ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三菱グループ」の検索結果

「三菱グループ」に関連する情報 257件中 1〜10件目

浅間丸

世界1周に向け飛鳥IIには膨大な量の食材が積み込まれていた。さらに積みきれない食材をコンテナ船で寄港地に送る。世界1周はシビアな航海だという。今回はイギリス・エジンバラ近郊の航路が緊張すると話した。郵船クルーズの歴史は三菱グループ創始者の岩崎弥太郎に始まる。弥太郎は欧米に支配されていた海外航路を開拓すべく三菱商会を設立。次々と世界の海に挑戦した。第二次世界大戦が始まると日本軍が客船を徴用した。


氷川丸

世界1周に向け飛鳥IIには膨大な量の食材が積み込まれていた。さらに積みきれない食材をコンテナ船で寄港地に送る。世界1周はシビアな航海だという。今回はイギリス・エジンバラ近郊の航路が緊張すると話した。郵船クルーズの歴史は三菱グループ創始者の岩崎弥太郎に始まる。弥太郎は欧米に支配されていた海外航路を開拓すべく三菱商会を設立。次々と世界の海に挑戦した。第二次世界大戦が始まると日本軍が客船を徴用した。


三菱商会

世界1周に向け飛鳥IIには膨大な量の食材が積み込まれていた。さらに積みきれない食材をコンテナ船で寄港地に送る。世界1周はシビアな航海だという。今回はイギリス・エジンバラ近郊の航路が緊張すると話した。郵船クルーズの歴史は三菱グループ創始者の岩崎弥太郎に始まる。弥太郎は欧米に支配されていた海外航路を開拓すべく三菱商会を設立。次々と世界の海に挑戦した。第二次世界大戦が始まると日本軍が客船を徴用した。


三菱グループ

世界1周に向け飛鳥IIには膨大な量の食材が積み込まれていた。さらに積みきれない食材をコンテナ船で寄港地に送る。世界1周はシビアな航海だという。今回はイギリス・エジンバラ近郊の航路が緊張すると話した。郵船クルーズの歴史は三菱グループ創始者の岩崎弥太郎に始まる。弥太郎は欧米に支配されていた海外航路を開拓すべく三菱商会を設立。次々と世界の海に挑戦した。第二次世界大戦が始まると日本軍が客船を徴用した。


大井埠頭

世界1周に向け飛鳥IIには膨大な量の食材が積み込まれていた。さらに積みきれない食材をコンテナ船で寄港地に送る。世界1周はシビアな航海だという。今回はイギリス・エジンバラ近郊の航路が緊張すると話した。郵船クルーズの歴史は三菱グループ創始者の岩崎弥太郎に始まる。弥太郎は欧米に支配されていた海外航路を開拓すべく三菱商会を設立。次々と世界の海に挑戦した。第二次世界大戦が始まると日本軍が客船を徴用した。


郵船クルーズ

飛鳥、飛鳥IIの累計乗客数は87万人。熾烈なクルーズ戦争に勝ち続けてきた郵船クルーズの服部社長はその秘密を、豪華施設より乗組員にあるという。オセアニアグランドクルーズに同行する。飛鳥IIには470人のクルーが乗っている。乗客2人にクルー2人がつく計算だ。横浜港出港から2週間、クルーズはシドニーに到着した。乗客らがオペラハウスでオペラを鑑賞している間に料理クルー達が向かったのはシドニーの食品売場。タスマニアサーモンなどを仕入れ、船に戻り調理に取り掛かった。この日のディナーは7品のフレンチ。飛鳥IIの料理人は同じ料理を出さないことにこだわっている。

世界1周に向け飛鳥IIには膨大な量の食材が積み込まれていた。さらに積みきれない食材をコンテナ船で寄港地に送る。世界1周はシビアな航海だという。今回はイギリス・エジンバラ近郊の航路が緊張すると話した。郵船クルーズの歴史は三菱グループ創始者の岩崎弥太郎に始まる。弥太郎は欧米に支配されていた海外航路を開拓すべく三菱商会を設立。次々と世界の海に挑戦した。第二次世界大戦が始まると日本軍が客船を徴用した。


