ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大成建設」の検索結果

「大成建設」に関連する情報 2419件中 1〜10件目

大成建設

JR東海が発注したリニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件の裁判で、起訴された大手ゼネコン「清水建設」に対し、検察側は罰金2億円を求刑した。判決は10月22日に言い渡される予定だ。


西村あさひ法律事務所

中央新幹線をめぐる談合事件で清水建設の裁判が結審した。今年6月からスタートする「日本版司法取引」のメリットについて解説。清水建設と大林組は独占禁止法の課徴金減免制度を利用。公正取引委員会が調査を開始する前に談合したことを自主申告した会社は課徴金が免除され刑事告発の対象外になる。清水建設は2回の審理で結審し、大林組は来月に結審する見込み。その一方、鹿島と大成建設は幹部が逮捕されいまだ初公判すら開かれていない。西村あさひ法律事務所・木目田裕弁護士は「独占禁止法に違反すると一定期間入札に参加出来ない、司法取引を行うことで指名停止処分が軽くなることが期待できる」と解説した。

三菱日立パワーシステムズの元取締役ら3人を不正競争防止法で在宅起訴された事件を取り上げ「日本版司法取引」のメリットについて解説した。西村あさひ法律事務所・木目田裕弁護士は「司法取引を行って会社は処罰されないが個人は処分されるのはアメリカの考えに近い」「日本の強さの源泉である会社への忠誠心に与える影響がどうなるか注視していく必要がある」と説明した。また番組ではゼネコン20社にアンケートを実施し9社から回答を得た。司法取引を利用したいとしたのは1社だった。


大成建設

中央新幹線をめぐる談合事件で清水建設の裁判が結審した。今年6月からスタートする「日本版司法取引」のメリットについて解説。清水建設と大林組は独占禁止法の課徴金減免制度を利用。公正取引委員会が調査を開始する前に談合したことを自主申告した会社は課徴金が免除され刑事告発の対象外になる。清水建設は2回の審理で結審し、大林組は来月に結審する見込み。その一方、鹿島と大成建設は幹部が逮捕されいまだ初公判すら開かれていない。西村あさひ法律事務所・木目田裕弁護士は「独占禁止法に違反すると一定期間入札に参加出来ない、司法取引を行うことで指名停止処分が軽くなることが期待できる」と解説した。


鹿島

中央新幹線をめぐる談合事件で清水建設の裁判が結審した。今年6月からスタートする「日本版司法取引」のメリットについて解説。清水建設と大林組は独占禁止法の課徴金減免制度を利用。公正取引委員会が調査を開始する前に談合したことを自主申告した会社は課徴金が免除され刑事告発の対象外になる。清水建設は2回の審理で結審し、大林組は来月に結審する見込み。その一方、鹿島と大成建設は幹部が逮捕されいまだ初公判すら開かれていない。西村あさひ法律事務所・木目田裕弁護士は「独占禁止法に違反すると一定期間入札に参加出来ない、司法取引を行うことで指名停止処分が軽くなることが期待できる」と解説した。


リニア中央新幹線

中央新幹線をめぐる談合事件で清水建設の裁判が結審した。今年6月からスタートする「日本版司法取引」のメリットについて解説。清水建設と大林組は独占禁止法の課徴金減免制度を利用。公正取引委員会が調査を開始する前に談合したことを自主申告した会社は課徴金が免除され刑事告発の対象外になる。清水建設は2回の審理で結審し、大林組は来月に結審する見込み。その一方、鹿島と大成建設は幹部が逮捕されいまだ初公判すら開かれていない。西村あさひ法律事務所・木目田裕弁護士は「独占禁止法に違反すると一定期間入札に参加出来ない、司法取引を行うことで指名停止処分が軽くなることが期待できる」と解説した。


大林組

中央新幹線をめぐる談合事件で清水建設の裁判が結審した。今年6月からスタートする「日本版司法取引」のメリットについて解説。清水建設と大林組は独占禁止法の課徴金減免制度を利用。公正取引委員会が調査を開始する前に談合したことを自主申告した会社は課徴金が免除され刑事告発の対象外になる。清水建設は2回の審理で結審し、大林組は来月に結審する見込み。その一方、鹿島と大成建設は幹部が逮捕されいまだ初公判すら開かれていない。西村あさひ法律事務所・木目田裕弁護士は「独占禁止法に違反すると一定期間入札に参加出来ない、司法取引を行うことで指名停止処分が軽くなることが期待できる」と解説した。


清水建設

中央新幹線をめぐる談合事件で清水建設の裁判が結審した。今年6月からスタートする「日本版司法取引」のメリットについて解説。清水建設と大林組は独占禁止法の課徴金減免制度を利用。公正取引委員会が調査を開始する前に談合したことを自主申告した会社は課徴金が免除され刑事告発の対象外になる。清水建設は2回の審理で結審し、大林組は来月に結審する見込み。その一方、鹿島と大成建設は幹部が逮捕されいまだ初公判すら開かれていない。西村あさひ法律事務所・木目田裕弁護士は「独占禁止法に違反すると一定期間入札に参加出来ない、司法取引を行うことで指名停止処分が軽くなることが期待できる」と解説した。


大成建設

8月6日きょうの予定として7月の車名別新車販売、ソフトバンクG、サントリー食品、大成建設の決算発表など紹介。


サントリー食品

8月6日きょうの予定として7月の車名別新車販売、ソフトバンクG、サントリー食品、大成建設の決算発表など紹介。


ソフトバンクG

8月6日きょうの予定として7月の車名別新車販売、ソフトバンクG、サントリー食品、大成建設の決算発表など紹介。