ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「北村晴男」の検索結果

「北村晴男」に関連する情報 451件中 1〜10件目

東京地裁

日産の前会長は、8日、逮捕され初めて公の場に姿を見せた。初公判とは違い、拘置理由の開示という法廷。裁判長の下に通訳がいて、裁判長がしゃべると通訳が始まる、通訳の人もフェアに通訳をすることを誓いますという宣誓をする。10分間の意見陳述だったが倍の時間がかかった。容疑者は頬がかなりこけ乱れた頭髪だったという。傍聴していた安藤優子は「私が2兆円もの負債を持っていた日産を立て直してきた、どれだけ日産をあいしているかっていう。その私が全てのことは日産のために合法的にやったんだってことをものすごく、感情的に訴えてくる主張だった」などと話した。容疑者の意見陳述で「裁判長、私は無実です私は常に誠実に行動してきました これまで不正をしたことはありません。私は何の確証も根拠もなく容疑をかけられ不当に勾留されています」と述べた。北村晴男は「裁判所は日産に貢献しましたうんぬんかんぬんは一切聞いてないと思います。どんなに貢献してきてもそこで特別背任行為が行われれば犯罪ですから。裁判は感情では行われない」などと話した。安藤優子はフランスのテレビから日本では長期にわたる勾留についてどう捉えているのか取材されたという。


三菱自動車

日産の前会長は、8日、逮捕され初めて公の場に姿を見せた。初公判とは違い、拘置理由の開示という法廷。裁判長の下に通訳がいて、裁判長がしゃべると通訳が始まる、通訳の人もフェアに通訳をすることを誓いますという宣誓をする。10分間の意見陳述だったが倍の時間がかかった。容疑者は頬がかなりこけ乱れた頭髪だったという。傍聴していた安藤優子は「私が2兆円もの負債を持っていた日産を立て直してきた、どれだけ日産をあいしているかっていう。その私が全てのことは日産のために合法的にやったんだってことをものすごく、感情的に訴えてくる主張だった」などと話した。容疑者の意見陳述で「裁判長、私は無実です私は常に誠実に行動してきました これまで不正をしたことはありません。私は何の確証も根拠もなく容疑をかけられ不当に勾留されています」と述べた。北村晴男は「裁判所は日産に貢献しましたうんぬんかんぬんは一切聞いてないと思います。どんなに貢献してきてもそこで特別背任行為が行われれば犯罪ですから。裁判は感情では行われない」などと話した。安藤優子はフランスのテレビから日本では長期にわたる勾留についてどう捉えているのか取材されたという。


ルノー

日産の前会長は、8日、逮捕され初めて公の場に姿を見せた。初公判とは違い、拘置理由の開示という法廷。裁判長の下に通訳がいて、裁判長がしゃべると通訳が始まる、通訳の人もフェアに通訳をすることを誓いますという宣誓をする。10分間の意見陳述だったが倍の時間がかかった。容疑者は頬がかなりこけ乱れた頭髪だったという。傍聴していた安藤優子は「私が2兆円もの負債を持っていた日産を立て直してきた、どれだけ日産をあいしているかっていう。その私が全てのことは日産のために合法的にやったんだってことをものすごく、感情的に訴えてくる主張だった」などと話した。容疑者の意見陳述で「裁判長、私は無実です私は常に誠実に行動してきました これまで不正をしたことはありません。私は何の確証も根拠もなく容疑をかけられ不当に勾留されています」と述べた。北村晴男は「裁判所は日産に貢献しましたうんぬんかんぬんは一切聞いてないと思います。どんなに貢献してきてもそこで特別背任行為が行われれば犯罪ですから。裁判は感情では行われない」などと話した。安藤優子はフランスのテレビから日本では長期にわたる勾留についてどう捉えているのか取材されたという。


日産

日産の前会長は、8日、逮捕され初めて公の場に姿を見せた。初公判とは違い、拘置理由の開示という法廷。裁判長の下に通訳がいて、裁判長がしゃべると通訳が始まる、通訳の人もフェアに通訳をすることを誓いますという宣誓をする。10分間の意見陳述だったが倍の時間がかかった。容疑者は頬がかなりこけ乱れた頭髪だったという。傍聴していた安藤優子は「私が2兆円もの負債を持っていた日産を立て直してきた、どれだけ日産をあいしているかっていう。その私が全てのことは日産のために合法的にやったんだってことをものすごく、感情的に訴えてくる主張だった」などと話した。容疑者の意見陳述で「裁判長、私は無実です私は常に誠実に行動してきました これまで不正をしたことはありません。私は何の確証も根拠もなく容疑をかけられ不当に勾留されています」と述べた。北村晴男は「裁判所は日産に貢献しましたうんぬんかんぬんは一切聞いてないと思います。どんなに貢献してきてもそこで特別背任行為が行われれば犯罪ですから。裁判は感情では行われない」などと話した。安藤優子はフランスのテレビから日本では長期にわたる勾留についてどう捉えているのか取材されたという。


認知症あんしんプラン

認知症かその疑いのある行方不明者の数が増えている。2007年には認知症の男性が行方不明になり電車にはねられ死亡した。男性の妻と長男に損害賠償請求があった。2016年最高裁の判決では妻も長男も賠償責任なしとの判決が出た。東京海上日動の認知症あんしんプランは認知症と診断された後でも加入できる。保険料は月額1300円で40歳以上の認知症と思われる人およびその家族が保険対象。行方不明時の捜索費用上限30万円、交通事故等による死亡・ケガ2万〜50万円、相手を死亡させた際の見舞い費用15万円、賠償責任補償上限1億円。結城康博さんは「家族も損害賠償を請求される可能性がある。」などと話した。北村晴男さんは「JRも損害を受けた以上は責任を請求せざるを得ない。保険でカバーするしかない事案。」などと話した。要介護度1だったら支給額は16万6920円、要介護度が上がると支給額も増えていく。認知症介護でよくあるトラブルがあった。NEXT 範囲内では収まらない・・・介護保険の落とし穴


