ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1617件中 1〜10件目

「多臓器不全」に関連する音楽・CD

霧の摩周湖

銀幕の大スターたちも。大ヒット映画「セーラー服と機関銃」主演の薬師丸ひろ子さんを支えるヤクザ役を演じた渡瀬恒彦さん。2013年には、渡瀬さんの代表作「十津川警部シリーズ」で兄の渡哲也さんが出演。兄弟での共演が話題に。多臓器不全のため亡くなった渡瀬恒彦さん。享年72歳。大ヒットドラマ「キイハンター」で女スパイ役を演じた女優野際陽子さん。90年代には母親や姑役で活躍。中でもドラマ「ずっとあなたが好きだった」では冬彦さんを支える母親役で話題に。冬彦さんは92年の流行語にも選ばれた。6月肺腺がんで亡くなった野際陽子さん。享年81歳。


肺腺がん

銀幕の大スターたちも。大ヒット映画「セーラー服と機関銃」主演の薬師丸ひろ子さんを支えるヤクザ役を演じた渡瀬恒彦さん。2013年には、渡瀬さんの代表作「十津川警部シリーズ」で兄の渡哲也さんが出演。兄弟での共演が話題に。多臓器不全のため亡くなった渡瀬恒彦さん。享年72歳。大ヒットドラマ「キイハンター」で女スパイ役を演じた女優野際陽子さん。90年代には母親や姑役で活躍。中でもドラマ「ずっとあなたが好きだった」では冬彦さんを支える母親役で話題に。冬彦さんは92年の流行語にも選ばれた。6月肺腺がんで亡くなった野際陽子さん。享年81歳。


多臓器不全

銀幕の大スターたちも。大ヒット映画「セーラー服と機関銃」主演の薬師丸ひろ子さんを支えるヤクザ役を演じた渡瀬恒彦さん。2013年には、渡瀬さんの代表作「十津川警部シリーズ」で兄の渡哲也さんが出演。兄弟での共演が話題に。多臓器不全のため亡くなった渡瀬恒彦さん。享年72歳。大ヒットドラマ「キイハンター」で女スパイ役を演じた女優野際陽子さん。90年代には母親や姑役で活躍。中でもドラマ「ずっとあなたが好きだった」では冬彦さんを支える母親役で話題に。冬彦さんは92年の流行語にも選ばれた。6月肺腺がんで亡くなった野際陽子さん。享年81歳。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

セーラー服と機関銃

銀幕の大スターたちも。大ヒット映画「セーラー服と機関銃」主演の薬師丸ひろ子さんを支えるヤクザ役を演じた渡瀬恒彦さん。2013年には、渡瀬さんの代表作「十津川警部シリーズ」で兄の渡哲也さんが出演。兄弟での共演が話題に。多臓器不全のため亡くなった渡瀬恒彦さん。享年72歳。大ヒットドラマ「キイハンター」で女スパイ役を演じた女優野際陽子さん。90年代には母親や姑役で活躍。中でもドラマ「ずっとあなたが好きだった」では冬彦さんを支える母親役で話題に。冬彦さんは92年の流行語にも選ばれた。6月肺腺がんで亡くなった野際陽子さん。享年81歳。


劇症型溶血型レンサ球菌感染症

森慎二投手コーチは今年、42歳という若さで亡くなった。森コーチは6月25日、試合前に体調不良を訴え入院。そのわずか3日後、帰らぬ人になった。死因は毒性の強い「溶連菌」の感染による多臓器不全だった。劇症型溶血型レンサ球菌感染症は傷口などから感染し短時間で症状が悪化するのが特徴で手足が急激に壊死し致死率は約30%という事から「人食いバクテリア」とも呼ばれている。この感染症の数が493人にのぼり調査を始めた1999年以降で最多となった事が国立感染症研究所のまとめで分かった。厚労省は傷口を清潔に保つ事が有効としている。


厚労省

森慎二投手コーチは今年、42歳という若さで亡くなった。森コーチは6月25日、試合前に体調不良を訴え入院。そのわずか3日後、帰らぬ人になった。死因は毒性の強い「溶連菌」の感染による多臓器不全だった。劇症型溶血型レンサ球菌感染症は傷口などから感染し短時間で症状が悪化するのが特徴で手足が急激に壊死し致死率は約30%という事から「人食いバクテリア」とも呼ばれている。この感染症の数が493人にのぼり調査を始めた1999年以降で最多となった事が国立感染症研究所のまとめで分かった。厚労省は傷口を清潔に保つ事が有効としている。


多臓器不全

日本赤十字社は白血病の治療中だった子どもが大腸菌が混入した血小板濃厚液という血液製剤で輸血を受けた後、悪寒や嘔吐などの症状が出て、敗血症性ショックなどによる多臓器不全で死亡したと伝えた。血液からは輸血から4日後に大腸菌が検出されていて、輸血した血液製剤からも同じ菌が検出されていたことが分かった。厚労省に報告した日本赤十字社は「大腸菌が混入した血液製剤を輸血したことで敗血症を発症した可能性は高い」として、同じ献血者の血液製剤を回収し、医療機関に感染症のリスクの周知に務めるとしている。


敗血症性ショック

日本赤十字社は白血病の治療中だった子どもが大腸菌が混入した血小板濃厚液という血液製剤で輸血を受けた後、悪寒や嘔吐などの症状が出て、敗血症性ショックなどによる多臓器不全で死亡したと伝えた。血液からは輸血から4日後に大腸菌が検出されていて、輸血した血液製剤からも同じ菌が検出されていたことが分かった。厚労省に報告した日本赤十字社は「大腸菌が混入した血液製剤を輸血したことで敗血症を発症した可能性は高い」として、同じ献血者の血液製剤を回収し、医療機関に感染症のリスクの周知に務めるとしている。


嘔吐

日本赤十字社は白血病の治療中だった子どもが大腸菌が混入した血小板濃厚液という血液製剤で輸血を受けた後、悪寒や嘔吐などの症状が出て、敗血症性ショックなどによる多臓器不全で死亡したと伝えた。血液からは輸血から4日後に大腸菌が検出されていて、輸血した血液製剤からも同じ菌が検出されていたことが分かった。厚労省に報告した日本赤十字社は「大腸菌が混入した血液製剤を輸血したことで敗血症を発症した可能性は高い」として、同じ献血者の血液製剤を回収し、医療機関に感染症のリスクの周知に務めるとしている。


悪寒

日本赤十字社は白血病の治療中だった子どもが大腸菌が混入した血小板濃厚液という血液製剤で輸血を受けた後、悪寒や嘔吐などの症状が出て、敗血症性ショックなどによる多臓器不全で死亡したと伝えた。血液からは輸血から4日後に大腸菌が検出されていて、輸血した血液製剤からも同じ菌が検出されていたことが分かった。厚労省に報告した日本赤十字社は「大腸菌が混入した血液製剤を輸血したことで敗血症を発症した可能性は高い」として、同じ献血者の血液製剤を回収し、医療機関に感染症のリスクの周知に務めるとしている。