメッセージを送った。朝日健太郎は深津選手はバランスのいいトスワークで、センター線を使えるため、相手のブロックに迷わせることができると話した。


「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

バレーボールリオ五輪最終予選

バレーボールリオ五輪最終予選特集、ゲストの朝日健太郎を紹介。

バレーボールリオ五輪最終予選特集、深津英臣は全日本男子バレーの絶対的司令塔、ワールドカップバレー2015ではセッターランキング1位となった。深津の心の支えは去年生まれた深津英斗くんだった。深津は将来、息子に五輪の話をしたいとし練習を頑張った。深津選手は息子の1歳の誕生日にビデオメッセージを送った。朝日健太郎は深津選手はバランスのいいトスワークで、センター線を使えるため、相手のブロックに迷わせることができると話した。


「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

ワールドカップバレーボール2015

真鍋ジャパンが求める究極の融合とはなにかという問いに眞鍋政義監督は”化学反応”と答え今それが起きる兆しを見せているとのこと。木村選手の姿を見て次世代エースに変化が起きている。ワールドカップバレー2015で日本の新エースになった古賀紗理那だがまだ課題が残っておりそれの克服のために苦手な筋トレや食生活の改善肉体改造に着手した。さらにサーブレシーブさらなる向上を目指した。「一緒のコートに立てるのがそんなに長くないと思うので沙織さんのためにも結果を残して勝ちたいです。」などと思いを語った。


「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

ワールドカップバレー2015

4月になり、最終予選まであと1ヶ月という時期で練習は追い込みに入った。大会に向けてチームは男性コーチを増やし、世界レベルに届くレシーブの強化を狙う。昨シーズンから木村選手はスパイクに悩んでいた。タイミングが合わなければ満足の行く形で打てず世界の強豪相手には通用しない。去年のワールドカップでは中国と対戦したが、浮き彫りになった課題はコースの打ち分けだった。昨シーズンに全日本が取り組んだのはトススピードを速くすること。しかし、木村選手は微妙なタイミングの違いによりコースの打ち分けができなくなっていた。そこで木村選手は今シーズンからチューブトレーニングを取り入れ、肩の筋肉の柔軟性を高めることでスパイクのコース幅を広げることが狙いだがフォームを変えることは一朝一夕で出来るものではなく、フォームを崩す恐れもある。木村選手はリスクを覚悟して練習に励んだ。練習の甲斐もあって着実に成果が出てきている。


「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

ワールドカップバレー2015

ロンドン五輪でメダルに導いたエース木村は、リオ五輪世界最終予選記者会見で、自分はキャプテン向きの性格でない、みんなで心を1つにして頑張りたいと話した。ロンドンからメンバーが一新されたワールドカップバレーで木村は不調におわり、リオ五輪出場権を逃したものの、眞鍋監督はキャプテンは木村しかいないと話す。合宿にはオリンピック出場経験のない若手中心のメンバーが招集。木村は小学2年からバレーを始め、名門下北沢成徳高校へ進学、高校2年で全日本代表。先輩の荒木と出会う。ロンドン五輪のキャプテン荒木は、木村のキャプテンとしてもがく姿を影ながら応援していた。眞鍋監督は、代表復帰した荒木を木村を助ける精神的支柱として期待。


「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

リオ五輪

ジャンプ最高到達点ランキング第一位は長岡望悠選手。全日本女子唯一のサウスポーで男子顔負けのスパイクの破壊力をもつ。昨年のワールドカップバレー2015では156得点を上げた。チャームポイントはふっくらとした唇で女子バレー界の前田美波里とも呼ばれている。竹下佳江さんは「おっとりとしていてマイペースな人物である。」と語る。同じチームメイトであった佐野優子さんは合宿時の夕食でそのおっとりした姿を目撃したという。合宿の食事では毎回待たされるとのことであった。長岡選手のリオへの思いは絶対に目標を達成するという強い気持ちでチームを信頼して昇華していきたいと話す。

リオ五輪に向けて、バレー全日本最後の戦いが始まる。テリー伊藤らが選手たちの素顔を追った。


「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

ワールドカップバレー2015

ジャンプ最高到達点ランキング第一位は長岡望悠選手。全日本女子唯一のサウスポーで男子顔負けのスパイクの破壊力をもつ。昨年のワールドカップバレー2015では156得点を上げた。チャームポイントはふっくらとした唇で女子バレー界の前田美波里とも呼ばれている。竹下佳江さんは「おっとりとしていてマイペースな人物である。」と語る。同じチームメイトであった佐野優子さんは合宿時の夕食でそのおっとりした姿を目撃したという。合宿の食事では毎回待たされるとのことであった。長岡選手のリオへの思いは絶対に目標を達成するという強い気持ちでチームを信頼して昇華していきたいと話す。


「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

ワールドカップバレー2015

大竹里歩は今年の中国遠征では強豪との差を痛感した。大竹を元気付けたのが親友とのLINEである。送っているのは鍋谷友理枝で中学時代からの幼なじみである。春の高校バレーではお互いキャプテンとして歴史ある名勝負を繰り広げた。2人は去年代表入りした。中国遠征直前に鍋谷が一時メンバーから外された。


「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

ワールドカップバレー2003

リオ五輪予選を兼ねた、ワールドカップバレー2015で、キャプテンの木村沙織は控えに甘んじる日々もあった。木村沙織は2003年17歳で全日本メンバー入り、ワールドカップバレー2003で活躍、今回は自分が連れて行く重圧に苦しんだ。木村沙織はキャプテンが苦手なので、自分が後回しになっていたと話した。2012年ロンドン五輪で共に銅メダルを勝ち取った眞鍋政義監督はチームを1つにするには木村しかいない、プレーで引っ張るタイプだと話した。2人は困難な五輪を戦った絆がある。木村沙織はしっかり軸になれるように頑張りたいと話した。


「ワールドカップバレー2015」に関連するイベント情報

ワールドカップバレー

リオ五輪予選を兼ねた、ワールドカップバレー2015で、キャプテンの木村沙織は控えに甘んじる日々もあった。木村沙織は2003年17歳で全日本メンバー入り、ワールドカップバレー2003で活躍、今回は自分が連れて行く重圧に苦しんだ。木村沙織はキャプテンが苦手なので、自分が後回しになっていたと話した。2012年ロンドン五輪で共に銅メダルを勝ち取った眞鍋政義監督はチームを1つにするには木村しかいない、プレーで引っ張るタイプだと話した。2人は困難な五輪を戦った絆がある。木村沙織はしっかり軸になれるように頑張りたいと話した。