ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 333件中 1〜10件目

明治座

明治座での観劇の件については、収支報告が明らかに違うので政治資金規正法違反になると橋本大二郎さん・伊藤惇夫・萩谷麻衣子らは話す。また、萩谷麻衣子さんは収支報告に故意な虚偽記載をした場合は、5年以下の禁錮刑になるがちょっと気をつければ間違っていると分かる程度であれば虚偽記入にあたるとしており、国会議員も辞めなければいけないレベルの話しであるとしている。また、橋本大二郎さんは、政治家として絶対踏み込んでは行けないところに踏み込んでしまっているなどと話す。尚、ワインの購入について、選挙区民への贈答ではないのか?という記者の質問に対して、小渕経産相は現段階で選挙区内に配ったことはないとしている。


毎日新聞

小渕優子前経産大臣の今後については、政治家として一から出直そうと思っている、信頼を損ねてしまったなどと話しており、もう一度信頼を取り戻していけるようにやっていきたいと話している。贈答品に関して、伊藤惇夫さんは本当に県外の有権者以外の人に配ったのか?という確認が取れないなどという点から買収及び利害誘導の罪に引っかかる可能性はあるとしている。また、萩谷麻衣子さんは事務費は何でもかんでも許されるものではないなどと話している。また、今朝の毎日新聞では、有権者にワインを配ったとして、公選法違反の疑いがあると報じている。川村晃司さんはどういうことをしても公選法違反に当たるなどと話している。


脳梗塞

小渕優子経産相の父親、小渕恵三元首相の映像が流れた(映像 栃木・高根沢町)。小渕大臣はテレビ局勤務を経て1999年恵三氏の秘書となった。恵三氏が総理在任中の2000年4月に脳梗塞を発症し同年5月死去すると、1か月後の衆院選に26歳の小渕大臣が出馬した。中曽根康弘元首相が応援するなどし地盤をそのまま引き継いだ小渕大臣は圧勝した。伊藤惇夫はかつては福田赳夫元総理と中曽根元総理と間で小渕恵三は非常に苦労しその組織の結束の固さを説明した。


天彦産業

安倍首相の所信表明演説について政治アナリストの伊藤惇夫、時事通信社の田崎史郎とともにスタジオ解説。所信表明演説では外交や復興など5つのテーマを掲げたが、そのうち「地方創生」と「女性の活躍」に半分以上の時間をさいた。地方創生では外国人観光客が増加するなど成果が出ている鳴門のうず潮や沖縄県、鳥取の地ビール、隠岐のさざえカレーも取り上げた。女性の活躍でも女性だけの販売チームの成功例として大阪の天彦産業を取り上げた。


「伊藤惇夫」に関連するグルメ情報

さざえカレー

安倍首相の所信表明演説について政治アナリストの伊藤惇夫、時事通信社の田崎史郎とともにスタジオ解説。所信表明演説では外交や復興など5つのテーマを掲げたが、そのうち「地方創生」と「女性の活躍」に半分以上の時間をさいた。地方創生では外国人観光客が増加するなど成果が出ている鳴門のうず潮や沖縄県、鳥取の地ビール、隠岐のさざえカレーも取り上げた。女性の活躍でも女性だけの販売チームの成功例として大阪の天彦産業を取り上げた。


時事通信社

安倍首相の所信表明演説について政治アナリストの伊藤惇夫、時事通信社の田崎史郎とともにスタジオ解説。所信表明演説では外交や復興など5つのテーマを掲げたが、そのうち「地方創生」と「女性の活躍」に半分以上の時間をさいた。地方創生では外国人観光客が増加するなど成果が出ている鳴門のうず潮や沖縄県、鳥取の地ビール、隠岐のさざえカレーも取り上げた。女性の活躍でも女性だけの販売チームの成功例として大阪の天彦産業を取り上げた。


