ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大下容子」の検索結果

「大下容子」に関連する情報 331件中 1〜10件目

「大下容子」に関連するイベント情報

U18野球ワールドカップ2017

早実の清宮選手「プロ志望」を表明。清宮選手は「プロの世界の厳しさは、十分理解しているつもりですが、より高いレベルに身を置き、鍛錬し努力することで目の前の目標を一つ一つクリアしていきたいと思っています」「昔からの自分の夢でもありましたし、より高いレベルで野球をやりたいという思いからこのような決断になりました」などと話した。清宮選手は1999年5月25日生まれの18歳。身長1m84cm、体重101kg、右投げ左打ち。高校通算111本塁打という最多を誇っている。いずれは先輩である王さんのように本塁打記録を目標とすると言っていたそう。大下容子アナは「夢が広がります」などとコメント。来月26日のドラフト会議、歴代は野茂英雄さんの8球団競合が最多だった。デーブ・スペクターさんは「昭和感が伝わってきますから、野球ファンにはたまらないと思いますね」と話した。


早実

早実の清宮選手「プロ志望」を表明。清宮選手は「プロの世界の厳しさは、十分理解しているつもりですが、より高いレベルに身を置き、鍛錬し努力することで目の前の目標を一つ一つクリアしていきたいと思っています」「昔からの自分の夢でもありましたし、より高いレベルで野球をやりたいという思いからこのような決断になりました」などと話した。清宮選手は1999年5月25日生まれの18歳。身長1m84cm、体重101kg、右投げ左打ち。高校通算111本塁打という最多を誇っている。いずれは先輩である王さんのように本塁打記録を目標とすると言っていたそう。大下容子アナは「夢が広がります」などとコメント。来月26日のドラフト会議、歴代は野茂英雄さんの8球団競合が最多だった。デーブ・スペクターさんは「昭和感が伝わってきますから、野球ファンにはたまらないと思いますね」と話した。


ツイッター

上西小百合衆議院議員が公設秘書に噛み付いた。おととい深夜、公設秘書の笹原氏はツイッターで「解雇された」と報告した。ツイッターでの発言に批判の的となった上西議員。その際、会見を取り仕切っていたのは笹原秘書だった。公設秘書として上西議員を支え、マスコミ対応の指南をしてきた笹原秘書。2人の亀裂が生じたきっかけは、大阪府で起きた大規模停電だったという。

笹原秘書は「上西にはもう政治家はやらせない。知っているスキャンダルをぶちまけて出馬させない。」などツイッターに綴った。これに対して、上西議員が地元で大規模停電がおきたにも関わらず地元に戻らなかったことを非難した。上西議員は「笹原さんがやめようが私の人生には関係ありません。」などとツイッターに綴った。笹原氏が「現場で足に運んでいない」と主張したのに対し上西議員は「自分で行ける範囲には足を運んだ。」と話している。炎上商法ではないか?との指摘に対して、上西議員は「知名度はあるのでもういいです!」などと話した。

上西議員には東京の秘書と呼んでいる笹原雄一氏、地元の秘書と呼んでいる家城大心氏の2人がいる。家城氏がSNSに2泊3日で行われる毎年恒例の後援会BBQの様子を写真付きで投稿。日付は今週火曜日。23日には大阪・吹田市などで大規模停電が発生。吹田市は上西議員の地元。これを見ていた笹原氏は「BBQまでやって挙句に吹田が停電してんのに帰ってこなかった。俺は議員辞職だと思う」とツイッターで激怒。しかし、実際にBBQは別の日に行っていて、たまたま今週火曜日に投稿しただけであって笹原氏の勘違いだった。上西議員は「笹原氏が酔っ払ってSNS投稿を見た。お酒を飲んで勘違いして私に迷惑をかけた」と主張。大下容子アナは「でも、みんな同じチームなんだからSNSでやらないで内和でやればいいのにと思いますね」などと話した。

一昨日。笹原氏はツイッターで「上西と家城秘書から正式に解雇されました。上西とメールでやりとりをして、解雇という解釈をした。もともと秘書をやめるのは既定路線で今月31日までと考えている」とコメント。上西議員は「どういう責任の取り方になるか分からない」と話している。笹原氏は「炎上商法じゃない」と否定。デーブ・スペクターさんらは「炎上してるつもりがないにしても、上西さんは人生そのものが炎上してるわけですから、結果的に全てつながるんで奇妙な感じがしますね」などと話した。


