ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「名古屋市教育委員会」の検索結果

「名古屋市教育委員会」に関連する情報 125件中 1〜10件目

熱中症

今日も猛烈な暑さで京都では37.0℃を記録、全国各地で猛暑日となっている。そんな中多くの小中学校で終業式が行われ、校長先生などが熱中症に注意するよう呼びかけている。夏休みの水泳指導が中止になる学校も。来週は更に暑さが強くなるという。

石井亮次の挨拶。名古屋・東区にある至学館高校から中継。終業式が行われ終わった後に女子生徒4人が熱中症とみられる症状を訴え救急搬送された。体育館で30分ほど行われたといい全校生徒1500人が集まっていた。窓を開けたり扇風機を使うなど気をつけていたが体調不良者が出てしまった。現在の高校前の気温を測ると35℃湿度48%で、終業式が始まった9時には32℃あったという。今日は終業式のみだが、大会が近い部活動などは通常通り体育館などで行っているという。

名古屋市東区の至学館高校では4人が救急搬送されていたが、昨日も東京で何人も搬送されるという事故が起きていた。黒田さんは人の息でも暑くなってしまう時期なので卒業式のやり方も変えていくしかないと話していて、増田さんは教室で校長先生の話を中継する・水筒などを持参するなどの対策が必要だとコメントした。実際に文部科学省は全国の教育委員会に熱中症の防止を呼びかけていて、気象庁や環境省が発表する情報に留意した上で教育活動を実施し、延期などの検討や水分補給などの配慮が欠かせないとしていて、専門家は子どもはめまいなどを伝えることに慣れていないために無理をしてしまうと述べていて、黒田さんも熱中症で亡くなった児童も疲れたと言う言葉でしか苦しさを表現できなかったので、大人も最悪の事態を考えて行動できるようにしないといけないと話した。また、睡眠や食事なども熱中症には影響を大きく与えるとされる。

終業式を迎えるに当たって東京都教育委員会に話を聞くと、エアコンがない体育館の学校では空調の聞く教室で終業式を実施するように高校に通知したと説明していた。また、岐阜県の多治見市では4〜9月・10月〜3月の2学期制なので終業式はないものの、夏休みを控えて通常午後に行なう夏休み前集会を1時間目に教室で行なうように考慮したと述べていた。しかし、多治見市立の公立小中学校ではどこもエアコンが設置されていないとされていて、角谷さんは自治体の問題ではなく予算にも問題があるために動けないと見ていて、東日本大震災を受けて耐震補強に予算を回したためにエアコンの設置に予算を回せなくなってしまったと言う話もあった。また、愛知県では校庭や体育館での終業式の代わりにクーラーの効いた教室でテレビを使って終業式を行なった学校も遭った。

名古屋市教育委員会では、7・8月に開催される小学生の野球大会などの延期を要請していて、開催見合わせ調整しているところもあった。また、市内の4つの特別支援学校が21日から21日から予定していた岐阜県での野外学習も中止としている。山路さんはこの行動についてかけがえのない命を守るためには当然の選択と話していて、角谷さんはスポーツだと伝統が崩れるという反対の意見が出てきてしまうとコメントした。また、全体の傾向としてこの暑さは8月上旬まで続くと見られていて、WMOは世界中で異常気象が頻発していると警鐘を鳴らしている。


八王子中学校

前川喜平前事務次官が名古屋市の公立中学校で行った事業について、文科省が市の教育委員会へ前川氏の授業の内容の確認や録音の提出など求める。名古屋市教育委員会は文科省に質問状を送ると、文科省は「前川氏が天下り問題などで処分を受けたことなど挙げ、適切な教育的配慮のもとで行われたものか確認する必要があると考えた」と回答。


八王子中学校

文科省が前川前次官を講師に招いた中学校に内容の報告を求めた問題で、名古屋市教育委員会は文科省に質問状を送った。文科省は、確認する必要があると考えたとコメントしている。


八王子中学校

文科省が前川前次官を講師に招いた中有学校に内容の報告を求めた問題で、文科省は必ずしも適切とは言えないとの見解を示した。これはことし2月 前川前次官の授業の内容を文科省が名古屋市教育委員会に問い合わせたもので、教育委員会は先月30日に文科省に質問状を送り、きのうメールで回答があった。文科省は前川前次官が天下り問題などに関わっていたことなどを挙げ、事実関係を十分に調べず講師に招いたのは必ずしも適切とは言えない」との見解を示した。


八王子中学校

文科省が前川前次官を講師に招いた中有学校に内容の報告を求めた問題で、文科省は必ずしも適切とは言えないとの見解を示した。これはことし2月 前川前次官の授業の内容を文科省が名古屋市教育委員会に問い合わせたもので、教育委員会は先月30日に文科省に質問状を送り、きのうメールで回答があった。文科省は前川前次官が天下り問題などに関わっていたことなどを挙げ、事実関係を十分に調べず講師に招いたのは必ずしも適切とは言えない」との見解を示した。


毎日新聞

安倍内閣の支持率が朝日新聞の調査では31%、決済文書に関する安倍総理の責任の有無について82%が総理に責任があると答えている。決裁文書について、総理や妻が関わっていないのは明らかという発言に納得出来ないとしたのは72%。麻生大臣の「最終責任者は佐川」の説明に納得できないとしたのは75%になった。毎日新聞も内閣支持急落。その他の支持率も下げ幅拡大としている。一方、前川前文科次官が中学校の授業を務めた件で、自民議員が文科省に授業内容を照会していたことが発覚。公開された文科省と名古屋市教育委員会とのやりとりには、文科省から天下り問題で辞職し、停職相当とされ、出会い系バーを利用したことが公になっている。同氏に道徳教育が行われる場に、どの判断で依頼されたか?と繰り返し質問。これに対し教育委員会は提供を拒否。講演も問題ないとしていた。しかし、与野党から苦言があり、池田議員は信念に従って問い合わせたとしている。


