ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する情報 2251件中 1〜10件目

カジノ依存症


江原ランド

韓国・チョンソン郡。かつては炭鉱の町として栄えたが1980年代末から鉱山が閉鎖され、政府から提案されたのがカジノだった。江原ランドの売上げは年間1500億円超で約40%が税金や観光振興の基金などに充てられる。地方税は約1.5%。街にはカジノ客目当ての質屋が至るところにあり、かつて鉱山で働いていた男性は質屋に転身した。カジノの近くの駐車場には質屋が預かった高級車が並ぶ。カジノの営業時間は午前10時から翌朝4時まで。ギャンブル依存症に陥った人からの相談を受けているバン・ウングン牧師は「カジノができてから増えたのは夜の商売しかない、カジノで観光産業を発展させようとするのは愚かな考え」と指摘した。


ギャンブル依存症

きのう、野党の激しい反発の中、賛成多数でIR実施法が可決・成立した。IRとは、宿泊施設などにカジノを併設する統合型リゾート施設のことだ。安倍政権はこれまで、IRを成長戦略の柱の一つに掲げてきた。一方、野党はギャンブル依存症患者の増加や治安の悪化、外資参入による懸念などを理由に反対してきた。ところが、その野党も足並みが揃わず、内閣委員会では国民民主党が「ギャンブル依存症対策を強化する」などの付帯条件を盛り込むことで賛成へと態度を一変。柘植芳文内閣委員長は原稿を奪われながらも、机の下から新たな原稿を出して読み上げ、法案は可決された。政治評論家の有馬晴海さんは「野党の抵抗があることを前提に準備されていた」と解説した。


マイナンバーカード

統合型リゾートIR実施法が成立。入場料6000円を設けていること、日本人のカジノ入場回数を週3回月10回まで、など制限を設けたことに野党は「世界最高水準の依存症対策の割に入場料安すぎる」「週3カジノに通えば依存症になる」など指摘。依存症以外にも問題点が。カジノ内では借金が可能。特定金融業務は年収の3分の1以上の貸付を禁止する賃金業法の対象外。借りられる限度額が決められていない。石原良純さんは「カジノ運営は飛行機と一緒で乗客がいなかったら儲からないっていうじゃないじゃないですか。そのノウハウがない日本がやったときにうまくいくんですかね?」など述べた。


ギャンブル依存症

長岡アナが朝の挨拶を行った。政府与党が今の国会の重要課題としていたカジノを含む統合型リゾート整備法が参議院本会議で自民などの賛成多数で可決・成立した。カジノ整備法はカジノを賭博罪の適用対象外として解禁することが柱で全国3ヶ所を上限に整備し、入場料は6000円となる。野党は「ギャンブル依存症の防止策や治安対策が不十分」として反対していた。通常国会が事実上閉幕したことを受け安倍首相は記者会見を開き、財務省の文書改ざんなど相次ぐ行政の不祥事を謝罪し、再発防止を徹底する考えを強調した。


ギャンブル依存症

村上元行革担当相が時事放談の収録で、「賭博を合法化する疑問に答えているのか」「ギャンブル依存症の対策はできているのか」と述べ、会期末での成立を批判した。


依存症

カジノを含むIR(統合型リゾート)実施法が賛成多数で可決・成立した。この法律の成立を見越して、海外の多くのカジノ運営会社が日本に進出しようとすでに動き出している。スタジオでは、シンガポールの「マリーナベイ・サンズ」を運営するアメリカのラスベガス・サンズなど、日本進出を検討しているとされる主なカジノ大手を紹介した。こうした中、マカオではメルコリゾーツ&エンターテインメントが手がけるホテル「モーフィアス」がオープン。メルコリゾーツはIR施設の舞台裏も公開し、待遇や教育制度の充実ぶりや、ギャンブル依存症対策として顔認証システムを導入しているとアピールした。手がけたのはCEOのローレンス・ホー氏。日本メディアにカジノの経済効果を強調した。ホーCEOは日本へのIR進出に意欲を示していて、「日本への参入はIR競争の中で最も熾烈。投資規模が100億ドル(約1兆1,000億円)以上のものをつくりたい」と語る。しかし、立地については主要都市だけが対象だと語った。

