ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「井上貴博」の検索結果

「井上貴博」に関連する情報 806件中 1〜10件目

熱中症

また水はあっても困ることが。水の入れ物ポリタンクの不足。仮風呂設置も着替えがなく広島県でタオルを緊急募集している。トイレが使えないため水分を我慢し作業する状況で、熱中症対策が出来ていない等がある。井上貴博は東日本大震災でもトイレが整備されていなかった等と話した。

全国の天気予報を伝えた。記録的な暑さになるため熱中症・食中毒に厳重警戒が必要。


「井上貴博」に関連するイベント情報

W杯ロシア大会

決勝トーナメント進出を決めた日本代表。ポーランド戦で1点ビハインドにも関わらず点を取りに行かなかった西野監督の采配について、賛否両論となっている。会見で西野監督は、「自力でという形ではなく他力を選んだ自分は少し後悔はあるかなと思うが、その選択が正解と出ればそれは勝負に勝ったということなのかなと思う。グループステージを突破する中での究極の選択かもしれない」などと話した。

W杯ロシア大会で決勝トーナメントを決めた日本代表。ポーランド戦で、日本代表はスタメンを6人入れ替えた。秋田豊は、「僕が監督なら6人も入れ替えない。1勝1敗で上手く行っていて変える理由もなく、ランキングが下の日本としてはベストメンバーを使った方がいい。決勝トーナメントに出ることがすごく大事になってくる。それでも変えた西野監督は僕の上を行っている」などと話した。

コロンビア戦とセネガル戦でミスをした川島選手。ポーランド戦前日の会見では、川島選手は「批判される覚悟がなければこの場にいない」と話している。前の2戦でミスをしていた川島選手だったが、ポーランド戦ではビッグセーブを連発した。秋田豊は「ミスをはねのけてプレーをして、彼は結果を出した。苦しいことを経験した人間は自分が窮地に追いやられた時に結果を出す」などと話した。

先制点を奪われた後、コロンビアがセネガルに先制したことを受けて消極的なパス回しを始めた日本代表。西野監督は「勝ち上がるための戦略的なところ。選手も本意ではない」とコメントし、セネガルのシセ監督も「我々は全力を尽くした。イエローカードを避けるよう選手に求めることは私にはできなかった」と話している。井上貴博は「日本人の考え方に一石を投じたと思う。プロセスよりも結果が大事な時がプロの場合はあると言われているようだった」などとコメント。秋田豊は「結果的には日本代表が決勝トーナメントに行ったことが歴史に残る」などと述べた。


上越市立水族博物館 うみがたり

きのう新潟・上越市にオープンした巨大水族館”うみがたり”。驚いた舞台裏第1位はペンギンの見分け方。世界最多の展示数120羽のマゼランペンギン。健康管理のため1羽1羽に番号をつけている。エサをまき、食べたペンギンの番号を瞬時に読み上げていた。ぽいんとは羽に付けているバンドの色。赤が1、青が2、黄色が3、緑が4、白が5となっている。どの角度からも認識できる色付きバンドの並びで数字化していた。

井上貴博キャスターは「タグの色をみるのも面白いかもしれないですね」とコメント。


シェットランドシープドッグ

東京のスタジオと中継を結び、きょうのNスタの予告を伝えた。全国ニュースからのピックアップは「世界一醜い犬コンテスト」。アメリカで第30回大会が開かれ、舌の垂れ下がったイングリッシュブルドッグが今年のグランプリとなった。トークでは東京の井上貴博アナが、自分も昔シェットランドシープドッグを飼っていた、大阪のスタジオの大久保佳代子の飼い犬よりかわいい自信があると答えた。


イングリッシュブルドッグ

東京のスタジオと中継を結び、きょうのNスタの予告を伝えた。全国ニュースからのピックアップは「世界一醜い犬コンテスト」。アメリカで第30回大会が開かれ、舌の垂れ下がったイングリッシュブルドッグが今年のグランプリとなった。トークでは東京の井上貴博アナが、自分も昔シェットランドシープドッグを飼っていた、大阪のスタジオの大久保佳代子の飼い犬よりかわいい自信があると答えた。


「井上貴博」に関連するイベント情報

世界一醜い犬コンテスト

東京のスタジオと中継を結び、きょうのNスタの予告を伝えた。全国ニュースからのピックアップは「世界一醜い犬コンテスト」。アメリカで第30回大会が開かれ、舌の垂れ下がったイングリッシュブルドッグが今年のグランプリとなった。トークでは東京の井上貴博アナが、自分も昔シェットランドシープドッグを飼っていた、大阪のスタジオの大久保佳代子の飼い犬よりかわいい自信があると答えた。


