ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大成建設」の検索結果

「大成建設」に関連する情報 1411件中 1〜10件目

海の森水上競技場

元請けの大成建設は労働時間については下請けの裁任せているとし、今後も労働法令を含む法令遵守の徹底を指導し、過重労働の発生の防止に務めるとしている。他の現場で現場監督補佐を務めた、別の建設会社元社員は午前6時に出社し、事務所に午後9時に戻りそこからパソコン業務で午後11、12時までなり休みは日曜だけだったという。都内で新設の五輪施設は9施設で、着工が遅れている施設もある。


大井ホッケー競技場

元請けの大成建設は労働時間については下請けの裁任せているとし、今後も労働法令を含む法令遵守の徹底を指導し、過重労働の発生の防止に務めるとしている。他の現場で現場監督補佐を務めた、別の建設会社元社員は午前6時に出社し、事務所に午後9時に戻りそこからパソコン業務で午後11、12時までなり休みは日曜だけだったという。都内で新設の五輪施設は9施設で、着工が遅れている施設もある。


有明アリーナ

元請けの大成建設は労働時間については下請けの裁任せているとし、今後も労働法令を含む法令遵守の徹底を指導し、過重労働の発生の防止に務めるとしている。他の現場で現場監督補佐を務めた、別の建設会社元社員は午前6時に出社し、事務所に午後9時に戻りそこからパソコン業務で午後11、12時までなり休みは日曜だけだったという。都内で新設の五輪施設は9施設で、着工が遅れている施設もある。


夢の島公園

元請けの大成建設は労働時間については下請けの裁任せているとし、今後も労働法令を含む法令遵守の徹底を指導し、過重労働の発生の防止に務めるとしている。他の現場で現場監督補佐を務めた、別の建設会社元社員は午前6時に出社し、事務所に午後9時に戻りそこからパソコン業務で午後11、12時までなり休みは日曜だけだったという。都内で新設の五輪施設は9施設で、着工が遅れている施設もある。


オリンピックアクアティクスセンター

元請けの大成建設は労働時間については下請けの裁任せているとし、今後も労働法令を含む法令遵守の徹底を指導し、過重労働の発生の防止に務めるとしている。他の現場で現場監督補佐を務めた、別の建設会社元社員は午前6時に出社し、事務所に午後9時に戻りそこからパソコン業務で午後11、12時までなり休みは日曜だけだったという。都内で新設の五輪施設は9施設で、着工が遅れている施設もある。


武蔵野の森総合スポーツ施設

元請けの大成建設は労働時間については下請けの裁任せているとし、今後も労働法令を含む法令遵守の徹底を指導し、過重労働の発生の防止に務めるとしている。他の現場で現場監督補佐を務めた、別の建設会社元社員は午前6時に出社し、事務所に午後9時に戻りそこからパソコン業務で午後11、12時までなり休みは日曜だけだったという。都内で新設の五輪施設は9施設で、着工が遅れている施設もある。


大成建設

元請けの大成建設は労働時間については下請けの裁任せているとし、今後も労働法令を含む法令遵守の徹底を指導し、過重労働の発生の防止に務めるとしている。他の現場で現場監督補佐を務めた、別の建設会社元社員は午前6時に出社し、事務所に午後9時に戻りそこからパソコン業務で午後11、12時までなり休みは日曜だけだったという。都内で新設の五輪施設は9施設で、着工が遅れている施設もある。


新国立競技場

去年12月から新国立競技場の建設現場で働いていた男性(23)が3月2日に失踪し、4月15日に長野県内で遺体が発見された。遺族は月200時間超の時間外労働などで自殺に至ったとして労災申請した。

2015年10月に着工予定だった新国立は総工費が膨らみ、新デザイン公募など1年2ヵ月遅れで工場開始した。デザイン採用のポイントは工期短縮だった。完成予定は2019年11月末で現在は地下工場がされている。自殺男性は一次下請け会社の正社員で入社1年目で、地盤改良工事の現場監督補佐をしていた。工事後も事務所で作業日誌の作成・伝票整理など行っていたという。2月1日には40時間労働で休憩は2時間だった。失踪前の1ヵ月で212時間の時間外労働をしていた。勤務していた下請け会社は他にも彼に近い年次の社員は同じくらい残業し、大変なことを起こしたと反省しているとコメント。

元請けの大成建設は労働時間については下請けの裁任せているとし、今後も労働法令を含む法令遵守の徹底を指導し、過重労働の発生の防止に務めるとしている。他の現場で現場監督補佐を務めた、別の建設会社元社員は午前6時に出社し、事務所に午後9時に戻りそこからパソコン業務で午後11、12時までなり休みは日曜だけだったという。都内で新設の五輪施設は9施設で、着工が遅れている施設もある。

小田氏は電通の新入社員の女性の事件など人が亡くなって初めて現場に目が行くと言われ、知らないところでこういう話が進むのはショックだと話した。こういう時は納期や量など決まり、自分が逃げると仲間が苦しみ責任感が強い人ほど逃げられなく、自殺する前に逃げることができたと言う人もいるが、話を聞くと逃げられないと話した。


「大成建設」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

去年12月から新国立競技場の建設現場で働いていた男性(23)が3月2日に失踪し、4月15日に長野県内で遺体が発見された。遺族は月200時間超の時間外労働などで自殺に至ったとして労災申請した。

元請けの大成建設は労働時間については下請けの裁任せているとし、今後も労働法令を含む法令遵守の徹底を指導し、過重労働の発生の防止に務めるとしている。他の現場で現場監督補佐を務めた、別の建設会社元社員は午前6時に出社し、事務所に午後9時に戻りそこからパソコン業務で午後11、12時までなり休みは日曜だけだったという。都内で新設の五輪施設は9施設で、着工が遅れている施設もある。

小田氏は電通の新入社員の女性の事件など人が亡くなって初めて現場に目が行くと言われ、知らないところでこういう話が進むのはショックだと話した。こういう時は納期や量など決まり、自分が逃げると仲間が苦しみ責任感が強い人ほど逃げられなく、自殺する前に逃げることができたと言う人もいるが、話を聞くと逃げられないと話した。