東京海上日動

認知症かその疑いのある行方不明者の数が増えている。2007年には認知症の男性が行方不明になり電車にはねられ死亡した。男性の妻と長男に損害賠償請求があった。2016年最高裁の判決では妻も長男も賠償責任なしとの判決が出た。東京海上日動の認知症あんしんプランは認知症と診断された後でも加入できる。保険料は月額1300円で40歳以上の認知症と思われる人およびその家族が保険対象。行方不明時の捜索費用上限30万円、交通事故等による死亡・ケガ2万〜50万円、相手を死亡させた際の見舞い費用15万円、賠償責任補償上限1億円。結城康博さんは「家族も損害賠償を請求される可能性がある。」などと話した。北村晴男さんは「JRも損害を受けた以上は責任を請求せざるを得ない。保険でカバーするしかない事案。」などと話した。要介護度1だったら支給額は16万6920円、要介護度が上がると支給額も増えていく。認知症介護でよくあるトラブルがあった。NEXT 範囲内では収まらない・・・介護保険の落とし穴


JR東海

認知症による徘徊で、自分の意志に関係なく大きな事故を起こすケースもある。2007年12月、愛知県大府市で当時91歳の認知症の男性が、列車にはねられて死亡する事故が発生。長男によると、当時実家は父と母の二人暮らしで、デイサービスを利用しながら老々介護を続けていたという。事故の半年後、JR東海から約720万円の損害賠償請求が届いた。認知症の診断書を送ったものの話は平行線を辿り、JR東海は損害賠償を求める裁判を起こした。一審・二審は家族に監督義務があるとして賠償を命じたが、最高裁はJR東海側の訴えを棄却した。この裁判をきっかけに、認知症保険が注目され始めた。このあと認知症保険の詳細を解説する。

認知症かその疑いのある行方不明者の数が増えている。2007年には認知症の男性が行方不明になり電車にはねられ死亡した。男性の妻と長男に損害賠償請求があった。2016年最高裁の判決では妻も長男も賠償責任なしとの判決が出た。東京海上日動の認知症あんしんプランは認知症と診断された後でも加入できる。保険料は月額1300円で40歳以上の認知症と思われる人およびその家族が保険対象。行方不明時の捜索費用上限30万円、交通事故等による死亡・ケガ2万〜50万円、相手を死亡させた際の見舞い費用15万円、賠償責任補償上限1億円。結城康博さんは「家族も損害賠償を請求される可能性がある。」などと話した。北村晴男さんは「JRも損害を受けた以上は責任を請求せざるを得ない。保険でカバーするしかない事案。」などと話した。要介護度1だったら支給額は16万6920円、要介護度が上がると支給額も増えていく。認知症介護でよくあるトラブルがあった。NEXT 範囲内では収まらない・・・介護保険の落とし穴


日本テレビ

北村晴男が早乙女友貴の殺陣が見たいとリクエスト。早乙女友貴が殺陣を披露した。披露している最中にIKKOが乱入すると、東野が金輪際日本テレビに来るな!とコメントした。休憩中にIKKOの取り巻きが多いことに対して、後藤らが「ピットインや」などとコメントした。


文春

一方で片山さつき地方創生相にも追及が入り、 南村税理士は私設秘書ではないかと質問され、それに対し片山大臣は「参議院の出入記章は本人の要望で申請したが秘書として契約したことはなく給与も払っていない」などと答えた。参議院の出入記章は、効力としては国会内・国会関連の建物に自由に出入りできるパスのようなものとなる。交付を受けるには議員の記名と押印いるの提携書式、「私設議員秘書に対する記章交付申請書」を参議院警務部長宛てに提出する必要があり、即日遅くとも翌日には発行されるという。これを交付されていた南村税理士はやはり私設秘書だったのではないかと疑われている。伊藤惇夫は「私設秘書は個人の間で結ぶ契約であり給料の支払いは関係ない、問題はバッジを持って国会を出入りしているかである」と解説した。南村税理士は過去に参議院外交防衛委員会の委員長だった片山議員の視察に同行している。また当時の写真には記章と思われるバッジを付けている様子が見られている。これらについて北村晴男は「この2つの要素があれば私設秘書だったと認定せざるを得ないのではないか」とコメントした。追及にあった音声データについて片山大臣は「絶対自分の声とは言えない」と答えている。


共同通信

文春を提訴した片山大臣の訴状内容について解説した。大臣は「税理士が原告の私設秘書であったことはない」として発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求めた。文春では「私設秘書を退職している」と記載していたが、共同通信の柿崎氏は私設秘書の定義はそもそもないとしている。三田友梨佳は「明日からの臨時国会で野党側の追求を逃れるために提訴したと思った」とコメントし、北村晴男は「そう見られても仕方ない」などと語った。税理士は「100万円は片山に取られた」と主張しているが、一方で口利きを依頼したX氏は100万円の振込を認め、税理士は嘘をついていると主張している。口利きについての取材に対し国税庁は「行政文書の保有は確認できない」と回答している。