ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 1517件中 1〜10件目

日本経済新聞

今月14日、林文科相が加計学園の運営する岡山理科大学 獣医学部の新設を認可。翌15日には衆院文科委員会で調整が行われたが、野党は学部新設に至る過程の不透明さなどを追求した。問題とされていた与野党の質問時間については、今回のみの合意として与党1:野党2での配分となったが、与党側の質問では獣医学部の認可に携わった自民党・義家前文科副大臣などが終始政府の認可手続きの正当性を強調。野党側からは新たな質問や証拠の提示もなく、政府から決め手となる答弁は引き出されなかった。参院文科委は来月7日に延期となっている。伊藤惇夫氏は加計学園の理事長・加計孝太郎氏が一度も公の場に出てきていないことなどにも言及。


岡山理科大 獣医学部

今月14日、林文科相が加計学園の運営する岡山理科大学 獣医学部の新設を認可。翌15日には衆院文科委員会で調整が行われたが、野党は学部新設に至る過程の不透明さなどを追求した。問題とされていた与野党の質問時間については、今回のみの合意として与党1:野党2での配分となったが、与党側の質問では獣医学部の認可に携わった自民党・義家前文科副大臣などが終始政府の認可手続きの正当性を強調。野党側からは新たな質問や証拠の提示もなく、政府から決め手となる答弁は引き出されなかった。参院文科委は来月7日に延期となっている。伊藤惇夫氏は加計学園の理事長・加計孝太郎氏が一度も公の場に出てきていないことなどにも言及。


加計学園

今月14日、林文科相が加計学園の運営する岡山理科大学 獣医学部の新設を認可。翌15日には衆院文科委員会で調整が行われたが、野党は学部新設に至る過程の不透明さなどを追求した。問題とされていた与野党の質問時間については、今回のみの合意として与党1:野党2での配分となったが、与党側の質問では獣医学部の認可に携わった自民党・義家前文科副大臣などが終始政府の認可手続きの正当性を強調。野党側からは新たな質問や証拠の提示もなく、政府から決め手となる答弁は引き出されなかった。参院文科委は来月7日に延期となっている。伊藤惇夫氏は加計学園の理事長・加計孝太郎氏が一度も公の場に出てきていないことなどにも言及。


足立議員のツイッター

過激な発言が注目されている日本維新の会・足立康史衆院議員が先ほどインタビューに応じ、朝日新聞の記事に関し「捏造発言」について撤回するつもりはないことを明かした上で、「死ねツイート」に関しては表現が行き過ぎたなどとコメント。支持者からも「死ね」は言い過ぎ、「廃業しろ」程度にしなさいとご指導いただいた為に今後は「廃業しろ」と言い続ける、などとしている。伊藤惇夫氏は注目が集まることは本人にとって嬉しいのではないかなどとコメントした。


朝日新聞

過激な発言が注目されている日本維新の会・足立康史衆院議員が先ほどインタビューに応じ、朝日新聞の記事に関し「捏造発言」について撤回するつもりはないことを明かした上で、「死ねツイート」に関しては表現が行き過ぎたなどとコメント。支持者からも「死ね」は言い過ぎ、「廃業しろ」程度にしなさいとご指導いただいた為に今後は「廃業しろ」と言い続ける、などとしている。伊藤惇夫氏は注目が集まることは本人にとって嬉しいのではないかなどとコメントした。

今月14日、林文科相が加計学園の運営する岡山理科大学 獣医学部の新設を認可。翌15日には衆院文科委員会で調整が行われたが、野党は学部新設に至る過程の不透明さなどを追求した。問題とされていた与野党の質問時間については、今回のみの合意として与党1:野党2での配分となったが、与党側の質問では獣医学部の認可に携わった自民党・義家前文科副大臣などが終始政府の認可手続きの正当性を強調。野党側からは新たな質問や証拠の提示もなく、政府から決め手となる答弁は引き出されなかった。参院文科委は来月7日に延期となっている。伊藤惇夫氏は加計学園の理事長・加計孝太郎氏が一度も公の場に出てきていないことなどにも言及。


日本維新の会

過激な発言が注目されている日本維新の会・足立康史衆院議員が先ほどインタビューに応じ、朝日新聞の記事に関し「捏造発言」について撤回するつもりはないことを明かした上で、「死ねツイート」に関しては表現が行き過ぎたなどとコメント。支持者からも「死ね」は言い過ぎ、「廃業しろ」程度にしなさいとご指導いただいた為に今後は「廃業しろ」と言い続ける、などとしている。伊藤惇夫氏は注目が集まることは本人にとって嬉しいのではないかなどとコメントした。


森友学園

衆議院での与野党の質問時間はこれまで2対8、自民党は与野党5対5を提案するも立憲民主党は受け入れられないとしている。田崎史郎は森友・加計学園の問題だと自民党も言いたいことがある、伊藤惇夫は法案とそうじゃない問題を分ければいいとコメント。八代英輝は法案などは野党の質問時間を増やすべき、比率で決めるのはナンセンスだと話した。また田崎史郎は安倍首相は質問時間割合を見直してほしいと思っていると分析した。


