ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 508件中 1〜10件目

東京電力

伊藤惇夫は増田氏が鳥越氏に送った「がん検診100%は難しいのでは」という質問に対して「診察率高めなのは問題ないので質問としては弱い」、増田氏が小池氏に送った「都議会を解散すると50億円かかる都制の安定を考えるべきでは?」という質問に対して「あまり効果が上がるとは思えない」、鳥越氏が増田氏に送った「脱原発は元東京電力取締役の増田さんにはできない脱原発についてどう思っている?」という質問に対して「取締役だったから脱原発を止められないっていう風なセットにはならない」、鳥越氏が小池氏に送った「核武装あり得る発言 都知事の資格ないのでは?」という質問に対して「前後の脈絡はどうだったのかなってのが疑問」とコメント。


Facebook

東京都知事選挙の投票日まで3日を迎え、各候補はラストスパートに入っている。きのうは東京・渋谷区、新宿区で民進・共産・社民・生活推薦の鳥越俊太郎氏、豊島区、奥多摩町で自民・公明・こころ推薦の増田寛也氏、町田市、羽村市、国分寺で無所属の小池百合子氏が街頭演説を行った。鳥越氏には民進党 岡田克也代表が応援に駆けつけた。増田氏には安倍総理大臣の応援メッセージが増田氏のFacebookに公開された。後ろ盾のない小池氏は街頭演説の数を増やし、有権者のひとりひとりに訴えることにしている。最優先の政策を各候補に聞いた。小池氏は待機児童問題、増田氏は子育て、高齢化、防災対策、鳥越氏は非核都市宣言、原発全廃炉と答えた。この他18名が立候補している。

増田寛也氏の街頭演説は奥多摩町、羽村市など多摩地区で11か所。個人演説会は立川市、府中市など5か所。公式サイトやFacebookなどで自民党・安倍総裁の応援メッセージ動画を公開している。鳥越俊太郎氏の街頭演説は新宿区、練馬区の駅まで2か所、個人演 会は新宿区、渋谷区の2か所。岡田克也 民進党代表が選挙戦初の応援演説を行った。小池百合子氏の街頭演説は羽村市、あきる野市など多摩地区で13か所。自民党 若狭勝衆院議員と野口健氏が応援に駆けつけた。伊藤惇夫は増田氏と小池氏の争いでり、両者に比べて出遅れている鳥越氏は元日弁連会長 宇都宮健児氏の応援演説を期待していると指摘した。


ツイッター

選挙プランナーの松田馨が解説。増田寛也候補がツイッターで「ポケモンGOで選挙にGO!」という「特別企画」を提案している。選挙に関心がない層に向けて流行を取り入れてアピールするのは有効で、大統領候補予備選でヒラリー・クリントン氏も使った戦術と言われている。ポケモンがいると言われる所など関係のあるスポットをあえて遊説場所にすることで人を集めやすくする効果を狙ったと言われていて、そういった最新のものを取り入れているという印象。鳥越俊太郎は他の2人に比べてツイッターの更新などは遅れているが、今日はどこにいるかなどを知らせている。また、初期に「政策論争ができない」と言われていたため、先週火曜日から「一日一政策作戦」をネットで提示している。LINEで最新情報を知らせていて、残り1週間でビラを20万枚配るとし、無記名で「ジャーナリストと一緒に変えよう!」というチラシをポスティングしている。また、毎日5万本の電話をかけている。LINEなどネットのツールを使って動員することを意識的に行っている。選挙においては、ネットで「情報をシェアしました」などの働きかけだけは弱いので、直接電話する、LINEで投票依頼をするなど直接的な働きかけを増やし、事務所に来た人に電話をかけてもらうなど従来の選挙運動に人を多く動員するためにネットを使っている。有権者は電子メール、携帯のショートメッセージは使えないがLINEは問題ない。伊藤惇夫は「やっぱり、中盤はそういうデジタル作戦とアナログ作戦をセットにしないと」「自民党のほうも各企業の社員名簿をどんどん集めて、月曜日くらいから電話作戦を始めている。最終盤になると人海戦術もセットで動いてくる」「投票日の前日まで投票依頼をする。投票日の朝になると”投票に行こう”と電話をする」「無党派層のみなさんは最終的に投票行動を決めるのは残り3日というケースが結構多い。勝敗を左右するのは最後は無党派。投票率が5割台の半ばまで行けば、無党派が200万近くいますから、その人たちがどう動くかで決まる」と解説した。

