ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「光野正三」の検索結果

「光野正三」に関連する情報 24件中 1〜10件目

「光野正三」に関連するグルメ情報

生姜

東京の町田市鶴間にある工場・セントラルキッチンに向かってみると、パン工場では元ホテルニューオータニのパティシエなどが多く在籍していて、「プレミアムチーズケーキ」の生みの親・光野正三さんも以前は人気フレンチ店のパティシエだった。成城石井では毎月約20個の新商品を開発し、週に1回新商品会議を行っているが、光野さんは新しく「レモンジンジャーケーキ」を開発していて、この商品はバターを使わずにレモンと生姜を使ったことで爽やかな味わいとなっているが、石塚さんに食べてもらうと中もレモンとなっているが、しっとりした味になっていてレモンの皮も味を引き立てていると話していて、光野さんは皮から苦味がでないようにする研究が大変だったと振り返っていた。


「光野正三」に関連するグルメ情報

レモン

東京の町田市鶴間にある工場・セントラルキッチンに向かってみると、パン工場では元ホテルニューオータニのパティシエなどが多く在籍していて、「プレミアムチーズケーキ」の生みの親・光野正三さんも以前は人気フレンチ店のパティシエだった。成城石井では毎月約20個の新商品を開発し、週に1回新商品会議を行っているが、光野さんは新しく「レモンジンジャーケーキ」を開発していて、この商品はバターを使わずにレモンと生姜を使ったことで爽やかな味わいとなっているが、石塚さんに食べてもらうと中もレモンとなっているが、しっとりした味になっていてレモンの皮も味を引き立てていると話していて、光野さんは皮から苦味がでないようにする研究が大変だったと振り返っていた。


「光野正三」に関連する観光・地域情報

ホテルニューオータニ

東京の町田市鶴間にある工場・セントラルキッチンに向かってみると、パン工場では元ホテルニューオータニのパティシエなどが多く在籍していて、「プレミアムチーズケーキ」の生みの親・光野正三さんも以前は人気フレンチ店のパティシエだった。成城石井では毎月約20個の新商品を開発し、週に1回新商品会議を行っているが、光野さんは新しく「レモンジンジャーケーキ」を開発していて、この商品はバターを使わずにレモンと生姜を使ったことで爽やかな味わいとなっているが、石塚さんに食べてもらうと中もレモンとなっているが、しっとりした味になっていてレモンの皮も味を引き立てていると話していて、光野さんは皮から苦味がでないようにする研究が大変だったと振り返っていた。


「光野正三」に関連するグルメ情報

マスカルポーネチーズ入りのバターロール

東京の町田市鶴間にある工場・セントラルキッチンに向かってみると、パン工場では元ホテルニューオータニのパティシエなどが多く在籍していて、「プレミアムチーズケーキ」の生みの親・光野正三さんも以前は人気フレンチ店のパティシエだった。成城石井では毎月約20個の新商品を開発し、週に1回新商品会議を行っているが、光野さんは新しく「レモンジンジャーケーキ」を開発していて、この商品はバターを使わずにレモンと生姜を使ったことで爽やかな味わいとなっているが、石塚さんに食べてもらうと中もレモンとなっているが、しっとりした味になっていてレモンの皮も味を引き立てていると話していて、光野さんは皮から苦味がでないようにする研究が大変だったと振り返っていた。


セントラルキッチン

東京の町田市鶴間にある工場・セントラルキッチンに向かってみると、パン工場では元ホテルニューオータニのパティシエなどが多く在籍していて、「プレミアムチーズケーキ」の生みの親・光野正三さんも以前は人気フレンチ店のパティシエだった。成城石井では毎月約20個の新商品を開発し、週に1回新商品会議を行っているが、光野さんは新しく「レモンジンジャーケーキ」を開発していて、この商品はバターを使わずにレモンと生姜を使ったことで爽やかな味わいとなっているが、石塚さんに食べてもらうと中もレモンとなっているが、しっとりした味になっていてレモンの皮も味を引き立てていると話していて、光野さんは皮から苦味がでないようにする研究が大変だったと振り返っていた。


