ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大下容子」の検索結果

「大下容子」に関連する情報 300件中 1〜10件目

ワシントン・ポスト

トランプ大統領に迫る危機についてトークを展開した。堀田佳男は「もし本当にロシア政府が関与しているという情報が出てきて、それが確かであれば十分にFBIに情報を渡し捜査し検挙していく流れになるかもしれません」など話し、橋本大二郎が「情報当局の幹部に口止めをしたということになれば隠蔽工作と当然疑われることになりますよね」など話し、大下容子が「アメリカ大統領ってCIAとかFBIと情報機関との連携ってものすごく大切ですよね」など話し、末延吉正が「ロシア・ゲートがどのような形で表に出て決着していくのか、アメリカのみならず世界中がこの動きを決めていくことになる」など話した。


JTB関東

小川氏によると、被害総額は10億円を超えているとのこと。なぜ手数料がふえて戻ってくるのか、今回のケースでは、被害者に代理店になってもらえないかともちかけたらしい。JTBの文字が入った、実際のパンフレットを用いていたようだ。ただ実際はJTB関東という子会社の社員だった。本物のパンフレットで当時は現役の社員だったため、これは信じていまいそうと大下容子らは語った。元本保証という点で疑うべきと語られた。JTBによると、業務とは無関係でノルマ等はすべて作り話で、成績は常に最低レベルだったという。

現在被害に遭った30人が損害の回復を求めて集団訴訟を起こしている。先月第一回口頭弁論が行われ、元社員は出廷せず答弁書も出さなかった。裁判所は約4億円の支払いを命じる判決を言い渡した。ただJTBとJTB関東に関しては全面的に争い請求の棄却を求める姿勢。今後は使用者責任が争点となると見られる。これに関して弁護士は元社員の本来の職務ではなかったとしても外形的に職務の範囲と見られる行為と裁判所が判断しJTBの責任を認める可能性はあると思うと話している。小川氏は、元社員は名刺などを使い騙していたと話し、末延氏は裁判官によっては十分に使用者責任を認める可能性がある、裁判官によるんじゃないかななとど話した。さらに出演者は元本保証は限られたものしか認められておらず、元本保証と言われた時点で怪しいと思わないと、と話した。


小林麻央 ブログ

乳がんで闘病中の小林麻央が自身のブログで再入院していたことがわかった。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵は忙しい中でも妻を支え続けてきた。麻央は今年1月に自宅療養に切り替え、ブログには子どもたちと藍染め教室に行くなど元気そうな姿も見せていた。しかし、ここ数日はブログの更新が減り体調不良の書き込みが続いていた。

乳がんで闘病中の小林麻央が再入院したというニュースを受け、麻央と夫の市川海老蔵のそれに関連するブログの記事を紹介。大下容子は「我慢しないで泣く時は泣いて、しっかり医療を受けていただいて、きっと良くなると思っています」、橋本大二郎は「海老蔵さん自身も麻央さんに励まされている部分もあると思うけど、同じような病で悩んでいる人をこのブログがいかに励ましているかということを改めて感じた」と話した。


市川海老蔵 オフィシャルブログ

乳がんで闘病中の小林麻央が自身のブログで再入院していたことがわかった。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵は忙しい中でも妻を支え続けてきた。麻央は今年1月に自宅療養に切り替え、ブログには子どもたちと藍染め教室に行くなど元気そうな姿も見せていた。しかし、ここ数日はブログの更新が減り体調不良の書き込みが続いていた。

乳がんで闘病中の小林麻央が再入院したというニュースを受け、麻央と夫の市川海老蔵のそれに関連するブログの記事を紹介。大下容子は「我慢しないで泣く時は泣いて、しっかり医療を受けていただいて、きっと良くなると思っています」、橋本大二郎は「海老蔵さん自身も麻央さんに励まされている部分もあると思うけど、同じような病で悩んでいる人をこのブログがいかに励ましているかということを改めて感じた」と話した。


乳がん

乳がんで闘病中の小林麻央が自身のブログで再入院していたことがわかった。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵は忙しい中でも妻を支え続けてきた。麻央は今年1月に自宅療養に切り替え、ブログには子どもたちと藍染め教室に行くなど元気そうな姿も見せていた。しかし、ここ数日はブログの更新が減り体調不良の書き込みが続いていた。

乳がんで闘病中の小林麻央が再入院したというニュースを受け、麻央と夫の市川海老蔵のそれに関連するブログの記事を紹介。大下容子は「我慢しないで泣く時は泣いて、しっかり医療を受けていただいて、きっと良くなると思っています」、橋本大二郎は「海老蔵さん自身も麻央さんに励まされている部分もあると思うけど、同じような病で悩んでいる人をこのブログがいかに励ましているかということを改めて感じた」と話した。


「大下容子」に関連する映画・DVD

武田美保さん

水曜日のコメンテーターである武田美保さんが今日で卒業する。武田美保さんは、番組は社会情勢や厳しい事件を深掘りしていたが橋下徹さん達の柔らかい人柄があり私もプロフェッショナルな時間を過ごせた、等とコメントした。大下容子は、コメンテーター・ゲストとしてもまたお願いします、等とコメントした。


「大下容子」に関連するイベント情報

3月場所

3月場所で優勝した稀勢の里についてトークを展開。杉山邦博が「無欲無心で臨んだに違いない稀勢の里が唯一立合いに相手の圧力をどうやって止めようと、それだけは考えて臨んだと思う」など話し、山根千佳が「左が入ってこそ、だと思っていたのが右だけでも十分使えるんだなというのをすごく思って、稀勢の里関の強さがここに秘められていると思った」など話し、大下容子が「向かう時の表情がなんとも言えない、ゾーンに入っているというか無欲といった表情がとても印象的だった」など話し、萩谷麻衣子が「継続は力なりだなと本当に思いました」など話した。


「大下容子」に関連するイベント情報

WBC

WBCオランダ戦についてトークを展開。前田智徳が「(ピンチを)凌いで凌いで凌いでそして最後、攻撃陣が応えるっていうのが野球の流れであり、こういう戦いをしないと世界は取れないと思いますね」など話した。

前田智徳がWBCオランダ戦勝利ポイントを解説した。ポイントは「投手陣がしのぎ勝利」。大下容子が「6-5で勝ち越した後の登板で0点に抑えたのは大きかったですね」など話し、橋本大二郎が「千賀投手にしろ増井投手にしろ絶体絶命のギリギリのピンチでマウンドに立っている投手の心境ってどんなものなんでしょうね」など話した。

WBC「侍ジャパン」世界一へ 強豪イスラエル戦”勝利のポイント”


憲法裁判所

大下容子が「朴槿恵大統領の弾劾が妥当と判断されれば60日以内に次の大統領選挙が行われます」など話した。


朝鮮中央通信

橋本大二郎が大下容子に「朝鮮中央通信が昨日のミサイル発射について報道したようですね」と話した。