ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 312件中 1〜10件目

リアルタイム検索

市長選をめぐる買収事件で15人が逮捕された平川市議会。投票率は2011年の73.97%から39.87%に激減。補欠選挙で当選した斎藤英仁氏は「例えば遊説行って帰ってくればビールを飲んでワイワイやる。選挙前はそういうこともあった。今回からはどこの議員もやっていないのでは」とコメントした。政治アナリストの伊藤惇夫は「とてもクリーンになったとは言えません。津軽選挙と言われるだけあって何度も何度も選挙違反。買収行為、それが立件されている歴史がある。まともな市議会運営ができるのかというのが大きな課題」とコメントした。今回の補欠選挙で大川登氏が当選したが、逮捕された市長も大川という苗字であったため、選挙に苦労したと明かした。

愛知・岡崎市の非公認キャラクター「オカザえもん」。去年4月に「岡崎アート広報大臣」に就任。岡崎市の経済効果42億5000万円を生み出した。しかし、その後影が薄くなり注目されていなかったが、今回新たに「ワルザえもん」という新キャラクターを作り、人気回復を図っている。「オカザえもん」のライバルで「はとこ」という設定である。

「オカザえもん」のキャラクター相関図が紹介された。今回新たに登場した「ワルザえもん」は「オカザえもん」のはとこである。また、「オカザえもん」に憧れを抱く「オカザえんぬ」、「オカザえもん」の兄である「オカザえもん兄」が紹介された。


平川市議会

市長選をめぐる買収事件で15人が逮捕された平川市議会。投票率は2011年の73.97%から39.87%に激減。補欠選挙で当選した斎藤英仁氏は「例えば遊説行って帰ってくればビールを飲んでワイワイやる。選挙前はそういうこともあった。今回からはどこの議員もやっていないのでは」とコメントした。政治アナリストの伊藤惇夫は「とてもクリーンになったとは言えません。津軽選挙と言われるだけあって何度も何度も選挙違反。買収行為、それが立件されている歴史がある。まともな市議会運営ができるのかというのが大きな課題」とコメントした。今回の補欠選挙で大川登氏が当選したが、逮捕された市長も大川という苗字であったため、選挙に苦労したと明かした。


読売新聞

政治の世界の“夏の宿題”を伊藤惇夫、田崎史郎とともにスタジオ解説。毎日、読売など各紙で9月初旬での内閣改造が伝えられたが、へたにやると内閣が弱体化するケースもあるので宿題としては一番大きいという。田崎は、総理や天皇陛下の日程から割り出すと9月3〜4日に行うだろうと話した。伊藤は、自民党内に入閣を待っている人が50人前後いるため不満も膨らんでいると話した。田崎は、現内閣の気の緩みがある、菅官房長官、麻生財務相、甘利経済再生相の3人以外は変わるのではと話した。


毎日新聞

政治の世界の“夏の宿題”を伊藤惇夫、田崎史郎とともにスタジオ解説。毎日、読売など各紙で9月初旬での内閣改造が伝えられたが、へたにやると内閣が弱体化するケースもあるので宿題としては一番大きいという。田崎は、総理や天皇陛下の日程から割り出すと9月3〜4日に行うだろうと話した。伊藤は、自民党内に入閣を待っている人が50人前後いるため不満も膨らんでいると話した。田崎は、現内閣の気の緩みがある、菅官房長官、麻生財務相、甘利経済再生相の3人以外は変わるのではと話した。


時事通信社

政治の世界の“夏の宿題”を政治アナリストの伊藤惇夫、時事通信社の田崎史郎とスタジオ解説。中南米5か国を歴訪中の安倍首相の狙いは、経済外交と国連安保理の常任理事国入り、資源外交、さらには中国を意識した外遊でもあるという。


太陽のピラミッド

安倍首相は中南米5か国を歴訪中。日本の首相が本格的に中南米を訪れるのは小泉純一郎元首相以来10年ぶり。まずメキシコでペニャニエト大統領と首脳会談を行い、世界遺産のテオティワカン遺跡・太陽のピラミッドを訪れた。“頂上で願い事をすれば叶う”という言い伝えがあるといい、小泉元首相も郵政民営化を願い1年後に関連法案を成立させたが、安倍首相はデフレ脱却と地方再生を願った。安倍首相は9月第1週に内閣改造を行う方向で調整していることが明らかになっている。

