ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「千原ジュニア」の検索結果

「千原ジュニア」に関連する情報 5017件中 1〜10件目

「千原ジュニア」に関連するグルメ情報

チョルピ

次に、ツァクという黒砂糖を溶かした固めた食べ物を食べた、十兵衛は「先よりは美味しい。なんかのスイーツみたいな」とコメント。さらに、チョルピを食した十兵衛は「全然噛めない。色んなもの食べたんで、何の味か分からない」とコメントした。十兵衛の食レポに、千原ジュニアは「秋から王様のブランチでる?」と一言。


「千原ジュニア」に関連するグルメ情報

黒砂糖

次に、ツァクという黒砂糖を溶かした固めた食べ物を食べた、十兵衛は「先よりは美味しい。なんかのスイーツみたいな」とコメント。さらに、チョルピを食した十兵衛は「全然噛めない。色んなもの食べたんで、何の味か分からない」とコメントした。十兵衛の食レポに、千原ジュニアは「秋から王様のブランチでる?」と一言。


「千原ジュニア」に関連するグルメ情報

ツァク

次に、ツァクという黒砂糖を溶かした固めた食べ物を食べた、十兵衛は「先よりは美味しい。なんかのスイーツみたいな」とコメント。さらに、チョルピを食した十兵衛は「全然噛めない。色んなもの食べたんで、何の味か分からない」とコメントした。十兵衛の食レポに、千原ジュニアは「秋から王様のブランチでる?」と一言。


「千原ジュニア」に関連するグルメ情報

ラプシ

カダカは、ネパールからの仕送りを紹介。中は、なんだか怪しいものだらけであるが、あけた瞬間に漂うニオイに、国分「あぁー、ネパール臭が」。更に、中を見た千原ジュニアは「よお税関通ったな」と一言。


「千原ジュニア」に関連するグルメ情報

氷砂糖

カダカは、ネパールからの仕送りを紹介。中は、なんだか怪しいものだらけであるが、あけた瞬間に漂うニオイに、国分「あぁー、ネパール臭が」。更に、中を見た千原ジュニアは「よお税関通ったな」と一言。


「千原ジュニア」に関連するレストラン・飲食店

ラーメン二郎

今回は、家族スペシャルで、外国人メンバーの家族が集結。それを見た千原ジュニアが「真ん中の方は電通の方ですよね」と一言。テレビ出てるお父さんどうですか?と問われ、シンポム「普段はめっちゃ厳しくて……こういうの目にすると何言ってんねんみたいな」とコメント。一方、陣内「白い女性がめっちゃきになるんですけどね…」。冒頭のやり取りを終え、国分「今日はなんか大変なことになりそうですね」とコメントした。


電通

今回は、家族スペシャルで、外国人メンバーの家族が集結。それを見た千原ジュニアが「真ん中の方は電通の方ですよね」と一言。テレビ出てるお父さんどうですか?と問われ、シンポム「普段はめっちゃ厳しくて……こういうの目にすると何言ってんねんみたいな」とコメント。一方、陣内「白い女性がめっちゃきになるんですけどね…」。冒頭のやり取りを終え、国分「今日はなんか大変なことになりそうですね」とコメントした。


がん

家族に見守られ、きのう出棺された樹木希林。遺影は死期を悟った本人が生前に撮影した写真が使われた。樹木の主演映画「あん」の監督である河瀬直美は、役割をわきまえて引くこともできる女優だったと話した。この映画の撮影は、樹木が全身がんを公表した翌年の2013年から開始された。がんは大丈夫と言ってニコニコしていたからこちらもがんであることを忘れさせられたと河瀬は語っている。樹木は周囲への気遣いで闘病の話はほとんどしていなかった。

ドリアン助川氏が樹木希林さんとの思い出を語った。ドリアン氏は樹木さんのがんについて「飲んでいる席でCTを見せられ“治しようがない”と言われた。その日から覚悟はしていた。一報はあんの原作のモデルになった方と食事をするため鹿児島にいた。ショックだったけど感謝の気持ちが大きかったけど、悲しさよりもこんな素敵な人に二度と出会えないと思ったら涙が止まらなかった」などとコメントした。映画「あん」ではカンヌ国際映画祭にドリアン氏も出席。その後、カタールの映画祭で砂漠ツアーにも参加した。「ものすごく喜ばれて解放されていた」と話し、また、ウクライナの映画祭では「当時、紛争がありアジアでは私達だけが参加した。大歓迎を受けて高級なウォッカを出されてクルーザーにも招待された。飲んべぇの2人で飲みほしてしまった」と述べた。樹木さんの人柄について「一緒にいると時間が味わい深くなってくる。時間を変えていく人」と話した。また、三宅島で上映会では「火山灰で野菜を作る話を持ちかけたら、あんた言ったんだからやり遂げなさいよと言われ、家を構えた」などと話した。そして、カンヌ国際映画祭ではスタンディングオベーションが起こった。「樹木さんはずっと拍手しているのは手が痛くなるから帰ろうと帰ってしまった。しかし、この映画は世界3、40カ国で上映が決まった。樹木希林さんの魅力が伝わった瞬間だった。樹木さんは心眼を持っているようで、人間の機微に敏感で僕らよりはるかに見えている」などと話した。

