ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 434件中 1〜10件目

東大

山尾志桜里衆院議員は1999年、東大法学部を卒業。その後、検事として東京地裁などに勤務し2009年、35歳で民主党に初当選した。山尾議員が注目されたのは「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名ブログを国会で取り上げ待機児童問題に悩む母親の声を代弁したとして先月結成された民進党で当選2回の議員としては異例の政調会長に抜てきされた。山尾議員が大抜擢を受けたのはこれが初めてではなく、11歳でミュージカル「アニー」のオーディションを勝ち抜き主人公初代アニー役に抜擢された。著書「アニーの100日受験物語」では「やるだけやってぶつかってみる」と記している。政治と金について問われた山尾議員は事実関係を確認中としており夕方にも会見を開く予定。

伊藤惇夫が山尾志桜里衆院議員の経歴を紹介。東大出身で元検事、小沢ガールズとして2009年に初当選し、議員生活は5年。41歳で民進党・政調会長になった。


滋賀学園

3月16日、自民党・吉田健一滋賀県議が、高校野球春の選抜に初出場する滋賀学園に対し「お前らなんか1回戦負けしろ」と発言。滋賀学園が激励会のため県庁を訪れ、県議会前に停車していた送迎バスに向かっている途中のことだった。その真意について吉田氏は誤解だとし「こんなところに駐車して乗り降りするそんなことでは1回戦で負けるぞ」と言ったつもりだったと述べた。吉田氏はスポーツ振興特別委員。子どもたちを傷つける発言は大人としてありえない、などと出演者らがコメント。伊藤惇夫氏は「昔は政治家の暴言にもウィットがあった。最近は質の低下が如実に現れている」などと話している。


迷走神経反射

これまでの安倍首相は2014年11月の衆院解散会見で、再び延期することはないと断言していたが、2016年2月の衆院予算委員会などで延期するかはその時の政治判断で決めると述べた。3月には経済状況を注意深く見ていきたいなどと話していた。昨日の会見では「世界的に市場が大きく変動している」などと終盤で話した。昨日の会見前半では来年度予算や賃上げなどについて話しアベノミクスの成功を誇示した。龍崎孝は「増税を見送ったらアベノミクスが失敗したと言われてしまうので、国内は増税する環境が整っているということを最初に話した。」などと話した。伊藤惇夫は「延期に向けた環境整備を着々としている」などと話した。


ハーバード大学

これまでの安倍首相は2014年11月の衆院解散会見で、再び延期することはないと断言していたが、2016年2月の衆院予算委員会などで延期するかはその時の政治判断で決めると述べた。3月には経済状況を注意深く見ていきたいなどと話していた。昨日の会見では「世界的に市場が大きく変動している」などと終盤で話した。昨日の会見前半では来年度予算や賃上げなどについて話しアベノミクスの成功を誇示した。龍崎孝は「増税を見送ったらアベノミクスが失敗したと言われてしまうので、国内は増税する環境が整っているということを最初に話した。」などと話した。伊藤惇夫は「延期に向けた環境整備を着々としている」などと話した。

前回の増税延期の時は消費税点検会合を開き、有識者の約6割は予定通りにすべきとしたが米・プリンストン大学教授が消費増税すべきてはないという意見を述べた。興味深く聞いていた総理は延期を発表した。国際金融経済分析会合を全5回行うが、1回目は上げるべきではない。2回目は増税しなければならいと話したが時期は明言しなかった。3回目は見送るべきと話した。伊勢志摩サミットで議長国の日本が世界経済安定化に向けた議論進行の参考にするための会合で、消費税の話をするためのものではない。「タイミングとしては総理が5月下旬くらいに、何らかの発表する可能性がある」などと話した。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

伊勢志摩サミット

これまでの安倍首相は2014年11月の衆院解散会見で、再び延期することはないと断言していたが、2016年2月の衆院予算委員会などで延期するかはその時の政治判断で決めると述べた。3月には経済状況を注意深く見ていきたいなどと話していた。昨日の会見では「世界的に市場が大きく変動している」などと終盤で話した。昨日の会見前半では来年度予算や賃上げなどについて話しアベノミクスの成功を誇示した。龍崎孝は「増税を見送ったらアベノミクスが失敗したと言われてしまうので、国内は増税する環境が整っているということを最初に話した。」などと話した。伊藤惇夫は「延期に向けた環境整備を着々としている」などと話した。

前回の増税延期の時は消費税点検会合を開き、有識者の約6割は予定通りにすべきとしたが米・プリンストン大学教授が消費増税すべきてはないという意見を述べた。興味深く聞いていた総理は延期を発表した。国際金融経済分析会合を全5回行うが、1回目は上げるべきではない。2回目は増税しなければならいと話したが時期は明言しなかった。3回目は見送るべきと話した。伊勢志摩サミットで議長国の日本が世界経済安定化に向けた議論進行の参考にするための会合で、消費税の話をするためのものではない。「タイミングとしては総理が5月下旬くらいに、何らかの発表する可能性がある」などと話した。


