ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「中島博史」の検索結果

「中島博史」に関連する情報 33件中 1〜10件目

公式HP

東京ドームで行われた乃木坂46のコンサートで天井に吊るされたカメラが突然落下した。カメラの重さは約40kgで高さ6m以上から落ちたとみられる。落下した衝撃について中島博史は「カメラの角の部分がちょうど頭蓋骨に衝突したりすると即死もありえた」と話した。近くにいた男子大学生ら3人が軽傷を負った。乃木坂46は公式HPで事故を謝罪した。警視庁は業務上過失致傷の疑いもあるとみて調べを進めている。


東京ドーム

東京ドームで行われた乃木坂46のコンサートで天井に吊るされたカメラが突然落下した。カメラの重さは約40kgで高さ6m以上から落ちたとみられる。落下した衝撃について中島博史は「カメラの角の部分がちょうど頭蓋骨に衝突したりすると即死もありえた」と話した。近くにいた男子大学生ら3人が軽傷を負った。乃木坂46は公式HPで事故を謝罪した。警視庁は業務上過失致傷の疑いもあるとみて調べを進めている。


「中島博史」に関連する音楽・CD

東京ドームで行われた乃木坂46のコンサートで天井に吊るされたカメラが突然落下した。カメラの重さは約40kgで高さ6m以上から落ちたとみられる。落下した衝撃について中島博史は「カメラの角の部分がちょうど頭蓋骨に衝突したりすると即死もありえた」と話した。近くにいた男子大学生ら3人が軽傷を負った。乃木坂46は公式HPで事故を謝罪した。警視庁は業務上過失致傷の疑いもあるとみて調べを進めている。

「インフルエンサー(通常盤)」

Amazon.co.jp


東名高速

今年6月、東名高速で前を走っていた乗用車に無理矢理進路を妨害され、停止させられたワゴン車に後続のトラックが追突し夫婦が死亡した事故。4ヶ月後に乗用車を運転していた男を過失運転致傷で逮捕した。警察は当初、「危険運転致死傷」の適用を検討したが、「車を止めて降りた後の行為にまで適用することは困難」と判断していた。しかし先月31日、横浜地検は一転して被告をより法定刑の重い危険運転致死傷などの罪で起訴した。

スタジオ解説。被告を「危険運転致死傷」で起訴したことについて、横浜地検の検事は「逮捕後の捜査で危険運転の有様が詳細に明らかになり、事故との因果関係が認められた」と説明している。高山俊吉弁護士は「率直に言って驚いた。被害の言葉にならない非道さ、悪辣さはあるけれど、運転をしている中で起こった事故でないというのが全てを規律するルールだと法律家は考えている。」とコメント。中島博史さんは「厳罰に処したいという感情はあったが、ピタッと行為に当てはまる法律がなかった。警察の方ができる限りの証拠を集めたんだと思う。起訴の理由としては妥当だと思う。」とコメント。

スタジオ解説。事件の経緯は中井パーキングエリアでのトラブルがあり、静岡方面に約1.4kmの地点で事故が発生した。被告は軽傷、同乗者の女性は重傷を負い、ワゴン車の夫妻は死亡、長女と次女は軽傷を負った。大型トラックの運転手は過失運転致死傷で書類送検された。伊藤聡子さんは「一般的な感覚から言えば高速道路の追越車線に車が止まっているだけで危険な行為。それで人が亡くなったならなぜ危険運転致死傷が適用されないのかというのが普通の感覚からするとあったので、妥当な判断という気がする。」とコメント。高山弁護士は「危険運転致死傷というのは基本的に運転や走行の過程で発生した被害として出来ている。それが運転していない時に悲惨な事故が起きてしまった時にどうしたらいいんだ、となった。検察は賭けに出たと思った。」と指摘した。