死生観・がんについて樹木希林さんは、2015年に「がん」と闘うのではなく、引き受ける。がんで死ねたら上出来。そのための用意もできるのだからと話していた。生前に遺影や1日・1点モノの整理をしていたといい、靴は4足のみでほしいときはもらうという生活をしていたという。04年乳がんの告知を受けた後は、右乳房摘出の4日後には「覚悟をすると気楽。周りを見回したら私がいなくてもちゃんとやっていける。もう死んでもいい。死ぬことができる覚悟よね」と笑顔で話していた。さらに「がんは面白くてありがたい。周囲の相手は自分と真剣に向き合ってくれる。この人は来年いないかもと思ったら、その人との時間を大切にしてくれるから」と話していた。05年の手術後、夫の内田裕也さんと月1回会っていた。「全身がん」を告白した翌年には「年をとること、病気、容姿にブレーキをかけない。かけても何十年もかけられない。かける苦労の方が大変。今の時代、畳の上で死ねるのは上出来な死。いつどこで何があるかわからない時代だから、気楽に考えている」などと語っていた。千原ジュニアは「がんに抗わないことを品よく抗っているというか、徹底して品よく抗ってきたのではという感じ」とコメント。ドリアン助川氏は「希林さんを天然のように言う人がいるがそうではなく、類まれな洞察力と緻密な考えがあって言っている」などと話した。倉田真由美は「40代後半からはいかに若く見えるかが常識となっている中、そうでなくてもいいと肩をポンと叩かれている気がする」などと話した。

命について樹木希林さんは、命の講演というものを行ってきた。不登校の子どもたちと親の前で「自殺をする前に世の中を見てほしい。あなたを必要とする人が必ず見つかるから。世の中に必要のない人間なんていない。歳をとれば、がんとか死ぬ理由はいっぱいある。無理して、今死ななくてもいい」と話し、もし、自分の子どもが不登校になったら「行かなくていい。それよりこっちにおいでと言う。学校に行かない子どもにも役目がある。お役目ご苦労様というと、やる気が出るはず」と自身の父親から言われていたという。娘の也哉子さんが19歳で結婚した。当時、結婚か学校に行こうか悩んでいると「学校はいつでも行ける。結婚は分別がつかないうちにした方がいい」と話していたという。ドリアン助川氏は樹木希林さんに一番学んだことについて「山間部で上映会をした時に感想を言うおうとした女の子が固まってしまい抱きしめていた。辛辣なことも言うが優しく抱きしめる人だった」などと話した。


「千原ジュニア」に関連する映画・DVD

あん

家族に見守られ、きのう出棺された樹木希林。遺影は死期を悟った本人が生前に撮影した写真が使われた。樹木の主演映画「あん」の監督である河瀬直美は、役割をわきまえて引くこともできる女優だったと話した。この映画の撮影は、樹木が全身がんを公表した翌年の2013年から開始された。がんは大丈夫と言ってニコニコしていたからこちらもがんであることを忘れさせられたと河瀬は語っている。樹木は周囲への気遣いで闘病の話はほとんどしていなかった。

2004年、網膜剥離での左目失明について会見を行った樹木。絶望したと語りながらも、対する人の裏側にあるものを見ていくチャンスと思っているとも話した。その経験が樹木の演技に一層の凄みを与えることとなった。同年には乳がんで右乳房を全摘出したことも明かした。プライベートでも交流のあったテリー伊藤は、闘病を続けているのに飄々としている、樹木さんに闘病という言葉は似合わないと話した。

