ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「原田宗彦」の検索結果

「原田宗彦」に関連する情報 247件中 1〜10件目

関東学生アメフト連盟

日大教職員組合が理事長に当てた要求書では、部長・副部長・コーチ陣全員の解任と、アメフト部前監督を含む常務理事全員の解任を求めるとともに、理事長、学長の辞職要求。日大が公開している今年度の入学式では、前監督の地位を表すように、中央から2番目。田中英壽理事長はここで、「どんな逆境にも負けず、諦めない精神をもつ学生を応援します。」などとコメント。日大側が関学側へコーチの指示を否定し続けた一方、日大選手は指示があったとし、関学側も選手の主張を支持。関東学生アメフト連盟も、日大の監督らの発言を虚偽とした。きょう突きつけられた教職員組合からの要求の対応が注目される中、第三者委員会について日大広報部は、「最後の詰めを行っている」としている。原田宗彦教授は、「日大の経営に金銭的な補助をしている文部科学省、完全に独立した形の外部監査委員会を立ち上げるように動くのがいい。」などとコメント。さらにきょう、関学の選手側が警視庁に対し、前監督と前コーチに対し、傷害容疑の告訴状を提出し受理された。日大トップの対応が問われている。


関西学院大学

日大教職員組合が理事長に当てた要求書では、部長・副部長・コーチ陣全員の解任と、アメフト部前監督を含む常務理事全員の解任を求めるとともに、理事長、学長の辞職要求。日大が公開している今年度の入学式では、前監督の地位を表すように、中央から2番目。田中英壽理事長はここで、「どんな逆境にも負けず、諦めない精神をもつ学生を応援します。」などとコメント。日大側が関学側へコーチの指示を否定し続けた一方、日大選手は指示があったとし、関学側も選手の主張を支持。関東学生アメフト連盟も、日大の監督らの発言を虚偽とした。きょう突きつけられた教職員組合からの要求の対応が注目される中、第三者委員会について日大広報部は、「最後の詰めを行っている」としている。原田宗彦教授は、「日大の経営に金銭的な補助をしている文部科学省、完全に独立した形の外部監査委員会を立ち上げるように動くのがいい。」などとコメント。さらにきょう、関学の選手側が警視庁に対し、前監督と前コーチに対し、傷害容疑の告訴状を提出し受理された。日大トップの対応が問われている。


日本大学

日大教職員組合が理事長に当てた要求書では、部長・副部長・コーチ陣全員の解任と、アメフト部前監督を含む常務理事全員の解任を求めるとともに、理事長、学長の辞職要求。日大が公開している今年度の入学式では、前監督の地位を表すように、中央から2番目。田中英壽理事長はここで、「どんな逆境にも負けず、諦めない精神をもつ学生を応援します。」などとコメント。日大側が関学側へコーチの指示を否定し続けた一方、日大選手は指示があったとし、関学側も選手の主張を支持。関東学生アメフト連盟も、日大の監督らの発言を虚偽とした。きょう突きつけられた教職員組合からの要求の対応が注目される中、第三者委員会について日大広報部は、「最後の詰めを行っている」としている。原田宗彦教授は、「日大の経営に金銭的な補助をしている文部科学省、完全に独立した形の外部監査委員会を立ち上げるように動くのがいい。」などとコメント。さらにきょう、関学の選手側が警視庁に対し、前監督と前コーチに対し、傷害容疑の告訴状を提出し受理された。日大トップの対応が問われている。


YouTube

日大教職員組合が理事長に当てた要求書では、部長・副部長・コーチ陣全員の解任と、アメフト部前監督を含む常務理事全員の解任を求めるとともに、理事長、学長の辞職要求。日大が公開している今年度の入学式では、前監督の地位を表すように、中央から2番目。田中英壽理事長はここで、「どんな逆境にも負けず、諦めない精神をもつ学生を応援します。」などとコメント。日大側が関学側へコーチの指示を否定し続けた一方、日大選手は指示があったとし、関学側も選手の主張を支持。関東学生アメフト連盟も、日大の監督らの発言を虚偽とした。きょう突きつけられた教職員組合からの要求の対応が注目される中、第三者委員会について日大広報部は、「最後の詰めを行っている」としている。原田宗彦教授は、「日大の経営に金銭的な補助をしている文部科学省、完全に独立した形の外部監査委員会を立ち上げるように動くのがいい。」などとコメント。さらにきょう、関学の選手側が警視庁に対し、前監督と前コーチに対し、傷害容疑の告訴状を提出し受理された。日大トップの対応が問われている。


「原田宗彦」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

建設が進む東京オリンピックの新国立競技場だが、現場監督の23歳の男性が長時間労働の末、自殺した。五輪の誘致にも携わった早稲田大学の原田宗彦教授は「新国立競技場は白紙撤回したことで大幅に後期が短くなった。現場にしわ寄せがいっている」と話す。

