ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する情報 1626件中 1〜10件目

依存症

日経新聞電子版のニュースヘッドライン。「マイナンバーでカジノ入場制限 政府、依存対策案」「投資家・孫氏の兵法 10兆円ファンドに命運賭ける」など。


マイナンバーカード

政府が検討するカジノ施設への入場制限案がわかった。ギャンブル依存症を防止するため、入場する時には日本人の利用客にマイナンバーカードの提示を義務付けて入場回数を制限するほか、カジノリゾート区域外でのカジノ広告を禁止すると報じている(読売新聞)。


読売新聞

政府が検討するカジノ施設への入場制限案がわかった。ギャンブル依存症を防止するため、入場する時には日本人の利用客にマイナンバーカードの提示を義務付けて入場回数を制限するほか、カジノリゾート区域外でのカジノ広告を禁止すると報じている(読売新聞)。


アルコール依存症

午前0時、患者同士のトラブルが発生。認知症の男性が記憶障害の男性と揉めていた。二人は同室で、記憶障害の男性が大声を出したため認知症の男性が怒っていたようだ。すると認知症の男性が突然失禁してしまい、下着やシーツの交換を行う。午前4時、いのちの電話が鳴った。先ほどと同じ電話だ。ずっと不安で眠れずにいたが、話している内に安心したという。いのちの電話は一晩で13件もあるときも。スタッフの仮眠は1時間ほどしか取れなかった。午前8時半、夜勤看護師が引き継ぎを行い、11時に退勤した。大変な仕事だが、朝患者さんが元気だとやってよかったと思うという。春には新人看護師が4人加わる。日々まなびの毎日で大変だが充実しているとコメント。国は早めの退院を進めようとしているが、現実の医療の現場を知ってから考えてほしいとコメント。


アルコール依存症

精神科病棟には統合失調症、うつ病、アルコール依存症の患者が入院している。医師と看護師は365日24時間体制でのぞむ。睡眠薬の大量服用の処置や、情緒不安定になり1人なく女性にも寄り添う。心をつなぐ電話も行う。患者同士のトラブルにも対応。

長野県北安曇郡池田町にある医療センターあづみ病院の精神科病棟には統合失調症やうつ病、アルコール依存症などの患者120人が入院している。激しい幻覚症状から自らや他人を傷つけてしまう重症患者もいる。10人の医師と看護師・臨床心理士など120人が365日24時間体制でつとめている。この日も40代の統合失調症男性が外来で運ばれてきた。向精神薬を投与しても効き目がなかったという。男性スタッフ4人が救急車を待ち構えた。しかし救急車内で車酔いしておとなしかった。感染性胃腸炎の可能性もあるが、男性は暴言を吐き続けていた。検査結果では心因性の頭痛や吐き気と判明。しかし家族は引き取り拒否。

救急搬送されてくるのは年間200人にものぼる。この日通院している統合失調症の女性が運ばれてきた。大量の睡眠薬を不安にかられ飲んでしまったという。薬を吐き出させ、レントゲン撮影。観察のため一晩入院した。落ち着きを取り戻すと自宅へ戻っていった。

国の統計では精神史一環患者は全国で392万人余り、3年前よりも70万人以上増えている。しかし他診療科に比べ診療報酬が低いことなどを原因に、総合病院の精神科の閉鎖や縮小は相次いでいる。また非情に対応困難で、精神科の治療が必要な認知症患者も増えている。暴力や徘徊、身寄りがなく家族が引き取りを拒否していることも。注射や薬の投与などを行うはずの看護師たちは介護業務にも追われている。認知症患者を持つ家族は、暴力が原因で預けることにしたと話す。行き場のない患者を最終的に引き受けているのが精神科の現状だ。あづみ病院は2013年12月に増床し、ニーズが増えているのだと話した。受け入れを断らないとつねに満床になってしまう。総合病院精神科の生き残りをかけている。もともと文学少女だった村田志保女医は、作家で精神科医の北杜夫にあこがれて今の仕事に就いた。精神疾患の家族も抱えていた。黒子的な意味合いで、精神科は必要。ほんのちょっとの会話から患者の人生と長くじゃまにならないように付き合っていくのだと話した。躁鬱病の男性の診察でも、男まさりながら気遣いを見せていた。

