ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三菱グループ」の検索結果

「三菱グループ」に関連する情報 249件中 1〜10件目

三菱地所

三菱村が丸の内に復活する。丸の内はそもそも原野のような土地で、それを明治政府から岩崎弥之助が買い取ったのがはじまり。1894年、オフィスビル三菱一号館が完成させた。以降、ロンドンのようなオフィス街の建設がすすめられ、一丁倫敦といわれた。戦後、日本の金融経済の中心地として発展してきた丸の内には、三菱グループ各社の本社が数多くあつまっていた。そのことから、三菱村ともよばれた。1990年代、新宿などが脚光を浴びるようになった。グループ企業のひとつ三菱重工も経営機能をよそに移転させた。その後、三菱地所が中心となり丸の内を再開発。2007年、新丸ビルをオープンさせるなどした。そして今回、三菱重工の経営機能が丸の内にもどる。これを皮切りに、三菱グループの有力企業がふたたび丸の内に集結する。三菱村の復活ともいわれている。


三菱重工

三菱村が丸の内に復活する。丸の内はそもそも原野のような土地で、それを明治政府から岩崎弥之助が買い取ったのがはじまり。1894年、オフィスビル三菱一号館が完成させた。以降、ロンドンのようなオフィス街の建設がすすめられ、一丁倫敦といわれた。戦後、日本の金融経済の中心地として発展してきた丸の内には、三菱グループ各社の本社が数多くあつまっていた。そのことから、三菱村ともよばれた。1990年代、新宿などが脚光を浴びるようになった。グループ企業のひとつ三菱重工も経営機能をよそに移転させた。その後、三菱地所が中心となり丸の内を再開発。2007年、新丸ビルをオープンさせるなどした。そして今回、三菱重工の経営機能が丸の内にもどる。これを皮切りに、三菱グループの有力企業がふたたび丸の内に集結する。三菱村の復活ともいわれている。


新丸ビル

三菱村が丸の内に復活する。丸の内はそもそも原野のような土地で、それを明治政府から岩崎弥之助が買い取ったのがはじまり。1894年、オフィスビル三菱一号館が完成させた。以降、ロンドンのようなオフィス街の建設がすすめられ、一丁倫敦といわれた。戦後、日本の金融経済の中心地として発展してきた丸の内には、三菱グループ各社の本社が数多くあつまっていた。そのことから、三菱村ともよばれた。1990年代、新宿などが脚光を浴びるようになった。グループ企業のひとつ三菱重工も経営機能をよそに移転させた。その後、三菱地所が中心となり丸の内を再開発。2007年、新丸ビルをオープンさせるなどした。そして今回、三菱重工の経営機能が丸の内にもどる。これを皮切りに、三菱グループの有力企業がふたたび丸の内に集結する。三菱村の復活ともいわれている。


三菱重工業

三菱自動車が日産自動車の傘下に入るのにともなって、保有する浦和レッズの株の一部を売却する方針で調整していることがわかった。浦和レッズの筆頭株主である三菱自動車は一連の燃費問題で、今月中に日産の出資を受ける予定。この出資ににより日産は、筆頭株主であるマリノスに加えて、浦和レッズ株も間接的に保有することになる。しかし、Jリーグは1つの企業が複数クラブの株式を大量保有することを禁止している。このため、関係者によると三菱は浦和レッズの株式50.6%のうち30%余りを三菱重工業など三菱グループへ売却することで調整する方針。クラブ名は存続させる方針。


日産自動車

三菱自動車が日産自動車の傘下に入るのにともなって、保有する浦和レッズの株の一部を売却する方針で調整していることがわかった。浦和レッズの筆頭株主である三菱自動車は一連の燃費問題で、今月中に日産の出資を受ける予定。この出資ににより日産は、筆頭株主であるマリノスに加えて、浦和レッズ株も間接的に保有することになる。しかし、Jリーグは1つの企業が複数クラブの株式を大量保有することを禁止している。このため、関係者によると三菱は浦和レッズの株式50.6%のうち30%余りを三菱重工業など三菱グループへ売却することで調整する方針。クラブ名は存続させる方針。


三菱自動車

三菱自動車が日産自動車の傘下に入るのにともなって、保有する浦和レッズの株の一部を売却する方針で調整していることがわかった。浦和レッズの筆頭株主である三菱自動車は一連の燃費問題で、今月中に日産の出資を受ける予定。この出資ににより日産は、筆頭株主であるマリノスに加えて、浦和レッズ株も間接的に保有することになる。しかし、Jリーグは1つの企業が複数クラブの株式を大量保有することを禁止している。このため、関係者によると三菱は浦和レッズの株式50.6%のうち30%余りを三菱重工業など三菱グループへ売却することで調整する方針。クラブ名は存続させる方針。


三菱重工業

三菱自動車が日産自動車の傘下に入るのに伴い、保有するサッカー浦和レッズの株式の一部を売却する方向で調整している。日産は横浜F・マリノスの筆頭株主で、三菱自動車を傘下にすると、浦和レッズ株も間接的に保有することになる。しかし、Jリーグは1つの企業が複数のクラブの株式の大量保有を禁止している。三菱自動車は浦和レッズの株式50.6%の30%あまりを三菱重工業などの三菱グループへ売却することで調整する方針。


日産

三菱自動車が日産自動車の傘下に入るのに伴い、保有するサッカー浦和レッズの株式の一部を売却する方向で調整している。日産は横浜F・マリノスの筆頭株主で、三菱自動車を傘下にすると、浦和レッズ株も間接的に保有することになる。しかし、Jリーグは1つの企業が複数のクラブの株式の大量保有を禁止している。三菱自動車は浦和レッズの株式50.6%の30%あまりを三菱重工業などの三菱グループへ売却することで調整する方針。


三菱自動車

三菱自動車が日産自動車の傘下に入るのに伴い、保有するサッカー浦和レッズの株式の一部を売却する方向で調整している。日産は横浜F・マリノスの筆頭株主で、三菱自動車を傘下にすると、浦和レッズ株も間接的に保有することになる。しかし、Jリーグは1つの企業が複数のクラブの株式の大量保有を禁止している。三菱自動車は浦和レッズの株式50.6%の30%あまりを三菱重工業などの三菱グループへ売却することで調整する方針。


スポーツ報知

Jリーグは三菱自動車と日産自動車資本業務提携で基本合意したことによる浦和レッズの問題点について話し合い、現状ではJリーグの規約に抵触する可能性が高いと判断された。対策しては他企業への株の売却や増資による比率の引き下げも手段の一つだが、三菱自動車が持つ株を三菱グループ内で受け入れる案が最有力。チェアマンは「浦和レッズは浦和レッズとして戦っていくことをリーグも期待している」と述べた。浦和レッズの淵田社長も「レッズのブランドを守ることを基本に進める」と明言した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (249)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (8)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (241)