ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「乳がん」の検索結果

「乳がん」に関連する情報 8940件中 1〜10件目

乳がん

樹木希林は今年8月に足の骨を折って入院、今年の3月にがんが骨に転移して本格的な終活へ入っていったと是枝裕和は取材で話している。全身がんは5年前に見つかりその時から準備を始めていた可能性もある14年前には乳がんが発見、翌年右乳房を全摘出。それから2年後に右乳房付近を含め10カ所以上にがんが再発。この時に放射線治療と出会い一時は乳がんが消えたと公表できるまでの状態に。2009年には副腎や脊髄への転移が判明。2012年に樹木希林は「がんがなかったら私自身がつまらなく生きてしまう」「がんで死ぬっていちばんいいんです」などと話し、2015年に死ぬ覚悟について「やり残したことなんて死んでみないとわからないんですよ」と話している。


女性自身

樹木希林は今年8月に足の骨を折って入院、今年の3月にがんが骨に転移して本格的な終活へ入っていったと是枝裕和は取材で話している。全身がんは5年前に見つかりその時から準備を始めていた可能性もある14年前には乳がんが発見、翌年右乳房を全摘出。それから2年後に右乳房付近を含め10カ所以上にがんが再発。この時に放射線治療と出会い一時は乳がんが消えたと公表できるまでの状態に。2009年には副腎や脊髄への転移が判明。2012年に樹木希林は「がんがなかったら私自身がつまらなく生きてしまう」「がんで死ぬっていちばんいいんです」などと話し、2015年に死ぬ覚悟について「やり残したことなんて死んでみないとわからないんですよ」と話している。


女性セブン

樹木希林は今年8月に足の骨を折って入院、今年の3月にがんが骨に転移して本格的な終活へ入っていったと是枝裕和は取材で話している。全身がんは5年前に見つかりその時から準備を始めていた可能性もある14年前には乳がんが発見、翌年右乳房を全摘出。それから2年後に右乳房付近を含め10カ所以上にがんが再発。この時に放射線治療と出会い一時は乳がんが消えたと公表できるまでの状態に。2009年には副腎や脊髄への転移が判明。2012年に樹木希林は「がんがなかったら私自身がつまらなく生きてしまう」「がんで死ぬっていちばんいいんです」などと話し、2015年に死ぬ覚悟について「やり残したことなんて死んでみないとわからないんですよ」と話している。

希林さんは5年前、自分の葬儀についても遺言を残している。今月30日に葬儀が行なわれる予定だが、5年前、遺影は映画「東京タワー」の時のものを使用して欲しいとのことだった。しかし出棺の際、孫の伽羅さんが持っていた遺影は最近のもので、撮り直しされたと見られる。そのほか、棺の中にはなるべく物を入れない、葬儀に来て欲しい人も指定したい、とのこと。希林さんは 葬儀後について「あまり思い出してくれなくていい、自分のことは放っておいてくれていい」と言っていたという。7月末の映画「日日是好日」の完成披露記者会見は京都で行なわれ、リポーターが誰も行かず質問が飛ばなかった。あの時、希林さんはいろんな思いがあって杖をついて会見に臨まれたと思われる。


「乳がん」に関連する映画・DVD

神宮希林 わたしの神様

樹木希林は今年8月に足の骨を折って入院、今年の3月にがんが骨に転移して本格的な終活へ入っていったと是枝裕和は取材で話している。全身がんは5年前に見つかりその時から準備を始めていた可能性もある14年前には乳がんが発見、翌年右乳房を全摘出。それから2年後に右乳房付近を含め10カ所以上にがんが再発。この時に放射線治療と出会い一時は乳がんが消えたと公表できるまでの状態に。2009年には副腎や脊髄への転移が判明。2012年に樹木希林は「がんがなかったら私自身がつまらなく生きてしまう」「がんで死ぬっていちばんいいんです」などと話し、2015年に死ぬ覚悟について「やり残したことなんて死んでみないとわからないんですよ」と話している。


