ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「中山雅史」の検索結果

「中山雅史」に関連する情報 1450件中 1〜10件目

「中山雅史」に関連するイベント情報

ロシアW杯

ロシア・カザンから中継。寺川アナ・澤登正朗・中山雅史がロシアW杯が開幕したことを伝えた。

ロシアW杯・ロシアvs.サウジアラビアの一戦。前半12分、FIFAランク最下位のロシアが先制。最弱のホスト国と言われていたロシアだが、開催国のため予選が免除されポイントが加算されずFIFAランキングが上がっていなかった。後半26分に追加点を決めるなど試合は5-0でロシアが大勝した。

日本代表の練習を視察した中山と澤登。注目選手は“乾貴士”について「チームにアクセントをもたらしてくれている」と評価した。

ロシア・カザンでキャンプを張るコロンビア代表。公開された全体練習にエース・ハメス・ロドリゲスの姿が無かった。チーム関係者によると左ふくらはぎに違和感を感じ練習を回避したという。澤登はロドリゲス不在について「追い風ではない、他にもタレントがたくさん揃っている」と説明した。

今大会から導入された新システム「VAR」を紹介。1986年メキシコ大会で伝説となったマラドーナの“神の手”や、2010年南アフリカ大会でのイングランドの幻のゴールなど物議を醸した疑惑の判定が劇的に減ることになる。

今大会の公式球・テルスター18のレプリカを紹介。ブレ球、無回転が出にくく、カーブがかかりやすいのが特徴。澤登は「メリットはあると思う」と説明。さらに公式マスコット・ザビワカの帽子を澤登・中山が試着した。

ロシアW杯・エジプトvs.ウルグアイの一戦は3-1でウルグアイが勝利した。


東京メトロ

別所哲也の母校は静岡県立藤枝東高校。静岡県立藤枝東高校は、中山雅史や長谷部誠など数多くのプロサッカー選手を輩出している。また、番組スタッフは別所哲也の同級生の近藤主税さんと、東京メトロ神楽坂駅で合流した。


神楽坂駅

別所哲也の母校は静岡県立藤枝東高校。静岡県立藤枝東高校は、中山雅史や長谷部誠など数多くのプロサッカー選手を輩出している。また、番組スタッフは別所哲也の同級生の近藤主税さんと、東京メトロ神楽坂駅で合流した。


静岡県立藤枝東高校

別所哲也の母校は静岡県立藤枝東高校。静岡県立藤枝東高校は、中山雅史や長谷部誠など数多くのプロサッカー選手を輩出している。また、番組スタッフは別所哲也の同級生の近藤主税さんと、東京メトロ神楽坂駅で合流した。


「中山雅史」に関連するイベント情報

フランスW杯

W杯日本代表のベストゴール第3位は、2010年南アフリカW杯カメルーン戦、本田圭佑の決勝点。第2位は、1998年フランスW杯、中山雅史の日本人初ゴール。


「中山雅史」に関連するイベント情報

南アフリカW杯

W杯日本代表のベストゴール第3位は、2010年南アフリカW杯カメルーン戦、本田圭佑の決勝点。第2位は、1998年フランスW杯、中山雅史の日本人初ゴール。


「中山雅史」に関連するイベント情報

ロシアワールドカップ

ロシアワールドカップの日本代表23人が決定。初選手の宇佐美貴史、原口元気、中村航輔らが意気込みで語った。長友佑都は3回目の選出で、その瞬間をSNSで生配信していた。大島僚太は約2000人の川崎サポーターの前で活躍を誓い、山口蛍はチームメイトで選ばれなかった杉本健勇、清武弘嗣の分も頑張っていきたいと意気込み。香川真司は「前回の雪辱から強くなったことをロシアで証明したい」、長谷部誠は「覚悟のいる大会」と語った。

0−2で敗北したガーナ戦から、西野JAPANの好守それぞれの良い面、悪い面を中田浩二氏が解説。中田氏は3人が1トップをマークするあまり、ウィンドバックも下がざるを得ず、全体的な守備が自陣寄りになり、相手へのプレッシャー不足を指摘。また、かつてのマークの際、マンツーマンだったが今はゾーンで見ていて、敵選手へのマークが曖昧で、マークの受け渡しを明確にすべきだったという。それでも吉田麻也がポジションをサイドに拡げたことで、ウィンドバックのポジションが高めになり、各ポジションの役割がはっきりし、原口元気も吉田の判断が好守に好影響だったと話している。吉田自身は「もっと勇気を持たないと3バックは厳しい、1回目なのでポジティブに捉えてます」とコメント。

中田氏は長友佑都、原口元気の両ウィンドバックが高くポジションを取ることでサイドをうまく使えたと評価。だが、それに強豪国は対応してくるため、1トップの下に位置する、本田圭佑、宇佐美貴史のプレーが鍵を握るという。ガーナ戦ではそのシャドーの1人を務めたのが香川真司で、中田氏はボールをもらうポジショニングなどから、板についていると感じたという。

ロシアワールドカップの開幕まで11日と迫る中、酒井宏樹、原口元気、大島僚太、柴崎岳らが意気込みを語った。取材した矢部浩之は「動じず、リラックスしているのを感じる」とコメント。槙野はW杯に加え、サッカーに興味を持っていない人が多いという番組の調査結果に驚いたなどと述べ、矢部は想像以上に多弁だったことに驚いた。

中山雅史氏は日本代表メンバーについてベテラン勢を揃えた感があるとし、「テストマッチを重ね、チームを強くして本番に臨んで貰いたい」と述べた。


「中山雅史」に関連するイベント情報

東京オリンピック

サッカー元日本代表中山雅史が次世代の若者に夢の言葉を贈る。今回は体操・梶田凪。持ち味のダイナミックな演技で2017年の全日本選手権で個人3位。そんな彼女の木標は東京オリンピックでメダルを獲ること。中山は大舞台で成功するための心構えについて「不安は付きまとうが、恐れてはいけない。最高の舞台で最高の自分を表現できる幸せを感じるべき」との言葉を贈った。


「中山雅史」に関連するイベント情報

全日本選手権

サッカー元日本代表中山雅史が次世代の若者に夢の言葉を贈る。今回は体操・梶田凪。持ち味のダイナミックな演技で2017年の全日本選手権で個人3位。そんな彼女の木標は東京オリンピックでメダルを獲ること。中山は大舞台で成功するための心構えについて「不安は付きまとうが、恐れてはいけない。最高の舞台で最高の自分を表現できる幸せを感じるべき」との言葉を贈った。


「中山雅史」に関連するイベント情報

フランス大会

国民が選ぶ!日本代表名シーン番付 トップ10。6位は「日本中が驚いた!岡田監督の決断」。1998年のフランス大会で岡田監督が三浦知良選手の代表落選の発表を行ったニュースなどを振り返った。

1998年のフランス大会で岡田監督が三浦知良選手の代表落選を決めたことに関して、小柳ルミ子などが感想を話した。

国民が選ぶ!日本代表名シーン番付 トップ10。5位は「カズの盟友が意地で奪った歴史的初ゴール」。1998年のフランス大会で中山雅史選手が最後に決めたシュートシーンを紹介した。