ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 1332件中 1〜10件目

産経新聞

大臣に就任して以来、稲田大臣はファッションに関して奇抜なところがあった。代名詞は網タイツ。これは福井県の繊維産業のアピールだと本人は言っていた。去年8月、ソマリア沖海賊対策視察の際はサングラスと野球帽という姿でリゾートルックではないかと批判を浴びた。さらに2016年8月には護衛艦いずもを視察した時、ハイヒールだった。伊藤惇夫さんは「ファッション優先なんでしょうね。メガネもそうだし。メガネも伊達メガネですからね。ファッションと公務のバランスをどうとられているのかなと疑問でもある」などと話した。今日の産経新聞にはファッションに関して、奇抜な服装が目立ち防衛省関係者は「服装を改めるよう進言しても聞き入れられなかった」とため息を漏らしたという記事や、安全保障に疎いことは自身も認めていたが先輩から学ぶ姿勢にも欠けた。重鎮にぞんざいな口をきいて激怒させたと書かれている。去年、森本敏元防衛相を含む防衛参与3人が年末に揃って辞任している。防衛省幹部によると理由は稲田大臣が煙たがったからだそう。伊藤惇夫さんは「護衛艦でのハイヒールは自衛官の人からすると腹立たしいを通り越してる。命がけで任務についている方の前で、こういった形で大臣が来られたらどういう気持ちになるか大臣が考えるべきだった」と語った。(産経新聞)


ハイヒール

大臣に就任して以来、稲田大臣はファッションに関して奇抜なところがあった。代名詞は網タイツ。これは福井県の繊維産業のアピールだと本人は言っていた。去年8月、ソマリア沖海賊対策視察の際はサングラスと野球帽という姿でリゾートルックではないかと批判を浴びた。さらに2016年8月には護衛艦いずもを視察した時、ハイヒールだった。伊藤惇夫さんは「ファッション優先なんでしょうね。メガネもそうだし。メガネも伊達メガネですからね。ファッションと公務のバランスをどうとられているのかなと疑問でもある」などと話した。今日の産経新聞にはファッションに関して、奇抜な服装が目立ち防衛省関係者は「服装を改めるよう進言しても聞き入れられなかった」とため息を漏らしたという記事や、安全保障に疎いことは自身も認めていたが先輩から学ぶ姿勢にも欠けた。重鎮にぞんざいな口をきいて激怒させたと書かれている。去年、森本敏元防衛相を含む防衛参与3人が年末に揃って辞任している。防衛省幹部によると理由は稲田大臣が煙たがったからだそう。伊藤惇夫さんは「護衛艦でのハイヒールは自衛官の人からすると腹立たしいを通り越してる。命がけで任務についている方の前で、こういった形で大臣が来られたらどういう気持ちになるか大臣が考えるべきだった」と語った。(産経新聞)


網タイツ

大臣に就任して以来、稲田大臣はファッションに関して奇抜なところがあった。代名詞は網タイツ。これは福井県の繊維産業のアピールだと本人は言っていた。去年8月、ソマリア沖海賊対策視察の際はサングラスと野球帽という姿でリゾートルックではないかと批判を浴びた。さらに2016年8月には護衛艦いずもを視察した時、ハイヒールだった。伊藤惇夫さんは「ファッション優先なんでしょうね。メガネもそうだし。メガネも伊達メガネですからね。ファッションと公務のバランスをどうとられているのかなと疑問でもある」などと話した。今日の産経新聞にはファッションに関して、奇抜な服装が目立ち防衛省関係者は「服装を改めるよう進言しても聞き入れられなかった」とため息を漏らしたという記事や、安全保障に疎いことは自身も認めていたが先輩から学ぶ姿勢にも欠けた。重鎮にぞんざいな口をきいて激怒させたと書かれている。去年、森本敏元防衛相を含む防衛参与3人が年末に揃って辞任している。防衛省幹部によると理由は稲田大臣が煙たがったからだそう。伊藤惇夫さんは「護衛艦でのハイヒールは自衛官の人からすると腹立たしいを通り越してる。命がけで任務についている方の前で、こういった形で大臣が来られたらどういう気持ちになるか大臣が考えるべきだった」と語った。(産経新聞)


成田空港

大臣に就任して以来、稲田大臣はファッションに関して奇抜なところがあった。代名詞は網タイツ。これは福井県の繊維産業のアピールだと本人は言っていた。去年8月、ソマリア沖海賊対策視察の際はサングラスと野球帽という姿でリゾートルックではないかと批判を浴びた。さらに2016年8月には護衛艦いずもを視察した時、ハイヒールだった。伊藤惇夫さんは「ファッション優先なんでしょうね。メガネもそうだし。メガネも伊達メガネですからね。ファッションと公務のバランスをどうとられているのかなと疑問でもある」などと話した。今日の産経新聞にはファッションに関して、奇抜な服装が目立ち防衛省関係者は「服装を改めるよう進言しても聞き入れられなかった」とため息を漏らしたという記事や、安全保障に疎いことは自身も認めていたが先輩から学ぶ姿勢にも欠けた。重鎮にぞんざいな口をきいて激怒させたと書かれている。去年、森本敏元防衛相を含む防衛参与3人が年末に揃って辞任している。防衛省幹部によると理由は稲田大臣が煙たがったからだそう。伊藤惇夫さんは「護衛艦でのハイヒールは自衛官の人からすると腹立たしいを通り越してる。命がけで任務についている方の前で、こういった形で大臣が来られたらどういう気持ちになるか大臣が考えるべきだった」と語った。(産経新聞)