IR(統合型リゾート)施設ができることによる影響について、滝田洋一氏が解説。「依存症への対策は進めなければいけない」と前置きした上で、海外からの大型投資や、インバウンド観光との関連でメリットがあると話す。2012年〜2016年の日本の経済成長に貢献した割合では観光が4.5%を占め、さらに宿泊業における外国人消費は2017年の段階で9290億円にのぼっている。こうした外国人観光客の長期宿泊や、より多く消費を促すために、カジノやIRは役立つという。


「依存症」に関連する観光・地域情報

モーフィアス

カジノを含むIR(統合型リゾート)実施法が賛成多数で可決・成立した。この法律の成立を見越して、海外の多くのカジノ運営会社が日本に進出しようとすでに動き出している。スタジオでは、シンガポールの「マリーナベイ・サンズ」を運営するアメリカのラスベガス・サンズなど、日本進出を検討しているとされる主なカジノ大手を紹介した。こうした中、マカオではメルコリゾーツ&エンターテインメントが手がけるホテル「モーフィアス」がオープン。メルコリゾーツはIR施設の舞台裏も公開し、待遇や教育制度の充実ぶりや、ギャンブル依存症対策として顔認証システムを導入しているとアピールした。手がけたのはCEOのローレンス・ホー氏。日本メディアにカジノの経済効果を強調した。ホーCEOは日本へのIR進出に意欲を示していて、「日本への参入はIR競争の中で最も熾烈。投資規模が100億ドル(約1兆1,000億円)以上のものをつくりたい」と語る。しかし、立地については主要都市だけが対象だと語った。


マリーナ・デル・ソル

カジノを含むIR(統合型リゾート)実施法が賛成多数で可決・成立した。この法律の成立を見越して、海外の多くのカジノ運営会社が日本に進出しようとすでに動き出している。スタジオでは、シンガポールの「マリーナベイ・サンズ」を運営するアメリカのラスベガス・サンズなど、日本進出を検討しているとされる主なカジノ大手を紹介した。こうした中、マカオではメルコリゾーツ&エンターテインメントが手がけるホテル「モーフィアス」がオープン。メルコリゾーツはIR施設の舞台裏も公開し、待遇や教育制度の充実ぶりや、ギャンブル依存症対策として顔認証システムを導入しているとアピールした。手がけたのはCEOのローレンス・ホー氏。日本メディアにカジノの経済効果を強調した。ホーCEOは日本へのIR進出に意欲を示していて、「日本への参入はIR競争の中で最も熾烈。投資規模が100億ドル(約1兆1,000億円)以上のものをつくりたい」と語る。しかし、立地については主要都市だけが対象だと語った。


ケイワグループ

カジノを含むIR(統合型リゾート)実施法が賛成多数で可決・成立した。この法律の成立を見越して、海外の多くのカジノ運営会社が日本に進出しようとすでに動き出している。スタジオでは、シンガポールの「マリーナベイ・サンズ」を運営するアメリカのラスベガス・サンズなど、日本進出を検討しているとされる主なカジノ大手を紹介した。こうした中、マカオではメルコリゾーツ&エンターテインメントが手がけるホテル「モーフィアス」がオープン。メルコリゾーツはIR施設の舞台裏も公開し、待遇や教育制度の充実ぶりや、ギャンブル依存症対策として顔認証システムを導入しているとアピールした。手がけたのはCEOのローレンス・ホー氏。日本メディアにカジノの経済効果を強調した。ホーCEOは日本へのIR進出に意欲を示していて、「日本への参入はIR競争の中で最も熾烈。投資規模が100億ドル(約1兆1,000億円)以上のものをつくりたい」と語る。しかし、立地については主要都市だけが対象だと語った。