ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「入江陵介」の検索結果

「入江陵介」に関連する情報 1826件中 1〜10件目

「入江陵介」に関連するイベント情報

世界短水路2018

世界短水路2018の男子4×100mメドレーリレーで日本は銅メダルを獲得した。試合後のインタビューで選手たちは喜びを述べた。入江陵介は2019年の抱負について、「個人としてもメダルを確実にとっていきたい」などと述べた。


「入江陵介」に関連するイベント情報

世界短水路選手権

世界水泳 韓国・光州の前哨戦となった、世界短水路選手権 中国・杭州2018が開催。25mプールで争われるため、ハイスピードな展開が予想されることから、世界最速を争う戦いと言ってもいい。日本で注目を集めたのは瀬戸大也で、400m個人メドレーで史上初の4連覇がかかっていた。この他、小関也朱篤、入江陵介、今井月が出場。

世界短水路選手権 中国・杭州の男子200mバタフライで、瀬戸大也が世界新記録をマークして金メダル。2位はチャド・レ・クロス、3位はリ・シュゴウ。

世界短水路選手権 中国・杭州の男子400m個人メドレー決勝で、瀬戸大也が金メダル。2位はブランドン・アルメイダ、3位はトーマス・フレーザーホームズ。


「入江陵介」に関連するイベント情報

世界水泳 韓国・光州

世界水泳 韓国・光州の前哨戦となった、世界短水路選手権 中国・杭州2018が開催。25mプールで争われるため、ハイスピードな展開が予想されることから、世界最速を争う戦いと言ってもいい。日本で注目を集めたのは瀬戸大也で、400m個人メドレーで史上初の4連覇がかかっていた。この他、小関也朱篤、入江陵介、今井月が出場。


近鉄

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。


「入江陵介」に関連するイベント情報

アテネ五輪

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。

現在、36歳の山邊壽崇氏は中学時代にぶっちぎりで優勝した1500mについて、「横に誰もおらず、暇だった。早く終われへんかなと思っていた」と振り返った。また、体よりも先に脳が疲弊すると体も追随するため、泳ぎながら歌うなど気を紛らわせていたという。そんな山邊氏はシドニー五輪の代表選考会に向けて過酷な練習に取り組んでいたが、代表選考会前夜に悲劇が。


「入江陵介」に関連するイベント情報

シドニー五輪

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。


「入江陵介」に関連するイベント情報

ジュニアオリンピック

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。


「入江陵介」に関連するイベント情報

日本選手権

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。


イトマンスイミングスクール「AQIT」

総工費50億円の最新鋭プールを備えているイトマンスイミングスクールは全国に52校のスイミングスクールを展開。山本貴司など29人のオリンピアンを輩出している。日本トップクラスのエリート集団「ITOMAN TOSHIN」もあり、入江陵介、中村克、金子雅紀も名を連ねる。彼らは総工費50億円の競泳施設「AQIT」を使用している。オリンピック、世界選手権と同じ水深、3mのプールがある他、カメラを多数設置しているため、様々な角度から選手の泳ぎを撮影し、解析ができる。タブレット端末の操作により、選手でも簡単にチェック可能。

イトマンスイミングスクールでは東京五輪での金メダル獲得を目指し、設備に巨費を投じている。中村克はオリンピック、世界選手権と同じ仕様プールについて、「深さが3mあるので波の抵抗を受けずにターンできる」とコメント。また、プールサイドに冷たい風呂、温かい風呂があり、交代浴で疲労回復や自律神経を整えている。さらにスタジオでは金子雅紀、中村克が独自の練習技法を紹介。


イトマン東進

総工費50億円の最新鋭プールを備えているイトマンスイミングスクールは全国に52校のスイミングスクールを展開。山本貴司など29人のオリンピアンを輩出している。日本トップクラスのエリート集団「ITOMAN TOSHIN」もあり、入江陵介、中村克、金子雅紀も名を連ねる。彼らは総工費50億円の競泳施設「AQIT」を使用している。オリンピック、世界選手権と同じ水深、3mのプールがある他、カメラを多数設置しているため、様々な角度から選手の泳ぎを撮影し、解析ができる。タブレット端末の操作により、選手でも簡単にチェック可能。