建仁寺

樹木希林は今年8月に足の骨を折って入院、今年の3月にがんが骨に転移して本格的な終活へ入っていったと是枝裕和は取材で話している。全身がんは5年前に見つかりその時から準備を始めていた可能性もある14年前には乳がんが発見、翌年右乳房を全摘出。それから2年後に右乳房付近を含め10カ所以上にがんが再発。この時に放射線治療と出会い一時は乳がんが消えたと公表できるまでの状態に。2009年には副腎や脊髄への転移が判明。2012年に樹木希林は「がんがなかったら私自身がつまらなく生きてしまう」「がんで死ぬっていちばんいいんです」などと話し、2015年に死ぬ覚悟について「やり残したことなんて死んでみないとわからないんですよ」と話している。

希林さんは5年前、自分の葬儀についても遺言を残している。今月30日に葬儀が行なわれる予定だが、5年前、遺影は映画「東京タワー」の時のものを使用して欲しいとのことだった。しかし出棺の際、孫の伽羅さんが持っていた遺影は最近のもので、撮り直しされたと見られる。そのほか、棺の中にはなるべく物を入れない、葬儀に来て欲しい人も指定したい、とのこと。希林さんは 葬儀後について「あまり思い出してくれなくていい、自分のことは放っておいてくれていい」と言っていたという。7月末の映画「日日是好日」の完成披露記者会見は京都で行なわれ、リポーターが誰も行かず質問が飛ばなかった。あの時、希林さんはいろんな思いがあって杖をついて会見に臨まれたと思われる。


全身がん

樹木希林は今年8月に足の骨を折って入院、今年の3月にがんが骨に転移して本格的な終活へ入っていったと是枝裕和は取材で話している。全身がんは5年前に見つかりその時から準備を始めていた可能性もある14年前には乳がんが発見、翌年右乳房を全摘出。それから2年後に右乳房付近を含め10カ所以上にがんが再発。この時に放射線治療と出会い一時は乳がんが消えたと公表できるまでの状態に。2009年には副腎や脊髄への転移が判明。2012年に樹木希林は「がんがなかったら私自身がつまらなく生きてしまう」「がんで死ぬっていちばんいいんです」などと話し、2015年に死ぬ覚悟について「やり残したことなんて死んでみないとわからないんですよ」と話している。

希林さんは2013年に全身がんを公表した。誰もが絶望しかねない状況の中で希林さんは「病気さえも面白がって」「がん友達も増えた」などと話していたという。「人生どんな時も面白がれるかどうか」がモットーだった。また也哉子さんは希林さんから人の死について「死に顔をしっかり見なさい」と言われてきたという。希林さんの教えは「死を感じることで生きることをより実感できる」。生前は「今が一番納得いってる」などと話していた。晩年楽しそうにしていたのは也哉子さんの夫で婿養子となった本木雅弘さんとのやりとり。家庭での些細な会話を面白がっていた。


「乳がん」に関連する映画・DVD

日日是好日

樹木希林は今年8月に足の骨を折って入院、今年の3月にがんが骨に転移して本格的な終活へ入っていったと是枝裕和は取材で話している。全身がんは5年前に見つかりその時から準備を始めていた可能性もある14年前には乳がんが発見、翌年右乳房を全摘出。それから2年後に右乳房付近を含め10カ所以上にがんが再発。この時に放射線治療と出会い一時は乳がんが消えたと公表できるまでの状態に。2009年には副腎や脊髄への転移が判明。2012年に樹木希林は「がんがなかったら私自身がつまらなく生きてしまう」「がんで死ぬっていちばんいいんです」などと話し、2015年に死ぬ覚悟について「やり残したことなんて死んでみないとわからないんですよ」と話している。

