ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大浜平太郎」の検索結果

「大浜平太郎」に関連する情報 387件中 1〜10件目

とびだす!AR恐竜パズル ディノバーン

「とびだす!AR恐竜パズル ディノバーン」を紹介。L字の穴の開いた木製のブロックを棒に刺しながらパズルを完成させ、箱に入れる。それをスマホの専用アプリで撮影すると恐竜が出現する。33種類の恐竜を見つけると図鑑が完成するという。開発した濱田さんは「木のパズルをつくっている作家がいて、見せてくれた。ARに関心があり、出来上がった模様がARにマーカーにしか見えなかった」「人とどう楽しむか どういう遊びがあるかとかデジタルを毛嫌いするのではなく、デジタルを入れたら結果的に達成したかった誰かとコミュニケーションしたり誰かと一緒に楽しい時間を共有したりすることができると思う」と語った。

スタジオに「とびだす!AR恐竜パズル ディノバーン」が登場。大浜平太郎は「寝不足だけど、結構できますねえ」と楽しんだ。


産業革新機構

大浜平太郎はシャープはディスプレイ事業で日の丸連合に強いこだわりがあり、経産省や産業革新機構と話していくがホンハイとはシャープの買収でやりあったのでどうなるかと話した。


シャープ

2007年以降、東証2部に鞍替えした企業はほとんどが上場廃止か買収されている。去年8月に2部降格したシャープが1部に復帰。東京証券取引所では、シャープの戴正呉社長が拍手で迎えられた。復帰初日は3805円で取引を終えた。シャープは10月に10株を1株に併合。実質的株価はホンハイが取得した1株88円から4倍以上の株価となっている。戴正呉社長は8Kのキャップをかぶって会見に臨んだ。戴正呉社長は1部復帰を果たす強い決心で日本に来たと話した。シャープは去年8月債務超過で東証2部に降格。その後も売買可能で実質大きな変化はなかった。戴正呉社長は会社の信用と将来に1部復帰にこだわったとし、8KテレビやIoT関連製品など強化に向け、東証1部のステータスが重要と強調した。戴正呉社長は進退については退任したいが、個人のわがままではできないと否定。今後は社長交代を視野に年明けに共同CEOを置く方針、候補は外部からの人材登用も検討するという。

大浜平太郎はシャープはディスプレイ事業で日の丸連合に強いこだわりがあり、経産省や産業革新機構と話していくがホンハイとはシャープの買収でやりあったのでどうなるかと話した。


JINS

大浜平太郎が会場で驚いたのは留学生が日本人のようなリクルートスーツを着ていること。企業側は日本人にない個性を求めると言いつつも、日本的なものを望み、留学生もそれを受け入れ、お互いにどう個性をだしていいのか探っている感じがあると話した。メガネのJINSはかなり昔から外国人人材を採用しているが、つい最近まで海外拠点はほとんどなかった。中長期的に海外に出ていきたいが、その時に人材を探すのでは遅いと、先に人材を国際化させてから出ていくという戦略だった。逆に多いのが海外企業を買収し、回す人がいないと慌てて人を確保している。会社がどういう人材を欲しているか明確ではないので、外国人留学生が戸惑うなどと入山章栄が解説した。


早稲田ビジネススクール

スタジオトークで、大浜平太郎はスシローについてこれまでは回転寿司はどれだけ効率的にできるかだったが、一手間加えていくとした。早稲田ビジネススクールの入山章栄准教授はスシローは投資ファンド傘下で進化してきたとし、水留社長も外部から連れてきたプロ経営者で、IT投資にお金をかけお客の食べるものを予想ができ、そこで廃棄が1割であるとした。今回は流通に力を入れたので興味深いと話した。


スシロー

スタジオトークで、大浜平太郎はスシローについてこれまでは回転寿司はどれだけ効率的にできるかだったが、一手間加えていくとした。早稲田ビジネススクールの入山章栄准教授はスシローは投資ファンド傘下で進化してきたとし、水留社長も外部から連れてきたプロ経営者で、IT投資にお金をかけお客の食べるものを予想ができ、そこで廃棄が1割であるとした。今回は流通に力を入れたので興味深いと話した。


羽田空港

スシローグローバルホールディングスの水留浩一社長は全国各地の新鮮な魚を提供するプロジェクトを発表。大浜平太郎は活けさざえを試食し、市場で食べたような食感だとした。スシローのネタは外国産8割、国産2割だった。そこでCSN地方創生ネットワークを提携先に選んだ。CSN地方創生ネットワークは羽田空港内に羽田市場という仕入れ・加工・出荷を行う拠点を持っている。羽田市場は卸売市場を介さず、水揚げから店舗までの時間を短縮することができる。水留浩一社長はもっといいものを食べてもらうことで飽きさせないとした。


CSN地方創生ネットワーク

スシローグローバルホールディングスの水留浩一社長は全国各地の新鮮な魚を提供するプロジェクトを発表。大浜平太郎は活けさざえを試食し、市場で食べたような食感だとした。スシローのネタは外国産8割、国産2割だった。そこでCSN地方創生ネットワークを提携先に選んだ。CSN地方創生ネットワークは羽田空港内に羽田市場という仕入れ・加工・出荷を行う拠点を持っている。羽田市場は卸売市場を介さず、水揚げから店舗までの時間を短縮することができる。水留浩一社長はもっといいものを食べてもらうことで飽きさせないとした。


羽田市場

スシローグローバルホールディングスの水留浩一社長は全国各地の新鮮な魚を提供するプロジェクトを発表。大浜平太郎は活けさざえを試食し、市場で食べたような食感だとした。スシローのネタは外国産8割、国産2割だった。そこでCSN地方創生ネットワークを提携先に選んだ。CSN地方創生ネットワークは羽田空港内に羽田市場という仕入れ・加工・出荷を行う拠点を持っている。羽田市場は卸売市場を介さず、水揚げから店舗までの時間を短縮することができる。水留浩一社長はもっといいものを食べてもらうことで飽きさせないとした。


スシロー グローバルホールディングス

スシローグローバルホールディングスの水留浩一社長は全国各地の新鮮な魚を提供するプロジェクトを発表。大浜平太郎は活けさざえを試食し、市場で食べたような食感だとした。スシローのネタは外国産8割、国産2割だった。そこでCSN地方創生ネットワークを提携先に選んだ。CSN地方創生ネットワークは羽田空港内に羽田市場という仕入れ・加工・出荷を行う拠点を持っている。羽田市場は卸売市場を介さず、水揚げから店舗までの時間を短縮することができる。水留浩一社長はもっといいものを食べてもらうことで飽きさせないとした。