ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「夕刊フジ」の検索結果

「夕刊フジ」に関連する情報 4186件中 1〜10件目

夕刊フジ

3人の女性と同居生活をする、一夫多妻”を実現した藤田さんがスタジオトーク。藤田さんは浮気が原因で離婚を繰り返し、一夫多妻となることを決意した。


夕刊フジ

いっこく堂さんに当時の状態を伺いに都内の自宅に行くと、事故当時に比べて顔の傷も回復していた。気になる演技を見てみると腹話術への影響はなく現在は完全復帰していたが、2016年の3月の新聞には酒に酔い転倒し、くも膜下出血で入院し左頬を骨折していると書いてあったが、真相は報道とは異なっていた。いっこく堂さんは日課として10km走っているのだが、苦手なお酒を克服しようと40歳から寝る前に梅酒を飲んでいたという。その後寝る前にトイレに行こうとするとドアを開けたときにクラッとしてしまい、ドアノブに手をかけると転倒して頭を打ったのだという。しかし、その原因は誰にでも起こり得る生理現象だという。


「夕刊フジ」に関連するイベント情報

U-18ワールドカップ

5年前、東京北砂がリトルリーグ世界選手権で優勝し、一躍注目を浴びた清宮選手。2年前に早稲田実業高校に進学すると、1年生からホームランを量産した。ホームラン数を学年別に分類すると、1年年間本数35本。2年年間本数44本。3年年間本数(新年度〜夏の大会終了)26本。今年は新年度から夏の大会終了までの期間がハイペースだと分かる。夕刊フジの記者によると、1年の時ライナー系のあたりが多かったが、3年になってから放物線を描くようになったという。それを裏付けるのが体重の変化。2年までは97kgだったが、3年では101キロに。新キャプテンとなった清宮選手にはある作戦が。それは投手陣は急速5km/hアップ、打者は飛距離5mアップ、部員全員の5キkm増を目指した。一方で学校側もサポート。学食では 生徒全員にご飯おかわりに納豆・生卵も無料。部員の体づくりに繋がった。だが夏の大会は負ければ終わり。清宮の新記録は達成できるのか?夕刊フジ記者は達成すると思う、清宮の調子が右肩上がりで早実がもうしばらく勝ち残れそうなどと語る。特に早実の打撃は最強レベルにあるという。あと4勝で甲子園に出場できる早実。もし記録達成前に敗退しても甲子園まで行けば秋の国体に出る可能性が出てくる。清宮は9月に開催のU18ワールドカップ第1次候補選手に。もし選ばれればここでもホームランが期待される。


享栄

5年前、東京北砂がリトルリーグ世界選手権で優勝し、一躍注目を浴びた清宮選手。2年前に早稲田実業高校に進学すると、1年生からホームランを量産した。ホームラン数を学年別に分類すると、1年年間本数35本。2年年間本数44本。3年年間本数(新年度〜夏の大会終了)26本。今年は新年度から夏の大会終了までの期間がハイペースだと分かる。夕刊フジの記者によると、1年の時ライナー系のあたりが多かったが、3年になってから放物線を描くようになったという。それを裏付けるのが体重の変化。2年までは97kgだったが、3年では101キロに。新キャプテンとなった清宮選手にはある作戦が。それは投手陣は急速5km/hアップ、打者は飛距離5mアップ、部員全員の5キkm増を目指した。一方で学校側もサポート。学食では 生徒全員にご飯おかわりに納豆・生卵も無料。部員の体づくりに繋がった。だが夏の大会は負ければ終わり。清宮の新記録は達成できるのか?夕刊フジ記者は達成すると思う、清宮の調子が右肩上がりで早実がもうしばらく勝ち残れそうなどと語る。特に早実の打撃は最強レベルにあるという。あと4勝で甲子園に出場できる早実。もし記録達成前に敗退しても甲子園まで行けば秋の国体に出る可能性が出てくる。清宮は9月に開催のU18ワールドカップ第1次候補選手に。もし選ばれればここでもホームランが期待される。