森友

加計学園認可についての話題。きょう文科省は加計学園の学部新設可否を答申、希望の党は共同代表選が行われる。学部新設にはまず学校法人が文部科学大臣に設置を申請し、文部科学大臣はそれをうけて大学設置・学校法人審議会に諮問。大学設置・学校法人審議会で審議が行われ、文部科学大臣に対して可否の答申が行われる。文部科学大臣はその結果認可か不認可かを学校法人に告げる。きょう審議会では認可されたが、2015年6月に閣議決定された石破4条件をクリアできるかという問題がまだ残っており、それについては文部科学大臣が判断を行う。林芳正文科相はきょうの会見で「慎重かつ公正公平に審査を行っていただいた。その結果として申請された計画が大学設置基準等の法令に適合していると判断されたものと認識している。答申を尊重し速やかに判断したい」と述べた。国民へのアンケートでは、加計学園への追及は「必要だと思う」が59%だった。うやむやになるのはよくないという意見がある一方で、これまでのような言い合いが続くだけならあまり意味はないのではなどと話した。小泉進次郎筆頭副幹事長は、世の中の見方が変わってきたなと思ったきっかけは森友・加計学園の問題であり、この説明は安倍首相にしかできないと述べている。スタジオの伊藤惇夫氏は、今までは報道の後追いが多かったが今後は独自の新しい事実や証言などが必要と話した。スタジオでは、加計理事長自身が出て来るべきだという意見もあった。


岡山理大

加計学園認可についての話題。きょう文科省は加計学園の学部新設可否を答申、希望の党は共同代表選が行われる。学部新設にはまず学校法人が文部科学大臣に設置を申請し、文部科学大臣はそれをうけて大学設置・学校法人審議会に諮問。大学設置・学校法人審議会で審議が行われ、文部科学大臣に対して可否の答申が行われる。文部科学大臣はその結果認可か不認可かを学校法人に告げる。きょう審議会では認可されたが、2015年6月に閣議決定された石破4条件をクリアできるかという問題がまだ残っており、それについては文部科学大臣が判断を行う。林芳正文科相はきょうの会見で「慎重かつ公正公平に審査を行っていただいた。その結果として申請された計画が大学設置基準等の法令に適合していると判断されたものと認識している。答申を尊重し速やかに判断したい」と述べた。国民へのアンケートでは、加計学園への追及は「必要だと思う」が59%だった。うやむやになるのはよくないという意見がある一方で、これまでのような言い合いが続くだけならあまり意味はないのではなどと話した。小泉進次郎筆頭副幹事長は、世の中の見方が変わってきたなと思ったきっかけは森友・加計学園の問題であり、この説明は安倍首相にしかできないと述べている。スタジオの伊藤惇夫氏は、今までは報道の後追いが多かったが今後は独自の新しい事実や証言などが必要と話した。スタジオでは、加計理事長自身が出て来るべきだという意見もあった。


加計学園

加計学園認可についての話題。きょう文科省は加計学園の学部新設可否を答申、希望の党は共同代表選が行われる。学部新設にはまず学校法人が文部科学大臣に設置を申請し、文部科学大臣はそれをうけて大学設置・学校法人審議会に諮問。大学設置・学校法人審議会で審議が行われ、文部科学大臣に対して可否の答申が行われる。文部科学大臣はその結果認可か不認可かを学校法人に告げる。きょう審議会では認可されたが、2015年6月に閣議決定された石破4条件をクリアできるかという問題がまだ残っており、それについては文部科学大臣が判断を行う。林芳正文科相はきょうの会見で「慎重かつ公正公平に審査を行っていただいた。その結果として申請された計画が大学設置基準等の法令に適合していると判断されたものと認識している。答申を尊重し速やかに判断したい」と述べた。国民へのアンケートでは、加計学園への追及は「必要だと思う」が59%だった。うやむやになるのはよくないという意見がある一方で、これまでのような言い合いが続くだけならあまり意味はないのではなどと話した。小泉進次郎筆頭副幹事長は、世の中の見方が変わってきたなと思ったきっかけは森友・加計学園の問題であり、この説明は安倍首相にしかできないと述べている。スタジオの伊藤惇夫氏は、今までは報道の後追いが多かったが今後は独自の新しい事実や証言などが必要と話した。スタジオでは、加計理事長自身が出て来るべきだという意見もあった。

民進党が通常国会で加計学園問題の追及チームを設置。衆議院選挙後メンバーは3党に分裂。これに伊藤惇夫は多角的な追及ができる可能性がある、今こそ野党の質問力が問われると指摘する。田崎史郎は事実を深掘りして追及する質問にしてほしい、福本容子は逃げる答えはゆるされないなどとコメント。また伊藤惇夫は新たな事実も出てきていると話した。田崎史郎は安倍首相は1か月くらいの会期と想定、常識的な線に収まったと説明した。

衆議院での与野党の質問時間はこれまで2対8、自民党は与野党5対5を提案するも立憲民主党は受け入れられないとしている。田崎史郎は森友・加計学園の問題だと自民党も言いたいことがある、伊藤惇夫は法案とそうじゃない問題を分ければいいとコメント。八代英輝は法案などは野党の質問時間を増やすべき、比率で決めるのはナンセンスだと話した。また田崎史郎は安倍首相は質問時間割合を見直してほしいと思っていると分析した。