ドリアン助川氏が樹木希林さんとの思い出を語った。ドリアン氏は樹木さんのがんについて「飲んでいる席でCTを見せられ“治しようがない”と言われた。その日から覚悟はしていた。一報はあんの原作のモデルになった方と食事をするため鹿児島にいた。ショックだったけど感謝の気持ちが大きかったけど、悲しさよりもこんな素敵な人に二度と出会えないと思ったら涙が止まらなかった」などとコメントした。映画「あん」ではカンヌ国際映画祭にドリアン氏も出席。その後、カタールの映画祭で砂漠ツアーにも参加した。「ものすごく喜ばれて解放されていた」と話し、また、ウクライナの映画祭では「当時、紛争がありアジアでは私達だけが参加した。大歓迎を受けて高級なウォッカを出されてクルーザーにも招待された。飲んべぇの2人で飲みほしてしまった」と述べた。樹木さんの人柄について「一緒にいると時間が味わい深くなってくる。時間を変えていく人」と話した。また、三宅島で上映会では「火山灰で野菜を作る話を持ちかけたら、あんた言ったんだからやり遂げなさいよと言われ、家を構えた」などと話した。そして、カンヌ国際映画祭ではスタンディングオベーションが起こった。「樹木さんはずっと拍手しているのは手が痛くなるから帰ろうと帰ってしまった。しかし、この映画は世界3、40カ国で上映が決まった。樹木希林さんの魅力が伝わった瞬間だった。樹木さんは心眼を持っているようで、人間の機微に敏感で僕らよりはるかに見えている」などと話した。

死生観・がんについて樹木希林さんは、2015年に「がん」と闘うのではなく、引き受ける。がんで死ねたら上出来。そのための用意もできるのだからと話していた。生前に遺影や1日・1点モノの整理をしていたといい、靴は4足のみでほしいときはもらうという生活をしていたという。04年乳がんの告知を受けた後は、右乳房摘出の4日後には「覚悟をすると気楽。周りを見回したら私がいなくてもちゃんとやっていける。もう死んでもいい。死ぬことができる覚悟よね」と笑顔で話していた。さらに「がんは面白くてありがたい。周囲の相手は自分と真剣に向き合ってくれる。この人は来年いないかもと思ったら、その人との時間を大切にしてくれるから」と話していた。05年の手術後、夫の内田裕也さんと月1回会っていた。「全身がん」を告白した翌年には「年をとること、病気、容姿にブレーキをかけない。かけても何十年もかけられない。かける苦労の方が大変。今の時代、畳の上で死ねるのは上出来な死。いつどこで何があるかわからない時代だから、気楽に考えている」などと語っていた。千原ジュニアは「がんに抗わないことを品よく抗っているというか、徹底して品よく抗ってきたのではという感じ」とコメント。ドリアン助川氏は「希林さんを天然のように言う人がいるがそうではなく、類まれな洞察力と緻密な考えがあって言っている」などと話した。倉田真由美は「40代後半からはいかに若く見えるかが常識となっている中、そうでなくてもいいと肩をポンと叩かれている気がする」などと話した。

命について樹木希林さんは、命の講演というものを行ってきた。不登校の子どもたちと親の前で「自殺をする前に世の中を見てほしい。あなたを必要とする人が必ず見つかるから。世の中に必要のない人間なんていない。歳をとれば、がんとか死ぬ理由はいっぱいある。無理して、今死ななくてもいい」と話し、もし、自分の子どもが不登校になったら「行かなくていい。それよりこっちにおいでと言う。学校に行かない子どもにも役目がある。お役目ご苦労様というと、やる気が出るはず」と自身の父親から言われていたという。娘の也哉子さんが19歳で結婚した。当時、結婚か学校に行こうか悩んでいると「学校はいつでも行ける。結婚は分別がつかないうちにした方がいい」と話していたという。ドリアン助川氏は樹木希林さんに一番学んだことについて「山間部で上映会をした時に感想を言うおうとした女の子が固まってしまい抱きしめていた。辛辣なことも言うが優しく抱きしめる人だった」などと話した。


「千原ジュニア」に関連する音楽・CD

抱きしめたい

お笑い好きの居石くんが2018年上半期ブレイク芸人ランキングで第1位を獲得した野性爆弾くっきーを直撃取材。千原ジュニアの白塗りモノマネで出迎えてくれたくっきーに居石くんは大興奮。そんな居石くんの目的はくっきーが一番好きな白塗りモノマネを聞くこと。素顔のくっきーから出題された白塗りものまねクイズに全問正解し、殿堂入りのモノマネは「柴田理恵」だと聞き出すことに成功した。居石くんも柴田理恵の白塗りモノマネを初体験。