ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「坂上忍」の検索結果

「坂上忍」に関連する情報 11865件中 1〜10件目

脳梗塞

今回は西城秀樹さん追悼特集、西城さんは2015年4月に還暦記念コンサートを開催。この日、野口五郎がサプライズゲストで登場。野口五郎は「人生で1回だけ」とハグをした。野口五郎は西城さんについて、「どんな状況でも一生懸命歌う姿を見て震えた、これが歌手だと思った」と話した。笠井信輔は西城さんについて、子どもたちをハワイに連れていきたいのでリハビリに取り組んでいたと振り返った。2016年に西城さんは家族と念願のハワイ旅行をした。妻の美紀さんはハワイまで飛行機は長いが、西城さんは子どもたちと一緒にエコノミーでいいと言ったがエコノミー症候群が怖いのでお願いしたと話した。長女の木本莉子さんは西城さんについて優しいパパで自慢だったとした。美紀さんは莉子さんは西城さんに厳しいとし、西城さんはリハビリで階段を使わない時に注意していたと明かした。次男の悠天くんは体が不自由になって会話が減ったがコンサートでファンのプレゼントを自慢していたと振り返った。坂上忍は長男の慎之介くんはパパに似ているとし、慎之介くんは亡くなってからテレビでパパはすごかったんだと思ったとし、2014年終わりくらいに具合が悪くなった時にきついことを言ってしまったが謝れなかったと話した。


エコノミー症候群

今回は西城秀樹さん追悼特集、西城さんは2015年4月に還暦記念コンサートを開催。この日、野口五郎がサプライズゲストで登場。野口五郎は「人生で1回だけ」とハグをした。野口五郎は西城さんについて、「どんな状況でも一生懸命歌う姿を見て震えた、これが歌手だと思った」と話した。笠井信輔は西城さんについて、子どもたちをハワイに連れていきたいのでリハビリに取り組んでいたと振り返った。2016年に西城さんは家族と念願のハワイ旅行をした。妻の美紀さんはハワイまで飛行機は長いが、西城さんは子どもたちと一緒にエコノミーでいいと言ったがエコノミー症候群が怖いのでお願いしたと話した。長女の木本莉子さんは西城さんについて優しいパパで自慢だったとした。美紀さんは莉子さんは西城さんに厳しいとし、西城さんはリハビリで階段を使わない時に注意していたと明かした。次男の悠天くんは体が不自由になって会話が減ったがコンサートでファンのプレゼントを自慢していたと振り返った。坂上忍は長男の慎之介くんはパパに似ているとし、慎之介くんは亡くなってからテレビでパパはすごかったんだと思ったとし、2014年終わりくらいに具合が悪くなった時にきついことを言ってしまったが謝れなかったと話した。


脳梗塞

西城秀樹さんは芸能生活46年、シングル86曲をリリース。28枚目シングル「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」はオリコン5週連続1位となり社会現象となった。2001年、46歳の西城さんは17歳年下の美紀さんと結婚。翌年には長女の莉子さんが誕生。順風満帆だった結婚生活だったが、翌年の2003年に脳梗塞を発症。しかし西城さんは1か月で復帰。2011年12月に脳梗塞を再発、右半身麻痺となった。坂上忍は西城さんの妻の美紀さんをインタビュー、美紀さんは結婚生活は17年だとし、2回目の脳梗塞は急に起き上がれなくなり地道なリハビリをしたとした。2012年4月、西城さんは笠井信輔の取材に「死にたい気持ちになった、また闘わなければいけないのか」と思ったと話した。リハビリの末に2012年に復帰コンサートに出演。西城さんはYMCAをやるには上半身が動くとし、曲から外した。共演した江木俊夫は「秀樹はどうしてもYMCAとなるが、中途半端はでけいなかったんだろう」とした。西城さんは復帰直後のコンサートで、プロとして6曲歌った。西城さんは「アップテンポで歌いたいが現状を知っているので、逆にそれを見てもらいたい」と話した。


「坂上忍」に関連する音楽・CD

YOUNG MAN(Y.M.C.A.)

