ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「夕刊フジ」の検索結果

「夕刊フジ」に関連する情報 4162件中 1〜10件目

夕刊フジ

慰安婦問題については、日韓基本条約で韓国は請求権を放棄していたが、朝日新聞が吉田清治の「朝鮮人を強制連行して慰安婦として働かせた」という証言を掲載し、韓国は日本に謝罪と賠償を要求した。後に、吉田清治の証言は捏造と判明し、朝日新聞が記事の訂正・謝罪を行ったが、慰安婦問題は解決しないままである。日韓合意で慰安婦問題は解決したに思えたが、文在寅新大統領は公約で慰安婦問題合意の再考を掲げていて、安倍総理との電話会談で「国民は情緒的に日韓合意を受け入れていない」と述べた。


夕刊フジ

黒田福美は舌で体調を確認している。千葉大学医学部附属病院の並木隆雄医師によると、舌は内臓の状態を映す鏡だという。観察するのは色・形・舌苔、健康な人の舌は淡いピンク色、白い舌苔がうっすらとつく。縁がガタガタな場合は胃腸が弱っている可能性があり、亀裂があると貧血や栄養不足。明るすぎる赤は興奮状態、尖っていると緊張状態を表し、ストレスに注意が必要。紫色は血流が滞っているサイン、コレステロールなどに注意。


夕刊フジ

動脈瘤が発見された患者の女性が紹介された。動脈瘤が破裂するとくも膜下出血を引き起こし、麻痺や言語障害の後遺症の他、最悪の場合、命を落とす可能性もあるという。


夕刊フジ

2月19日千葉県沖を震源とする地震が発生、茨城・千葉などで最大震度4を記録。この地震を予測していた人物がいた。20年以上地震を研究する早川氏は今回の地震を予測し、見事に的中させた。さらに5日以内に関東でさらなる自身が発生するという予測。最新!地震予測を徹底解説。


夕刊フジ

2006年 9月 相撲部屋の創設に新規定が発表された。新たに相撲部屋を持つには横綱か大関に在位、三役通算25場所以上、幕内通算60場所以上のいずれかを満たした者が条件となったのである(2006年9月29日付 サンケイスポーツ記事引用)。当時、三杉里は幕内53場所、三役 3場所だった事で相撲部屋を持つ事が不可能となった。当時について、三杉里は「どん底に落ちましたよ…ダメなんだと挫折を味わいました」とコメント。その後、三杉里は新たな一歩を踏み出すため相撲界を離れる決断をした。その時、現役時代にお世話になった整体師 井芹茂が声をかけてくれた。井芹は横浜高校時代の松坂大輔を診たその道の権威…その井芹さんのすすめで三杉里は2007年4月 44歳で専門学校に入学…自分の腕1本で生きていく決断をした。勉強について三杉里は「自分でノート作りながら必死でした」とコメント。その後、2009年3月に三杉里は46歳で専門学校を卒業…2009年 10月に東京・中野区の繁華街の真ん中に整体院「三杉里のごっつハンド」を開業した。今年8年目でメディアも取り上げ人気を呼んでいる。逆境を跳ね返し新たに這い上がれた事について本音を語ってくれた。三杉里こと岡本さんは「俺なんかプライドがあるのよ。プライドは見せるものではない。自分の中にあればいい」と語った。


夕刊フジ

ベッキーと川谷絵音の不倫報道を皮切りに、乙武洋匡、宮崎謙介元議員、三遊亭円楽らの不倫も発覚した相次ぐ不倫騒動を紹介した。


夕刊フジ

12月5日に虚血性心不全のため亡くなったフジテレビ「とくダネ!」のリポーター・武藤まき子さん。女優の萬田久子さんは「5年前、大事な人が亡くなったときにとても親身になって励ましてくださいました」とコメント。森光子さんや森繁久彌さんとも親しくしていた。武藤さんが長年力を注いできたのが歌舞伎の世界。市川海老蔵さんとは子供の頃からの付き合いで武藤さんが夕刊紙に連載するコラムの最後の記事の見出しは「麻央さん支える海老蔵も”今年の顔”」だった。海老蔵さんはきのうブログで「この見出し嬉しかったよ」などとコメント。家族のような付き合いだった中村勘九郎さん・七之助さんは「私達にとって優しい親戚の叔母さんの様な気持ち。2月の子供たちの初舞台の囲み取材もおまきさん、あなたにやってほしかった。」などとコメントした。武藤さんが最後にカメラの前に姿を見せたのは10月に都内で営まれた俳優・平幹二朗さんのお通夜だった。


夕刊フジ

「とくダネ!」名物リポーターの武藤まき子さん(71)がおととい虚血性心不全のため亡くなった。多くの芸能人も武藤さんには心を許し、”おまきさん”の愛称で親しまれた。武藤さんは中国放送のアナウンサーから1982年に「おはよう!ナイスデイ」のリポーターに転身、飾らない取材で多くの著名人の素顔を引き出してきた。武藤さんには常に相手を思い気遣う気持ちがあった。そして武藤さんといえば歌舞伎界、中村勘三郎さんが絶大な信頼を置いていた。息子の勘九郎さん、七之助さんがコメントを寄せた。また市川海老蔵さんもブログでその死を悼んだ。武藤さんは「夕刊フジ」に「真央さん支える海老蔵も”今年の顔”」という見出しのコラムを掲載、最期の投稿となった。


「夕刊フジ」に関連するイベント情報

放浪記

「とくダネ!」名物リポーターの武藤まき子さん(71)がおととい虚血性心不全のため亡くなった。多くの芸能人も武藤さんには心を許し、”おまきさん”の愛称で親しまれた。武藤さんは中国放送のアナウンサーから1982年に「おはよう!ナイスデイ」のリポーターに転身、飾らない取材で多くの著名人の素顔を引き出してきた。武藤さんには常に相手を思い気遣う気持ちがあった。そして武藤さんといえば歌舞伎界、中村勘三郎さんが絶大な信頼を置いていた。息子の勘九郎さん、七之助さんがコメントを寄せた。また市川海老蔵さんもブログでその死を悼んだ。武藤さんは「夕刊フジ」に「真央さん支える海老蔵も”今年の顔”」という見出しのコラムを掲載、最期の投稿となった。


中国放送

「とくダネ!」名物リポーターの武藤まき子さん(71)がおととい虚血性心不全のため亡くなった。多くの芸能人も武藤さんには心を許し、”おまきさん”の愛称で親しまれた。武藤さんは中国放送のアナウンサーから1982年に「おはよう!ナイスデイ」のリポーターに転身、飾らない取材で多くの著名人の素顔を引き出してきた。武藤さんには常に相手を思い気遣う気持ちがあった。そして武藤さんといえば歌舞伎界、中村勘三郎さんが絶大な信頼を置いていた。息子の勘九郎さん、七之助さんがコメントを寄せた。また市川海老蔵さんもブログでその死を悼んだ。武藤さんは「夕刊フジ」に「真央さん支える海老蔵も”今年の顔”」という見出しのコラムを掲載、最期の投稿となった。