ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「坂上忍」の検索結果

「坂上忍」に関連する情報 9671件中 1〜10件目

「坂上忍」に関連するイベント情報

CINDERELLA MC BATTLE

今日のゲストの、女性ラッパーの「あっこゴリラ」の経歴を紹介。あっこゴリラは、元々はガールズバンドのドラマー。ラッパーに転向して2年で、ラップのMCバトルの大会で優勝した。その大会が、「CINDERELLA MC BATTLE」。その時の映像が紹介された。それを見た古舘伊知郎らが、「なんでラップって、あんなに攻撃するの?」と訊ねると、あっこゴリラが「ヒップホップって、自分が自分である事を誇る」などと説明した。また、坂上忍が、「日本語のラップは照れる」と話すと、古舘伊知郎が「それは古い」と話した。


ツイッター

坂上忍はツイッターでの宮迫博之や東国原英夫らのフォロワー数に驚いた。橋本マナミは、プライベートを出すとフォロワーは増えていくと思うが私は宣伝しかしていないのでとコメント。


Twitterより

田中聖容疑者がやっていたユーチューブの映像が流れる。KAT-TUNから脱退して3年8カ月。田中容疑者は最近ユーチューバーの肩書でも活動していた。田中容疑者は得意なラップを披露するなどしていた。また自身のバンドのブログでは「2017年は大事な年になる。期待してほしい」と語っていた。3月には田中容疑者がボーカルを務めるINKTの4枚目のアルバムが発売。逮捕時は全国ツアーの真っ最中だった。ユーチューバーやロックミュージシャンなど精力的に活動していた田中容疑者はバラエティーにも舞台を広げており、7月の番組では薬物の抜き打ち検査をやるなどもしていた。その番組で田中容疑者を検査した法科学研究センターの所長は「特に嫌がるという素振りはなかった。すべての薬物に陰性だった」と語った。その時、結果を聞いた田中容疑者は「やったー!(抜き打ち検査)何回か来ていただいていいですか?覚せい剤はダメ、絶対!」と語っていた。一方でオフィシャルブログでは11月29日に「21階のホテルの窓を誰かがノックしている」と書き込んでいた。田村淳さんのツイッターでは「番組で抜き打ち検査をした時は陰性だったのに・・・報道が事実ならただただ残念です」坂上忍さんは「もともと目をつけられていたのかなと言う気がしないでもない。残念ですね」と芸能界でも衝撃が広がっている。


YouTube

田中聖容疑者がやっていたユーチューブの映像が流れる。KAT-TUNから脱退して3年8カ月。田中容疑者は最近ユーチューバーの肩書でも活動していた。田中容疑者は得意なラップを披露するなどしていた。また自身のバンドのブログでは「2017年は大事な年になる。期待してほしい」と語っていた。3月には田中容疑者がボーカルを務めるINKTの4枚目のアルバムが発売。逮捕時は全国ツアーの真っ最中だった。ユーチューバーやロックミュージシャンなど精力的に活動していた田中容疑者はバラエティーにも舞台を広げており、7月の番組では薬物の抜き打ち検査をやるなどもしていた。その番組で田中容疑者を検査した法科学研究センターの所長は「特に嫌がるという素振りはなかった。すべての薬物に陰性だった」と語った。その時、結果を聞いた田中容疑者は「やったー!(抜き打ち検査)何回か来ていただいていいですか?覚せい剤はダメ、絶対!」と語っていた。一方でオフィシャルブログでは11月29日に「21階のホテルの窓を誰かがノックしている」と書き込んでいた。田村淳さんのツイッターでは「番組で抜き打ち検査をした時は陰性だったのに・・・報道が事実ならただただ残念です」坂上忍さんは「もともと目をつけられていたのかなと言う気がしないでもない。残念ですね」と芸能界でも衝撃が広がっている。


スポーツ報知

前川清(68)のデビュー曲「長崎は今日も雨だった」に対する爆弾発言についてトークを展開した。加藤登紀子が「あんまり爆弾発言とは思いませんね。小雨発言くらいな感じ。最初からヒット曲になると思ってレコーディングしているわけじゃないので」など話し、横澤夏子が「見てほしくないテレビほど見たよって言われる」など話し、坂上忍が「自分のOKと第三者のOKがちょっとズレているというか」など話した。


「坂上忍」に関連する音楽・CD

長崎は今日も雨だった

前川清(68)のデビュー曲「長崎は今日も雨だった」に対する爆弾発言についてトークを展開した。加藤登紀子が「あんまり爆弾発言とは思いませんね。小雨発言くらいな感じ。最初からヒット曲になると思ってレコーディングしているわけじゃないので」など話し、横澤夏子が「見てほしくないテレビほど見たよって言われる」など話し、坂上忍が「自分のOKと第三者のOKがちょっとズレているというか」など話した。


