ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「佐々木亮太」の検索結果

「佐々木亮太」に関連する情報 155件中 21〜30件目

「佐々木亮太」に関連するグルメ情報

リンゴ

スタジオ解説。佐々木亮太はバンクーバー五輪をきっかけに作られたミニチュアストーンを示した。今回の試合では、初めての有料チケットが完売し、また会場一番乗りの男性は午前3時半に到着したという。藤澤選手・山口選手は「フジヤマ」。また「てっちな」という相性も誕生。関和章子は「予想していなかった」などとコメントした。橋本大二郎は「知恵とコミュニケーションで争う競技は、日本人にあっている」などとコメントした。ミックスダブルスは4人制とエンド・ストーン・持ち時間などに違う部分がある。また、各エンドが始まる前に既にストーンが置かれているというのも大きな違いで、関和章子は「大量得点につながるので、4人制で不利とされている先行でも点が取りやすい」などと解説した。また、選手の対応については「合宿で、自分たちの得意なショットなどは確認しているはず」と話した。準決勝、前半はフジヤマペアがリード。もぐもぐタイムではラムネやリンゴを食べる様子が見られている。一方、てっちなはイチゴを食べており、後半で追いついている。しかし、最終的にはフジヤマペアが逃げ切った。大会後、吉田選手は「もうノリノリだね、無双だね」と話していたとのこと。また、優勝賞品としてお米「青天の霹靂」などが贈られたという。


「佐々木亮太」に関連するグルメ情報

青天の霹靂

スタジオ解説。佐々木亮太はバンクーバー五輪をきっかけに作られたミニチュアストーンを示した。今回の試合では、初めての有料チケットが完売し、また会場一番乗りの男性は午前3時半に到着したという。藤澤選手・山口選手は「フジヤマ」。また「てっちな」という相性も誕生。関和章子は「予想していなかった」などとコメントした。橋本大二郎は「知恵とコミュニケーションで争う競技は、日本人にあっている」などとコメントした。ミックスダブルスは4人制とエンド・ストーン・持ち時間などに違う部分がある。また、各エンドが始まる前に既にストーンが置かれているというのも大きな違いで、関和章子は「大量得点につながるので、4人制で不利とされている先行でも点が取りやすい」などと解説した。また、選手の対応については「合宿で、自分たちの得意なショットなどは確認しているはず」と話した。準決勝、前半はフジヤマペアがリード。もぐもぐタイムではラムネやリンゴを食べる様子が見られている。一方、てっちなはイチゴを食べており、後半で追いついている。しかし、最終的にはフジヤマペアが逃げ切った。大会後、吉田選手は「もうノリノリだね、無双だね」と話していたとのこと。また、優勝賞品としてお米「青天の霹靂」などが贈られたという。


全農

スタジオ解説。佐々木亮太はバンクーバー五輪をきっかけに作られたミニチュアストーンを示した。今回の試合では、初めての有料チケットが完売し、また会場一番乗りの男性は午前3時半に到着したという。藤澤選手・山口選手は「フジヤマ」。また「てっちな」という相性も誕生。関和章子は「予想していなかった」などとコメントした。橋本大二郎は「知恵とコミュニケーションで争う競技は、日本人にあっている」などとコメントした。ミックスダブルスは4人制とエンド・ストーン・持ち時間などに違う部分がある。また、各エンドが始まる前に既にストーンが置かれているというのも大きな違いで、関和章子は「大量得点につながるので、4人制で不利とされている先行でも点が取りやすい」などと解説した。また、選手の対応については「合宿で、自分たちの得意なショットなどは確認しているはず」と話した。準決勝、前半はフジヤマペアがリード。もぐもぐタイムではラムネやリンゴを食べる様子が見られている。一方、てっちなはイチゴを食べており、後半で追いついている。しかし、最終的にはフジヤマペアが逃げ切った。大会後、吉田選手は「もうノリノリだね、無双だね」と話していたとのこと。また、優勝賞品としてお米「青天の霹靂」などが贈られたという。


「佐々木亮太」に関連するイベント情報

バンクーバー

スタジオ解説。佐々木亮太はバンクーバー五輪をきっかけに作られたミニチュアストーンを示した。今回の試合では、初めての有料チケットが完売し、また会場一番乗りの男性は午前3時半に到着したという。藤澤選手・山口選手は「フジヤマ」。また「てっちな」という相性も誕生。関和章子は「予想していなかった」などとコメントした。橋本大二郎は「知恵とコミュニケーションで争う競技は、日本人にあっている」などとコメントした。ミックスダブルスは4人制とエンド・ストーン・持ち時間などに違う部分がある。また、各エンドが始まる前に既にストーンが置かれているというのも大きな違いで、関和章子は「大量得点につながるので、4人制で不利とされている先行でも点が取りやすい」などと解説した。また、選手の対応については「合宿で、自分たちの得意なショットなどは確認しているはず」と話した。準決勝、前半はフジヤマペアがリード。もぐもぐタイムではラムネやリンゴを食べる様子が見られている。一方、てっちなはイチゴを食べており、後半で追いついている。しかし、最終的にはフジヤマペアが逃げ切った。大会後、吉田選手は「もうノリノリだね、無双だね」と話していたとのこと。また、優勝賞品としてお米「青天の霹靂」などが贈られたという。


