ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「多臓器不全」の検索結果

「多臓器不全」に関連する情報 1591件中 1〜10件目

多臓器不全

先月11日の夕方、愛媛・大洲市で女性(87)がスズメバチに50分に渡り全身150ヶ所を刺され死亡した。スズメバチは秋に最も凶暴化する。番組が独自取材を進めると女性を助けられたかもしれない、いくつもの分岐点が見えてきた。愛犬と生活し明るい性格だったという女性は事故当時、福祉施設から車椅子で自宅に帰る途中だったという。最初に襲われたのは車椅子を押していた男性だった。男性は福祉施設に電話で助けを求め、事故発生から13分後には職員3人もスプレーなど持ち救援に駆けつけたがスズメバチが多すぎて女性に近づけなかったという。救急車はその2分後に到着した。遺族によると女性は痛みなどで苦しんではいたが意識はハッキリとしていたという。死因は多臓器不全だった。遺族には無念が広がっていた。119番通報時に救助が遅れた原因があったという。


スズメバチ

先月11日の夕方、愛媛・大洲市で女性(87)がスズメバチに50分に渡り全身150ヶ所を刺され死亡した。スズメバチは秋に最も凶暴化する。番組が独自取材を進めると女性を助けられたかもしれない、いくつもの分岐点が見えてきた。愛犬と生活し明るい性格だったという女性は事故当時、福祉施設から車椅子で自宅に帰る途中だったという。最初に襲われたのは車椅子を押していた男性だった。男性は福祉施設に電話で助けを求め、事故発生から13分後には職員3人もスプレーなど持ち救援に駆けつけたがスズメバチが多すぎて女性に近づけなかったという。救急車はその2分後に到着した。遺族によると女性は痛みなどで苦しんではいたが意識はハッキリとしていたという。死因は多臓器不全だった。遺族には無念が広がっていた。119番通報時に救助が遅れた原因があったという。


日本スズメバチ研究所

愛媛県でスズメバチにおそわれ高齢女性が死亡した事故。最初に刺されたのは付き添いの福祉施設の職員。その後職員は1人では移動させられないと感じ、一旦現場を離れて救急隊を要請。15分後に救急隊が来たが、救急隊はスズメバチを避けるための防護服を用意していなかった。その30分後にスズメバチが減ったため救出。女性は翌日多臓器不全のため死亡。大洲市消防本部は「通報内容が2人が刺されたと過去形だったためすでに安全な場所に避難していると思った」とコメント。厚生労働省によるとスズメバチなどに刺されて死亡する人は毎年20人。秋は働きバチが多くなる時期で危険。専門家によると蜂の巣まで3m以内に近づくと攻撃される可能性があるという。また大声でたすけを求めるとかえって攻撃されるとのこと。速やかに巣を離れることが重要とのこと。


厚生労働省

愛媛県でスズメバチにおそわれ高齢女性が死亡した事故。最初に刺されたのは付き添いの福祉施設の職員。その後職員は1人では移動させられないと感じ、一旦現場を離れて救急隊を要請。15分後に救急隊が来たが、救急隊はスズメバチを避けるための防護服を用意していなかった。その30分後にスズメバチが減ったため救出。女性は翌日多臓器不全のため死亡。大洲市消防本部は「通報内容が2人が刺されたと過去形だったためすでに安全な場所に避難していると思った」とコメント。厚生労働省によるとスズメバチなどに刺されて死亡する人は毎年20人。秋は働きバチが多くなる時期で危険。専門家によると蜂の巣まで3m以内に近づくと攻撃される可能性があるという。また大声でたすけを求めるとかえって攻撃されるとのこと。速やかに巣を離れることが重要とのこと。


大洲市消防本部

愛媛県でスズメバチにおそわれ高齢女性が死亡した事故。最初に刺されたのは付き添いの福祉施設の職員。その後職員は1人では移動させられないと感じ、一旦現場を離れて救急隊を要請。15分後に救急隊が来たが、救急隊はスズメバチを避けるための防護服を用意していなかった。その30分後にスズメバチが減ったため救出。女性は翌日多臓器不全のため死亡。大洲市消防本部は「通報内容が2人が刺されたと過去形だったためすでに安全な場所に避難していると思った」とコメント。厚生労働省によるとスズメバチなどに刺されて死亡する人は毎年20人。秋は働きバチが多くなる時期で危険。専門家によると蜂の巣まで3m以内に近づくと攻撃される可能性があるという。また大声でたすけを求めるとかえって攻撃されるとのこと。速やかに巣を離れることが重要とのこと。


スズメバチ

愛媛県でスズメバチにおそわれ高齢女性が死亡した事故。最初に刺されたのは付き添いの福祉施設の職員。その後職員は1人では移動させられないと感じ、一旦現場を離れて救急隊を要請。15分後に救急隊が来たが、救急隊はスズメバチを避けるための防護服を用意していなかった。その30分後にスズメバチが減ったため救出。女性は翌日多臓器不全のため死亡。大洲市消防本部は「通報内容が2人が刺されたと過去形だったためすでに安全な場所に避難していると思った」とコメント。厚生労働省によるとスズメバチなどに刺されて死亡する人は毎年20人。秋は働きバチが多くなる時期で危険。専門家によると蜂の巣まで3m以内に近づくと攻撃される可能性があるという。また大声でたすけを求めるとかえって攻撃されるとのこと。速やかに巣を離れることが重要とのこと。