キングレコード

スタジオの森昌子に直接聞く。復帰の理由で大きかったのは生活のためだったという。子供3人、その時病気だった父親、また母親、5人をどう支えていけばいいかというのが1番の問題だった。初めてのことが多く、大変だったそう。坂上忍は「せんせい」の替え歌があったエピソードを語った。花の中三トリオの間での交流は時々あるそうで、森昌子が何年か前に病気したときに手紙などを送ってくれたそう。森昌子はことし1月、45周年記念シングル「みぞれ酒」を発行。演歌は30年ぶりだそう。


「坂上忍」に関連する音楽・CD

みぞれ酒

スタジオの森昌子に直接聞く。復帰の理由で大きかったのは生活のためだったという。子供3人、その時病気だった父親、また母親、5人をどう支えていけばいいかというのが1番の問題だった。初めてのことが多く、大変だったそう。坂上忍は「せんせい」の替え歌があったエピソードを語った。花の中三トリオの間での交流は時々あるそうで、森昌子が何年か前に病気したときに手紙などを送ってくれたそう。森昌子はことし1月、45周年記念シングル「みぞれ酒」を発行。演歌は30年ぶりだそう。


スポーツニッポン

2006年5月、森昌子が20年ぶりに歌手に復帰し、新曲を披露した。長い間歌から遠ざかっていた森さんは涙ながらに新曲を熱唱した。1972年、13歳のとき「せんせい」で歌手デビュー。同学年の山口百恵、桜田淳子とともに花の中3トリオと呼ばれた。さらに1983年3月リリースの「越冬つばめ」では日本レコード大賞の最優秀歌唱賞を受賞。しかし1986年に結婚、引退を発表。その後3人の子宝に恵まれる。そして2006年の復帰へとつながる。森さんによると、復帰については子どもたちも後押ししてくれ、「母さんは歌うべきだよ」という言葉がきっかけになったそう。第二の歌手人生のスタートは初体験の連続だったという。一つ目はボイストレーニング、長年のブランクで思うように声が出なくなっていた。復帰決意後、車内でのハミングを日課にしていて、高音をキープできるよう常に声を出し続けていた。また2つ目はレコード店をまわり、自ら営業を行ったこと。支えとなっていたのは子供の存在。そして復帰会見から2ヶ月後の5月11日「バラ色の未来」を熱唱し、再び歌手としてスタートを切った。

スタジオの森昌子に直接聞く。復帰の理由で大きかったのは生活のためだったという。子供3人、その時病気だった父親、また母親、5人をどう支えていけばいいかというのが1番の問題だった。初めてのことが多く、大変だったそう。坂上忍は「せんせい」の替え歌があったエピソードを語った。花の中三トリオの間での交流は時々あるそうで、森昌子が何年か前に病気したときに手紙などを送ってくれたそう。森昌子はことし1月、45周年記念シングル「みぞれ酒」を発行。演歌は30年ぶりだそう。


「坂上忍」に関連する音楽・CD

2006年5月、森昌子が20年ぶりに歌手に復帰し、新曲を披露した。長い間歌から遠ざかっていた森さんは涙ながらに新曲を熱唱した。1972年、13歳のとき「せんせい」で歌手デビュー。同学年の山口百恵、桜田淳子とともに花の中3トリオと呼ばれた。さらに1983年3月リリースの「越冬つばめ」では日本レコード大賞の最優秀歌唱賞を受賞。しかし1986年に結婚、引退を発表。その後3人の子宝に恵まれる。そして2006年の復帰へとつながる。森さんによると、復帰については子どもたちも後押ししてくれ、「母さんは歌うべきだよ」という言葉がきっかけになったそう。第二の歌手人生のスタートは初体験の連続だったという。一つ目はボイストレーニング、長年のブランクで思うように声が出なくなっていた。復帰決意後、車内でのハミングを日課にしていて、高音をキープできるよう常に声を出し続けていた。また2つ目はレコード店をまわり、自ら営業を行ったこと。支えとなっていたのは子供の存在。そして復帰会見から2ヶ月後の5月11日「バラ色の未来」を熱唱し、再び歌手としてスタートを切った。

スタジオの森昌子に直接聞く。復帰の理由で大きかったのは生活のためだったという。子供3人、その時病気だった父親、また母親、5人をどう支えていけばいいかというのが1番の問題だった。初めてのことが多く、大変だったそう。坂上忍は「せんせい」の替え歌があったエピソードを語った。花の中三トリオの間での交流は時々あるそうで、森昌子が何年か前に病気したときに手紙などを送ってくれたそう。森昌子はことし1月、45周年記念シングル「みぞれ酒」を発行。演歌は30年ぶりだそう。

「せんせい」

Amazon.co.jp