西城秀樹さんは芸能生活46年、シングル86曲をリリース。28枚目シングル「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」はオリコン5週連続1位となり社会現象となった。2001年、46歳の西城さんは17歳年下の美紀さんと結婚。翌年には長女の莉子さんが誕生。順風満帆だった結婚生活だったが、翌年の2003年に脳梗塞を発症。しかし西城さんは1か月で復帰。2011年12月に脳梗塞を再発、右半身麻痺となった。坂上忍は西城さんの妻の美紀さんをインタビュー、美紀さんは結婚生活は17年だとし、2回目の脳梗塞は急に起き上がれなくなり地道なリハビリをしたとした。2012年4月、西城さんは笠井信輔の取材に「死にたい気持ちになった、また闘わなければいけないのか」と思ったと話した。リハビリの末に2012年に復帰コンサートに出演。西城さんはYMCAをやるには上半身が動くとし、曲から外した。共演した江木俊夫は「秀樹はどうしてもYMCAとなるが、中途半端はでけいなかったんだろう」とした。西城さんは復帰直後のコンサートで、プロとして6曲歌った。西城さんは「アップテンポで歌いたいが現状を知っているので、逆にそれを見てもらいたい」と話した。

今回は西城秀樹さん追悼特集、西城さんは2015年4月に還暦記念コンサートを開催。西城さんは「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」を披露した。麻痺はあるがステージで歌うことは決めた。この日、野口五郎がサプライズゲストで登場。野口五郎は「人生で1回だけ」とハグをした。


「坂上忍」に関連する音楽・CD

オリコンシングルランキング

西城秀樹さんは芸能生活46年、シングル86曲をリリース。28枚目シングル「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」はオリコン5週連続1位となり社会現象となった。2001年、46歳の西城さんは17歳年下の美紀さんと結婚。翌年には長女の莉子さんが誕生。順風満帆だった結婚生活だったが、翌年の2003年に脳梗塞を発症。しかし西城さんは1か月で復帰。2011年12月に脳梗塞を再発、右半身麻痺となった。坂上忍は西城さんの妻の美紀さんをインタビュー、美紀さんは結婚生活は17年だとし、2回目の脳梗塞は急に起き上がれなくなり地道なリハビリをしたとした。2012年4月、西城さんは笠井信輔の取材に「死にたい気持ちになった、また闘わなければいけないのか」と思ったと話した。リハビリの末に2012年に復帰コンサートに出演。西城さんはYMCAをやるには上半身が動くとし、曲から外した。共演した江木俊夫は「秀樹はどうしてもYMCAとなるが、中途半端はでけいなかったんだろう」とした。西城さんは復帰直後のコンサートで、プロとして6曲歌った。西城さんは「アップテンポで歌いたいが現状を知っているので、逆にそれを見てもらいたい」と話した。


脳梗塞

西城秀樹さんの家族が、秀樹さんの思い出や闘病生活について語った。16日に急性心不全のため63歳で亡くなった西城秀樹さん。脳梗塞で倒れてから15年の闘病生活を支えた家族を坂上忍がインタビュー。妻の美紀さんは秀樹さんについて子煩悩で作品展などにも一緒に手を繋いで行ったと明かした。25日に倒れ、もって1週間と言われたので子どもには隠そうかと思ったが、後悔させてはいけないと思って翌日に子供達に正直に話したという。長女は優しいパパだったと語った。長男は倒れた時にいつもと様子が違ったのでわざとやっているのかとも思ったという。次男は体は不自由でも人は人で、お父さんはお父さんだから1人のお父さんとして見ていたと語った。今夜放送の直撃!シンソウ坂上では秀樹さんのスターとしての功績を振り返る。番組のナレーションは樹木希林が務める。


急性心不全

西城秀樹さんの家族が、秀樹さんの思い出や闘病生活について語った。16日に急性心不全のため63歳で亡くなった西城秀樹さん。脳梗塞で倒れてから15年の闘病生活を支えた家族を坂上忍がインタビュー。妻の美紀さんは秀樹さんについて子煩悩で作品展などにも一緒に手を繋いで行ったと明かした。25日に倒れ、もって1週間と言われたので子どもには隠そうかと思ったが、後悔させてはいけないと思って翌日に子供達に正直に話したという。長女は優しいパパだったと語った。長男は倒れた時にいつもと様子が違ったのでわざとやっているのかとも思ったという。次男は体は不自由でも人は人で、お父さんはお父さんだから1人のお父さんとして見ていたと語った。今夜放送の直撃!シンソウ坂上では秀樹さんのスターとしての功績を振り返る。番組のナレーションは樹木希林が務める。