明らかになった被告の危険な運転をスタジオ解説。起訴内容によると車を停止させようと企て高速道路上で1分間に4回の車線変更や走行妨害などの危険運転を行ったという。朝日新聞の報道では被告は被害者の車を最高時速約150kmの猛スピードで追いかけたという。事故現場付近の午後9時頃の様子をみるとひっきりなしに一般車両が通行し、大型トラックも走っているのが確認できる。中島さんは「無理やり割り込まれて避けても邪魔されるというのはパニックになってもおかしくないほどのストレスだったのでは」などとコメント。停車後、被告と同乗していた女性が降りてきて被害者と口論になった。その際に被告が被害者の胸ぐらをつかむなど暴行を加えたとして暴行罪でも起訴されている。その後、被害者の車に後ろから大型トラックが衝突した。一連の行為が危険運転致死傷罪にあたるという。中島さんは「無理やり蛇行や急減速させた時点で事故が起きてもおかしくない」と指摘。高山さんは「運転中ではないことが決定的な危険運転致死傷罪不成立の判断になった。その後の捜査の結果でわかったとあったが違う。新しいことが出ていない。その前の4か月の警察捜査の画像分析で全部わかっていたはず。その上で危険運転致死傷罪は無理だと判断した」などと話した。

事故が起きたのは6月5日だが、逮捕されたのは10月10日で、4か月にわたって捜査が行われていた。事故当時に現場近くを走行していた260台以上の車の運転手らを特定し、「ヘッドライトが左右に何度も動くのをミラー越しに見た」などの証言を得たことで、被告が進路を妨害していたとみて裏づけ捜査を進めていた。また、事故当時に現場近くを走行していた車の一部からドライブレコーダーの映像を回収していた。警察と検察は当初“危険運転致死傷罪”容疑の逮捕も検討していたが、妨害行為が事故に直結したわけではないことから断念し、被告を過失運転致死傷罪の疑いで逮捕した。これについて、亡くなった女性の父親は「危険運転をしてきて、車から降りたから危険運転じゃないって言うんだよ。そんなばかな話ない」と話し、長女は「明らかにわざとやっているのであれば危険運転が適用されるように法律が変わってほしい」と話していた。検察が“危険運転致死傷罪”で起訴できると考えを変えた理由は、危険を生じさせる速度で夫婦の車に著しく接近するなどし、後続のトラックに衝突させるまでの一連の行為が死に至った結果と因果関係が認められると判断したため。

八代弁護士は、「危険運転致死傷罪は運転行為の過程の事故を想定しているが、結果が生じているのが運転中に限るとは記載されていない。今回のケースは追い越し車線上に止めて後続車の行方をふさいでいる。ふさいでいる行為は続いていて、それは運転行為の結果。起訴する価値は十分あると思う」と述べた。高山弁護士は、「今回の起訴では、容疑者は大型トラックに追突させたという表現になっている。そうすると、大型トラックには責任はなくて、すべての責任は容疑者だということになる。しかし、県警は大型トラックの運転手の対しても刑事責任を追及している。それとそれの整合はとれるのかという問題がある」と述べた。


Youtube

ドライブレコーダーに記録された交通トラブルをスタジオ解説。三差路でのトラブルをYoutubeの映像で振り返った。トラブルは車が左折すると、反対車線の右折車が先に曲がれなかったからか執ようにあおってきた。さらに信号で停まると、右折車から人が降りてきた。映像は後ろの車が撮影していたので状況がわかった。室井佑月はそのくらいで怒る人が車に乗っていいのかと指摘、ふかわりょうは適正検査はあると話した。高山俊吉弁護士らは一般道の場合は信号や渋滞で止まらざるを得ない、そこで出てこられたときにどう対処するかが重要な問題になると話した。室井佑月は一般の人から見たら頭の悪そうな人に見えると語った。高山俊吉弁護士は対応として同乗者が電話をかける、同乗者がいない場合は車を停めてドアを閉めて窓を開けずに110番することだと話した。中島博史氏は音声でもできると話したが、室井佑月は滑舌が悪いと他のことをしてしまうと話した。


JAFメディアワークス

ドライブレコーダーで撮影された嫌がらせの映像を確認した。割り込んできた車にクラクションを鳴らしたところ、車が急に停止した。止まったため追い越したところ、再び抜いてきた。ふかわりょうは「相手にしないのが正解」とコメントした。中島博史氏は神経を逆撫でする場合もあるとした。高山俊吉弁護士は「ドライブレコーダーがあると解析でき、再現できる」と話した。八代英輝氏は「車の所有者が分かるが、運転手は特定できない」と指摘した。ドライブレコーダー搭載と書いたステッカーを貼ると抑止力になる。ドライブレコーダーは加減速や急ブレーキなどで録画するものもあり、常時録画できるものもある。だいたい1万円から5万円程度で買える。

