ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「南野陽子」の検索結果

「南野陽子」に関連する情報 1432件中 1〜10件目

「南野陽子」に関連するイベント情報

山内惠介 東京・明治座 初座長公演

山内惠介が公開稽古を行った。共演するのは南野陽子。タイムスリップした主人公が若き日の母親と出会ったことで騒動が起こる物語。「されるがまま。抱き慣れてる」と山内惠介が語った。


「南野陽子」に関連するイベント情報

1963年 父の青春 僕はあの日の高校3年生

スタッフはある舞台の稽古場へ。ここは山内惠介が座長を務める舞台「1963年 父の青春 僕はあの日の高校3年生」の稽古場。その共演者が南野陽子さん。スタッフを含め和やかなムードの中稽古が行われていた。南野陽子さんにインタビュー。初めてあったときの印象について「本物だ〜。爽やか、好青年、ナイスガイの印象だった」と話した。稽古の休憩時間、山内さんはギャグをちょこちょこ挟んでくる。今回の舞台も色んな小ネタを挟んでいるという。


「南野陽子」に関連するイベント情報

山内惠介コンサート2017

きょうのゲストは抜群の歌唱力と王子様ライクなルックスで中高年女性に大人気の演歌歌手・山内惠介さん。そんな彼の行きつけとは?さらにともに舞台稽古中の南野陽子さんが語る山内惠介さんのちょっと変わったところとは?このあと…人気演歌歌手の意外な素顔に迫る!


「南野陽子」に関連する音楽・CD

きょうのゲストは抜群の歌唱力と王子様ライクなルックスで中高年女性に大人気の演歌歌手・山内惠介さん。そんな彼の行きつけとは?さらにともに舞台稽古中の南野陽子さんが語る山内惠介さんのちょっと変わったところとは?このあと…人気演歌歌手の意外な素顔に迫る!

「さらせ冬の嵐(笑顔盤)」

Amazon.co.jp


「南野陽子」に関連する音楽・CD

スポットライト

きょうのゲストは抜群の歌唱力と王子様ライクなルックスで中高年女性に大人気の演歌歌手・山内惠介さん。そんな彼の行きつけとは?さらにともに舞台稽古中の南野陽子さんが語る山内惠介さんのちょっと変わったところとは?このあと…人気演歌歌手の意外な素顔に迫る!


「南野陽子」に関連する映画・DVD

鬼龍院花子の生涯

記憶力が問われるクイズが出題され正解するごとに10ノーベルが獲得できる。流行語「1982年公開の映画『鬼龍院花子の生涯』で夏目雅子が発言し流行した言葉は?」が出題。正解は「なめたらいかんぜよ」で麻木久仁子が正解。また、「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」では南野陽子の「なめたらあかんぜよ」の決めセリフが話題となった。


Momoco

西村知美が実家を片付ける。続いては2階にある父の寝室、置かれていたのは西村知美が雑誌「Momoco」のコンテストで優勝した時のトロフィ、この優勝がきっかけで15歳でデビューした。片付けてみると激レアの堀越学園の制服や体操着などがでてきた。作業すること1時間、クローゼットに空きスペースができた。

続いてサンルームを片付ける。積み上げられた無数のダンボール箱があり、中身は全てカラ。荷物を送る時用のダンボール箱で、必要な分だけ残して処分。更に父が市役所に勤めていた時の日記や親友からの手紙も発見した。近くにある倉庫も掃除していると西村知美が小学校の頃に父へプレゼントしたマフラーや雑誌「Momoco」で着た服が置かれていた。

1階の縁側にある棚に保管されていたのが西村知美の雑誌切り抜き。当時の雑誌の表紙には南野陽子と聖飢魔IIが表紙になっていた。実は西村知美と母の間には確執があり、父親っ子だった中学生の知美は母とあまり話さなかったという。想い出で溢れていた西村家の片付け、処分した総量は約6tだった。


「南野陽子」に関連する映画・DVD

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第10位は、南野陽子「トラブル・メーカー」だった。

 (劇場公開日 2014年3月14日)

「南野陽子」に関連する音楽・CD

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第10位は、南野陽子「トラブル・メーカー」だった。

「GOLDEN☆BEST/南野陽子 ナンノ・シングルスIII+マイ・フェイバリット」

Amazon.co.jp


「南野陽子」に関連する音楽・CD

平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第14位は、浅香唯「恋のロックンロール・サーカス」。曲が起用されたカセットテープのCMには浅香自身も出演していた。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第13位は、サザンオールスターズ「さよならベイビー」だった。マリンスポーツがテーマの恋愛映画「彼女が水着にきがえたら」の主題歌で、劇中ではショルダー型携帯電話が登場していた。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第12位は、斉藤由貴「夢の中へ」だった。斉藤が出演するパソコンのCM曲に起用された。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第11位は、男闘呼組「ROCKIN’MY SOUL」だった。ギターの岡本健一は、Hey!Say!JUMP岡本圭人の父親だと紹介。木村拓哉にギターを教えたとも言われている。

「平成元年 夏の売上TOP30」の11位〜30位までを紹介した。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第10位は、南野陽子「トラブル・メーカー」だった。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第9位は、アイドル四天王の1人だった中山美穂「VIRGIN EYES」だった。この曲が主題歌に使われた映画「どっちにするの。」では、中山が主演を務め、宮沢りえや風間トオルと共演していた。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第8位は、少年隊「まいったネ 今夜」。今もジャニーズJr.によって歌い継がれる楽曲で、嵐がデビュー当時に披露したという映像を紹介した。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第7位は、TM NETWORK「DIVE INTO YOUR BODY」だった。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第6位は、氷室京介「SUMMER GAME」。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第5位は、松任谷由実「ANNIVERSARY〜無限にCALLING YOU〜」だった。

「平成元年 夏のJ-POP売上 TOP30」第4位は、プリンセス プリンセス「Diamond<ダイアモンド>」だった。発売から27年が過ぎてもCMソングとして楽曲が起用され、平成生まれにも認知されているという。さらに、カップリング曲「M」も代表曲の1つで、平成発売のシングルで初のミリオンヒットを記録。この年のシングル年間売上第1位となった。

「Diamond<ダイアモンド>」を含むSPメドレーを披露する岸谷香が、スタジオでトーク。「Diamond<ダイアモンド>」は制作も発売も冬だったが、ロングヒットしたため1位になる頃には夏になっていたという。さらに岸谷はミュージックステーションの思い出を語り、プリンセスプリンセスとして最後の出演となった回で歌詞を間違えて終わってしまったと明かした。