ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 296件中 1〜10件目

DHC

橋本大二郎さんによる解説。みんなの党の渡辺代表が大手化粧品会社の会長から8億円を個人的に借り入れたとした問題で、渡辺氏が「供託金の支払いが終わりました」などと書いた内容のメールを会長に送信していたことが明らかとなった。 供託金とは選挙に出馬する候補者が国に納める費用のことで、候補者の乱立を防ぐことを主とした費用で、日本では大正14年に導入され、現在は300万円になっている。デーブさんによるとアメリカにはこうした制度はないという。政治アナリストの伊藤惇夫氏は供託金について「選挙戦を戦いぬくには300万円払えるぐらいの経済的体力は必要だ、ということだと思う」とコメント、これについて橋本さんは「最初の選挙で署名を集めるなどしたらいいと思う」と話した。


週刊新潮

きのう発売の週刊新潮に、みんなの党・渡辺代表に8億円借したというDHC会長の手記が掲載された。2010年参院選直前に3億円、2012年参院選直前に5億円を渡辺代表の個人口座に選挙資金として提供したが、およそ5億5000万円が今なお返済されていないという。その一方で、資産報告書の借入金残高(2012年時点)は2億5000万円と、会長の手記の5億5000万円と食い違いがある。みんなの党の「政治資金収支報告書」などにも8億円の記載はなく、記事では新たな疑惑が浮上するとしている。

政治アナリスト・伊藤惇夫氏は、手記の内容が事実とすればという前提で、「選挙資金などに使ったとすれば収支報告書に記載しなければならない。選挙資金であれば公職選挙法上の問題がそこで生じる。内容的には猪瀬問題とかなり似ている」と語った。猪瀬前都知事の5000万円借り入れ問題の際に渡辺代表は、「きちんと法律にのっとった資金集めをやるべきもの」と述べていた。


DHC

きのう発売の週刊新潮に、みんなの党・渡辺代表に8億円借したというDHC会長の手記が掲載された。2010年参院選直前に3億円、2012年参院選直前に5億円を渡辺代表の個人口座に選挙資金として提供したが、およそ5億5000万円が今なお返済されていないという。その一方で、資産報告書の借入金残高(2012年時点)は2億5000万円と、会長の手記の5億5000万円と食い違いがある。みんなの党の「政治資金収支報告書」などにも8億円の記載はなく、記事では新たな疑惑が浮上するとしている。

政治アナリスト・伊藤惇夫氏は、手記の内容が事実とすればという前提で、「選挙資金などに使ったとすれば収支報告書に記載しなければならない。選挙資金であれば公職選挙法上の問題がそこで生じる。内容的には猪瀬問題とかなり似ている」と語った。猪瀬前都知事の5000万円借り入れ問題の際に渡辺代表は、「きちんと法律にのっとった資金集めをやるべきもの」と述べていた。


徳洲会グループ

4月27日に徳田議員の辞職に基づいて鹿児島2区での補欠選挙が行われるとするならば、衆参ねじれ解消後初めての国政選挙ということになる。これについて政治アナリストの伊藤氏は、過去には補欠選挙が国政の風向きを変えたこともあると指摘。1987年、第3次中曽根康弘内閣の時には岩手ショックがあった。2月に売上税導入法案を提出したあと、3月岩手での参議院補欠選挙で大敗し、4月の統一地方選挙でも大敗。結局5月に売上税導入法案は廃案になり、11月に中曽内閣は総辞職するという流れがあった。2007年・安倍内閣でも補欠選挙が国政に影響を与えていた。4月に福島での参議院補欠選挙で大敗し、7月の線議員選でも大敗した。そして自民党は参議院の第一党から転落。これを受けて9月に内閣総辞職となった。伊藤氏は、「もし補選に勝ったとしても”勝ち方”によっては安倍総理が今後進める重要課題に大きな影響を与える」と指摘し、保守系の強い鹿児島2区では本来ならダブルスコアで勝つはずだが、差が少ない勝ち方だと影響が出てくるだろうと解説した。

石破幹事長は今回の補欠選挙について、「地方選挙ではなく国政選挙。だから消費税増税、TPP、原発、安全保障法制など国政の課題についてもきちんとお話する。選挙戦で明確に選択肢の提示をする。」と話している。しかし国政については大きなハードルがある。TPP交渉については、重要5品目に関しても関税全廃のアメリカと、関税維持の日本との間で溝は埋まっていない。甘利大臣は「日米が妥結することが重要」と話すが、次回の閣僚会議は日程はおろか開くかどうかも未定となっている。また集団的自衛権について、安倍総理は憲法解釈を変えることで行使できるようにする意向を示し「政府として責任を持って閣議決定を行い、それについて国会で議論する」と発言。しかし岡田元代表や漆原国対委員長からの批判が出ている。さらに原発再稼働については新たな「エネルギー基本計画案」がまとまり、原発の重要性に関する表現を「重要なベースロード電源」と弱めたが、民主党や結いの党から批判されている。さらに、靖国神社参拝にまつわる日米間のトラブルは、日米関係をさらに冷え込ませる可能性がある。このような数々の問題を抱えていることについて伊藤聡子は、「安倍総理の周りには失言をする人が目立つ。影響を考えて発言してほしい。」とコメント。伊藤惇夫は、第一次安倍政権が倒れた理由の1つも、安倍総理の親しい人たちのスキャンダルや失言に追い詰められたことだったと指摘し、今回は当初からそれに気をつけていたと思うが途中から変わってきてしまったと批判。前回の反省をこれからも生かしていくことと、もっと丁寧な国会に立ち戻るべきで、最近は前のめりな運営が目立ち始めているとコメントした。田崎史郎は、漆原さんの意見を聞きながら謙虚にじっくり国政を進めていったほうがよいと話した。


