ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「中島博史」の検索結果

「中島博史」に関連する情報 39件中 1〜10件目

交通事故鑑定 Raptor

吉澤ひとみ容疑者の車にはねられた被害者について中島博史さんは「たまたま左側に倒れたので軽傷で済んだ状態と思うが、もしもこれが正面側だと思うとゾッとする」など述べた。映像を見ると、歩行者用信号は青だった中で自動車が突っ込んできた。赤信号に変わって6秒後に衝突していることとなる。ブレーキランプはぶつかった当時点灯していて、ぶつかった後にランプが消灯していた。衝突した際に一旦減速したが、その後車の速度が上がっていた。中島さんは「パニックになってブレーキを踏み続けられなかったことは可能性としてあるが、これは明らかにアクセスを踏んでいる。加速して逃げようとしたとしか解釈できない」など話す。


「中島博史」に関連する音楽・CD

今月6日、人をはねた白い車を運転していたのは吉澤ひとみ容疑者。FRIDAYが事故の瞬間のドライブレコーダーの映像を公開。車道側の信号が赤だが、無視して突っ込み女性をはね、女性は一回転。近くの男性も巻き込まれた。車は再び加速し、容疑者は下りてこなかった。容疑者は元モーニング娘。のメンバーで、現在は2歳の息子の母。”ママタレ”として活動していた。中島博史は「赤での進入しか考えられない。横断歩道が見えにくいことはない。最初から信号を見る気がない運転。死亡事故もあり得た。」などと話した。女性に衝突したときの速度は時速30キロほどだったと考えられるという。4〜5mは飛ばされているとみられる。目撃者は「女性の顔を見たら血が出ていた。」などとコメント。

「I WISH」

Amazon.co.jp


FRIDAY

今月6日、人をはねた白い車を運転していたのは吉澤ひとみ容疑者。FRIDAYが事故の瞬間のドライブレコーダーの映像を公開。車道側の信号が赤だが、無視して突っ込み女性をはね、女性は一回転。近くの男性も巻き込まれた。車は再び加速し、容疑者は下りてこなかった。容疑者は元モーニング娘。のメンバーで、現在は2歳の息子の母。”ママタレ”として活動していた。中島博史は「赤での進入しか考えられない。横断歩道が見えにくいことはない。最初から信号を見る気がない運転。死亡事故もあり得た。」などと話した。女性に衝突したときの速度は時速30キロほどだったと考えられるという。4〜5mは飛ばされているとみられる。目撃者は「女性の顔を見たら血が出ていた。」などとコメント。


FRIDAYデジタル

今月6日、人をはねた白い車を運転していたのは吉澤ひとみ容疑者。FRIDAYが事故の瞬間のドライブレコーダーの映像を公開。車道側の信号が赤だが、無視して突っ込み女性をはね、女性は一回転。近くの男性も巻き込まれた。車は再び加速し、容疑者は下りてこなかった。容疑者は元モーニング娘。のメンバーで、現在は2歳の息子の母。”ママタレ”として活動していた。中島博史は「赤での進入しか考えられない。横断歩道が見えにくいことはない。最初から信号を見る気がない運転。死亡事故もあり得た。」などと話した。女性に衝突したときの速度は時速30キロほどだったと考えられるという。4〜5mは飛ばされているとみられる。目撃者は「女性の顔を見たら血が出ていた。」などとコメント。

女性は軽傷。吉澤容疑者は事故から15分後に110番通報し、「駐車車両があり止まれなかった。逃げるつもりはなかった。」などと話していた。しかし映像には駐車車両は見当たらない。衝突前に急ブレーキをかけたことが確認できる。中島所長は、「減速はしているが、衝突後加速している。逃走しようとしていると思う。」などとコメント。吉澤容疑者は容疑を認めた。飲んだ酒の量について、当初午前0時ごろまで缶チューハイ3缶を飲んでいたとしていたが、呼気から検出されたアルコールは0.58ミリグラムで、基準値の4倍近い数値。容疑者は新たに缶チューハイ以外にも飲んだと供述。直前までワインやビール、カクテルを6杯ほど飲み、容疑者と同数値だった女性は「この状態で運転は怖い」などとコメント。中島所長は「酩酊状態でよくわからなくなっていたのでは。」などとコメント。

