ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「坂上忍」の検索結果

「坂上忍」に関連する情報 10481件中 1〜10件目

平和島競艇場

杉並区で「坂上忍を知っている外国人を探す」を行うが見つからないため泣きの1回ミッションチェンジで「あまり好きではない有名人を暴露」をクリア。続いて「千代田区役所で記念撮影」、中央区で「おじさんの肩を揉む」、港区で「あっち向いてホイで勝利」、品川区で「にらめっこで勝利」、大田区・平和島競艇場で「ジャンケンで3連勝」をクリアし全てのミッションを終えた。タクシー料金139770円を賞金として受け取りディレクターが号泣した。


「坂上忍」に関連するレストラン・飲食店

坂上忍は強制的に野々村真を連れ出しシュエットで食事を行った。すると同じく呼び出されたレッド吉田も合流。3人で食事を行い野々村真がおごったが、吉田がタクシーに携帯電話を忘れるアクシデントが起きた。


「坂上忍」に関連するグルメ情報

蕎麦づくしコース7品目

佐賀県唐津市で営業しているそば処 遊心庵は1日1組限定の店。予約をとるのが難しい店で3年先しか取れない。信州産の最上級そば粉と佐賀県の湧き水を合わせた十割蕎麦が味わえ夫婦で考えたオリジナルメニュー「蕎麦の実(トマトのリゾット)」も人気。


「坂上忍」に関連するグルメ情報

蕎麦の実(トマトのリゾット)

佐賀県唐津市で営業しているそば処 遊心庵は1日1組限定の店。予約をとるのが難しい店で3年先しか取れない。信州産の最上級そば粉と佐賀県の湧き水を合わせた十割蕎麦が味わえ夫婦で考えたオリジナルメニュー「蕎麦の実(トマトのリゾット)」も人気。


「坂上忍」に関連するレストラン・飲食店

そば処 遊心庵

佐賀県唐津市で営業しているそば処 遊心庵は1日1組限定の店。予約をとるのが難しい店で3年先しか取れない。信州産の最上級そば粉と佐賀県の湧き水を合わせた十割蕎麦が味わえ夫婦で考えたオリジナルメニュー「蕎麦の実(トマトのリゾット)」も人気。


アオサギ

福井県坂井市の中川魚店に来店する珍客ナカガワくんとはアオサギの事。20年くらい前からくるようになり川で流されていたサギを自宅に連れ帰り看病すると元気に飛び去り、それから頻繁にくるようになったという。


中川魚店

福井県坂井市の中川魚店に来店する珍客ナカガワくんとはアオサギの事。20年くらい前からくるようになり川で流されていたサギを自宅に連れ帰り看病すると元気に飛び去り、それから頻繁にくるようになったという。


大井町線

交差点を走っていた電車の正体は使われなくなった車両を解体工場へ輸送していた。午前0時、東急電鉄 長津田車両工場から電車の輸送がはじまり安全のため一般道で解体工場へ輸送される。ドライバー歴25年の斎藤寛征さんは長さ約20m、幅約2.8mの電車を運ぶ事が任務となる。トレーラーの前に2台、後ろに1台誘導車がつき1台は先回りして前方の道路状況や工事箇所をチェック。無線で連絡を取り合い輸送を行う。横浜市にある交差点は曲がるのが困難でドライバーも気を使う。誘導員が交通整理にあたっていた。誘導員の指示で電柱に当たる事なく最難関の交差点をクリアし青葉台駅前には多くの見物客がいた。東急電鉄では2020年度を目標に東横線・田園都市線・大井町線の前駅にホームドアを設置予定だがホームドア4ヶ所に対して車両はドアが6ヶ所ついている。ドアの数が違うため使用できないので6ドア車両は解体しリサイクルする事になった。


田園都市線

交差点を走っていた電車の正体は使われなくなった車両を解体工場へ輸送していた。午前0時、東急電鉄 長津田車両工場から電車の輸送がはじまり安全のため一般道で解体工場へ輸送される。ドライバー歴25年の斎藤寛征さんは長さ約20m、幅約2.8mの電車を運ぶ事が任務となる。トレーラーの前に2台、後ろに1台誘導車がつき1台は先回りして前方の道路状況や工事箇所をチェック。無線で連絡を取り合い輸送を行う。横浜市にある交差点は曲がるのが困難でドライバーも気を使う。誘導員が交通整理にあたっていた。誘導員の指示で電柱に当たる事なく最難関の交差点をクリアし青葉台駅前には多くの見物客がいた。東急電鉄では2020年度を目標に東横線・田園都市線・大井町線の前駅にホームドアを設置予定だがホームドア4ヶ所に対して車両はドアが6ヶ所ついている。ドアの数が違うため使用できないので6ドア車両は解体しリサイクルする事になった。


東横線

交差点を走っていた電車の正体は使われなくなった車両を解体工場へ輸送していた。午前0時、東急電鉄 長津田車両工場から電車の輸送がはじまり安全のため一般道で解体工場へ輸送される。ドライバー歴25年の斎藤寛征さんは長さ約20m、幅約2.8mの電車を運ぶ事が任務となる。トレーラーの前に2台、後ろに1台誘導車がつき1台は先回りして前方の道路状況や工事箇所をチェック。無線で連絡を取り合い輸送を行う。横浜市にある交差点は曲がるのが困難でドライバーも気を使う。誘導員が交通整理にあたっていた。誘導員の指示で電柱に当たる事なく最難関の交差点をクリアし青葉台駅前には多くの見物客がいた。東急電鉄では2020年度を目標に東横線・田園都市線・大井町線の前駅にホームドアを設置予定だがホームドア4ヶ所に対して車両はドアが6ヶ所ついている。ドアの数が違うため使用できないので6ドア車両は解体しリサイクルする事になった。