ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「傷だらけのローラ」の検索結果

「傷だらけのローラ」に関連する情報 901件中 1〜10件目

「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

今年5月に急性心不全のため亡くなった、歌手の西城秀樹さんの妻、美紀さんが、著書「蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年」の中で、秀樹さんが亡くなるまでの3週間の詳細を初めて明らかにした。今年4月25日、突然けいれんを起こした秀樹さんは病院に搬送されるも心肺停止で、一命はとりとめたが意識は戻らなかった。翌日、医師から「もって1週間」と告げられた。この時秀樹さんは脳死状態と診断された。秀樹さんは46歳のとき17歳下の美紀さんと結婚。2003年に脳梗塞を起こすもすぐ復帰。しかし2011年に脳梗塞を再発。右半身にまひが残ったが家族が支えた。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

圧倒的な歌唱力は多くの人を惹きつけ、温和で気さくな人柄は誰からも愛された。今年5月急性心不全のため63歳で亡くなった西城秀樹さんの妻が、18年間の結婚生活を綴った著書を発表。明かされたのは旅立つ前最後の3週間。突然訪れた思いもよらぬ現実に混乱する家族。家族しか知り得なかった最期の時。ワイルドな17歳で鮮烈なデビューを果たした秀樹さん。ヒットソングは数知れず、俳優としてもドラマなどに出演。寺内貫太郎一家の長男周平役では大きな人気を博した。プライベートでは2001年に17歳下の妻と結婚、翌年には長女が生まれるなど幸せな日々を送っていた。2003年6月韓国のディナーショー終わりに脳梗塞が判明。それでも家族の支えの中リハビリに立ち向かい、復帰会見では家族について聞かれ言葉に詰まる場面も。2005年に撮影された家族写真では幸せそのもの。しかし2011年11月56歳で脳梗塞を再発、後遺症は重く言語障害と右手足も不自由になった。そんな状況でも歌への情熱を胸にほぼ2日に1度のペースでリハビリに取り組み、2015年には還暦祝いのイベントに出演、新曲を熱唱するまでに回復した。その後も精力的にステージに立ち続けた。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

安藤常光が西城秀樹の「傷だらけのローラ」を歌い、99.068点を獲得。安藤常光はドイツのラインスベルク音楽祭で日本人唯一のソリストに選出された世界的オペラ歌手。また、東京交響楽団の指揮者であり、金沢大学で音楽教師を目指す学生たちを指導している国立大学の教授でもある。


「傷だらけのローラ」に関連するイベント情報

ラインスベルク音楽祭

安藤常光が西城秀樹の「傷だらけのローラ」を歌い、99.068点を獲得。安藤常光はドイツのラインスベルク音楽祭で日本人唯一のソリストに選出された世界的オペラ歌手。また、東京交響楽団の指揮者であり、金沢大学で音楽教師を目指す学生たちを指導している国立大学の教授でもある。


金沢大学

安藤常光が西城秀樹の「傷だらけのローラ」を歌い、99.068点を獲得。安藤常光はドイツのラインスベルク音楽祭で日本人唯一のソリストに選出された世界的オペラ歌手。また、東京交響楽団の指揮者であり、金沢大学で音楽教師を目指す学生たちを指導している国立大学の教授でもある。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

今井は世界観を表現しようとするアプローチとして、「泣きの響き」を挙げた。このテクニックを用いて、西城秀樹の「傷だらけのローラ」を歌ってみせた。今回、大倉忠義が歌う加山雄三の「君といつまでも」について、YURIは「自分の人生を語っているよう」と述べた。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

君といつまでも

世界観の表現が難しい曲として、今井マサキはMISIAの「逢いたくていま」、矢沢永吉の「アリよさらば」、浦嶋りんこはサザン・オールスターズの「真夏の果実」、YURIは久保田利伸の「Indigo Waltz」、加山雄三の「君といつまでも」を挙げた。YURIは抑揚をつけた歌声で久保田利伸は切なさを表現していると語った。今井はMISIAを卓越したシンガーと絶賛し、浦嶋は音声言語医学の分析によるとMISIAは低音域でも裏声っぽく、高音域には強く安定した発声ができ、才能に加えて凄まじい訓練の賜物と語った。

今井は世界観を表現しようとするアプローチとして、「泣きの響き」を挙げた。このテクニックを用いて、西城秀樹の「傷だらけのローラ」を歌ってみせた。今回、大倉忠義が歌う加山雄三の「君といつまでも」について、YURIは「自分の人生を語っているよう」と述べた。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

DANCING QUEEN

高円寺周辺をブラブラ。大道芸人がいるというスタジオに入ってみる。昼はシルバージュエリーのお店をしているという。お店にはポスターの大道芸人が加納真実さんがいた。加納真実さんは一度見たらクセになりハマる人が続出しているという。大道芸を見せていただく。青いジャージがトレードマーク。西城秀樹の傷だらけのローラに合わせて芸を披露した。次のネタはおかめの仮面をしてシャイな人を演じ、ABBAのDANCING QUEENに合わせて踊りだした。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

高円寺周辺をブラブラ。大道芸人がいるというスタジオに入ってみる。昼はシルバージュエリーのお店をしているという。お店にはポスターの大道芸人が加納真実さんがいた。加納真実さんは一度見たらクセになりハマる人が続出しているという。大道芸を見せていただく。青いジャージがトレードマーク。西城秀樹の傷だらけのローラに合わせて芸を披露した。次のネタはおかめの仮面をしてシャイな人を演じ、ABBAのDANCING QUEENに合わせて踊りだした。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

Get Along Together -愛を贈りたいから-

続いてはゴールデンボンバーに、カラオケの十八番について話を聞く。鬼龍院翔は西城秀樹の「傷だらけのローラ」で、西城秀樹のトリビュートアルバム「西城秀樹ROCKトリビュート KIDS WANNA ROCK!」の中で、GACKTがこの曲を歌っていると話した。喜矢武豊はL’Arc〜en〜Cielの「winter fall」で、hydeの声マネが得意だと話した。樽美酒研二は山根康広の「Get Along Together -愛を贈りたいから-」だと答えた。そして、彼らにカラオケで、それらの歌を歌ってもらった。すると渡部建が、この番組のゲストがカラオケで歌を歌うのは、篠原信一が「青雲のうた」を歌って以来だと話した。続きはCMの後で。