ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大江麻理子」の検索結果

「大江麻理子」に関連する情報 1028件中 1〜10件目

ヘルスサーバー

トレンドたまごではスマート栄養士の「ヘルスサーバー」が紹介された。これは体の中で不足している栄養素を解析して提供してくれるマシン。専門アプリで情報を入力し、生体センサーで脈の状態を測定すると必要栄養素が表示される。すると必要な栄養素が粉末状で出てくる。開発したドリコスは、事業提携しているダイドードリンコと、買った飲料に栄養素が溶け込んだものを目指すと語った。

スタジオでは「ヘルスサーバー」について話題になった。この技術を応用するとサプリなど色々な販路が広がるようになると北村まあさは語った。大江麻理子は試してみたいと語った。


カボコーマ

スタジオトーク。大江麻理子は、JISは日本のみの規格のため、小松精練は海外展開のため今後、ASOなどの規格も取得する必要があると考えていると話していたなどと述べた。


日銀

大江麻理子が港区虎ノ門ヒルズにある東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のオフィスを取材。組織委員会では、スタッフのほとんどが国・都・地方自治体、スポンサー企業からの出向。清瀬市の職員からの出向、キヤノンマーケティングジャパンからの出向している人などが勤務、スポークスパーソン小野日子さんは外務省からの出向だと話した。様々な関係団体の調整を急ピッチで薦める必要がある。会長は森喜朗会長、日銀副総裁を務めた武藤敏郎氏が事務総長を努める。武藤事務総長は組織委員会は国や都の一部と誤解されることがあるが、純粋の民間団体で民間収入だけで成り立っている。収入源はスポンサー料、スポンサー集めも重要な仕事で、チケットの販売も担当。運営費の1兆4000億円のうち、組織委は6000億円を負担する。関連グッズ・企画販売も担当、現在は300種くらいだが、2020年までに10万くらい増やし、100億円を見込む。


「大江麻理子」に関連するイベント情報

東京五輪

大江麻理子が港区虎ノ門ヒルズにある東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のオフィスを取材。組織委員会では、スタッフのほとんどが国・都・地方自治体、スポンサー企業からの出向。清瀬市の職員からの出向、キヤノンマーケティングジャパンからの出向している人などが勤務、スポークスパーソン小野日子さんは外務省からの出向だと話した。様々な関係団体の調整を急ピッチで薦める必要がある。会長は森喜朗会長、日銀副総裁を務めた武藤敏郎氏が事務総長を努める。武藤事務総長は組織委員会は国や都の一部と誤解されることがあるが、純粋の民間団体で民間収入だけで成り立っている。収入源はスポンサー料、スポンサー集めも重要な仕事で、チケットの販売も担当。運営費の1兆4000億円のうち、組織委は6000億円を負担する。関連グッズ・企画販売も担当、現在は300種くらいだが、2020年までに10万くらい増やし、100億円を見込む。


キヤノンマーケティングジャパン

大江麻理子が港区虎ノ門ヒルズにある東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のオフィスを取材。組織委員会では、スタッフのほとんどが国・都・地方自治体、スポンサー企業からの出向。清瀬市の職員からの出向、キヤノンマーケティングジャパンからの出向している人などが勤務、スポークスパーソン小野日子さんは外務省からの出向だと話した。様々な関係団体の調整を急ピッチで薦める必要がある。会長は森喜朗会長、日銀副総裁を務めた武藤敏郎氏が事務総長を努める。武藤事務総長は組織委員会は国や都の一部と誤解されることがあるが、純粋の民間団体で民間収入だけで成り立っている。収入源はスポンサー料、スポンサー集めも重要な仕事で、チケットの販売も担当。運営費の1兆4000億円のうち、組織委は6000億円を負担する。関連グッズ・企画販売も担当、現在は300種くらいだが、2020年までに10万くらい増やし、100億円を見込む。


