ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する情報 2360件中 1〜10件目

パチンコ依存

パチンコ依存症のダンプ松本が友人に電話し誘ったのは飲食店だった。パチンコに使っていたお金を別のに使用すると考え、全部飲食代に使用。最初はドキドキしたが食事後はパチンコと同じような満足感を得られた。ダンプ松本さんは「皆も喜んでいるし自分も楽しいしなんか嬉しい」などと思えるようになりパチンコをやめて7年が経っている。しかしそれでも久しぶりに行ったら当たりが出てくれるのではと思ってしまうこともあり戦いの日々は続いていると明かす。


パチンコ

パチンコ依存症のダンプ松本が友人に電話し誘ったのは飲食店だった。パチンコに使っていたお金を別のに使用すると考え、全部飲食代に使用。最初はドキドキしたが食事後はパチンコと同じような満足感を得られた。ダンプ松本さんは「皆も喜んでいるし自分も楽しいしなんか嬉しい」などと思えるようになりパチンコをやめて7年が経っている。しかしそれでも久しぶりに行ったら当たりが出てくれるのではと思ってしまうこともあり戦いの日々は続いていると明かす。


パチンコ依存症

ダンプ松本はパチンコ依存症で苦しんでいたと告白。主婦で借金で悩む人がふえており、その中で長時間過ごせるパチンコは依存しやすいという。ダンプ松本は19歳のとき、練習をさぼってジュースを飲むためにパチンコをやってみると、数百円で大儲けし、1発でハマってしまった。2003年にカムバックした頃が1番ハマっており、開店から閉店まで打ちっぱなし。パチンコを打つと、ドーパミンが放出され前頭葉の一部が機能低下を起こすと欲求を抑えられなくなってしまう。


洗足メンタルクリニック

アルコール依存症に詳しい重盛医師は治療方法について通院と投薬と共に大切ななのが「自助グループに参加すること」と話す。これは励ましあってやめていくものでさらにそれぞれが人との接し方などを考え、思考とか感情に気づくと説明した。


アルコール依存症

アルコール依存症に詳しい重盛医師は治療方法について通院と投薬と共に大切ななのが「自助グループに参加すること」と話す。これは励ましあってやめていくものでさらにそれぞれが人との接し方などを考え、思考とか感情に気づくと説明した。


洗足メンタルクリニック

アルコール依存症について森重さんは昼食にビールを飲み始め意識を失うまで飲んでいたなど話す。森重さんが気をつけている事について聞くと酒が入っているチョコやウーロンハイなどと話した。そんなアルコール依存症について洗足メンタルクリニックの重盛医師は完治しないと説明。


アルコール依存症

「アルコール依存症」に苦しんだ芸能人を紹介。ロックバンド「ZIGGY」は武道館ライブを成功させるほど人気だった。そのボーカルである森重樹一さんは高校を優秀な成績で卒業するなど真面目な人柄で、21歳の時にZIGGYを結成しバンド活動でも真面目に取り組んでいた。そんな森重さんがお酒を飲むきっかけは先輩ミュージシャンの一言で酒を呑むことで声がよく出た気がするように感じ、ライブ前には飲酒をするようになった。そして、解放的になった森重さんは昼夜問わずに飲むようになる。アルコールは習慣的に摂取すると耐性が出来てしまうため酔うために多くの酒を呑むようになってしまった。

そんな中、プライベートでは36歳で結婚するも森重さんの飲酒は増える一方だった。そして、真面目だった森重さんの人柄を変えてしまう。アルコール依存症により感情を抑えられなくなることがある。アルコールにより前頭葉で神経伝達物質の働きが低下しコントロールができなくなるなど脳に異変をきたしていた。そんな森重さんについて周りは酒癖が悪いとしか思われていた。依存症の有無は飲酒時の行動をコントロールできるかどうかで依存症の場合、酒を飲むとやめられないや手の震えなど禁断症状が現れる人もいる。当時のライブ映像をみるとライブ中に飲酒したり、インタビュー番組の傍らに酒があり24時間酔っている状態だった。

