ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大林素子」の検索結果

「大林素子」に関連する情報 1275件中 1〜10件目

鶴ヶ城

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。暗くなった頃に向かったのは本日2度目の「鶴ヶ城」、天守がライトアップされており昼間とは違う姿を見ることができる。


「大林素子」に関連するグルメ情報

会津 おもてなし膳

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。向かったのは大林行きつけの「料理旅館 田事」。こちらで味わうのは「会津 おもてなし膳」、会津地方の郷土料理めっぱめしがメインになった料理。


「大林素子」に関連するグルメ情報

めっぱめし

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。向かったのは大林行きつけの「料理旅館 田事」。こちらで味わうのは「会津 おもてなし膳」、会津地方の郷土料理めっぱめしがメインになった料理。


「大林素子」に関連するホテル・温泉旅館「大林素子」に関連する観光・地域情報

料理旅館 田事

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。向かったのは大林行きつけの「料理旅館 田事」。こちらで味わうのは「会津 おもてなし膳」、会津地方の郷土料理めっぱめしがメインになった料理。


絵ろうそく

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。向かったのは「ほしばん絵ろうそく店」、1772年創業で代々天守は会津藩のお抱え職人として働いていた。絵柄は全て手書き、伝統の技が現代に受け継がれている。2人は絵ろうそく作りに挑戦、西村は稲穂、大林はハートと花びらを描いた。


ほしばん絵ろうそく店

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。向かったのは「ほしばん絵ろうそく店」、1772年創業で代々天守は会津藩のお抱え職人として働いていた。絵柄は全て手書き、伝統の技が現代に受け継がれている。2人は絵ろうそく作りに挑戦、西村は稲穂、大林はハートと花びらを描いた。


「大林素子」に関連するグルメ情報

純米大吟醸 ゆり

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。向かったのは「鶴乃江酒造」、会津藩御用達の日本酒を製造していた老舗酒蔵。「純米大吟醸 会津中将」は江戸時代から味を受け継ぐ銘酒として高く評価されている。また「純米大吟醸 ゆり」は若女将・向井ゆりさんが由来、トランプ大統領の晩餐会で振る舞われた。今回は特別に酒蔵も見学、しっかりと温度管理されている。


「大林素子」に関連するグルメ情報

純米大吟醸 会津中将

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。向かったのは「鶴乃江酒造」、会津藩御用達の日本酒を製造していた老舗酒蔵。「純米大吟醸 会津中将」は江戸時代から味を受け継ぐ銘酒として高く評価されている。また「純米大吟醸 ゆり」は若女将・向井ゆりさんが由来、トランプ大統領の晩餐会で振る舞われた。今回は特別に酒蔵も見学、しっかりと温度管理されている。


鶴乃江酒造

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。向かったのは「鶴乃江酒造」、会津藩御用達の日本酒を製造していた老舗酒蔵。「純米大吟醸 会津中将」は江戸時代から味を受け継ぐ銘酒として高く評価されている。また「純米大吟醸 ゆり」は若女将・向井ゆりさんが由来、トランプ大統領の晩餐会で振る舞われた。今回は特別に酒蔵も見学、しっかりと温度管理されている。

スタジオに鶴乃江酒造の「会津中将純 米大吟醸酒 特醸酒」と「純米大吟醸 ゆり ドレスブルー」が登場し出演者らが味わった。会津中将はガツンとくる味わい、ゆりは柔らかい味わいだという。また、四季折々の鶴ヶ城の様子を紹介した。


鶴ヶ城

西村和彦と大林素子が福島・会津若松を巡る。向かったのは「鶴ヶ城」、ガイドをしてくれるのは鶴ヶ城が好き過ぎる本名和枝さん。戊辰戦争の舞台になった場所で、会津藩が籠城して1ヵ月もの間攻撃に耐えた。現在は若松城という名前だが、地元ではかつての名で親しまれている。石垣(鏡石)は地元で取られたものだが、運ぶ時は士気を高めるため遊女が石の上で踊ったとされる。

3人は天守を見学。屋根の赤瓦は今ではここでしか見ることができない。周りの石垣には武者走りという一方通行の階段があり、一方通行の理由は石垣に刀が引っかからないため。天守内には塩蔵があり、この備蓄のおかげで1ヵ月の籠城に耐えられたとされる。最大の楽しみが天守閣、会津若松を一望することができる。

スタジオに鶴乃江酒造の「会津中将純 米大吟醸酒 特醸酒」と「純米大吟醸 ゆり ドレスブルー」が登場し出演者らが味わった。会津中将はガツンとくる味わい、ゆりは柔らかい味わいだという。また、四季折々の鶴ヶ城の様子を紹介した。

このあと、会津若松に浮かび上がる鶴ヶ城の別の顔とは…。