ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「千原せいじ」の検索結果

「千原せいじ」に関連する情報 1458件中 1〜10件目

アイト・ベン・ハッドゥ

道路沿いにあった世界遺産アイト・ベン・ハッドゥに立ち寄った千原せいじ。王様の家来の末裔だという男性はここに住んでいて管理人だという。家を案内して頂いた。城内の住居には末裔の5家族が暮らしている。この場所は管理人の男性の持ち物で「1,500万円で売る」と話した。頂上で砂漠を一望した。ワルザザードに到着、ここからがサハラ砂漠となる。1日目が終了。


「千原せいじ」に関連するグルメ情報

ミシュウィー

「ミシュウィー」は羊やヤギを1頭丸ごと地下の窯で燻し焼きするモロッコの伝統料理。パンと一緒に提供され実食すると「美味しい」とせいじ。キンタマを勧められ食べてみると「レバーみたい」と話した。タクシーに乗りワルザザードへ出発。峠を越えると辺りは砂漠に、世界遺産に登録されているお城があり行ってみることに。


ジャマ エル フナ広場

ワルザザードへ行くバスは深夜しかなく、途中のマラケシュまで行くことに。3時間でマラケシュに到着。「ジャマ エル フナ広場」で聞き込みえをするとワルザザードまではこの時間バスはなくタクシーに乗ればいいという。順調に進む旅に今回の旅は「おっさんに聞く」とせいじ、昼食をとる場所をおっさんに尋ね案内してもらうことに。町の広場には歯医者さんの姿も。


YouTube

モロッコのサハラ砂漠の町に住むたった一人の日本人女性。「ムハンマド5世国際空港」に降り立った千原せいじ。タクシーで町の中心地へ、運転手が「どこかで見た事ある」といいYouTubeで見たと話した。カサブランカでサハラ砂漠にある町ネコブについて聞き込み開始。ネコブへは途中のワルザザードまでバスで7時間かかるといい、話を聞いた男性に案内してもらった。タクシーで「オラドゼヤーン バスターミナル」へ。


ムハンマド5世国際空港

モロッコのサハラ砂漠の町に住むたった一人の日本人女性。「ムハンマド5世国際空港」に降り立った千原せいじ。タクシーで町の中心地へ、運転手が「どこかで見た事ある」といいYouTubeで見たと話した。カサブランカでサハラ砂漠にある町ネコブについて聞き込み開始。ネコブへは途中のワルザザードまでバスで7時間かかるといい、話を聞いた男性に案内してもらった。タクシーで「オラドゼヤーン バスターミナル」へ。


サリー

民族衣装「サリー」を着た鈴木奈々がスタジオに到着。旅の感想を話す鈴木に「うるさい」と千原せいじ。森山良子は鈴木の声帯の強さを褒めた。


消しゴムはんこ

田口奈津子先生が紅葉と焼いたサンマのはんこをお手本で作った。紫吹淳によると、ふぉ〜ゆ〜をさんまに見立てたのだという。

消しゴムはんこ、1位は才能アリの千原ジュニア。千原せいじへ向けて、5種類のはんこを掘ってリスを作った。田口先生はこの作品を大絶賛、1発で特待生に昇格した。


ガンツウ

瀬戸内海の美と食を堪能 “和”のぜいたく客船旅。今月17日就航、海に浮かぶ宿を標榜した豪華客船ガンツウ。番組は試運転中のガンツウを初取材。2泊3日で40万円から。松村未央アナが体験。広島尾道を起点にしている。白を基調としたエントランス。また木が使われたフロア。全11種類の木材が使用されている。瀬戸内海を一望できるデッキ。また縁側がある。次は客室へ。全19室ですべてがスイート。大きな窓、木が使われたリビング。また露天風呂も。ラウンジではできたての和菓子をいただける。木が使われたダイニング。瀬戸内産食材を好きなだけ選び、調理方法も好みに合わせてくれるという。タコをいただく。歯ごたえがあって美味しいという。食事代は旅行代金に含まれている。また寿司カウンターで寿司も食べられる。翌日朝散歩。海上をボートで移動し名所を回る。着いたのは鞆の浦。

スタジオトーク。千原せいじは「すごく豊かな時間」とコメント。スイートには部屋に海を眺められる風呂。また大浴場もある。地元の漁師がガンツウまでとれたての食材を運搬してくれるとのこと。


盗聴器

盗聴器の実態を千原せいじが追跡。23歳の女性の部屋から見つかった盗聴器。地下アイドルをやっていたときにファンからプレゼントされたものだった。4年間盗聴されていた可能性がある。ファンは55歳の既婚男性、連絡先は知らないという。

前回放送で一人暮らしの女性宅から盗聴器を発見。盗聴犯は大家だった。警視庁に任意同行された大家は、盗撮の疑いで逮捕された。犯人の素顔を公開し事件の全貌を明らかにする。番組の調査から逮捕までの134日をモザイクなしで公開する。

東京・杉並区の銭湯の裏の家から盗聴器を発見。犯人は大家。坂上忍が直接対決。大家は盗聴器を仕掛けたことを認め、ワイセツな気持ちはなかったと主張。


盗聴器

盗聴器の実態を千原せいじが追跡。同行するのは盗聴調査の酒井賢一。開始20分で盗聴電波をキャッチ。ハンディ受信機で現場を特定した。盗聴器が仕掛けられたマンションの部屋に訪問。男性30歳、女性23歳のカップルが音を確認、酒井賢一が盗聴器を発見した。盗聴器は女性が地下アイドルをしていたときにプレゼントされたもの。