ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「南極物語」の検索結果

「南極物語」に関連する情報 462件中 1〜10件目

「南極物語」に関連する映画・DVD

南極物語

週刊誌の時代を変えたという。表紙に美智子さまが登場すると売れたという。1959年の今週のニュースには、南極のイヌは生きていたというものもある。南極にとりのこされた1年後に生存が確認されたという。越冬隊の隊長は、小堺さんの仲人さんだとのこと。南極観測隊には、犬以外の動物がいたという。

樺太犬は、雪上車が動かなくなったときにソリを引く役目だった。15頭の樺太犬が南極に取り残されたという。一年後、タロとジロは生きていた。実際にタロとジロに接していた吉田栄夫さんと作間敏夫さんが、語る。犬以外の動物とは、オスの三毛猫のタケシだという。オスだったという。三毛猫にオスはほとんどいない。船の守り神だったという。作間さんが三毛猫のタケシを一番可愛がっていたという。捨て猫だったタケシの名は、隊長の永田武さんの名前からとったという。永田隊長から怒られたとき、おいっタケシと猫を呼んだという。南極観測隊のアイドルだった。日本へ帰国し、作間さんの家で飼われた。しかし、すぐに姿を消してしまったという。


カナリア

アンゴラ村長が、映画では描かれなかったもう1つの南極物語として、南極に行った三毛猫についてトーク。南極に行った三毛猫は、日本に帰国したが、行方不明となった。


三毛猫

アンゴラ村長が、映画では描かれなかったもう1つの南極物語として、南極に行った三毛猫についてトーク。南極に行った三毛猫は、日本に帰国したが、行方不明となった。


「南極物語」に関連する映画・DVD

南極物語

アンゴラ村長が、映画では描かれなかったもう1つの南極物語として、南極に行った三毛猫についてトーク。南極に行った三毛猫は、日本に帰国したが、行方不明となった。


バルミューダ

寒さ&乾燥対策!最新あったか家電特集。バルミューダからは最新加湿器が登場。


「南極物語」に関連する映画・DVD

南極物語

第1位「南極物語」南極観測隊に起きた実話をもとに制作された。南極観測隊の苦悩と犬がたくましく生き抜く姿を描いた感動作。


犬好き渡部オススメ!犬の姿に癒やされる映画BEST3

第3位「僕のワンダフル・ライフ」 子供の頃から一緒に育った飼い主と犬のベイリー。飼い主を愛し幸せにするのが役目だとして、再び巡り合うたびに生まれ変わりを繰り返す犬と人間のラブストーリー。

第2位「恋愛小説家」偏屈で孤独な小説家が預かることになった隣人の愛犬。犬を通し、他人と交流を始め人並みの愛を知るラブロマンス。

第1位「南極物語」南極観測隊に起きた実話をもとに制作された。南極観測隊の苦悩と犬がたくましく生き抜く姿を描いた感動作。


「南極物語」に関連する本・コミック・雑誌

こねこのタケシ南極だいぼうけん

1983年公開の大ヒット映画「南極物語」は事実を元にした感動物語だが、実際犬を発見した時「2頭の熊のような犬がこちらを見ている」と隊員は思ったそう。再会した頃の2匹の大きさを見てでかいなどと出演者らがコメント。150cmほどの大きさがあるという。また再会時タロかジロか他の犬かよくわからなかったそう。初めは樺太犬のモクとクマだと思われていたが、黒い犬たちの名を片っ端から読び最後に「タロ?」と呼んだ時尻尾がビクッと動き、「ジロ?」と呼ぶと癖であった右前足をひょいと上げたことから分かったという。南極探索隊には航海に縁起が良いとされるオスの三毛猫のタケシも同行していた。スタジオにタロの毛が登場。綿みたいなどと出演者らがコメント。


「南極物語」に関連する本・コミック・雑誌

1983年公開の大ヒット映画「南極物語」は事実を元にした感動物語だが、実際犬を発見した時「2頭の熊のような犬がこちらを見ている」と隊員は思ったそう。再会した頃の2匹の大きさを見てでかいなどと出演者らがコメント。150cmほどの大きさがあるという。また再会時タロかジロか他の犬かよくわからなかったそう。初めは樺太犬のモクとクマだと思われていたが、黒い犬たちの名を片っ端から読び最後に「タロ?」と呼んだ時尻尾がビクッと動き、「ジロ?」と呼ぶと癖であった右前足をひょいと上げたことから分かったという。南極探索隊には航海に縁起が良いとされるオスの三毛猫のタケシも同行していた。スタジオにタロの毛が登場。綿みたいなどと出演者らがコメント。

「南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)」

Amazon.co.jp


「南極物語」に関連する本・コミック・雑誌

1983年公開の大ヒット映画「南極物語」は事実を元にした感動物語だが、実際犬を発見した時「2頭の熊のような犬がこちらを見ている」と隊員は思ったそう。再会した頃の2匹の大きさを見てでかいなどと出演者らがコメント。150cmほどの大きさがあるという。また再会時タロかジロか他の犬かよくわからなかったそう。初めは樺太犬のモクとクマだと思われていたが、黒い犬たちの名を片っ端から読び最後に「タロ?」と呼んだ時尻尾がビクッと動き、「ジロ?」と呼ぶと癖であった右前足をひょいと上げたことから分かったという。南極探索隊には航海に縁起が良いとされるオスの三毛猫のタケシも同行していた。スタジオにタロの毛が登場。綿みたいなどと出演者らがコメント。

「南極観測船「宗谷」航海記―航海・機関・輸送の実録」

Amazon.co.jp