横浜港

クルーズ界の絶対王者、飛鳥IIの秘密に迫る。年末年始にグアムとサイパンを巡るニューイヤーサイパン・グアムクルーズに同行する。価格は10日で46万円から。

飛鳥、飛鳥IIの累計乗客数は87万人。熾烈なクルーズ戦争に勝ち続けてきた郵船クルーズの服部社長はその秘密を、豪華施設より乗組員にあるという。オセアニアグランドクルーズに同行する。飛鳥IIには470人のクルーが乗っている。乗客2人にクルー2人がつく計算だ。横浜港出港から2週間、クルーズはシドニーに到着した。乗客らがオペラハウスでオペラを鑑賞している間に料理クルー達が向かったのはシドニーの食品売場。タスマニアサーモンなどを仕入れ、船に戻り調理に取り掛かった。この日のディナーは7品のフレンチ。飛鳥IIの料理人は同じ料理を出さないことにこだわっている。

横浜港に帰ってきた飛鳥II。すぐに次の航海の準備に取り掛かる。控えているのは世界1周クルーズ。横浜からシンガポールを通り、プーケットでパンガー湾を堪能、スエズ運河を通り、ポルトガル、オランダ、イギリスへと北上。ギリシャではミコノス島に停泊。ジブラルタル海峡ではザ・ロックを眺める。大西洋を渡りアメリカ東海岸へ。カリブ海を抜けて西海岸へ上っていく。ニューヨークを観光し、パナマ運河が旅のクライマックスとなる。全行程102日間で18ヵ国を巡る。

世界1周に向け飛鳥IIには膨大な量の食材が積み込まれていた。さらに積みきれない食材をコンテナ船で寄港地に送る。世界1周はシビアな航海だという。今回はイギリス・エジンバラ近郊の航路が緊張すると話した。郵船クルーズの歴史は三菱グループ創始者の岩崎弥太郎に始まる。弥太郎は欧米に支配されていた海外航路を開拓すべく三菱商会を設立。次々と世界の海に挑戦した。第二次世界大戦が始まると日本軍が客船を徴用した。


飛鳥II

クルーズ界の絶対王者、飛鳥IIの秘密に迫る。年末年始にグアムとサイパンを巡るニューイヤーサイパン・グアムクルーズに同行する。価格は10日で46万円から。

飛鳥IIには診療所が完備されている。客室数は436。1泊4万円代のツインルームは小ぶりな部屋だがソファがあり海を観ることもできる。定年退職後に飛鳥IIにハマったという佐藤夫妻は当初は高いイメージだったが一度乗船してお値打ち感を知ったという。料金には3食の豪華料理や船内の様々な食事の代金も含まれている。クルーズ中、食事代は1円もかからない。他にもフィットネスやゴルフレッスンも無料で利用できる。白鵬を招いた大相撲クルーズや歌舞伎役者を迎えた歌舞伎クルーズなどもある。出発から5日後、グアムに到着した。大晦日にグアムを離れた飛鳥II。元日の早朝、甲板は初日の出を観る乗客が集まっていた。新年最初の朝食には豪華おせち料理が用意された。

飛鳥、飛鳥IIの累計乗客数は87万人。熾烈なクルーズ戦争に勝ち続けてきた郵船クルーズの服部社長はその秘密を、豪華施設より乗組員にあるという。オセアニアグランドクルーズに同行する。飛鳥IIには470人のクルーが乗っている。乗客2人にクルー2人がつく計算だ。横浜港出港から2週間、クルーズはシドニーに到着した。乗客らがオペラハウスでオペラを鑑賞している間に料理クルー達が向かったのはシドニーの食品売場。タスマニアサーモンなどを仕入れ、船に戻り調理に取り掛かった。この日のディナーは7品のフレンチ。飛鳥IIの料理人は同じ料理を出さないことにこだわっている。

