ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 1647件中 1〜10件目

関西学院大学

前監督は奢りがあったのか。小林信也は、「スポーツの問題の一方でスポーツに留まっていない。選手もアメフトの選手として育てているだけでなく、次の人材として見込まれている気もする。スポーツの事件がこんな形なのが残念。昨日の会見もそれに対して布石を打っている。」などとコメント。麻木久仁子は、「鈴木大地さんがリーダーシップをとって行動すると言っていたが、やむを得ない。大学は自浄能力がないといけないのに、行政が入らないと浄化できない例ができてしまうと、他の大学も注視している。教育機関をなんだと思っているのかと怒りを感じる。」などとコメント。JOYは、「他の選手たちも潰されている。アメフトの将来も潰していると思う。」などとコメント。伊藤惇夫は、「私学助成金で日大は年間90億以上の税金が投入されている。日大がどれだけ公的な存在かを考えるべき。」などとコメント。


YouTube

前監督は奢りがあったのか。小林信也は、「スポーツの問題の一方でスポーツに留まっていない。選手もアメフトの選手として育てているだけでなく、次の人材として見込まれている気もする。スポーツの事件がこんな形なのが残念。昨日の会見もそれに対して布石を打っている。」などとコメント。麻木久仁子は、「鈴木大地さんがリーダーシップをとって行動すると言っていたが、やむを得ない。大学は自浄能力がないといけないのに、行政が入らないと浄化できない例ができてしまうと、他の大学も注視している。教育機関をなんだと思っているのかと怒りを感じる。」などとコメント。JOYは、「他の選手たちも潰されている。アメフトの将来も潰していると思う。」などとコメント。伊藤惇夫は、「私学助成金で日大は年間90億以上の税金が投入されている。日大がどれだけ公的な存在かを考えるべき。」などとコメント。


スポーツ庁

前監督は奢りがあったのか。小林信也は、「スポーツの問題の一方でスポーツに留まっていない。選手もアメフトの選手として育てているだけでなく、次の人材として見込まれている気もする。スポーツの事件がこんな形なのが残念。昨日の会見もそれに対して布石を打っている。」などとコメント。麻木久仁子は、「鈴木大地さんがリーダーシップをとって行動すると言っていたが、やむを得ない。大学は自浄能力がないといけないのに、行政が入らないと浄化できない例ができてしまうと、他の大学も注視している。教育機関をなんだと思っているのかと怒りを感じる。」などとコメント。JOYは、「他の選手たちも潰されている。アメフトの将来も潰していると思う。」などとコメント。伊藤惇夫は、「私学助成金で日大は年間90億以上の税金が投入されている。日大がどれだけ公的な存在かを考えるべき。」などとコメント。


日本大学

日大アメフト部前監督は、2003年アメフト部監督就任、2010年日大保健体育事務局長、2014年人事部長を兼務。去年学内ナンバー2の常務理事に。日大関係者は、「カネと人事を司り逆らえる人はいない。」「理事長に目をかけられ、トントン拍子で要職を経験。」などと言っている。年収は2000万円を下らず、運転手付きの高級車で送迎。車好きな一面も。去年日大陸上選手による不倫・DV疑惑が発覚し、その事後処理に、陸上部の助監督を呼び出し関東不行き届きで鉄拳制裁。助監督は人事による報復を恐れて問題にしなかったといわれる。日本大学事業部の学内の自販機設置が進まないことに業を煮やした前監督は、「運動部じゃ通用しない。体育会なら半殺し。」などと発言したという。

前監督は奢りがあったのか。小林信也は、「スポーツの問題の一方でスポーツに留まっていない。選手もアメフトの選手として育てているだけでなく、次の人材として見込まれている気もする。スポーツの事件がこんな形なのが残念。昨日の会見もそれに対して布石を打っている。」などとコメント。麻木久仁子は、「鈴木大地さんがリーダーシップをとって行動すると言っていたが、やむを得ない。大学は自浄能力がないといけないのに、行政が入らないと浄化できない例ができてしまうと、他の大学も注視している。教育機関をなんだと思っているのかと怒りを感じる。」などとコメント。JOYは、「他の選手たちも潰されている。アメフトの将来も潰していると思う。」などとコメント。伊藤惇夫は、「私学助成金で日大は年間90億以上の税金が投入されている。日大がどれだけ公的な存在かを考えるべき。」などとコメント。


