ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「博多大吉」の検索結果

「博多大吉」に関連する情報 2214件中 1〜10件目

「博多大吉」に関連する本・コミック・雑誌

ルーツは父にあり、父親は紙芝居や絵本を書いているという。さらに舞台にも出演し、多くの舞台俳優仲間がいる。ヒントはガリガリで体重159センチ体重39キロ。正解はカラテカの矢部さん。上半期のブックランキングでは1位に。藤子・F・不二雄先生のマンガ大賞で手塚治虫文化賞短編賞を受賞した。矢部さんはこの漫画で出し切ったと感じ続編を断っていたがしかしある先輩の一言がきっかけで運命を変えた。博多大吉にこの本を読んでもらった時に続編書かないの?と言われ「これ以上良いものは描けない。」と答えたが大吉は「描いたほうが良い。大家さんのために。」と答えたという。今年の5月からは続編がスタートした。

「大家さんと僕」

Amazon.co.jp


綾瀬タウンヒルズ

ルーツは父にあり、父親は紙芝居や絵本を書いているという。さらに舞台にも出演し、多くの舞台俳優仲間がいる。ヒントはガリガリで体重159センチ体重39キロ。正解はカラテカの矢部さん。上半期のブックランキングでは1位に。藤子・F・不二雄先生のマンガ大賞で手塚治虫文化賞短編賞を受賞した。矢部さんはこの漫画で出し切ったと感じ続編を断っていたがしかしある先輩の一言がきっかけで運命を変えた。博多大吉にこの本を読んでもらった時に続編書かないの?と言われ「これ以上良いものは描けない。」と答えたが大吉は「描いたほうが良い。大家さんのために。」と答えたという。今年の5月からは続編がスタートした。


「博多大吉」に関連するイベント情報

幕末純情伝

ルーツは父にあり、父親は紙芝居や絵本を書いているという。さらに舞台にも出演し、多くの舞台俳優仲間がいる。ヒントはガリガリで体重159センチ体重39キロ。正解はカラテカの矢部さん。上半期のブックランキングでは1位に。藤子・F・不二雄先生のマンガ大賞で手塚治虫文化賞短編賞を受賞した。矢部さんはこの漫画で出し切ったと感じ続編を断っていたがしかしある先輩の一言がきっかけで運命を変えた。博多大吉にこの本を読んでもらった時に続編書かないの?と言われ「これ以上良いものは描けない。」と答えたが大吉は「描いたほうが良い。大家さんのために。」と答えたという。今年の5月からは続編がスタートした。


「博多大吉」に関連するグルメ情報

バターコーントースト

無類のバター好きの武井壮がオススメする食パンに合う最強バターを紹介。1つ目は「カルピス特撰バター」を紹介。2つ目は「バター ドゥ ロドルフ ムニエ」を紹介。スタジオで、武井壮が食パンにバターを塗って調理した。中居正広らが試食し、絶賛した。博多大吉はバターの旨味を初めて知ったと話した。武井壮が最強の食べ方としてバターコーントーストを紹介。中居正広は試食し「まあまあ」だとした。


「博多大吉」に関連するグルメ情報

バター ドゥ ロドルフ ムニエ

無類のバター好きの武井壮がオススメする食パンに合う最強バターを紹介。1つ目は「カルピス特撰バター」を紹介。2つ目は「バター ドゥ ロドルフ ムニエ」を紹介。スタジオで、武井壮が食パンにバターを塗って調理した。中居正広らが試食し、絶賛した。博多大吉はバターの旨味を初めて知ったと話した。武井壮が最強の食べ方としてバターコーントーストを紹介。中居正広は試食し「まあまあ」だとした。


「博多大吉」に関連するグルメ情報

カルピス特撰バター

無類のバター好きの武井壮がオススメする食パンに合う最強バターを紹介。1つ目は「カルピス特撰バター」を紹介。2つ目は「バター ドゥ ロドルフ ムニエ」を紹介。スタジオで、武井壮が食パンにバターを塗って調理した。中居正広らが試食し、絶賛した。博多大吉はバターの旨味を初めて知ったと話した。武井壮が最強の食べ方としてバターコーントーストを紹介。中居正広は試食し「まあまあ」だとした。


「博多大吉」に関連するレストラン・飲食店

今週のほろ酔い店をおさらいした。

最後に博多大吉と相澤仁美が記念撮影を行った。


「博多大吉」に関連するレストラン・飲食店

「惹凱牡」でトーク中、博多大吉から相澤へその服どこで買うのか質問すると「プラダです」と答えた。


「博多大吉」に関連するグルメ情報

スタミナ納豆

一行は「居酒屋 多古屋」でビールと日本酒で乾杯。博多大吉が相澤仁美を好きな理由についてトーク。初めて出会った時は冬で服を着ていたが写真で見るとグラマーで、そういった人としゃべる仕事がものすごいカルチャーショックだったと当時の思いを話した。相澤仁美は中学生の時に友達の中ではあったほうで、デビューは22歳の時にスカウトされたと話した。


「博多大吉」に関連するグルメ情報

トマト天ぷら

一行は「居酒屋 多古屋」でビールと日本酒で乾杯。博多大吉が相澤仁美を好きな理由についてトーク。初めて出会った時は冬で服を着ていたが写真で見るとグラマーで、そういった人としゃべる仕事がものすごいカルチャーショックだったと当時の思いを話した。相澤仁美は中学生の時に友達の中ではあったほうで、デビューは22歳の時にスカウトされたと話した。