ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大浜平太郎」の検索結果

「大浜平太郎」に関連する情報 369件中 1〜10件目

フェイスブック

「VALU」は個人が株式を発行し、ビットコインで売買できる。ビットコイン資金を集めることができるサービス。すでに1万5000人以上が上場、堀江貴文は26億円以上となっている。個人投資家の兵丹石一志さんは仮想株式VALUにハマっている。「VALU」の売り出し価格はフェイスブックの友達数から算出、兵丹石さんは青田買いをする。東京都北区の青猫書房で、兵丹石さんが画家のショーゲンさんと面会。兵丹石さんは1万円分のショーゲンさんの「VALU」を購入した。ショーゲンさんの株主優待は直接絵の説明が受けられ、ポストカードがもらえるというものだった。ショーゲンさんは10万円を調達し、作品制作や個展開催に使用。

大浜平太郎が渋谷区の「VALU」本社を取材。小川晃平代表はフリーのエンジニアだった。小川代表はフリーになった時に社会的保障やステータスが下がったことでサービスを始めた。大浜はフェイスブックの友達数は1000人で、時価総額は41万8133円と算出された。小川代表は堀江貴文は26億円だとした。価格が上下するする時について、ロケット打ち上げを発表し2倍になり、失敗した時に2割下がった。堀江は「VALU」の立ち上げに関わり、自身の値動きについては見てないとし、マスコミに取り上げられると上がるし、株式市場に似ていると指摘。堀江貴文は資金調達能力があるのに規制や既得権を持っている人が牛耳っていたことがわかるとし、すべての仕組みが変わると指摘。


東芝メモリ

大浜平太郎は「東芝メモリ」の新規上場は、あくまでも東芝が上場廃止になった際の対応策だと解説。さらに先ほど、東芝幹部は記者の質問に答え、東芝メモリの新規上場の検討準備に入ることを認めたという。


東芝

経営再建中の東芝で、生き残りをかけた新たな再建策が浮上している。東芝はきょう、2016年度の決算を当初の予定より3か月遅れで発表した。最終赤字は9,656億円。債務超過額は16年度末の時点で5,529億円にのぼる。これについて監査法人は「限定付適正、一部に不適切な点があるが概ね妥当」と評価し、すぐに上場廃止となる懸念は遠のいた。今年度の決算で2期連続の債務超過となれば上場廃止になる東芝。巨額損失の穴埋めのため、半導体子会社の売却を模索している。産業革新機構を軸とする日米韓連合と交渉を進めてきたが期日までに合意に至らず、それ以外の交渉先とも並行して交渉が進められているとし、綱川智社長は鴻海精密工業の名前を口にした。また、提携しているウエスタンデジタルとの交渉も難航している。売却できるか不透明な状況の中、綱川社長は会見で、新規上場で資金調達などの売却以外の選択肢をほのめかした。

大浜平太郎は「東芝メモリ」の新規上場は、あくまでも東芝が上場廃止になった際の対応策だと解説。さらに先ほど、東芝幹部は記者の質問に答え、東芝メモリの新規上場の検討準備に入ることを認めたという。


ダイエットプラス ラボ

東京・新橋で話を聞くと、健康には気をつけているが食事制限はうまくいかないという声が聞かれた。スーパースポーツゼビオは全国約170テンポを展開し、数十万店の品揃えが自慢。千葉・船橋市にあるスーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の一角にダイエットプラス ラボという施設ができた。スーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の堀川久勝店長は「正しい食事で健康な体作りをすることを栄養管理士がカウンセリングしながら体のサポートをするという新しい試みをやっている」という。この施設はダイエットアプリなどを手がけるフィッツプラスが運営。実際に大浜平太郎がサービスを体験してみた。トータルではやや肥満で体脂肪は標準を大きく上回る数値となった。食事を分析すると、実は食事の控えすぎが基礎代謝を下げ逆に脂肪を蓄えやすい体質になっていた。月1回のカウンセリングとアプリ上のアドバイスで1ヵ月ああたり2万5600円(税別)。ゼビオの加藤智治社長は「これまで取り込めていなかった女性客を獲得できるし、ダイエットプラス ラボとしても新しい顧客の開拓に繋がる 双方にとってメリットがあるコラボレーションだと考えている」と話した。


