ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三輪記子」の検索結果

「三輪記子」に関連する情報 115件中 1〜10件目

cocoloni

2018年下半期に強運を持つ芸能人は誰なのか?人気占いサイト「cocoloni」で活躍するフォーチュン・ナビゲーターの阿雅佐さんが星座×血液型の48通りで強運順にランキング化した。10位は双子座でA型。芸能人でいうと新垣結衣さん。9位は魚座AB型でベッキーさん。8位は蟹座B型の明石家さんまさん。7位は牡牛座A型の竹内涼真さん。6位は蟹座B型の三輪記子さん。5位は乙女座AB型の井上陽水さん。4位は射手座B型の羽生結弦さん。3位は魚座でB型の片岡愛之助さん。2位は双子座AB型の本田圭佑さん。泉ピン子さんはこれだったら侍ジャパン全部にやってほしい、などと述べた。


「三輪記子」に関連するグルメ情報

聖護院八ツ橋

井筒八ツ橋本舗の訴状は聖護院八ツ橋総本店は約10年前から1689年を表示し始めた。さらに、京銘菓八ツ橋工業協同組合は去年5月聖護院八ツ橋総本店に「1689年の表示中止」を求め調停を申し立てた。しかし、調停は不成立に終わった。 井筒八ツ橋本舗は根拠のない情報が外国人観光客を通じて世界に拡散するのを恐れ、訴えを起こした。井筒八ツ橋本舗は聖護院八ツ橋総本店のうその説明で自社の商品が損害を受けたとして、「元禄2年」「1689年」の表記差し止めと損害賠償600万円の支払いを求めている。

原晋は「ブランドイメージは保たないといけないので難しい問題」と話した。三輪記子は「不正競争防止法の不正競争に当たるかどうかというのが大きな焦点」と話した。真矢ミキは「争っているんだなと思いたくない。味で争ってほしい」と話した。


「三輪記子」に関連するグルメ情報

井筒八ツ橋

井筒八ツ橋本舗の訴状は聖護院八ツ橋総本店は約10年前から1689年を表示し始めた。さらに、京銘菓八ツ橋工業協同組合は去年5月聖護院八ツ橋総本店に「1689年の表示中止」を求め調停を申し立てた。しかし、調停は不成立に終わった。 井筒八ツ橋本舗は根拠のない情報が外国人観光客を通じて世界に拡散するのを恐れ、訴えを起こした。井筒八ツ橋本舗は聖護院八ツ橋総本店のうその説明で自社の商品が損害を受けたとして、「元禄2年」「1689年」の表記差し止めと損害賠償600万円の支払いを求めている。

原晋は「ブランドイメージは保たないといけないので難しい問題」と話した。三輪記子は「不正競争防止法の不正競争に当たるかどうかというのが大きな焦点」と話した。真矢ミキは「争っているんだなと思いたくない。味で争ってほしい」と話した。


井筒八ツ橋本舗

井筒八ツ橋本舗の訴状は聖護院八ツ橋総本店は約10年前から1689年を表示し始めた。さらに、京銘菓八ツ橋工業協同組合は去年5月聖護院八ツ橋総本店に「1689年の表示中止」を求め調停を申し立てた。しかし、調停は不成立に終わった。 井筒八ツ橋本舗は根拠のない情報が外国人観光客を通じて世界に拡散するのを恐れ、訴えを起こした。井筒八ツ橋本舗は聖護院八ツ橋総本店のうその説明で自社の商品が損害を受けたとして、「元禄2年」「1689年」の表記差し止めと損害賠償600万円の支払いを求めている。

原晋は「ブランドイメージは保たないといけないので難しい問題」と話した。三輪記子は「不正競争防止法の不正競争に当たるかどうかというのが大きな焦点」と話した。真矢ミキは「争っているんだなと思いたくない。味で争ってほしい」と話した。


聖護院八ツ橋総本店

井筒八ツ橋本舗の訴状は聖護院八ツ橋総本店は約10年前から1689年を表示し始めた。さらに、京銘菓八ツ橋工業協同組合は去年5月聖護院八ツ橋総本店に「1689年の表示中止」を求め調停を申し立てた。しかし、調停は不成立に終わった。 井筒八ツ橋本舗は根拠のない情報が外国人観光客を通じて世界に拡散するのを恐れ、訴えを起こした。井筒八ツ橋本舗は聖護院八ツ橋総本店のうその説明で自社の商品が損害を受けたとして、「元禄2年」「1689年」の表記差し止めと損害賠償600万円の支払いを求めている。

原晋は「ブランドイメージは保たないといけないので難しい問題」と話した。三輪記子は「不正競争防止法の不正競争に当たるかどうかというのが大きな焦点」と話した。真矢ミキは「争っているんだなと思いたくない。味で争ってほしい」と話した。


