ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 737件中 1〜10件目

「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京五輪

行われた議論について説明する。都議会側は政党復活予算について議会側になんの連絡もなく唐突に廃止することは議会軽視だと指摘した。小池都知事は東京のみがこの方式を取っていて情報の公開という観点から廃止するとした。この質問は全ての質問を61分で説明した後に説明することになる。八代英輝氏はこれは答弁漏れを意図的に生じさせるような誰のメリットにもならない方法だと話す。野村忠宏さんは矢継ぎ早に質問をされて最低限の答えしか出せない卑怯なやり方だと話した。伊藤惇夫氏は来年2月の審議で牙をむくのではと話していたが読みを誤ったとした。豊洲の問題や五輪の会場問題で自民党が攻めどきだと見たのではと話した。7人の区議が除名処分になりそろそろ攻めるかという印象だという。しかしやり方があまりに稚拙なため逆に小池さんにとってはいい方向に動いたのでは。浅野史郎氏はちょっとした意地悪が自民党にとって逆方向にみっともない姿を見せる結果になってしまったと話す。佐々木信夫氏はそうでもない。小池都知事がどの程度都政を理解しているのかを試されていると話した。

隠し玉その2は休憩時間をずらす。これまでは質問をしてその答弁の後に休憩を入れてその後に次の会派に行くというものであった。ところが昨日は質問をして答弁が終わり、次の質問の前に休憩を入れるというものであった。これは議長に申し入れたもの。佐々木信夫氏はこれは一度答弁を聞いた上で対策を練り都知事が答弁に詰まるような再質問をするためではないかと指摘する。答弁漏れを含めてどういった質問をするのが良いか考えたという事だと話す。伊藤惇夫氏は都議会の中で自民党だけが野党になっている様な状況が出来上がっていると話す。他の党は内容の通告は受けていてスムーズに受け答えができていたという。


日本維新の会

先週金曜日、カジノ解禁を含む統合型リゾート施設の整備を推進する「IR法案」通称”カジノ解禁法案”が衆院内閣委員会で可決した。審議時間が6時間未満というスピード採決に民進党などが反発。大阪の松井知事は大阪湾の人工島・夢洲にカジノを含む統合型リゾートと万博の2つの誘致を目指している。大阪ではカジノを含む統合型リゾートを誘致した場合、年間7600億円近くの経済効果が見込めると試算している。政治アナリストの伊藤さんは大阪の経済の地盤沈下を食い止めるにはIRと万博しかない。食い止められたという事実を作り出せば選挙でも有利な戦いを展開できるなどと話した。カジノ解禁法案は明日にも衆議院を通過し今国会で成立する公算が大きい。

政治アナリストの伊藤惇夫さんと大阪商業大学の美原融教授をゲストに迎えた。美原さんによると90年代以降、カジノをエンジンとして巨大な地域再開発を実現する1つの手法として各国の政府が推進しているという。JNN世論調査ではIR法案の成立について賛成が24%、反対が55%となっている。カジノ解禁法案の審議について新聞各紙が批判。「多くの疑問を残したまま駆け込みで事を進めている印象がぬぐえない」「カジノの合法化は多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは国会の責任放棄だ。そもそもカジノは賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの散財に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である」と報じている(産経新聞/読売新聞)。伊藤さんはこれまで民営のギャンブルは違法とされてきた。カジノ解禁法案の成立は歴史的転換となるのに5時間半という審議は短すぎるとしている。安倍官邸と維新の会の思惑が一致したなどの理由が考えられるなどと話した。荻原さんは「スキーの遠征でヨーロッパなどに行くと小さな町にもカジノがある。収益がスポーツ振興に使われている実態もあるのでカジノに対するネガティブなイメージは持っていない。日本人の体質に合うかはわからない」、三雲さんは「国の安全も含めてどうクリアする案があるのかとうことは知りたい」などとコメントした。