虎ノ門ヒルズ

東京オリンピック・パラリンピックまであと3年、番組では新企画「ROAD TO TOKYO」をスタート。大江麻理子が港区虎ノ門ヒルズにある東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のオフィスを取材。スポークスパーソン小野日子さんが内部を案内、現在は1200人が勤務、2020年までに8000人に増えると紹介。組織委の仕事の1つが大会の運営、事前の準備全般、開会式の内容決め、競技スケジュール、選手村運営、メダル作成などを担当する。アテネ五輪金メダリストの室伏広治さんは競技運営について、競技団体やIOCと調整していると話した。

大江麻理子が港区虎ノ門ヒルズにある東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のオフィスを取材。組織委員会では、スタッフのほとんどが国・都・地方自治体、スポンサー企業からの出向。清瀬市の職員からの出向、キヤノンマーケティングジャパンからの出向している人などが勤務、スポークスパーソン小野日子さんは外務省からの出向だと話した。様々な関係団体の調整を急ピッチで薦める必要がある。会長は森喜朗会長、日銀副総裁を務めた武藤敏郎氏が事務総長を努める。武藤事務総長は組織委員会は国や都の一部と誤解されることがあるが、純粋の民間団体で民間収入だけで成り立っている。収入源はスポンサー料、スポンサー集めも重要な仕事で、チケットの販売も担当。運営費の1兆4000億円のうち、組織委は6000億円を負担する。関連グッズ・企画販売も担当、現在は300種くらいだが、2020年までに10万くらい増やし、100億円を見込む。


「大江麻理子」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

東京オリンピック・パラリンピックまであと3年、番組では新企画「ROAD TO TOKYO」をスタート。大江麻理子が港区虎ノ門ヒルズにある東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のオフィスを取材。スポークスパーソン小野日子さんが内部を案内、現在は1200人が勤務、2020年までに8000人に増えると紹介。組織委の仕事の1つが大会の運営、事前の準備全般、開会式の内容決め、競技スケジュール、選手村運営、メダル作成などを担当する。アテネ五輪金メダリストの室伏広治さんは競技運営について、競技団体やIOCと調整していると話した。


「大江麻理子」に関連するイベント情報

アテネ五輪

東京オリンピック・パラリンピックまであと3年、番組では新企画「ROAD TO TOKYO」をスタート。大江麻理子が港区虎ノ門ヒルズにある東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のオフィスを取材。スポークスパーソン小野日子さんが内部を案内、現在は1200人が勤務、2020年までに8000人に増えると紹介。組織委の仕事の1つが大会の運営、事前の準備全般、開会式の内容決め、競技スケジュール、選手村運営、メダル作成などを担当する。アテネ五輪金メダリストの室伏広治さんは競技運営について、競技団体やIOCと調整していると話した。


「大江麻理子」に関連するイベント情報

リオデジャネイロ五輪

東京オリンピック・パラリンピックまであと3年、番組では新企画「ROAD TO TOKYO」をスタート。大江麻理子が港区虎ノ門ヒルズにある東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のオフィスを取材。スポークスパーソン小野日子さんが内部を案内、現在は1200人が勤務、2020年までに8000人に増えると紹介。組織委の仕事の1つが大会の運営、事前の準備全般、開会式の内容決め、競技スケジュール、選手村運営、メダル作成などを担当する。アテネ五輪金メダリストの室伏広治さんは競技運営について、競技団体やIOCと調整していると話した。


「大江麻理子」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京オリンピック・パラリンピックまであと3年、番組では新企画「ROAD TO TOKYO」をスタート。大江麻理子が港区虎ノ門ヒルズにある東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のオフィスを取材。スポークスパーソン小野日子さんが内部を案内、現在は1200人が勤務、2020年までに8000人に増えると紹介。組織委の仕事の1つが大会の運営、事前の準備全般、開会式の内容決め、競技スケジュール、選手村運営、メダル作成などを担当する。アテネ五輪金メダリストの室伏広治さんは競技運営について、競技団体やIOCと調整していると話した。