ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1666件中 1〜10件目

スポーツニッポン

人食いバクテリア(溶レン菌)は菌が傷口などから侵入して発症、恐ろしいスピードで体が壊死していく。そのスピードは1時間に3cm、内蔵や脳に侵入すると多臓器不全を引き起こす。人食いバクテリアは珍しいものではなく、全ての人の皮膚に存在している。近年は一部が突如として凶暴化、原因は解明されていないが死に至らしめる。森は健康だったにも関わらず、2017年6月28日に死去、発症して僅か3日だった。


多臓器不全

岐阜市の藤掛第一病院で今月26日から一昨日にかけて、エアコンが故障した病室に入院していた80代の男女5人が相次いで死亡。医師の作成した死亡診断書には「熱中症」の記載はなく全員を病死としていたと判明。院長はエアコンの故障が患者の死亡につながったとは考えていないと強調。ほぼ寝たきりの状態の人が熱中症が直接の原因で死亡したと判断するのは難しいという見解もある。病院はエアコンが壊れた階の温度と湿度を定期的に確認していた。警察は病院が暑さ対策を怠り患者が熱中症で死亡した可能性があるとみて、業務上過失致死の疑いも視野に捜査を続けている。


多臓器不全

患者を5人死亡させた病院院長の会見についてスタジオの出演者らは、「治療の内容を院長らが把握していない事があり得るんでしょうか」、「言い方に重要さが見えてない喋り方」、「終末医療してるから人の死に鈍感な面はあるかもだけど、意識の無い人もいたから、よく分からない会見」、などとそれぞれコメントした。ゲストの熱中症に詳しい医師・木川英氏は「病院全体を把握してから会見に臨む必要はあった、矛盾もあった」とコメントした。また、きのうの会見での発言内容を紹介した、「暑い部屋が良いという人もいる」、「エアコンが嫌いな人もいて亡くなった4人は移動しなかった」、「重症やったね、COPDだとあっという間に亡くなりますね」、「病院として何か問題があったとは考えてない」、「COPDの人はタバコを吸ってた、タバコは怖いね」、などとの事。木川英はエアコンが故障してからの8日間で抵抗力を奪われた事、その日に死亡する人がいてもおかしくなかった事、などを解説した。さらに病院は4階建ての内科病院で、今月26〜27日当時は約50人が入院していた事、移動などには介助が必要である事、終末期の患者も多く受け入れていた事、などを伝えた。


多臓器不全

きのうの午後8時前に、岐阜県警が殺人容疑を理由に高齢者専門のY&M 藤掛第一病院に入っていった。この病院では今月20日にエアコンが故障すると、26〜27日の間に83〜85歳の4人が死亡していて、きのうも1人が死亡しているが、ベッド数は119床で高齢者や終末期の患者を受け入れていたが、院長は病室のエアコンが壊れていることを認め、重症の患者は避難していると述べていた。しかし、26日には36.2度を記録していて院長は扇風機で対応したと話したが、亡くなった人は移動しなかったと話していて、対応が後手に回った形となっていたが、以前勤めていた看護師はエアコンの故障は以前にも夏にエアコンが壊れていて、このときも点滴の容器に水を入れて凍らせる程度だったと以前この病院に務めていた看護師は振り返っていた。


多臓器不全

入院患者2人を殺害したとして元看護師の女を逮捕された事件で、女に3人目の殺人容疑が浮上した。容疑者は一昨年9月、横浜市の大口病院の入院患者で当時78歳の女性の点滴に消毒液をまぜ殺害した疑いで再逮捕された。女性は死亡当時、多臓器不全で死亡と判断されたが、保管されていた血液から消毒液の成分が検出された。警察は有識者らの意見をもとに消毒液の混入で中毒になり多臓器不全に至ったと判断した。容疑者は容疑を認めている。


大口病院

入院患者2人を殺害したとして元看護師の女を逮捕された事件で、女に3人目の殺人容疑が浮上した。容疑者は一昨年9月、横浜市の大口病院の入院患者で当時78歳の女性の点滴に消毒液をまぜ殺害した疑いで再逮捕された。女性は死亡当時、多臓器不全で死亡と判断されたが、保管されていた血液から消毒液の成分が検出された。警察は有識者らの意見をもとに消毒液の混入で中毒になり多臓器不全に至ったと判断した。容疑者は容疑を認めている。


多臓器不全

台風が過ぎた後の熱中症対策について、名越は体の内側の熱は急激に上がると感染症と誤解して免疫をたくさん出し、自分の体を攻撃するという説もあるという。こまめな補給と体を冷やすことを呼びかけた。台風12号の影響について中丸は、気象庁の発表の前に自治体からの発表もあり、無駄足になっても避難することが大事だとコメント。中山は、ホテルの2階であってもガラスが割れるなど何が起こるかわからない状況でくれぐれも注意して欲しいと呼びかけた。


塩分

森田さんは熱中症について、子供の場合は熱中症になっても具体的な説明が出来ない事があり、さらに大人が歩いている場所よりも低い場所なのでこれも危険になっていると話していた。最初はめまいなどで始まるがこれは脳への血流が汗を出すために使われてしまうためにめまいが起きると話していた。さらに汗を掻くことで塩分が足りなくなり筋肉痛が起きるようになっていくために、塩分も重要となってくるが、最悪の場合だと高体温でコントロールができなくなり多臓器不全になり生命にかかわる可能性もある。森田さんは手当をすれば回復する可能性もあるが、回復しないように見える場合は救急車を呼ぶべきだと話していた。


多臓器不全

森田さんは熱中症について、子供の場合は熱中症になっても具体的な説明が出来ない事があり、さらに大人が歩いている場所よりも低い場所なのでこれも危険になっていると話していた。最初はめまいなどで始まるがこれは脳への血流が汗を出すために使われてしまうためにめまいが起きると話していた。さらに汗を掻くことで塩分が足りなくなり筋肉痛が起きるようになっていくために、塩分も重要となってくるが、最悪の場合だと高体温でコントロールができなくなり多臓器不全になり生命にかかわる可能性もある。森田さんは手当をすれば回復する可能性もあるが、回復しないように見える場合は救急車を呼ぶべきだと話していた。


高体温

森田さんは熱中症について、子供の場合は熱中症になっても具体的な説明が出来ない事があり、さらに大人が歩いている場所よりも低い場所なのでこれも危険になっていると話していた。最初はめまいなどで始まるがこれは脳への血流が汗を出すために使われてしまうためにめまいが起きると話していた。さらに汗を掻くことで塩分が足りなくなり筋肉痛が起きるようになっていくために、塩分も重要となってくるが、最悪の場合だと高体温でコントロールができなくなり多臓器不全になり生命にかかわる可能性もある。森田さんは手当をすれば回復する可能性もあるが、回復しないように見える場合は救急車を呼ぶべきだと話していた。