ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「入江陵介」の検索結果

「入江陵介」に関連する情報 1750件中 1〜10件目

「入江陵介」に関連するイベント情報

リオオリンピック

女子200メートル平泳ぎには予選をトップ通過した渡部香生子、今シーズンアジア最速タイムを誇る青木玲緒樹が登場。ラスト100メートル、青木玲緒樹が中国の選手とトップ争いを繰り広げる中、渡部香生子が猛追。渡部香生子が金メダルを獲得し、青木玲緒樹は銅メダルとなった。4×200メートルリレーに登場したのはこの種目で連覇を狙う男子団体チーム。ライバル中国の要注意選手は孫楊。勝つためにはアンカーを務めるこの選手との対決までに1秒以上差をつけることが重要だと言われている。トップのままバトンを受けた日本の第3泳者は萩野公介。アンカーの松元克央はハイペースで孫楊との差を広げていく。しかしここから孫楊が差を詰め始める。しかし日本が粘り大会新記録で金メダルを獲得した。萩野公介は「また明日以降も全員で頑張っていきたい」などとコメントした。そしてこの種目で選手以上に注目を浴びたのが岩崎恭子の熱すぎる解説。この他男子200メートル個人メドレーでは萩野公介が銀メダル、瀬戸大也は4位だった。また男子50メートル背泳ぎでは入江陵介が銀メダル。男子800メートル自由形では竹田渉瑚が銀メダルを獲得した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

アジア大会

アジア大会・体操の個人総合決勝には、今年の全日本選手権で史上最年少で初優勝を果たした谷川翔選手の前に中国の肖若騰選手、林超攀選手が立ちはだかった。ゆかの演技を終えた時点ではトップと0.6の僅差で3位。先月のインタビューでは、最後の種目の難しさを語っていた。谷川選手は最後のあん馬で大技「ブスナリ」に挑戦するが、途中でミスしてしまい4位に終わった。前日に急遽出場が決定した野々村笙吾選手は、安定した演技で銀メダルを獲得。

野々村選手について、池谷さんは「元々オールラウンダーでミスのない演技をする選手。今回は頑張ってくれた」とコメント。谷川選手については「得意のあん馬でミスしてしまったのが勿体無い。体力的な部分もあると思う」とコメントした。

大会初日から金メダルを獲得し、前人未到の8冠を狙う池江璃花子18歳。この日も圧巻の池江劇場を見せた。100メートル自由形で大会新記録を叩き出し金メダルを獲得した。この日は39分前に女子50メートルバタフライに登場、そこでも圧巻の泳ぎを見せていた。この種目でも大会新記録で金メダルを獲得。競技開始10分前には50メートルバタフライの表彰式が行われた。この時他の選手は次の試合に向け準備を整えていた。池江璃花子はこの時報道陣の写真撮影に臨んでいた。控室に入ったのはスタート5分前、足早に会場へ進んでいった。しかし開始2分前にはすでに戦闘モードに入っていた。去年1年間記録が伸びず初めて挫折を味わった池江璃花子、このあとも8種目8冠を目指す。

女子200メートル平泳ぎには予選をトップ通過した渡部香生子、今シーズンアジア最速タイムを誇る青木玲緒樹が登場。ラスト100メートル、青木玲緒樹が中国の選手とトップ争いを繰り広げる中、渡部香生子が猛追。渡部香生子が金メダルを獲得し、青木玲緒樹は銅メダルとなった。4×200メートルリレーに登場したのはこの種目で連覇を狙う男子団体チーム。ライバル中国の要注意選手は孫楊。勝つためにはアンカーを務めるこの選手との対決までに1秒以上差をつけることが重要だと言われている。トップのままバトンを受けた日本の第3泳者は萩野公介。アンカーの松元克央はハイペースで孫楊との差を広げていく。しかしここから孫楊が差を詰め始める。しかし日本が粘り大会新記録で金メダルを獲得した。萩野公介は「また明日以降も全員で頑張っていきたい」などとコメントした。そしてこの種目で選手以上に注目を浴びたのが岩崎恭子の熱すぎる解説。この他男子200メートル個人メドレーでは萩野公介が銀メダル、瀬戸大也は4位だった。また男子50メートル背泳ぎでは入江陵介が銀メダル。男子800メートル自由形では竹田渉瑚が銀メダルを獲得した。


早稲田大学

アジア大会競泳の萩原智子激推し選手は瀬戸大也・鈴木聡美・入江陵介。入江はチーム最年長。そういう選手が結果を出すことでチームに勢いがつくと萩原は話した。鈴木は東京オリンピックだけでなく、2021年に地元・福岡で行われる世界選手権も目指している。瀬戸大也のいた早稲田大学に入りたいという若者も増えているという。池江璃花子は今回のMVPも狙っていると萩原は話した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

世界選手権

アジア大会競泳の萩原智子激推し選手は瀬戸大也・鈴木聡美・入江陵介。入江はチーム最年長。そういう選手が結果を出すことでチームに勢いがつくと萩原は話した。鈴木は東京オリンピックだけでなく、2021年に地元・福岡で行われる世界選手権も目指している。瀬戸大也のいた早稲田大学に入りたいという若者も増えているという。池江璃花子は今回のMVPも狙っていると萩原は話した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京オリンピック