徳洲会グループ

恵俊彰らが補欠選挙の動きについてトーク。補欠選挙は、徳洲会グループの公職選挙法違反事件で親族が逮捕・起訴され、徳田毅衆院議員が辞職願を提出したことによるもの。政治アナリストの伊藤惇夫氏は政権運営に影響を及ぼす大事な選挙としている。

斎藤哲也が4月見通しの補欠選挙について解説。自民党執行部は、消費増税が争点になりかねないので避けたいとしている。補欠選挙は4月か10月に決まっているため、4月に行われる見通しで自民党には悩ましい選択となっている。

さらに、徳田毅議員が辞職願を出さなくても、親族の判決から連座制によって議員を失職する。徳田議員が辞職願を出さずに失職した場合は、10月に補欠選挙が行われる予定だったが、先に辞職願を提出したため4月となった。また、連座制による失職だった場合は、同じ選挙区から立候補することができなることも背景にあるとされる。


徳洲会グループ

徳洲会グループによる選挙違反事件を受けて、徳田毅衆院議員が議員辞職願を提出した。今回の事件では親族も違反の罪に問われていて、徳田氏は親族が起訴内容を認めている中でこれ以上議員の立場にとどまれば国政や地元のためにならないと語っている。伊藤惇夫は補欠選挙が重要な試金石になると語る。また、石破幹事長は補欠選挙について消費税やTPPなどが争点になると認識を示した。


五月人形

食事会後プーチン大統領は、日本が初参加したストックホルム五輪の当時のパンフレットと、アムステルダム五輪で日本人初の金メダリストになった織田幹雄選手の写真を渡した。一方安倍総理は五月人形の三本の矢を送ったが、ゲストの伊藤惇夫は「三本の矢のアベノミクスで日本経済はうまくいっている、日本経済政策を参考にしては?という意味があるのでは」と解説。今回のソチ五輪外交について、田崎史郎は銀メダル、伊藤惇夫は銅メダルと評価した。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

アムステルダム五輪

食事会後プーチン大統領は、日本が初参加したストックホルム五輪の当時のパンフレットと、アムステルダム五輪で日本人初の金メダリストになった織田幹雄選手の写真を渡した。一方安倍総理は五月人形の三本の矢を送ったが、ゲストの伊藤惇夫は「三本の矢のアベノミクスで日本経済はうまくいっている、日本経済政策を参考にしては?という意味があるのでは」と解説。今回のソチ五輪外交について、田崎史郎は銀メダル、伊藤惇夫は銅メダルと評価した。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

ストックホルム五輪

食事会後プーチン大統領は、日本が初参加したストックホルム五輪の当時のパンフレットと、アムステルダム五輪で日本人初の金メダリストになった織田幹雄選手の写真を渡した。一方安倍総理は五月人形の三本の矢を送ったが、ゲストの伊藤惇夫は「三本の矢のアベノミクスで日本経済はうまくいっている、日本経済政策を参考にしては?という意味があるのでは」と解説。今回のソチ五輪外交について、田崎史郎は銀メダル、伊藤惇夫は銅メダルと評価した。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

欧米各国の首脳がソチオリンピック開会式を欠席する中、1泊3日の強行スケジュールでソチを訪問した安倍総理。安倍総理は開会式翌日にはプーチン大統領と日ロ首脳会談を行ったが、首脳会談が行われる大統領公邸では、東日本大震災の後ロシアからの支援に対し、秋田県知事が贈った秋田犬のゆめが安倍総理を出迎えた。去年の日米首脳会談時に、安倍総理はオバマ大統領にゴルフのパターをプレゼントしたが、プーチン大統領に何を贈ったのかはこのあと。

安倍総理とプーチン大統領が日ロ首脳会談を行ったが、首脳会談が行われる大統領公邸では、東日本大震災の後ロシアからの支援に対し、秋田県知事が贈った秋田犬のゆめが安倍総理を出迎えた。

日本の五輪外交でこれまでに開会式に出席したのは、竹下登首相、福田康夫首相、安倍晋三首相の3人しかいない。ゲストの田崎史郎は「北方領土を返してもらう為に信頼関係を築くしかないと、安倍総理は判断した」とコメント。伊藤惇夫氏は「五輪のお祭りの中では高揚感もあり、首脳同士の友好を深めやすくする」と説明した。

安倍総理は1泊3日で五輪外交を強行。安倍総理はソチオリンピック開会式をプーチン大統領らと共に貴賓席で観覧したが、中国の習近平国家主席は安倍総理の反対側に座った。安倍総理は中国選手団の入場で拍手を送ったが、習国家主席は日本の入場時には身動きしなかった。

ソチオリンピック開会式翌日に、5度目の日ロ首脳会談が開かれた。ちなみにプーチン大統領主催の食事会は安倍総理だけで、今月6日に行われた習近平国家主席との中ロ首脳会談後の食事会はIOCバッハ会長主催で開かれた。食事会は五輪選手の話題や冗談などで盛り上がったと言われている。

食事会後プーチン大統領は、日本が初参加したストックホルム五輪の当時のパンフレットと、アムステルダム五輪で日本人初の金メダリストになった織田幹雄選手の写真を渡した。一方安倍総理は五月人形の三本の矢を送ったが、ゲストの伊藤惇夫は「三本の矢のアベノミクスで日本経済はうまくいっている、日本経済政策を参考にしては?という意味があるのでは」と解説。今回のソチ五輪外交について、田崎史郎は銀メダル、伊藤惇夫は銅メダルと評価した。