日大

森清之氏が解説。会見について・選手の会見は非常に事例が具体的で時系列に従って説明されていた。映像等の客観的な状況ときちんと一致する。すべてが点がつながる感じだった。監督とコーチの会見は根本的なところで矛盾があった。理論が破綻、支離滅裂なところもあった。すべてが真実ではないとは思わないが一貫して流れているものがないような気がしたと話した。今回のタックルについては初めて見るプレー、見たことがない。正気ではできないプレーだったと話した。

「潰せ」をめぐって食い違いが起きている。選手は前コーチを通して内田前監督から「1プレー目からQBを潰せ」と指示を受けたと主張。内田前監督は私からの指示ではない、前コーチは思いきりプレーしてほしかったと否定している。前コーチから「QBがケガをして出られなくなったら得」と言われたと選手は主張、前コーチはケガという言葉を使ったかどうか正直僕は覚えていないという風に言っている。内田前監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われたと言う風に追いつめられたと選手は主張しているが内田前監督は言っていないという風に主張している。森清之氏は「認識の違いであのプレーが起こるとは到底思えない。選手の奮起を促すために外すという指導者はフットボールに限らず正しいかどうかは別としてあるのは事実」と話した。

責任のとり方について差が出ている。選手は「僕がアメフトを続けていく権利はない」、前コーチは「コーチを辞任しようと考えている」、内田前監督は「常務理事の職を一旦停止、謹慎とさせていただきたいと思っている。そして第三者委員会の結果から大学の判断に任せたい」とした。橋本五郎氏は「20歳の学生をああいう記者会見をせざる得ない状況に追い込むということ事態がプレーの問題は別に教育機関なのかという感じがする。」と話した。三輪記子氏は「会見自体、食い違いがたくさんあった。食い違いがあるということは会見前からわかること。食い違いに対する合理的な説明もなく、これで乗り切っていると思えるような準備というのが理解ができない。社会的な責任という意味では刑事責任などの法的責任は置いといて、教育機関の関係者としての立場の自覚がなさすぎることが怖く感じた。」とコメント。別所哲也さんは「アメフトを愛する人間として言いたいことがたくさんある。指示なくして勝手に個人が違う行動をしたら大事故になるとわかっているスポーツ。常軌を逸したプレー、指示なくして動いていたとは完全にあり得ないと思っている」とコメント。

刑事責任の問題。正当な業務の場合は犯罪ではない、ボクシングで相手を殴ってケガさせてもそれは犯罪ではない。アメフトのプレーの中で起きたことだったら犯罪にはならない。三輪記子氏は「あり得ないプレーとは正当業務プレーとは言えないと考えられる。傷害罪に問える可能性は十分あると思う」とした。刑事事件になるとなると主犯は選手、主犯なしに共犯は問えない。前コーチや内田前監督に関しては刑事上の処罰を求めるということになると選手も処罰されることになる。三輪記子氏は「共謀共同正犯という理論があり、実行行為に及んでいなくても犯罪行為を実行するというような意思の連絡がある場合には処罰が可能だという理論もある。しかしあくまでも例外。」と話した。

処罰感情について被害を受けた選手の父親は「選手が可哀想すぎます。被害届、告訴も含めて2人だけの名前では受理できないと警察から回答を頂いている。選手の減刑、2人に対する厳重処分の懇願署も出そうと思う」としている。森清之氏は「選手は守らなければいけない。現時点で選手は守られていない、フットボール界あげて守らないと。」と話した。対戦校として日大に求めることは「言った言わないの話ではなく、あのプレーが現実に起こってしまったという背景。なにかないとなんなプレーはしない。彼にそれをさしてしまったこと、背景を明るみにすることが大事だと思う」と話した。


関西学院大

森清之氏が解説。会見について・選手の会見は非常に事例が具体的で時系列に従って説明されていた。映像等の客観的な状況ときちんと一致する。すべてが点がつながる感じだった。監督とコーチの会見は根本的なところで矛盾があった。理論が破綻、支離滅裂なところもあった。すべてが真実ではないとは思わないが一貫して流れているものがないような気がしたと話した。今回のタックルについては初めて見るプレー、見たことがない。正気ではできないプレーだったと話した。

「潰せ」をめぐって食い違いが起きている。選手は前コーチを通して内田前監督から「1プレー目からQBを潰せ」と指示を受けたと主張。内田前監督は私からの指示ではない、前コーチは思いきりプレーしてほしかったと否定している。前コーチから「QBがケガをして出られなくなったら得」と言われたと選手は主張、前コーチはケガという言葉を使ったかどうか正直僕は覚えていないという風に言っている。内田前監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われたと言う風に追いつめられたと選手は主張しているが内田前監督は言っていないという風に主張している。森清之氏は「認識の違いであのプレーが起こるとは到底思えない。選手の奮起を促すために外すという指導者はフットボールに限らず正しいかどうかは別としてあるのは事実」と話した。