「大下容子」に関連するグルメ情報

トマト

広陵・中村選手は昨日の試合後、「自己採点は80点、誰にも追いつけない記録をつくりたい」と発言。目標は10割打つことだから80点だったという。中村選手は1999年6月6日生まれ。広島県廿日市市出身。181cm78kg。今大会の成績は6本塁打、17打点、23打数16安打(あと4本で新記録)。中村選手は寮生活。テレビ・携帯電話は禁止で主に新聞で情報収集。大会期間中は宿舎のテレビが楽しみで、ブルゾンちえみさんを最近知ったという。トマトが苦手だが栄養を考え無理して食べていた。中村選手が野球を始めたのは小学1年生のとき。3年生から捕手。中学時代は県大会8強。中学2年生の時に広陵にスカウトされた。1年生の春からベンチ入り、夏からレギュラー。初めて2番をもらったとき、「ごはんが食べれん」と母に電話してきたそう。大下容子さんは「毎年、母の日に公衆電話からありがとうと電話をされるそうです。そして初めての甲子園で大活躍で、孝行息子ですね」とコメント。


広陵

第99回全国高等学校野球選手権大会。準決勝の第1試合。広島広陵高校vs奈良天理高校。ここまで4試合で4本のホームランを放っている中村奨成選手。あと1本であの偉大な記録に並ぶ。1985年PL学園・清原和博選手が打ち立てた1大会5本のホームラン記録。中村選手はその大記録に手が届くところまできていた。スポーツ紙の取材に「準決勝はヒット3本くらいで、抜かれるなら決勝の2発で見たいですね。それぐらいドラマチックに決めてほしい」と語っていた清原氏。しかし、勢いは止まらない。その瞬間は初回に訪れた。1大会最多本塁打記録に並んだ。32年間やぶられなかった大記録。その記録を超える大きな一打が生まれたのは1点リードされ迎えた5回表だった。歴史的瞬間を目撃した広陵高校の生徒たちは「感動しました」「うれしいですすごく」などと話していた。10年ぶりの決勝進出となった広陵高校。今や学校だけでなく広島中が盛り上がりを見せている。試合を観戦した横浜高校・前監督渡辺元智氏は「全てを兼ね備えた素晴らしいバッターと言えるでしょう。攻・走・守どれをとっても素晴らしい。田中将大、松坂大輔、清原和博といった選手にも勝るとも劣らないオーラを感じます」と話した。中村選手の強さの秘密はどこにあるのか?元広陵高校野球部トレーナー堀江隆志さんは「キャッチャーですごい選手が入ってきたということを聞いて、実際に見てみたら肩がすごいし、バッティングも積極的に打っていたのですごいやつだなと思った」と語った。(スポーツニッポン)

1年生の時から正捕手の座を掴んだのもその強靭な肉体があればこそ。しかしそこには計り知れない重圧があったそう。母・啓子さんは1年生の時、正捕手の座を射止めた中村選手が野球部の寮からかけてきた電話を昨日のことのように覚えているという。寮生活を続ける我が子の不安を取り除くためにも気丈に振る舞っていたそう。女手一つで中村選手を育てあげた啓子さん。時には父親がわりとなって息子を支えた。一生懸命に育ててくれた母に対して感謝してもしきれない中村選手。そんな母への感謝の思いを込めたのがホームランボール。試合でホームランを打つたびにそのボールを母にプレゼントしてきた。いよいよ決勝戦。新たな伝説と感謝のホームランボールは生まれるのか。

広陵・中村選手は昨日の試合後、「自己採点は80点、誰にも追いつけない記録をつくりたい」と発言。目標は10割打つことだから80点だったという。中村選手は1999年6月6日生まれ。広島県廿日市市出身。181cm78kg。今大会の成績は6本塁打、17打点、23打数16安打(あと4本で新記録)。中村選手は寮生活。テレビ・携帯電話は禁止で主に新聞で情報収集。大会期間中は宿舎のテレビが楽しみで、ブルゾンちえみさんを最近知ったという。トマトが苦手だが栄養を考え無理して食べていた。中村選手が野球を始めたのは小学1年生のとき。3年生から捕手。中学時代は県大会8強。中学2年生の時に広陵にスカウトされた。1年生の春からベンチ入り、夏からレギュラー。初めて2番をもらったとき、「ごはんが食べれん」と母に電話してきたそう。大下容子さんは「毎年、母の日に公衆電話からありがとうと電話をされるそうです。そして初めての甲子園で大活躍で、孝行息子ですね」とコメント。

