ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 300件中 1〜10件目

アミューズソフト

きのう東京・銀座では、アクシデントが次々と起こるなか、日本を代表する寿司店、安倍総理とオバマ大統領の“すし外交”が行われた。オバマ大統領が到着する4時間半前の銀座の非公式夕食会の会場。ミシュランガイドで7年連続3つ星を獲得した「すきやばし 次郎」は、食べログでも4.30と最上級の評価を受けている。店主・小野二郎氏の匠の技を味わおうと、小さな店に世界のVIPたちが訪れる。外は固く中身はふんわり仕上げる「二郎握り」は、つけ台に乗せた瞬間しゃりが沈むという。メニューはおまかせのみで1人3万円からで、アメリカのドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」は2011年に公開された。伊藤惇夫氏は、「今回のすきやばし 次郎に関して、アメリカ側から希望があったという話を聞いている」と話した。


「伊藤惇夫」に関連する映画・DVD

きのう東京・銀座では、アクシデントが次々と起こるなか、日本を代表する寿司店、安倍総理とオバマ大統領の“すし外交”が行われた。オバマ大統領が到着する4時間半前の銀座の非公式夕食会の会場。ミシュランガイドで7年連続3つ星を獲得した「すきやばし 次郎」は、食べログでも4.30と最上級の評価を受けている。店主・小野二郎氏の匠の技を味わおうと、小さな店に世界のVIPたちが訪れる。外は固く中身はふんわり仕上げる「二郎握り」は、つけ台に乗せた瞬間しゃりが沈むという。メニューはおまかせのみで1人3万円からで、アメリカのドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」は2011年に公開された。伊藤惇夫氏は、「今回のすきやばし 次郎に関して、アメリカ側から希望があったという話を聞いている」と話した。

「二郎は鮨の夢を見る[ASBD-1084][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


「伊藤惇夫」に関連する映画・DVD

きのう東京・銀座では、アクシデントが次々と起こるなか、日本を代表する寿司店、安倍総理とオバマ大統領の“すし外交”が行われた。オバマ大統領が到着する4時間半前の銀座の非公式夕食会の会場。ミシュランガイドで7年連続3つ星を獲得した「すきやばし 次郎」は、食べログでも4.30と最上級の評価を受けている。店主・小野二郎氏の匠の技を味わおうと、小さな店に世界のVIPたちが訪れる。外は固く中身はふんわり仕上げる「二郎握り」は、つけ台に乗せた瞬間しゃりが沈むという。メニューはおまかせのみで1人3万円からで、アメリカのドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」は2011年に公開された。伊藤惇夫氏は、「今回のすきやばし 次郎に関して、アメリカ側から希望があったという話を聞いている」と話した。

「二郎は鮨の夢を見る[ASBY-5597][DVD]」

価格.com


「伊藤惇夫」に関連するレストラン・飲食店

きのう東京・銀座では、アクシデントが次々と起こるなか、日本を代表する寿司店、安倍総理とオバマ大統領の“すし外交”が行われた。オバマ大統領が到着する4時間半前の銀座の非公式夕食会の会場。ミシュランガイドで7年連続3つ星を獲得した「すきやばし 次郎」は、食べログでも4.30と最上級の評価を受けている。店主・小野二郎氏の匠の技を味わおうと、小さな店に世界のVIPたちが訪れる。外は固く中身はふんわり仕上げる「二郎握り」は、つけ台に乗せた瞬間しゃりが沈むという。メニューはおまかせのみで1人3万円からで、アメリカのドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」は2011年に公開された。伊藤惇夫氏は、「今回のすきやばし 次郎に関して、アメリカ側から希望があったという話を聞いている」と話した。

午後5時、すきやばし 次郎周辺を取材していた番組スタッフは警察からカメラを置くように要請され、警察犬によるチェックが行われた。午後6時には道路の規制も始まり、午後8時には道路が封鎖された。午後5時の首都高速道路では検問が行われ、東京タワーは星条旗カラーとなり、首都高速道路も封鎖されていた。午後7時前にエアフォースワンが羽田空港に到着し、オバマ大統領はケネディ駐日大使らに出迎えられ、専用車ですきやばし 次郎へ到着した。その頃、路上でいくつかのアクシデントが起きていたが、店内では和やかな雰囲気で約1時間半の会談を終えた。オバマ大統領は「人生の中で1番おいしいすしだった」と感想を述べたという。

