ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 365件中 1〜10件目

「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京オリンピック・パラリンピック

今週月曜日の参議院予算委員会で、東京オリンピック・パラリンピックの開催時期に疑問を呈したアントニオ猪木議員。いきなりの大声に身を乗り出した社民党の福島みずほ副代表に対し、民主党の蓮舫代表代行は微動だにせず。遠藤オリンピック・パラリンピック担当大臣は「IOCのマニュアルにより変更は難しい」とコメントした。伊藤惇夫氏は今回の質問について、「質問の内容は議員の自由」とコメントした。


総理官邸

維新の党の橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事が離党を表明。会見では橋下市長が、大阪の地方政治に軸足を移すと説明した。きっかけは柿沢未途幹事長が山形市長選で党の支援しない候補に応援演説を行ったことで、橋下氏が辞任を要求したが松野頼久代表が養護するなど党が分断していた。議員側は民主党との政界再編を模索、大阪側は総理官邸との連携を重視するなど以前から対立があり、伊藤惇夫氏は「参院選に向け、憲法改正をにらんだ総理官邸の思惑も働いたのでは」などと述べた。


首相官邸

後藤謙次は、6月14日東京で安部総理、菅官房長官、橋下市長、松井知事と4者会談が行われた時、野党共闘を目指す松野代表に対して官邸側がくさびを打った形になったと解説。官邸側は大阪の橋下氏らと連携を取ることで目指すべき目的地が違ってきたのではないかという見解を解説。また今回の一連の動きの影の主役は首相官邸だと解説。伊藤惇夫氏は安倍政権の悲願である憲法改正に対し、衆議院選挙で賛成派を3分の2にするというのが目標であると、松野代表らが率いる東京代表側だと主導権がなかなか望めない。橋下さんを前面に押し立てれば衆院選を戦える一定の議席が見込めると解説。


東京新聞

1.景気の谷。「安倍政権を支えているのはアベノミクスの期待感で、1つグラスを取ったら崩れてしまう、シャンパンタワーのようだ」とした。日経平均株価は一時2万円台と大台に乗ったものの今月に入り世界同時株安の影響ともに急落。政府は世界同時株安については、慌てているようではない。しかし、伊藤惇夫は「打撃が大きいほど政治家は平静を装うもの」と指摘した。田崎史郎、龍崎孝は「大きなダメージにはならないだろうが、政権としてやり尽くし今は受け身の状態」などと語った。「株価の下落は安倍政権そのものの評価につながるのでは…」などとした。


東亜日報

政治ジャーナリスト・伊藤惇夫を招いて今回の鳩山由紀夫元総理の問題行動についてスタジオ解説。国内では問題ないが海外では元総理というのは重みがあるため、国際的な影響がかなりある。韓国側としては絶好のPRポイント、批判の材料を与えてしまった。東亜日報では「ひざまずいて“謝罪”した鳩山“安倍は見習え!”」の記事引用。


首相官邸

戦後70年談話についてスタジオ解説。村山富市首相と、小泉純一郎首相の談話を見比べた。世界が注目する3つのワード「植民地支配と侵略」、「痛切な反省」、「心からのおわび」は含まれている。今回の安倍首相の戦後70年談話は「心からのおわび」が抜かれていた。これまでの安倍首相の発言を見比べても「植民地支配と侵略」、「心からのおわび」などが抜かれている。スタジオでは安保法制との絡みで発言は緩和されている傾向にあるなどと話された。また問題は「心からのおわび」をどう表すかが注目などと話された。八代英輝さんは、近隣諸国は日本が右傾化することに対して注視しているなどとコメント。談話の発表は14日で、前日2日間は安倍首相は夏休みをとっている。内閣支持率は低下しており、韓国、中国からも注目をされていることを紹介。スタジオ参加者の3名は「おわび」は入れないと予想した。

伊藤惇夫氏は「当初はかなり意気込みがあったと思われる。ここで区切りをつけ、未来志向と同時に談話を出すことによって日本の名誉回復をしたい思いが強かったと思う。しかしここ最近はトーンがソフトになってきてる気がするので、ある程度妥協することも考えたのではないか」と話した。また八代氏は「3つのキーワードをすべて入れたからといって、今までの談話と同じものになるとは思わない。安倍首相独自の色をどこに出していくのかというのがポイントになってくると思う。ただ近隣諸国としては3つのキーワードを入れることに注目していると思う」と話した。手嶋氏は「この談話でアメリカがどうでてくるかがポイントになってくる」と話した。


「伊藤惇夫」に関連するグルメ情報

野沢菜のピザ

安倍晋三総理大臣の食事について取材。首相動静には首相が毎日どこで誰と会っていたかが掲載され、外食277回を全調査した。総理のいきつけの店を調べると昨年2回、今年4月1日に来店した店が東京・渋谷区代々木上原にあった。政治アナリストの伊藤惇夫氏と向かうと現れたのが隠れ家イタリアン「エンボカ東京」である。安倍総理もお気に入りメニューは「温野菜」や「九州・黒豚のスペアリブ」、「野沢菜のピザ」が紹介された。スタッフの今井正さんは、総理自ら予約の電話を頂くと明かした。


「伊藤惇夫」に関連するグルメ情報

九州・黒豚のスペアリブ

安倍晋三総理大臣の食事について取材。首相動静には首相が毎日どこで誰と会っていたかが掲載され、外食277回を全調査した。総理のいきつけの店を調べると昨年2回、今年4月1日に来店した店が東京・渋谷区代々木上原にあった。政治アナリストの伊藤惇夫氏と向かうと現れたのが隠れ家イタリアン「エンボカ東京」である。安倍総理もお気に入りメニューは「温野菜」や「九州・黒豚のスペアリブ」、「野沢菜のピザ」が紹介された。スタッフの今井正さんは、総理自ら予約の電話を頂くと明かした。


「伊藤惇夫」に関連するグルメ情報

温野菜

安倍晋三総理大臣の食事について取材。首相動静には首相が毎日どこで誰と会っていたかが掲載され、外食277回を全調査した。総理のいきつけの店を調べると昨年2回、今年4月1日に来店した店が東京・渋谷区代々木上原にあった。政治アナリストの伊藤惇夫氏と向かうと現れたのが隠れ家イタリアン「エンボカ東京」である。安倍総理もお気に入りメニューは「温野菜」や「九州・黒豚のスペアリブ」、「野沢菜のピザ」が紹介された。スタッフの今井正さんは、総理自ら予約の電話を頂くと明かした。


「伊藤惇夫」に関連するレストラン・飲食店

エンボカ東京

安倍晋三総理大臣の食事について取材。首相動静には首相が毎日どこで誰と会っていたかが掲載され、外食277回を全調査した。総理のいきつけの店を調べると昨年2回、今年4月1日に来店した店が東京・渋谷区代々木上原にあった。政治アナリストの伊藤惇夫氏と向かうと現れたのが隠れ家イタリアン「エンボカ東京」である。安倍総理もお気に入りメニューは「温野菜」や「九州・黒豚のスペアリブ」、「野沢菜のピザ」が紹介された。スタッフの今井正さんは、総理自ら予約の電話を頂くと明かした。