ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する情報 2312件中 1〜10件目

性依存症

昨日5年ぶりの優勝を飾ったタイガー・ウッズ選手。今回の優勝でツアー通算80勝となり、歴代2位。生涯獲得賞金も130億円以上となった。タイガー・ウッズは1996年にプロに転向し、翌年にはマスターズで史上最年少優勝した。タイガー・ウッズは日本でも人気だった。しかし、ウッズはプライベートで人生のどん底を経験し、栄光に影を落とした。2009年11月、ウッズ選手が起こした自動車事故がきっかけで複数の女性との不倫が発覚した。当時アメリカの複数メディアは性依存症の治療を受けていると報道した。2010年2月ウッズは謝罪会見を行ったが、その後離婚した。そして2014年には背中や腰の手術をするなど、ケガの影響もあり成績は下降していった。世界ランキングでは10年ほぼ1位を獲得し続けたウッズ選手だが、不倫発覚から下降し、去年には1199位になった。去年5月ウッズ選手はブログに「もう1度プロのレベルでゴルフをしたい」という想いを綴っていた。しかし、その5日後逮捕される事態となった。飲酒と違法薬物について否定していたが、検査の結果逮捕。その後の裁判で薬物の影響下で危険な運転をした罪を認め罰金刑となった。復活の道のりは限りなく険しいと思われた。


オフィシャルワールドゴルフランキング

昨日5年ぶりの優勝を飾ったタイガー・ウッズ選手。今回の優勝でツアー通算80勝となり、歴代2位。生涯獲得賞金も130億円以上となった。タイガー・ウッズは1996年にプロに転向し、翌年にはマスターズで史上最年少優勝した。タイガー・ウッズは日本でも人気だった。しかし、ウッズはプライベートで人生のどん底を経験し、栄光に影を落とした。2009年11月、ウッズ選手が起こした自動車事故がきっかけで複数の女性との不倫が発覚した。当時アメリカの複数メディアは性依存症の治療を受けていると報道した。2010年2月ウッズは謝罪会見を行ったが、その後離婚した。そして2014年には背中や腰の手術をするなど、ケガの影響もあり成績は下降していった。世界ランキングでは10年ほぼ1位を獲得し続けたウッズ選手だが、不倫発覚から下降し、去年には1199位になった。去年5月ウッズ選手はブログに「もう1度プロのレベルでゴルフをしたい」という想いを綴っていた。しかし、その5日後逮捕される事態となった。飲酒と違法薬物について否定していたが、検査の結果逮捕。その後の裁判で薬物の影響下で危険な運転をした罪を認め罰金刑となった。復活の道のりは限りなく険しいと思われた。


「依存症」に関連するイベント情報

マスターズ

昨日5年ぶりの優勝を飾ったタイガー・ウッズ選手。今回の優勝でツアー通算80勝となり、歴代2位。生涯獲得賞金も130億円以上となった。タイガー・ウッズは1996年にプロに転向し、翌年にはマスターズで史上最年少優勝した。タイガー・ウッズは日本でも人気だった。しかし、ウッズはプライベートで人生のどん底を経験し、栄光に影を落とした。2009年11月、ウッズ選手が起こした自動車事故がきっかけで複数の女性との不倫が発覚した。当時アメリカの複数メディアは性依存症の治療を受けていると報道した。2010年2月ウッズは謝罪会見を行ったが、その後離婚した。そして2014年には背中や腰の手術をするなど、ケガの影響もあり成績は下降していった。世界ランキングでは10年ほぼ1位を獲得し続けたウッズ選手だが、不倫発覚から下降し、去年には1199位になった。去年5月ウッズ選手はブログに「もう1度プロのレベルでゴルフをしたい」という想いを綴っていた。しかし、その5日後逮捕される事態となった。飲酒と違法薬物について否定していたが、検査の結果逮捕。その後の裁判で薬物の影響下で危険な運転をした罪を認め罰金刑となった。復活の道のりは限りなく険しいと思われた。


「依存症」に関連するイベント情報

ツアーチャンピオンシップ

昨日5年ぶりの優勝を飾ったタイガー・ウッズ選手。今回の優勝でツアー通算80勝となり、歴代2位。生涯獲得賞金も130億円以上となった。タイガー・ウッズは1996年にプロに転向し、翌年にはマスターズで史上最年少優勝した。タイガー・ウッズは日本でも人気だった。しかし、ウッズはプライベートで人生のどん底を経験し、栄光に影を落とした。2009年11月、ウッズ選手が起こした自動車事故がきっかけで複数の女性との不倫が発覚した。当時アメリカの複数メディアは性依存症の治療を受けていると報道した。2010年2月ウッズは謝罪会見を行ったが、その後離婚した。そして2014年には背中や腰の手術をするなど、ケガの影響もあり成績は下降していった。世界ランキングでは10年ほぼ1位を獲得し続けたウッズ選手だが、不倫発覚から下降し、去年には1199位になった。去年5月ウッズ選手はブログに「もう1度プロのレベルでゴルフをしたい」という想いを綴っていた。しかし、その5日後逮捕される事態となった。飲酒と違法薬物について否定していたが、検査の結果逮捕。その後の裁判で薬物の影響下で危険な運転をした罪を認め罰金刑となった。復活の道のりは限りなく険しいと思われた。

ところが昨日、ツアーチャンピオンシップで優勝を果たした。奇跡的カムバックとなった。ウッズ選手は厳しいコンディションだったけど精一杯頑張ったなどと語った。ゴルフ解説者はタイガー・ウッズの復活の影に2つの原動力があったと指摘。1つ目は子どもたちだという。子どもを呼んで優勝したことがなかったのでそれを成し遂げたいという想いが強かったという。2つ目はファンの力。ファンにとってはスキャンダルがあっても不動のスーパースターだったという。試合会場となったアトランタはアメリカ南部でウッズのファンが多いという。その声援がウッズの活躍を後押ししたという。どん底から這い上がり優勝を果たしたウッズ選手。再び黄金期到来となるのか。