「佐々木亮太」に関連するイベント情報

日本ミックスダブルスカーリング選手権大会

昨日行われた「全農 日本ミックスダブルスカーリング選手権大会」準決勝。山口剛史選手と藤澤五月選手の”フジヤマペア”と清水徹郎選手・吉田知那美選手の”てっちな”ペアが対決した。平昌では味方として戦った藤澤選手と吉田選手。第4エンドに藤澤選手のショットで3点を。第5エンドでてっちなペアが巻き返すものの、第8エンドで藤澤選手がスーパーショットを出し、フジヤマペアが勝利した。藤澤選手は「久々に緊張感のある試合ができた」などとコメントし、吉田選手は「楽しそうにカーリングしているさっちゃんは強いと思った」などとコメントした。フジヤマペアは決勝戦でも相手をよしつけず、優勝した。フジヤマペアは、来月の世界選手権に出場する。

スタジオ解説。佐々木亮太はバンクーバー五輪をきっかけに作られたミニチュアストーンを示した。今回の試合では、初めての有料チケットが完売し、また会場一番乗りの男性は午前3時半に到着したという。藤澤選手・山口選手は「フジヤマ」。また「てっちな」という相性も誕生。関和章子は「予想していなかった」などとコメントした。橋本大二郎は「知恵とコミュニケーションで争う競技は、日本人にあっている」などとコメントした。ミックスダブルスは4人制とエンド・ストーン・持ち時間などに違う部分がある。また、各エンドが始まる前に既にストーンが置かれているというのも大きな違いで、関和章子は「大量得点につながるので、4人制で不利とされている先行でも点が取りやすい」などと解説した。また、選手の対応については「合宿で、自分たちの得意なショットなどは確認しているはず」と話した。準決勝、前半はフジヤマペアがリード。もぐもぐタイムではラムネやリンゴを食べる様子が見られている。一方、てっちなはイチゴを食べており、後半で追いついている。しかし、最終的にはフジヤマペアが逃げ切った。大会後、吉田選手は「もうノリノリだね、無双だね」と話していたとのこと。また、優勝賞品としてお米「青天の霹靂」などが贈られたという。


「佐々木亮太」に関連するグルメ情報

イチゴ

昨日行われた「全農 日本ミックスダブルスカーリング選手権大会」準決勝。山口剛史選手と藤澤五月選手の”フジヤマペア”と清水徹郎選手・吉田知那美選手の”てっちな”ペアが対決した。平昌では味方として戦った藤澤選手と吉田選手。第4エンドに藤澤選手のショットで3点を。第5エンドでてっちなペアが巻き返すものの、第8エンドで藤澤選手がスーパーショットを出し、フジヤマペアが勝利した。藤澤選手は「久々に緊張感のある試合ができた」などとコメントし、吉田選手は「楽しそうにカーリングしているさっちゃんは強いと思った」などとコメントした。フジヤマペアは決勝戦でも相手をよしつけず、優勝した。フジヤマペアは、来月の世界選手権に出場する。

スタジオ解説。佐々木亮太はバンクーバー五輪をきっかけに作られたミニチュアストーンを示した。今回の試合では、初めての有料チケットが完売し、また会場一番乗りの男性は午前3時半に到着したという。藤澤選手・山口選手は「フジヤマ」。また「てっちな」という相性も誕生。関和章子は「予想していなかった」などとコメントした。橋本大二郎は「知恵とコミュニケーションで争う競技は、日本人にあっている」などとコメントした。ミックスダブルスは4人制とエンド・ストーン・持ち時間などに違う部分がある。また、各エンドが始まる前に既にストーンが置かれているというのも大きな違いで、関和章子は「大量得点につながるので、4人制で不利とされている先行でも点が取りやすい」などと解説した。また、選手の対応については「合宿で、自分たちの得意なショットなどは確認しているはず」と話した。準決勝、前半はフジヤマペアがリード。もぐもぐタイムではラムネやリンゴを食べる様子が見られている。一方、てっちなはイチゴを食べており、後半で追いついている。しかし、最終的にはフジヤマペアが逃げ切った。大会後、吉田選手は「もうノリノリだね、無双だね」と話していたとのこと。また、優勝賞品としてお米「青天の霹靂」などが贈られたという。


テレビ朝日 イベント

イベ検ナビゲーターの佐々木亮太と桝田沙也香が挨拶。「テレビ朝日 イベント」で検索。


テレビ朝日 イベント

イベ検ナビゲーターの佐々木亮太と桝田沙也香が挨拶。「テレビ朝日 イベント」で検索。


「佐々木亮太」に関連する映画・DVD

緊縛いけにえ

大杉漣さんのこれまでをまとめた。1973年に俳優を志し舞台デビュー。1980年、映画「緊縛いけにえ」でデビュー。井筒監督の作品にも出演した。転機となったのは北野武監督の映画「HANA-BI」。この作品で助演男優賞を総ナメにした。佐々木亮太アナはドラマの現場で大杉さんと共演したことがある。佐々木アナによると「素敵なかたでした」ということだった。


幻冬舎

きのう西島秀俊、二宮和也が公開記念トークショーを行った映画「ラストレシピ」が観客満足度97.9%を獲得した。作品は時代を超えた家族の絆を描いた物語。二宮さんは「いい意味で裏切られて温かくなる話って感想はもらっている」など話した。スタジオで佐々木亮太が「ミステリー仕立ての展開がオススメポイント」だと話した。