朝日新聞

続いて慰安婦問題について特集。ゲストの稲田朋美氏は自民党政調会長に就任し、韓国各紙が「右傾化を加速させる」などと書き立てている。就任直後にBSフジ・プライムニュースに出演し、河野談話修正を主張。朝日新聞の誤報を「虚偽」と断じるなど強く批判した。2005年の初出馬で小泉チルドレンとして当選、当初から「改革や創造を通じて日本の伝統を守る」と保守派であることを強調していた。2010年の尖閣諸島・漁船衝突事件では、船長を帰国させたとして菅直人首相(当時)を国会で厳しく批判。2012年には竹島問題について野田首相(当時)を国会で批判した。他にも大臣就任後に靖国神社参拝を実行するなど、保守的活動を続けている。政治アナリスト・伊藤惇夫氏は、歴史認識について安倍首相と考えが同じどころか一歩先を行っており、首相にもスターとして育てたいとの思惑があると話す。

稲田氏は朝日新聞の誤報にも厳しい姿勢を持っている。11日の朝日新聞・木村伊量社長の会見では、慰安婦問題をめぐる吉田証言の報道についての謝罪も行われた。

朝日新聞の慰安婦問題をめぐる姿勢について、11日の木村伊量社長のコメントを紹介。「吉田清治氏」に関する記事が誤っていたこと、訂正が遅くなったことについて謝罪が行われたが、記事の内容については自信を持っているとも発言している。トークでは稲田氏が、朝日新聞には信頼回復のための具体的行動を示すべきと語った。門田隆将は、朝日新聞はこれまで強制連行の存在を主張しており、現在は論点をすり替えつつあるのも問題などと話した。稲田氏は国会で質問するつもりかとの質問には、第三者委員会の検証を注視していきたいと話した。


日本大学

「安倍総理実行実現内閣」について、様々な見方を集めた。政治評論家 浅川博忠は6月再選を見込んだ「安倍再選シフト内閣」、政治アナリスト 伊藤惇夫は「不満倍増内閣」として待機組との軋轢を指摘、日本大学 岩井 奉信は人材を前回と今回の組閣で使いきってしまった「使いきり内閣」と表現し、作家 大下英治は石破氏を外すと同時に再選を見込んだ「石破はずし 再選シフト内閣」であるとした。街の声では改造内閣の課題としては消費税に関することがトップであった。消費増税に関して安倍総理は「年内に判断」麻生太郎財務大臣は「引き上げないのを前提としていない」との発言がある。


時事通信社

新大臣の就任会見が行われる。2009年9月の鳩山内閣の場合は、午前0時半ごろ長妻昭厚労相、午前1時半ごろ仙谷由人と時間がかかった。伊藤惇夫氏は「政権交代直後で不慣れだったため、日程の組み方がまずかったのでは」とコメント。兼務が多い大臣は、第2次安倍内閣・森まさこ氏。少子化対策担当相と消費者及び食品安全担当相と女性活力・子育て支援担当相・男女共同参画担当相を兼務していた。兼務が多かった福田内閣の岸田文雄氏は宇宙開発担当〜消費者行政推進担当まで兼務しており、「食卓から宇宙まで頭の切り替えに苦労する」とコメントしていた。時事通信社・田崎史郎は、「結局は本人の能力次第」とコメント。まだ残るは特命担当の割り振りについて、「新内閣が今後重要視する分野への意気込みが反映される」とコメント。


皇居

午後4時ごろ認証式が皇居で行われる。公務大臣は内閣総理大臣により任命され、天皇によって認証される。永田町(東京)に近い貸衣装店によると、タキシード・モーニングなどの準備について「民主党政権の時は依頼が多くありましたが、自民党の議員はみんな持っているのか今のところ問い合わせはありません」と話している。午後6時半ごろに首相会見がある。午後7時ごろ初閣議が行われ、伊藤惇夫氏は「顔合わせのようなものでこれからみんなでがんばりましょうというような話がある」とコメント。その後は、官邸内階段での記念撮影をする。