読売新聞

政治アナリストの伊藤惇夫さんと大阪商業大学の美原融教授をゲストに迎えた。美原さんによると90年代以降、カジノをエンジンとして巨大な地域再開発を実現する1つの手法として各国の政府が推進しているという。JNN世論調査ではIR法案の成立について賛成が24%、反対が55%となっている。カジノ解禁法案の審議について新聞各紙が批判。「多くの疑問を残したまま駆け込みで事を進めている印象がぬぐえない」「カジノの合法化は多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは国会の責任放棄だ。そもそもカジノは賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの散財に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である」と報じている(産経新聞/読売新聞)。伊藤さんはこれまで民営のギャンブルは違法とされてきた。カジノ解禁法案の成立は歴史的転換となるのに5時間半という審議は短すぎるとしている。安倍官邸と維新の会の思惑が一致したなどの理由が考えられるなどと話した。荻原さんは「スキーの遠征でヨーロッパなどに行くと小さな町にもカジノがある。収益がスポーツ振興に使われている実態もあるのでカジノに対するネガティブなイメージは持っていない。日本人の体質に合うかはわからない」、三雲さんは「国の安全も含めてどうクリアする案があるのかとうことは知りたい」などとコメントした。


産経新聞

政治アナリストの伊藤惇夫さんと大阪商業大学の美原融教授をゲストに迎えた。美原さんによると90年代以降、カジノをエンジンとして巨大な地域再開発を実現する1つの手法として各国の政府が推進しているという。JNN世論調査ではIR法案の成立について賛成が24%、反対が55%となっている。カジノ解禁法案の審議について新聞各紙が批判。「多くの疑問を残したまま駆け込みで事を進めている印象がぬぐえない」「カジノの合法化は多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは国会の責任放棄だ。そもそもカジノは賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの散財に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である」と報じている(産経新聞/読売新聞)。伊藤さんはこれまで民営のギャンブルは違法とされてきた。カジノ解禁法案の成立は歴史的転換となるのに5時間半という審議は短すぎるとしている。安倍官邸と維新の会の思惑が一致したなどの理由が考えられるなどと話した。荻原さんは「スキーの遠征でヨーロッパなどに行くと小さな町にもカジノがある。収益がスポーツ振興に使われている実態もあるのでカジノに対するネガティブなイメージは持っていない。日本人の体質に合うかはわからない」、三雲さんは「国の安全も含めてどうクリアする案があるのかとうことは知りたい」などとコメントした。


朝日新聞

政治アナリストの伊藤惇夫さんと大阪商業大学の美原融教授をゲストに迎えた。美原さんによると90年代以降、カジノをエンジンとして巨大な地域再開発を実現する1つの手法として各国の政府が推進しているという。JNN世論調査ではIR法案の成立について賛成が24%、反対が55%となっている。カジノ解禁法案の審議について新聞各紙が批判。「多くの疑問を残したまま駆け込みで事を進めている印象がぬぐえない」「カジノの合法化は多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは国会の責任放棄だ。そもそもカジノは賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの散財に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である」と報じている(産経新聞/読売新聞)。伊藤さんはこれまで民営のギャンブルは違法とされてきた。カジノ解禁法案の成立は歴史的転換となるのに5時間半という審議は短すぎるとしている。安倍官邸と維新の会の思惑が一致したなどの理由が考えられるなどと話した。荻原さんは「スキーの遠征でヨーロッパなどに行くと小さな町にもカジノがある。収益がスポーツ振興に使われている実態もあるのでカジノに対するネガティブなイメージは持っていない。日本人の体質に合うかはわからない」、三雲さんは「国の安全も含めてどうクリアする案があるのかとうことは知りたい」などとコメントした。


毎日新聞

政治アナリストの伊藤惇夫さんと大阪商業大学の美原融教授をゲストに迎えた。美原さんによると90年代以降、カジノをエンジンとして巨大な地域再開発を実現する1つの手法として各国の政府が推進しているという。JNN世論調査ではIR法案の成立について賛成が24%、反対が55%となっている。カジノ解禁法案の審議について新聞各紙が批判。「多くの疑問を残したまま駆け込みで事を進めている印象がぬぐえない」「カジノの合法化は多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは国会の責任放棄だ。そもそもカジノは賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの散財に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である」と報じている(産経新聞/読売新聞)。伊藤さんはこれまで民営のギャンブルは違法とされてきた。カジノ解禁法案の成立は歴史的転換となるのに5時間半という審議は短すぎるとしている。安倍官邸と維新の会の思惑が一致したなどの理由が考えられるなどと話した。荻原さんは「スキーの遠征でヨーロッパなどに行くと小さな町にもカジノがある。収益がスポーツ振興に使われている実態もあるのでカジノに対するネガティブなイメージは持っていない。日本人の体質に合うかはわからない」、三雲さんは「国の安全も含めてどうクリアする案があるのかとうことは知りたい」などとコメントした。


