ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する情報 1804件中 1〜10件目

クレプトマニア

クレプトマニア(窃盗症)になった主婦・佐々木佳枝さん(仮名・48歳)の特集VTR。もう万引きはしないと手の平に息子の名前を書いてまで誓った佳枝さんだったが、自分の意思ではどうすることもできなかった。万引きした商品は全95点、総額2万2772円にもなった。その中には大好きだった菓子パンもあった。弁護を担当した林弁護士は万引き裁判としては異例の全12回の公判を戦った。その間、佳枝さんには赤城高原ホスピタルで治療を受けてもらった。治療を受けた佳枝さんは「万引きがやめられない人が全国にこんなにいたのかと思って、初日のミーティングでは泣き崩れました。治そうと思いました」と語った。裁判では治療の効果が認められ、執行猶予中にもかかわらず、懲役刑ではなく罰金刑となった。赤城高原ホスピタルの竹村院長は「窃盗症というのは被害者がいて、やっていることの一つ一つが犯罪だから、病気だからといって許されるわけではないが、病気なので少なくとも治療のチャンスを与えてあげた方がいいと思います。刑務所に行くよりはずっと回復率は高い」と指摘した。林弁護士は「刑事施設に収容すると年間一人300万円ほどかかります。自費で入院できるなら入院させて回復させた方が経済合理性もあるし、刑事政策としても正しいと思います」と語った。万引きを治療した佳枝さんだが、大好きなパン屋は今でも母親に入ってもらっている。ここ5年間は平穏に暮らし、一度も万引きをしていないという。

クレプトマニア(窃盗症)になった主婦のVTRを受けてスタジオトーク。身につまされる、ご主人が気付いてあげられなかったのか、依存症という意味では覚醒剤に近い、被害にあったお店は大変だ、病気として社会的に認知すべきなどの意見が出た。


赤城高原ホスピタル

万引きの罪で執行猶予中の最判で、一般的には実刑になるところ今回も執行猶予が付いた。入院して4か月、31歳の女性は治療の一環として新たに病院に来た患者に体験を語った。女性は10回の逮捕と2回の懲役を経て入院。しかし去年の年末に駅の構内で駅弁とスーパーでプリンを万引きした。万引きした売店に送るために書いた詫び状には「依存症回復の治療を進めていきたいとおもっております」と書かれていた。「赤城高原ホスピタル」では繰り返される万引きを依存症と捉え治療する取り組みを進めてきた。現在40人の患者が入院しているが、万引きの衝動が抑えられないため院内には防犯カメラが27台設置されている。売店の営業時間も20分に抑え複数のスタッフで監視。レシートのチェックも受けるが、ここまでしても万引きは無くならない。万引きの衝動を抑えられない彼らのような人を精神医学の世界では「クレプトマニア」と呼ぶ。

今も母親と一緒でないと買い物に行けない「クレプトマニア」の女性。逮捕歴10回、今も執行猶予中の48歳の女性。彼女の中で一番の鬼門はパン売り場で「パンが好きでいつも見ている。いつもだいぶ悩んじゃいます」と話す。この日はきちんとレジを通した。買い物を済ませると、その都度かつての弁護士の男性にメールで報告した。林大悟弁護士は「非常にお痩せになっていて泣いていらっしゃったというのが印象に残っています」と振り返る。本来なら刑務所行きが当たり前の犯罪だが、彼女は実刑ではなく罰金刑という異例の判決で社会の注目を浴びた。女性が万引きに嵌りだした当時、異様に痩せており、竹村医師は「摂食障害が発症し、その後クレプトマニアになってくることが多い」と説明。クレプトマニアの約半数が摂食障害だった。鑑定書には「子供が生まれてからは子供の世話をしてくれない夫への不満が募った。次男が生まれたころにはほとんど話さなくなってコミュニケーションは筆談だった」と書かれている。幼いころからぽっちり体形だった彼女は初めて体重50キロを切り、その喜びからダイエットに夢中になった。その後、万引きへの快感を知り、1日に何軒もスーパーをはしごするようになった。竹村医師は「拒食症も過食症も基本的には病的な飢餓状態なんです。飢えていると自分のものがなくなるのがすごく怖い、だから予備のものをため込む」と万引きの心理を分析した。彼女は何度目かの逮捕で実家の母の耳にも入った。その後も万引きを繰り返し2度目の裁判で保護観察付き執行猶予5年の判決を受ける。再犯すれば確実に刑務所行きとなる。


