ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「中山雅史」の検索結果

「中山雅史」に関連する情報 1492件中 1〜10件目

埼玉スタジアム2002

埼玉スタジアム2002から中継、澤登正朗と中山雅史がウルグアイ戦の注目選手を振り返った。

埼玉スタジアム2002で行われた、キリンチャレンジカップ2018日本vsウルグアイは中島翔哉のパスを南野拓実が先制ゴール。前半28分に同点に追いつかれた。前半36分に大迫勇也が勝ち越しゴールを決めた。後半12分カバーニが同点ゴールを決めた。しかし後半14分に堂安律が勝ち越しゴール、さらに南野拓実が2点目を決めた。結果は4-3で日本が勝利。森保一監督は選手が勝ちにこだわって勝利したと話した。堂安は決める自信はあったとし、南野は両サイドがタメを作れるとわかっていたので前を向くことを意識したと話した。

埼玉スタジアム2002から中継、ウルグアイ戦を振り返った。中山雅史は中島翔哉についてコーナーキックでリフティングしているので楽しんでいると話した。澤登正朗はセットプレーの失点を修正しないといけないと話した。


「中山雅史」に関連するイベント情報

キリンチャレンジカップ2018

埼玉スタジアム2002から中継、澤登正朗と中山雅史がウルグアイ戦の注目選手を振り返った。

埼玉スタジアム2002で行われた、キリンチャレンジカップ2018日本vsウルグアイは中島翔哉のパスを南野拓実が先制ゴール。前半28分に同点に追いつかれた。前半36分に大迫勇也が勝ち越しゴールを決めた。後半12分カバーニが同点ゴールを決めた。しかし後半14分に堂安律が勝ち越しゴール、さらに南野拓実が2点目を決めた。結果は4-3で日本が勝利。森保一監督は選手が勝ちにこだわって勝利したと話した。堂安は決める自信はあったとし、南野は両サイドがタメを作れるとわかっていたので前を向くことを意識したと話した。

埼玉スタジアム2002から中継、ウルグアイ戦を振り返った。中山雅史は中島翔哉についてコーナーキックでリフティングしているので楽しんでいると話した。澤登正朗はセットプレーの失点を修正しないといけないと話した。


「中山雅史」に関連するグルメ情報

牛肉

森保ジャパン×ウルグアイ戦についてのトーク。矢部浩之は、「次は強豪ウルグアイとの対戦ですね中山さん」などと発言した。中山雅史は、「日本が強豪とたたかうのが楽しみでワクワクしている」などと発言した。三谷紬&久冨慶子は数字で見るウルグアイのスゴさについて、「FIFAランキング5位、ワールドカップの優勝回数2回」などと紹介した。


「中山雅史」に関連するイベント情報

ロシアW杯

森保ジャパン×ウルグアイ戦についてのトーク。矢部浩之は、「次は強豪ウルグアイとの対戦ですね中山さん」などと発言した。中山雅史は、「日本が強豪とたたかうのが楽しみでワクワクしている」などと発言した。三谷紬&久冨慶子は数字で見るウルグアイのスゴさについて、「FIFAランキング5位、ワールドカップの優勝回数2回」などと紹介した。


「中山雅史」に関連するイベント情報

キリンチャレンジカップ2018

新潟市にあるデンカビッグスワンスタジアムから中山雅史・澤登正朗・寺川綾が中継。本日のサッカー「キリンチャレンジカップ2018」について澤登正朗は「コンビネーションが良かった」、中山は「W杯メンバーと新しいメンバーがどのように攻撃を構築していくのか注目した」などと話した。注目選手として澤登はトップ下にいる南野選手、中山は大迫選手を中心とした攻撃陣を挙げた。

キリンチャレンジカップ2018で日本はパナマと対戦。中山雅史さんと澤登正朗さんは、最初のゴールのプレーについて、ボールの奪い方ともらい方に注目して解説した。試合は3-0で日本が勝利した。澤登さんは原口元気について「駆け引きがよかった。このポジションは熾烈な争い」とコメントし、さらに「森保監督が掲げる“融合”という中では、徐々に色々な選手を使いながら、特に若手選手を成長させていく部分もうまさがあるので、経験を積ませることが大事になる」と語った。一方の中山さんは、「自分の中にしっかりとした指針が必要。監督の提案はあると思うが、自分に合うやり方を選手同士で話し合いながら詰めていく必要がある」と指摘した。

森保一監督インタビュー。「チームとしてやろうとしていることを選手たちが前向きにチャレンジして、それが結果に繋がり良かったと思う。ただまだまだクオリティーを上げていかなければならないところがある」などと話した。

中山さんは、森保一監督の采配について「選手を多く見たい、アジアカップに向けてチームを作っていきたいという形だと感じる」とコメントした。澤登さんは「色々な選手がどれだけ力を発揮できるか楽しみ」と語った。


デンカビッグスワンスタジアム

新潟市にあるデンカビッグスワンスタジアムから中山雅史・澤登正朗・寺川綾が中継。本日のサッカー「キリンチャレンジカップ2018」について澤登正朗は「コンビネーションが良かった」、中山は「W杯メンバーと新しいメンバーがどのように攻撃を構築していくのか注目した」などと話した。注目選手として澤登はトップ下にいる南野選手、中山は大迫選手を中心とした攻撃陣を挙げた。