異常な憎しみ…ターニングポイントで何が


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

パラリンピック

選挙プランナーの松田馨が解説。増田寛也候補がツイッターで「ポケモンGOで選挙にGO!」という「特別企画」を提案している。選挙に関心がない層に向けて流行を取り入れてアピールするのは有効で、大統領候補予備選でヒラリー・クリントン氏も使った戦術と言われている。ポケモンがいると言われる所など関係のあるスポットをあえて遊説場所にすることで人を集めやすくする効果を狙ったと言われていて、そういった最新のものを取り入れているという印象。鳥越俊太郎は他の2人に比べてツイッターの更新などは遅れているが、今日はどこにいるかなどを知らせている。また、初期に「政策論争ができない」と言われていたため、先週火曜日から「一日一政策作戦」をネットで提示している。LINEで最新情報を知らせていて、残り1週間でビラを20万枚配るとし、無記名で「ジャーナリストと一緒に変えよう!」というチラシをポスティングしている。また、毎日5万本の電話をかけている。LINEなどネットのツールを使って動員することを意識的に行っている。選挙においては、ネットで「情報をシェアしました」などの働きかけだけは弱いので、直接電話する、LINEで投票依頼をするなど直接的な働きかけを増やし、事務所に来た人に電話をかけてもらうなど従来の選挙運動に人を多く動員するためにネットを使っている。有権者は電子メール、携帯のショートメッセージは使えないがLINEは問題ない。伊藤惇夫は「やっぱり、中盤はそういうデジタル作戦とアナログ作戦をセットにしないと」「自民党のほうも各企業の社員名簿をどんどん集めて、月曜日くらいから電話作戦を始めている。最終盤になると人海戦術もセットで動いてくる」「投票日の前日まで投票依頼をする。投票日の朝になると”投票に行こう”と電話をする」「無党派層のみなさんは最終的に投票行動を決めるのは残り3日というケースが結構多い。勝敗を左右するのは最後は無党派。投票率が5割台の半ばまで行けば、無党派が200万近くいますから、その人たちがどう動くかで決まる」と解説した。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京オリンピック

選挙プランナーの松田馨が解説。増田寛也候補がツイッターで「ポケモンGOで選挙にGO!」という「特別企画」を提案している。選挙に関心がない層に向けて流行を取り入れてアピールするのは有効で、大統領候補予備選でヒラリー・クリントン氏も使った戦術と言われている。ポケモンがいると言われる所など関係のあるスポットをあえて遊説場所にすることで人を集めやすくする効果を狙ったと言われていて、そういった最新のものを取り入れているという印象。鳥越俊太郎は他の2人に比べてツイッターの更新などは遅れているが、今日はどこにいるかなどを知らせている。また、初期に「政策論争ができない」と言われていたため、先週火曜日から「一日一政策作戦」をネットで提示している。LINEで最新情報を知らせていて、残り1週間でビラを20万枚配るとし、無記名で「ジャーナリストと一緒に変えよう!」というチラシをポスティングしている。また、毎日5万本の電話をかけている。LINEなどネットのツールを使って動員することを意識的に行っている。選挙においては、ネットで「情報をシェアしました」などの働きかけだけは弱いので、直接電話する、LINEで投票依頼をするなど直接的な働きかけを増やし、事務所に来た人に電話をかけてもらうなど従来の選挙運動に人を多く動員するためにネットを使っている。有権者は電子メール、携帯のショートメッセージは使えないがLINEは問題ない。伊藤惇夫は「やっぱり、中盤はそういうデジタル作戦とアナログ作戦をセットにしないと」「自民党のほうも各企業の社員名簿をどんどん集めて、月曜日くらいから電話作戦を始めている。最終盤になると人海戦術もセットで動いてくる」「投票日の前日まで投票依頼をする。投票日の朝になると”投票に行こう”と電話をする」「無党派層のみなさんは最終的に投票行動を決めるのは残り3日というケースが結構多い。勝敗を左右するのは最後は無党派。投票率が5割台の半ばまで行けば、無党派が200万近くいますから、その人たちがどう動くかで決まる」と解説した。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