時事通信社

問題となっている稲田防衛相の進退を巡り今後のことを解説した。時事通信社の田崎史郎に聞くと来月3日の安倍首相が予定している内閣改造までに辞任の可能性があるといい、政治アナリストの伊藤惇夫もゼロでないとしていた。

問題となっている稲田防衛相の進退を巡り今後のことを解説した。時事通信社の田崎史郎に聞くと安倍首相は育てようとして防衛大臣にしたと話していて、特に選挙応援での防衛省、自衛隊としてお願いという発言には安倍首相ががっかりしたとしていた。そして辞任については月末まで日報問題がかかる可能性があることからあるとしたらその後としていた。だが自民党幹部は稲田大臣が持ちこたえれるかどうかとしていて、更迭すると責任を認めたことになるため日報の隠ぺい問題が事実なら早く辞任や罷免が必要という声が出ているという。こうしたことを伊藤惇夫は安倍首相としては内閣改造まで持たせたい思惑があるとしていて、稲田大臣は政権にとって火薬庫のような存在と話していた。


東京新聞

このタイミングで報道が出たことについて、共同通信や新聞各社は「複数の政府関係者によると」と報じている。伊藤惇夫氏は「”陸自の反逆”、前川前事務次官のケースと似ているところがある」と指摘。「特別監察の結果はまだ出ていないが、陸自に対するかなり厳しい処分が出るとみられる。陸上自衛隊中堅幹部の人たちの反発の声も聞いている。推測していくとどうしても内部の人になる」などと話した。森本さんは日報が出てきたことは知らなかったのではないかという。「特別監察を受けて白黒はっきりさせて自分に責任があれば責任を取ると決心しているはず」「もし陸幕の人がリークしたなら、陸幕自身がダメージを受けることになる。電子データはみんな持っている」などと話した。森本さんはここまでで退席。


読売新聞

このタイミングで報道が出たことについて、共同通信や新聞各社は「複数の政府関係者によると」と報じている。伊藤惇夫氏は「”陸自の反逆”、前川前事務次官のケースと似ているところがある」と指摘。「特別監察の結果はまだ出ていないが、陸自に対するかなり厳しい処分が出るとみられる。陸上自衛隊中堅幹部の人たちの反発の声も聞いている。推測していくとどうしても内部の人になる」などと話した。森本さんは日報が出てきたことは知らなかったのではないかという。「特別監察を受けて白黒はっきりさせて自分に責任があれば責任を取ると決心しているはず」「もし陸幕の人がリークしたなら、陸幕自身がダメージを受けることになる。電子データはみんな持っている」などと話した。森本さんはここまでで退席。


朝日新聞

このタイミングで報道が出たことについて、共同通信や新聞各社は「複数の政府関係者によると」と報じている。伊藤惇夫氏は「”陸自の反逆”、前川前事務次官のケースと似ているところがある」と指摘。「特別監察の結果はまだ出ていないが、陸自に対するかなり厳しい処分が出るとみられる。陸上自衛隊中堅幹部の人たちの反発の声も聞いている。推測していくとどうしても内部の人になる」などと話した。森本さんは日報が出てきたことは知らなかったのではないかという。「特別監察を受けて白黒はっきりさせて自分に責任があれば責任を取ると決心しているはず」「もし陸幕の人がリークしたなら、陸幕自身がダメージを受けることになる。電子データはみんな持っている」などと話した。森本さんはここまでで退席。


共同通信

このタイミングで報道が出たことについて、共同通信や新聞各社は「複数の政府関係者によると」と報じている。伊藤惇夫氏は「”陸自の反逆”、前川前事務次官のケースと似ているところがある」と指摘。「特別監察の結果はまだ出ていないが、陸自に対するかなり厳しい処分が出るとみられる。陸上自衛隊中堅幹部の人たちの反発の声も聞いている。推測していくとどうしても内部の人になる」などと話した。森本さんは日報が出てきたことは知らなかったのではないかという。「特別監察を受けて白黒はっきりさせて自分に責任があれば責任を取ると決心しているはず」「もし陸幕の人がリークしたなら、陸幕自身がダメージを受けることになる。電子データはみんな持っている」などと話した。森本さんはここまでで退席。


共同通信

森本敏が「大臣の元に集まる会議は意思決定を求めたり状況を報告したりと色々な種類の会議があるので、現状を報告するために恐らく集まったのではないかと思う」など話し、恵俊彰が「2月の15日にあった会議というのは1回なの?」など話し、安東弘樹が「稲田防衛大臣んが参加したのは1回だという報道です」など話した。また伊藤惇夫が「一般的にみてという意味だが、公文書だろうが個人的なデータであろうが一度そんなものはない、破棄しましたと言って後から出てきたとなると、何らかの形で隠していたのかなと。隠していたのをもう一度出さざるを得なくなった時に個人メモとして出すのをやめようというやり取りがあったとしたら、隠すって事に当然なるんですね」など話した。