夜間体制では1回病棟で看護師3人が患者60人をケアする。高根看護師は「予想できない行動や様子もあるため、夜間は緊張する」と話す。統合失調症と知的障害を抱えた女性への薬の投与では、一時的に行動を規制するような処置も行っている。他人を傷つけてしまうおそれがあるためだ。また認知症の90代男性が下血してしまい、当直の医師が駆けつけた。3時間おきの巡回も行った。午後9時過ぎ、消灯後もナースコールは鳴り止まない。統合失調症の男性が全身が痒いと訴えていたため塗り薬を処方したが、舐めてしまったため急遽医師も呼び出される。その後、発達障害で通院中の30代男性から電話があり、「職場が変わって不安で眠れない」と話があった。昼間は普段通りに見えても、夜突然命を絶ってしまうことがあるため、いのちの電話は重要だ。

その最中、2階のリネン庫から火災発生の警報がなった。2ヶ月前に患者が火を付けた事件も起きている。駆けつけたが火の元はなく、統合失調症患者が非情ボタンを押してしまったのだと発覚。数ヶ月に一度あるという。午後11時、ようやくスタッフは夕食の時間だ。こうした時間が取れない日もある。しかし病室から物音を聞きつけ、看護師が駆けつけると患者同士のトラブルが起きていた。


うつ病

精神科病棟には統合失調症、うつ病、アルコール依存症の患者が入院している。医師と看護師は365日24時間体制でのぞむ。睡眠薬の大量服用の処置や、情緒不安定になり1人なく女性にも寄り添う。心をつなぐ電話も行う。患者同士のトラブルにも対応。

長野県北安曇郡池田町にある医療センターあづみ病院の精神科病棟には統合失調症やうつ病、アルコール依存症などの患者120人が入院している。激しい幻覚症状から自らや他人を傷つけてしまう重症患者もいる。10人の医師と看護師・臨床心理士など120人が365日24時間体制でつとめている。この日も40代の統合失調症男性が外来で運ばれてきた。向精神薬を投与しても効き目がなかったという。男性スタッフ4人が救急車を待ち構えた。しかし救急車内で車酔いしておとなしかった。感染性胃腸炎の可能性もあるが、男性は暴言を吐き続けていた。検査結果では心因性の頭痛や吐き気と判明。しかし家族は引き取り拒否。

救急搬送されてくるのは年間200人にものぼる。この日通院している統合失調症の女性が運ばれてきた。大量の睡眠薬を不安にかられ飲んでしまったという。薬を吐き出させ、レントゲン撮影。観察のため一晩入院した。落ち着きを取り戻すと自宅へ戻っていった。

国の統計では精神史一環患者は全国で392万人余り、3年前よりも70万人以上増えている。しかし他診療科に比べ診療報酬が低いことなどを原因に、総合病院の精神科の閉鎖や縮小は相次いでいる。また非情に対応困難で、精神科の治療が必要な認知症患者も増えている。暴力や徘徊、身寄りがなく家族が引き取りを拒否していることも。注射や薬の投与などを行うはずの看護師たちは介護業務にも追われている。認知症患者を持つ家族は、暴力が原因で預けることにしたと話す。行き場のない患者を最終的に引き受けているのが精神科の現状だ。あづみ病院は2013年12月に増床し、ニーズが増えているのだと話した。受け入れを断らないとつねに満床になってしまう。総合病院精神科の生き残りをかけている。もともと文学少女だった村田志保女医は、作家で精神科医の北杜夫にあこがれて今の仕事に就いた。精神疾患の家族も抱えていた。黒子的な意味合いで、精神科は必要。ほんのちょっとの会話から患者の人生と長くじゃまにならないように付き合っていくのだと話した。躁鬱病の男性の診察でも、男まさりながら気遣いを見せていた。

