ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 582件中 1〜10件目

時事通信

スタジオでは安倍内閣などについて解説。来年1月に内閣が解散する可能性について麻生副総理が「理論上あり得る。しっかり準備しておけ」と麻生派若手議員らに発破をかけている。安倍首相は露・プーチン大統領との首脳会談に手応えを感じており、公明党は「次回の総選挙は都議選と最低3〜4ヶ月は話してくれないと困る」など述べている。内閣解散は来年6月の都議選前に行う場合は、1月までの解散が望ましい。出演者らは「公明党にとっては非常に大切な選挙であるので、内閣解散が都議選と近いと衆議院選挙に手がまわらない。公明党の活動に支障をきたす」など述べた。内閣解散の可能性については、政治アナリストの伊藤惇夫氏はは30%、国際医療福祉大学教授の川上和久氏は60%とそれぞれ考えている。18年9月に自民党総裁の任期が切れることについては「3期9年まで延長すべき」という意見も見られる。任期延長ならば21年9月までとなり、五輪時にも安倍首相のまま。首相は憲法改正に道筋をつけたいとしている。


日本経済新聞

スタジオでは安倍内閣などについて解説。来年1月に内閣が解散する可能性について麻生副総理が「理論上あり得る。しっかり準備しておけ」と麻生派若手議員らに発破をかけている。安倍首相は露・プーチン大統領との首脳会談に手応えを感じており、公明党は「次回の総選挙は都議選と最低3〜4ヶ月は話してくれないと困る」など述べている。内閣解散は来年6月の都議選前に行う場合は、1月までの解散が望ましい。出演者らは「公明党にとっては非常に大切な選挙であるので、内閣解散が都議選と近いと衆議院選挙に手がまわらない。公明党の活動に支障をきたす」など述べた。内閣解散の可能性については、政治アナリストの伊藤惇夫氏はは30%、国際医療福祉大学教授の川上和久氏は60%とそれぞれ考えている。18年9月に自民党総裁の任期が切れることについては「3期9年まで延長すべき」という意見も見られる。任期延長ならば21年9月までとなり、五輪時にも安倍首相のまま。首相は憲法改正に道筋をつけたいとしている。

民進党では蓮舫氏が新代表として選ばれ、野田佳彦氏が幹事長として選出。政権交代の”戦犯”的な扱いを受けている野田元首相の幹事長人事には各地で反発が目立つ。野田氏については新代表下で選挙準備が整わない内が有利と見られている。出演者らは「世論調査でも民進党の支持率が上がらない。今のうちに総選挙を行う方が自民党にとって有利という判断が大きい。」「北方領土の問題にしたって日本のリーダーがコロコロ変更して、誰を交渉したらいいか分からないという状況もあったので、腰を据えるために10年くらいトップが一緒でもいいかもしれない」など述べた。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京五輪

スタジオでは安倍内閣などについて解説。来年1月に内閣が解散する可能性について麻生副総理が「理論上あり得る。しっかり準備しておけ」と麻生派若手議員らに発破をかけている。安倍首相は露・プーチン大統領との首脳会談に手応えを感じており、公明党は「次回の総選挙は都議選と最低3〜4ヶ月は話してくれないと困る」など述べている。内閣解散は来年6月の都議選前に行う場合は、1月までの解散が望ましい。出演者らは「公明党にとっては非常に大切な選挙であるので、内閣解散が都議選と近いと衆議院選挙に手がまわらない。公明党の活動に支障をきたす」など述べた。内閣解散の可能性については、政治アナリストの伊藤惇夫氏はは30%、国際医療福祉大学教授の川上和久氏は60%とそれぞれ考えている。18年9月に自民党総裁の任期が切れることについては「3期9年まで延長すべき」という意見も見られる。任期延長ならば21年9月までとなり、五輪時にも安倍首相のまま。首相は憲法改正に道筋をつけたいとしている。


