ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する情報 1732件中 1〜10件目

パーキンソン病

裁判官を辞職した後、弁護士へ転職した袴田さん。1972年に事務所を開業し仕事は順調、プライベートでは2人の子供に恵まれた。1980年死刑判決を不服としてた袴田さんの弁護団だが、最高裁でも死刑が確定した。その報道をみた熊本は全ての責任は一審で判決文を書いた自分にあると攻めた。謝罪しようと拘置所を訪れたが家族以外の面会は許されなかった。罪悪感から酒に溺れアルコール依存症に、仕事も手につかなかった。さらに鬱病・パーキンソン病に襲われた。守秘義務があるため家族にも話はできず熊本の心を察してくれる人はいなかった。1990年に離婚、弁護士の仕事も解雇され鹿児島へ移住。1996年には弁護士登録を抹消した。


鬱病

裁判官を辞職した後、弁護士へ転職した袴田さん。1972年に事務所を開業し仕事は順調、プライベートでは2人の子供に恵まれた。1980年死刑判決を不服としてた袴田さんの弁護団だが、最高裁でも死刑が確定した。その報道をみた熊本は全ての責任は一審で判決文を書いた自分にあると攻めた。謝罪しようと拘置所を訪れたが家族以外の面会は許されなかった。罪悪感から酒に溺れアルコール依存症に、仕事も手につかなかった。さらに鬱病・パーキンソン病に襲われた。守秘義務があるため家族にも話はできず熊本の心を察してくれる人はいなかった。1990年に離婚、弁護士の仕事も解雇され鹿児島へ移住。1996年には弁護士登録を抹消した。


鹿児島

裁判官を辞職した後、弁護士へ転職した袴田さん。1972年に事務所を開業し仕事は順調、プライベートでは2人の子供に恵まれた。1980年死刑判決を不服としてた袴田さんの弁護団だが、最高裁でも死刑が確定した。その報道をみた熊本は全ての責任は一審で判決文を書いた自分にあると攻めた。謝罪しようと拘置所を訪れたが家族以外の面会は許されなかった。罪悪感から酒に溺れアルコール依存症に、仕事も手につかなかった。さらに鬱病・パーキンソン病に襲われた。守秘義務があるため家族にも話はできず熊本の心を察してくれる人はいなかった。1990年に離婚、弁護士の仕事も解雇され鹿児島へ移住。1996年には弁護士登録を抹消した。


アルコール依存症

裁判官を辞職した後、弁護士へ転職した袴田さん。1972年に事務所を開業し仕事は順調、プライベートでは2人の子供に恵まれた。1980年死刑判決を不服としてた袴田さんの弁護団だが、最高裁でも死刑が確定した。その報道をみた熊本は全ての責任は一審で判決文を書いた自分にあると攻めた。謝罪しようと拘置所を訪れたが家族以外の面会は許されなかった。罪悪感から酒に溺れアルコール依存症に、仕事も手につかなかった。さらに鬱病・パーキンソン病に襲われた。守秘義務があるため家族にも話はできず熊本の心を察してくれる人はいなかった。1990年に離婚、弁護士の仕事も解雇され鹿児島へ移住。1996年には弁護士登録を抹消した。


SEX依存症

ハーベイ・ワインスタイン氏は依存症の更生施設に向かったとみられる。ワインスタイン氏は民主党の支持者として多額の寄付やパーティーに出席していた。ヒラリー・クリントン氏は「ショックを受けぼうぜんとしている。このようなふるまいをやめさせるには告白した女性たちの勇気、周りの人たちの支援が不可欠」としてワインスタイン氏からの寄付を慈善団体に寄付するとコメント。オバマ元大統領は「あのようなやり方で女性をおとしめる男性は富と地位に関係なく非難され説明責任を負うべき」などとコメント。オバマ前大統領の長女・マリアさんはワインスタイン氏の会社でインターンをしていた。


毎日新聞出版

シリーズ累計250万部を突破、お母さんを卒業する完結篇「毎日かあさん14 卒母編」を描いた西原理恵子さんの自宅を訪れる。「毎日かあさん」は西原家の日常をリアルに描いたギャグ漫画で、褒めて育てる方法や、アルコール依存症の旦那との離婚を赤裸々に描いてきた。連載を終えようと思ったきっかけは、娘が反抗期になって手を貸すこともなくなり、母としての役割が終わったことがあるという。


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

シリーズ累計250万部を突破、お母さんを卒業する完結篇「毎日かあさん14 卒母編」を描いた西原理恵子さんの自宅を訪れる。「毎日かあさん」は西原家の日常をリアルに描いたギャグ漫画で、褒めて育てる方法や、アルコール依存症の旦那との離婚を赤裸々に描いてきた。連載を終えようと思ったきっかけは、娘が反抗期になって手を貸すこともなくなり、母としての役割が終わったことがあるという。

「毎日かあさん1 カニ母編」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

シリーズ累計250万部を突破、お母さんを卒業する完結篇「毎日かあさん14 卒母編」を描いた西原理恵子さんの自宅を訪れる。「毎日かあさん」は西原家の日常をリアルに描いたギャグ漫画で、褒めて育てる方法や、アルコール依存症の旦那との離婚を赤裸々に描いてきた。連載を終えようと思ったきっかけは、娘が反抗期になって手を貸すこともなくなり、母としての役割が終わったことがあるという。

「ちくろ幼稚園 (Young Sunday comics)」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

シリーズ累計250万部を突破する「毎日かあさん」は、お母さんを卒業する完結篇「毎日かあさん14 卒母編」でフィナーレを迎える。佐藤は、なんで今まで読まなかったのかというほど素敵なストーリーだったとコメント。

シリーズ累計250万部を突破、お母さんを卒業する完結篇「毎日かあさん14 卒母編」を描いた西原理恵子さんの自宅を訪れる。「毎日かあさん」は西原家の日常をリアルに描いたギャグ漫画で、褒めて育てる方法や、アルコール依存症の旦那との離婚を赤裸々に描いてきた。連載を終えようと思ったきっかけは、娘が反抗期になって手を貸すこともなくなり、母としての役割が終わったことがあるという。

「毎日かあさん14 卒母編」

Amazon.co.jp


国立病院機構久里浜医療センター

厚労省では、定年後にアルコール依存症となるケースが多いとの調査結果も。定年を迎え無気力になっていたり、妻が亡くなり孤独感を紛らわすためといった理由から男性の飲み過ぎが多いのだという。しかし、高齢者は若者に比べて体内水分量が10〜15%減少しているため、アルコールの血中濃度が濃く酔いやすい体質になっている。また、体への負担も増加。アルコールを飲み続けると脳が萎縮し、認知症を発症する確率も上昇するのだという。一方で、お酒には適量の飲酒であればメリットも存在する。酒を飲み過ぎだったり全く飲まない人よりも、適量を飲む人の死亡率が下がるという「Jカーブ効果」や、アルコールによって血管が拡張することで血圧が下がるという効果を紹介した。ただし、高齢者の飲酒は成人の半分が適量とされている。