スタジオでは、「すきやばし 次郎」は、ミシュランガイドで7年連続3つ星を獲得し、メニューはおまかせのみで1人3万円からで、アメリカのドキュメンタリー映画になったと紹介。田崎史郎氏は、「(安倍総理を)ファーストネームで呼ばれたのは、親密さの現れだが、ブッシュさんと小泉さん、レーガンさんと中曽根さんみたいな関係にが成り得ない。オバマ大統領は迎賓館に泊まらず、都内のアメリカの通信設備が揃ったホテルに泊まるのも合理的なため」とコメント。

そのほか、非公式の夕食会の出席者は6人の名前やTPPには答えなかったと紹介。田崎史郎氏は、「(安倍総理の食事後の発言から)安全保障問題とTPPの問題についても話したに違いない」などとコメント。そのほか、谷内正太郎国家安全保障局長が加わっているはお互い信頼している人を横に置いていることや、今後のスケジュールなどについても紹介。

 (寿司、魚介料理・海鮮料理)
「すきやばし 次郎」

食べログ


DHC

橋本大二郎さんによる解説。みんなの党の渡辺代表が大手化粧品会社の会長から8億円を個人的に借り入れたとした問題で、渡辺氏が「供託金の支払いが終わりました」などと書いた内容のメールを会長に送信していたことが明らかとなった。 供託金とは選挙に出馬する候補者が国に納める費用のことで、候補者の乱立を防ぐことを主とした費用で、日本では大正14年に導入され、現在は300万円になっている。デーブさんによるとアメリカにはこうした制度はないという。政治アナリストの伊藤惇夫氏は供託金について「選挙戦を戦いぬくには300万円払えるぐらいの経済的体力は必要だ、ということだと思う」とコメント、これについて橋本さんは「最初の選挙で署名を集めるなどしたらいいと思う」と話した。


週刊新潮

きのう発売の週刊新潮に、みんなの党・渡辺代表に8億円借したというDHC会長の手記が掲載された。2010年参院選直前に3億円、2012年参院選直前に5億円を渡辺代表の個人口座に選挙資金として提供したが、およそ5億5000万円が今なお返済されていないという。その一方で、資産報告書の借入金残高(2012年時点)は2億5000万円と、会長の手記の5億5000万円と食い違いがある。みんなの党の「政治資金収支報告書」などにも8億円の記載はなく、記事では新たな疑惑が浮上するとしている。

政治アナリスト・伊藤惇夫氏は、手記の内容が事実とすればという前提で、「選挙資金などに使ったとすれば収支報告書に記載しなければならない。選挙資金であれば公職選挙法上の問題がそこで生じる。内容的には猪瀬問題とかなり似ている」と語った。猪瀬前都知事の5000万円借り入れ問題の際に渡辺代表は、「きちんと法律にのっとった資金集めをやるべきもの」と述べていた。


DHC

きのう発売の週刊新潮に、みんなの党・渡辺代表に8億円借したというDHC会長の手記が掲載された。2010年参院選直前に3億円、2012年参院選直前に5億円を渡辺代表の個人口座に選挙資金として提供したが、およそ5億5000万円が今なお返済されていないという。その一方で、資産報告書の借入金残高(2012年時点)は2億5000万円と、会長の手記の5億5000万円と食い違いがある。みんなの党の「政治資金収支報告書」などにも8億円の記載はなく、記事では新たな疑惑が浮上するとしている。

政治アナリスト・伊藤惇夫氏は、手記の内容が事実とすればという前提で、「選挙資金などに使ったとすれば収支報告書に記載しなければならない。選挙資金であれば公職選挙法上の問題がそこで生じる。内容的には猪瀬問題とかなり似ている」と語った。猪瀬前都知事の5000万円借り入れ問題の際に渡辺代表は、「きちんと法律にのっとった資金集めをやるべきもの」と述べていた。


