ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 344件中 1〜10件目

博友会

任意団体の”博友会”から”不透明な資金の流れ”について、野党から追求を受けている下村文科相は「任意団体なので直接タッチしておらず懇親会に出席した際も講演料などは一切受け取っていない」などきょうの衆院予算委で答弁したが、中部博友会で元世話役を行っていたという鈴木文代氏は「10年ほど前に下村大臣本人に直接10万円を手渡したことがある」と証言した。下村文科相を巡っては暴力団と関係があるとされる企業へ融資したと報じられた男性から10万円を献金を受けていたとされる問題で強気に否定していたが、今週には「事務方のミスだった」と答弁を訂正した。

民主党の柚木衆院議員は「今回の件で”口封じ”の連絡があった」と話し、3日の衆院予算委で下村文科相は野党から追求を受けた。きょうの衆院予算委では「自ら支持したものではない」と強調した。今度について伊藤惇夫は「虚偽の答弁ということになると懲罰委員会にかける動きが出ても不思議ではない。安倍総理と近い関係にいる人なので万が一に辞任になると政権にとって大きなダメージになる」など話した。


博友会

安倍内閣の閣僚に相次いで発覚する政治と金問題。今日野党から追及を受けたのは安倍総理自身だった。安倍首相が代表を務める自民党支部は2012年、2013年国からの補助交付が決まって1年以内の企業2社から62万円の献金を受けていた。政治資金規制法違反には甘利経済再生相と林農水相にも発覚した。両名はともに「知らなかった」と釈明した。また民主党の岡田代表にも政党支部が補助金交付の決まった企業の持ち株会社から献金を受けていたが、民主党側は献金した企業は別法人で一連の問題とは性質が違うと主張した。政治と金問題で最も苦境に立たされているのが下村文科相だ。下村文科相は先週、暴力団と関係のあるとされる企業に融資したと報じられた男性から10万円の献金を受けていたか問われ、献金を否定した。ところが今朝、下村文科相が事務方にミスがあったと答弁を訂正し、10万円を返金したと答えた。

また、下村文科相には任意団体「博友会」をめぐり不透明な資金の流れがあるとして野党が追及している。民主党の柚木議員はこの問題発覚後、下村文科相の秘書官が博友会の関係者に送ったとされるメールを入手。メールには「大臣より、取材の要請が来ても応じることなく無視でお願いと申しております。」と記載。柚木議員は今日の議会でこのメール問題も追及。政治アナリストの伊藤惇夫氏は「この問題以外の問題が出てくると辞任の可能性が出てくるかもしれない」とコメント。野党は今後も下村文科相を厳しく追及する構えだ。


山本太郎参院議員オフィシャルブログ

先週金曜日、小沢一郎氏が代表を務める生活の党の党名が生活の党と山本太郎となかまたちに変わった。 伊藤惇夫さんは党名を変えた理由について、政党交付金だと指摘する。政党交付金は国会議員が5人以上など一定の条件を満たした政党に交付される。小沢氏が代表を務める生活の党は今月の衆院選で惨敗し、現役の議員が4人となり年内に1人増やさないと政党交付金が交付されない状況になっていた。一方山本太郎参院議員は自らのブログで今回の入党にコメンを綴っている。山本議員といえば、園遊会で天皇陛下に直接手紙を渡したり、ノーネクタイで参院本会議に出席し注意を受けるなど何かと世間を騒がせている。


自由民主党本部

第3次安倍内閣の今後の政治スケジュールについて、来年の総裁選に注目。伊藤惇夫氏と田崎史郎氏は「今のところ安倍首相の対抗馬は存在しない」という。伊藤氏は一方で「内閣の支持率によっては波乱も」といった懸念があることを示す。憲法改正にも注目。きのうのテレビ番組で安倍首相は「(憲法改正について)我が党にとって悲願で、立党以来の目標だ」と述べ、安倍首相は選挙期間中、憲法改正について具体的な話をほとんど語らなかったが選挙結果を受け、踏み込んで改憲への意欲を語ったという印象がみられた。他にも日韓首脳会談やTPP、ロシアとの北方領土交渉が待ち受けている。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京オリンピック

第3次安倍内閣の今後の政治スケジュールについて、来年の総裁選に注目。伊藤惇夫氏と田崎史郎氏は「今のところ安倍首相の対抗馬は存在しない」という。伊藤氏は一方で「内閣の支持率によっては波乱も」といった懸念があることを示す。憲法改正にも注目。きのうのテレビ番組で安倍首相は「(憲法改正について)我が党にとって悲願で、立党以来の目標だ」と述べ、安倍首相は選挙期間中、憲法改正について具体的な話をほとんど語らなかったが選挙結果を受け、踏み込んで改憲への意欲を語ったという印象がみられた。他にも日韓首脳会談やTPP、ロシアとの北方領土交渉が待ち受けている。


次世代

解散の日、国会周辺では政治アナリストの伊藤惇夫氏によると、普段見ることができないくらいの議員の車が国会の車寄せに密集しているという。すでに与党では自民党と公明党が軽減税率ということを話し合い、自公共通公約に盛り込まれる見方があるとのこと。一方、野党では民主党・川端達夫国対委員長が「21日の午前中まではそれぞれ議員は地元に帰って準備活動に入りなさい」と述べている。きのうの午後にはみんなの党で両院議員総会が行われ、今月28日に解党することを決定。そのほか、各党の動きを解説した。


国会

解散の日、国会周辺では政治アナリストの伊藤惇夫氏によると、普段見ることができないくらいの議員の車が国会の車寄せに密集しているという。すでに与党では自民党と公明党が軽減税率ということを話し合い、自公共通公約に盛り込まれる見方があるとのこと。一方、野党では民主党・川端達夫国対委員長が「21日の午前中まではそれぞれ議員は地元に帰って準備活動に入りなさい」と述べている。きのうの午後にはみんなの党で両院議員総会が行われ、今月28日に解党することを決定。そのほか、各党の動きを解説した。


JNN

昨日の会見を受けて、伊藤惇夫氏は「何のために解散するのか、あまりよく分からない。」田崎氏は「気迫は感じたが、国民にはまだちょっと納得が得られてないのでは。」龍崎氏は「解散にかける意気込みは、特に党内には伝わった。」などとコメントした。また、消費税増税は延期し2017年4月に増税すること、21日に衆議院を解散することを表明し、12月2日公示、14日投開票の日程になることも表明した。


琉球新報

スタジオで沖縄知事選の結果について詳しく紹介。朝日新聞など各紙が大きく取り上げ、注目度が高まっている。辺野古移設問題の反対派が当選したため、今後の行方に注目が集まる。翁長氏は「仲井真氏が承認した辺野古沖の埋め立ては法律的な瑕疵があれば取り消しができる」と語っているが、政府は取り消しはできないとみている。政治アナリストの伊藤惇夫氏は、翁長氏の公約について、辺野古移設中止は難しく、県外・国内移設も難しいと語っている。


朝日新聞

スタジオで沖縄知事選の結果について詳しく紹介。朝日新聞など各紙が大きく取り上げ、注目度が高まっている。辺野古移設問題の反対派が当選したため、今後の行方に注目が集まる。翁長氏は「仲井真氏が承認した辺野古沖の埋め立ては法律的な瑕疵があれば取り消しができる」と語っているが、政府は取り消しはできないとみている。政治アナリストの伊藤惇夫氏は、翁長氏の公約について、辺野古移設中止は難しく、県外・国内移設も難しいと語っている。