「光野正三」に関連するグルメ情報

キビ糖

向かったのは成城石井青葉台店で、満田さんの案内で店内に入るとしょうゆだけで多くの棚を使っていた。さらに、ワインは500種類・チーズは180種類・10か国が並べられていて、自家製製品は100種類以上にも上っているが、これらは原材料や手作りにこだわってこれが人気となっている。人気商品を紹介してもらうと、3位は「ポークウィンナー」で年間約90万袋の売上を誇っていて、なめらかな味が特徴となっている。2位は「国産豚のジューシー焼売」で原料にこだわって年間約70万パックの売上を誇っているが、干し貝柱と干し椎茸がうまみを引き出していて、薄皮が肉の味を引き出している。1位は看板商品「プレミアムチーズケーキ」で、3層のなかにはクリームチーズがふんだんに使われていて、きび砂糖もスポンジ生地には使われている。

東京の町田市鶴間にある工場・セントラルキッチンに向かってみると、パン工場では元ホテルニューオータニのパティシエなどが多く在籍していて、「プレミアムチーズケーキ」の生みの親・光野正三さんも以前は人気フレンチ店のパティシエだった。成城石井では毎月約20個の新商品を開発し、週に1回新商品会議を行っているが、光野さんは新しく「レモンジンジャーケーキ」を開発していて、この商品はバターを使わずにレモンと生姜を使ったことで爽やかな味わいとなっているが、石塚さんに食べてもらうと中もレモンとなっているが、しっとりした味になっていてレモンの皮も味を引き立てていると話していて、光野さんは皮から苦味がでないようにする研究が大変だったと振り返っていた。


「光野正三」に関連するグルメ情報

プレミアムチーズケーキ

向かったのは成城石井青葉台店で、満田さんの案内で店内に入るとしょうゆだけで多くの棚を使っていた。さらに、ワインは500種類・チーズは180種類・10か国が並べられていて、自家製製品は100種類以上にも上っているが、これらは原材料や手作りにこだわってこれが人気となっている。人気商品を紹介してもらうと、3位は「ポークウィンナー」で年間約90万袋の売上を誇っていて、なめらかな味が特徴となっている。2位は「国産豚のジューシー焼売」で原料にこだわって年間約70万パックの売上を誇っているが、干し貝柱と干し椎茸がうまみを引き出していて、薄皮が肉の味を引き出している。1位は看板商品「プレミアムチーズケーキ」で、3層のなかにはクリームチーズがふんだんに使われていて、きび砂糖もスポンジ生地には使われている。

東京の町田市鶴間にある工場・セントラルキッチンに向かってみると、パン工場では元ホテルニューオータニのパティシエなどが多く在籍していて、「プレミアムチーズケーキ」の生みの親・光野正三さんも以前は人気フレンチ店のパティシエだった。成城石井では毎月約20個の新商品を開発し、週に1回新商品会議を行っているが、光野さんは新しく「レモンジンジャーケーキ」を開発していて、この商品はバターを使わずにレモンと生姜を使ったことで爽やかな味わいとなっているが、石塚さんに食べてもらうと中もレモンとなっているが、しっとりした味になっていてレモンの皮も味を引き立てていると話していて、光野さんは皮から苦味がでないようにする研究が大変だったと振り返っていた。


読売新聞

成城石井のパティシエ・光野正三氏は、同社の看板商品「プレミアムチーズケーキ」の開発者。発売から10年経過も昨年の年間販売量は100万本を上回っている。構想は入社当時からあり、製造過程で最もこだわったのは生地の重量感と濃厚さで、大規模生産でも手作業の工程は妥協していないという。スタジオで試食した出演者らは美味しさが詰まっているなどとコメント。(日経MJ/読売新聞)


日経MJ

成城石井のパティシエ・光野正三氏は、同社の看板商品「プレミアムチーズケーキ」の開発者。発売から10年経過も昨年の年間販売量は100万本を上回っている。構想は入社当時からあり、製造過程で最もこだわったのは生地の重量感と濃厚さで、大規模生産でも手作業の工程は妥協していないという。スタジオで試食した出演者らは美味しさが詰まっているなどとコメント。(日経MJ/読売新聞)


「光野正三」に関連するグルメ情報

プレミアムチーズケーキ

成城石井のパティシエ・光野正三氏は、同社の看板商品「プレミアムチーズケーキ」の開発者。発売から10年経過も昨年の年間販売量は100万本を上回っている。構想は入社当時からあり、製造過程で最もこだわったのは生地の重量感と濃厚さで、大規模生産でも手作業の工程は妥協していないという。スタジオで試食した出演者らは美味しさが詰まっているなどとコメント。(日経MJ/読売新聞)


検索結果の絞り込み