ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する情報 2082件中 1〜10件目

ギャンブル依存症

自民、公明、日本維新の会の3党は、ギャンブル依存症対策の基本法案を衆議院に共同で提出した法案は競馬やパチンコといった、ギャンブルなどへの依存症が多重債務や貧困などの社会問題を生じさせているとして、依存症対策を総合的に推進することなどを目的としている。与党と維新はこの法案の成立を前提に、今の国会で「カジノ整備法案」の成立を目指す考え。


日本維新の会

自民、公明、日本維新の会の3党は、ギャンブル依存症対策の基本法案を衆議院に共同で提出した法案は競馬やパチンコといった、ギャンブルなどへの依存症が多重債務や貧困などの社会問題を生じさせているとして、依存症対策を総合的に推進することなどを目的としている。与党と維新はこの法案の成立を前提に、今の国会で「カジノ整備法案」の成立を目指す考え。


ギャンブル依存症

自民・公明・維新は「ギャンブル依存症対策基本法案」を衆議院に共同で提出。競馬などのギャンブル依存症が多重債務や貧困の社会問題を生じさせているとして、依存症対策の総合的な推進を目的としている。与党は法案の早期成立を図るため、維新案を一部採用。この法案の成立を前提に、今国会で「カジノ解禁を含むIR=統合型リゾート整備法案」の成立を目指す考え。


維新

自民・公明・維新は「ギャンブル依存症対策基本法案」を衆議院に共同で提出。競馬などのギャンブル依存症が多重債務や貧困の社会問題を生じさせているとして、依存症対策の総合的な推進を目的としている。与党は法案の早期成立を図るため、維新案を一部採用。この法案の成立を前提に、今国会で「カジノ解禁を含むIR=統合型リゾート整備法案」の成立を目指す考え。


ジャニーズ

1分間のアルコール依存症度チェックを行う。監修は芦屋JINクリニック精神科医の神三矢院長。アッコさんら3人が質問に「はい」か「いいえ」で答える。質問1はお酒を飲まないと寝付けないか。質問2はお酒が原因で大事な約束を守らなかったことがあるか。質問3はお酒を飲むと人が変わると言われたことがあるか。質問4は休日に明るいうちからお酒を飲むことがあるか。質問5はお酒を飲んで罪悪感を感じたことがあるか。最後は医師からアルコールを控えるように言われたことがあるか。これらの質問に「はい」の数がなかった人は正常。1,2個ある人はアルコール依存症予備軍。3個以上人はアルコール依存症の疑いありとなる。アッコさんは肝臓は女子高生並などと話した。本人が自覚していないこともあるという。


NHK

1分間のアルコール依存症度チェックを行う。監修は芦屋JINクリニック精神科医の神三矢院長。アッコさんら3人が質問に「はい」か「いいえ」で答える。質問1はお酒を飲まないと寝付けないか。質問2はお酒が原因で大事な約束を守らなかったことがあるか。質問3はお酒を飲むと人が変わると言われたことがあるか。質問4は休日に明るいうちからお酒を飲むことがあるか。質問5はお酒を飲んで罪悪感を感じたことがあるか。最後は医師からアルコールを控えるように言われたことがあるか。これらの質問に「はい」の数がなかった人は正常。1,2個ある人はアルコール依存症予備軍。3個以上人はアルコール依存症の疑いありとなる。アッコさんは肝臓は女子高生並などと話した。本人が自覚していないこともあるという。


芦屋JINクリニック

1分間のアルコール依存症度チェックを行う。監修は芦屋JINクリニック精神科医の神三矢院長。アッコさんら3人が質問に「はい」か「いいえ」で答える。質問1はお酒を飲まないと寝付けないか。質問2はお酒が原因で大事な約束を守らなかったことがあるか。質問3はお酒を飲むと人が変わると言われたことがあるか。質問4は休日に明るいうちからお酒を飲むことがあるか。質問5はお酒を飲んで罪悪感を感じたことがあるか。最後は医師からアルコールを控えるように言われたことがあるか。これらの質問に「はい」の数がなかった人は正常。1,2個ある人はアルコール依存症予備軍。3個以上人はアルコール依存症の疑いありとなる。アッコさんは肝臓は女子高生並などと話した。本人が自覚していないこともあるという。


AERA dot.

AERA dot.というコラムでは竹山隆範がアルコール依存症で3年断酒をしていた後輩について述べている。後輩の話によると、断酒中「今日も飲まなかった。」という人はコインをもらえ、それが貯まるとそれだけ飲んでいないというのが目で見えるという。しかし約束の3年が今日で終わりだと言う日に竹山は後輩に「実はずっと酒を飲んでいた。」と言われたという。アッコは「覚せい剤などと違い、飲酒自体は成人であれば違法ではない事を考えると難しい。」などとコメント。また今回の件に関して、お酒は悪くないというアッコに対し竹山が「お酒の反応は楽しくなる人や暴れる人とか、個々で違う。結局はお酒で迷惑かけた人は、普段の生活態度を改めて、お酒は完全に辞めないと。」などと話した。


アルコール依存症

山口さんは現在心のケアとして専門的な医師がつかなくてはいけない状態になっているという。週刊女性は山口さんの入院先が関東地方の精神科病院の閉鎖病棟である可能性を報じている。通常、閉鎖病棟の入り口は2重ロックで、病室の窓は10cmしか開かず、患者は24時間監視されているという。個人差はあるが、患者の入院期間は1年ほどだという。

AERA dot.というコラムでは竹山隆範がアルコール依存症で3年断酒をしていた後輩について述べている。後輩の話によると、断酒中「今日も飲まなかった。」という人はコインをもらえ、それが貯まるとそれだけ飲んでいないというのが目で見えるという。しかし約束の3年が今日で終わりだと言う日に竹山は後輩に「実はずっと酒を飲んでいた。」と言われたという。アッコは「覚せい剤などと違い、飲酒自体は成人であれば違法ではない事を考えると難しい。」などとコメント。また今回の件に関して、お酒は悪くないというアッコに対し竹山が「お酒の反応は楽しくなる人や暴れる人とか、個々で違う。結局はお酒で迷惑かけた人は、普段の生活態度を改めて、お酒は完全に辞めないと。」などと話した。


館山ダルク

アルコール・薬物依存に悩む人たちが社会復帰を目指す更生施設、館山ダルク。4年前に依存症と診断されたウエさんは社会でのトラブルやストレスが主にあったという。仕事のストレスで酒に溺れた人もいれば、孤独に耐えきれず酒に走った人もいる。19年前に依存症と診断されたニシさんは離婚後飲酒の時間と量が急増したそう。依存症は患者本人だけでなく、その家族も不幸にする。38歳の男性は酒が切れてくると妻に大声をあげていたそう、離婚後さらに飲酒量が増え、ついには幻覚を見るようになったそう。依存症だと知ったときにウエさんは最初は否定し、認めなかったという。施設の生活は自由に買い物ができず、外部との連絡も一切シャットアウト。やめたくてもやめられない酒への依存。いかに自分を抑えることができるかということが命題になるという。

薬物依存症と似ているという宮根さんに対し、黒澤文貴氏は「法にふれるかふれないかの違い。依存の心理的なメカニズムは変わらない」と話した。ダルク入居者の生活は基本的には規則正しい生活となっている。お酒を飲みたくなるタイミングなどもあるそう。買い物はグループで行動し、職員も帯同。買い物後レシート・残金を確認。朝晩2回アルコールチェックがある。消毒液など成分に少しでもアルコールを含んだものは排除されている。お酒が飲みたくなる時間帯は午後の運動療法のあとだそう。