夜間体制では1回病棟で看護師3人が患者60人をケアする。高根看護師は「予想できない行動や様子もあるため、夜間は緊張する」と話す。統合失調症と知的障害を抱えた女性への薬の投与では、一時的に行動を規制するような処置も行っている。他人を傷つけてしまうおそれがあるためだ。また認知症の90代男性が下血してしまい、当直の医師が駆けつけた。3時間おきの巡回も行った。午後9時過ぎ、消灯後もナースコールは鳴り止まない。統合失調症の男性が全身が痒いと訴えていたため塗り薬を処方したが、舐めてしまったため急遽医師も呼び出される。その後、発達障害で通院中の30代男性から電話があり、「職場が変わって不安で眠れない」と話があった。昼間は普段通りに見えても、夜突然命を絶ってしまうことがあるため、いのちの電話は重要だ。

その最中、2階のリネン庫から火災発生の警報がなった。2ヶ月前に患者が火を付けた事件も起きている。駆けつけたが火の元はなく、統合失調症患者が非情ボタンを押してしまったのだと発覚。数ヶ月に一度あるという。午後11時、ようやくスタッフは夕食の時間だ。こうした時間が取れない日もある。しかし病室から物音を聞きつけ、看護師が駆けつけると患者同士のトラブルが起きていた。


統合失調症

精神科病棟には統合失調症、うつ病、アルコール依存症の患者が入院している。医師と看護師は365日24時間体制でのぞむ。睡眠薬の大量服用の処置や、情緒不安定になり1人なく女性にも寄り添う。心をつなぐ電話も行う。患者同士のトラブルにも対応。

長野県北安曇郡池田町にある医療センターあづみ病院の精神科病棟には統合失調症やうつ病、アルコール依存症などの患者120人が入院している。激しい幻覚症状から自らや他人を傷つけてしまう重症患者もいる。10人の医師と看護師・臨床心理士など120人が365日24時間体制でつとめている。この日も40代の統合失調症男性が外来で運ばれてきた。向精神薬を投与しても効き目がなかったという。男性スタッフ4人が救急車を待ち構えた。しかし救急車内で車酔いしておとなしかった。感染性胃腸炎の可能性もあるが、男性は暴言を吐き続けていた。検査結果では心因性の頭痛や吐き気と判明。しかし家族は引き取り拒否。

救急搬送されてくるのは年間200人にものぼる。この日通院している統合失調症の女性が運ばれてきた。大量の睡眠薬を不安にかられ飲んでしまったという。薬を吐き出させ、レントゲン撮影。観察のため一晩入院した。落ち着きを取り戻すと自宅へ戻っていった。

国の統計では精神史一環患者は全国で392万人余り、3年前よりも70万人以上増えている。しかし他診療科に比べ診療報酬が低いことなどを原因に、総合病院の精神科の閉鎖や縮小は相次いでいる。また非情に対応困難で、精神科の治療が必要な認知症患者も増えている。暴力や徘徊、身寄りがなく家族が引き取りを拒否していることも。注射や薬の投与などを行うはずの看護師たちは介護業務にも追われている。認知症患者を持つ家族は、暴力が原因で預けることにしたと話す。行き場のない患者を最終的に引き受けているのが精神科の現状だ。あづみ病院は2013年12月に増床し、ニーズが増えているのだと話した。受け入れを断らないとつねに満床になってしまう。総合病院精神科の生き残りをかけている。もともと文学少女だった村田志保女医は、作家で精神科医の北杜夫にあこがれて今の仕事に就いた。精神疾患の家族も抱えていた。黒子的な意味合いで、精神科は必要。ほんのちょっとの会話から患者の人生と長くじゃまにならないように付き合っていくのだと話した。躁鬱病の男性の診察でも、男まさりながら気遣いを見せていた。

夜間体制では1回病棟で看護師3人が患者60人をケアする。高根看護師は「予想できない行動や様子もあるため、夜間は緊張する」と話す。統合失調症と知的障害を抱えた女性への薬の投与では、一時的に行動を規制するような処置も行っている。他人を傷つけてしまうおそれがあるためだ。また認知症の90代男性が下血してしまい、当直の医師が駆けつけた。3時間おきの巡回も行った。午後9時過ぎ、消灯後もナースコールは鳴り止まない。統合失調症の男性が全身が痒いと訴えていたため塗り薬を処方したが、舐めてしまったため急遽医師も呼び出される。その後、発達障害で通院中の30代男性から電話があり、「職場が変わって不安で眠れない」と話があった。昼間は普段通りに見えても、夜突然命を絶ってしまうことがあるため、いのちの電話は重要だ。