甲子園球場

5年前、東京北砂がリトルリーグ世界選手権で優勝し、一躍注目を浴びた清宮選手。2年前に早稲田実業高校に進学すると、1年生からホームランを量産した。ホームラン数を学年別に分類すると、1年年間本数35本。2年年間本数44本。3年年間本数(新年度〜夏の大会終了)26本。今年は新年度から夏の大会終了までの期間がハイペースだと分かる。夕刊フジの記者によると、1年の時ライナー系のあたりが多かったが、3年になってから放物線を描くようになったという。それを裏付けるのが体重の変化。2年までは97kgだったが、3年では101キロに。新キャプテンとなった清宮選手にはある作戦が。それは投手陣は急速5km/hアップ、打者は飛距離5mアップ、部員全員の5キkm増を目指した。一方で学校側もサポート。学食では 生徒全員にご飯おかわりに納豆・生卵も無料。部員の体づくりに繋がった。だが夏の大会は負ければ終わり。清宮の新記録は達成できるのか?夕刊フジ記者は達成すると思う、清宮の調子が右肩上がりで早実がもうしばらく勝ち残れそうなどと語る。特に早実の打撃は最強レベルにあるという。あと4勝で甲子園に出場できる早実。もし記録達成前に敗退しても甲子園まで行けば秋の国体に出る可能性が出てくる。清宮は9月に開催のU18ワールドカップ第1次候補選手に。もし選ばれればここでもホームランが期待される。


「夕刊フジ」に関連するイベント情報

甲子園

5年前、東京北砂がリトルリーグ世界選手権で優勝し、一躍注目を浴びた清宮選手。2年前に早稲田実業高校に進学すると、1年生からホームランを量産した。ホームラン数を学年別に分類すると、1年年間本数35本。2年年間本数44本。3年年間本数(新年度〜夏の大会終了)26本。今年は新年度から夏の大会終了までの期間がハイペースだと分かる。夕刊フジの記者によると、1年の時ライナー系のあたりが多かったが、3年になってから放物線を描くようになったという。それを裏付けるのが体重の変化。2年までは97kgだったが、3年では101キロに。新キャプテンとなった清宮選手にはある作戦が。それは投手陣は急速5km/hアップ、打者は飛距離5mアップ、部員全員の5キkm増を目指した。一方で学校側もサポート。学食では 生徒全員にご飯おかわりに納豆・生卵も無料。部員の体づくりに繋がった。だが夏の大会は負ければ終わり。清宮の新記録は達成できるのか?夕刊フジ記者は達成すると思う、清宮の調子が右肩上がりで早実がもうしばらく勝ち残れそうなどと語る。特に早実の打撃は最強レベルにあるという。あと4勝で甲子園に出場できる早実。もし記録達成前に敗退しても甲子園まで行けば秋の国体に出る可能性が出てくる。清宮は9月に開催のU18ワールドカップ第1次候補選手に。もし選ばれればここでもホームランが期待される。


夕刊フジ

5年前、東京北砂がリトルリーグ世界選手権で優勝し、一躍注目を浴びた清宮選手。2年前に早稲田実業高校に進学すると、1年生からホームランを量産した。ホームラン数を学年別に分類すると、1年年間本数35本。2年年間本数44本。3年年間本数(新年度〜夏の大会終了)26本。今年は新年度から夏の大会終了までの期間がハイペースだと分かる。夕刊フジの記者によると、1年の時ライナー系のあたりが多かったが、3年になってから放物線を描くようになったという。それを裏付けるのが体重の変化。2年までは97kgだったが、3年では101キロに。新キャプテンとなった清宮選手にはある作戦が。それは投手陣は急速5km/hアップ、打者は飛距離5mアップ、部員全員の5キkm増を目指した。一方で学校側もサポート。学食では 生徒全員にご飯おかわりに納豆・生卵も無料。部員の体づくりに繋がった。だが夏の大会は負ければ終わり。清宮の新記録は達成できるのか?夕刊フジ記者は達成すると思う、清宮の調子が右肩上がりで早実がもうしばらく勝ち残れそうなどと語る。特に早実の打撃は最強レベルにあるという。あと4勝で甲子園に出場できる早実。もし記録達成前に敗退しても甲子園まで行けば秋の国体に出る可能性が出てくる。清宮は9月に開催のU18ワールドカップ第1次候補選手に。もし選ばれればここでもホームランが期待される。