そんな森重さんに2007年に娘が誕生したが「うつ症状」となり、アルコールを飲まないと気分が沈んでしまう状態となっていた。アルコールをやめたいのにやめられず禁断症状を抑えるために飲酒するという負のサイクルに陥る。さらに誰かに見られている恐怖など被害妄想が出てしまい、妻からは離婚を切り出される。そこで、禁酒をする決意をし医師から抗酒薬を処方される。抗酒薬はあえて悪酔い状態を引き起こさせるものだった。それでも飲酒してしまいとてつもない気持ち悪さに襲われたという。

アルコール依存症について森重さんは昼食にビールを飲み始め意識を失うまで飲んでいたなど話す。森重さんが気をつけている事について聞くと酒が入っているチョコやウーロンハイなどと話した。そんなアルコール依存症について洗足メンタルクリニックの重盛医師は完治しないと説明。


早稲田大学

「アルコール依存症」に苦しんだ芸能人を紹介。ロックバンド「ZIGGY」は武道館ライブを成功させるほど人気だった。そのボーカルである森重樹一さんは高校を優秀な成績で卒業するなど真面目な人柄で、21歳の時にZIGGYを結成しバンド活動でも真面目に取り組んでいた。そんな森重さんがお酒を飲むきっかけは先輩ミュージシャンの一言で酒を呑むことで声がよく出た気がするように感じ、ライブ前には飲酒をするようになった。そして、解放的になった森重さんは昼夜問わずに飲むようになる。アルコールは習慣的に摂取すると耐性が出来てしまうため酔うために多くの酒を呑むようになってしまった。


武道館

「アルコール依存症」に苦しんだ芸能人を紹介。ロックバンド「ZIGGY」は武道館ライブを成功させるほど人気だった。そのボーカルである森重樹一さんは高校を優秀な成績で卒業するなど真面目な人柄で、21歳の時にZIGGYを結成しバンド活動でも真面目に取り組んでいた。そんな森重さんがお酒を飲むきっかけは先輩ミュージシャンの一言で酒を呑むことで声がよく出た気がするように感じ、ライブ前には飲酒をするようになった。そして、解放的になった森重さんは昼夜問わずに飲むようになる。アルコールは習慣的に摂取すると耐性が出来てしまうため酔うために多くの酒を呑むようになってしまった。


「依存症」に関連する音楽・CD

GLORIA

「アルコール依存症」に苦しんだ芸能人を紹介。ロックバンド「ZIGGY」は武道館ライブを成功させるほど人気だった。そのボーカルである森重樹一さんは高校を優秀な成績で卒業するなど真面目な人柄で、21歳の時にZIGGYを結成しバンド活動でも真面目に取り組んでいた。そんな森重さんがお酒を飲むきっかけは先輩ミュージシャンの一言で酒を呑むことで声がよく出た気がするように感じ、ライブ前には飲酒をするようになった。そして、解放的になった森重さんは昼夜問わずに飲むようになる。アルコールは習慣的に摂取すると耐性が出来てしまうため酔うために多くの酒を呑むようになってしまった。

そんな中、プライベートでは36歳で結婚するも森重さんの飲酒は増える一方だった。そして、真面目だった森重さんの人柄を変えてしまう。アルコール依存症により感情を抑えられなくなることがある。アルコールにより前頭葉で神経伝達物質の働きが低下しコントロールができなくなるなど脳に異変をきたしていた。そんな森重さんについて周りは酒癖が悪いとしか思われていた。依存症の有無は飲酒時の行動をコントロールできるかどうかで依存症の場合、酒を飲むとやめられないや手の震えなど禁断症状が現れる人もいる。当時のライブ映像をみるとライブ中に飲酒したり、インタビュー番組の傍らに酒があり24時間酔っている状態だった。