ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大林素子」の検索結果

「大林素子」に関連する情報 1213件中 1〜10件目

「大林素子」に関連するイベント情報

世界バレー

長岡望悠について中田久美は自分のバレーに彼女なしでは考えられないと語る。武器はスパイク最高地点3メートル。サウスポーと呼ばれる。その攻撃力の強さから大林素子さん以来の左のエースと呼ばれる。リオ五輪では木村沙織を上回るスパイク得点を出した。しかしその後大けがを負い、一年以上代表から遠ざかっていた。完全復活を目指す。スタジオで川合俊一がサウスポーの利点を実際に説明した。


「大林素子」に関連する映画・DVD

検察側の罪人

隠れ家ARASHI、今夜の主人は二宮和也。お客様は大林素子率いる個性派芸人軍団。ネタを披露してもらう。


「大林素子」に関連する本・コミック・雑誌

ガイチ主義

伝説の天才セッター中田久美はバレーを始めたのは中学生。わずか3年、15歳で日本代表に選出された。1984年ロス五輪では銅メダルを獲得した。引退後は日本人女性初のイタリアのチームでコーチに就任した。伝説の女子バレー選手といば大林素子。大林素子の引退後はデカモニ。で歌手デビューした。伝説のスーパーエースの中垣内祐一は甘いマスクで女性人気抜群だった。大学4年で日本代表に選出されたが、バレーをはじめたのは大学時代から。ファンレターは毎日1000通。ガイチ主義というフォトエッセイ集を発売した。川合俊一の現役時代はトレンディ俳優のような振る舞いだった。川合は写真集だけでなく、ドキュメンタリービデオも発売していた。


「大林素子」に関連する音楽・CD

伝説の天才セッター中田久美はバレーを始めたのは中学生。わずか3年、15歳で日本代表に選出された。1984年ロス五輪では銅メダルを獲得した。引退後は日本人女性初のイタリアのチームでコーチに就任した。伝説の女子バレー選手といば大林素子。大林素子の引退後はデカモニ。で歌手デビューした。伝説のスーパーエースの中垣内祐一は甘いマスクで女性人気抜群だった。大学4年で日本代表に選出されたが、バレーをはじめたのは大学時代から。ファンレターは毎日1000通。ガイチ主義というフォトエッセイ集を発売した。川合俊一の現役時代はトレンディ俳優のような振る舞いだった。川合は写真集だけでなく、ドキュメンタリービデオも発売していた。

「大きな私の小さな恋」

Amazon.co.jp


「大林素子」に関連するイベント情報

ロス五輪

伝説の天才セッター中田久美はバレーを始めたのは中学生。わずか3年、15歳で日本代表に選出された。1984年ロス五輪では銅メダルを獲得した。引退後は日本人女性初のイタリアのチームでコーチに就任した。伝説の女子バレー選手といば大林素子。大林素子の引退後はデカモニ。で歌手デビューした。伝説のスーパーエースの中垣内祐一は甘いマスクで女性人気抜群だった。大学4年で日本代表に選出されたが、バレーをはじめたのは大学時代から。ファンレターは毎日1000通。ガイチ主義というフォトエッセイ集を発売した。川合俊一の現役時代はトレンディ俳優のような振る舞いだった。川合は写真集だけでなく、ドキュメンタリービデオも発売していた。


桐蔭

金足農業で甲子園を目指していた2人だからこそわかる関係で、褒めるほうが簡単だと思うが、あえてあのスタイルを貫いたお父さんの愛情だとのコメントがあがった。大林素子は高校スポーツは次なるステージへの分岐点にもなるので彼がプロになって桐蔭の選手と戦って行くのを見守りたいなどとコメントした。


「大林素子」に関連するイベント情報

甲子園

「東北初V金農散る 100回涙輝星限界1517球降板」という新聞記事の見出しが読み上げられた。(日刊スポーツ)

