ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「南野陽子」の検索結果

「南野陽子」に関連する情報 1414件中 1〜10件目

「南野陽子」に関連する音楽・CD

夢の中へ

記者会見で現在の人気ぶりを聞かれた斉藤は「こそばゆい」などと答える。志願したわけではなかった芸能界、斉藤はアイドルになりきれずにいたがそんな気持ちとは裏腹にどんどん売れていく。デビュー8か月後には初主演の連ドラ「スケバン刑事」が開始。主人公の女子高生・麻宮サキが重合金のヨーヨーを武器に悪と戦うという内容だったが、斉藤の人気も伴い大ヒットした。このヒットでドラマはシリーズ化、2代目スケバン刑事を南野陽子が、3代目は浅香唯が務めた。彼女達が持つヨーヨーが売れ80年代に社会現象を起こした。当時18歳の斉藤はデビュー翌年の1年間でドラマ3本映画1本に主演、CD5枚発売など大人気。スケジュールは多忙を極め日本テレビの歌番組「ザ・トップテン」にフジテレビの撮影現場から出演した。その後もアイドル人気に拍車がかかり10作連続トップ10入り。人前に出るのが嫌いだったにもかかわらずトップアイドルになってしまう一方映画やドラマの出演を重ね芝居の魅力に取り憑かれる。女優としての地位を確立するきっかけとなった作品が映画デビュー作となった「雪の断章」。この演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞など新人賞を総ナメ。1986年には19歳で「はね駒」に主演、最高視聴率49.7%を記録した。この出演をきっかけに国民的女優に。女優について聞かれた時は「楽しかった」と話していた。その後も第11回&第12回と連続で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得。80本以上のドラマなどに主演し人気アイドルから実力派女優へ進化した。

後ろ向きだったアイドル活動について斉藤さんは「違和感はあった。前に出ることが出来なかった」と話す。夢の中へで踊ったことについて「アップテンポの曲なのにやりようがないから突っ立ってるのも如何なものかと思って。でも私は振り付けがついた事がなかったので」と話す。千秋さんは「流行ったんですよ。初めて見る動き」などと話す。東野さんに「これだけ覚えてくれているの嬉しいでしょ」と聞かれ斉藤さんは「千秋ちゃんには感謝。いつも千秋ちゃんがいると私より変わった人がいると」などと話す。


日本テレビ

記者会見で現在の人気ぶりを聞かれた斉藤は「こそばゆい」などと答える。志願したわけではなかった芸能界、斉藤はアイドルになりきれずにいたがそんな気持ちとは裏腹にどんどん売れていく。デビュー8か月後には初主演の連ドラ「スケバン刑事」が開始。主人公の女子高生・麻宮サキが重合金のヨーヨーを武器に悪と戦うという内容だったが、斉藤の人気も伴い大ヒットした。このヒットでドラマはシリーズ化、2代目スケバン刑事を南野陽子が、3代目は浅香唯が務めた。彼女達が持つヨーヨーが売れ80年代に社会現象を起こした。当時18歳の斉藤はデビュー翌年の1年間でドラマ3本映画1本に主演、CD5枚発売など大人気。スケジュールは多忙を極め日本テレビの歌番組「ザ・トップテン」にフジテレビの撮影現場から出演した。その後もアイドル人気に拍車がかかり10作連続トップ10入り。人前に出るのが嫌いだったにもかかわらずトップアイドルになってしまう一方映画やドラマの出演を重ね芝居の魅力に取り憑かれる。女優としての地位を確立するきっかけとなった作品が映画デビュー作となった「雪の断章」。この演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞など新人賞を総ナメ。1986年には19歳で「はね駒」に主演、最高視聴率49.7%を記録した。この出演をきっかけに国民的女優に。女優について聞かれた時は「楽しかった」と話していた。その後も第11回&第12回と連続で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得。80本以上のドラマなどに主演し人気アイドルから実力派女優へ進化した。