日本大学

謝罪会見を行った20歳の日大選手について坂上忍は、「責められるべきところはある」としながらも、「本当に立派だったと思いますし、謝罪のあるべき姿ってこういうことなんだろうなって僕は思いました」とコメントした。


関西学院大学

今月10日、関西学院大学アメフト部から日大アメフト部に抗議文が送られた。その翌日、元監督、コーチ、悪質なプレーをした選手、選手の父親の話し合いの場があったという。選手の父親は、「個人的にも相手の選手と家族に謝りに行きたい。」と言うと、元監督は「今はやめてほしい。」と止めたという。坂上忍は、「元監督は、謝りに行かれると日大も自分も困るから止めた。」とコメント。生沢浩は、「父親が監督に許可を求めていたことから、歪んだ関係性が伺える。」とコメント。12日、選手とコーチが関西学院大学へ謝罪に行くが、断られたという。18日、選手とコーチが、被害選手とその両親、関西学院大学アメフト部のディレクターに面会して謝罪したという。19日、内田元監督は関西学院大学に謝罪した。ヨネスケは、「内田元監督は、謝るという礼儀のタイミングが遅れている。」とコメント。徳原聖雨は、「個人の方が顔を出して謝罪するのは並々ならぬ決意。」とコメント。中村竜太郎は、「ナンバー2も1も開き直っている。責任をとる気配はないらしい。」とコメント。

日大選手は会見で、「大学に入って厳しい環境で、アメフトが好きな気持ちが変わっていった。アメフトを僕が続けていく権利はないと思う。この先やるつもりもない。今の所、何をしていけばいいかわからない。」とコメント。松嶋尚美は、「大学生活の一番の思い出をとられたような気がする。」とコメント。生沢浩は、「未練があるなら、彼の復帰の道を周りがつくってあげるべき。彼は、厳しい練習、ではなく、厳しい環境、と言っている。」とコメント。

日大選手の会見を受けて鳥内秀晃監督がコメントを発表。鳥内秀晃監督は、「真実を語ってくれたと感じた。このようなことがスポーツの場で起きたことが信じられない。行為そのもんは許されるものではないが、勇気を出して真実を語ってくれたことに敬意を表したい。」とコメント。被害選手の父親は、「勇気を出して真実を話してくれたことに感謝する。」とコメント。日本大学は、「会見では、監督が違反プレーを指示したという発言はなかったが、コーチから、QBをつぶせ、という言葉があったのは事実。ただ、これは本学フットボール部においてよく使う言葉。誤解を招いたとすれば言葉足らずだったと心苦しく思います。また、選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していたことについて反省しています。」とコメント。ホラン千秋は、「なぜよく使う言葉を選手は3年になって初めて誤解したのか。日本大学のアメフト部は正しい教育をしていない。正しい教育をしているなら、謝罪を止めたりしないし、悪質タックルをしたら叱責するのが普通。」とコメント。生沢浩は、「普通なら、悪質なプレーを選手がしたら一回戻して注意する。」とコメント。

元監督の経歴を紹介。現在62歳で日本大学出身。学内でナンバー2の立場にある。日大OBによると、元監督の指示に断った選手は、部内での居場所がなくなるどころか、自分の将来にも悪影響が及ぶことになるという。昨日の会見で選手も、「意見を言えるような関係ではない。」とコメントしていた。生沢浩は、「昔はこういう監督がいたが、今もいるのは異例。今、こういう監督がいると学生が集まらなくなるから、こういう監督は減ってきている。」とコメント。坂上忍は、「教育において軍隊化するのが楽。能力のない人はすぐ軍隊化する。しかし、今どきは通用しない。」とコメント。被害選手の父親は、「激しい憤りを覚える。監督やコーチが最初から自分の息子をケガさせようとしていた。絶対に許されないことだ。このような指示を出すこと自体があってはならないことだし、強制し追い詰めるやり方は社会のルールを逸脱している。被害届を取り下げる準備もあったが、今回の会見を見て刑事告訴も検討せざるを得ない。」とコメント。徳原聖雨は、「刑事告訴すると、犯人を積極的に処罰してほしい、ということになるので、警察が捜査に乗り出す可能性がある。」とコメント。