「依存症」に関連するイベント情報

マスターズゴルフ

最年少21歳でマスターズを優勝したウッズは、その後メジャー優勝14回を数え、スーパースターの地位を不動のものとした。中でも2008年の全米オープンはスーパーショットの連続で語り草となっている。しかし2009年には自宅近くで交通事故を起こし、そこから不倫も発覚し、10人を超える女性が浮気相手だと名乗り出て大スキャンダルに発展した。騒動の翌年にプロ活動を再開したが、腰の怪我などもありスーパースターの輝きは影を潜めた。さらに去年5月には意識が朦朧とした状態で車を運転したとして逮捕された。そして今月23日のツアー選手権でタイガー・ウッズは5年ぶりの優勝を果たした。

タイガー・ウッズは21歳で史上最年少としてマスターズ優勝を果たした。そこから14年間常に上位をキープし続けてきた。2011年には依存症治療で試合を欠場し58位までランキングを下げたが、翌年からはまた上位に戻っている。しかし14年に腰痛が深刻化し何度も出術をするが軽減せず、17年11月時点では過去最低の1199位までランキングが下がった。ここから順位を上げていったのには17年の4月に大きなターニングポイントがあったからだという。それが腰痛軽減のためのある決断でフュージョン手術を受けるかどうかだった。フュージョン手術は脊髄の一部を固定して腰痛を軽減できるが、失敗した場合選手生命の危機に陥るというリスクがあった。手術自体は成功したが、強い鎮痛剤を服用した状態で車を運転して逮捕された。ただ手術が成功したことにより腰の可動域が制限され腰痛が緩和されたことも復活の要因の一つだという。


性依存症

タイガー・ウッズの勝利は1876日ぶりのものとなっていて、これがツアー通算80勝目ともなっていた。今年のはじめは優勝なんて無理だと思ったと話しながらも、とても意味のある優勝だと思うとウッズ選手は振り返っていた。世界ランク1位を13年守り続けていたものの、2009年に交通事故を起こすと浮気相手とされる女性が続々と登場し、性依存症と診断され離婚した後の2011年には手術から棄権を繰り返し続けた。2017年5月には飲酒か薬物運転の疑いで逮捕され、ランキングは去年11月にはランクが1199位まで下落しながらの復活となった。


「依存症」に関連するイベント情報

ツアー選手権

タイガー・ウッズの勝利は1876日ぶりのものとなっていて、これがツアー通算80勝目ともなっていた。今年のはじめは優勝なんて無理だと思ったと話しながらも、とても意味のある優勝だと思うとウッズ選手は振り返っていた。世界ランク1位を13年守り続けていたものの、2009年に交通事故を起こすと浮気相手とされる女性が続々と登場し、性依存症と診断され離婚した後の2011年には手術から棄権を繰り返し続けた。2017年5月には飲酒か薬物運転の疑いで逮捕され、ランキングは去年11月にはランクが1199位まで下落しながらの復活となった。


アルコール依存症

WHOは、22日までに世界で2016年までにアルコール依存症など飲酒による健康被害に苦しんでいる15歳以上が推計2億8300万人以上に上ったとする報告書を発表。欧米などの高所得国で深刻な健康問題をもたらしていると警告している。WHOはアルコールによって健康に何らかの問題がある場合を「アルコール使用障害」と定義。世界の成人人口の5.1%にこの症状がみられ、日本は3.4%。仕事や家庭よりも飲酒を優先させるようになる依存症は成人人口の2.6%。日本は1.1%。(日本経済新聞)


アルコール使用障害

WHOは、22日までに世界で2016年までにアルコール依存症など飲酒による健康被害に苦しんでいる15歳以上が推計2億8300万人以上に上ったとする報告書を発表。欧米などの高所得国で深刻な健康問題をもたらしていると警告している。WHOはアルコールによって健康に何らかの問題がある場合を「アルコール使用障害」と定義。世界の成人人口の5.1%にこの症状がみられ、日本は3.4%。仕事や家庭よりも飲酒を優先させるようになる依存症は成人人口の2.6%。日本は1.1%。(日本経済新聞)


日本経済新聞

厚生労働省はパワハラ防止策作りを企業に義務付ける法律を整備する検討に入った。企業に法律で求める具体的な内容としては、パワハラ防止措置を義務付けた上で、働き手の相談に乗る社内の窓口を設けたり、事実関係をすみやかに調査。確認したりすることを想定する。パワハラ加害者の処分などの人事措置を求めることも検討する。パワハラの件数は増えており、17年度にはパワハラに関する相談が約7万2千件。6年連続で最多を更新。海外ではベルギーなどがパワハラ防止措置を企業に義務付けている。日本では、2019年の国会へ関連法案の提出を目指す。(日本経済新聞)

WHOは、22日までに世界で2016年までにアルコール依存症など飲酒による健康被害に苦しんでいる15歳以上が推計2億8300万人以上に上ったとする報告書を発表。欧米などの高所得国で深刻な健康問題をもたらしていると警告している。WHOはアルコールによって健康に何らかの問題がある場合を「アルコール使用障害」と定義。世界の成人人口の5.1%にこの症状がみられ、日本は3.4%。仕事や家庭よりも飲酒を優先させるようになる依存症は成人人口の2.6%。日本は1.1%。(日本経済新聞)