3歳の時、両親が離婚。母1人で2人の子どもを育ててきた。キャッチボールの相手など父親のような役目も。中村選手はホームランボールを母にずっと贈ってきた。高校第1号も「いつもおうえんありがとう、甲子園絶対行く」というホームランボールを贈ってくれた。清原和博氏は「本当にナイスバッティングだった。楽しみにして朝からテレビで観戦してました。プレッシャーは相当だと思いますが、その中ですごいなと思えた」、ソフトバンクの達川光男コーチは広島弁で「ワシが彼に勝つんは足だけじゃ。いや足も速いけのう。顔は負けてないやろう。好みはあるけ」とコメントをよせている。川村晃司さんは「広島カープに行ってほしいという気持ちは強いけど、ご本人が何をこれから考えているのか」などと話した。(スポーツニッポン)

中村奨成選手要する広陵高校と決勝戦を戦うのは埼玉代表・花咲徳栄高校。その最大武器は毎試合2桁安打9得点以上おこる破壊力抜群の打撃。今大会47得点という最多得点で決勝に駒を進めてきた。中村選手に立ち向かうは今大会最速150kmを出した花咲徳栄のエース清水達也投手は甲子園史上最強のスラッガー対して真っ向勝負を宣言。どちらが勝っても初優勝となる第99回全国高等学校野球選手権大会決勝戦。深紅の優勝旗を手にするのは果たして…。清水投手は高校日本代表に選ばれており、中村捕手とはバッテリーを組む。花咲徳栄の岩井隆監督は「埼玉県民約700万人の悲願とは当然分かっているがそれをプレッシャーにせず勇気に変えたい」と話している。広陵と花咲徳栄のデータを紹介。失点は花咲徳栄が少し少ない。広陵は春3回優勝経験あり。川村晃司さんは「これは目が離せない。やっぱり東と西の戦いですから」とコメント。


朝日新聞

17日間連続”長雨”40年ぶりの異変…その時何が。シルヴェスター・スタローンを一躍有名にした映画ロッキー。日本で初めて公開されたのは1977年だった。この年の7月日本の気象予報に革命がおきた、日本初の気象衛星「ひまわり」。これにより台風などの災害や気象予報が格段に進歩していった。その3日後、キャンディーズが日比谷野外音楽堂で解散宣言し日本中に衝撃を与えた。普通の女の子に戻りたいは当時の流行語にもなった。日本中が涙にくれる中、翌日8月6日から雨が振り始めた、来る日も来る日も雨が降りお盆もUターンラッシュも雨、あまりの雨にダムから放水も行われた。エルビス・プレスリーの死という悲しいニュースが海外から届き、22日間降り続いた雨が止んだのが8月28日、そして9月3日に人々に爽やかな風を送り込んだのは王貞治選手の世界新記録となる756号ホームランであった。そして長雨を乗り越えたこの年の秋、次々と予想外のことが起きたのであった。

スタジオにて17日間連続”長雨”により40年前に何が起き、どう報道されたのかを解説していく。まずは野菜高騰、当時の朝日新聞によるとハクサイとナスの価格が2倍、キュウリ価格が2.5倍との事。盆休みがおわり消費量が増える為にこれ以上の雨が続けば”安い野菜”など神話となる見込みとの記事。さらに8月22日の朝日新聞では「緑の冬」とあり、冷たい夏の事を北日本では緑の冬と呼ぶそう。さらに8月27日の朝日新聞では早くも秋物バーゲンが始まっている様子を伝えていた。また長雨のおかげで神奈川県警では暴走族のチェック数が8月の第一土曜日で約数千台であったのに13日の土曜日のチェック台数がゼロであった事を紙面で伝えていた。(朝日新聞)

スタジオにて6月、7月、8月の日照時間を、気象庁のデータを使って説明した。8月の32.6時間は平年比の36%である事を取り上げ、40年前の長雨冷夏の後にどのような記事を報じたか当時の朝日新聞を見ると熱帯夜であった事が報じられていた。これに対し気象予報士の船木正人の「ムシムシする暑さだけでなくカラッとした暑さも出てきそう」という予想を紹介し、スタジオでは大下容子が「カラッとした暑さならありがたい」と意見し、医師である友利新は「こまめに汗をかく練習を」と注意した。


