ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「危機管理産業展2011」の検索結果

「危機管理産業展2011」に関連する情報 23件中 1〜10件目

「危機管理産業展2011」に関連するイベント情報

危機管理産業展2011

先週末に神奈川県三浦市で避難訓練が行われるなど、東日本大震災を経て人々の防災意識が高まっている。今年の危機管理産業展には前年比1.4倍となる入場者数約6万3000人を記録。折りたたみヘルメットのタタメットや電動階段昇降車、防護服などが展示された。タタメットは1日1000個以上を生産しても注文数に追いつけないほどの人気となっている。

コスモパワーでは防災シェルター「ノア」を開発。その値段は30万2400円。強化繊維プラスチックを素材とし、地震や津波の対策として開発され、約900個の注文を受けている。制限重量は250kgで、大人4人が入っても若干のスペースがある。強度は十分で、水の中では水面に浮き上がるので、空気穴を開ければ酸素供給が可能。小窓からは外の様子を確認ができる。

防災シェルター「ノア」を購入した一家を取材。天井や家具の倒壊から子供達を守ろうと購入を決めたという。

スタジオの小山慶一郎がタタメットを実際に開いてヘルメットにし、「日頃からの対策が必要だと改めて感じた」とコメントした。


大日本印刷

デジタルサイネージ特集。JR東京駅などの自動販売機は顔画像認識によりおすすめ商品を表示するなどの機能を持ち、新しくスロットゲーム機能も加わった。売り上げは従来の販売機の1.6倍と好調。笹川俊成氏がコメント。

東京ビッグサイトの危機管理産業展2011ではデジタルサイネージの展示コーナーで、自動販売機に災害情報を表示するシステム、ダイドードリンコと大日本印刷による災害用蓄電池・地デジチューナー搭載の自動販売機などが展示された。三浦義之氏、庄司玄氏がコメント。


ダイドードリンコ

デジタルサイネージ特集。JR東京駅などの自動販売機は顔画像認識によりおすすめ商品を表示するなどの機能を持ち、新しくスロットゲーム機能も加わった。売り上げは従来の販売機の1.6倍と好調。笹川俊成氏がコメント。

東京ビッグサイトの危機管理産業展2011ではデジタルサイネージの展示コーナーで、自動販売機に災害情報を表示するシステム、ダイドードリンコと大日本印刷による災害用蓄電池・地デジチューナー搭載の自動販売機などが展示された。三浦義之氏、庄司玄氏がコメント。


「危機管理産業展2011」に関連するイベント情報

危機管理産業展2011

デジタルサイネージ特集。JR東京駅などの自動販売機は顔画像認識によりおすすめ商品を表示するなどの機能を持ち、新しくスロットゲーム機能も加わった。売り上げは従来の販売機の1.6倍と好調。笹川俊成氏がコメント。

東京ビッグサイトの危機管理産業展2011ではデジタルサイネージの展示コーナーで、自動販売機に災害情報を表示するシステム、ダイドードリンコと大日本印刷による災害用蓄電池・地デジチューナー搭載の自動販売機などが展示された。三浦義之氏、庄司玄氏がコメント。


東京国際展示場

デジタルサイネージ特集。JR東京駅などの自動販売機は顔画像認識によりおすすめ商品を表示するなどの機能を持ち、新しくスロットゲーム機能も加わった。売り上げは従来の販売機の1.6倍と好調。笹川俊成氏がコメント。

東京ビッグサイトの危機管理産業展2011ではデジタルサイネージの展示コーナーで、自動販売機に災害情報を表示するシステム、ダイドードリンコと大日本印刷による災害用蓄電池・地デジチューナー搭載の自動販売機などが展示された。三浦義之氏、庄司玄氏がコメント。


東京駅

デジタルサイネージ特集。JR東京駅などの自動販売機は顔画像認識によりおすすめ商品を表示するなどの機能を持ち、新しくスロットゲーム機能も加わった。売り上げは従来の販売機の1.6倍と好調。笹川俊成氏がコメント。

東京ビッグサイトの危機管理産業展2011ではデジタルサイネージの展示コーナーで、自動販売機に災害情報を表示するシステム、ダイドードリンコと大日本印刷による災害用蓄電池・地デジチューナー搭載の自動販売機などが展示された。三浦義之氏、庄司玄氏がコメント。


「危機管理産業展2011」に関連するイベント情報

危機管理産業展2011

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


「危機管理産業展2011」に関連するイベント情報

危機管理産業展2011

防災や防犯、リスク管理をテーマにした危機管理産業展2011が行われた。来の防災や防犯に加え、3月11日に発生した東日本大震災を受け、放射性物質を除染する装置や、宅困難者対策に関するアイテムが多数出展された。


「危機管理産業展2011」に関連するイベント情報

危機管理産業展2011

19日、都内で開かれた危機管理産業展の中で取材班は驚きの食品を発見した。NASAの技術を応用したフリーズドライの保存食は、保存料を一切使わず常温での保存が10年間可能だ。

更に水分が金属に触れることでイオンが出る原理を応用した懐中電灯も発見。水分さえあれば、明かりを灯すことが出来、醤油をはじめコーヒーでも海水でも液体なら何でも発電することが出来る。

危機管理産業展についてスタジオでトーク。昨年に比べると出展数は、4〜5割多くなっており、例年は企業関係者が主な対象だが、今年は個人からの問い合わせも多く、関心の高さを物語っている。


「危機管理産業展2011」に関連するイベント情報

危機管理産業展2011

19日、都内で開かれた危機管理産業展の中で取材班は驚きの食品を発見した。NASAの技術を応用したフリーズドライの保存食は、保存料を一切使わず常温での保存が10年間可能だ。

更に水分が金属に触れることでイオンが出る原理を応用した懐中電灯も発見。水分さえあれば、明かりを灯すことが出来、醤油をはじめコーヒーでも海水でも液体なら何でも発電することが出来る。

危機管理産業展についてスタジオでトーク。昨年に比べると出展数は、4〜5割多くなっており、例年は企業関係者が主な対象だが、今年は個人からの問い合わせも多く、関心の高さを物語っている。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (23)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (9)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (14)