2012年11月、ザハ・ハディド氏案は3年8ヶ月の工期だたが、2015年7月に白紙撤回に。2015年12月に現行の隈研吾氏案に決まったが、工期は3年に短縮された。

ハタコンサルタントの降旗達生代表取締役によると、現場の人手不足が問題になっている。現場監督は施工管理技術者と呼ばれる人たちで、現場の工程管理や安全管理などを行っている。これには国家資格が必要で、一人前になるまで3〜4年かかるといわれる。一般的に10人に1人が現場監督となるが、新国立競技場の場合や800人が働いているので約80人が現場監督。建設業界全体で現場監督が不足している。


新国立競技場

建設が進む東京オリンピックの新国立競技場だが、現場監督の23歳の男性が長時間労働の末、自殺した。五輪の誘致にも携わった早稲田大学の原田宗彦教授は「新国立競技場は白紙撤回したことで大幅に後期が短くなった。現場にしわ寄せがいっている」と話す。

2012年11月、ザハ・ハディド氏案は3年8ヶ月の工期だたが、2015年7月に白紙撤回に。2015年12月に現行の隈研吾氏案に決まったが、工期は3年に短縮された。

ハタコンサルタントの降旗達生代表取締役によると、現場の人手不足が問題になっている。現場監督は施工管理技術者と呼ばれる人たちで、現場の工程管理や安全管理などを行っている。これには国家資格が必要で、一人前になるまで3〜4年かかるといわれる。一般的に10人に1人が現場監督となるが、新国立競技場の場合や800人が働いているので約80人が現場監督。建設業界全体で現場監督が不足している。


「原田宗彦」に関連するイベント情報

東京オリンピック

建設が進む東京オリンピックの新国立競技場だが、現場監督の23歳の男性が長時間労働の末、自殺した。五輪の誘致にも携わった早稲田大学の原田宗彦教授は「新国立競技場は白紙撤回したことで大幅に後期が短くなった。現場にしわ寄せがいっている」と話す。

2012年11月、ザハ・ハディド氏案は3年8ヶ月の工期だたが、2015年7月に白紙撤回に。2015年12月に現行の隈研吾氏案に決まったが、工期は3年に短縮された。

ハタコンサルタントの降旗達生代表取締役によると、現場の人手不足が問題になっている。現場監督は施工管理技術者と呼ばれる人たちで、現場の工程管理や安全管理などを行っている。これには国家資格が必要で、一人前になるまで3〜4年かかるといわれる。一般的に10人に1人が現場監督となるが、新国立競技場の場合や800人が働いているので約80人が現場監督。建設業界全体で現場監督が不足している。


弾琴湖国際ボート競技場

スタジオトーク。ゲストの原田宗彦氏を紹介。原田氏は「コンパクト性を表に出して招致したはずのオリンピックだがいろんな種目がコンパクトの中から外れている。ボートの問題は今決着をつけないと非常に大きな問題になる」と話した。野島卓がある官僚からの新しい情報として4者協議について「都以外の3者が都を説得する場になるだろう」と述べたと伝えた。原田氏は「ハイスペックなものをつくって負の遺産になるよりは今コストカットをするという議論をするのはいいこと」と話した。また韓国でボートを開催するという情報が出ている件については「最初からではなく途中からの2か国開催はあまり現実的ではない」と述べた。


海の森水上競技場

スタジオトーク。ゲストの原田宗彦氏を紹介。原田氏は「コンパクト性を表に出して招致したはずのオリンピックだがいろんな種目がコンパクトの中から外れている。ボートの問題は今決着をつけないと非常に大きな問題になる」と話した。野島卓がある官僚からの新しい情報として4者協議について「都以外の3者が都を説得する場になるだろう」と述べたと伝えた。原田氏は「ハイスペックなものをつくって負の遺産になるよりは今コストカットをするという議論をするのはいいこと」と話した。また韓国でボートを開催するという情報が出ている件については「最初からではなく途中からの2か国開催はあまり現実的ではない」と述べた。


「原田宗彦」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

スタジオトーク。ゲストの原田宗彦氏を紹介。原田氏は「コンパクト性を表に出して招致したはずのオリンピックだがいろんな種目がコンパクトの中から外れている。ボートの問題は今決着をつけないと非常に大きな問題になる」と話した。野島卓がある官僚からの新しい情報として4者協議について「都以外の3者が都を説得する場になるだろう」と述べたと伝えた。原田氏は「ハイスペックなものをつくって負の遺産になるよりは今コストカットをするという議論をするのはいいこと」と話した。また韓国でボートを開催するという情報が出ている件については「最初からではなく途中からの2か国開催はあまり現実的ではない」と述べた。


検索結果の絞り込み