スポーツニッポン

ET−KINGのTENNさんが自殺したきっかけについては、SPEEDの上原多香子さんの不倫が1つになっていたのではないかと、10日発売の週刊誌、女性セブンが疑惑について報じた中、上原さんは名古屋で舞台の公演後に姿を表したという。スポーツニッポンによると上演後会場から車に乗り込む前に上原さんは深々とお辞儀をしたといい、取材陣の声かけには応じずこわばった表情で頭を下げ車に乗り込んだという。スポーツニッポンによると舞台の全公演が終わる18日以降無期限で活動を休止するといい、知人によると上原さん自身が「お休みしたい」と言っていて、関係者は「気持ちの整理をつけるために仕事を休む」と説明があり、休業期間は年単位に及ぶ可能性もあるという。大下容子さんは「TENNさんが亡くなって3年で、森脇姓でずっといたいと言っていたのに、新たな演出家の方とのロマンスが報じられる前になって抜かせて欲しいと言っていたと報じられているので、森脇家としては責めないであげて欲しいと遺書に書かれていたけれど、最初に自分たちに報告してほしかったという思いがあったのではないか。そこで齟齬が出てしまったのではないかと思う」と述べ、荻谷麻衣子さんは「上原さんが不貞していたのであれば、亡くなったご主人の上原さんとの不貞相手に対する慰謝料請求権を相続されるので、ご主人との間にお子さんがいないのであれば親御さんも三分の一の請求権を相続するが、請求権は事実を知ってから3年間で時効にかかるので、(慰謝料請求権を)行使しようという意図ではないのだと思うので、悲しみをわかってほしかったのではないかと思う」と述べた。


女性セブン

ET−KINGのTENNさんが自殺したきっかけについては、SPEEDの上原多香子さんの不倫が1つになっていたのではないかと、10日発売の週刊誌、女性セブンが疑惑について報じた中、上原さんは名古屋で舞台の公演後に姿を表したという。スポーツニッポンによると上演後会場から車に乗り込む前に上原さんは深々とお辞儀をしたといい、取材陣の声かけには応じずこわばった表情で頭を下げ車に乗り込んだという。スポーツニッポンによると舞台の全公演が終わる18日以降無期限で活動を休止するといい、知人によると上原さん自身が「お休みしたい」と言っていて、関係者は「気持ちの整理をつけるために仕事を休む」と説明があり、休業期間は年単位に及ぶ可能性もあるという。大下容子さんは「TENNさんが亡くなって3年で、森脇姓でずっといたいと言っていたのに、新たな演出家の方とのロマンスが報じられる前になって抜かせて欲しいと言っていたと報じられているので、森脇家としては責めないであげて欲しいと遺書に書かれていたけれど、最初に自分たちに報告してほしかったという思いがあったのではないか。そこで齟齬が出てしまったのではないかと思う」と述べ、荻谷麻衣子さんは「上原さんが不貞していたのであれば、亡くなったご主人の上原さんとの不貞相手に対する慰謝料請求権を相続されるので、ご主人との間にお子さんがいないのであれば親御さんも三分の一の請求権を相続するが、請求権は事実を知ってから3年間で時効にかかるので、(慰謝料請求権を)行使しようという意図ではないのだと思うので、悲しみをわかってほしかったのではないかと思う」と述べた。


「大下容子」に関連するイベント情報

平和記念式典

トランプ大統領が北朝鮮を牽制。トランプ大統領は高官との会議で北朝鮮について、武力行使の可能性をみせ警告した。一方ワシントン・ポストは北朝鮮が核弾頭の小型化に成功しICBMに搭載可能と報じた。一方北朝鮮では朝鮮中央通信が、人民軍が弾道ミサイルをグアム周辺に発射することを検討していると報じた。大下容子は「米朝の言葉の選び方が似てきている」とコメント。また核兵器禁止条約に参加しない日本政府を被爆地がどう思っているかとコメント。


朝鮮中央通信

トランプ大統領が北朝鮮を牽制。トランプ大統領は高官との会議で北朝鮮について、武力行使の可能性をみせ警告した。一方ワシントン・ポストは北朝鮮が核弾頭の小型化に成功しICBMに搭載可能と報じた。一方北朝鮮では朝鮮中央通信が、人民軍が弾道ミサイルをグアム周辺に発射することを検討していると報じた。大下容子は「米朝の言葉の選び方が似てきている」とコメント。また核兵器禁止条約に参加しない日本政府を被爆地がどう思っているかとコメント。