ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する情報 2421件中 1〜10件目

アルコール依存症

山田五郎が「可哀想な画家」というテーマで、モーリス・ユトリロを紹介。ユトリロの母も画家で、色んな男と遊んで家に帰ってこなかったという。ユトリロは9歳でアルコール依存症になり、18歳で入院。絵画療法を勧められ、そこから絵を描き始めたという。


スマホ

子供にスマホを持たせるべきか否か。スマホは生活に欠かせないものになった一方、おばあちゃん世代からは使いすぎを心配する声が出ている。内閣府の調査では小学生の半数以上が携帯電話を持ち、スマホを持つ小学生もおよそ3割となっている。子供へのスマホをどうするか、深谷さん宅では先月、約束した勉強の目標を達成した小6の花子さんにスマホをもたせた。ミュージカルグループの仲間たちとLINEでコミュニケーションを取りたいという。花子さんはスマホを使うにあたって、「ゲームをやりすぎない」、「不特定多数の人とのSNSでのやりとりはしない」、「人の悪口は書かない」などの約束を交わした。母・直子さんは、「いつかは持たせなきゃいけない。今なら向き合って携帯の使い方も教えてあげられる」などと話した。

親が子供と一緒に学ぶことが大切なスマホの使い方。子供とスマホをめぐる状況には、大きな変化が生じている。大阪府の公立小中学校では、今年4月から子供たちがスマホ・携帯を校内に持ち込めるようになる。要因の一つとなったのが、去年6月の大阪北部地震。当時は登校中の児童も多く、「子供との連絡が取れなくて不安」という保護者からの声が相次いだ。一方、文科省は学校への持ち込みを原則禁止していて、教育評論家の尾木直樹さんも「これは大問題」などと、スマホ解禁による教育現場の混乱を指摘した。さらに子供とスマホをめぐっては、「エルサゲート」と呼ばれる不適切な動画の危険性も世界中で問題になっている。エルサゲートとは、「アナと雪の女王」のキャラ「エルサ」と事件などを表す「ゲート」を組み合わせた造語で、子供向けと見せかけた悪質動画を子供たちが知らずに見てしまうことが増えているという。日本の携帯大手3社は、フィルター設定や子供向け安全教室など、スマホをめぐる危険から子供たちを守るサービスを実施している。

子供にスマホを持たせることについて、島田彩夏は「SNSなど親の知らない世界に子供が足を踏み入れることもある。そこをどう共有できるかが心配」などとコメント。反町理は、「依存症という言葉が飛び交っている中、スマホにしてもゲームにしても依存症になるかどうかは保護者の責任」などと話した。


海の中道大橋

福岡市の中央区では8年前に飲酒運転の車にはねられて亡くした息子を持つ母親が「飲酒運転は許してはいけない犯罪として認められた時代が平成だと思う」と語っていた。20年前の飲酒運転による東名高速の事故では、最高で懲役20年が科される「危険運転罪」が成立した。

平成18年、海の中道大橋では幼い3人を乗せたまま車が橋の下に落下する事故があった。飲酒運転の末の追突事故では、幼い3人が犠牲となった。事故を起こした福岡市職員の男は、危険運転罪などで懲役20年の判決を受けた。高校生だった長男の命を奪われた母親による講演会が行われる中、同乗者への罰則やアルコール依存症対策がすすめられて事故はピーク時の7分の1に減っていた。しかし、飲酒運転撲滅まで遠い道のりでおととし1年間で飲酒運転の検挙数は2万7195件となっている。


「依存症」に関連するイベント情報

北海道IRショーケース

今日札幌で開かれた北海道IRショーケースでは、世界各国の大手カジノ企業など7社が集結した。カジノへの依存症への懸念から反対の声もあり、大手カジノ企業は経済効果をアピールした。カジノは全国で3カ所選定される予定だという。


シーザーズ・エンターテイメント

今日札幌で開かれた北海道IRショーケースでは、世界各国の大手カジノ企業など7社が集結した。カジノへの依存症への懸念から反対の声もあり、大手カジノ企業は経済効果をアピールした。カジノは全国で3カ所選定される予定だという。


「依存症」に関連するイベント情報

ラグビーワールドカップ

6月には大阪でG20が日本で初めて行われる。渋谷さんは「インバウンドを取っても大阪は訪問率が1位。IRがうまく稼働することになれば訪問率をさらに上げる経済効果はあるが、一方でギャンブル依存症問題の対策も残っている。ここをどう処理するかはこれからの課題」などと話す。9月にはラグビーW杯が開幕。10月には消費税が10%引き上げに。政府の資産では、増税の家計の負担増は約2兆円になるとしているが、その対策に負担増を上回る総額約2兆3000億円を計上している。渋谷さんは「心配なのは、個人消費が力強いとは言えない。日本経済は外国人に支えられている面がある。ポイント還元も9か月の間で、果たして消費の冷え込みを防げるのか?」などと話す。


