ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大江麻理子」の検索結果

「大江麻理子」に関連する情報 1051件中 1〜10件目

「大江麻理子」に関連するグルメ情報

コシヒカリ

JR東京駅の駅ナカ、ランチの激戦区で人気を集めるタイの焼きそばがある、その味を支えているのは日本の農家だった。「マンゴツリーキッチン パッタイ」、パッタイは米の麺で作るタイの焼きそばのこと、麺を作っているのは新潟県上越市。製麺所の自然芋そばで麺を作る工程を見せてもらった、タイの製法で麺は作られている。原料となっている米はブランド米の「越のかおり」、農家の所山正隆さんは米について炊いて30分たつと固くなって食べられなくなると話す。越のかおりはコシヒカリの2倍アミロースが含まれていて、粘り気が強くなる。しかし麺にすることで弱点は一変、ちょうどよいモチモチ感になる。越のかおりは一時生産をやめていたが取引開始によって復活した。大江麻理子は外国の米は輸入が難しいためこれまでは乾麺を使っていたが、これからは日本の米が使用できると話した。


「大江麻理子」に関連するグルメ情報

越のかおり

JR東京駅の駅ナカ、ランチの激戦区で人気を集めるタイの焼きそばがある、その味を支えているのは日本の農家だった。「マンゴツリーキッチン パッタイ」、パッタイは米の麺で作るタイの焼きそばのこと、麺を作っているのは新潟県上越市。製麺所の自然芋そばで麺を作る工程を見せてもらった、タイの製法で麺は作られている。原料となっている米はブランド米の「越のかおり」、農家の所山正隆さんは米について炊いて30分たつと固くなって食べられなくなると話す。越のかおりはコシヒカリの2倍アミロースが含まれていて、粘り気が強くなる。しかし麺にすることで弱点は一変、ちょうどよいモチモチ感になる。越のかおりは一時生産をやめていたが取引開始によって復活した。大江麻理子は外国の米は輸入が難しいためこれまでは乾麺を使っていたが、これからは日本の米が使用できると話した。


自然芋そば

JR東京駅の駅ナカ、ランチの激戦区で人気を集めるタイの焼きそばがある、その味を支えているのは日本の農家だった。「マンゴツリーキッチン パッタイ」、パッタイは米の麺で作るタイの焼きそばのこと、麺を作っているのは新潟県上越市。製麺所の自然芋そばで麺を作る工程を見せてもらった、タイの製法で麺は作られている。原料となっている米はブランド米の「越のかおり」、農家の所山正隆さんは米について炊いて30分たつと固くなって食べられなくなると話す。越のかおりはコシヒカリの2倍アミロースが含まれていて、粘り気が強くなる。しかし麺にすることで弱点は一変、ちょうどよいモチモチ感になる。越のかおりは一時生産をやめていたが取引開始によって復活した。大江麻理子は外国の米は輸入が難しいためこれまでは乾麺を使っていたが、これからは日本の米が使用できると話した。


「大江麻理子」に関連するグルメ情報

パッタイ

JR東京駅の駅ナカ、ランチの激戦区で人気を集めるタイの焼きそばがある、その味を支えているのは日本の農家だった。「マンゴツリーキッチン パッタイ」、パッタイは米の麺で作るタイの焼きそばのこと、麺を作っているのは新潟県上越市。製麺所の自然芋そばで麺を作る工程を見せてもらった、タイの製法で麺は作られている。原料となっている米はブランド米の「越のかおり」、農家の所山正隆さんは米について炊いて30分たつと固くなって食べられなくなると話す。越のかおりはコシヒカリの2倍アミロースが含まれていて、粘り気が強くなる。しかし麺にすることで弱点は一変、ちょうどよいモチモチ感になる。越のかおりは一時生産をやめていたが取引開始によって復活した。大江麻理子は外国の米は輸入が難しいためこれまでは乾麺を使っていたが、これからは日本の米が使用できると話した。


