ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「吉田豪」の検索結果

「吉田豪」に関連するグルメ情報 4件中 1〜4件目

「吉田豪」に関連するグルメ情報

アラビアータ

大川藍は辛いものが好きとのことでお題は「辛い」。トーク時間は2分間、何人話してもOK。先攻は知識人チーム。軒先に唐辛子をぶら下げているのは辛い食べ物は魔除けになるから。リリー・フランキーが一時期辛いもの好きだったが、それはメンタル弱くなっている時期だったから。辛いは人間独特の味覚で、パンダは味覚障害で竹を食べるようになった。アラビアータは辛すぎて怒っている顔が見えることからイタリア語で怒りんぼという意味になった。カラムーチョにかかれているおばあちゃんの名前はヒーおばあちゃんとヒーヒーおばあちゃん。という知識を披露した。吉田豪が追加雑学としてタバスコを日本に広めたのはアントニオ猪木だが、同時にマテ茶持ってきたが、当時は流行らなかった。また烏龍茶が流行ったのはピンクレディーがきっかけとした。


「吉田豪」に関連するグルメ情報

唐辛子

大川藍は辛いものが好きとのことでお題は「辛い」。トーク時間は2分間、何人話してもOK。先攻は知識人チーム。軒先に唐辛子をぶら下げているのは辛い食べ物は魔除けになるから。リリー・フランキーが一時期辛いもの好きだったが、それはメンタル弱くなっている時期だったから。辛いは人間独特の味覚で、パンダは味覚障害で竹を食べるようになった。アラビアータは辛すぎて怒っている顔が見えることからイタリア語で怒りんぼという意味になった。カラムーチョにかかれているおばあちゃんの名前はヒーおばあちゃんとヒーヒーおばあちゃん。という知識を披露した。吉田豪が追加雑学としてタバスコを日本に広めたのはアントニオ猪木だが、同時にマテ茶持ってきたが、当時は流行らなかった。また烏龍茶が流行ったのはピンクレディーがきっかけとした。


「吉田豪」に関連するグルメ情報

カラムーチョ

大川藍は辛いものが好きとのことでお題は「辛い」。トーク時間は2分間、何人話してもOK。先攻は知識人チーム。軒先に唐辛子をぶら下げているのは辛い食べ物は魔除けになるから。リリー・フランキーが一時期辛いもの好きだったが、それはメンタル弱くなっている時期だったから。辛いは人間独特の味覚で、パンダは味覚障害で竹を食べるようになった。アラビアータは辛すぎて怒っている顔が見えることからイタリア語で怒りんぼという意味になった。カラムーチョにかかれているおばあちゃんの名前はヒーおばあちゃんとヒーヒーおばあちゃん。という知識を披露した。吉田豪が追加雑学としてタバスコを日本に広めたのはアントニオ猪木だが、同時にマテ茶持ってきたが、当時は流行らなかった。また烏龍茶が流行ったのはピンクレディーがきっかけとした。


「吉田豪」に関連するグルメ情報

ビール

「マル・マル・モリ・モリ!」の曲でも人気となり、映画8本ドラマ11本に出演し、10月に歌手ソロデビューも決まった大活躍の俳優ちゃんの今後を話し合う。(サンケイスポーツ)

若林が芦田愛菜ちゃんは、学校でもリコーダーなど私物を管理しないと人気で盗まれてしまうのではと話した。増田は俳優にたいに婚期を逃して「ロンドンハーツ」に出てしまうのではと心配した。吉田豪は、代表曲に「山口さんちのツトム君」がある元子役の俳優は、太ってしまって「太っていたっていいじゃない」など本を発売していると話や俳優はドラッグに手を出してしまった話をした。

昨年俳優を引退した、元俳優で現在無職の黒田勇樹が、ビールを飲みながら俳優の今後を、メンタル面でライバルの競争に負けてしまったり、大人になれてしまうのが心配だと話した。