ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊勢志摩サミット」の検索結果

「伊勢志摩サミット」に関連する情報 3885件中 1〜10件目

伊勢志摩サミット記念館 サミエール

出川哲朗たちは伊勢志摩サミット記念館 サミエールを訪れた。オランド大統領などの写真やサミットで使われたテーブルが展示されてあった。その後、出川哲朗たちはバスガイドさんらから、展望台の情報を聞き、展望台に向かうことにした。


「伊勢志摩サミット」に関連するイベント情報

G7伊勢志摩サミット

林先生が絶対に隠しておきたかった「日本一美味しい」2品を紹介。林先生の裏の顔をむらせが再現した。1品目はオバマ大統領も飲んだトマトジュース「デアルケ極上200%トマトジュース」、各国首脳のホテルの冷蔵庫に常備してあった。完熟したトマトを収穫後24時間以内に配送、糖度の高いトマトからより甘みを引き出すために低温で7時間以上煮込む。1kgのトマトから500mlとなっているので濃度が200%になっている。美味しい理由にはトマトの選別にもあった。糖度や塩味は季節で変化するため季節ごとに配分を変えている。


「伊勢志摩サミット」に関連するイベント情報

伊勢志摩サミット

ATMの業務により無人化、これが防犯カメラが普及するきっかけの1つになった。品川区にあるELSYS JAPANでは「DEFENDER-X」という最新の防犯カメラを開発。ソチオリンピックでは入場ゲートに設置、1日あたり平均2600人の不審者を検知、うち9割は薬物所持者や不正入場者だった。


「伊勢志摩サミット」に関連するイベント情報

伊勢志摩サミット

短期間での建築が可能な「ユニットハウス」は別の場所での移動も容易となっている。さらに飲食店としての店舗や、伊勢志摩サミットの警備室などにも活用された。このユニットハウスを初めてつくった「ナガワ」の社長は、不動産は一般的に動かない資産だが「可動産」という業界の古い風習にとらわれない発想が企業を成長させたという。


ユニットハウス

短期間での建築が可能な「ユニットハウス」は別の場所での移動も容易となっている。さらに飲食店としての店舗や、伊勢志摩サミットの警備室などにも活用された。このユニットハウスを初めてつくった「ナガワ」の社長は、不動産は一般的に動かない資産だが「可動産」という業界の古い風習にとらわれない発想が企業を成長させたという。

インドネシアやタイでも事業を展開しているナガワは、岡山営業所で日本一の「ユニットハウス」展示場を開いていた。6平米の広さがある「ユニットハウス」は建てるのに1時間しかかからないという。


ナガワ

短期間での建築が可能な「ユニットハウス」は別の場所での移動も容易となっている。さらに飲食店としての店舗や、伊勢志摩サミットの警備室などにも活用された。このユニットハウスを初めてつくった「ナガワ」の社長は、不動産は一般的に動かない資産だが「可動産」という業界の古い風習にとらわれない発想が企業を成長させたという。

インドネシアやタイでも事業を展開しているナガワは、岡山営業所で日本一の「ユニットハウス」展示場を開いていた。6平米の広さがある「ユニットハウス」は建てるのに1時間しかかからないという。


「伊勢志摩サミット」に関連するイベント情報

伊勢志摩サミット

4月11日から5月5日に、「EBiS 303」のイベントホールで開催される、「Re又造」の宣伝。100年に1人の天才と言われた、日本画家の加山又造(1927〜2004)の絵画展。2016年の伊勢志摩サミットに展示された、陶板画(陶器の板に図柄を描き、焼き付けたもの)などが展示される。詳細は、「テレビ東京イベント」で検索。


テレビ東京イベント

4月11日から5月5日に、「EBiS 303」のイベントホールで開催される、「Re又造」の宣伝。100年に1人の天才と言われた、日本画家の加山又造(1927〜2004)の絵画展。2016年の伊勢志摩サミットに展示された、陶板画(陶器の板に図柄を描き、焼き付けたもの)などが展示される。詳細は、「テレビ東京イベント」で検索。


「伊勢志摩サミット」に関連するイベント情報

G7伊勢志摩サミット

「Re 又造」では、一部の作品は直接触って質感まで体験することができる。それを可能にしたのは、板状の焼き物に図柄を描いて焼き付けた「陶板」という技術だ。サイズや色彩はもちろんのこと、表面の質感や筆使いまでも職人たちが再現している。陶板は色調の経年劣化がほとんどなく、屋外に展示したり、作品に触れることができるのが特徴。「Re 又造」では全長約7mの「華扇屏風」を新たに陶板で制作した。さらに、G7伊勢志摩サミットで展示された陶板「おぼろ」も展示!世界の国賓を感動させた美しさを見ることができる。


「伊勢志摩サミット」に関連するイベント情報

ものづくり日本大賞

「Re 又造」では、一部の作品は直接触って質感まで体験することができる。それを可能にしたのは、板状の焼き物に図柄を描いて焼き付けた「陶板」という技術だ。サイズや色彩はもちろんのこと、表面の質感や筆使いまでも職人たちが再現している。陶板は色調の経年劣化がほとんどなく、屋外に展示したり、作品に触れることができるのが特徴。「Re 又造」では全長約7mの「華扇屏風」を新たに陶板で制作した。さらに、G7伊勢志摩サミットで展示された陶板「おぼろ」も展示!世界の国賓を感動させた美しさを見ることができる。