コロンビア大学

来年予定通り増税するのかしないのか、今月22日の放送で延期の可能性は90%ないとしていた田崎史郎はきょうは60%あると答えた事について「自分の取材の甘さを読みの甘さを認めます。自分の取材ルートで2人は先週否定的だったが、今週は増税延期を否定しなくなった」などと話した。龍崎孝も「増税延期に傾いていると思う。」などと話した。

これまでの安倍首相は2014年11月の衆院解散会見で、再び延期することはないと断言していたが、2016年2月の衆院予算委員会などで延期するかはその時の政治判断で決めると述べた。3月には経済状況を注意深く見ていきたいなどと話していた。昨日の会見では「世界的に市場が大きく変動している」などと終盤で話した。昨日の会見前半では来年度予算や賃上げなどについて話しアベノミクスの成功を誇示した。龍崎孝は「増税を見送ったらアベノミクスが失敗したと言われてしまうので、国内は増税する環境が整っているということを最初に話した。」などと話した。伊藤惇夫は「延期に向けた環境整備を着々としている」などと話した。

前回の増税延期の時は消費税点検会合を開き、有識者の約6割は予定通りにすべきとしたが米・プリンストン大学教授が消費増税すべきてはないという意見を述べた。興味深く聞いていた総理は延期を発表した。国際金融経済分析会合を全5回行うが、1回目は上げるべきではない。2回目は増税しなければならいと話したが時期は明言しなかった。3回目は見送るべきと話した。伊勢志摩サミットで議長国の日本が世界経済安定化に向けた議論進行の参考にするための会合で、消費税の話をするためのものではない。「タイミングとしては総理が5月下旬くらいに、何らかの発表する可能性がある」などと話した。


首相官邸

来年予定通り増税するのかしないのか、今月22日の放送で延期の可能性は90%ないとしていた田崎史郎はきょうは60%あると答えた事について「自分の取材の甘さを読みの甘さを認めます。自分の取材ルートで2人は先週否定的だったが、今週は増税延期を否定しなくなった」などと話した。龍崎孝も「増税延期に傾いていると思う。」などと話した。

これまでの安倍首相は2014年11月の衆院解散会見で、再び延期することはないと断言していたが、2016年2月の衆院予算委員会などで延期するかはその時の政治判断で決めると述べた。3月には経済状況を注意深く見ていきたいなどと話していた。昨日の会見では「世界的に市場が大きく変動している」などと終盤で話した。昨日の会見前半では来年度予算や賃上げなどについて話しアベノミクスの成功を誇示した。龍崎孝は「増税を見送ったらアベノミクスが失敗したと言われてしまうので、国内は増税する環境が整っているということを最初に話した。」などと話した。伊藤惇夫は「延期に向けた環境整備を着々としている」などと話した。


時事通信社

来年予定通り増税するのかしないのか、今月22日の放送で延期の可能性は90%ないとしていた田崎史郎はきょうは60%あると答えた事について「自分の取材の甘さを読みの甘さを認めます。自分の取材ルートで2人は先週否定的だったが、今週は増税延期を否定しなくなった」などと話した。龍崎孝も「増税延期に傾いていると思う。」などと話した。

これまでの安倍首相は2014年11月の衆院解散会見で、再び延期することはないと断言していたが、2016年2月の衆院予算委員会などで延期するかはその時の政治判断で決めると述べた。3月には経済状況を注意深く見ていきたいなどと話していた。昨日の会見では「世界的に市場が大きく変動している」などと終盤で話した。昨日の会見前半では来年度予算や賃上げなどについて話しアベノミクスの成功を誇示した。龍崎孝は「増税を見送ったらアベノミクスが失敗したと言われてしまうので、国内は増税する環境が整っているということを最初に話した。」などと話した。伊藤惇夫は「延期に向けた環境整備を着々としている」などと話した。


東京新聞

消費税の行方を専門家を招きスタジオ解説した。昨日の国会で96兆7218億円の予算や軽減税率の導入が決まったが、安倍総理は消費税増税はリーマン・ショックや大震災のような事態が発生しないかぎり予定通りとしている。又、衆参ダブル選挙はないとしているが今日の毎日新聞では余地があるとしていて読売新聞、日本経済新聞、東京新聞でもダブル選挙の可能性を報じていた。こうした背景を伊藤惇夫は総理の周辺がこうした情報を流していると話した。


日本経済新聞

消費税の行方を専門家を招きスタジオ解説した。昨日の国会で96兆7218億円の予算や軽減税率の導入が決まったが、安倍総理は消費税増税はリーマン・ショックや大震災のような事態が発生しないかぎり予定通りとしている。又、衆参ダブル選挙はないとしているが今日の毎日新聞では余地があるとしていて読売新聞、日本経済新聞、東京新聞でもダブル選挙の可能性を報じていた。こうした背景を伊藤惇夫は総理の周辺がこうした情報を流していると話した。