寿栄小学校

けさ、大阪の北部を震源とする震度6弱の地震が発生した。現在も運転を見合わせている路線があり、夜には帰宅困難者が多くなる見込み。高槻市では、地震発生時、寿栄小学校のプールの外壁が40mにわたり歩道側に倒壊し、小学校4年生が巻き込まれ、病院に搬送されるも死亡した。プールの外壁は上部分は継ぎ接ぎになっており、地震でその部分だけが倒壊してしまった。これを受け、濱田市長は午後3時過ぎに会見を開き、死亡事故が発生したことを謝罪した。また、大阪市東淀川区では民家のブロック塀が幅10mにわたり崩落し、近隣住民の男性が下敷きになり死亡した。犠牲者は通学路の見守り活動に向かう途中に下敷きになった。茨木市では無職の男性が倒れてきた本棚の下敷きになり病院に搬送されるも死亡した。大阪府内では夕方5時半の時点で3人が死亡、140人以上がけがをしたことが確認されている。他にも京都府では11人、兵庫県で18人、滋賀県で2人がけがをしている。午後4時半すぎ、大阪管区気象台は会見を開き、今回の地震について「揺れが強かった地域では家屋倒壊や土砂崩れの危険性がある。今後の地震活動に注意し、危険な場所に立ち入らないように」と呼びかけた。現在、有馬・高槻断層付近で地震が断続的に起きている。

寿栄小学校前から中継が行われた。小学校の壁が倒壊し下敷きになって小学4年生の女の子が死亡したと伝えた。井上貴博は「地震が起きた際には壁やガラスなどから離れるよう」と注意を呼びかけた。


寿栄小学校

出演者らであいさつ。井上貴博は今朝の関西地方での地震で3人が死亡したと報告した。ホラン千秋は筑波大学教授で地震予知連絡会委員の八木勇治を紹介した。井上は地震について震度6弱、震源の深さは10km強と紹介。八木は今回の地震が2つの断層帯が交わる地点で発生したと話し、このような地震は次の大規模地震につながりやすいという研究成果があると紹介した。「強く主張はしないが、この地震が本震ではない可能性があるため備えを」と話した。大阪という地域に関しては、「地震が少ないイメージを持たれている方が多いかと思うが危険な断層、複数の断層が存在する」とコメントした。井上は最新情報としてけが人が230人を超えたと話した。ホランは「朝の通勤通学時間帯ということで足止めを食ってしまった方も多いと思います」と話した。


筑波大学

出演者らであいさつ。井上貴博は今朝の関西地方での地震で3人が死亡したと報告した。ホラン千秋は筑波大学教授で地震予知連絡会委員の八木勇治を紹介した。井上は地震について震度6弱、震源の深さは10km強と紹介。八木は今回の地震が2つの断層帯が交わる地点で発生したと話し、このような地震は次の大規模地震につながりやすいという研究成果があると紹介した。「強く主張はしないが、この地震が本震ではない可能性があるため備えを」と話した。大阪という地域に関しては、「地震が少ないイメージを持たれている方が多いかと思うが危険な断層、複数の断層が存在する」とコメントした。井上は最新情報としてけが人が230人を超えたと話した。ホランは「朝の通勤通学時間帯ということで足止めを食ってしまった方も多いと思います」と話した。


妙徳寺

きょう午前7時58分、関西地方をM6.1の大地震が襲った。震源地の大阪北部では震度6弱を記録した。大阪府で震度6以上が観測されたのは1923年以来初めてとなる。被災した人らは地震について「地面がブアンブアンと揺れる感じ」「(高槻駅の)天井の水道管が割れたみたいでそこから水漏れしていた」「マンションの床タイルがバキバキに割れていた」などと話していた。JR線・私鉄・地下鉄は全線で運転見合わせとなり、通勤通学時間帯を襲った交通網麻痺によって多くの人々が徒歩で移動した。また震源の大阪北部を中心に被害が拡大し、いたる所で水道管が破裂。各地で建物の塀などが倒壊した。菅義偉官房長官による発表では、人的被害は死者2名、心肺停止が1名、負傷者20名。高槻市の小学校ではプールの壁が倒壊し9歳女児が挟まれ、死亡した。また、大阪・東淀川区では住宅倒壊に巻き込まれた男性(80代)が死亡、本棚の下敷きになり心肺停止だった男性(80代)が死亡した。

震源は大阪府北部で、震源近くの高槻市では相次いで火災が発生し、道路が陥没・冠水し、塀などが倒壊した。当時高槻駅にいた女性は「とにかく『ドン』という大きい衝撃だった」などと話していた。被害は隣の茨木市でも大きく、浄教寺では壁が倒壊し道を塞いだ。妙徳寺の門は完全に倒壊した。茨木市の住宅や飲食店でも食器棚が倒れるなど被害が。枚方市では銭湯の煙突が倒壊した。その他各地で水道管破裂などの被害が確認されている。

出演者らであいさつ。井上貴博は今朝の関西地方での地震で3人が死亡したと報告した。ホラン千秋は筑波大学教授で地震予知連絡会委員の八木勇治を紹介した。井上は地震について震度6弱、震源の深さは10km強と紹介。八木は今回の地震が2つの断層帯が交わる地点で発生したと話し、このような地震は次の大規模地震につながりやすいという研究成果があると紹介した。「強く主張はしないが、この地震が本震ではない可能性があるため備えを」と話した。大阪という地域に関しては、「地震が少ないイメージを持たれている方が多いかと思うが危険な断層、複数の断層が存在する」とコメントした。井上は最新情報としてけが人が230人を超えたと話した。ホランは「朝の通勤通学時間帯ということで足止めを食ってしまった方も多いと思います」と話した。