入社して1年の鈴木は客を楽しませるエンターテインメントチーム。この日はイカの人形を蹴り飛ばすイカ飛ばし大会。大会が終わるとすぐに次の現場へ。エンタメチームは客を飽きさせないよう様々なイベントを仕掛けるのが役割だ。服部社長はクルーの力による最高のおもてなしにこだわってきた。シドニーを出て3日、船はニュージーランドに到着した。

服部社長は、飛鳥に乗船したら1日8食召し上がっていただけると話した。フィットネス施設などがあり、船から降りる時には健康になっている人が多いと話した。飛鳥IIは1年で330日ぐらい動いており、乗組員は4か月乗船し2か月休むサイクルだという。初心者でも楽しんでいただけるよう、“我が家に帰ってきた”ような安らぎを持ってもらえるよう心遣いしていると話した。

横浜港に帰ってきた飛鳥II。すぐに次の航海の準備に取り掛かる。控えているのは世界1周クルーズ。横浜からシンガポールを通り、プーケットでパンガー湾を堪能、スエズ運河を通り、ポルトガル、オランダ、イギリスへと北上。ギリシャではミコノス島に停泊。ジブラルタル海峡ではザ・ロックを眺める。大西洋を渡りアメリカ東海岸へ。カリブ海を抜けて西海岸へ上っていく。ニューヨークを観光し、パナマ運河が旅のクライマックスとなる。全行程102日間で18ヵ国を巡る。

世界1周に向け飛鳥IIには膨大な量の食材が積み込まれていた。さらに積みきれない食材をコンテナ船で寄港地に送る。世界1周はシビアな航海だという。今回はイギリス・エジンバラ近郊の航路が緊張すると話した。郵船クルーズの歴史は三菱グループ創始者の岩崎弥太郎に始まる。弥太郎は欧米に支配されていた海外航路を開拓すべく三菱商会を設立。次々と世界の海に挑戦した。第二次世界大戦が始まると日本軍が客船を徴用した。


三菱地所

三菱村が丸の内に復活する。丸の内はそもそも原野のような土地で、それを明治政府から岩崎弥之助が買い取ったのがはじまり。1894年、オフィスビル三菱一号館が完成させた。以降、ロンドンのようなオフィス街の建設がすすめられ、一丁倫敦といわれた。戦後、日本の金融経済の中心地として発展してきた丸の内には、三菱グループ各社の本社が数多くあつまっていた。そのことから、三菱村ともよばれた。1990年代、新宿などが脚光を浴びるようになった。グループ企業のひとつ三菱重工も経営機能をよそに移転させた。その後、三菱地所が中心となり丸の内を再開発。2007年、新丸ビルをオープンさせるなどした。そして今回、三菱重工の経営機能が丸の内にもどる。これを皮切りに、三菱グループの有力企業がふたたび丸の内に集結する。三菱村の復活ともいわれている。


三菱重工

三菱村が丸の内に復活する。丸の内はそもそも原野のような土地で、それを明治政府から岩崎弥之助が買い取ったのがはじまり。1894年、オフィスビル三菱一号館が完成させた。以降、ロンドンのようなオフィス街の建設がすすめられ、一丁倫敦といわれた。戦後、日本の金融経済の中心地として発展してきた丸の内には、三菱グループ各社の本社が数多くあつまっていた。そのことから、三菱村ともよばれた。1990年代、新宿などが脚光を浴びるようになった。グループ企業のひとつ三菱重工も経営機能をよそに移転させた。その後、三菱地所が中心となり丸の内を再開発。2007年、新丸ビルをオープンさせるなどした。そして今回、三菱重工の経営機能が丸の内にもどる。これを皮切りに、三菱グループの有力企業がふたたび丸の内に集結する。三菱村の復活ともいわれている。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (257)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (8)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (249)