ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大下容子」の検索結果

「大下容子」に関連する情報 360件中 1〜10件目

サンケイスポーツ

大相撲1月場所初日。横綱・稀勢の里に土がついた。また立行司不在で三役格が代役を務めるも差し違えとなる事態となった。またスタジオで音声トラブルが発生したことについて大下容子がお詫びした。


デイリースポーツ

大相撲1月場所初日。横綱・稀勢の里に土がついた。また立行司不在で三役格が代役を務めるも差し違えとなる事態となった。またスタジオで音声トラブルが発生したことについて大下容子がお詫びした。


スポーツニッポン

大相撲1月場所初日。横綱・稀勢の里に土がついた。また立行司不在で三役格が代役を務めるも差し違えとなる事態となった。またスタジオで音声トラブルが発生したことについて大下容子がお詫びした。


「大下容子」に関連する本・コミック・雑誌

日野原名誉院長の最期の出版を記念し、演奏会が開かれた。日野原名誉院長の集大成となる本は発売から3か月で30万部を超え、なぜ今その生き方に魅了されているのか。日野原名誉院長に生前、一番近くで支えたのは次男の妻である日野原眞紀さん。日野原名誉院長は去年12月から1か月本の出版のためのインタビューに答えていて、その中で死について怖いと話した。日野原眞紀さんに大下容子アナが案内された場所は書斎で、日野原名誉院長はどこに何があるか全て把握していた。闘病中で固いものが食べられなかった野原名誉院長は、眞紀さんにに固いトーストが食べたいと言ったという。

日野原さんは1911年に生まれ、30歳で聖路加国際病院の内科医に赴任。戦時中も勤めていた。そして1970年によど号ハイジャック事件があり、日野原さん(当時58)は機内に偶然乗り合わせた。日野原さんを含む人質の乗客は4日間機内に閉じ込められた。その後、乗客は解放され日野原さんも家族と再会した。この事件から日野原さんは人のために生きていく決意をしたという。そして1995年、地下鉄サリン事件が発生。聖路加国際病院は患者で溢れかえり、この時日野原さん(当時83)は現場で陣頭指揮をとっていた。外来は中止し患者はすべて受け入れたという。

大下は「日野原邸は居心地がよくて、眞紀さんも率直な方なので支えあえる信頼関係が結ばれたんだと思いました。」などと述べた。日野原さんは100歳を過ぎても10日1度徹夜で執筆を行うほど働いていて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで予定が入っていたという。日野原さんが最後に伝えたかった言葉「キープ・オン・ゴーイング」はこれから生きる人への励ましの言葉とのこと。自宅のリビングには「ありがとうという言葉で人生をしめくくりたいものです。」という言葉が飾られている。最後の著書である「生きていくあなたへ」でも人の為に生きることを貫いた方であることが分かる。牛窪氏は「ありがとうって言えることはすごいことだと思う。こういう人生に近づきたい。」などと述べた。水谷氏は「約10年前に日野原先生と同じ場所で講演会をやったことがある。日野原先生が前に講演する予定だったが、電車が遅れ前にやることになり、日野原先生にありがとう、ごめんねと言われたのをまだ覚えている。」などと述べた。眞紀さんは「日野原さんがいなくなってつまらない」と話し、亡くなった日野原さんは家族について「常に食事をする間柄、血がつながっているかどうかは関係ない。」と述べていた。

「生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉 (幻冬舎単行本)」

Amazon.co.jp


紀伊國屋書店新宿本店

日野原名誉院長の最期の出版を記念し、演奏会が開かれた。日野原名誉院長の集大成となる本は発売から3か月で30万部を超え、なぜ今その生き方に魅了されているのか。日野原名誉院長に生前、一番近くで支えたのは次男の妻である日野原眞紀さん。日野原名誉院長は去年12月から1か月本の出版のためのインタビューに答えていて、その中で死について怖いと話した。日野原眞紀さんに大下容子アナが案内された場所は書斎で、日野原名誉院長はどこに何があるか全て把握していた。闘病中で固いものが食べられなかった野原名誉院長は、眞紀さんにに固いトーストが食べたいと言ったという。