秋田県の金農フィーバーは試合の7時間前から始まり、駅や空港に甲子園に向かおうとする者らが集まった。実際に甲子園に向かおうとしていた者は「仕事どころではない」などと話した。日本航空は急遽秋田空港から伊丹空港への直行便を増便した。試合開始の6時間前、秋田のコンビニでは金農の決勝進出を報じたスポーツ新聞が飛ぶように売れた。大相撲秋田巡業では、金農OBの豪風が金農の校章が刺繍された化粧まわしで土俵入りした。豪風は「勝っても負けても今日が最後。悔いがないようにやってほしい」などと語った。試合開始2時間前になると、金農高校ではパブリックビューイングが行われ、応援団が終結した。八峰町では、金農の応援のために営業を完全に中断する酒蔵も。

試合終了後、誰よりも目を赤くしていたのが金農のエース、吉田輝星投手。甲子園では準決勝まで1人で5試合完投し、疲れもピークだった決勝前夜、自分に言い聞かせるよう帽子の裏に「マウンドは俺の縄張り 死ぬ気の全力投球」と書いたという。この原動力となったのは金農野球部でピッチャーだった父の言葉だった。それは「周りがお前を褒めても、俺は絶対に褒めない。それが上を目指すということ」というものだった。決勝に敗れ、仲間と涙する吉田輝星選手。吉田投手は小さい頃から金足農業で野球をすると決めていたという。その理由について父の母校だからだという。金足農業は1回戦、鹿児島実業と対戦した。14の三振を奪い完投勝利を得た吉田投手に試合後父は、「三振より打たれているイメージが強い。もう少しですね」などと語り、褒めようとしなかった。吉田投手とバッテリーを組んでいた小野さんは、「あの2人だからやり遂げられた」などと語った。吉田投手は小学校の卒業文集にはライバルとの戦いというタイトルで野球の思い出が綴られていた。準決勝の相手は西東京代表の日大三。吉田投手は中盤反撃にあうが、要所をしめ、5試合連続の完投勝利をえた。その姿をみた父はそれでも褒めてあげられるかという問いに対し「ちょっと考えます」と返答。決勝の大阪桐蔭戦。序盤から失点を重ねた吉田投手。4回から足が動かなくなり、6回にはこの夏初めてマウンドを譲り、ライトの守備へ。試合は13対2。決勝後父親は「本当にお疲れ様とありがとうという一言を」とコメントした。初めて自分を褒めてくれた父の言葉を伝え聞いた吉田投手は「厳しい言葉があったからこそ、負けたくないという気持ちがでた。ありがとうという気持ちを伝えたい」などとコメントした。

金足農業で甲子園を目指していた2人だからこそわかる関係で、褒めるほうが簡単だと思うが、あえてあのスタイルを貫いたお父さんの愛情だとのコメントがあがった。大林素子は高校スポーツは次なるステージへの分岐点にもなるので彼がプロになって桐蔭の選手と戦って行くのを見守りたいなどとコメントした。


金農

秋田で「金農“どでんフィーバー“ 消える・ほえる・涙・全力校歌」などこのコーナーで扱うニュースのラインナップが伝えられた。

「東北初V金農散る 100回涙輝星限界1517球降板」という新聞記事の見出しが読み上げられた。(日刊スポーツ)

日本農業新聞の電子版は号外で「金農 殊勲の準優勝」と伝えた。(日本農業新聞)

秋田県の金農フィーバーは試合の7時間前から始まり、駅や空港に甲子園に向かおうとする者らが集まった。実際に甲子園に向かおうとしていた者は「仕事どころではない」などと話した。日本航空は急遽秋田空港から伊丹空港への直行便を増便した。試合開始の6時間前、秋田のコンビニでは金農の決勝進出を報じたスポーツ新聞が飛ぶように売れた。大相撲秋田巡業では、金農OBの豪風が金農の校章が刺繍された化粧まわしで土俵入りした。豪風は「勝っても負けても今日が最後。悔いがないようにやってほしい」などと語った。試合開始2時間前になると、金農高校ではパブリックビューイングが行われ、応援団が終結した。八峰町では、金農の応援のために営業を完全に中断する酒蔵も。

