ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「信州申まつり」の検索結果

「信州申まつり」に関連する情報 10件中 1〜10件目

「信州申まつり」に関連するイベント情報

信州申まつり

2016年9月30日、3日間にわたる「信州申まつり」という最大規模の音楽イベントが開かれた。日本全国で200人以上の参加者があったという。地元の人も参加し、ライブのほか、出店も並んでいたという。しかし、祭りが終わっても残り続ける人がいたという。さらに主催者の男は、気持ちの変化が激しいと感じるときがあったと話した。町では、違和感を覚えるものもいた。


「信州申まつり」に関連するイベント情報

信州申まつり

長野県に住む男女22人が大麻取締法違反の疑いで一斉に逮捕された。22人は27〜64歳までの男女でほとんどが他の地域から移住してきた人間だという。住まいはばらばらで乾燥大麻を約8キロ、約1万6000回分の量が押収された。容疑者らはイベントを開催するなどして緩やかなコミュニティを結成したと見られている。(スポーツニッポン/日刊スポーツ/スポーツ報知)

長野県に住む男女22人が大麻取締法違反の疑いで一斉に逮捕された件について話が展開。限界集落の問題というのは考えていかなければならないと横江氏は話し、就職もない場所に人を住まわせていていいのかという問題もあるとした。


「信州申まつり」に関連するイベント情報

信州申まつり

長野県に住む男女22人が大麻取締法違反の疑いで一斉に逮捕された。22人は27〜64歳までの男女でほとんどが他の地域から移住してきた人間だという。大町市は空き家が点在する限界集落で移住者に助成金を出すなどの取り組みを行っていた。市の職員は水を差す出来事だと話した。


「信州申まつり」に関連するイベント情報

信州申まつり

吉川裕二さんは、大麻がこの地域で氾濫していることの現れだなどと話した。大麻クッキーは、大麻を吸うのと同じレベルではないが、何らかの情報は出てくるという。容疑者は、全員独立した生活を送っていたという。また、薪が積まれ、電力に頼らない生活をしていたという。この地域での生活は物々交換が基本で、お金に執着がないように見えたという。容疑者について知っている人に話を聴いたところ、一人の容疑者は、地域での評判は非常に良かったという。別の容疑者は、麻を染めたものをフリーマーケットで売っていたという。麻薬取締部は、信州申まつりという地域のイベントの音楽イベントでも使用していたと見ているという。吉川裕二さんは、大麻を使っているミュージシャンが多かった時期があり、イベントで演奏する側も、会場の人たちも使う、無償有償を問わず売買が行われていた可能性は高いという。また、大麻の所持栽培は、格段に刑が重くなるという。


大麻草

長野県の限界集落のこの地域は、夏休みを利用して小学生が山村で暮らす、山村留学という仕組みを始めたところだという。先週の木曜日までに、大麻取締法違反などで、静岡県内、長野県内の27〜64歳の、男14、女8人の男女22人が、逮捕された。22人中、6組12人が、夫婦関係。中には、アメリカ国籍の男もいる。21人が大麻取締法の所持の疑いで、1人が、大麻取締法違反、営利目的での所持の疑いでの逮捕。11人が容疑を認め、11人が否認をしている。厚生労働省の各地域の麻薬取締部が中心となり、神奈川県警や長野県警などと協力して大量検挙になったという。押収された乾燥大麻は8キロあり、大麻を練り込んだクッキーや、乾燥中の大麻草が7本あり、少なくとも1万6000回分の使用量が押収された。

吉川裕二さんは、大麻がこの地域で氾濫していることの現れだなどと話した。大麻クッキーは、大麻を吸うのと同じレベルではないが、何らかの情報は出てくるという。容疑者は、全員独立した生活を送っていたという。また、薪が積まれ、電力に頼らない生活をしていたという。この地域での生活は物々交換が基本で、お金に執着がないように見えたという。容疑者について知っている人に話を聴いたところ、一人の容疑者は、地域での評判は非常に良かったという。別の容疑者は、麻を染めたものをフリーマーケットで売っていたという。麻薬取締部は、信州申まつりという地域のイベントの音楽イベントでも使用していたと見ているという。吉川裕二さんは、大麻を使っているミュージシャンが多かった時期があり、イベントで演奏する側も、会場の人たちも使う、無償有償を問わず売買が行われていた可能性は高いという。また、大麻の所持栽培は、格段に刑が重くなるという。

大町市は富山県との県境で、山の中にあり、過疎化が深刻な問題になっているという。そのため、移住者に対して補助金制度を出す制度を始めている。しかし、今回の容疑者の11人は補助金は利用せず町も、11人は把握していないという。川村さんは、 目指している自給自足世界を作ろうとしたのかもしれないが、 住民登録していても、人里離れているので、町役場などが調べに行きにくいことも利用していたのではないか、など話した。厚生労働省が、世界で最も乱用されていると警鐘を鳴らす大麻については、日本では検挙者が増加している。


「信州申まつり」に関連するイベント情報

信州申まつり

長野県の過疎地区で大麻所持の疑いで27歳〜64歳の男女22人が逮捕された。共通していたのは移住者であること。そのうち1組の夫婦については近隣住民も普通に見えたが家から煙の臭いがしたなどと証言している。近隣ではイベントがあり、それでこのグループが交流を深めたと見られている。

22人が逮捕された大麻コミュニティでの事件について。夫婦も多くおり、子どもがいる家庭もあったという。どうしてこうしたコミュニティが生まれたのか。専門家によるとかつて麻の生産地であったこと、過疎地域で見つかりにくいこと、SNSの普及があげられるという。竹山はこのニュースでまだこうしたことをしている人は多いのかもしれないと話した。


「信州申まつり」に関連するイベント情報

信州申まつり

大町市美麻で池田町の48歳の容疑者ら男女22人が大麻所持などの疑いで逮捕された。容疑者たちは東京や神奈川などの都市部から移住し、大麻を栽培・乱用していた。厚生労働省麻薬取締部は乾燥大麻約8kgを押収した。中には大麻を練り込んだクッキーもあった。麻薬取締部は22人の容疑者が大麻コミュニティーを形成し、音楽イベントなどで大麻を使っていた可能性があると見ている。池田町を取材すると、容疑者は集落の部会長を務め、地区の祭りなどに積極的に参加していた。逮捕された22人のうち11人は容疑を認め、11人は否認か一部否認をしている。


「信州申まつり」に関連するイベント情報

信州申まつり

この秋、美麻地区の近郊で行われた音楽イベント。主催者は今回逮捕された容疑者の一人だった。逮捕された22人は山間の一軒家などに離れ離れに住みながら大麻コミュニティーを形成していったとみられている。今回押収された乾燥大麻は少なくとも10kg、根っこが付いた状態の大麻草も7本あり、容疑者の一部が大麻を栽培していたとみて調べを進めている。


「信州申まつり」に関連するイベント情報

信州申まつり

長野池田町で開催された音楽イベント「信州申まつり」で大麻が使用されていた疑いが持たれている。大麻所持の現行犯で逮捕された夫婦の自宅からは34.8gの大麻が押収された。


「信州申まつり」に関連するイベント情報

信州申まつり

長野県池田市に住む男性ら22人が現行犯逮捕され、乾燥大麻を少なくとも8キログラム押収した。一部の容疑者が音楽イベント・信州申まつりを主催していたことがわかった。こうしたイベントで大麻が使用されていた可能性もあるとみて調べている。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (10)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (9)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (1)