オリンピック・パラリンピック

藤村幸司は昨日3候補を取材した所、小池氏が可哀想ということで票を投じようとする人が多いという。また都民にとって候補らの政策の違いがわかりづらく、そこを噛み砕いて説明する必要がありますよねと野村修也は話した。青山和弘は政策にはあまり差がないため、それぞれのスタンスの違いへの注目が必要だとした。伊藤惇夫は候補者らが直接討論すればそれぞれのキャラクターが見えてくると思うが、その機会が無いのが残念ですねなどと話した。


毎日新聞

都知事選について、毎日新聞は「小池氏、鳥越氏競り合い 増田氏が追う」と見出しを掲げたほか、「都知事選に関心がありますか?」と題した世論調査の結果を発表した。それによれば「大いに関心がある」が52.5%、「ある程度関心がある」が40.9%で、合わせて9割を超えた。さらに序盤戦の各陣営の情勢についてもまとめ、増田寛也氏が公明党からの支持層を6割近くまとめる一方で、自民党の支持層を3割程度に留めていること、小池百合子氏が若年層・中年層中心に女性から人気を集めて自民党支持層を3割以上取り込み無党派層から3割超の支持を受けていること、中高年を中心に支持を広げる鳥越俊太郎氏が民心・共産党の支持層を6割近くにまとめ無党派層からの支持も小池氏と競り合っていることを報じた。今回、都知事選への関心が高まっている理由について伊藤惇夫氏は「3候補の間で大混戦となっていること、またマスコミが舛添要一前都知事の問題からずっと追い続けたこと。後者に関しては参議院選挙の影が薄くなるほどの取り上げ方だった」と話した。

都知事選について、毎日新聞が増田寛也氏、小池百合子氏、鳥越俊太郎氏の3候補の序盤の情勢をまとめた。これについて伊藤氏は「増田氏が遅れをとった原因には知名度の問題があるかとおもう。自民党票の一部が小池氏に流れているデータがある以上はこれをどうやって固めるか、また無党派にも手を出していかないと明るい展望が見えてこないと思う」「小池氏は始め女性からの支持が決して厚くは無かったが急増している。”いじめられても頑張っている強い女性”というものに対する支持が広がっているのだとおもう」「鳥越氏の場合は、参議院で野党共闘がそれなりに成果をあげたのがそのままこの選挙に流れ込んだイメージがある」と話した。牛窪恵は「まだこの段階で4割が無党派で決めていないというのがすごいとおもう。そういう場合、イメージやパフォーマンスに引っ張られやすいが、今回選挙になっている問題が政治とカネだったことを振り返ってほしい。また、誰がなるかというより投票に参加するという意識をはっきりもつべきだと思う」と話した。水谷修は「これだけの混戦だと、1万2万ではなく数千票が勝敗を分けるかもしれない。そんなときこそ10代の新しく選挙権を持った若者たちが、どの候補がよい都を作ってくれるかきちんと勉強して、自分たちの明日を委ねる知事を選んで欲しい」と語った。


日本テレビ

日本記者クラブの様子を生中継で映しつつ、都知事選では後出しジャンケンが有利と言われており、鳥越氏が一番後に名乗りをあげたことについて伊藤惇夫は「有権者へのインパクトが強いのは鳥越さん、小池さんは先に名乗りをあげたあとも露出はしていたが飽きられているのではないか」などと話す。また田崎史郎は知名度について「知名度より政策を見て決めてほしい」などと話す。現在日本記者クラブでの会見では、司会による進行の説明をしているとのこと。


日本記者クラブ

日本記者クラブから中継で、都知事選4氏共同会見まで5分をきっており記者席220はほぼ満席とのこと。左から宇都宮・小池・鳥越・増田の順に座り、4人が公で同時に会見がおこなわれるのは初で、最初におこなわれるのはフォトセッションでその後立候補者は3分の持ち時間で話し、記者からの質疑応答があるとのこと。