御堂筋

6月には大阪でG20が日本で初めて行われる。渋谷さんは「インバウンドを取っても大阪は訪問率が1位。IRがうまく稼働することになれば訪問率をさらに上げる経済効果はあるが、一方でギャンブル依存症問題の対策も残っている。ここをどう処理するかはこれからの課題」などと話す。9月にはラグビーW杯が開幕。10月には消費税が10%引き上げに。政府の資産では、増税の家計の負担増は約2兆円になるとしているが、その対策に負担増を上回る総額約2兆3000億円を計上している。渋谷さんは「心配なのは、個人消費が力強いとは言えない。日本経済は外国人に支えられている面がある。ポイント還元も9か月の間で、果たして消費の冷え込みを防げるのか?」などと話す。


「依存症」に関連するイベント情報

万博

6月には大阪でG20が日本で初めて行われる。渋谷さんは「インバウンドを取っても大阪は訪問率が1位。IRがうまく稼働することになれば訪問率をさらに上げる経済効果はあるが、一方でギャンブル依存症問題の対策も残っている。ここをどう処理するかはこれからの課題」などと話す。9月にはラグビーW杯が開幕。10月には消費税が10%引き上げに。政府の資産では、増税の家計の負担増は約2兆円になるとしているが、その対策に負担増を上回る総額約2兆3000億円を計上している。渋谷さんは「心配なのは、個人消費が力強いとは言えない。日本経済は外国人に支えられている面がある。ポイント還元も9か月の間で、果たして消費の冷え込みを防げるのか?」などと話す。


アルコール依存症

JALのCAが勤務中に機内で飲酒した問題について本人は一貫して否定。呼気を3回検査して基準値を超えるアルコールが検知。、同乗したCAの証言。搭載していたシャンパン1本が無くなりゴミ箱から空き瓶が発見された。マウスウォッシュなどが検査への影響が認められず過去にも飲酒疑惑があったことなどから会社は飲酒を認定。去年11月の飲酒疑惑の経緯は同乗していたCAがアルコール臭に気付き体調が悪いのではないかと指摘。千任客室乗務員が指摘について尋ねるとCAは否定。ところがその後シャンパンボトルがトイレ内で発見。これについても否定した。結局この時は発言を信じ疑わしい行動への注意で終了した。松尾氏によると当時はCAへのアルコールの呼気検査が無く証拠に繋がるものが出しづらかった。今年10月にイギリスでJALの副操縦士が逮捕され禁錮10か月が言い渡され、その他にもANA系機長の飲酒が原因で遅延が発生し計5便619人に影響が出た。相次ぐ飲酒不祥事に国交省はJALに事業改善命令。ANAなど4社に厳重注意を行った。松尾氏は「再発予防のためにCAが飲んだ理由やメンタルケアが重要」などと話した。

飲酒問題が発生した飛行機でのタイムスケジュールを紹介。午後6時10分にCAは出社しブリーフィングと呼気検査を行う。終了後は機内で調整を行い、7時25分に乗客の搭乗を開始し55分に出発。離陸後は飲み物・食事サービスがあり、食事片付けと機内販売後の午後11時に消灯しクルーは食事と仮眠をとることができる。会見の中では食事サービスが終了したタイミングで同乗していたCAがCAのアルコールの臭いを報告した事から食事サービスの間ではないかとみられる。消灯したタイミングでは客に提供する事を装って酒は持ち歩くことができ、酒を持ってトイレに入るCAの話を聞いたことがあると現役CAは話している。松尾氏は「酒の数は在庫確認するためベテランのCAは分かるはず。空き瓶は客室乗務員じゃないと分からないような場所に入っていた。」などとコメントした。


整形依存症

度重なる違法な整形手術により顔が三倍近くまで膨張し扇風機おばさんと呼ばれた韓国人女性が亡くなっていた事が15日に分かった。20歳の頃には端正な顔立ちで21歳の時にスターを夢見て来日、その後非合法の闇医者のもとへ通い顔へのシリコン注射を打ち続け整形依存症となった。お金がなくなると今度は自らの手で食用油などを打ち続けたという。姉によると亡くなる2日前まで元気な様子で過ごしており、突然の死だったという。