早稲田実業高校

5年前、東京北砂がリトルリーグ世界選手権で優勝し、一躍注目を浴びた清宮選手。2年前に早稲田実業高校に進学すると、1年生からホームランを量産した。ホームラン数を学年別に分類すると、1年年間本数35本。2年年間本数44本。3年年間本数(新年度〜夏の大会終了)26本。今年は新年度から夏の大会終了までの期間がハイペースだと分かる。夕刊フジの記者によると、1年の時ライナー系のあたりが多かったが、3年になってから放物線を描くようになったという。それを裏付けるのが体重の変化。2年までは97kgだったが、3年では101キロに。新キャプテンとなった清宮選手にはある作戦が。それは投手陣は急速5km/hアップ、打者は飛距離5mアップ、部員全員の5キkm増を目指した。一方で学校側もサポート。学食では 生徒全員にご飯おかわりに納豆・生卵も無料。部員の体づくりに繋がった。だが夏の大会は負ければ終わり。清宮の新記録は達成できるのか?夕刊フジ記者は達成すると思う、清宮の調子が右肩上がりで早実がもうしばらく勝ち残れそうなどと語る。特に早実の打撃は最強レベルにあるという。あと4勝で甲子園に出場できる早実。もし記録達成前に敗退しても甲子園まで行けば秋の国体に出る可能性が出てくる。清宮は9月に開催のU18ワールドカップ第1次候補選手に。もし選ばれればここでもホームランが期待される。


「夕刊フジ」に関連するイベント情報

リトルリーグ世界選手権

5年前、東京北砂がリトルリーグ世界選手権で優勝し、一躍注目を浴びた清宮選手。2年前に早稲田実業高校に進学すると、1年生からホームランを量産した。ホームラン数を学年別に分類すると、1年年間本数35本。2年年間本数44本。3年年間本数(新年度〜夏の大会終了)26本。今年は新年度から夏の大会終了までの期間がハイペースだと分かる。夕刊フジの記者によると、1年の時ライナー系のあたりが多かったが、3年になってから放物線を描くようになったという。それを裏付けるのが体重の変化。2年までは97kgだったが、3年では101キロに。新キャプテンとなった清宮選手にはある作戦が。それは投手陣は急速5km/hアップ、打者は飛距離5mアップ、部員全員の5キkm増を目指した。一方で学校側もサポート。学食では 生徒全員にご飯おかわりに納豆・生卵も無料。部員の体づくりに繋がった。だが夏の大会は負ければ終わり。清宮の新記録は達成できるのか?夕刊フジ記者は達成すると思う、清宮の調子が右肩上がりで早実がもうしばらく勝ち残れそうなどと語る。特に早実の打撃は最強レベルにあるという。あと4勝で甲子園に出場できる早実。もし記録達成前に敗退しても甲子園まで行けば秋の国体に出る可能性が出てくる。清宮は9月に開催のU18ワールドカップ第1次候補選手に。もし選ばれればここでもホームランが期待される。


早稲田実業

清宮幸太郎選手の新記録達成の可能性を検証。試合会場でアンケートしたところ、98パーセントが達成できると回答したが、夕刊フジの記者も同様に答えた。早実の打撃は都内でも最強クラスで、あと4勝で甲子園に出場できる。もし記録達成前に敗退しても、秋の国体、U-18ワールドカップなどでの本塁打も期待される。