ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1635件中 1〜10件目

熱射病

東京は明日も今日と同じくらいの暑さになる予想。この時期だからこそ熱中症に注意が必要。去年5月の熱中症による搬送者は全国で3401人だった。また、一昨年1年間で熱中症による死亡者が621人出ている。熱中症は初期の段階では大量の発汗や脱水症状が起こり、熱射病になると体温が40度を超えて上昇する。更に重篤化すると多臓器不全や昏睡・痙攣などの症状が発生し、最悪の場合死に至ることもある。


熱中症

東京は明日も今日と同じくらいの暑さになる予想。この時期だからこそ熱中症に注意が必要。去年5月の熱中症による搬送者は全国で3401人だった。また、一昨年1年間で熱中症による死亡者が621人出ている。熱中症は初期の段階では大量の発汗や脱水症状が起こり、熱射病になると体温が40度を超えて上昇する。更に重篤化すると多臓器不全や昏睡・痙攣などの症状が発生し、最悪の場合死に至ることもある。

5月の熱中症は体が暑さに慣れていないのが最大の原因。気温30℃以上、湿度60〜70%以上の日以外でも、急に気温が上昇した日は熱中症になりやすい。ポイントは気温+湿度。今の時期は汗をかきにくいため体温も下がりにくい。暑熱順化し、汗をかきやすい身体にすることが重要となる。暑さに負けない体になるためには、ややきついウォーキングが効果的。3分間の早歩きと3分間のゆっくり歩きを1日5回以上、週4回以上、4週間が目安。飲み物は牛乳がオススメ。

高齢者と子どもは熱中症になりやすい。高齢者は体温の調整機能が低下して暑さを感じにくい体になってしまい、症状が遅れて出る場合もある。子どもは元々新陳代謝が活発で平熱が高めであり、必要以上に汗をかいてしまうため水分補給が必要になる。汗の量や喉の渇きを自覚しにくく、熱中症の発見が遅れがち。去年の熱中症救急搬送数と最高気温を比較すると、前日から気温が急上昇した日に搬送者数も増える傾向にある。熱中症予防のためには部屋の温度が28度を超えないようにし、こまめに水分補給をする。意識がおかしかったり自分で水分が摂れない場合、ためらわずに救急車を呼ぶ。今週は暑さが続いた後”梅雨の走り”が訪れる。


多臓器不全

助けを求める通報に冷たい対応をしたオペレーター。通報した女性の声は弱々しく、言葉にならないような声を上げた。それでも、オペレーターは通話を終了。その6時間後、女性は多臓器不全で死亡した。通報にもかかわらずあの対応をしたのは、救急車を出動させなかったのはなぜか。


Facebook

助けを求める通報に冷たい対応をしたオペレーター。通報した女性の声は弱々しく、言葉にならないような声を上げた。それでも、オペレーターは通話を終了。その6時間後、女性は多臓器不全で死亡した。通報にもかかわらずあの対応をしたのは、救急車を出動させなかったのはなぜか。


多臓器不全

去年12月にフランスのストラスブールで女性が腹痛に見舞われ救急電話をかけたものの、オペレーターはこの時に救急車を派遣せずに意思が出張診療をする案内番号を教えて電話を切り、女性はその後親族の手で約4時間後に病院に搬送されたものの多臓器不全で亡くなっている。遺族らはこのオペレーターの対応を問題視していて、警察も担当者が救護を怠った可能性があるとして調査を始めている。


フェイスブック

去年12月にフランスのストラスブールで女性が腹痛に見舞われ救急電話をかけたものの、オペレーターはこの時に救急車を派遣せずに意思が出張診療をする案内番号を教えて電話を切り、女性はその後親族の手で約4時間後に病院に搬送されたものの多臓器不全で亡くなっている。遺族らはこのオペレーターの対応を問題視していて、警察も担当者が救護を怠った可能性があるとして調査を始めている。


セントマザー産婦人科病院

おととし、福岡県の産婦人科で不妊治療をした女性が死亡したとして、業務上過失致死の疑いで院長と男性医師ら3人が書類送検された。警察によれば、女性の不妊治療は腹腔鏡を使って卵管の通りを確認する手術だったが、通りを良くするために男性医師が女性の卵管に大量の空気を送り込んだところ、誤って血管に入り込んで多臓器不全で死亡した。この男性医師は容疑を認めている。


セントマザー産婦人科医院

業務上過失致死の疑いで書類送検されたのはセントマザー産婦人科医院の院長と当時勤務していた男性医師らの合わせて3人。警察によると3人はおととし11月、30代女性の不妊治療で腹くう鏡を使い卵管の通りを確認する手術した。その際男性医師が卵管の通りをさらによくしようと大量に空気を送り込んだ結果、誤って毛細血管に空気が入り込み女性は翌月、多臓器不全で死亡した。この男性医師は去年医院を退職しており、容疑を認めている。


多臓器不全

業務上過失致死の疑いで書類送検されたのは北九州市八幡西区のセントマザー産婦人科医院の院長と男性医師ら3人。警察によるとおととし11月、30代の女性の不妊治療で腹くう鏡を使い卵管の通りを確認する手術をした。その際、男性医師が卵管に大量の空気を送り込んだ結果、誤って毛細血管に入り込み、女性は翌月に多臓器不全で死亡した。この男性医師は去年医院を退職、容疑を認めている。この医院は不妊治療で知られ、院長が指導教育が足りなかったと話しているという。


セントマザー産婦人科医院

業務上過失致死の疑いで書類送検されたのは北九州市八幡西区のセントマザー産婦人科医院の院長と男性医師ら3人。警察によるとおととし11月、30代の女性の不妊治療で腹くう鏡を使い卵管の通りを確認する手術をした。その際、男性医師が卵管に大量の空気を送り込んだ結果、誤って毛細血管に入り込み、女性は翌月に多臓器不全で死亡した。この男性医師は去年医院を退職、容疑を認めている。この医院は不妊治療で知られ、院長が指導教育が足りなかったと話しているという。