午後2時、秋田県各地の人々が金農の試合を見守った。エフエム秋田では金農OGの佐々木里帆アナウンサーが公式ツイッターで立て続けに投稿を行った。結果は2対13での金農の敗北であったが、秋田県各地で金農の選手に対し「負けたとしても良かった」などと称賛の声があがった。準優勝という結果に新聞の号外が配られ、秋田県庁にも準優勝を讃える看板が立てかけられた。試合終了後の金農では応援団600人による校歌が金農の選手らに送られた。

試合終了後、誰よりも目を赤くしていたのが金農のエース、吉田輝星投手。甲子園では準決勝まで1人で5試合完投し、疲れもピークだった決勝前夜、自分に言い聞かせるよう帽子の裏に「マウンドは俺の縄張り 死ぬ気の全力投球」と書いたという。この原動力となったのは金農野球部でピッチャーだった父の言葉だった。それは「周りがお前を褒めても、俺は絶対に褒めない。それが上を目指すということ」というものだった。決勝に敗れ、仲間と涙する吉田輝星選手。吉田投手は小さい頃から金足農業で野球をすると決めていたという。その理由について父の母校だからだという。金足農業は1回戦、鹿児島実業と対戦した。14の三振を奪い完投勝利を得た吉田投手に試合後父は、「三振より打たれているイメージが強い。もう少しですね」などと語り、褒めようとしなかった。吉田投手とバッテリーを組んでいた小野さんは、「あの2人だからやり遂げられた」などと語った。吉田投手は小学校の卒業文集にはライバルとの戦いというタイトルで野球の思い出が綴られていた。準決勝の相手は西東京代表の日大三。吉田投手は中盤反撃にあうが、要所をしめ、5試合連続の完投勝利をえた。その姿をみた父はそれでも褒めてあげられるかという問いに対し「ちょっと考えます」と返答。決勝の大阪桐蔭戦。序盤から失点を重ねた吉田投手。4回から足が動かなくなり、6回にはこの夏初めてマウンドを譲り、ライトの守備へ。試合は13対2。決勝後父親は「本当にお疲れ様とありがとうという一言を」とコメントした。初めて自分を褒めてくれた父の言葉を伝え聞いた吉田投手は「厳しい言葉があったからこそ、負けたくないという気持ちがでた。ありがとうという気持ちを伝えたい」などとコメントした。

金足農業で甲子園を目指していた2人だからこそわかる関係で、褒めるほうが簡単だと思うが、あえてあのスタイルを貫いたお父さんの愛情だとのコメントがあがった。大林素子は高校スポーツは次なるステージへの分岐点にもなるので彼がプロになって桐蔭の選手と戦って行くのを見守りたいなどとコメントした。

元中日監督の落合博満氏が、同じ秋田出身の金足農業高校エース・吉田輝星投手を「俺が監督なら(獲得しに)行く」と絶賛した。(サンケイスポーツ)


「大林素子」に関連するイベント情報

ソウル五輪

大林素子さんから先程の映像ではじめてモデルをやったなどと語られた。「本当にもうアイドルですね」「アイドルですからね」などと語られ、アジア大会まで18日、9月には世界バレーと東京五輪までの予定が伝えられ、アジア大会、世界バレーでメダルがないと五輪でもメダルはないなどと語られた。今回は選手と監督の距離が近く、その中で黒後愛選手が毎日階段登って成長していると語られキーマンと称された。失敗を恐れず自分の持つものを全て出していいなどと語られた。


「大林素子」に関連するイベント情報

東京五輪

8月開幕のアジア大会と9月の世界バレーに向けて中田ジャパンがアメリカ遠征を打ち上げた。中田久美監督も「動きに無駄がない」などと語り、アメリカとの強化試合にも勝利。黒後愛選手も成長していると語られた。

大林素子さんから先程の映像ではじめてモデルをやったなどと語られた。「本当にもうアイドルですね」「アイドルですからね」などと語られ、アジア大会まで18日、9月には世界バレーと東京五輪までの予定が伝えられ、アジア大会、世界バレーでメダルがないと五輪でもメダルはないなどと語られた。今回は選手と監督の距離が近く、その中で黒後愛選手が毎日階段登って成長していると語られキーマンと称された。失敗を恐れず自分の持つものを全て出していいなどと語られた。