トレーラーが後方から迫ってきてはみ出し禁止直線で反対車線を走行しながら追い越す映像を紹介した。反対車線とあわや接触するところだった。その後、追い越した車を待って幅寄せしようとしている映像も確認できた。中島博史さんは「大型車両の場合、何かあった場合には普通車が甚大な被害を負う。乗用車とぶつかっても自分が平気という思考の人が少しいる。明らかに危ないときは離れるしかない」とコメントした。


ドライブレコーダー

事前にできる備えとして中島博史所長によるとドライブレコーダーをつける、できれば前後。ドライブレコーダー搭載のステッカーを貼るだけでも効果が期待できるという。


東名高速

東名高速道路で夫婦が死亡した追突事故について。パーキングエリアで注意された容疑者は夫婦の車を追いかけた。長女によるとすぐに車が前に来て、こちらは避けていたが往復2,3回分ついてきたという。段々スピードを下げられたため怖くて止まったという。同じような状況で、前の車がスピードを落とした際のドライブレコーダーの映像を紹介した。これについて容疑者は逮捕前、普通に抜かしたら後ろから煽られた、止まれってことだと思ったので止まったと話していたが、逮捕後は強引に割り込むなどして車を無理やり停車させたことを認めました。高山俊吉は後から経過が判明するということが分からずに勝手なことを言っているんでしょうか、今回の走行やり取りだけで事故が起こらなかったのが不思議なくらいだと話した。被害者の車は後ろからぶつけられたことでこちらが加害者になるという恐怖もあっただろうと話された。

東名高速道路で夫婦が死亡した追突事故について。夫婦らの乗っていた車を止めたあと、容疑者とその交際相手が車から降りて夫婦の車のドアを開けるように迫った。夫がドアを開けると容疑者は胸ぐらを掴み、引っ張ったり「高速道路にお前を投げてやろうか」と話すなどしていた。長女はお父さんに色々言ってきたのはすごく怖かった、殺されるかと思ったと話している一方で容疑者は逮捕前、何と言ったか覚えていないと話していた。逮捕後は暴行を認めたものの、相手側もやってきたと話している。容疑者は高速道路で車を止めたり、車から降りたりとルールを逸脱しすぎている、パーキングエリアでのマナー違反から逆恨みすることなども常識からは考えられないなどと話された。被害者の車にドライブレコーダーがついていれば暴行やカーチェイスの様子が分かったんでしょうけども、搭載されてなかったんでしょうかねとも話された。

容疑者は事故の後に逃げたんですかとデーモン閣下。容疑者とその交際相手もそれぞれケガをしたがその後現場にとどまっており、警察が探していたのは当時現場を走行していた車だったなどと説明された。高山俊吉は、別の車にぶつけられて夫婦が死亡したという事故であったため、容疑者は「自分は知らない」との態度になったのだろう、刑事責任の議論では容疑者は責任を問われない可能性もあったとした。相手がわざとスピードを落として車をぶつけさせた場合にもぶつけた側の責任になることがあり、常識には合わないですよねと高山。今回の事件は容疑者の車がぶつかったわけでは無かったから捜査は難しかっただろうなどとも話された。

危険運転致死傷罪は重い罪だが、これが適用されなかったわけは。危険運転には当てはまるが、その行為で直接人を死傷させたのではなく車を止めさせるに留まっているため定義に引っかからないという。八代英輝は、最終的に裁判所で危険運転致死傷罪の適用が難しいとの判断になることはあるが、それを警察・検察側で縮小認定を恐れて軽い罪で起訴するのは違うと話し、殺人罪で起訴しても良いと思うとした。後ろから来た大型トラックだが、発煙筒などがない限りは後続車は前の車が止まっていることに気づけないと思いますなどと高山俊吉。