吉澤ひとみ容疑者の車にはねられた被害者について中島博史さんは「たまたま左側に倒れたので軽傷で済んだ状態と思うが、もしもこれが正面側だと思うとゾッとする」など述べた。映像を見ると、歩行者用信号は青だった中で自動車が突っ込んできた。赤信号に変わって6秒後に衝突していることとなる。ブレーキランプはぶつかった当時点灯していて、ぶつかった後にランプが消灯していた。衝突した際に一旦減速したが、その後車の速度が上がっていた。中島さんは「パニックになってブレーキを踏み続けられなかったことは可能性としてあるが、これは明らかにアクセスを踏んでいる。加速して逃げようとしたとしか解釈できない」など話す。

横断道路は歩行者も車もない状態。道路は3車線だったが、吉澤容疑者は車線をまたいで走行した疑いがある。他のカメラでの事件の検証の可能性について中島さんは「問題は事故を起こしたこと。前の状態がどうこうよりもここで人を轢き、ひき逃げで逃げてしまったということが罪として問われるところ。細かいところは分かると思うがあまり影響はないと思う」など述べた。


交通事故鑑定ラプター

高速道路上にトラックを無理矢理停止させ脅したとして、職業不詳の男が逮捕された。男は今年3月、首都高速でクラクションを鳴らされ、腹を立て約3キロにわたりあおり運転を続けたという。その際、運転席から身を乗り出し怒鳴りながら並走したとのこと。その後、トラックの前に割り込み、車から降りて脅したという。男は文句を言ったが脅してないと容疑を否認。中島博史氏は「運転中のイライラが危険な運転・行為に結びつきやすい」と指摘する。


首都高速

高速道路上にトラックを無理矢理停止させ脅したとして、職業不詳の男が逮捕された。男は今年3月、首都高速でクラクションを鳴らされ、腹を立て約3キロにわたりあおり運転を続けたという。その際、運転席から身を乗り出し怒鳴りながら並走したとのこと。その後、トラックの前に割り込み、車から降りて脅したという。男は文句を言ったが脅してないと容疑を否認。中島博史氏は「運転中のイライラが危険な運転・行為に結びつきやすい」と指摘する。


公式HP

東京ドームで行われた乃木坂46のコンサートで天井に吊るされたカメラが突然落下した。カメラの重さは約40kgで高さ6m以上から落ちたとみられる。落下した衝撃について中島博史は「カメラの角の部分がちょうど頭蓋骨に衝突したりすると即死もありえた」と話した。近くにいた男子大学生ら3人が軽傷を負った。乃木坂46は公式HPで事故を謝罪した。警視庁は業務上過失致傷の疑いもあるとみて調べを進めている。


東京ドーム

東京ドームで行われた乃木坂46のコンサートで天井に吊るされたカメラが突然落下した。カメラの重さは約40kgで高さ6m以上から落ちたとみられる。落下した衝撃について中島博史は「カメラの角の部分がちょうど頭蓋骨に衝突したりすると即死もありえた」と話した。近くにいた男子大学生ら3人が軽傷を負った。乃木坂46は公式HPで事故を謝罪した。警視庁は業務上過失致傷の疑いもあるとみて調べを進めている。


「中島博史」に関連する音楽・CD

東京ドームで行われた乃木坂46のコンサートで天井に吊るされたカメラが突然落下した。カメラの重さは約40kgで高さ6m以上から落ちたとみられる。落下した衝撃について中島博史は「カメラの角の部分がちょうど頭蓋骨に衝突したりすると即死もありえた」と話した。近くにいた男子大学生ら3人が軽傷を負った。乃木坂46は公式HPで事故を謝罪した。警視庁は業務上過失致傷の疑いもあるとみて調べを進めている。

「インフルエンサー(通常盤)」

Amazon.co.jp


東名高速

今年6月、東名高速で前を走っていた乗用車に無理矢理進路を妨害され、停止させられたワゴン車に後続のトラックが追突し夫婦が死亡した事故。4ヶ月後に乗用車を運転していた男を過失運転致傷で逮捕した。警察は当初、「危険運転致死傷」の適用を検討したが、「車を止めて降りた後の行為にまで適用することは困難」と判断していた。しかし先月31日、横浜地検は一転して被告をより法定刑の重い危険運転致死傷などの罪で起訴した。

