ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1468件中 1〜10件目

サイガ

2015年5月のカザフスタンで何千頭というサイガたちが死んでいた。絶滅危惧種でサイガの90%である25万頭がカザフスタンで暮らしている。死骸に目立った外傷はなく死んだのはほとんどがメスだった。2週間後に約12万7000頭、1ヶ月後に約20万頭が死亡し世界中のマスコミが報道した。真っ先に疑われたのは現場近くにあるバイコヌール宇宙基地だったが生物学者のE・J・ミルナー=ガランドさんは「ロケットの燃料が関係してるとは思えないしそれなら他の動物もみな死亡しているはず」と否定した。

サイガの死骸からパスツレラ菌が発見された。どのサイガも肺や腸内に普通に持っている細菌だがほとんど毒はなく害はない。しかし何らかの原因で免疫力が極端に落ちるとこの菌の毒で多臓器不全を引き起こす。2015年5月は長雨が続き気温が低下、冬毛から夏毛に生え変わりの時期、5月は出産の時期という3つの条件が揃い免疫力が落ちてしまったという。


多臓器不全

多臓器不全のため死去した渡瀬恒彦さんが主演を務めた2014年撮影のドラマ「判事失格!?弁護士 夏目連太郎の逆転捜査」が緊急放送される。


多臓器不全

多臓器不全で亡くなった渡瀬恒彦さんについて、渡哲也さんが悲しみを語った。先週金曜、渡瀬さんの葬儀告別式が家族葬で営まれ、その帰宅後に渡さんは、渡瀬への最後の言葉は特にないと静かな表情だったが、思い出を語るうちに瞳が潤んでいったという。渡瀬さんは病室に台本を持ち込み、一般病棟にいるときから台詞は全部覚えていたといい、やり通せなかったことは無念だったと思うと話した。(デイリースポーツ)


デイリースポーツ

多臓器不全で亡くなった渡瀬恒彦さんについて、渡哲也さんが悲しみを語った。先週金曜、渡瀬さんの葬儀告別式が家族葬で営まれ、その帰宅後に渡さんは、渡瀬への最後の言葉は特にないと静かな表情だったが、思い出を語るうちに瞳が潤んでいったという。渡瀬さんは病室に台本を持ち込み、一般病棟にいるときから台詞は全部覚えていたといい、やり通せなかったことは無念だったと思うと話した。(デイリースポーツ)


多臓器不全

一昨年から胆のうがんで闘病中だった渡瀬恒彦さんが今月14日に多臓器不全のため死去した。兄の渡哲也さんは「この喪失感はなんとも言葉になりません」と直筆のファックスでコメント。2011年に2人はTBSのドラマで40年ぶりに共演していた。当時の渡さんは弟の渡瀬さんについて、いまいちパッとしない部分があって兄としては心配していたが味のある良い俳優になったなとコメントしていた。渡瀬さんは兄貴程度の芝居しか出来なかったらとっくに消えていただろうなと思っていますと話していて、兄弟の仲の良さが印象的だった。


胆のうがん

一昨年から胆のうがんで闘病中だった渡瀬恒彦さんが今月14日に多臓器不全のため死去した。兄の渡哲也さんは「この喪失感はなんとも言葉になりません」と直筆のファックスでコメント。2011年に2人はTBSのドラマで40年ぶりに共演していた。当時の渡さんは弟の渡瀬さんについて、いまいちパッとしない部分があって兄としては心配していたが味のある良い俳優になったなとコメントしていた。渡瀬さんは兄貴程度の芝居しか出来なかったらとっくに消えていただろうなと思っていますと話していて、兄弟の仲の良さが印象的だった。


多臓器不全

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


「多臓器不全」に関連する映画・DVD

狂った野獣

今月14日、俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全のため死去した。享年72。実兄の渡哲也さんさんは直筆のコメントで、「弟を失いましたこの喪失感は言葉になりません」と綴っている。2人は芸能界でも仲の良い兄弟として知られ、91年に渡さんに対して直腸がんの手術を受けるように説得したのが渡瀬さんだった。俳優として、「十津川警部シリーズ」、「狂った野獣」など数多くの作品に出演した。


直腸がん

今月14日、俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全のため死去した。享年72。実兄の渡哲也さんさんは直筆のコメントで、「弟を失いましたこの喪失感は言葉になりません」と綴っている。2人は芸能界でも仲の良い兄弟として知られ、91年に渡さんに対して直腸がんの手術を受けるように説得したのが渡瀬さんだった。俳優として、「十津川警部シリーズ」、「狂った野獣」など数多くの作品に出演した。


多臓器不全

今月14日、俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全のため死去した。享年72。実兄の渡哲也さんさんは直筆のコメントで、「弟を失いましたこの喪失感は言葉になりません」と綴っている。2人は芸能界でも仲の良い兄弟として知られ、91年に渡さんに対して直腸がんの手術を受けるように説得したのが渡瀬さんだった。俳優として、「十津川警部シリーズ」、「狂った野獣」など数多くの作品に出演した。