日本大学

今月10日、関西学院大学アメフト部から日大アメフト部に抗議文が送られた。その翌日、元監督、コーチ、悪質なプレーをした選手、選手の父親の話し合いの場があったという。選手の父親は、「個人的にも相手の選手と家族に謝りに行きたい。」と言うと、元監督は「今はやめてほしい。」と止めたという。坂上忍は、「元監督は、謝りに行かれると日大も自分も困るから止めた。」とコメント。生沢浩は、「父親が監督に許可を求めていたことから、歪んだ関係性が伺える。」とコメント。12日、選手とコーチが関西学院大学へ謝罪に行くが、断られたという。18日、選手とコーチが、被害選手とその両親、関西学院大学アメフト部のディレクターに面会して謝罪したという。19日、内田元監督は関西学院大学に謝罪した。ヨネスケは、「内田元監督は、謝るという礼儀のタイミングが遅れている。」とコメント。徳原聖雨は、「個人の方が顔を出して謝罪するのは並々ならぬ決意。」とコメント。中村竜太郎は、「ナンバー2も1も開き直っている。責任をとる気配はないらしい。」とコメント。

日大選手は会見で、「大学に入って厳しい環境で、アメフトが好きな気持ちが変わっていった。アメフトを僕が続けていく権利はないと思う。この先やるつもりもない。今の所、何をしていけばいいかわからない。」とコメント。松嶋尚美は、「大学生活の一番の思い出をとられたような気がする。」とコメント。生沢浩は、「未練があるなら、彼の復帰の道を周りがつくってあげるべき。彼は、厳しい練習、ではなく、厳しい環境、と言っている。」とコメント。

日大選手の会見を受けて鳥内秀晃監督がコメントを発表。鳥内秀晃監督は、「真実を語ってくれたと感じた。このようなことがスポーツの場で起きたことが信じられない。行為そのもんは許されるものではないが、勇気を出して真実を語ってくれたことに敬意を表したい。」とコメント。被害選手の父親は、「勇気を出して真実を話してくれたことに感謝する。」とコメント。日本大学は、「会見では、監督が違反プレーを指示したという発言はなかったが、コーチから、QBをつぶせ、という言葉があったのは事実。ただ、これは本学フットボール部においてよく使う言葉。誤解を招いたとすれば言葉足らずだったと心苦しく思います。また、選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していたことについて反省しています。」とコメント。ホラン千秋は、「なぜよく使う言葉を選手は3年になって初めて誤解したのか。日本大学のアメフト部は正しい教育をしていない。正しい教育をしているなら、謝罪を止めたりしないし、悪質タックルをしたら叱責するのが普通。」とコメント。生沢浩は、「普通なら、悪質なプレーを選手がしたら一回戻して注意する。」とコメント。

元監督の経歴を紹介。現在62歳で日本大学出身。学内でナンバー2の立場にある。日大OBによると、元監督の指示に断った選手は、部内での居場所がなくなるどころか、自分の将来にも悪影響が及ぶことになるという。昨日の会見で選手も、「意見を言えるような関係ではない。」とコメントしていた。生沢浩は、「昔はこういう監督がいたが、今もいるのは異例。今、こういう監督がいると学生が集まらなくなるから、こういう監督は減ってきている。」とコメント。坂上忍は、「教育において軍隊化するのが楽。能力のない人はすぐ軍隊化する。しかし、今どきは通用しない。」とコメント。被害選手の父親は、「激しい憤りを覚える。監督やコーチが最初から自分の息子をケガさせようとしていた。絶対に許されないことだ。このような指示を出すこと自体があってはならないことだし、強制し追い詰めるやり方は社会のルールを逸脱している。被害届を取り下げる準備もあったが、今回の会見を見て刑事告訴も検討せざるを得ない。」とコメント。徳原聖雨は、「刑事告訴すると、犯人を積極的に処罰してほしい、ということになるので、警察が捜査に乗り出す可能性がある。」とコメント。