希林さんは5年前、自分の葬儀についても遺言を残している。今月30日に葬儀が行なわれる予定だが、5年前、遺影は映画「東京タワー」の時のものを使用して欲しいとのことだった。しかし出棺の際、孫の伽羅さんが持っていた遺影は最近のもので、撮り直しされたと見られる。そのほか、棺の中にはなるべく物を入れない、葬儀に来て欲しい人も指定したい、とのこと。希林さんは 葬儀後について「あまり思い出してくれなくていい、自分のことは放っておいてくれていい」と言っていたという。7月末の映画「日日是好日」の完成披露記者会見は京都で行なわれ、リポーターが誰も行かず質問が飛ばなかった。あの時、希林さんはいろんな思いがあって杖をついて会見に臨まれたと思われる。


「乳がん」に関連するイベント情報

映画「日日是好日」完成披露イベント

樹木希林は今年8月に足の骨を折って入院、今年の3月にがんが骨に転移して本格的な終活へ入っていったと是枝裕和は取材で話している。全身がんは5年前に見つかりその時から準備を始めていた可能性もある14年前には乳がんが発見、翌年右乳房を全摘出。それから2年後に右乳房付近を含め10カ所以上にがんが再発。この時に放射線治療と出会い一時は乳がんが消えたと公表できるまでの状態に。2009年には副腎や脊髄への転移が判明。2012年に樹木希林は「がんがなかったら私自身がつまらなく生きてしまう」「がんで死ぬっていちばんいいんです」などと話し、2015年に死ぬ覚悟について「やり残したことなんて死んでみないとわからないんですよ」と話している。


全身がん

明るいキャラクターと抜群の演技力でドラマなどで活躍していた樹木希林さんは、2003年に網膜剥離で左目を失明したことを2004年に明かした。会見で「絶望した」などと語っていたが、人の本質を見る「チャンス」と捉えていた。2年後には、乳がんで右乳房を摘出し、「死ぬ覚悟ができた」などと語って常に前向きを見せていた。去年、発売された「AERA」で、”楽しむのではなくて、面白がることよ”などと世の中には想像を超える苦しみもあり、面白がるくらいではないとやっていけないと希林さんは述べていた思いが体現されたエピソードがあった。今から15年前に夫の内田裕也さんが酔って暴れ自宅へやってきたときに、小さな子どもが怯えるほど叫び暴れる絶望的な状況でも「面白がる」希林さんだった。5年前にはすでに全身がんに侵されていたが、自らカメラを構えるおちゃめな姿や登山にも挑んで当時70歳とは思えない健脚を見せた。2015年不登校児童らへの講演では希林さん「今生きている時間」を大切にしてほしいなどと語り、命の尊さについて、誰もが誰かに必要とされるからこそ苦しみを面白がって生きることを投げ出してはいけないなどと述べていた。亡くなる46日前に、「義理に厚い人間はある」などと最後の言葉を残して公の場をあとにした。


乳がん

明るいキャラクターと抜群の演技力でドラマなどで活躍していた樹木希林さんは、2003年に網膜剥離で左目を失明したことを2004年に明かした。会見で「絶望した」などと語っていたが、人の本質を見る「チャンス」と捉えていた。2年後には、乳がんで右乳房を摘出し、「死ぬ覚悟ができた」などと語って常に前向きを見せていた。去年、発売された「AERA」で、”楽しむのではなくて、面白がることよ”などと世の中には想像を超える苦しみもあり、面白がるくらいではないとやっていけないと希林さんは述べていた思いが体現されたエピソードがあった。今から15年前に夫の内田裕也さんが酔って暴れ自宅へやってきたときに、小さな子どもが怯えるほど叫び暴れる絶望的な状況でも「面白がる」希林さんだった。5年前にはすでに全身がんに侵されていたが、自らカメラを構えるおちゃめな姿や登山にも挑んで当時70歳とは思えない健脚を見せた。2015年不登校児童らへの講演では希林さん「今生きている時間」を大切にしてほしいなどと語り、命の尊さについて、誰もが誰かに必要とされるからこそ苦しみを面白がって生きることを投げ出してはいけないなどと述べていた。亡くなる46日前に、「義理に厚い人間はある」などと最後の言葉を残して公の場をあとにした。