政治の世界の“夏の宿題”を政治アナリストの伊藤惇夫、時事通信社の田崎史郎とスタジオ解説。中南米5か国を歴訪中の安倍首相の狙いは、経済外交と国連安保理の常任理事国入り、資源外交、さらには中国を意識した外遊でもあるという。


兵庫県議会

絶叫号泣会見から十日、政府活動費の不正支出していた野々村竜太郎元議員が辞職した。県議会は二日日間にわたる事情聴取でも具体的な説明がされないことから、虚偽公文書作成・行使の容疑で野々村元議員を刑事告発した。一方、辞職した野々村元元議員はおととい、自身のブログで有権者に謝罪をし、約1800万円を一括で返納すると表明した。

野々村竜太郎元県議が購入したはがき、切手の代金について、2年目以降急激に代金が膨れ上がっている。伊藤惇夫氏によると増えていった背景について「他の議員が同じことをしている、もしくは議会事務局のノーチェックがわかったため」とコメント。切手大量購入換金疑惑について、野々村元原義は発想するたびに送付リストを破棄しているので無い、としている。これについて、橋本大二郎は「私も政治家をやっていたが、リストを捨てるということはありえない」とコメント。


兵庫県議会

野々村県議はツイッターでは「彼女いません」など婚活中をアピールするつぶやきが多い一方で、「兵庫県議会が憎い。憎い。」などと強い言葉も発していた。また、会見での様子について日本大学の佐藤綾子教授は、「涙は最初だけであとは絶叫しているだけ。幼児がよくする嘘泣きと同じ。激昂型で、思い通りにいかないと怒るのは未熟なサイン」と述べた。さらに、「目を閉じて話すのは、隠し事をしている際の典型的な特徴」とも指摘した。野々村県議は会見後FAXでマスコミ対し、今後取材をしないようにと申し入れたが、政治アナリストの伊藤惇夫氏は「政治家が説明するのは最低限の義務。泣きたいのは有権者の方」とコメントした。


ツイッター

野々村県議はツイッターでは「彼女いません」など婚活中をアピールするつぶやきが多い一方で、「兵庫県議会が憎い。憎い。」などと強い言葉も発していた。また、会見での様子について日本大学の佐藤綾子教授は、「涙は最初だけであとは絶叫しているだけ。幼児がよくする嘘泣きと同じ。激昂型で、思い通りにいかないと怒るのは未熟なサイン」と述べた。さらに、「目を閉じて話すのは、隠し事をしている際の典型的な特徴」とも指摘した。野々村県議は会見後FAXでマスコミ対し、今後取材をしないようにと申し入れたが、政治アナリストの伊藤惇夫氏は「政治家が説明するのは最低限の義務。泣きたいのは有権者の方」とコメントした。


日本大学

今日のキーワードは「フルスロットル謝罪」。先日の野々村竜太郎県議の謝罪会見について、海外のメディアが「フルスロットル謝罪」「公人のお涙頂戴の中でも、野々村県議は別格!」などと報じている。また、イギリスでは会見の動画再生回数が300万回を突破している。また、各国の人々は「笑いが止まらない」「小学校にもあのような子がいた」などとコメントしており、日本大学の佐藤綾子教授は、「世界から注目はされたが、会見内容はマイナス100点」と述べている。

野々村県議はツイッターでは「彼女いません」など婚活中をアピールするつぶやきが多い一方で、「兵庫県議会が憎い。憎い。」などと強い言葉も発していた。また、会見での様子について日本大学の佐藤綾子教授は、「涙は最初だけであとは絶叫しているだけ。幼児がよくする嘘泣きと同じ。激昂型で、思い通りにいかないと怒るのは未熟なサイン」と述べた。さらに、「目を閉じて話すのは、隠し事をしている際の典型的な特徴」とも指摘した。野々村県議は会見後FAXでマスコミ対し、今後取材をしないようにと申し入れたが、政治アナリストの伊藤惇夫氏は「政治家が説明するのは最低限の義務。泣きたいのは有権者の方」とコメントした。