ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 884件中 1〜10件目

早稲田大学

北川正恭は百条委員会のポイントとして豊洲移転の経緯などを挙げ、石原元都知事と浜渦元副知事の意見の食い違いが引き出せるかだなどとした。また、伊藤惇夫氏はどこまで迫れるか都議の力量が問われるなどとしている。


スポニチ

石原元都知事は会見を独自に行うとされていたが、資料の収集などのため実施は再来週になると発表された(スポニチ)。伊藤惇夫は、石原氏が小池氏の挑発に乗せられていると感じる、会見で何を言うかがわからず周囲が止めていると答えた。田崎史郎は、会見の日程を伸ばせば信用がなくなることになる、会見が行われるかどうかは本人を信じるしかないと答えた。参考人招致について、出頭は強制ではなく虚偽を述べても罰せられないと紹介した。


豊洲市場

豊洲市場問題の報道について、小池都知事の定例会見が出張のため金曜でなく木曜に行われた、知事は石原元都知事が「屈辱」という発言を行ったことに言及し「事実を知りたい」などと答えたとまとめた。

石原元都知事は会見を独自に行うとされていたが、資料の収集などのため実施は再来週になると発表された(スポニチ)。伊藤惇夫は、石原氏が小池氏の挑発に乗せられていると感じる、会見で何を言うかがわからず周囲が止めていると答えた。田崎史郎は、会見の日程を伸ばせば信用がなくなることになる、会見が行われるかどうかは本人を信じるしかないと答えた。参考人招致について、出頭は強制ではなく虚偽を述べても罰せられないと紹介した。

都議選を前にした都議会自民党の動き。豊洲市場の問題に対し、都議会自民党の議員11人が連名で百条委員会の設置を求めたほか、加えて20人が賛同していると述べている。伊藤惇夫は、参考人招致は決まっており今からの発言は都議選へのアピールに過ぎないと答えた。田崎史郎は、都議会自民党全体が小池都知事を支持すれば都議選で勝てるかもしれないと答えた。新風自民党の3人のうち2人は自民党からの離党を表明、都民ファーストの会から立候補するとみられる。伊藤惇夫は、内田茂都議が議員を辞職しないのは自民党の結束を保つためと述べた。田崎史郎は、離党した2人は千代田区長選で応援をしておらず知事側からは不満もあると紹介した。


豊洲市場

デーブ・スペクターは石原元知事について、現職時代は爆弾発言などが彼らしさであったが、現在彼の発言を聞くことに意味があるのかなどと話した。また当時の東京ガスの跡地は仮に無料提供でも要らない、まして除染費を自分たちで払うなんてナンセンス、その呆れる取引の真相が分かるのならば良いが物的証拠がない場合はこの話も全く進まないとコメントした。伊藤惇夫は、最大のポイントはやはり移転の是非で、小池知事の決断にかかっているにも関わらず過去の問題に焦点を当てているのは都民には不快でしょうねと話した。


週刊新潮

週刊新潮に石原元知事のインタビュー記事が載っている。小池知事の「石原さんは逃げ回っている」との発言が嫌だ、屈辱を晴らしたいと述べ、また築地市場の移転について自分が知事に就任した時点で既定路線となっていたと思うとしている。また小池知事に総理は無理だ、彼女が何を改革したいのか理解できないと批判した。

デーブ・スペクターは石原元知事について、現職時代は爆弾発言などが彼らしさであったが、現在彼の発言を聞くことに意味があるのかなどと話した。また当時の東京ガスの跡地は仮に無料提供でも要らない、まして除染費を自分たちで払うなんてナンセンス、その呆れる取引の真相が分かるのならば良いが物的証拠がない場合はこの話も全く進まないとコメントした。伊藤惇夫は、最大のポイントはやはり移転の是非で、小池知事の決断にかかっているにも関わらず過去の問題に焦点を当てているのは都民には不快でしょうねと話した。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京オリンピック

鈴木哲夫氏は「石原氏の口撃に関しては軽くいなしながらチクリとするのではないか」と話した。伊藤惇夫氏は「小池都知事にとって石原氏は敵なので、戦うことによって支持を集めてきた」と話した。博多華丸は「後攻の方が有利なので石原氏を応援したくなる」とコメントした。

小池都知事の記者会見が行われた。明日はフラッグツアーで岩手県の被災地を回ると話した。3.11の際にクウェートから多くの石油が送られてきた背景があり、明日はクウェートの大使と面会する。「来週から議会が始まる。今回の予算案は3つのシティを実現するためのもの。メリハリをつけ、メリーちゃんとハリーくんをイメージキャラクターにした。こういった形で都の予算に興味をもってもらい中身について関心をもって頂きたい。いろんな工夫をしながら都政を身近に感じてもらいたい」とした。

小池都知事は「八丈町のフリージア祭のオープニングに参加する。青ヶ島村の焼酎を作る工場を見学する。島嶼部はかなり回ってきたがまだまだ訪れる場所はある。パラスポーツのファン限定でライブを行う。今日までに28万人以上がTEAM BEYONDのメンバーになった。AIとLittle Glee Monsterが参戦する。音楽とパラスポーツを融合したイベントになる。また、国際パラリンピック委員会のクレイヴァン会長と会談することになった」と述べた。


