ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「南野陽子」の検索結果

「南野陽子」に関連する情報 1449件中 1〜10件目

「南野陽子」に関連する音楽・CD

はいからさんが通る

BGM はいからさんが通る/南野陽子


「南野陽子」に関連する音楽・CD

吐息でネット

箏を再開した。ここからは一箏・二箏・十七絃に分かれて練習を行う。課題曲は「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」。一箏の四人は高音を担当、二箏はメロディを担当、十七絃は低音を担当する。


ンゴロンゴロ保全地域

南野陽子はタンザニアを訪問。近くにマサイ族の村があるという事で訪問。南野陽子はこの地域のマサイ族に伝わる歓迎の歌で歓迎してもらった。村長に話を聞くと料金を求められた。実はここは観光マサイ村で歓迎の歌もお仕事であるとのこと。マサイ族の家の壁は牛の糞を使用しているという。

ここで日本のお正月をマサイ族と体験することになった。福笑いでは初めてにしては上出来な状態で祝福の歌が歌われた。つづいて蕎麦を村長と二人羽織りで食べた。すると車でスクマ族の方々がやってきてダンスを披露。持ってきたのは大蛇で蛇と踊ると幸福が来るという必勝祈願ダンスだという。このダンスなどには合計24万円ほどかかった。


ザンジバルレッドコロブス

南野陽子は「ジョザニ森林保護区」へ。ここでは約1200円の入園料がかかった。ここにはザンジバルレッドコロブスというサルがいて、世界でもザンジバル島でしかみることができないという。このサルは炭を食べることで、主食の葉の毒素を炭に吸着させて体外に出すという。次に南野はハーブ薬局をおとずれた。タンザニアではハーブを薬として飲むのは一般的で、腹痛にきくものなどが売られていた。また、ザンジバル島には悪魔から身を守る魔除けの習慣があり、魔除けに使用するハーブも売られていた。


ジョザニ森林保護区

南野陽子は「ジョザニ森林保護区」へ。ここでは約1200円の入園料がかかった。ここにはザンジバルレッドコロブスというサルがいて、世界でもザンジバル島でしかみることができないという。このサルは炭を食べることで、主食の葉の毒素を炭に吸着させて体外に出すという。次に南野はハーブ薬局をおとずれた。タンザニアではハーブを薬として飲むのは一般的で、腹痛にきくものなどが売られていた。また、ザンジバル島には悪魔から身を守る魔除けの習慣があり、魔除けに使用するハーブも売られていた。


ドリーム オブ ザンジバル

タンザニアはアフリカのハワイといわれていて、ここ10年間で観光収入が急成長している。タンザニアの観光客に話を聞いたところ、「お金がかかる」という意見が多かった。実際、現地を訪れた南野陽子が泊まった部屋は1泊17万円だった。


「南野陽子」に関連する音楽・CD

はいからさんが通る

翠千賀が南野陽子の「はいからさんが通る」を歌った。


「南野陽子」に関連する音楽・CD

はいからさんが通る

このあと、翠千賀が南野陽子の「はいからさんが通る」を歌う。


「南野陽子」に関連する音楽・CD

恋するフォーチュンクッキー

千堂あきほ、田中美奈子を紹介。昔は学園祭クイーンとして全国各地を飛び回ってる。荒稼ぎしていたという過去を紹介。田中美奈子は22歳で歌手デビューし、マネージャーにボーナスが100万円を受け取ったと語る。坂上忍は南野陽子が月給3〜5万円ほどだったと比較。千堂あきほは給料制で月10万円の生活で当時はそういうものだったと解説。マイナスになった人もいると語る。指原莉乃は恋するフォーチュンクッキーに感謝と語る。


オリコン

井森美幸はホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリ受賞。賞金とハワイ旅行に惹かれて受けたという。1985年に歌手デビュー。歌はCMソングに起用された。アイドルブームで南野陽子らがいたため、井森美幸はバラドルとして活躍。父親は1,2年で芸能界から帰ってくると思っていたという。