中島博史は、建前では事故車などの可能性を考えて有事に止まれる速度で走るべきだが、現実問題では時間帯や天気なども鑑みるとスピードを落としきれなかったがそれを注意しろというのは酷だと話す。トラック運転手も過失運転致死傷罪であす書類送検されるが、デーモン閣下はこの人とばっちりだよねとコメント。これは今回取り上げられている容疑者と同じ罪で、何も知らない大型トラックが同じ罪なのは恵俊彰らは納得の行かない様子であった。容疑者が故意でやっていることは過失じゃないじゃないですか、少なくとも危険運転致死傷でしょうなどと八代英輝は話した。高山は高速道路が普通に走ることができない人がいるという社会状況を問題にしないとだめだと話した。


デジタル運行記録計

10日の土曜日、午前7時半頃愛知・新城市の東名高速で事故があった。車が飛んでからバスに衝突するまで約1秒だった。中島博史氏は「今回はとても迅速な対応がとれていた」と話した。乗用車は一旦壁にぶつかっており、まだ原因はわかっていない。2本細いタイヤ痕が残っていて、片方が浮いていたと見られている。盛り土がジャンプ台になり、バスの角にあたっていた。バス側の死者ゼロ、被害を食い止めた3つのポイントはフレームの進化、ベテランの判断力、シートベルト着用の徹底。

今回事故にあった観光バスは今年2月に購入したもの。2013年に製造されたもので最新のバスの型。このバスを東神観光バスが購入した理由としては去年1月に起きた軽井沢スキーバス事故がきっかけだった。軽井沢スキーバス事故は2016年1月15日に発生、合わせて15人が死亡した事故。今回のバスのフレームはスケルトン構造といい、鳥かごのような網目状の骨組みとなっている。バスのフロントの部分はバスの中で弱い部分、そのためフレームを一番強くしている。スケルトン構造は世界一厳しいヨーロッパの安全基準に準拠している。

ポイント2つ目、運転手は運転士歴46年、バスガイドとして同乗していたのが妻・バスガイド歴40年以上。バス会社の社長によると事故直前運転手が左にハンドルをきったことで丈夫なバスのフレーム部分と車が衝突したと話している。バス会社の同僚は補助ブレーキを使ってとっさに速度を落としたということだ。補助ブレーキは大型バスについているフットブレーキとは別の排気や磁石などを利用したブレーキ。大型車両の運転ではフットブレーキと補助ブレーキを並行して使用するのが一般的。


東神観光バス

10日の土曜日、午前7時半頃愛知・新城市の東名高速で事故があった。車が飛んでからバスに衝突するまで約1秒だった。中島博史氏は「今回はとても迅速な対応がとれていた」と話した。乗用車は一旦壁にぶつかっており、まだ原因はわかっていない。2本細いタイヤ痕が残っていて、片方が浮いていたと見られている。盛り土がジャンプ台になり、バスの角にあたっていた。バス側の死者ゼロ、被害を食い止めた3つのポイントはフレームの進化、ベテランの判断力、シートベルト着用の徹底。

今回事故にあった観光バスは今年2月に購入したもの。2013年に製造されたもので最新のバスの型。このバスを東神観光バスが購入した理由としては去年1月に起きた軽井沢スキーバス事故がきっかけだった。軽井沢スキーバス事故は2016年1月15日に発生、合わせて15人が死亡した事故。今回のバスのフレームはスケルトン構造といい、鳥かごのような網目状の骨組みとなっている。バスのフロントの部分はバスの中で弱い部分、そのためフレームを一番強くしている。スケルトン構造は世界一厳しいヨーロッパの安全基準に準拠している。

ポイント2つ目、運転手は運転士歴46年、バスガイドとして同乗していたのが妻・バスガイド歴40年以上。バス会社の社長によると事故直前運転手が左にハンドルをきったことで丈夫なバスのフレーム部分と車が衝突したと話している。バス会社の同僚は補助ブレーキを使ってとっさに速度を落としたということだ。補助ブレーキは大型バスについているフットブレーキとは別の排気や磁石などを利用したブレーキ。大型車両の運転ではフットブレーキと補助ブレーキを並行して使用するのが一般的。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (33)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (1)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (1)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (31)