環状2号線

都議会自民党は豊洲市場問題、引いては小池都知事とどう向き合うのかについて。政治アナリスト・伊藤惇夫氏によれば、そもそも豊洲移転を進めてきたのは都議会自民党ということも踏まえ、今回の移転延期に伴う費用や環状2号線の問題で小池都知事を追及する予定だったが、地下空間の存在が明らかになった今、そこを追及してしまうと、率先して進めた都議会自民党が逆に非難の的になるおそれもあり、都議会自民党は今回の都議会では静観の構えになるのではと見る。名村晃一が、来年、都議選があるため、どこかで盛り上げていかないと都議個人に跳ね返ってしまうとコメント。

豊洲市場問題に関連し、石原元都知事を参考人として招致する可能性が浮上している。先週、大山とも子氏ら共産党都議団は、この豊洲市場を管理する都議会経済・港湾委員会に、集中審議を開くよう申請した。その審議の中で招致しようとしている参考人には、豊洲移転が決定した当時の石原元都知事のほか、浜渦武生元副知事、比留間英人元市場長、岡田至元市場長が挙げられていて、地下空間はいつ・誰の指示でできたのかをはっきりさせたいというのが共産党の考え。ところが、集中審議を開くためには、自民3人を含む6人経済・港湾委員会の全会一致が条件で、自民3人の委員が賛成するのかが1つの焦点となる。


豊洲市場

小池都知事にとって初となる都議会があさってから始まる。都議会の定数127人のうち最も多いのは都議会自民党の60人、次いで都議会公明党の23人などとなっている。127人の中で小池都知事支持を表明しているのは「かがやけTokyo」3人のみ。都議会自民党だけでは過半数に届かないため、都議会公明党や日本共産党都議団あたりがどちらに付くのかが大きなポイントとなる。来週行われる党の代表質問で、都議会公明党、共産党都議団、都議会民進党の3党は、豊洲市場問題をメインで取り上げる見込み。一方、都議会自民党は、「知事から何の説明も受けていない。都議会が始まってから決める」としている。

都議会自民党と都議会公明党の連携について。豊洲市場問題については、都議会自公には温度差がある。今月10日、小池都知事は豊洲市場の地下空間の存在を公表した。その後、都議会自民党は16日に現地を視察したのに対し、都議会公明党は14日に視察している。さらに前者は映像を非公開で採水せず、後者は映像を公開し、採水し独自に水質検査も行なっていて、両党のスタンスが異なることが分かる。都議会自民党はあくまで東京都の水質検査の結果を待つという受け身姿勢だが、一方の都議会公明党は原因究明のため自分たちでチームを作り検討と積極姿勢。名村晃一が、公明党は第2党で、都知事選では自民党と共に増田氏を推したが、対有権者的には存在感を示していかなければという気持ちは強いだろうと指摘した。

都議会自民党は豊洲市場問題、引いては小池都知事とどう向き合うのかについて。政治アナリスト・伊藤惇夫氏によれば、そもそも豊洲移転を進めてきたのは都議会自民党ということも踏まえ、今回の移転延期に伴う費用や環状2号線の問題で小池都知事を追及する予定だったが、地下空間の存在が明らかになった今、そこを追及してしまうと、率先して進めた都議会自民党が逆に非難の的になるおそれもあり、都議会自民党は今回の都議会では静観の構えになるのではと見る。名村晃一が、来年、都議選があるため、どこかで盛り上げていかないと都議個人に跳ね返ってしまうとコメント。

豊洲市場問題に関連し、石原元都知事を参考人として招致する可能性が浮上している。先週、大山とも子氏ら共産党都議団は、この豊洲市場を管理する都議会経済・港湾委員会に、集中審議を開くよう申請した。その審議の中で招致しようとしている参考人には、豊洲移転が決定した当時の石原元都知事のほか、浜渦武生元副知事、比留間英人元市場長、岡田至元市場長が挙げられていて、地下空間はいつ・誰の指示でできたのかをはっきりさせたいというのが共産党の考え。ところが、集中審議を開くためには、自民3人を含む6人経済・港湾委員会の全会一致が条件で、自民3人の委員が賛成するのかが1つの焦点となる。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京五輪