都庁

鈴木哲夫氏は「石原氏の口撃に関しては軽くいなしながらチクリとするのではないか」と話した。伊藤惇夫氏は「小池都知事にとって石原氏は敵なので、戦うことによって支持を集めてきた」と話した。博多華丸は「後攻の方が有利なので石原氏を応援したくなる」とコメントした。

小池都知事の記者会見が行われた。明日はフラッグツアーで岩手県の被災地を回ると話した。3.11の際にクウェートから多くの石油が送られてきた背景があり、明日はクウェートの大使と面会する。「来週から議会が始まる。今回の予算案は3つのシティを実現するためのもの。メリハリをつけ、メリーちゃんとハリーくんをイメージキャラクターにした。こういった形で都の予算に興味をもってもらい中身について関心をもって頂きたい。いろんな工夫をしながら都政を身近に感じてもらいたい」とした。

小池都知事は「八丈町のフリージア祭のオープニングに参加する。青ヶ島村の焼酎を作る工場を見学する。島嶼部はかなり回ってきたがまだまだ訪れる場所はある。パラスポーツのファン限定でライブを行う。今日までに28万人以上がTEAM BEYONDのメンバーになった。AIとLittle Glee Monsterが参戦する。音楽とパラスポーツを融合したイベントになる。また、国際パラリンピック委員会のクレイヴァン会長と会談することになった」と述べた。


週刊新潮

鈴木哲夫氏は「石原氏の口撃に関しては軽くいなしながらチクリとするのではないか」と話した。伊藤惇夫氏は「小池都知事にとって石原氏は敵なので、戦うことによって支持を集めてきた」と話した。博多華丸は「後攻の方が有利なので石原氏を応援したくなる」とコメントした。


週刊新潮

週刊新潮に石原慎太郎氏が70分のインタビューに答えた、このあと小池都知事が会見を行う。インタビューの中身について解説。土壌汚染を知りながらなぜ豊洲移転を決めたのかという質問に、石原氏は裁可の背景を語っていた。2008年に環境基準を超えるベンゼンを検出、2011年に豊洲建物の設計等の予算案21億円を審議することとなった。可決すると都議会は市場建設を事実上容認することになる、結果は賛成63、反対62となった。造反したのは当時都議で反対の民主党の花輪智史氏だった。花輪氏が賛成に回ったことについて、1ヶ月後に花輪氏は世田谷区長選に出たが落選となったが、自民党の内田茂氏が推薦していた。鈴木哲夫氏は力技の人だと語った。内田茂氏が推薦するので応援者は石原慎太郎氏だった。伊藤惇夫は答えになっていないと語った。

石原氏が裁可した理由について、石原氏は週刊新潮のインタビューで都の幹部が「議会の承認が得られたので裁可をお願いします」と言ってきた。その際石原氏は「汚染問題があるようだけど本当に大丈夫なのか」と尋ねていた。都の幹部は「いまの日本の技術を持ってすれば問題ありません」と答えた、と述べていた。伊藤惇夫は都庁の職員が日本の技術云々というのは説得力があっただろうと解説、石原氏と近所に住んでいたので印象としては自分は絶対悪くないということが強いと語った。議会の承認という話があるので、提案する前になぜ提案したのかに注目すべきだと解説した。石原氏は週刊新潮のインタビューで小池百合子氏に対して様々な発言をしていた。


築地市場

週刊新潮に石原慎太郎氏が70分のインタビューに答えた、このあと小池都知事が会見を行う。インタビューの中身について解説。土壌汚染を知りながらなぜ豊洲移転を決めたのかという質問に、石原氏は裁可の背景を語っていた。2008年に環境基準を超えるベンゼンを検出、2011年に豊洲建物の設計等の予算案21億円を審議することとなった。可決すると都議会は市場建設を事実上容認することになる、結果は賛成63、反対62となった。造反したのは当時都議で反対の民主党の花輪智史氏だった。花輪氏が賛成に回ったことについて、1ヶ月後に花輪氏は世田谷区長選に出たが落選となったが、自民党の内田茂氏が推薦していた。鈴木哲夫氏は力技の人だと語った。内田茂氏が推薦するので応援者は石原慎太郎氏だった。伊藤惇夫は答えになっていないと語った。

石原氏が裁可した理由について、石原氏は週刊新潮のインタビューで都の幹部が「議会の承認が得られたので裁可をお願いします」と言ってきた。その際石原氏は「汚染問題があるようだけど本当に大丈夫なのか」と尋ねていた。都の幹部は「いまの日本の技術を持ってすれば問題ありません」と答えた、と述べていた。伊藤惇夫は都庁の職員が日本の技術云々というのは説得力があっただろうと解説、石原氏と近所に住んでいたので印象としては自分は絶対悪くないということが強いと語った。議会の承認という話があるので、提案する前になぜ提案したのかに注目すべきだと解説した。石原氏は週刊新潮のインタビューで小池百合子氏に対して様々な発言をしていた。