ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「千原せいじ」の検索結果

「千原せいじ」に関連する情報 1480件中 1〜10件目

番組HP

今週の投稿テーマは「私や周りの家庭内ルール」。番組HPからメールで投稿。FAXは03-5500-8822。投稿者からのメッセージ紹介。「常に炊飯器にご飯が入っていないといけない。最後に食べた人がご飯を炊かなければいけない」という内容。千原せいじは「商売人の家だと思う。いつでもご飯を食べられる状況でないといけないのでは」などとコメント。大久保は酔っ払うと釜ごとご飯を食べるとのこと。続いての投稿は「何かとハイタッチする家族で、物心がついた時からだったため何の疑問もなかったが、友人に問われておかしいことに気づいた」などという内容。大久保は「ボーリングでストライクが決まった時にしかしない」などとコメント。千原せいじは「ハグする家庭は結構いる」などとコメント。


ラ・バジリック・ノートルダム・ドゥ・ラ・ペ

コートジボワール・アニェビティアサ州のミュール村に暮らす日本人を、千原せいじが探す。千原せいじは日本人探しから寄り道して部族巡りへ行くことに。千原せいじはヤムスクロへ行くよう指示。ヤムスクロに到着すると、大聖堂の「ラ・バジリック・ノートルダム・ドゥ・ラ・ペ」へ。世界最大級の大聖堂へ、総工費3000億円以上がかけられた。黒人のマリア様やステンドグラスに描かれたヤシの木など、アフリカ風のデザインとなっている。


ナショナルジオグラフィック

コートジボワール・アニェビティアサ州のミュール村に暮らす日本人を、千原せいじが探す。コートジボワールは北部と南部で気候が異なり、北部はサバンナ気候、南部は熱帯雨林気候。タクシーに乗ろうとするも、エアコンがなかったため千原せいじはエアコンのある別のタクシーへ。しかしこれが原因で、客待ちのタクシーのドライバー同士でケンカが始まった。


フェリックス ウフェ ボワニ国際空港

コートジボワール・アニェビティアサ州のミュール村に暮らす日本人を、千原せいじが探す。コートジボワールは北部と南部で気候が異なり、北部はサバンナ気候、南部は熱帯雨林気候。タクシーに乗ろうとするも、エアコンがなかったため千原せいじはエアコンのある別のタクシーへ。しかしこれが原因で、客待ちのタクシーのドライバー同士でケンカが始まった。


「千原せいじ」に関連するイベント情報

ジャパンカップ

続いて、麒麟川島は「血統って面白い」とし、レース映像を公開。ディープインパクトの子供はG1で38勝しており、1回の種付料は3000万円。北島三郎がオーナーを務めるキタサンブラックの父はブラックタイド(ディープインパクトの兄)、母の父はサクラバクシンオーで芸人の千原せいじや出川哲朗などに例えた。


「千原せいじ」に関連する音楽・CD

まつり

続いて、麒麟川島は「血統って面白い」とし、レース映像を公開。ディープインパクトの子供はG1で38勝しており、1回の種付料は3000万円。北島三郎がオーナーを務めるキタサンブラックの父はブラックタイド(ディープインパクトの兄)、母の父はサクラバクシンオーで芸人の千原せいじや出川哲朗などに例えた。


「千原せいじ」に関連するイベント情報

若駒ステークス

続いて、麒麟川島は「血統って面白い」とし、レース映像を公開。ディープインパクトの子供はG1で38勝しており、1回の種付料は3000万円。北島三郎がオーナーを務めるキタサンブラックの父はブラックタイド(ディープインパクトの兄)、母の父はサクラバクシンオーで芸人の千原せいじや出川哲朗などに例えた。


「千原せいじ」に関連するグルメ情報

千枚漬

はるみが京都の出版社「リーフ・パブリケーションズ」に入社。1996年に相関された月刊Leafは京都や滋賀エリアのコアな情報を発信、発行部数月8万部を誇る。はるみはカメラマンの千原せいじと共に京都を取材。丹波栗は甘く栗の話が濃厚。市内の八百屋では4000円もする。八光亭では栗御膳が頂ける。漬け物の消費量全国1位の京都では専門店で買う府民が多い。80軒以上の専門店がある。取材を行った大藤は1865年創業の老舗。京一郎とはるみは杉本彩と共に婦人会の重鎮に誘われて「奥丹清水」で食事を行った。


「千原せいじ」に関連するグルメ情報

栗ご飯

はるみが京都の出版社「リーフ・パブリケーションズ」に入社。1996年に相関された月刊Leafは京都や滋賀エリアのコアな情報を発信、発行部数月8万部を誇る。はるみはカメラマンの千原せいじと共に京都を取材。丹波栗は甘く栗の話が濃厚。市内の八百屋では4000円もする。八光亭では栗御膳が頂ける。漬け物の消費量全国1位の京都では専門店で買う府民が多い。80軒以上の専門店がある。取材を行った大藤は1865年創業の老舗。京一郎とはるみは杉本彩と共に婦人会の重鎮に誘われて「奥丹清水」で食事を行った。


「千原せいじ」に関連するグルメ情報

いが栗見立て

はるみが京都の出版社「リーフ・パブリケーションズ」に入社。1996年に相関された月刊Leafは京都や滋賀エリアのコアな情報を発信、発行部数月8万部を誇る。はるみはカメラマンの千原せいじと共に京都を取材。丹波栗は甘く栗の話が濃厚。市内の八百屋では4000円もする。八光亭では栗御膳が頂ける。漬け物の消費量全国1位の京都では専門店で買う府民が多い。80軒以上の専門店がある。取材を行った大藤は1865年創業の老舗。京一郎とはるみは杉本彩と共に婦人会の重鎮に誘われて「奥丹清水」で食事を行った。