安倍内閣が、来年1月に解散説が永田町に浮上したという。伊藤惇夫さんは、ズバリ解散の可能性は、30%だという。小池さんとは関係ないが、今年の12月にプーチン大統領が来日して、北方領土問題で前進が見られたら、安倍内閣への支持が上がることと、蓮舫民進党はもう一つ勢いがないことなどから、支持率が高いうちに解散と考えると、来年1月のタイミングだという。無党派層が安倍政権離れをしていて、野党が統一候補構想が出てくると、自民党が苦戦する可能性もあるので、自民党内では、早期解散に反対の幹部もいるという。きのう出演の角谷さんは、解散の可能性45%だと言っていたという。安倍総理の自民党総裁の任期延長という話もあるが、そのための早期解散は納得出来ないという。今後の民進党について、伊藤惇夫さんは、ちょっと心配だと話した。与党をチェックする政党がなければいけないし、無党派層の受け皿になっていないということから、もうちょっと頑張ってもらいたいが、相変わらずもたついていると話した。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

五輪

小池都知事は定例会見の前に蓮舫代表と会い、10分ほど会談をした。蓮舫代表側からのオファーで今回の会談が実った。主な内容としては蓮舫代表の就任挨拶。蓮舫代表は「五輪の開催費用は水膨れしている。メスを入れられるなら協力させてほしい」とような主旨だった。伊藤惇夫氏は「この会談は存在感のアピールなのではないか。小池新党の話などの今後の動き、どこかで連携がとれるのではないかという思惑もあるのではないか」と話した。


羽田空港

小池百合子知事が応援区議7人に離党勧告を示した書留を送ったことについて出演者らは「郵送はあまりないが、都連に対する疑心暗鬼が書留という形になっている。」など述べた。政治アナリストの伊藤惇夫氏は「書留で送るのは聞いたことが無い世間の注目を逸らす狙いが有るのかも」などコメント。離党勧告期限は10月30日。この意図について田崎史郎氏は「東京10区の補選の結果次第では処分を緩めることもあるのでは?民意を敵にはできないはず」などコメント。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京オリンピック

若狭議員と区議の処分格差について。若狭議員は党本部から口頭での厳重注意。区議は都連から離党勧告処分。田崎史郎氏と伊藤惇夫氏は党本部と都連の間で温度差があるとしている。自民党党本部は10区の補選で負けられないため、小池氏を取り込みたいという考え。東京都連は小池陣営の党紀違反に厳しい対応するということで厳罰。これが温度差となっている。河原弘明区議は処分しやすいところだけ処分するのかという気持ちとしている。里中郁男区議は党本部と都連の温度差を感じるとしている。自民党都連合同会議が今月16日に行われた。これは都連の最高決定機関で60の党支部から約200人の支部長・常任総務が参加。区議の処分について議論をした。都議会のドン・内田茂前都連幹事長も出席。約50分の会議で発言者は3人だった。田崎史郎は「都連は小池氏に対してまだ怒っているというのが事実なのだろう。」とコメント。伊藤惇夫は「怒っているのは間違っていない。色々ある利権問題について小池氏に壊されるのではないかということがある。」とコメント。


毎日新聞

来月にも“政治塾”を立ち上げることを明らかにした小池都知事。今日、午後、帰国する予定だ。こうした中、自民党東京都連は都知事選で党の方針に反し、小池知事を応援した7人の区議に対し、離党勧告処分にすることを決定した。区議への処分に対し小池知事は「日本に帰ってから対応したい」とコメント。一方、小池知事の応援団長ともいえる自民党の若狭勝議員には極めて軽い口頭での厳重注意処分。この違いについて専門家の伊藤惇夫氏は「党本部と都連とでは対小池陣営に対する温度がだいぶ違う」と見解を述べた。小池知事と自民党本部、都連、それぞれの思惑は?