ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三宅裕司」の検索結果

「三宅裕司」に関連する情報 1269件中 41〜50件目

「三宅裕司」に関連するイベント情報

御神幸祭

バスに乗ることおよそ5分、南千住駅西口から素盞雄神社へ向かうため南千住図書館で下車する。素盞雄神社に祀られている素盞雄大神は厄除けの神様だという。神社での所作を完璧にこなした虻ちゃんは今日のロケでのよい出会いをお願いした。境内には風鈴と氏子の町ごとに異なったデザインの手ぬぐいが並び、風鈴の音色や手ぬぐいの風に揺れる涼しい様をお供えしていた。虻ちゃんは神社で傘みくじ引き、結果は大吉だった。


「三宅裕司」に関連するイベント情報

天王祭

バスに乗ることおよそ5分、南千住駅西口から素盞雄神社へ向かうため南千住図書館で下車する。素盞雄神社に祀られている素盞雄大神は厄除けの神様だという。神社での所作を完璧にこなした虻ちゃんは今日のロケでのよい出会いをお願いした。境内には風鈴と氏子の町ごとに異なったデザインの手ぬぐいが並び、風鈴の音色や手ぬぐいの風に揺れる涼しい様をお供えしていた。虻ちゃんは神社で傘みくじ引き、結果は大吉だった。


素盞雄神社

バスに乗ることおよそ5分、南千住駅西口から素盞雄神社へ向かうため南千住図書館で下車する。素盞雄神社に祀られている素盞雄大神は厄除けの神様だという。神社での所作を完璧にこなした虻ちゃんは今日のロケでのよい出会いをお願いした。境内には風鈴と氏子の町ごとに異なったデザインの手ぬぐいが並び、風鈴の音色や手ぬぐいの風に揺れる涼しい様をお供えしていた。虻ちゃんは神社で傘みくじ引き、結果は大吉だった。


南千住図書館

バスに乗ることおよそ5分、南千住駅西口から素盞雄神社へ向かうため南千住図書館で下車する。素盞雄神社に祀られている素盞雄大神は厄除けの神様だという。神社での所作を完璧にこなした虻ちゃんは今日のロケでのよい出会いをお願いした。境内には風鈴と氏子の町ごとに異なったデザインの手ぬぐいが並び、風鈴の音色や手ぬぐいの風に揺れる涼しい様をお供えしていた。虻ちゃんは神社で傘みくじ引き、結果は大吉だった。


南千住駅西口

バスに乗ることおよそ5分、南千住駅西口から素盞雄神社へ向かうため南千住図書館で下車する。素盞雄神社に祀られている素盞雄大神は厄除けの神様だという。神社での所作を完璧にこなした虻ちゃんは今日のロケでのよい出会いをお願いした。境内には風鈴と氏子の町ごとに異なったデザインの手ぬぐいが並び、風鈴の音色や手ぬぐいの風に揺れる涼しい様をお供えしていた。虻ちゃんは神社で傘みくじ引き、結果は大吉だった。


ICカード1日乗車券

荒川区・南千住といえば江戸時代に日光道中最初の宿場町として栄えた歴史ある町。虻ちゃんは駅前で松尾芭蕉像を発見した。およそ330年前に旅立ちの句を読んだという。今回のミニバス旅は荒川区の東エリアを「さくら」で巡る。


さくら

荒川区・南千住といえば江戸時代に日光道中最初の宿場町として栄えた歴史ある町。虻ちゃんは駅前で松尾芭蕉像を発見した。およそ330年前に旅立ちの句を読んだという。今回のミニバス旅は荒川区の東エリアを「さくら」で巡る。

バス停に戻り、再びコミュニティバス「さくら」に乗り、グリーンハイム荒川というところで下車した。長く続くレンガ塀を発見し付近の看板を見ると、日本初の官営毛織物工業でその跡地にできた東京スタジアムの名残であった。


南千住駅

荒川区・南千住といえば江戸時代に日光道中最初の宿場町として栄えた歴史ある町。虻ちゃんは駅前で松尾芭蕉像を発見した。およそ330年前に旅立ちの句を読んだという。今回のミニバス旅は荒川区の東エリアを「さくら」で巡る。


#ノンストップ

せきららボイスが表示された、ご意見は#ノンストップ。

せきららボイスが表示された、ご意見は#ノンストップ。


AERA

スタジオの出演者らは「芸人さんはキャンプ好きが多い」、「ソロキャンプという言葉を初めて聞いた」、などとコメントした。雑誌「AERA」ではヒロシのキャンプの様子が掲載されており、「ソロキャンプは豊かになれる」とヒロシは語っている。さらにヒロシは「自分の山が欲しい」としており、もし人が入ってきても話しかけてこない人しか入れたくないとの事。