ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「吐息でネット」の検索結果

「吐息でネット」に関連する情報 308件中 1〜10件目

「吐息でネット」に関連する音楽・CD

吐息でネット

南野陽子は顎下のほくろがチャームポイント。映画「はいからさんが通る」では大正時代のおてんばな女の子を演じた。


「吐息でネット」に関連する音楽・CD

吐息でネット

80年代音楽番組の斬新すぎる演出を紹介。中森明菜は150万円の龍、南野陽子は照明が下りてきて校舎になる、渡辺美奈代は巨大な両手のセット、梅雨でどでかいアジサイの鉢植え、斉藤由貴は飛行機の羽に乗り空を飛ぶ、BaBeはマネキンがいつの間にか人間に変身する、荻野目洋子は15マスの巨大なハコ、巨大な荻野目の巨大な絵、25mプールで歌う、テニスコートの中で歌うという演出の中で歌を披露した。


「吐息でネット」に関連する音楽・CD

吐息でネット

南野陽子を紹介。17歳でスカウトされドラマデビュー。ドラマスケバン刑事で主人公を演じ一躍トップアイドルに、すると発売したレコードが大ヒット連発しシングルは8曲連続でオリコン1位、年間CM出演本数は8本。2年連続で24時間テレビのチャリティーパーソナリティーに選ばれる。さらにプロマイドの売上は年間1位。清純派アイドルとしてトップアイドルの座を築き上げた。昨年はデビュー30周年を迎えソロコンサートを開催し今も多くのファンを魅了している。


「吐息でネット」に関連する音楽・CD

冬のオペラグラス

80年代アイドルメドレーと称し、当時の人気番組「ザ・ベストテン」方式でモノマネを披露。松下桂子が中森明菜のモノマネで「少女A」、坂本彩が南野陽子のモノマネで「吐息でネット」、鈴木麻由が菊池桃子のモノマネで「もう逢えないかもしれない」、ミラクルひかるが新田恵利のモノマネで「冬のオペラグラス」を熱唱。ご本人として新田恵利が登場した。


「吐息でネット」に関連する音楽・CD

もう逢えないかもしれない

80年代アイドルメドレーと称し、当時の人気番組「ザ・ベストテン」方式でモノマネを披露。松下桂子が中森明菜のモノマネで「少女A」、坂本彩が南野陽子のモノマネで「吐息でネット」、鈴木麻由が菊池桃子のモノマネで「もう逢えないかもしれない」、ミラクルひかるが新田恵利のモノマネで「冬のオペラグラス」を熱唱。ご本人として新田恵利が登場した。


「吐息でネット」に関連する音楽・CD

吐息でネット

80年代アイドルメドレーと称し、当時の人気番組「ザ・ベストテン」方式でモノマネを披露。松下桂子が中森明菜のモノマネで「少女A」、坂本彩が南野陽子のモノマネで「吐息でネット」、鈴木麻由が菊池桃子のモノマネで「もう逢えないかもしれない」、ミラクルひかるが新田恵利のモノマネで「冬のオペラグラス」を熱唱。ご本人として新田恵利が登場した。


「吐息でネット」に関連する音楽・CD

少女A

80年代アイドルメドレーと称し、当時の人気番組「ザ・ベストテン」方式でモノマネを披露。松下桂子が中森明菜のモノマネで「少女A」、坂本彩が南野陽子のモノマネで「吐息でネット」、鈴木麻由が菊池桃子のモノマネで「もう逢えないかもしれない」、ミラクルひかるが新田恵利のモノマネで「冬のオペラグラス」を熱唱。ご本人として新田恵利が登場した。


「吐息でネット」に関連する音楽・CD

吐息でネット

兵庫県伊丹市出身の南野陽子。高校2年生で上京し1985年に歌手デビューし、80年代後半にヒット曲を連発。「スケバン刑事II」では二代目・麻宮サキを演じた。プライベートでは43歳の時に年下の一般男性と結婚した。事前打ち合わせでは気になる同級生合計28人の名前が挙がった。


「吐息でネット」に関連する映画・DVD

霊幻道士

南野陽子が「吐息でネット」を歌っている様子が伝えられた。


「吐息でネット」に関連する音楽・CD

吐息でネット

南野陽子が「吐息でネット」を歌っている様子が伝えられた。