ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊勢志摩サミット」の検索結果

「伊勢志摩サミット」に関連する情報 3801件中 1〜10件目

「伊勢志摩サミット」に関連するイベント情報

伊勢志摩サミット

日本では2016年に伊勢志摩サミットなど410件の国際会議が実行された。経済効果は約5900億円と言われ、多くの場合は激しい誘致合戦に勝たないと開催できないのだった。


ナラ

飛騨産業の評判を聞きつけ遠くから来る客も多い。一躍有名にしたのは穂高シリーズで、リビングチェアだけで60万脚ヒットのロングセラー商品である。木は樹齢150年のナラが使われている。ヒットには暮しの手帖創刊者・花森安治さんも関わっている。色んな商品を辛口批評する雑誌の中で、4年間愛用しているが快適と褒め話題を呼んだ。品質の高さから飛騨産業の家具は皇室御用達にもなった。去年の伊勢志摩サミットでの円卓や椅子にも選ばれた。だがバブル崩壊の時には高級家具から人が離れ、IKEAやニトリなどに人気が集まり飛騨産業は窮地にたたされた。ピーク時に60億円を超えた売り上げが半分以下まで落ち込み廃業寸前に追い込まれた。

飛騨産業の窮地を救ったのが社長の岡田贊三。岡田は地元産業を復活させた飛騨で有名な凄腕経営者である。モットーはとにかくやってみることである。社長就任は2000年で、以前は別業界にいた。曲木と呼ばれる飛騨産業が得意とする技術がある。曲げる前に木の状態に合わせ高熱の蒸気で蒸すことで折れない。曲木は繊維が通っていて丈夫で木の無駄がないという。岡田はこの技術を進化させ会社の武器とした。その象徴が柳宗理デザインのヤナギチェア。岡田は肘当てと背もたれを1枚の板で作った。使用したのは46mmのナラで曲げるのは不可能とされてきた。専用の機械を作り1年半かけ成し遂げた。


ニトリ

飛騨産業の評判を聞きつけ遠くから来る客も多い。一躍有名にしたのは穂高シリーズで、リビングチェアだけで60万脚ヒットのロングセラー商品である。木は樹齢150年のナラが使われている。ヒットには暮しの手帖創刊者・花森安治さんも関わっている。色んな商品を辛口批評する雑誌の中で、4年間愛用しているが快適と褒め話題を呼んだ。品質の高さから飛騨産業の家具は皇室御用達にもなった。去年の伊勢志摩サミットでの円卓や椅子にも選ばれた。だがバブル崩壊の時には高級家具から人が離れ、IKEAやニトリなどに人気が集まり飛騨産業は窮地にたたされた。ピーク時に60億円を超えた売り上げが半分以下まで落ち込み廃業寸前に追い込まれた。

スタジオに飛騨産業の椅子が登場。クレセント・アームチェア、セオトEX LDアームチェアを試した。村上は今国内家具メーカーの厳しさについて質問、岡田氏はバブル絶頂期の3分の1だという。買うのは生活を大切にする人、家具・椅子マニアだという。低価格家具との違いは、30年以上持ち、1日当たりの計算ではコストパフォマンスがあると話した。


IKEA

飛騨産業の評判を聞きつけ遠くから来る客も多い。一躍有名にしたのは穂高シリーズで、リビングチェアだけで60万脚ヒットのロングセラー商品である。木は樹齢150年のナラが使われている。ヒットには暮しの手帖創刊者・花森安治さんも関わっている。色んな商品を辛口批評する雑誌の中で、4年間愛用しているが快適と褒め話題を呼んだ。品質の高さから飛騨産業の家具は皇室御用達にもなった。去年の伊勢志摩サミットでの円卓や椅子にも選ばれた。だがバブル崩壊の時には高級家具から人が離れ、IKEAやニトリなどに人気が集まり飛騨産業は窮地にたたされた。ピーク時に60億円を超えた売り上げが半分以下まで落ち込み廃業寸前に追い込まれた。

スタジオに飛騨産業の椅子が登場。クレセント・アームチェア、セオトEX LDアームチェアを試した。村上は今国内家具メーカーの厳しさについて質問、岡田氏はバブル絶頂期の3分の1だという。買うのは生活を大切にする人、家具・椅子マニアだという。低価格家具との違いは、30年以上持ち、1日当たりの計算ではコストパフォマンスがあると話した。


「伊勢志摩サミット」に関連するイベント情報

伊勢志摩サミット

飛騨産業の評判を聞きつけ遠くから来る客も多い。一躍有名にしたのは穂高シリーズで、リビングチェアだけで60万脚ヒットのロングセラー商品である。木は樹齢150年のナラが使われている。ヒットには暮しの手帖創刊者・花森安治さんも関わっている。色んな商品を辛口批評する雑誌の中で、4年間愛用しているが快適と褒め話題を呼んだ。品質の高さから飛騨産業の家具は皇室御用達にもなった。去年の伊勢志摩サミットでの円卓や椅子にも選ばれた。だがバブル崩壊の時には高級家具から人が離れ、IKEAやニトリなどに人気が集まり飛騨産業は窮地にたたされた。ピーク時に60億円を超えた売り上げが半分以下まで落ち込み廃業寸前に追い込まれた。


暮しの手帖

飛騨産業の評判を聞きつけ遠くから来る客も多い。一躍有名にしたのは穂高シリーズで、リビングチェアだけで60万脚ヒットのロングセラー商品である。木は樹齢150年のナラが使われている。ヒットには暮しの手帖創刊者・花森安治さんも関わっている。色んな商品を辛口批評する雑誌の中で、4年間愛用しているが快適と褒め話題を呼んだ。品質の高さから飛騨産業の家具は皇室御用達にもなった。去年の伊勢志摩サミットでの円卓や椅子にも選ばれた。だがバブル崩壊の時には高級家具から人が離れ、IKEAやニトリなどに人気が集まり飛騨産業は窮地にたたされた。ピーク時に60億円を超えた売り上げが半分以下まで落ち込み廃業寸前に追い込まれた。