JNN世論調査

政治アナリストの伊藤惇夫さんと大阪商業大学の美原融教授をゲストに迎えた。美原さんによると90年代以降、カジノをエンジンとして巨大な地域再開発を実現する1つの手法として各国の政府が推進しているという。JNN世論調査ではIR法案の成立について賛成が24%、反対が55%となっている。カジノ解禁法案の審議について新聞各紙が批判。「多くの疑問を残したまま駆け込みで事を進めている印象がぬぐえない」「カジノの合法化は多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは国会の責任放棄だ。そもそもカジノは賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの散財に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である」と報じている(産経新聞/読売新聞)。伊藤さんはこれまで民営のギャンブルは違法とされてきた。カジノ解禁法案の成立は歴史的転換となるのに5時間半という審議は短すぎるとしている。安倍官邸と維新の会の思惑が一致したなどの理由が考えられるなどと話した。荻原さんは「スキーの遠征でヨーロッパなどに行くと小さな町にもカジノがある。収益がスポーツ振興に使われている実態もあるのでカジノに対するネガティブなイメージは持っていない。日本人の体質に合うかはわからない」、三雲さんは「国の安全も含めてどうクリアする案があるのかとうことは知りたい」などとコメントした。


大阪商業大学

政治アナリストの伊藤惇夫さんと大阪商業大学の美原融教授をゲストに迎えた。美原さんによると90年代以降、カジノをエンジンとして巨大な地域再開発を実現する1つの手法として各国の政府が推進しているという。JNN世論調査ではIR法案の成立について賛成が24%、反対が55%となっている。カジノ解禁法案の審議について新聞各紙が批判。「多くの疑問を残したまま駆け込みで事を進めている印象がぬぐえない」「カジノの合法化は多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは国会の責任放棄だ。そもそもカジノは賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの散財に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である」と報じている(産経新聞/読売新聞)。伊藤さんはこれまで民営のギャンブルは違法とされてきた。カジノ解禁法案の成立は歴史的転換となるのに5時間半という審議は短すぎるとしている。安倍官邸と維新の会の思惑が一致したなどの理由が考えられるなどと話した。荻原さんは「スキーの遠征でヨーロッパなどに行くと小さな町にもカジノがある。収益がスポーツ振興に使われている実態もあるのでカジノに対するネガティブなイメージは持っていない。日本人の体質に合うかはわからない」、三雲さんは「国の安全も含めてどうクリアする案があるのかとうことは知りたい」などとコメントした。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

五輪

予算編成については知事の権限なので、抗議文を出しても意味はない。本来の姿に戻った、当たり前だと考えるべきだと伊藤惇夫さんのコメント。最初から大人の対応をしていれば都議会はよかったのではないかと石塚さん。小池さんの言い方がいきなりだったので頭に血がのぼったのではないかと金さん。2016 ユーキャン新語流行語大賞に、盛り土が受賞したが、小池さんは辞退。責任者は前の人だという。2007年には消えた年金で受賞した当時の舛添厚生労働大臣が、年金問題に全力で取り組む勇気をもらったと言っていた。


産経新聞

政党復活予算の廃止、これは、一週間前の定例会見でも語っていた。その後都議会自民党は、高木啓幹事長の名で抗議文書を小池都知事に送った。1番ふれてほしくないところだったので、感情的になり抗議文を送ったのではないかと田崎史郎氏。小池百合子都知事にとっては思う壺だったのではないかと伊藤惇夫氏。高木啓氏は、昨日、改めて考えてみたいと述べトーンダウンした。抗議文は軽率だったのだろうとスタジオの意見。翌日の東京新聞や産経新聞には自民を軽視しているとの記事を出し、田崎さんの取材によると、それを目にした自民党議員が来年選挙があるのに何をしてくれると言い、それを聞きつけた人が高木啓幹事長の耳に入れた。そこで、高木啓幹事長は、トーンダウンしたとのこと。都民にとっては、また小池都知事に反発していると写ってしまう。マイナス点を自ら作ってしまったと浅野さんの意見。勝ち目がないのに都議会自民党が仕掛けてしまった。抗議文の文書の中身もよくなかったと原さん。抗議文を出したのは都議会自民党にとってマイナス。来年2月の予算審議で牙をむくのではと考えられると伊藤さんの意見。とにかく我慢し、挑発にのらないようにするのが都議会自民党にとって大事だと田崎史郎さんの意見。