ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三菱自動車 水島製作所」の検索結果

「三菱自動車 水島製作所」に関連する情報 174件中 1〜10件目

「三菱自動車 水島製作所」に関連するイベント情報

水戸黄門

三菱自動車水島製作所が地域の活性化につなげようと従業員で集め2002年7月に劇団「くるま座」発足された。製作員含め33人が所属しており、高齢者施設などに出向いての公演を続けている。合間の昼休みを利用し練習をしていた。しかし、昨年の燃費データ不正問題で公演自粛を検討していたが、依頼先からのキャンセルはななく励みになったという。記念公演当日、行われた場所は「碧空デイサービスセンター」施設。水戸黄門つとめるのは須江所長。室内には歓迎する紙がずらりと貼られる会場の中でおこなった「水戸黄門」公演は、大成功に終わった。「くるま座」メンバー・中村座長は公演について「人生の先輩方の声を大切につながりを作っていきたい。それが地域に対する恩返しになるのかな」などコメントした。再建へと導く中で地域に支えられながら公演を続けている。


碧空デイサービスセンター

三菱自動車水島製作所が地域の活性化につなげようと従業員で集め2002年7月に劇団「くるま座」発足された。製作員含め33人が所属しており、高齢者施設などに出向いての公演を続けている。合間の昼休みを利用し練習をしていた。しかし、昨年の燃費データ不正問題で公演自粛を検討していたが、依頼先からのキャンセルはななく励みになったという。記念公演当日、行われた場所は「碧空デイサービスセンター」施設。水戸黄門つとめるのは須江所長。室内には歓迎する紙がずらりと貼られる会場の中でおこなった「水戸黄門」公演は、大成功に終わった。「くるま座」メンバー・中村座長は公演について「人生の先輩方の声を大切につながりを作っていきたい。それが地域に対する恩返しになるのかな」などコメントした。再建へと導く中で地域に支えられながら公演を続けている。


三菱自動車水島製作所

三菱自動車水島製作所が地域の活性化につなげようと従業員で集め2002年7月に劇団「くるま座」発足された。製作員含め33人が所属しており、高齢者施設などに出向いての公演を続けている。合間の昼休みを利用し練習をしていた。しかし、昨年の燃費データ不正問題で公演自粛を検討していたが、依頼先からのキャンセルはななく励みになったという。記念公演当日、行われた場所は「碧空デイサービスセンター」施設。水戸黄門つとめるのは須江所長。室内には歓迎する紙がずらりと貼られる会場の中でおこなった「水戸黄門」公演は、大成功に終わった。「くるま座」メンバー・中村座長は公演について「人生の先輩方の声を大切につながりを作っていきたい。それが地域に対する恩返しになるのかな」などコメントした。再建へと導く中で地域に支えられながら公演を続けている。


三菱自動車

三菱自動車水島製作所が地域の活性化につなげようと従業員で集め2002年7月に劇団「くるま座」発足された。製作員含め33人が所属しており、高齢者施設などに出向いての公演を続けている。合間の昼休みを利用し練習をしていた。しかし、昨年の燃費データ不正問題で公演自粛を検討していたが、依頼先からのキャンセルはななく励みになったという。記念公演当日、行われた場所は「碧空デイサービスセンター」施設。水戸黄門つとめるのは須江所長。室内には歓迎する紙がずらりと貼られる会場の中でおこなった「水戸黄門」公演は、大成功に終わった。「くるま座」メンバー・中村座長は公演について「人生の先輩方の声を大切につながりを作っていきたい。それが地域に対する恩返しになるのかな」などコメントした。再建へと導く中で地域に支えられながら公演を続けている。


水島製作所

三菱自動車のカルロス・ゴーン会長はきのう燃費不正問題で一時生産停止に追い込まれた岡山県倉敷市にある水島製作所を訪れた。集まった従業員を前にゴーン会長は水島製作所の年間生産台数について将来的に2016年度に比べ倍増となる40万台とすると表明した。


三菱自動車

三菱自動車のカルロス・ゴーン会長はきのう燃費不正問題で一時生産停止に追い込まれた岡山県倉敷市にある水島製作所を訪れた。集まった従業員を前にゴーン会長は水島製作所の年間生産台数について将来的に2016年度に比べ倍増となる40万台とすると表明した。


水島製作所

岡山・倉敷市は三菱自動車の企業城下町。倉敷市役所での200台以上ある公用車の8割が三菱製。今年4月、三菱自動車が燃費不正を行っていたことが明らかになった。問題となった4車種が作られていた水島製作所の生産ラインは2ヵ月に渡りストップ、販売台数が落ち込む中、三菱自動車は日産の傘下に入る立て直し作を発表。日産自動車のゴーン社長の会長就任となった。


日産自動車

岡山・倉敷市は三菱自動車の企業城下町。倉敷市役所での200台以上ある公用車の8割が三菱製。今年4月、三菱自動車が燃費不正を行っていたことが明らかになった。問題となった4車種が作られていた水島製作所の生産ラインは2ヵ月に渡りストップ、販売台数が落ち込む中、三菱自動車は日産の傘下に入る立て直し作を発表。日産自動車のゴーン社長の会長就任となった。

三菱自動車の一次下請けにあたる中山鉄工所


三菱自動車

岡山・倉敷市は三菱自動車の企業城下町。倉敷市役所での200台以上ある公用車の8割が三菱製。今年4月、三菱自動車が燃費不正を行っていたことが明らかになった。問題となった4車種が作られていた水島製作所の生産ラインは2ヵ月に渡りストップ、販売台数が落ち込む中、三菱自動車は日産の傘下に入る立て直し作を発表。日産自動車のゴーン社長の会長就任となった。

三菱自動車の一次下請けにあたる中山鉄工所


三菱自動車水島製作所

三菱自動車が、夜間操業を再開した。須江隆行社長は、燃費不正問題が起こる前の2シフト大勢に戻すことが出来たと話した。燃費不正問題で休止していた水島製作所を7ヶ月ぶりに再開し、昼と夜の2交代制に戻した。年度末に向け、生産台数を増やす。