多臓器不全

大分県竹田市は真夏日だった。午後1時、県立竹田高校の剣道部主将だった剣太さん(当時17歳)は練習中に熱中症で倒れ病院に搬送された。父・英士さんは顧問教師から連絡を受けた。搬送から6時間後に死亡した。診断結果は重度の熱中症による多機能不全だった。あの日、武道場で何があったのか真相を知りたいという思いを募らせた両親は、当時武道場にいた生徒から証言を集める聞き取り調査を行った。驚いたのは、意識が朦朧としていた剣太さんに顧問教師が蹴りや平手打ちなど加えていたというものだった。弟の風音さんは武道場で一部始終を見ており、往復ビンタを振りかぶって10発ぐらいされていたという。当時の様子を再現した映像。練習開始から2時間、剣太さんが練習相手の発した声に反応しなくなり、相手が竹刀を払うと剣太さんは竹刀が落ちたことに気づかず構え続けた。顧問は「演技するな」と言いながら剣太さんの右脇腹を蹴り、剣太さんはふらついて倒れた。顧問は剣太さんにまたがり、「目を開けんか」などと言いながら10回程度頬に平手打ちをしたという。顧問らは剣太さんに水分を摂らせ大型扇風機などで処置を行うが剣太さんは嘔吐した。呼びかけにも反応しなかったため救急車の出動を要請した。

文科省の調査では、2015年度全国で発覚した中学・高校での体罰の件数は662件。そのうち約3割が部活中に発生している。1999年には兵庫県の中学校でラグビーの部活中男子生徒(1年生)が体調不良を訴えるが放置され、重い熱中症による多臓器不全で死亡した。2003年、東京の高校でバレーボールの部活中に女子生徒が熱中症で倒れ数日後死亡した。


熱中症

大分県竹田市は真夏日だった。午後1時、県立竹田高校の剣道部主将だった剣太さん(当時17歳)は練習中に熱中症で倒れ病院に搬送された。父・英士さんは顧問教師から連絡を受けた。搬送から6時間後に死亡した。診断結果は重度の熱中症による多機能不全だった。あの日、武道場で何があったのか真相を知りたいという思いを募らせた両親は、当時武道場にいた生徒から証言を集める聞き取り調査を行った。驚いたのは、意識が朦朧としていた剣太さんに顧問教師が蹴りや平手打ちなど加えていたというものだった。弟の風音さんは武道場で一部始終を見ており、往復ビンタを振りかぶって10発ぐらいされていたという。当時の様子を再現した映像。練習開始から2時間、剣太さんが練習相手の発した声に反応しなくなり、相手が竹刀を払うと剣太さんは竹刀が落ちたことに気づかず構え続けた。顧問は「演技するな」と言いながら剣太さんの右脇腹を蹴り、剣太さんはふらついて倒れた。顧問は剣太さんにまたがり、「目を開けんか」などと言いながら10回程度頬に平手打ちをしたという。顧問らは剣太さんに水分を摂らせ大型扇風機などで処置を行うが剣太さんは嘔吐した。呼びかけにも反応しなかったため救急車の出動を要請した。

文科省の調査では、2015年度全国で発覚した中学・高校での体罰の件数は662件。そのうち約3割が部活中に発生している。1999年には兵庫県の中学校でラグビーの部活中男子生徒(1年生)が体調不良を訴えるが放置され、重い熱中症による多臓器不全で死亡した。2003年、東京の高校でバレーボールの部活中に女子生徒が熱中症で倒れ数日後死亡した。


多臓器不全

愛媛県大洲市の山間の集落で先月11日に87歳の女性がスズメバチにおよそ50分間で約150を刺され死亡した。被害に遭った女性は福祉施設からの帰宅途中で自宅周辺で送迎車を降り電動車いすで移動中に付き添いの男性職員と共にハチに襲われた。職員は現場から離れた場所で施設に連絡しその後助けに向かうが大量のハチが周囲にいたため近づけ無かったという。午後4時頃に女性が送迎車を降り4時15分に救急隊員が到着したが防護服が無かったため近づけず、到着から30分後にハチの数が減った為救急隊員が救出したという。救出された際、女性は意識があったが翌日の夜に病院で死亡し、死因は約150か所をハチに刺されたことによる多臓器不全だという。この事故を受け施設では送迎ルートの安全確認やハチ駆除用スプレーの携帯をマニュアル化したという。


スズメバチ

愛媛県大洲市の山間の集落で先月11日に87歳の女性がスズメバチにおよそ50分間で約150を刺され死亡した。被害に遭った女性は福祉施設からの帰宅途中で自宅周辺で送迎車を降り電動車いすで移動中に付き添いの男性職員と共にハチに襲われた。職員は現場から離れた場所で施設に連絡しその後助けに向かうが大量のハチが周囲にいたため近づけ無かったという。午後4時頃に女性が送迎車を降り4時15分に救急隊員が到着したが防護服が無かったため近づけず、到着から30分後にハチの数が減った為救急隊員が救出したという。救出された際、女性は意識があったが翌日の夜に病院で死亡し、死因は約150か所をハチに刺されたことによる多臓器不全だという。この事故を受け施設では送迎ルートの安全確認やハチ駆除用スプレーの携帯をマニュアル化したという。