ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 341件中 1〜10件目

自由民主党本部

第3次安倍内閣の今後の政治スケジュールについて、来年の総裁選に注目。伊藤惇夫氏と田崎史郎氏は「今のところ安倍首相の対抗馬は存在しない」という。伊藤氏は一方で「内閣の支持率によっては波乱も」といった懸念があることを示す。憲法改正にも注目。きのうのテレビ番組で安倍首相は「(憲法改正について)我が党にとって悲願で、立党以来の目標だ」と述べ、安倍首相は選挙期間中、憲法改正について具体的な話をほとんど語らなかったが選挙結果を受け、踏み込んで改憲への意欲を語ったという印象がみられた。他にも日韓首脳会談やTPP、ロシアとの北方領土交渉が待ち受けている。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京オリンピック

第3次安倍内閣の今後の政治スケジュールについて、来年の総裁選に注目。伊藤惇夫氏と田崎史郎氏は「今のところ安倍首相の対抗馬は存在しない」という。伊藤氏は一方で「内閣の支持率によっては波乱も」といった懸念があることを示す。憲法改正にも注目。きのうのテレビ番組で安倍首相は「(憲法改正について)我が党にとって悲願で、立党以来の目標だ」と述べ、安倍首相は選挙期間中、憲法改正について具体的な話をほとんど語らなかったが選挙結果を受け、踏み込んで改憲への意欲を語ったという印象がみられた。他にも日韓首脳会談やTPP、ロシアとの北方領土交渉が待ち受けている。


次世代

解散の日、国会周辺では政治アナリストの伊藤惇夫氏によると、普段見ることができないくらいの議員の車が国会の車寄せに密集しているという。すでに与党では自民党と公明党が軽減税率ということを話し合い、自公共通公約に盛り込まれる見方があるとのこと。一方、野党では民主党・川端達夫国対委員長が「21日の午前中まではそれぞれ議員は地元に帰って準備活動に入りなさい」と述べている。きのうの午後にはみんなの党で両院議員総会が行われ、今月28日に解党することを決定。そのほか、各党の動きを解説した。


国会

解散の日、国会周辺では政治アナリストの伊藤惇夫氏によると、普段見ることができないくらいの議員の車が国会の車寄せに密集しているという。すでに与党では自民党と公明党が軽減税率ということを話し合い、自公共通公約に盛り込まれる見方があるとのこと。一方、野党では民主党・川端達夫国対委員長が「21日の午前中まではそれぞれ議員は地元に帰って準備活動に入りなさい」と述べている。きのうの午後にはみんなの党で両院議員総会が行われ、今月28日に解党することを決定。そのほか、各党の動きを解説した。


JNN

昨日の会見を受けて、伊藤惇夫氏は「何のために解散するのか、あまりよく分からない。」田崎氏は「気迫は感じたが、国民にはまだちょっと納得が得られてないのでは。」龍崎氏は「解散にかける意気込みは、特に党内には伝わった。」などとコメントした。また、消費税増税は延期し2017年4月に増税すること、21日に衆議院を解散することを表明し、12月2日公示、14日投開票の日程になることも表明した。


琉球新報

スタジオで沖縄知事選の結果について詳しく紹介。朝日新聞など各紙が大きく取り上げ、注目度が高まっている。辺野古移設問題の反対派が当選したため、今後の行方に注目が集まる。翁長氏は「仲井真氏が承認した辺野古沖の埋め立ては法律的な瑕疵があれば取り消しができる」と語っているが、政府は取り消しはできないとみている。政治アナリストの伊藤惇夫氏は、翁長氏の公約について、辺野古移設中止は難しく、県外・国内移設も難しいと語っている。


朝日新聞

スタジオで沖縄知事選の結果について詳しく紹介。朝日新聞など各紙が大きく取り上げ、注目度が高まっている。辺野古移設問題の反対派が当選したため、今後の行方に注目が集まる。翁長氏は「仲井真氏が承認した辺野古沖の埋め立ては法律的な瑕疵があれば取り消しができる」と語っているが、政府は取り消しはできないとみている。政治アナリストの伊藤惇夫氏は、翁長氏の公約について、辺野古移設中止は難しく、県外・国内移設も難しいと語っている。


日本銀行

永濱利廣氏は前回の放送でGDP速報値が3.8プラスだったら増税に踏み切るのではないかと話していた。しかし永濱氏はGDPが0.8プラスにしかならないのではと予測した。GDPが成長しないと景気が悪いため、そういう状況で増税をしても税収が増えるとは限らず、国民の理解も得られないと話した。田崎史郎氏は99パーセント先送りになると話した。伊藤惇夫氏は日銀の黒田総裁は金融緩和をやれば増税の方向で動いてくれるという思惑はあったと思うとはなし、安倍首相と黒田総裁の思惑にズレがあったのかなと話した。


明治座

明治座での観劇の件については、収支報告が明らかに違うので政治資金規正法違反になると橋本大二郎さん・伊藤惇夫・萩谷麻衣子らは話す。また、萩谷麻衣子さんは収支報告に故意な虚偽記載をした場合は、5年以下の禁錮刑になるがちょっと気をつければ間違っていると分かる程度であれば虚偽記入にあたるとしており、国会議員も辞めなければいけないレベルの話しであるとしている。また、橋本大二郎さんは、政治家として絶対踏み込んでは行けないところに踏み込んでしまっているなどと話す。尚、ワインの購入について、選挙区民への贈答ではないのか?という記者の質問に対して、小渕経産相は現段階で選挙区内に配ったことはないとしている。


毎日新聞

小渕優子前経産大臣の今後については、政治家として一から出直そうと思っている、信頼を損ねてしまったなどと話しており、もう一度信頼を取り戻していけるようにやっていきたいと話している。贈答品に関して、伊藤惇夫さんは本当に県外の有権者以外の人に配ったのか?という確認が取れないなどという点から買収及び利害誘導の罪に引っかかる可能性はあるとしている。また、萩谷麻衣子さんは事務費は何でもかんでも許されるものではないなどと話している。また、今朝の毎日新聞では、有権者にワインを配ったとして、公選法違反の疑いがあると報じている。川村晃司さんはどういうことをしても公選法違反に当たるなどと話している。