万引き依存症

Mr.サンデーの番組宣伝。主婦たちが陥る恐るべき「万引き依存症」の実態。


薬物依存症

杉田光央さんが、松川村でコンサートを開いた。皆さんの笑顔でがんばることができると言った。ミュージカル「レ・ミゼラブル」でデビューした。NHKで9代目「うたのお兄さん」となり活躍。2016年んい覚せい剤取締法違反で逮捕された。(スポーツ報知)


アルコール依存症

北海道札幌市の警察署の留置場で昨日夜、勾留中の容疑者の男が舌をかんで意識不明となりその後死亡した。警察によると男はアルコール依存症を患っていたため警察署の約2メートル前で監視していたと言う。


白血病

世界が注目する車椅子の容疑者を取材。容疑者は「病気のフリをしていた」と明かした。赤ちゃんの頃の映像にはちゃんと歩いている姿が映っており、知的障害、筋ジストロフィー、白血病も全てウソだった。母親は病気だと思い込ませ容疑者を学校に通わせなかった。取材班は母親の元夫だというロッドさんに話を聞いた。母親はロッドさんとの離婚理由についてアルコール依存症とDVだと話していたが、ロッドさんはすべてウソだと反論した。


筋ジストロフィー

世界が注目する車椅子の容疑者を取材。容疑者は「病気のフリをしていた」と明かした。赤ちゃんの頃の映像にはちゃんと歩いている姿が映っており、知的障害、筋ジストロフィー、白血病も全てウソだった。母親は病気だと思い込ませ容疑者を学校に通わせなかった。取材班は母親の元夫だというロッドさんに話を聞いた。母親はロッドさんとの離婚理由についてアルコール依存症とDVだと話していたが、ロッドさんはすべてウソだと反論した。


知的障害

世界が注目する車椅子の容疑者を取材。容疑者は「病気のフリをしていた」と明かした。赤ちゃんの頃の映像にはちゃんと歩いている姿が映っており、知的障害、筋ジストロフィー、白血病も全てウソだった。母親は病気だと思い込ませ容疑者を学校に通わせなかった。取材班は母親の元夫だというロッドさんに話を聞いた。母親はロッドさんとの離婚理由についてアルコール依存症とDVだと話していたが、ロッドさんはすべてウソだと反論した。


hulu

今夜は…huluで全8話が配信中のオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」をご紹介。愛し合う夫婦に与えられた究極の試練が切なく美しく大胆に描かれた作品で、脚本は野島伸司、テーマはセックス依存症。妻が不特定多数と浮気を繰り返すことを知った夫が妻を愛するがゆえに苦悩する。夫・信夫を玉山鉄二、妻・彩を佐々木希が演じた。玉山は「難しく理解しがたい作品でもある。頭で考えるのではなく現場で信夫でいることを意識して、信夫というフィルターを通すとどうなるのか考えていた」と語った。佐々木は「そういう事実は隠した方が相手にとって幸せかなと思う。彩はピュアで真っ直ぐな性格、そこが愛おしく思えるキャラクター」と語った。


アルコール依存症

アルコール依存症が原因で裁判にかけられた母親・レスリー。裁判の結果、判事は保釈を認めず、少なくとも3週間は彼女を刑務所に入れておく決定をした。結果を聞いた家族は悲嘆に暮れた。3週間後、刑期を終えて出所したレスリーに、判事は30日間の治療プログラムへの参加を命令した。その前にレスリーは家族たちの元へと連れて行かれた。レスリーは家族たちとの再会を抱き合って喜び、治療への決意を語った。レスリーはカリフォルニアの治療施設へと移り、85日間の断酒治療を続けた。レスリーは夫とは離婚したが、同じ過ちを繰り返さぬよう断酒を維持しているという。