「南野陽子」に関連する映画・DVD

雪の断章 -情熱-

記者会見で現在の人気ぶりを聞かれた斉藤は「こそばゆい」などと答える。志願したわけではなかった芸能界、斉藤はアイドルになりきれずにいたがそんな気持ちとは裏腹にどんどん売れていく。デビュー8か月後には初主演の連ドラ「スケバン刑事」が開始。主人公の女子高生・麻宮サキが重合金のヨーヨーを武器に悪と戦うという内容だったが、斉藤の人気も伴い大ヒットした。このヒットでドラマはシリーズ化、2代目スケバン刑事を南野陽子が、3代目は浅香唯が務めた。彼女達が持つヨーヨーが売れ80年代に社会現象を起こした。当時18歳の斉藤はデビュー翌年の1年間でドラマ3本映画1本に主演、CD5枚発売など大人気。スケジュールは多忙を極め日本テレビの歌番組「ザ・トップテン」にフジテレビの撮影現場から出演した。その後もアイドル人気に拍車がかかり10作連続トップ10入り。人前に出るのが嫌いだったにもかかわらずトップアイドルになってしまう一方映画やドラマの出演を重ね芝居の魅力に取り憑かれる。女優としての地位を確立するきっかけとなった作品が映画デビュー作となった「雪の断章」。この演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞など新人賞を総ナメ。1986年には19歳で「はね駒」に主演、最高視聴率49.7%を記録した。この出演をきっかけに国民的女優に。女優について聞かれた時は「楽しかった」と話していた。その後も第11回&第12回と連続で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得。80本以上のドラマなどに主演し人気アイドルから実力派女優へ進化した。


フジテレビ

記者会見で現在の人気ぶりを聞かれた斉藤は「こそばゆい」などと答える。志願したわけではなかった芸能界、斉藤はアイドルになりきれずにいたがそんな気持ちとは裏腹にどんどん売れていく。デビュー8か月後には初主演の連ドラ「スケバン刑事」が開始。主人公の女子高生・麻宮サキが重合金のヨーヨーを武器に悪と戦うという内容だったが、斉藤の人気も伴い大ヒットした。このヒットでドラマはシリーズ化、2代目スケバン刑事を南野陽子が、3代目は浅香唯が務めた。彼女達が持つヨーヨーが売れ80年代に社会現象を起こした。当時18歳の斉藤はデビュー翌年の1年間でドラマ3本映画1本に主演、CD5枚発売など大人気。スケジュールは多忙を極め日本テレビの歌番組「ザ・トップテン」にフジテレビの撮影現場から出演した。その後もアイドル人気に拍車がかかり10作連続トップ10入り。人前に出るのが嫌いだったにもかかわらずトップアイドルになってしまう一方映画やドラマの出演を重ね芝居の魅力に取り憑かれる。女優としての地位を確立するきっかけとなった作品が映画デビュー作となった「雪の断章」。この演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞など新人賞を総ナメ。1986年には19歳で「はね駒」に主演、最高視聴率49.7%を記録した。この出演をきっかけに国民的女優に。女優について聞かれた時は「楽しかった」と話していた。その後も第11回&第12回と連続で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得。80本以上のドラマなどに主演し人気アイドルから実力派女優へ進化した。


「南野陽子」に関連する音楽・CD

白い炎

記者会見で現在の人気ぶりを聞かれた斉藤は「こそばゆい」などと答える。志願したわけではなかった芸能界、斉藤はアイドルになりきれずにいたがそんな気持ちとは裏腹にどんどん売れていく。デビュー8か月後には初主演の連ドラ「スケバン刑事」が開始。主人公の女子高生・麻宮サキが重合金のヨーヨーを武器に悪と戦うという内容だったが、斉藤の人気も伴い大ヒットした。このヒットでドラマはシリーズ化、2代目スケバン刑事を南野陽子が、3代目は浅香唯が務めた。彼女達が持つヨーヨーが売れ80年代に社会現象を起こした。当時18歳の斉藤はデビュー翌年の1年間でドラマ3本映画1本に主演、CD5枚発売など大人気。スケジュールは多忙を極め日本テレビの歌番組「ザ・トップテン」にフジテレビの撮影現場から出演した。その後もアイドル人気に拍車がかかり10作連続トップ10入り。人前に出るのが嫌いだったにもかかわらずトップアイドルになってしまう一方映画やドラマの出演を重ね芝居の魅力に取り憑かれる。女優としての地位を確立するきっかけとなった作品が映画デビュー作となった「雪の断章」。この演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞など新人賞を総ナメ。1986年には19歳で「はね駒」に主演、最高視聴率49.7%を記録した。この出演をきっかけに国民的女優に。女優について聞かれた時は「楽しかった」と話していた。その後も第11回&第12回と連続で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得。80本以上のドラマなどに主演し人気アイドルから実力派女優へ進化した。