徳洲会グループ

4月27日に徳田議員の辞職に基づいて鹿児島2区での補欠選挙が行われるとするならば、衆参ねじれ解消後初めての国政選挙ということになる。これについて政治アナリストの伊藤氏は、過去には補欠選挙が国政の風向きを変えたこともあると指摘。1987年、第3次中曽根康弘内閣の時には岩手ショックがあった。2月に売上税導入法案を提出したあと、3月岩手での参議院補欠選挙で大敗し、4月の統一地方選挙でも大敗。結局5月に売上税導入法案は廃案になり、11月に中曽内閣は総辞職するという流れがあった。2007年・安倍内閣でも補欠選挙が国政に影響を与えていた。4月に福島での参議院補欠選挙で大敗し、7月の線議員選でも大敗した。そして自民党は参議院の第一党から転落。これを受けて9月に内閣総辞職となった。伊藤氏は、「もし補選に勝ったとしても”勝ち方”によっては安倍総理が今後進める重要課題に大きな影響を与える」と指摘し、保守系の強い鹿児島2区では本来ならダブルスコアで勝つはずだが、差が少ない勝ち方だと影響が出てくるだろうと解説した。

石破幹事長は今回の補欠選挙について、「地方選挙ではなく国政選挙。だから消費税増税、TPP、原発、安全保障法制など国政の課題についてもきちんとお話する。選挙戦で明確に選択肢の提示をする。」と話している。しかし国政については大きなハードルがある。TPP交渉については、重要5品目に関しても関税全廃のアメリカと、関税維持の日本との間で溝は埋まっていない。甘利大臣は「日米が妥結することが重要」と話すが、次回の閣僚会議は日程はおろか開くかどうかも未定となっている。また集団的自衛権について、安倍総理は憲法解釈を変えることで行使できるようにする意向を示し「政府として責任を持って閣議決定を行い、それについて国会で議論する」と発言。しかし岡田元代表や漆原国対委員長からの批判が出ている。さらに原発再稼働については新たな「エネルギー基本計画案」がまとまり、原発の重要性に関する表現を「重要なベースロード電源」と弱めたが、民主党や結いの党から批判されている。さらに、靖国神社参拝にまつわる日米間のトラブルは、日米関係をさらに冷え込ませる可能性がある。このような数々の問題を抱えていることについて伊藤聡子は、「安倍総理の周りには失言をする人が目立つ。影響を考えて発言してほしい。」とコメント。伊藤惇夫は、第一次安倍政権が倒れた理由の1つも、安倍総理の親しい人たちのスキャンダルや失言に追い詰められたことだったと指摘し、今回は当初からそれに気をつけていたと思うが途中から変わってきてしまったと批判。前回の反省をこれからも生かしていくことと、もっと丁寧な国会に立ち戻るべきで、最近は前のめりな運営が目立ち始めているとコメントした。田崎史郎は、漆原さんの意見を聞きながら謙虚にじっくり国政を進めていったほうがよいと話した。


徳洲会グループ

恵俊彰らが補欠選挙の動きについてトーク。補欠選挙は、徳洲会グループの公職選挙法違反事件で親族が逮捕・起訴され、徳田毅衆院議員が辞職願を提出したことによるもの。政治アナリストの伊藤惇夫氏は政権運営に影響を及ぼす大事な選挙としている。

斎藤哲也が4月見通しの補欠選挙について解説。自民党執行部は、消費増税が争点になりかねないので避けたいとしている。補欠選挙は4月か10月に決まっているため、4月に行われる見通しで自民党には悩ましい選択となっている。

さらに、徳田毅議員が辞職願を出さなくても、親族の判決から連座制によって議員を失職する。徳田議員が辞職願を出さずに失職した場合は、10月に補欠選挙が行われる予定だったが、先に辞職願を提出したため4月となった。また、連座制による失職だった場合は、同じ選挙区から立候補することができなることも背景にあるとされる。


徳洲会グループ

徳洲会グループによる選挙違反事件を受けて、徳田毅衆院議員が議員辞職願を提出した。今回の事件では親族も違反の罪に問われていて、徳田氏は親族が起訴内容を認めている中でこれ以上議員の立場にとどまれば国政や地元のためにならないと語っている。伊藤惇夫は補欠選挙が重要な試金石になると語る。また、石破幹事長は補欠選挙について消費税やTPPなどが争点になると認識を示した。