責任のとり方について差が出ている。選手は「僕がアメフトを続けていく権利はない」、前コーチは「コーチを辞任しようと考えている」、内田前監督は「常務理事の職を一旦停止、謹慎とさせていただきたいと思っている。そして第三者委員会の結果から大学の判断に任せたい」とした。橋本五郎氏は「20歳の学生をああいう記者会見をせざる得ない状況に追い込むということ事態がプレーの問題は別に教育機関なのかという感じがする。」と話した。三輪記子氏は「会見自体、食い違いがたくさんあった。食い違いがあるということは会見前からわかること。食い違いに対する合理的な説明もなく、これで乗り切っていると思えるような準備というのが理解ができない。社会的な責任という意味では刑事責任などの法的責任は置いといて、教育機関の関係者としての立場の自覚がなさすぎることが怖く感じた。」とコメント。別所哲也さんは「アメフトを愛する人間として言いたいことがたくさんある。指示なくして勝手に個人が違う行動をしたら大事故になるとわかっているスポーツ。常軌を逸したプレー、指示なくして動いていたとは完全にあり得ないと思っている」とコメント。

刑事責任の問題。正当な業務の場合は犯罪ではない、ボクシングで相手を殴ってケガさせてもそれは犯罪ではない。アメフトのプレーの中で起きたことだったら犯罪にはならない。三輪記子氏は「あり得ないプレーとは正当業務プレーとは言えないと考えられる。傷害罪に問える可能性は十分あると思う」とした。刑事事件になるとなると主犯は選手、主犯なしに共犯は問えない。前コーチや内田前監督に関しては刑事上の処罰を求めるということになると選手も処罰されることになる。三輪記子氏は「共謀共同正犯という理論があり、実行行為に及んでいなくても犯罪行為を実行するというような意思の連絡がある場合には処罰が可能だという理論もある。しかしあくまでも例外。」と話した。

処罰感情について被害を受けた選手の父親は「選手が可哀想すぎます。被害届、告訴も含めて2人だけの名前では受理できないと警察から回答を頂いている。選手の減刑、2人に対する厳重処分の懇願署も出そうと思う」としている。森清之氏は「選手は守らなければいけない。現時点で選手は守られていない、フットボール界あげて守らないと。」と話した。対戦校として日大に求めることは「言った言わないの話ではなく、あのプレーが現実に起こってしまったという背景。なにかないとなんなプレーはしない。彼にそれをさしてしまったこと、背景を明るみにすることが大事だと思う」と話した。


クールジャパン機構

出演者は「くじ引きの問題はセクハラというより、女性を仕事のしやすいようにという添え物にしか思っていない印象」、「今回の共通点は高学歴の50代。社会の改革に進んで行けていない人たちが、未だにセクハラ・パワハラ問題を起こしているという印象」などとトーク。

クールジャパン機構は、2013年設立された。「マンガ」、「アニメ」、「ファッション」、「グルメ」など日本の文化を海外に売り込む官民ファンド。今回のセクハラ疑惑は2015年ごろから始まったという。くじ引きやボディータッチでセクハラがあったという女性側の主張だが、クールジャパン機構としては、「くじ引きは事前に伝えていた。性的目的は一切なかった。ボディータッチも嫌がる相手にそうした行為を行うことなどあり得ない。セクハラ行為は存在しない」と全面的に否定している。原晋氏は「我々の時代は王様ゲームとかをやれば、女性が喜んでくれると思っていた。でも、今は違う。時代が追いついていない。感覚のズレがある」、弁護士の三輪記子氏は「セクハラを言ったら仕事上に自分に不利益があるのではや我慢できないのかという風潮もあった。こういうことをする人って女性を人間として扱っていない」などとコメントした。


テレビ朝日

テレビ朝日の対応について。女性記者が相談した際、上司は「報道は難しい」として握りつぶしたといえる。辛坊治郎は「加害者に処罰を下すのが普通。報道するかは別としてまずは事実確認をして財務省に伝えるのが筋」などと語った。三輪記子は「構造的にセクハラが常にある状態だったのでは」などと話した。財務次官が辞任するという報道が出た後になって記者会見が行われたという流れについて田崎史郎は「事務次官が間違っているという証拠を持っているのはテレビ朝日だけ。財務省の調査協力に対してどう対応していくか、テレビ朝日も問われている」などと語った。情報を第三者に提供したことについて、三輪記子は「事故の被害の情報と捉えるべきであって、取材で得た情報と捉えて第三者に伝えたことを問題にするテレビ朝日に問題がある」などと語った。


中部空港

三輪記子は今年1月末、中部空港で韓国籍の女性7人が金塊を直腸に隠し密輸を図ったが金属探知機で発覚したと話した。密輸した金を日本国内で転売すれば消費税分の利益がまるまる得られるため金の密輸が増加している。