ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「傷だらけのローラ」の検索結果

「傷だらけのローラ」に関連する情報 892件中 1〜10件目

「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

Get Along Together -愛を贈りたいから-

続いてはゴールデンボンバーに、カラオケの十八番について話を聞く。鬼龍院翔は西城秀樹の「傷だらけのローラ」で、西城秀樹のトリビュートアルバム「西城秀樹ROCKトリビュート KIDS WANNA ROCK!」の中で、GACKTがこの曲を歌っていると話した。喜矢武豊はL’Arc〜en〜Cielの「winter fall」で、hydeの声マネが得意だと話した。樽美酒研二は山根康広の「Get Along Together -愛を贈りたいから-」だと答えた。そして、彼らにカラオケで、それらの歌を歌ってもらった。すると渡部建が、この番組のゲストがカラオケで歌を歌うのは、篠原信一が「青雲のうた」を歌って以来だと話した。続きはCMの後で。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

続いてはゴールデンボンバーに、カラオケの十八番について話を聞く。鬼龍院翔は西城秀樹の「傷だらけのローラ」で、西城秀樹のトリビュートアルバム「西城秀樹ROCKトリビュート KIDS WANNA ROCK!」の中で、GACKTがこの曲を歌っていると話した。喜矢武豊はL’Arc〜en〜Cielの「winter fall」で、hydeの声マネが得意だと話した。樽美酒研二は山根康広の「Get Along Together -愛を贈りたいから-」だと答えた。そして、彼らにカラオケで、それらの歌を歌ってもらった。すると渡部建が、この番組のゲストがカラオケで歌を歌うのは、篠原信一が「青雲のうた」を歌って以来だと話した。続きはCMの後で。

「GOLDEN☆BEST 森田公一」

Amazon.co.jp


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

続いてはゴールデンボンバーに、カラオケの十八番について話を聞く。鬼龍院翔は西城秀樹の「傷だらけのローラ」で、西城秀樹のトリビュートアルバム「西城秀樹ROCKトリビュート KIDS WANNA ROCK!」の中で、GACKTがこの曲を歌っていると話した。喜矢武豊はL’Arc〜en〜Cielの「winter fall」で、hydeの声マネが得意だと話した。樽美酒研二は山根康広の「Get Along Together -愛を贈りたいから-」だと答えた。そして、彼らにカラオケで、それらの歌を歌ってもらった。すると渡部建が、この番組のゲストがカラオケで歌を歌うのは、篠原信一が「青雲のうた」を歌って以来だと話した。続きはCMの後で。

「winter fall」

Amazon.co.jp


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

続いてはゴールデンボンバーに、カラオケの十八番について話を聞く。鬼龍院翔は西城秀樹の「傷だらけのローラ」で、西城秀樹のトリビュートアルバム「西城秀樹ROCKトリビュート KIDS WANNA ROCK!」の中で、GACKTがこの曲を歌っていると話した。喜矢武豊はL’Arc〜en〜Cielの「winter fall」で、hydeの声マネが得意だと話した。樽美酒研二は山根康広の「Get Along Together -愛を贈りたいから-」だと答えた。そして、彼らにカラオケで、それらの歌を歌ってもらった。すると渡部建が、この番組のゲストがカラオケで歌を歌うのは、篠原信一が「青雲のうた」を歌って以来だと話した。続きはCMの後で。

「西城秀樹ROCKトリビュート」

Amazon.co.jp


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

続いてはゴールデンボンバーに、カラオケの十八番について話を聞く。鬼龍院翔は西城秀樹の「傷だらけのローラ」で、西城秀樹のトリビュートアルバム「西城秀樹ROCKトリビュート KIDS WANNA ROCK!」の中で、GACKTがこの曲を歌っていると話した。喜矢武豊はL’Arc〜en〜Cielの「winter fall」で、hydeの声マネが得意だと話した。樽美酒研二は山根康広の「Get Along Together -愛を贈りたいから-」だと答えた。そして、彼らにカラオケで、それらの歌を歌ってもらった。すると渡部建が、この番組のゲストがカラオケで歌を歌うのは、篠原信一が「青雲のうた」を歌って以来だと話した。続きはCMの後で。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

イントロクイズが出題された。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

今年5月16日、西城秀樹が永眠。1万人のファンが通夜会場に集まった。生前、西城秀樹は二度の脳梗塞に倒れたが、辛いリハビリを諦めなかった。西城秀樹は16歳で歌手を志し、1972年に恋する季節でデビュー。キャッチフレーズはワイルドな17歳。徳光は、「セクシーな男だと思った。開放的なお嬢さんが夢中になっていた。」とコメント。日本中がヒデキブームとなった。スタジアムライブ、クレーン演出をしたのもソロ歌手としては西城秀樹が初。西城秀樹に失神するファンもいた。しかし、西城秀樹は高所恐怖症だった。徳光は、「西城秀樹はファンが満足するためになんでもやる。」とコメント。デビューから6年目、CM撮影で西城秀樹はロサンゼルスを訪れた。その時、ラジオから流れてくるヴィレッジ・ピープルのY.M.C.A.を聴いて、日本語で歌うことを決意。YOUNG MAN(Y.M.C.A.)は週間シングルランキング5週連続1位となった。大人から子どもまで楽しめる国民的ソングとなった。2003年、脳梗塞発症。だが、諦めなかった。そこにはある想いが。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

BGM:「傷だらけのローラ」/西城秀樹


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

私鉄沿線

2人の友情を最も表していたのがレコード大賞の授賞式。伝説の始まりは1974年の大晦日、五郎は歌唱賞を最もとりたいと思っていたが、秀樹の「傷だらけのローラ」が選ばれた。新御三家で歌唱力をウリにしていたが賞を奪われた五郎、秀樹は五郎の前では喜ばない優しさを見せた。翌年、五郎は「私鉄沿線」が大ヒット、念願の歌唱賞を受賞した。3年目はどちらが賞をとるのか注目された。


「傷だらけのローラ」に関連する音楽・CD

傷だらけのローラ

2人の友情を最も表していたのがレコード大賞の授賞式。伝説の始まりは1974年の大晦日、五郎は歌唱賞を最もとりたいと思っていたが、秀樹の「傷だらけのローラ」が選ばれた。新御三家で歌唱力をウリにしていたが賞を奪われた五郎、秀樹は五郎の前では喜ばない優しさを見せた。翌年、五郎は「私鉄沿線」が大ヒット、念願の歌唱賞を受賞した。3年目はどちらが賞をとるのか注目された。