ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三宅裕司」の検索結果

「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌 11件中 1〜10件目

「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

「モーレツにハレンチ」時代と名付けられた1968年から1969年を振り返る。「Oh!モーレツ」が流行し「スカートめくり」が問題に。この時代に週刊ジャンプが創刊。話題になったのは永井豪作の「ハレンチ学園」。「夜のヒットスタジオ」で紹介。当時のでは泣き出す出演者も現れた。3代目には井上順が司会を務め、この時代に流行ったのは「恋の季節」「夜と朝のあいだに」「三百六十五歩のマーチ」「黒ネコのタンゴ」「天使の誘惑」「いいじゃないの幸せならば」「伊勢佐木町ブルース」「ブルーライトヨコハマ」「長崎は今日も雨だった」「恋の奴隷」等が紹介。三宅裕司はどの曲を聞いても歌詞が出てくるとコメント。

「ハレンチ学園」

Amazon.co.jp


「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

仲里依紗が宝島社から発売中の自身の1stスタイルブック「Palette」を紹介。発売イベントがきょう13時から大阪「TSUTAYA EBISUBASHI」で開催中。

「仲里依紗スタイルブック『Palette』」

Amazon.co.jp


「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

パパがママへプレゼントしたのは写真集の「奇界遺産2」。その中に干場義雅さんが勝手に写真集に挟んでいたのは本人がお気に入りのイタリア・チンクエ・テッレの写真。 「ある意味これも奇界遺産」「ぼくも日めくりカレンダーほしい」など干場さんは述べていた。

「奇界遺産2」

Amazon.co.jp


「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

今回の変身希望者は佐藤健人さん(34歳・会社員)。娘のもここちゃん・ほののちゃんのリアクションはいまいち。奥さんの千恵さんによると、ずっと同じ服を着ているそうだ。健人さんは着ている服について「下手したら高校から着ている」と発言。インナーのピンクTシャツには「暴言大将」と書いてある。マンガ好きの健人さんが他に着回しているのは、結婚式のビンゴで当たったドラゴンボールの服。子どもウケは良いようで、近所の子どもたちがドラゴンボールの知識を教えてもらいにパパの元へ訪れた。また、VHS好き。仕事は映像関連。モザイク編集など編集した映像を見せてくれた。夫婦仲は千恵さんが手紙をくれるなど良好の様子。健人さんは結婚11年めで初めてプレゼントを買ったそうで、それは本「奇界遺産」。千恵さんは「背が高いのでちゃんとしたら(カッコいいはず)」と希望。今回は千恵さんや子ども達も全員で変身することに。

「奇界遺産」

Amazon.co.jp


「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

新語・流行語大賞では今年「忖度」と「インスタ映え」が選ばれた。平成元年の金賞は「オバタリアン」。迷惑なおばさんを描いたギャグ漫画「オバタリアン」が社会現象となる人気を博していた。ほかに人気番組「三宅裕司のいかすバンド天国」の略である「イカ天」も大衆賞を受賞。当時バンドブームで、歩行者天国にはアマチュアバンドが集結し賑わっていた。ほか、平成元年には「鉄骨飲料」が発売され大ヒットした。平成元年10月には日本シリーズで巨人が8年ぶり17度目の日本一になり、街で歓喜する人々の姿もあった。子供のおもちゃでは、平成元年にはゲームボーイが発売。アメリカ横断ウルトラクイズのボードゲームも人気だった。現代の子供に当時のゲームボーイをプレイしてもらうと、画面が小さくて難しかったと話していた。

「オバタリアン (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)」

Amazon.co.jp


「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

2人目のボンビーゲストはヒロシだった。ブレイクのきっかけとなった大物司会者とは三宅裕司。ヒロシが著書「ヒロシです。」が50万部売れたと話すと、劇団ひとりは100万部と自慢した。

「陰日向に咲く」

Amazon.co.jp


「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

2人目のボンビーゲストはヒロシだった。ブレイクのきっかけとなった大物司会者とは三宅裕司。ヒロシが著書「ヒロシです。」が50万部売れたと話すと、劇団ひとりは100万部と自慢した。

「ヒロシです。 華も嵐ものり越えて」

Amazon.co.jp


「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

松本伊代フォト・メッセージ

三宅裕司さんがよく通った商店街をブラ歩きしていると、「荒魂書店」で松本伊代さんと安めぐみさんに遭遇。ここでは「松本伊代フォト・メッセージ」が7800円で売られていた。


「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

TIFFANY’S TABLE MANNERS

小山薫堂が大学1年生時に、ラジオ局でアルバイトしていた際に師匠の長谷川勝士に出会った。長谷川は当時かなりの売れっ子放送作家だったという。長谷川にニューヨークに連れて行ってもらったが、費用は自腹だった。今までに感じた事のない様なクリエイティビティを刺激されたという。小山は長谷川と一緒に5番街を歩き、ティファニー本店の前で当時買ったというティファニーのマナーブックの話をした。小山薫堂は三宅裕司の打ち上げに参加していた際に、三宅から誰だと言われ、その際に長谷川が今度コイツ書きますんでと紹介したこと出来事が忘れられないと話した。


「三宅裕司」に関連する本・コミック・雑誌

ピーターパン

相原勇は広島県で生まれ、高校3年の夏に芸能界入りし、平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国で司会をし、舞台ピーターパンの主役も演じた。29歳、元横綱と交際を正式発表し、結婚に備えてレギュラー番組8本を降板。横綱は優勝するも、横綱の代理の者に、結婚はなかったものになったと伝えられた。