「大江麻理子」に関連するレストラン・飲食店

JR東京駅の駅ナカ、ランチの激戦区で人気を集めるタイの焼きそばがある、その味を支えているのは日本の農家だった。「マンゴツリーキッチン パッタイ」、パッタイは米の麺で作るタイの焼きそばのこと、麺を作っているのは新潟県上越市。製麺所の自然芋そばで麺を作る工程を見せてもらった、タイの製法で麺は作られている。原料となっている米はブランド米の「越のかおり」、農家の所山正隆さんは米について炊いて30分たつと固くなって食べられなくなると話す。越のかおりはコシヒカリの2倍アミロースが含まれていて、粘り気が強くなる。しかし麺にすることで弱点は一変、ちょうどよいモチモチ感になる。越のかおりは一時生産をやめていたが取引開始によって復活した。大江麻理子は外国の米は輸入が難しいためこれまでは乾麺を使っていたが、これからは日本の米が使用できると話した。

 (タイ料理、アジア・エスニック料理(その他))

JR東京駅

JR東京駅の駅ナカ、ランチの激戦区で人気を集めるタイの焼きそばがある、その味を支えているのは日本の農家だった。「マンゴツリーキッチン パッタイ」、パッタイは米の麺で作るタイの焼きそばのこと、麺を作っているのは新潟県上越市。製麺所の自然芋そばで麺を作る工程を見せてもらった、タイの製法で麺は作られている。原料となっている米はブランド米の「越のかおり」、農家の所山正隆さんは米について炊いて30分たつと固くなって食べられなくなると話す。越のかおりはコシヒカリの2倍アミロースが含まれていて、粘り気が強くなる。しかし麺にすることで弱点は一変、ちょうどよいモチモチ感になる。越のかおりは一時生産をやめていたが取引開始によって復活した。大江麻理子は外国の米は輸入が難しいためこれまでは乾麺を使っていたが、これからは日本の米が使用できると話した。


スタジオトークで、大江麻理子は台湾の駅弁は角煮も美味しいが煮卵が美味しいと話した。亜細亜大学の後藤康浩は「台湾の新幹線は車両は日本で軌道などはドイツやフランスが受注してトラブルが多かった。そのため日本式をセットで売っている」とした。インドでは1兆8000億円で売った。台湾新幹線が新型車両の導入時期が来ているため、1000億円規模の更新がある。


新幹線

スタジオトークで、大江麻理子は台湾の駅弁は角煮も美味しいが煮卵が美味しいと話した。亜細亜大学の後藤康浩は「台湾の新幹線は車両は日本で軌道などはドイツやフランスが受注してトラブルが多かった。そのため日本式をセットで売っている」とした。インドでは1兆8000億円で売った。台湾新幹線が新型車両の導入時期が来ているため、1000億円規模の更新がある。


にゃあぽっぽ

今回は「猫背矯正ロボ」の「にゃあぽっぽ」を特集。「にゃあぽっぽ」は猫背になると猫の鳴き声で教えてくれるというロボットだという。最初に正しい姿勢を記憶することで、利用することができるという。またはと胸検知もしてくれるという。ただ鳴き声は宗野裕一の声だという。また発売は未定だという。

スタジオでは大江麻理子が「にゃあぽっぽ」を欲しいと語った。北村まあさは、猫の鳴き声が大きいので、恥ずかしいから猫背が治るという仕組みだと解説した。


猫背

今回は「猫背矯正ロボ」の「にゃあぽっぽ」を特集。「にゃあぽっぽ」は猫背になると猫の鳴き声で教えてくれるというロボットだという。最初に正しい姿勢を記憶することで、利用することができるという。またはと胸検知もしてくれるという。ただ鳴き声は宗野裕一の声だという。また発売は未定だという。

スタジオでは大江麻理子が「にゃあぽっぽ」を欲しいと語った。北村まあさは、猫の鳴き声が大きいので、恥ずかしいから猫背が治るという仕組みだと解説した。