アジア大会競泳の萩原智子激推し選手は瀬戸大也・鈴木聡美・入江陵介。入江はチーム最年長。そういう選手が結果を出すことでチームに勢いがつくと萩原は話した。鈴木は東京オリンピックだけでなく、2021年に地元・福岡で行われる世界選手権も目指している。瀬戸大也のいた早稲田大学に入りたいという若者も増えているという。池江璃花子は今回のMVPも狙っていると萩原は話した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

アジア大会

アジア大会競泳の萩原智子激推し選手は瀬戸大也・鈴木聡美・入江陵介。入江はチーム最年長。そういう選手が結果を出すことでチームに勢いがつくと萩原は話した。鈴木は東京オリンピックだけでなく、2021年に地元・福岡で行われる世界選手権も目指している。瀬戸大也のいた早稲田大学に入りたいという若者も増えているという。池江璃花子は今回のMVPも狙っていると萩原は話した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

アジア大会

アジア大会の話題。スタジオにはくす玉を用意し、金メダリストを祝福した。日本は鈴木聡美、瀬戸大也、女子リレーが金メダルを獲得している。銀メダルは競泳では入江陵介ら5人、レスリングでは高谷大地が獲得。銅メダルはフェンシングの田村紀佳ら5人が獲得した。初日にこれだけメダリストが出るのはすごいと真矢みきらは話した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

アジア大会

アジア大会 バドミントン 男子団体1回戦 日本×マレーシアで、桃田賢斗選手がダレン・リュー選手を2-0のストレートで下した。日本はこの後のダブルスでも勝利し3-0で準々決勝進出。

アジア大会 初戦で日本は早くもメダル14個を獲得した。フェンシング 女子サーブルで銅メダルを獲得した田村紀佳選手について、元女子日本代表 杉山文野はサーブルは他の2種目に比べて試合展開が早く逆転はよくあることだと解説した。

アジア大会 競泳陣の活躍をノーカットで伝えた。女子4×100mリレーでは池江璃花子選手、酒井夏海選手、青木智美選手、五十嵐千尋選手が日本新記録で金メダルを獲得した。

きのうの男子200バタフライ決勝では今年6月に長女を授かり父親になった瀬戸大也選手が登場。更に今年の日本選手権で初出場初優勝を果たした幌村尚選手も出場した。序盤から瀬戸選手が抜け出し、100mでは2位になるがラスト50mで瀬戸選手が1位、幌村選手が2位となりゴール。日本は金銀獲得で瀬戸選手は2連覇を達成した。

アジア大会競泳。女子100m平泳ぎ決勝には鈴木聡美選手と青木玲緒樹が出場。スタートは青木がリードする形で鈴木もそれに並ぶ。ターンを超えても鈴木が1位、青木が2位。そのまま鈴木が大会新記録で金メダル、青木が銀メダルを獲得した。鈴木は初めて100mで金メダルを獲得できてうれしく思う、次は50mなので連覇を狙って頑張りたいと話した。

男子100m背泳ぎ決勝では入江陵介が出場。シーズンベストを出し銀メダルを獲得した。ほかの種目で金メダルを取れるよう頑張りたいと入江は話した。競泳トビウオジャパンはアジア大会1日目で9個のメダルを獲得した。今日もメダルラッシュが期待される。


「入江陵介」に関連するイベント情報

パンパシフィック選手権

競泳のパンパシフィック選手権が最終日を迎え、男子200m平泳ぎの世界記録保持者の渡辺一平が登場していて、ターンを3位で折り返すと接戦を制して主要国際大会初制覇となった。また、女子200m平泳ぎでは鈴木聡美が登場し、ラストまでトップ争いを繰り広げたものの3位となったが、パンパシ初のメダルとなった。男子200m背泳ぎでは28歳の入江陵介が銀メダルを獲得した。そして、男子400mメドレーでは入江選手がトップでバトンを渡すと小関也朱篤・小堀勇氣もトップを守りバトンを自由形の中村克に渡したが、アメリカに0秒05及ばず2位となった。

パンパシフィック選手権では日本が男子メドレーで2位となったが、金藤さんは中村選手について後ろから選手が来る恐怖心もある中攻め続けていたと話していて、今合計で金6個・銀7個・銅10個という結果になったが、入江選手や鈴木選手などベテランも活躍していると話していた。萩野公介は銀メダル1つという結果になったが、インタビューでは何かを掴んだと話していたように、復活する可能性はあると話していた。


「入江陵介」に関連するイベント情報

アジア大会2018

アジア大会2018に出場する萩野公介が試合用の水着で練習を行ったが、北島康介によると本番のレースを想定した練習を行い本番のスピードを体感することが大切だという。また、会場は屋根付きの屋外プールになっているが、風の影響はほとんどないという。続いて19日の注目競技を紹介し、北島は競泳では100m背泳ぎに出場する入江陵介に期待感を示し、さらに前回大会の金メダル12個を上回るためには勢いをつけるためにリレー種目の金メダルが必要だと語った。