「南野陽子」に関連する映画・DVD

阿部寛のプロフィールを紹介。21歳での専属モデルとして活躍し23歳の時に南野陽子さん主演の映画「はいからさんが通る」に出演し俳優の道へ入った。TRICK、テルマエ・ロマエ、下町ロケットなど数多くのドラマ・映画に出演し一躍人気俳優になった。タレントパワーランキング男優部門では2012年から5年連続で1位となった。バイト感覚でモデルデビューし集英社お抱えとして4年やった。大学卒業したらエンジニアになろうと思っていたという。下積みもないから芝居が分からずやる気もなかったが転機は舞台だったと話した。

阿部寛の休日の過ごし方はジムへ行ったりDIYをする事。この前は洗濯機の上の棚を製作したと話した。ホームセンターは1日おきに行きジムでは3時間単位でいるという。3か月仕事がなかった時にある俳優が体脂肪率10%を目指してるという情報を得て24%ある体脂肪率を落とそうとして体重が17kg減ってしまったと話した。仲の良い俳優は東幹久と北村一輝で人の悪口で盛り上がってるという。イラッとする挨拶は「オイッス」で高校時代の経験から髪の毛をいじる女性が苦手だと話した。

 (劇場公開日 2014年4月26日)

「南野陽子」に関連する映画・DVD

はいからさんが通る

阿部寛のプロフィールを紹介。21歳での専属モデルとして活躍し23歳の時に南野陽子さん主演の映画「はいからさんが通る」に出演し俳優の道へ入った。TRICK、テルマエ・ロマエ、下町ロケットなど数多くのドラマ・映画に出演し一躍人気俳優になった。タレントパワーランキング男優部門では2012年から5年連続で1位となった。バイト感覚でモデルデビューし集英社お抱えとして4年やった。大学卒業したらエンジニアになろうと思っていたという。下積みもないから芝居が分からずやる気もなかったが転機は舞台だったと話した。


MEN’S NON-NO

阿部寛のプロフィールを紹介。21歳での専属モデルとして活躍し23歳の時に南野陽子さん主演の映画「はいからさんが通る」に出演し俳優の道へ入った。TRICK、テルマエ・ロマエ、下町ロケットなど数多くのドラマ・映画に出演し一躍人気俳優になった。タレントパワーランキング男優部門では2012年から5年連続で1位となった。バイト感覚でモデルデビューし集英社お抱えとして4年やった。大学卒業したらエンジニアになろうと思っていたという。下積みもないから芝居が分からずやる気もなかったが転機は舞台だったと話した。


集英社

阿部寛のプロフィールを紹介。21歳での専属モデルとして活躍し23歳の時に南野陽子さん主演の映画「はいからさんが通る」に出演し俳優の道へ入った。TRICK、テルマエ・ロマエ、下町ロケットなど数多くのドラマ・映画に出演し一躍人気俳優になった。タレントパワーランキング男優部門では2012年から5年連続で1位となった。バイト感覚でモデルデビューし集英社お抱えとして4年やった。大学卒業したらエンジニアになろうと思っていたという。下積みもないから芝居が分からずやる気もなかったが転機は舞台だったと話した。


「南野陽子」に関連する音楽・CD

フラミンゴ in パラダイス

80年代音楽番組の斬新すぎる演出を紹介。中森明菜は150万円の龍、南野陽子は照明が下りてきて校舎になる、渡辺美奈代は巨大な両手のセット、梅雨でどでかいアジサイの鉢植え、斉藤由貴は飛行機の羽に乗り空を飛ぶ、BaBeはマネキンがいつの間にか人間に変身する、荻野目洋子は15マスの巨大なハコ、巨大な荻野目の巨大な絵、25mプールで歌う、テニスコートの中で歌うという演出の中で歌を披露した。