ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「千原ジュニア」の検索結果

「千原ジュニア」に関連する情報 5073件中 1〜10件目

東郷記念館

パートナー・オブ・ザ・イヤー2018の発表。選ばれたのは陣内孝則、恵理子夫婦。藤本美貴、庄司智春夫婦。陣内夫婦が揃ってメディアの前に出るのは結婚会見以来だという。陣内は、円満のコツは無法の愛を程々になどと言った。恵理子は元モデルで、陣内孝則は誕生日にバラを送っているという。千原ジュニアらは、庄司夫婦は仲がいいなどと言った。


「千原ジュニア」に関連するイベント情報

パートナー・オブ・ザ・イヤー2018

パートナー・オブ・ザ・イヤー2018の発表。選ばれたのは陣内孝則、恵理子夫婦。藤本美貴、庄司智春夫婦。陣内夫婦が揃ってメディアの前に出るのは結婚会見以来だという。陣内は、円満のコツは無法の愛を程々になどと言った。恵理子は元モデルで、陣内孝則は誕生日にバラを送っているという。千原ジュニアらは、庄司夫婦は仲がいいなどと言った。


MLBネットワーク

MLBネットワークの映像を中継。大谷翔平選手が新人王を獲得した。イチロー以来17年ぶり。大谷翔平は「ピッチャーをやりたくて続けてたが、バッターも楽しくて、今後はわからない。」などと話した。国分太一は「もっとピッチャーとして見たかった。」などとコメント。千原ジュニアは「これからまた頑張れるだろう。」などとコメント。青島健太は「表情が穏やかでリハビリが順調なのが伝わってくる。しっかり治して二刀流で戻ってきてほしい。」などとコメント。岡島秀樹は「相手も研究するが、大谷選手も研究して今年以上の成績を残すんじゃないか。」などとコメント。


花巻東

大谷選手の“未来予想シートを紹介。18歳で70歳過ぎの未来を考えていた。千原ジュニアは「僕も作ったが、10年以上先は考えられなかった。」などとコメント。来年は175km投げるなど具体的なことを計画していた。青島健太は「将来を考えたら、アプローチに具体性が出る。球児たちの育成に有効に機能している。大谷選手には非常に役に立った。」などとコメント。大谷選手は「未来予想シート」に「夢が人生をつくるんだ。俺がやらなくて誰がやる」などと書いていた。倉田真由美は「若くなくても具体的な目標設定は大切。」などとコメント。


「千原ジュニア」に関連する本・コミック・雑誌

北斗の拳

三浦崇宏が、人脈なんて言葉を使っているヤツはクソとコメントした。林修が、現代はSNSにより人脈が可視化されていると語った。林修が、人との繋がりをマンガのキャラクターを例に解説した。千原ジュニアが、面識のない新郎新婦へのお祝いメッセージを披露した。


「千原ジュニア」に関連する本・コミック・雑誌

ワンピース

三浦崇宏が、人脈なんて言葉を使っているヤツはクソとコメントした。林修が、現代はSNSにより人脈が可視化されていると語った。林修が、人との繋がりをマンガのキャラクターを例に解説した。千原ジュニアが、面識のない新郎新婦へのお祝いメッセージを披露した。


「千原ジュニア」に関連するレストラン・飲食店

宮田麺児

高橋茂雄は「マドンナ世界ツアーにあった驚がくの舞台裏」の都市伝説を披露した。マドンナが数年前に行ったツアーが開催危機に陥ったという。セットと演出にお金をかけすぎて、プロデューサーは削るだけ削るとギャラしかなくなると言った。マドンナや若手やスタッフがギャラはなしでいいとツアーを敢行、マドンナはなんとかテンションをあげるために、シャンプーハットてつじの「宮田麺児」をツアーに帯同させたと話した。千原ジュニアは「証拠あるんでしょ?」と聞くと、高橋はマドンナがてつじと交渉している音源を入手したと話した。マドンナの曲で「エブリバディカモンてつじ、ギャラ弁当やねん」と聴こえた。千原ジュニアは「手ぬぐい差し上げます」とコメントした。


「千原ジュニア」に関連するイベント情報

J1

千原ジュニアがサッカー界でささやかれる都市伝説を披露。以前紹介した「前田遼一のデスゴール伝説」は前田シーズン最初のゴールを決めた相手はJ2に降格するというジンクスがあった。ジンクスは6年続いたが、2013年浦和が最初のゴールを奪われたが、J1に残留しジュビロ磐田が降格した。新たなデス伝説が生まれた。ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチは2013年に大宮アルディージャを退団、翌年大宮アルディージャはJ2降格。2014年清水エスパルスに入団したが退団、翌年J2に降格。2015年に名古屋グランパスに入団するが退団した翌年にJ2に降格した。FC東京で前田遼一は2017年に大宮アルディージャ戦で初ゴールし、大宮はJ2に降格した。前田は今シーズンゴールを決めていない。


消しゴムはんこ

消しゴムはんこ才能査定ランキング、才能ナシの最下位はあべ静江。田口先生があべと同じテーマでお手本を披露した

消しゴムはんこ才能査定ランキング、才能アリの1位は雛形あきこ。受験勉強に励む娘にむけて、京都の紅葉をイメージして作った。色の色のトーンを1つずつ変えて、全体で1つのグラデーションを作ったことで色彩が際立った。

特待生1級の千原ジュニアが昇格試験に挑戦。大先輩・明石家さんまへ向けて、さんまの似顔絵を1枚絵で押した。田口先生の査定は1ランク昇格、名人初段になった。丁寧に掘ったことで鉛筆とは違う、彫刻刀ならではの味わいが出ていると高評価だった。


日傘

特待生3級の千原ジュニアが昇格試験に挑戦。詠んだ句は「秋日和 和日傘回す MAIKOSAN」。外国人の観光客が舞妓体験を行ってる様子を表した一句。夏井先生の査定は現状維持、季語の扱いが雑だったことが理由。日傘は夏の季語、秋日傘という秋の季語もあるという。そこで「MAIKOSANに なりきり秋の 和日傘を」と添削。