日本記者クラブの様子を生中継で映しつつ、都知事選では後出しジャンケンが有利と言われており、鳥越氏が一番後に名乗りをあげたことについて伊藤惇夫は「有権者へのインパクトが強いのは鳥越さん、小池さんは先に名乗りをあげたあとも露出はしていたが飽きられているのではないか」などと話す。また田崎史郎は知名度について「知名度より政策を見て決めてほしい」などと話す。現在日本記者クラブでの会見では、司会による進行の説明をしているとのこと。

日本記者クラブから中継。記者クラブ企画委員から代表質問。「都政への信頼回復について、50億円の資金を使って都知事選を行うわけだが、猪瀬、舛添が続けて辞任したことについて個人的なものなのか都政の構造的な問題なのか」を質問。小池百合子は「とても異常だと思う、個人に問題があった部分も否定出来ないかもしれない、そこに構造問題がなかったのかそこを兼ねてから言っている」、「陰湿であるため、情報公開し透明化を目指し都民の目の前に晒すこと」、「独立した委員会を作って仕組みを作る」とコメント。

日本記者クラブから中継。記者クラブ企画委員から代表質問。「この短期間で候補者の資質を見極める必要があるが、それぞれ自らが都知事に成る資格がどこにあるのか、資格はなぜあると考えているのか、決断した理由はなにか」を質問。鳥越俊太郎は「昭和21年に小学校に入って、戦後ずっと生きていきた、戦後をよく知っている、日本がどういう風に動いてきたか分かっている、つまり歴史的に見るという目がある、それを使って都政をしっかり執行していきたい」、「判断をして決断を下したら実行していく力は経験上持っていると思います」とコメント。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

2020年 東京五輪

4人の候補の公約を見ていく。小池氏は「3つの新しい東京づくり」、増田氏は「3つの不安解消」と「3つの成長プラン」、宇都宮氏は「7つの政策」を挙げ、鳥越氏は公約はできていないとしつつ、2020年東京五輪の費用について聞かれると、費用の詳細はチェックしていないとした。都知事選の争点に関して、鳥越氏は小池氏と増田氏の公約については、「まだ読んでいません。関心がなかったから読んでなかった」と話した。これについて、田崎史郎氏は「親しみの沸く人間味溢れる会見」とし、伊藤惇夫氏は「突然、出馬を決めただけあって中身が薄い。正直者とみられるか何も考えていないととられるか…」と指摘した。田崎は、政策を見ると増田氏が一番しっかりしているとした。前の知事が2人失敗していることもあり、今度の知事は実務型が良いという意識を都民は持っていて、 増田氏はそこの部分の無党派層をキャッチできる可能性はあるという。選挙経験を見ていくと、小池氏は2012年と14年の衆院選では2位に倍以上の差をつけて1位を取り、国政選挙も8回当選している。増田氏は過去岩手での知事選では3期連続当選しており、知事経験がある。鳥越氏はジャーナリスト歴50年以上だが選挙経験はない。この点について伊藤惇夫氏は、「経験のなさは問題ないと思う」とした。宇都宮氏は都知事選は後出しジャンケンが有利とされているが、過去4回の都知事選では最後に出馬表明した立候補者が当選している。佐々木信夫氏は、「“後出し”した候補の方がメディアにたくさん取り上げられ話題になりやすい」と指摘し、伊藤惇夫氏は「対立候補を見て出馬を決められる」とした。過去の都知事選の後出しジャンケンでは、1999年に石原慎太郎氏が都知事選に一番最後に出馬表明し、会見で「すばらしい候補者がいれば私が出ることはなかったが物足りない。都民もそう思っている」と述べて当選している。1995年にも自民、社会、公明など5党が石原信雄前内閣官房副長官を擁立していたがその後に青島幸男氏が出馬表明し、「政党は信頼できないという空気が広がっている。純粋無党派の私が圧倒的な票で勝てると信じている」と主張して170万票を得て圧勝した。