流通経済大学

細川さんはこの参考人質疑について、違和感はなかったが最初からこの形で説明すべきだったと話していて、影響力から意思決定が歪められているかが本質なので意思が歪められていなければ問題は無かったと話していた。また、説明をこれまで行ってこなかったことで本質に対して疑念が残る結果になってしまったとしている。また、伊藤惇夫氏は安倍首相は理事長とゴルフやバーベキューを楽しむ仲なのに面会後の報告がないのは不自然としていて、龍崎孝氏は「関係者と3回会った」などの事実も明らかになったことで、開き直った印象があると指摘していて解散や思い切った陳謝の可能性もあると見られるとしていた。


官邸

加計学園をめぐっては元首相秘書官の参考人招致が行われ、元秘書官は記憶はないとこれまで発言していたが、今回は2015年の4月2日に加計学園の関係者と面会したことを認め、随行者の中に愛媛県や今治市の方が居たかもしれないたと明かし、元秘書官は市や県の方とあった記憶はなく学園や関係者とあった記憶はあると述べていた。また、愛媛県担当者の備忘録には首相案件という言葉があったが、元秘書官は私は首相という言葉は使わないので違和感があると否定している。また、首相の関与について元秘書官は一切指示はなかったと話し、獣医学部新設の話もございませんと話していて否定した。しかし橋本内閣で秘書官だった江田憲司議員は、総理大臣を囲んでランチをする時に雑談でもこの話をしたかったのかと指摘すると、元秘書官はこれも否定した。これについて自民党の石破茂元幹事長は総理に秘書官が報告をしないことは考えられないと指摘している。また、加計学園関係者との繋がりについては河口湖でのバーベキューで会ったと話していて、元秘書官もここで加計学園関係者と知り合ったと見られ、2015年の4月以外にも2〜3月と6月ごろに1回づつの計3回会っていたとされる。元秘書官はどなたであっても極力面会していたと明かしていて、一方で特区の関係で会った民間の方は加計学園だけだと述べていた。また、来週月曜には予算委員会で集中審議が行われる。

元秘書官は愛媛県関係者と官邸で面会したかについて、これまでは「記憶の限り会ったことはない」としていたが、昨日の参考人招致では加計学園の方やその関係者と面会し、10人近くいてその中に愛媛県や今治市の方が居たかもしれないと話していた。また、首相案件発言については総理は「重医学部新設の解禁を政府として早急に検討していただきたい」と言った案件であるという趣旨はであることは言ったが、一方秘書官は首相という言葉は使わないとして「首相案件」という言葉を否定している。また、特区の諮問会議で加計学園が事業者に決まる前から安倍首相は知っていたのではないかという問には、一切首相に発言しておらずどこで認識したかはわからないと話していた。

細川さんはこの参考人質疑について、違和感はなかったが最初からこの形で説明すべきだったと話していて、影響力から意思決定が歪められているかが本質なので意思が歪められていなければ問題は無かったと話していた。また、説明をこれまで行ってこなかったことで本質に対して疑念が残る結果になってしまったとしている。また、伊藤惇夫氏は安倍首相は理事長とゴルフやバーベキューを楽しむ仲なのに面会後の報告がないのは不自然としていて、龍崎孝氏は「関係者と3回会った」などの事実も明らかになったことで、開き直った印象があると指摘していて解散や思い切った陳謝の可能性もあると見られるとしていた。


加計学園

加計学園をめぐっては元首相秘書官の参考人招致が行われ、元秘書官は記憶はないとこれまで発言していたが、今回は2015年の4月2日に加計学園の関係者と面会したことを認め、随行者の中に愛媛県や今治市の方が居たかもしれないたと明かし、元秘書官は市や県の方とあった記憶はなく学園や関係者とあった記憶はあると述べていた。また、愛媛県担当者の備忘録には首相案件という言葉があったが、元秘書官は私は首相という言葉は使わないので違和感があると否定している。また、首相の関与について元秘書官は一切指示はなかったと話し、獣医学部新設の話もございませんと話していて否定した。しかし橋本内閣で秘書官だった江田憲司議員は、総理大臣を囲んでランチをする時に雑談でもこの話をしたかったのかと指摘すると、元秘書官はこれも否定した。これについて自民党の石破茂元幹事長は総理に秘書官が報告をしないことは考えられないと指摘している。また、加計学園関係者との繋がりについては河口湖でのバーベキューで会ったと話していて、元秘書官もここで加計学園関係者と知り合ったと見られ、2015年の4月以外にも2〜3月と6月ごろに1回づつの計3回会っていたとされる。元秘書官はどなたであっても極力面会していたと明かしていて、一方で特区の関係で会った民間の方は加計学園だけだと述べていた。また、来週月曜には予算委員会で集中審議が行われる。

