ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「中山雅史」の検索結果

「中山雅史」に関連する情報 1544件中 1〜10件目

ハリーファビンザイードスタジアム

AFCアジアカップ2019、日本はグループ戦でウズベキスタンに2−1で勝利。この勝利について中山雅史は「試合にでてないメンバーはピッチに立ってやれるのかを試されていると感じるとどうしても小さいプレーになりがち、その中でも俺たちがピッチに立ってもやれるんだと言うことをしっかししました、また勝つことによってそれまでベンチから声援をい送っていた選手たちも盛り上がりる、そうなるとチーム全体が盛り上がる、一丸となって次の死体に向かっていける、そういう雰囲気を見事に作ってくれた」などとコメント。サウジアラビアとカタールが試合をし、日本は負けたサウジアラビアとの対戦が決まった。


「中山雅史」に関連するイベント情報

アジアカップ

AFCアジアカップ2019、日本はグループ戦でウズベキスタンに2−1で勝利。この勝利について中山雅史は「試合にでてないメンバーはピッチに立ってやれるのかを試されていると感じるとどうしても小さいプレーになりがち、その中でも俺たちがピッチに立ってもやれるんだと言うことをしっかししました、また勝つことによってそれまでベンチから声援をい送っていた選手たちも盛り上がりる、そうなるとチーム全体が盛り上がる、一丸となって次の死体に向かっていける、そういう雰囲気を見事に作ってくれた」などとコメント。サウジアラビアとカタールが試合をし、日本は負けたサウジアラビアとの対戦が決まった。


「中山雅史」に関連するイベント情報

アジアカップ

アジアカップ2019グループF、日本vsオマーンは1-0で日本が勝利。日本は決勝トーナメントに進出。中山雅史は試合を振り返り、ゴールへ向かう姿勢と連携がよく見られたと話した。3人目の動きは大きなチャンスを生み出すと話した。

アジアカップ2019グループF、トルクメニスタンvsウズベキスタンは4-0でウズベキスタンが勝利。ウズベキスタンは決勝トーナメントに進出。最終戦でウズベキスタンと引き分け以下なら日本は前回王者オーストラリアとの対戦となる。


「中山雅史」に関連する映画・DVD

タイタニック

今年成人を迎えた新成人が生まれたのが20年前の1998年。5月には若乃花が二場所連続優勝を果たし史上初の兄弟横綱が誕生。6月には日本がサッカーワールドカップに初出場。結果は3戦全敗だったが、中山雅史が初ゴールを決めた。8月には松坂大輔投手がノーヒットノーランを夏の甲子園の決勝で達成。11月にドラフト1位で西武に入団。映画タイタニックが大ヒットし、3月にはアカデミー賞11部門を総なめし年間興行収入ランキングも1位だった。


「中山雅史」に関連するイベント情報

夏の甲子園

今年成人を迎えた新成人が生まれたのが20年前の1998年。5月には若乃花が二場所連続優勝を果たし史上初の兄弟横綱が誕生。6月には日本がサッカーワールドカップに初出場。結果は3戦全敗だったが、中山雅史が初ゴールを決めた。8月には松坂大輔投手がノーヒットノーランを夏の甲子園の決勝で達成。11月にドラフト1位で西武に入団。映画タイタニックが大ヒットし、3月にはアカデミー賞11部門を総なめし年間興行収入ランキングも1位だった。


横浜高校

今年成人を迎えた新成人が生まれたのが20年前の1998年。5月には若乃花が二場所連続優勝を果たし史上初の兄弟横綱が誕生。6月には日本がサッカーワールドカップに初出場。結果は3戦全敗だったが、中山雅史が初ゴールを決めた。8月には松坂大輔投手がノーヒットノーランを夏の甲子園の決勝で達成。11月にドラフト1位で西武に入団。映画タイタニックが大ヒットし、3月にはアカデミー賞11部門を総なめし年間興行収入ランキングも1位だった。


「中山雅史」に関連するイベント情報

サッカーワールドカップ

今年成人を迎えた新成人が生まれたのが20年前の1998年。5月には若乃花が二場所連続優勝を果たし史上初の兄弟横綱が誕生。6月には日本がサッカーワールドカップに初出場。結果は3戦全敗だったが、中山雅史が初ゴールを決めた。8月には松坂大輔投手がノーヒットノーランを夏の甲子園の決勝で達成。11月にドラフト1位で西武に入団。映画タイタニックが大ヒットし、3月にはアカデミー賞11部門を総なめし年間興行収入ランキングも1位だった。


「中山雅史」に関連するイベント情報

W杯フランス大会

1998年2月には長野オリンピックが開幕。過去最多となるメダル10個を獲得。大相撲では兄弟横綱が誕生、若貴フィーバーが起こった。サッカー日本代表がワールドカップに初出場。3試合目に初得点を獲得。「1998年W杯フランス大会で初得点を挙げた日本代表選手は誰か」を出題。正解は「中山雅史選手」。中川はW杯初戦の日に自宅で生まれたが、父親はサッカーに夢中で生まれた瞬間を見ていなかったらしいとの事。


「中山雅史」に関連するイベント情報

長野オリンピック

1998年2月には長野オリンピックが開幕。過去最多となるメダル10個を獲得。大相撲では兄弟横綱が誕生、若貴フィーバーが起こった。サッカー日本代表がワールドカップに初出場。3試合目に初得点を獲得。「1998年W杯フランス大会で初得点を挙げた日本代表選手は誰か」を出題。正解は「中山雅史選手」。中川はW杯初戦の日に自宅で生まれたが、父親はサッカーに夢中で生まれた瞬間を見ていなかったらしいとの事。


「中山雅史」に関連するイベント情報

AFCアジアカップ2019

AFCアジアカップ2019でグループF 第2戦 オマーン VS 日本の試合を振り返った。試合は原口元気のPKで1-0で勝利。この勝利で決勝トーナメント進出が決まった。

UAE・アブダビから中継映像。松木安太郎はラッキーな部分もあった。中山雅史は賢く試合運びが出来ていたと語る。松木安太郎はさらに、今日はディフェンス力で勝ったと思うと語る。PKは取るテクニックが日本が勝っていたと語る。中山雅史は、雰囲気としては、煮え切らない感じだったが、次のウズベキスタン戦に一丸になれば良いと思うとコメント。松木安太郎は良かった点として南野拓実はボールを持ってガンガンいく、原口元気、堂安律が行くと気持ちを持ったプレイヤーが多かったと語る。ウズベキスタン戦に対し、中山雅史は、日本としては、いろんな選手を使用し、グループを勝ち上がってほしいと語る。

かつて日本人で初めてウズベキスタンリーグでプレーをした柴村直弥がウズベキスタンのを解説。警戒ポイントは強烈なカウンターと語り、スピードのある選手が後ろから出てきてカウンター攻撃を仕掛ける傾向がある。中盤での早めの守備でカウンターを未然に防ぐことが大切。さらに左サイドバックは、守備が苦手と13番のゾテエフは守備の意識は薄い傾向があると解説。堂安律、酒井宏樹の連携で背後のスペースを狙うことが大切。さらにセンターバックは裏に抜ける動きに弱いと解説。さらにセンターバックに対しては背後のスペースを突かれるのは苦手と語る。