キリンチャレンジカップ2018で日本はパナマと対戦。中山雅史さんと澤登正朗さんは、最初のゴールのプレーについて、ボールの奪い方ともらい方に注目して解説した。試合は3-0で日本が勝利した。澤登さんは原口元気について「駆け引きがよかった。このポジションは熾烈な争い」とコメントし、さらに「森保監督が掲げる“融合”という中では、徐々に色々な選手を使いながら、特に若手選手を成長させていく部分もうまさがあるので、経験を積ませることが大事になる」と語った。一方の中山さんは、「自分の中にしっかりとした指針が必要。監督の提案はあると思うが、自分に合うやり方を選手同士で話し合いながら詰めていく必要がある」と指摘した。

中山さんは、森保一監督の采配について「選手を多く見たい、アジアカップに向けてチームを作っていきたいという形だと感じる」とコメントした。澤登さんは「色々な選手がどれだけ力を発揮できるか楽しみ」と語った。

原口元気のインタビューを紹介。原口は「競争は始まっている。(ほかの選手からは)すごいパワーを感じる。僕らも負けていられない」と語り、自身のプレーについては「できれば得点にもっと絡んでいきたい」、「経験したもの、僕にしかできないものを常に100%でチームを助けられるプレーをしたい」とコメントした。


「中山雅史」に関連するイベント情報

フランスワールドカップ

森保JAPANの背番号発表。10番は中島翔哉。9番は南野拓実。パナマ戦に向け南野は「ゴールかアシストにこだわりたい。」などとコメント。中山雅史は「非常にゴールへの意欲を感じる。若い人はたくましさを増した。」などとコメント。


「中山雅史」に関連するイベント情報

フランスW杯 アジア最終予選

日本が熱狂したスポーツ名場面 第2位は1997年のフランスW杯 アジア最終予選で起きたジョホールバルの歓喜。W杯初出場をかけて挑んだ岡田ジャパンだったが、延長戦の末、岡野がゴールを決めてW杯初出場を決めた。視聴率は47.9%を記録。予選では日本の大黒柱として代表チームを牽引していた三浦知良は本戦で代表落ち。中山雅史がW杯初ゴールを決めるも3戦全敗となった。


ビデオリサーチ調べ

日本が熱狂したスポーツ名場面 第7位は1995年、史上初の兄弟対決となった大相撲の若貴対決がランクイン。視聴率は58.0%を記録した。

日本が熱狂したスポーツ名場面 第2位は1997年のフランスW杯 アジア最終予選で起きたジョホールバルの歓喜。W杯初出場をかけて挑んだ岡田ジャパンだったが、延長戦の末、岡野がゴールを決めてW杯初出場を決めた。視聴率は47.9%を記録。予選では日本の大黒柱として代表チームを牽引していた三浦知良は本戦で代表落ち。中山雅史がW杯初ゴールを決めるも3戦全敗となった。


日刊スポーツ

日本が熱狂したスポーツ名場面 第10位は北京五輪で史上初の銀メダルを獲得した男子400mリレーがランクイン。華麗なバトンリレーでジャマイカ、トリニダード・トバゴに続き見事3位に入賞した。トラック種目で日本勢のメダル獲得は80年ぶり2度目。ところが9年後の2017年、ドーピングの再検査でジャマイカの選手から禁止薬物が検出され日本チームのメダルは銀へと繰り上げられた。

日本が熱狂したスポーツ名場面 第9位は平昌五輪で日本男子初となる2大会連続金メダルを獲得した羽生結弦。2014年のソチ五輪で日本男子シングルス初の金メダル獲得を成し遂げると、その後も世界最高得点を何度も更新。ところが平昌五輪3ヶ月前に右足関節の外側靭帯を損傷。練習すらできない状態となったが、完治しないまま大会に強行出場し、ほぼぶっつけ本番の状態で優勝を果たした。

日本が熱狂したスポーツ名場面 第8位はことしスポーツの話題をさらった二刀流・大谷翔平。メジャーでも投打の大活躍を見せている。現在は右肘の靭帯を損傷した影響で打者に専念。9月20日の時点で松井や城島を抜き日本人選手1年目の本塁打記録を塗り替えている。

2013年にシリーズ24勝0敗の記録を打ち立てた田中将大だが、ビビる大木は我が巨人軍が日本シリーズで1敗をつけているとコメント。最終打席に立った矢野謙次は見逃したらボールだった、空気を読んだなどと主張した。また、メジャーに行けたのは星野監督のおかげだったと最近知ったという新庄。星野監督が日米野球で新庄を起用し続けたことがきっかけでスカウトがきたのだという。新庄は8台ほどパソコンを持っているが使ったことがないなどと話した。また、ジーパンを履くために下半身を鍛えなかったという新庄。上半身をとにかく鍛え、逆三角形の男子トイレのマークのような体型を目指していたなどと明かした。

日本が熱狂したスポーツ名場面 第2位は1997年のフランスW杯 アジア最終予選で起きたジョホールバルの歓喜。W杯初出場をかけて挑んだ岡田ジャパンだったが、延長戦の末、岡野がゴールを決めてW杯初出場を決めた。視聴率は47.9%を記録。予選では日本の大黒柱として代表チームを牽引していた三浦知良は本戦で代表落ち。中山雅史がW杯初ゴールを決めるも3戦全敗となった。