ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「中島博史」の検索結果

「中島博史」に関連する情報 18件中 1〜10件目

中野駅

東京・中野区、中野駅の駅前でタクシーが歩道に乗り上げ信号機の柱に激突した。この事故でタクシードライバーが右太ももを骨折。歩道にいた男性が転んで頭を打ちケガを負った。交通事故鑑定 Raptor・中島博史所長は「右側の後輪が回転し続けて地面とこすれてゴムが焦げ出ている煙」「運転手は意識がはっきりしていない、もしくは失った状態でアクセルを踏みつけているような状態が続いていた」と説明した。


高速道路

検証映像。出口車線に入るためには高さ20cmの段差を乗り越える必要がある。上り車線をUターンするのは車の通行量が少なければ可能となる。八嶋智人は高速道路がUターンできないという認識が少なかったのかな、普通の道路のように2車線で向こうから来ている車は普通に対向車線だと思ってしまったのかと指摘した。70代男性は実際に自分が逆走しているという認識はなかったという。中島博史氏は高速道路は上りも下りも大きく景色が変わらず、景色だけでは逆走に気づかない事も多いと指摘した。高速道路の逆走の映像を紹介した。高速道路の逆走件数は去年1年で259件だという。特にICで起きる逆走が5割。逆走対策として標識を自動認識し逆走しようとすると警告を鳴らす技術を国内外のメーカーが開発中だという。


山陽自動車道

山口・下松市 山陽自動車道で母子3人が死亡、6人が重軽傷を負った玉突き事故で、警察はトラックの運転中、渋滞で停止していた乗用車に追突したなどとして、トラック運転手の女を過失運転致死傷の疑いで逮捕した。容疑者は「ぼーっとして運転していた」と容疑を認めている。死亡したのは37歳の女性と13歳の長男、9歳の長女。重軽傷を負ったのは女性の夫と3歳の次男、ほかの車に乗っていた4人。女性らは両親に会うため広島市の実家を訪れ、山口市の自宅に帰る途中だった。交通事故鑑定の専門家 中島博史氏は渋滞の最後尾は要注意だと指摘し、万一の時に避けられる可能性を確保するため前車との間隔は10mほど空けて備えておくことを呼びかけた。スタジオでは今後の渋滞予測を伝えた。


「中島博史」に関連するグルメ情報

緑茶ハイ

23日未明、世田谷区用賀付近の国道246号線でパトカーが追跡中の乗用車とタクシーなど含む計4台が絡む事故が発生し、タクシーを運転していた男性が死亡、5人が重軽傷をおった。容疑者は当て逃げの疑いで現行犯逮捕された。「直前まで同乗者2人と緑茶ハイを飲んでいた。」と供述した。呼気からは基準値の倍近いアルコール成分が検出された。警視庁は危険運転致死傷罪に切り替え捜査を続けている。パトカーは始め、乗用車のテールランプが切れていたために追跡、その後乗用車は急に速度をあげて事故当初は時速100キロ出ていたとのこと。中島博史さんの解析によると、タクシーに衝突したあとのスピードも100キロを超えており衝突前は100キロをかなり超えていたのではないか、と示唆した。スタジオで事故現場の状況を解説した。ふかわりょうさんが、横の衝突に車は強くないのかもと発言したことに対して、中島博史さんは車は前後の衝撃対応に比べると強度は弱いなどと話した。


交通事故鑑定ラプター

大阪・梅田の暴走事故では、車のブレーキ痕が見つからなかったという。「ラプター」の事故鑑定士・中島博史氏は、エアバッグが展開されており相当スピードが出ていたはずと答えた。


脳挫傷

昨夜重体だった1人が死亡し犠牲者が15人となった軽井沢バス事故について。最新情報では警察は検証の結果、バスが下り坂で制限速度を超えて走行し制御できなくなり転落した可能性があるとみているという。中島博史は制限速度の倍程度のスピードが出ていたのではないか、タコグラフを取り出すことができれば事故当時の速度がわかるなどと述べた。


交通事故鑑定ラプター

昨夜重体だった1人が死亡し犠牲者が15人となった軽井沢バス事故について。最新情報では警察は検証の結果、バスが下り坂で制限速度を超えて走行し制御できなくなり転落した可能性があるとみているという。中島博史は制限速度の倍程度のスピードが出ていたのではないか、タコグラフを取り出すことができれば事故当時の速度がわかるなどと述べた。


高速バスマーケティング研究所

昨夜重体だった1人が死亡し犠牲者が15人となった軽井沢バス事故について。最新情報では警察は検証の結果、バスが下り坂で制限速度を超えて走行し制御できなくなり転落した可能性があるとみているという。中島博史は制限速度の倍程度のスピードが出ていたのではないか、タコグラフを取り出すことができれば事故当時の速度がわかるなどと述べた。


砂川高校

事故から25秒前には防犯カメラに猛スピードで走る2台の車が映っており、その速度は時速130〜160kmだと交通事故鑑定 Raptorの中島博史さんは分析した。国道12号線の制限速度は60kmである。防犯カメラに映っていた2台の車の内1台は、一家の軽ワゴン車に衝突した車と見られている。事故により亡くなった長女と長男が通っていた砂川高校では事故を知らせる全校集会が行われ、松原秀道校長は2人の死を惜しんだ。


交通事故鑑定 Raptor

北海道・砂川市で先週土曜日、一家が乗る軽ワゴン車の側面に乗用車が衝突する事故が発生した。その衝撃で放り出された長男を別の車が約1.5kmに渡り引きずって行った。逃げた運転手は事故の翌日出頭し、その後の調べで追突した車と引きずった車の運転手は知り合いだったことが判明した。交通事故鑑定 Raptorの中島博史所長は、衝突した2台の車の間を強引に走行したことで、長男は引きずられてしまったと分析した。事故は孫達が祖母の家に訪れた帰りに発生し、事故現場には家族の知人らが献花に訪れていた。

事故から25秒前には防犯カメラに猛スピードで走る2台の車が映っており、その速度は時速130〜160kmだと交通事故鑑定 Raptorの中島博史さんは分析した。国道12号線の制限速度は60kmである。防犯カメラに映っていた2台の車の内1台は、一家の軽ワゴン車に衝突した車と見られている。事故により亡くなった長女と長男が通っていた砂川高校では事故を知らせる全校集会が行われ、松原秀道校長は2人の死を惜しんだ。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (18)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (1)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (17)