元秘書官は愛媛県関係者と官邸で面会したかについて、これまでは「記憶の限り会ったことはない」としていたが、昨日の参考人招致では加計学園の方やその関係者と面会し、10人近くいてその中に愛媛県や今治市の方が居たかもしれないと話していた。また、首相案件発言については総理は「重医学部新設の解禁を政府として早急に検討していただきたい」と言った案件であるという趣旨はであることは言ったが、一方秘書官は首相という言葉は使わないとして「首相案件」という言葉を否定している。また、特区の諮問会議で加計学園が事業者に決まる前から安倍首相は知っていたのではないかという問には、一切首相に発言しておらずどこで認識したかはわからないと話していた。

細川さんはこの参考人質疑について、違和感はなかったが最初からこの形で説明すべきだったと話していて、影響力から意思決定が歪められているかが本質なので意思が歪められていなければ問題は無かったと話していた。また、説明をこれまで行ってこなかったことで本質に対して疑念が残る結果になってしまったとしている。また、伊藤惇夫氏は安倍首相は理事長とゴルフやバーベキューを楽しむ仲なのに面会後の報告がないのは不自然としていて、龍崎孝氏は「関係者と3回会った」などの事実も明らかになったことで、開き直った印象があると指摘していて解散や思い切った陳謝の可能性もあると見られるとしていた。


近畿財務局

前国税庁長官の事情聴取が任意で行われた。毎日新聞は立件見送りと報じていた。森友学園をめぐる財務省の決裁文書改ざん問題では、大阪地検特捜部がきのうまでに前国税庁長官から任意で事情を聞いていた。麻生太郎財務相は職員が前国税庁長官の国会答弁に合わせて書き換えたと話していた。その後の証人喚問では刑事訴追の恐れがあるとして証言拒否を50回していた。任意聴取では財務省理財局が近畿財務局にメールなどで指示したこと等について説明を求めたとみられる。

近畿財務局は不当に安く国有地を売却した容疑で捜査されている。決裁文書改ざんで前国税庁長官が事情聴取を受け、改ざんへの関与を認めているという。文書を書き換えると罪になる。山口真由は偽計業務妨害を警戒している印象だった、八代英輝は文書改ざんでは公文書変造罪の可能性はまだある、原千晶は誰でも罪だとわかること、恵俊彰は立件見送りは衝撃的、今市憲一郎は法律的な意味と峻別しなければいけない、伊藤惇夫は最終的には政治的な判断が関わるとコメントした。


成田空港

麻生財務相の辞任についての世論調査の結果、毎日新聞・読売新聞共に”辞任すべき”が50%以上だった。伊藤惇夫は「事務次官個人の問題だが、財務省の対応と、指揮を取っている麻生さんの責任という問題は発生すると思う。」などと発言した。麻生さんは自身の進退については「考えておりません」と話している。田崎史郎は「腹が立ってるのがありありだが我慢している」などとコメントした。

事務次官のセクハラ問題について、麻生氏は「最初にG20の事を聞くべきじゃないか」という発言があった事に関し、「テレビ朝日だったから尚更」「言ってもいいかわからないが麻生さんも大変だな」などの言葉が出た。週刊新潮の発表した音声に関して麻生大臣は「事務次官の声だとは思うが相手の声が入っていない。もう名乗り出ているのに本人の声が入ってないのはおかしい」などと語り、女性記者の声も出すべきとの意見を明らかにした。田崎氏は麻生大臣は感覚が相当ズレているので辞任した方が良いのだが、本人は辞任はしないだろうという見解を示した。

伊藤氏は麻生大臣の発言について、火に油を注いでいる印象。大臣というのは責任をとるべき立場と語り、安倍さんが「辞めさせなければ政権の支持率にマイナスの影響を与えるが安倍さんの口から辞めろとは言えない。また、麻生大臣が辞めれば批判が直接安倍総理に向かってくると難しい立場で悩んでいるのではと語った。安倍総理が麻生大臣に辞めるよう言えない理由は「盟友関係、また双方祖父が総理大臣であったために起こるシンパシーがあり非常に仲がよいため、また麻生氏が辞めると政権が不安定になる」と説明された。麻生氏が自分から辞めると言いだした場合にも総理は止めるだろうと田崎市は語った。麻生大臣が辞めると安倍総理の防波堤がなくなる、野党はそこを攻めてくるだろうから持ちこたえられるかどうか、と語られた。


読売新聞

麻生財務相の辞任についての世論調査の結果、毎日新聞・読売新聞共に”辞任すべき”が50%以上だった。伊藤惇夫は「事務次官個人の問題だが、財務省の対応と、指揮を取っている麻生さんの責任という問題は発生すると思う。」などと発言した。麻生さんは自身の進退については「考えておりません」と話している。田崎史郎は「腹が立ってるのがありありだが我慢している」などとコメントした。