穂高

飛騨産業の評判を聞きつけ遠くから来る客も多い。一躍有名にしたのは穂高シリーズで、リビングチェアだけで60万脚ヒットのロングセラー商品である。木は樹齢150年のナラが使われている。ヒットには暮しの手帖創刊者・花森安治さんも関わっている。色んな商品を辛口批評する雑誌の中で、4年間愛用しているが快適と褒め話題を呼んだ。品質の高さから飛騨産業の家具は皇室御用達にもなった。去年の伊勢志摩サミットでの円卓や椅子にも選ばれた。だがバブル崩壊の時には高級家具から人が離れ、IKEAやニトリなどに人気が集まり飛騨産業は窮地にたたされた。ピーク時に60億円を超えた売り上げが半分以下まで落ち込み廃業寸前に追い込まれた。


DEFENDER-X

ALSOKが行った調査では、防犯カメラがあることで安心と感じる人は、全体の65.4%にあたるとの結果が出た。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは防犯カメラの売り場が設けられるなど、近年防犯カメラの人気が高まっていて映像の精細化も進んでいる。数年前まで48万画素だったのが、現在はハイビジョンを導入し243万画素と、映り込んだカレンダーの日付さえ判別できる精度となった。また昨今は簡単に設置できるワイヤレスタイプやスマートフォンに対応するタイプ、監視するだけでなく不審者に警告してくれ、利用者がその情報を受け取って自ら警告することもできる「遠隔監視システム」(日本防犯設備)などさまざまな機種が誕生している。一方群衆の集まる中で不審者を未然に発見する防犯カメラシステム「DEFENDER-X」(ELSYS JAPAN)も国内で初上陸した。ロシアの研究機関が10万人以上の実験データをもとに開発したもので、身体の振動をキャッチすることで攻撃性や緊張度、ストレス性を解析し人混みに紛れる不審者を特定できるすぐれものだ。ソチオリンピックでも導入され、1日2620人を不審者として検知、そのうち92%が持ち込み禁止のものを持っていたとして入場を拒否された。国内でも伊勢志摩サミットでの使用実績があり、150万円以上の値段ながら現在は警備会社など50社に出荷。今後はマンションのインターフォンなどに普及を見込んでいるという。ちなみにダミーの防犯カメラやステッカーなどでも効果は十分認められるとのこと。


日本防犯設備

ALSOKが行った調査では、防犯カメラがあることで安心と感じる人は、全体の65.4%にあたるとの結果が出た。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは防犯カメラの売り場が設けられるなど、近年防犯カメラの人気が高まっていて映像の精細化も進んでいる。数年前まで48万画素だったのが、現在はハイビジョンを導入し243万画素と、映り込んだカレンダーの日付さえ判別できる精度となった。また昨今は簡単に設置できるワイヤレスタイプやスマートフォンに対応するタイプ、監視するだけでなく不審者に警告してくれ、利用者がその情報を受け取って自ら警告することもできる「遠隔監視システム」(日本防犯設備)などさまざまな機種が誕生している。一方群衆の集まる中で不審者を未然に発見する防犯カメラシステム「DEFENDER-X」(ELSYS JAPAN)も国内で初上陸した。ロシアの研究機関が10万人以上の実験データをもとに開発したもので、身体の振動をキャッチすることで攻撃性や緊張度、ストレス性を解析し人混みに紛れる不審者を特定できるすぐれものだ。ソチオリンピックでも導入され、1日2620人を不審者として検知、そのうち92%が持ち込み禁止のものを持っていたとして入場を拒否された。国内でも伊勢志摩サミットでの使用実績があり、150万円以上の値段ながら現在は警備会社など50社に出荷。今後はマンションのインターフォンなどに普及を見込んでいるという。ちなみにダミーの防犯カメラやステッカーなどでも効果は十分認められるとのこと。


防犯カメラ

ALSOKが行った調査では、防犯カメラがあることで安心と感じる人は、全体の65.4%にあたるとの結果が出た。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは防犯カメラの売り場が設けられるなど、近年防犯カメラの人気が高まっていて映像の精細化も進んでいる。数年前まで48万画素だったのが、現在はハイビジョンを導入し243万画素と、映り込んだカレンダーの日付さえ判別できる精度となった。また昨今は簡単に設置できるワイヤレスタイプやスマートフォンに対応するタイプ、監視するだけでなく不審者に警告してくれ、利用者がその情報を受け取って自ら警告することもできる「遠隔監視システム」(日本防犯設備)などさまざまな機種が誕生している。一方群衆の集まる中で不審者を未然に発見する防犯カメラシステム「DEFENDER-X」(ELSYS JAPAN)も国内で初上陸した。ロシアの研究機関が10万人以上の実験データをもとに開発したもので、身体の振動をキャッチすることで攻撃性や緊張度、ストレス性を解析し人混みに紛れる不審者を特定できるすぐれものだ。ソチオリンピックでも導入され、1日2620人を不審者として検知、そのうち92%が持ち込み禁止のものを持っていたとして入場を拒否された。国内でも伊勢志摩サミットでの使用実績があり、150万円以上の値段ながら現在は警備会社など50社に出荷。今後はマンションのインターフォンなどに普及を見込んでいるという。ちなみにダミーの防犯カメラやステッカーなどでも効果は十分認められるとのこと。