スタジオ解説。被告を「危険運転致死傷」で起訴したことについて、横浜地検の検事は「逮捕後の捜査で危険運転の有様が詳細に明らかになり、事故との因果関係が認められた」と説明している。高山俊吉弁護士は「率直に言って驚いた。被害の言葉にならない非道さ、悪辣さはあるけれど、運転をしている中で起こった事故でないというのが全てを規律するルールだと法律家は考えている。」とコメント。中島博史さんは「厳罰に処したいという感情はあったが、ピタッと行為に当てはまる法律がなかった。警察の方ができる限りの証拠を集めたんだと思う。起訴の理由としては妥当だと思う。」とコメント。

スタジオ解説。事件の経緯は中井パーキングエリアでのトラブルがあり、静岡方面に約1.4kmの地点で事故が発生した。被告は軽傷、同乗者の女性は重傷を負い、ワゴン車の夫妻は死亡、長女と次女は軽傷を負った。大型トラックの運転手は過失運転致死傷で書類送検された。伊藤聡子さんは「一般的な感覚から言えば高速道路の追越車線に車が止まっているだけで危険な行為。それで人が亡くなったならなぜ危険運転致死傷が適用されないのかというのが普通の感覚からするとあったので、妥当な判断という気がする。」とコメント。高山弁護士は「危険運転致死傷というのは基本的に運転や走行の過程で発生した被害として出来ている。それが運転していない時に悲惨な事故が起きてしまった時にどうしたらいいんだ、となった。検察は賭けに出たと思った。」と指摘した。

明らかになった被告の危険な運転をスタジオ解説。起訴内容によると車を停止させようと企て高速道路上で1分間に4回の車線変更や走行妨害などの危険運転を行ったという。朝日新聞の報道では被告は被害者の車を最高時速約150kmの猛スピードで追いかけたという。事故現場付近の午後9時頃の様子をみるとひっきりなしに一般車両が通行し、大型トラックも走っているのが確認できる。中島さんは「無理やり割り込まれて避けても邪魔されるというのはパニックになってもおかしくないほどのストレスだったのでは」などとコメント。停車後、被告と同乗していた女性が降りてきて被害者と口論になった。その際に被告が被害者の胸ぐらをつかむなど暴行を加えたとして暴行罪でも起訴されている。その後、被害者の車に後ろから大型トラックが衝突した。一連の行為が危険運転致死傷罪にあたるという。中島さんは「無理やり蛇行や急減速させた時点で事故が起きてもおかしくない」と指摘。高山さんは「運転中ではないことが決定的な危険運転致死傷罪不成立の判断になった。その後の捜査の結果でわかったとあったが違う。新しいことが出ていない。その前の4か月の警察捜査の画像分析で全部わかっていたはず。その上で危険運転致死傷罪は無理だと判断した」などと話した。

事故が起きたのは6月5日だが、逮捕されたのは10月10日で、4か月にわたって捜査が行われていた。事故当時に現場近くを走行していた260台以上の車の運転手らを特定し、「ヘッドライトが左右に何度も動くのをミラー越しに見た」などの証言を得たことで、被告が進路を妨害していたとみて裏づけ捜査を進めていた。また、事故当時に現場近くを走行していた車の一部からドライブレコーダーの映像を回収していた。警察と検察は当初“危険運転致死傷罪”容疑の逮捕も検討していたが、妨害行為が事故に直結したわけではないことから断念し、被告を過失運転致死傷罪の疑いで逮捕した。これについて、亡くなった女性の父親は「危険運転をしてきて、車から降りたから危険運転じゃないって言うんだよ。そんなばかな話ない」と話し、長女は「明らかにわざとやっているのであれば危険運転が適用されるように法律が変わってほしい」と話していた。検察が“危険運転致死傷罪”で起訴できると考えを変えた理由は、危険を生じさせる速度で夫婦の車に著しく接近するなどし、後続のトラックに衝突させるまでの一連の行為が死に至った結果と因果関係が認められると判断したため。

八代弁護士は、「危険運転致死傷罪は運転行為の過程の事故を想定しているが、結果が生じているのが運転中に限るとは記載されていない。今回のケースは追い越し車線上に止めて後続車の行方をふさいでいる。ふさいでいる行為は続いていて、それは運転行為の結果。起訴する価値は十分あると思う」と述べた。高山弁護士は、「今回の起訴では、容疑者は大型トラックに追突させたという表現になっている。そうすると、大型トラックには責任はなくて、すべての責任は容疑者だということになる。しかし、県警は大型トラックの運転手の対しても刑事責任を追及している。それとそれの整合はとれるのかという問題がある」と述べた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (39)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (2)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (1)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (36)