ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 322件中 1〜10件目

読売新聞

安倍首相の内閣改造、自民党・石破茂幹事長との会談についてトーク。会談が終わり次第首相にぶら下がり取材をお願いしているそう。幹事長が入閣を了承したとの報道は、朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞が報じた。トークでは伊藤惇夫が、首相と幹事長どちらが譲歩したとも取れるなどと解説した。


毎日新聞

安倍首相の内閣改造、自民党・石破茂幹事長との会談についてトーク。会談が終わり次第首相にぶら下がり取材をお願いしているそう。幹事長が入閣を了承したとの報道は、朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞が報じた。トークでは伊藤惇夫が、首相と幹事長どちらが譲歩したとも取れるなどと解説した。

安倍首相の内閣改造、自民党・石破茂幹事長との会談についてスタジオ解説。今週火曜日に党の役員会が開かれ、2人は協力することを確認したという。トークでは、幹事長自身もラジオでの発言を反省しているのではと話した。産経新聞、毎日新聞が「地方創生担当相」での起用が濃厚と報じている。


日本経済新聞

安倍首相の内閣改造、自民党・石破茂幹事長との会談についてトーク。会談が終わり次第首相にぶら下がり取材をお願いしているそう。幹事長が入閣を了承したとの報道は、朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞が報じた。トークでは伊藤惇夫が、首相と幹事長どちらが譲歩したとも取れるなどと解説した。


朝日新聞

安倍首相の内閣改造、自民党・石破茂幹事長との会談についてトーク。会談が終わり次第首相にぶら下がり取材をお願いしているそう。幹事長が入閣を了承したとの報道は、朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞が報じた。トークでは伊藤惇夫が、首相と幹事長どちらが譲歩したとも取れるなどと解説した。


産経新聞

石破茂幹事長は、安全保障法制担当相は打診するも固辞、幹事長を続投したいとの意向も示していた。田崎史郎は、「他の大臣につかせることで無事に終わった印象を国民に与える」とコメント。伊藤惇夫は、「無役の可能性が一番高い」とコメント。今週中に安倍首相と石破茂幹事長が会談するとみられており、安倍首相と石破茂幹事長の関係修復について伊藤氏は、「政治家は仲がいいからうまくいくわけではない。修復するしないのレベルの話ではなく、利害が一致すれば協力するなど構図にはあまり変わりはない」とコメント。


読売新聞

石破茂幹事長は、安全保障法制担当相は打診するも固辞、幹事長を続投したいとの意向も示していた。田崎史郎は、「他の大臣につかせることで無事に終わった印象を国民に与える」とコメント。伊藤惇夫は、「無役の可能性が一番高い」とコメント。今週中に安倍首相と石破茂幹事長が会談するとみられており、安倍首相と石破茂幹事長の関係修復について伊藤氏は、「政治家は仲がいいからうまくいくわけではない。修復するしないのレベルの話ではなく、利害が一致すれば協力するなど構図にはあまり変わりはない」とコメント。


日本経済新聞

石破茂幹事長は、安全保障法制担当相は打診するも固辞、幹事長を続投したいとの意向も示していた。田崎史郎は、「他の大臣につかせることで無事に終わった印象を国民に与える」とコメント。伊藤惇夫は、「無役の可能性が一番高い」とコメント。今週中に安倍首相と石破茂幹事長が会談するとみられており、安倍首相と石破茂幹事長の関係修復について伊藤氏は、「政治家は仲がいいからうまくいくわけではない。修復するしないのレベルの話ではなく、利害が一致すれば協力するなど構図にはあまり変わりはない」とコメント。


タブコル公園

齋藤孝は日韓関係が冷えきっている事態は両国にとってマイナスだと指摘した。政治アナリストの伊藤惇夫によると日本政府は韓国との関係改善を模索しているが、韓国側の姿勢が強硬な上に国民から批判に晒されている政権は日本に責任転換していると指摘。韓国国内では関係改善を急務とする一方で、反日感情が未だに根付いているという。ビートたけしは在日韓国人は微妙な立場に追い込まれているなどとコメント。


毎日新聞

GDP大幅減は想定内?想定以上?4〜6月四半期GDP(国内総生産)が年率換算で−6.8%の大幅減。東日本大震災があった2011年(1月〜3月)以来の落ち込み。安倍総理は政府として冷静な経済分析を行いながらしっかりと対応し成長軌道に戻れるよう万全を期していきたいとコメント。GDP大幅減について甘利明経済財政相は4月の消費税8%引き上げ前の駆け込み需要の反動であり、世の中の大勢としては想定の範囲内であるとコメント。毎日新聞の福本氏は色々見方はあるが今後を見なければならないというのと消費税がどれだけ影響しているか分析が難しいところで、物価も上がってきている。下がったことで想定外だったのは公共投資が人出不足と予定通り動き始めなかったことだと話した。宮崎氏は消費税が上がったために物価が上がり、6月の実質賃金が前年比で3.8%マイナスになっていて賃金が下がっているため、消費が縮小するのは当然と話した。

過去の消費税導入。・増税ではどうだったか?1989年4月竹下登首相(当時)消費税3%導入、GDP−5.1%(4〜6月四半期年率換算)、1997年4月橋本龍太郎首相(当時)消費税5%に増税、GDP−3.5%(4〜6月四半期年率換算)、政治アナリストの伊藤惇夫氏は駆け込み需要の反動は覚悟していたが内心は厳しい数字と思っているはずとコメント。更に問題なのはこの反動がどれくらい続くのか、今年末に10%に上げるか決めなければならない状態で7〜9月期の数字がどうなるか、そこで元に戻っていればあげられるが戻っていない状態で上げると反発が強い。だが、上げないと外国から日本は財政再建あきらめたんだなと思われ日本売りが始まってしまい非常に厳しい立場にあると語った。毎日新聞の福本氏は消費税のパーセンテージの問題よりも財政再建に向けて苦い薬も飲み続けているという姿勢をマーケットに出し続けることが大事だと話し、その時の配慮としては低所得者層の暮らしに影響がないよう配慮していかなければならないと話した。またヨーロッパもアメリカも1本の税率で10%以上の消費税の国はないので工夫し議論しながら出来るだけ生活に支障がないように税収を少しずつ上げていくと言うシグナルを出し続けて信用を保つというのが難しいと語った。


キヤノングローバル戦略研究所

日本が外交を行う上での安倍政権の3つの課題を解説。日ロ間のヒビという点では、ウクライナ南部のクリミア半島にロシアが編入を強行しようとしたところ、G7としてロシアへ制裁を行った。安倍総理としては、欧米とも並みを揃えたいし、ロシアとは北方領土問題に関して、仲良くしたいという点でゆれうごいているのが課題。キヤノングローバル戦略研究所の宮家氏は今秋予定されているプーチン大統領の訪日は難しいのではないか?との見解を示している。また、伊藤惇夫は対ロの独自外交が手詰まり感があり、試練の時を迎えているのではないか?との見解を示している。そして、龍崎孝は訪日が事実上の中止に追い込まれつつあるのではないか?などの見解を示している。