朝日新聞

安倍内閣の支持率が朝日新聞の調査では31%、決済文書に関する安倍総理の責任の有無について82%が総理に責任があると答えている。決裁文書について、総理や妻が関わっていないのは明らかという発言に納得出来ないとしたのは72%。麻生大臣の「最終責任者は佐川」の説明に納得できないとしたのは75%になった。毎日新聞も内閣支持急落。その他の支持率も下げ幅拡大としている。一方、前川前文科次官が中学校の授業を務めた件で、自民議員が文科省に授業内容を照会していたことが発覚。公開された文科省と名古屋市教育委員会とのやりとりには、文科省から天下り問題で辞職し、停職相当とされ、出会い系バーを利用したことが公になっている。同氏に道徳教育が行われる場に、どの判断で依頼されたか?と繰り返し質問。これに対し教育委員会は提供を拒否。講演も問題ないとしていた。しかし、与野党から苦言があり、池田議員は信念に従って問い合わせたとしている。


東京新聞

前事務次官の授業内容について文科省が異例の調査をおこなった介入問題を振り返る。2月16日に名古屋市立中学校で前事務次官による公開授業が行われた。内容は総合学習の一環で自らの不登校経験や夜間中学のことを語ったという。前事務次官は東大法学部卒業、当時の文部省に入省し、審議官、事務次官とトップに上り詰めた。片山氏も「是は是、非は非と主張する立派な人物」とコメント。授業は公開のため、全校生徒のほか保護者や地域の人々も聴いていたという。校長が前事務次官を呼んだ理由は、約4年前に講演を聴いて感銘を受けたためとされる。前事務次官の授業は翌日の中日新聞に掲載された。文科省介入が明らかになったのは3月15日、文科省課長補佐が名古屋市教育委員会に異例の調査をしていることが報道された。メールには、「前事務次官のどのような生き方を学ぶことをねらいとしたのか」など15項目の質問があったという。学校教育は自治体などが指導監督しており、文科省が教育内容に介入することは極めて異例。片山氏も「国家権力の教育への不当な介入を防ぐ教育基本法への理念に反している」と指摘。さらに「2000年に定めた地方分権改革では、国と地方自治体は上下関係ではなく対等。今回、法律の根拠もなく具体的な調査を仕掛けたことは、地方自治の観点からしてもあってはならないこと」などと語った。


中日新聞

前事務次官の授業内容について文科省が異例の調査をおこなった介入問題を振り返る。2月16日に名古屋市立中学校で前事務次官による公開授業が行われた。内容は総合学習の一環で自らの不登校経験や夜間中学のことを語ったという。前事務次官は東大法学部卒業、当時の文部省に入省し、審議官、事務次官とトップに上り詰めた。片山氏も「是は是、非は非と主張する立派な人物」とコメント。授業は公開のため、全校生徒のほか保護者や地域の人々も聴いていたという。校長が前事務次官を呼んだ理由は、約4年前に講演を聴いて感銘を受けたためとされる。前事務次官の授業は翌日の中日新聞に掲載された。文科省介入が明らかになったのは3月15日、文科省課長補佐が名古屋市教育委員会に異例の調査をしていることが報道された。メールには、「前事務次官のどのような生き方を学ぶことをねらいとしたのか」など15項目の質問があったという。学校教育は自治体などが指導監督しており、文科省が教育内容に介入することは極めて異例。片山氏も「国家権力の教育への不当な介入を防ぐ教育基本法への理念に反している」と指摘。さらに「2000年に定めた地方分権改革では、国と地方自治体は上下関係ではなく対等。今回、法律の根拠もなく具体的な調査を仕掛けたことは、地方自治の観点からしてもあってはならないこと」などと語った。


東京大学法学部

前事務次官の授業内容について文科省が異例の調査をおこなった介入問題を振り返る。2月16日に名古屋市立中学校で前事務次官による公開授業が行われた。内容は総合学習の一環で自らの不登校経験や夜間中学のことを語ったという。前事務次官は東大法学部卒業、当時の文部省に入省し、審議官、事務次官とトップに上り詰めた。片山氏も「是は是、非は非と主張する立派な人物」とコメント。授業は公開のため、全校生徒のほか保護者や地域の人々も聴いていたという。校長が前事務次官を呼んだ理由は、約4年前に講演を聴いて感銘を受けたためとされる。前事務次官の授業は翌日の中日新聞に掲載された。文科省介入が明らかになったのは3月15日、文科省課長補佐が名古屋市教育委員会に異例の調査をしていることが報道された。メールには、「前事務次官のどのような生き方を学ぶことをねらいとしたのか」など15項目の質問があったという。学校教育は自治体などが指導監督しており、文科省が教育内容に介入することは極めて異例。片山氏も「国家権力の教育への不当な介入を防ぐ教育基本法への理念に反している」と指摘。さらに「2000年に定めた地方分権改革では、国と地方自治体は上下関係ではなく対等。今回、法律の根拠もなく具体的な調査を仕掛けたことは、地方自治の観点からしてもあってはならないこと」などと語った。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (125)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (125)