「大下容子」に関連する音楽・CD

アメイジング・グレイス

日野原名誉院長の最期の出版を記念し、演奏会が開かれた。日野原名誉院長の集大成となる本は発売から3か月で30万部を超え、なぜ今その生き方に魅了されているのか。日野原名誉院長に生前、一番近くで支えたのは次男の妻である日野原眞紀さん。日野原名誉院長は去年12月から1か月本の出版のためのインタビューに答えていて、その中で死について怖いと話した。日野原眞紀さんに大下容子アナが案内された場所は書斎で、日野原名誉院長はどこに何があるか全て把握していた。闘病中で固いものが食べられなかった野原名誉院長は、眞紀さんにに固いトーストが食べたいと言ったという。


「大下容子」に関連するイベント情報

第32回世界トランポリン選手権

トランポリン世界選手権で岸彩乃選手が銀メダルを獲得した。日本勢による表彰台は史上初めての快挙。準決勝を7位で通過した岸は決勝では2,3位の中国勢がミスで自滅する中安定した跳躍を披露していた。岸は去年のリオ五輪では国内選考で漏れて出場できていなかった。トランポリンって競技となったら集中が必要で大変ですよねと橋本大二郎。大下容子は体操女子や新体操など、東京五輪を見据えてか新しい星が出てきていますねとコメントした。(日刊ゲンダイ)


日刊ゲンダイ

安倍政権がアメリカ製のミサイル迎撃システム「イージス・アショア」導入を来月中旬にも閣議決定する方針を決めた。2基導入で1600億円するが、自衛隊内部からは「導入しても即運用可能とはならない」「隊員に運用法を学ばせなければならないし場合によっては米国留学の必要もある」などと異論が出ている。(日刊ゲンダイ)

ラーメンチェーンの「幸楽苑」が先週、採算悪化などから全体の1割にあたる52店舗の閉鎖を公表した。人件費や材料費高騰が背景にあり、今期中間決算は営業利益・純利益ともに赤字だった。外食を含む飲食業の倒産が増加しており、今年1〜10月の飲食業倒産件数は前年同期比で19.8%増えた。人手不足による人件費高騰の影響を受けやすい大都市で倒産が増えている。個人消費の低迷は長期化しており、外食産業は少しの値上げが命取りになりかねない。また倒産が地方へ広がる危険性は高く、10月は卸業者の倒産も目立った。萩谷麻衣子は飲食業などは今後ますます苦しくなる、HISがロボットで効率化を図るホテルを導入しているが、飲食業もAI搭載ロボットを使うなど発想の転換が必要だと話した。(日刊ゲンダイ)

トランポリン世界選手権で岸彩乃選手が銀メダルを獲得した。日本勢による表彰台は史上初めての快挙。準決勝を7位で通過した岸は決勝では2,3位の中国勢がミスで自滅する中安定した跳躍を披露していた。岸は去年のリオ五輪では国内選考で漏れて出場できていなかった。トランポリンって競技となったら集中が必要で大変ですよねと橋本大二郎。大下容子は体操女子や新体操など、東京五輪を見据えてか新しい星が出てきていますねとコメントした。(日刊ゲンダイ)


「大下容子」に関連するグルメ情報

東京都

容疑者ら6人は川崎市で危険ドラッグ25kgを販売のために所持していた疑いなどがもたれている。麻薬取締部によると、危険ドラッグの製品や原料など末端価格で30億円以上分を押収。これは過去最大の規模の摘発になるという。容疑者らはインターネット上で危険ドラッグの販売サイトを運営し、1か月の売上は3000万円になるとみられている。

過去最大の密売グループが摘発された事件について、大下容子は売る方も悪いが買う人もこれだけいるということもショックだと話し、本村健太郎はネット社会における取引が出てきたから地道に摘発を続けていくしかないと述べた。


加計学園

特別国会は11月1日から。与党は会期を8日間で提案。5日から7日にはトランプ大統領が来日する。一方野党は1か月の会期確保と臨時国会の招集を要求している。萩生田幹事長代行によると政府与党が審議に応じることを検討しているという。川村晃司は「安倍総理は国難といいながらなぜ国会で審議しないのか」「仕事しない内閣」「審議したくない理由があるのか」とコメント。伊藤惇夫は「森友学園の調査結果がでるので、改めて注目をあびる可能性がある」「加計学園についても認可判断が先延ばしされたので国会との絡みで政治判断があるのでは」「与党側は森友や加計で追及を回避したい」などコメント。大下容子は「若い人も自民党に投票している」とコメント。川村晃司は「自民党を支持していても安倍政権は支持していない人が多い」などコメント。