ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1578件中 1〜10件目

多臓器不全

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。


吐き気

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。


頭痛

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。


熱失神

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。


熱疲労

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。


熱痙攣

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。


熱射病

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。


日射病

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。


帝京大学医学部附属病院

総務省消防庁が発表した全国の熱中症搬送者は7月31日〜8月6日の1週間で5681人。一昨年には緊急搬送された人のうち55人に1人が死亡。熱中症患者が後を絶たない理由について、熱中症研究の第一人者である三宅氏が原因から対策まで解説する。

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。

年齢別の熱中症への注意点として高齢者は体温の調整機能が低下しており、汗をかきにくく喉が渇きにくいとのこと。また、熱中症は屋外で仕事をしている人が多い事から男性の方がなりやすく、脂肪に水分が少なく、断熱材となるため太っている人の方がなりやすいとのこと。また薬による影響もあるとのこと。子どもは新陳代謝が活発で平熱が高く、体内に水分が多いが必要以上に汗をかいてしまい汗の量や喉の渇きを自覚しにくく発見が遅れるとのこと。


熱中症

総務省消防庁が発表した全国の熱中症搬送者は7月31日〜8月6日の1週間で5681人。一昨年には緊急搬送された人のうち55人に1人が死亡。熱中症患者が後を絶たない理由について、熱中症研究の第一人者である三宅氏が原因から対策まで解説する。

熱中症による救急搬送者数は7月31日〜8月6日で全国で5681人。今年は台風の影響で少ない方とのこと。熱中症になりやすい気象条件は気温が30℃以上、湿度が60〜70℃以上であることなど。前は日射病という言葉も使われていたが欧米では熱射病や熱疲労などの診断名があり、日本だとどれが重傷であるかなどがわからないため、熱中症と統一して軽い方から1度2度3度と分けたとのこと。初期症状では体温は40℃以下だが、大量の発汗や脱水症状が起こり、進行すると熱射病になり体温が40℃を超えて上昇し、頭痛や吐き気などを伴う。重症化すると脱水症状が極度に進み発汗が止まり、多臓器不全や嚥下の障害などが起こるとのことで、最悪の場合死に至り、一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるとのこと。去年の6〜9月の熱中症による死亡者数は8月が一番多く危険とのこと。

年齢別の熱中症への注意点として高齢者は体温の調整機能が低下しており、汗をかきにくく喉が渇きにくいとのこと。また、熱中症は屋外で仕事をしている人が多い事から男性の方がなりやすく、脂肪に水分が少なく、断熱材となるため太っている人の方がなりやすいとのこと。また薬による影響もあるとのこと。子どもは新陳代謝が活発で平熱が高く、体内に水分が多いが必要以上に汗をかいてしまい汗の量や喉の渇きを自覚しにくく発見が遅れるとのこと。

熱中症になりやすい行動についてクイズ。次のうち最も注意すべきものは?A.自転車、B.散歩、C.カラオケ、D.将棋。スタジオでは川上などがB、山路などがC、増田がDと答えた。正解はAで理由は風を浴びて汗が飛びやすいので体感温度で涼しく感じてしまい、水分補給が足りず重症化しやすいとのことで、ジョギングなども注意が必要とのこと。

熱中症になりやすい場所について、熱中症患者の発生場所は約40%が住宅、約25%が道路、他にも公園や運動場、職場などがある。家の中で一番熱中症に気をつけるべき場所についてクイズ、A.和室、B.キッチン、C.ベランダ、D.書斎。

答えはこのあと!意外に知らない“熱中症” 危ないのはどこ?