その最中、2階のリネン庫から火災発生の警報がなった。2ヶ月前に患者が火を付けた事件も起きている。駆けつけたが火の元はなく、統合失調症患者が非情ボタンを押してしまったのだと発覚。数ヶ月に一度あるという。午後11時、ようやくスタッフは夕食の時間だ。こうした時間が取れない日もある。しかし病室から物音を聞きつけ、看護師が駆けつけると患者同士のトラブルが起きていた。


高須病院

夫婦の生活に密着。2人が合流したのは都内の高級レストラン、西原さんがいつも飲むのはシャンパン、高須院長はお酒を飲めないためウーロン茶で乾杯。高須院長の生活拠点は愛知県、普段は250坪の土地に立つ17LDKの豪邸に暮らしている。そこから毎週3日間だけ都内に滞在、夫婦の時間を過ごしている。高須院長はレストランで出された500gの肉を3分で完食、野菜には手を付けていなかった。実は高須院長は超せっかち、西原さんの漫画でもその事が綴られている。食後、ホテルに向かうと高須院長はすぐにベッドに横になる。そこから西原さんは別室で漫画の仕事を行い、完成したらまずは高須院長に評価してもらっている。そんな2人は籍を入れていない事実婚だった。

2人が知り合ったのは2002年、この時、西原さんには戦場カメラマンの夫と2人の子どもがいた。だが、夫はアルコール依存症による家庭内暴力をふるい、2003年に離婚。それから3年後、夫が突然姿を現した。そして当時の高院長は自らを実験台に整形していた。


「依存症」に関連するイベント情報

カシオ・ワールドオープン

1996年にプロゴルファーデビューしたタイガー・ウッズ。「カシオ・ワールドオープン」出場のため来日するなどしていた。ツアー通算79勝などを記録し、ゴルフ界のスーパースターとなっていた。2009年に自宅近くで起こした交通事故が彼にとっての変化となった。事故は不倫がバレたことによる夫婦喧嘩が原因だと言われており、不倫の証拠を持つ女性が次々と登場するスキャンダルに発展した。その後ウッズは不倫を謝罪し、さらにセックス依存症のリハビリを行っていることを明かした。2010年に5年間の結婚生活に終止符を打った。リハビリを乗り越え再びプロゴルファーとして輝き始めるウッズだったが、体の故障などによりツアーに出場できず、今年4月に4度目の腰の手術を受けリハビリ生活を送っていた。


セックス依存症

薬物使用疑惑で逮捕となったタイガー・ウッズの栄光と転落をスタジオ解説。スポーツ報知では逮捕時のウッズの顔写真が掲載されていたが無精髭もはえ瞳もうつろでとても生涯収入10億ドルのスーパースターには見えなかった。そこで活躍した経歴を紹介。19歳でゴルフプロデビューをしわずか21歳でメジャー大会優勝、24歳ではグランドスラムも制覇していた。こうしたことから33歳時点で10億ドル突破となっていたが、この33歳付近で転落へのきっかけがあったという。34歳のときに不倫が発覚していて、しかもこのときの愛人数が19人もいたという。こうしたことからデーブ・スペクターはこの関連した物を用意していたがアメリカではこの愛人の顔がプリントされたゴルフボールが売れていてこれは愛人達が自らメディアに登場していたといい、坂上も実際にスキャンダルを聞いたことがあるとしていた。だがこれだけではなくウッズはセックス依存症だったことを告白していて、こうした治療を6週間の共同生活で治療したこともあったという。そしてデーブは現在は複数の女性との付き合いは確認されていない現状を説明したがスキャンダルだけでなく怪我の影響もあったといい、現在もゴルフにチャレンジしていることから応援されている部分もあると話していた。(スポーツ報知)