ゼビオ

東京・新橋で話を聞くと、健康には気をつけているが食事制限はうまくいかないという声が聞かれた。スーパースポーツゼビオは全国約170テンポを展開し、数十万店の品揃えが自慢。千葉・船橋市にあるスーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の一角にダイエットプラス ラボという施設ができた。スーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の堀川久勝店長は「正しい食事で健康な体作りをすることを栄養管理士がカウンセリングしながら体のサポートをするという新しい試みをやっている」という。この施設はダイエットアプリなどを手がけるフィッツプラスが運営。実際に大浜平太郎がサービスを体験してみた。トータルではやや肥満で体脂肪は標準を大きく上回る数値となった。食事を分析すると、実は食事の控えすぎが基礎代謝を下げ逆に脂肪を蓄えやすい体質になっていた。月1回のカウンセリングとアプリ上のアドバイスで1ヵ月ああたり2万5600円(税別)。ゼビオの加藤智治社長は「これまで取り込めていなかった女性客を獲得できるし、ダイエットプラス ラボとしても新しい顧客の開拓に繋がる 双方にとってメリットがあるコラボレーションだと考えている」と話した。


スーパースポーツゼビオ

東京・新橋で話を聞くと、健康には気をつけているが食事制限はうまくいかないという声が聞かれた。スーパースポーツゼビオは全国約170テンポを展開し、数十万店の品揃えが自慢。千葉・船橋市にあるスーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の一角にダイエットプラス ラボという施設ができた。スーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の堀川久勝店長は「正しい食事で健康な体作りをすることを栄養管理士がカウンセリングしながら体のサポートをするという新しい試みをやっている」という。この施設はダイエットアプリなどを手がけるフィッツプラスが運営。実際に大浜平太郎がサービスを体験してみた。トータルではやや肥満で体脂肪は標準を大きく上回る数値となった。食事を分析すると、実は食事の控えすぎが基礎代謝を下げ逆に脂肪を蓄えやすい体質になっていた。月1回のカウンセリングとアプリ上のアドバイスで1ヵ月ああたり2万5600円(税別)。ゼビオの加藤智治社長は「これまで取り込めていなかった女性客を獲得できるし、ダイエットプラス ラボとしても新しい顧客の開拓に繋がる 双方にとってメリットがあるコラボレーションだと考えている」と話した。


フィッツプラス

東京・新橋で話を聞くと、健康には気をつけているが食事制限はうまくいかないという声が聞かれた。スーパースポーツゼビオは全国約170テンポを展開し、数十万店の品揃えが自慢。千葉・船橋市にあるスーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の一角にダイエットプラス ラボという施設ができた。スーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の堀川久勝店長は「正しい食事で健康な体作りをすることを栄養管理士がカウンセリングしながら体のサポートをするという新しい試みをやっている」という。この施設はダイエットアプリなどを手がけるフィッツプラスが運営。実際に大浜平太郎がサービスを体験してみた。トータルではやや肥満で体脂肪は標準を大きく上回る数値となった。食事を分析すると、実は食事の控えすぎが基礎代謝を下げ逆に脂肪を蓄えやすい体質になっていた。月1回のカウンセリングとアプリ上のアドバイスで1ヵ月ああたり2万5600円(税別)。ゼビオの加藤智治社長は「これまで取り込めていなかった女性客を獲得できるし、ダイエットプラス ラボとしても新しい顧客の開拓に繋がる 双方にとってメリットがあるコラボレーションだと考えている」と話した。


スーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店

東京・新橋で話を聞くと、健康には気をつけているが食事制限はうまくいかないという声が聞かれた。スーパースポーツゼビオは全国約170テンポを展開し、数十万店の品揃えが自慢。千葉・船橋市にあるスーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の一角にダイエットプラス ラボという施設ができた。スーパースポーツゼビオららぽーとTOKYO-BAY店の堀川久勝店長は「正しい食事で健康な体作りをすることを栄養管理士がカウンセリングしながら体のサポートをするという新しい試みをやっている」という。この施設はダイエットアプリなどを手がけるフィッツプラスが運営。実際に大浜平太郎がサービスを体験してみた。トータルではやや肥満で体脂肪は標準を大きく上回る数値となった。食事を分析すると、実は食事の控えすぎが基礎代謝を下げ逆に脂肪を蓄えやすい体質になっていた。月1回のカウンセリングとアプリ上のアドバイスで1ヵ月ああたり2万5600円(税別)。ゼビオの加藤智治社長は「これまで取り込めていなかった女性客を獲得できるし、ダイエットプラス ラボとしても新しい顧客の開拓に繋がる 双方にとってメリットがあるコラボレーションだと考えている」と話した。


ファーウェイ

個人向けのパソコン出荷台数が激減している。2011年度に789万台だったのが、2016年度には396万台と半減。背景にはタブレットやスマホの普及がある。そんな中、中国のスマホメーカーファーウェイが、日本のパソコン市場への参入を発表。スマホの技術や使用感をパソコンに持ち込み、新しいユーザーを生む狙いだという。ビックカメラ有楽町店では発表会の直後に新商品を展示。店の期待も大きい。一番の売りはコンパクトなサイズ。モバイルPCの売上は3割増えている。

大浜平太郎はファーウェイは価格よりも品質を前面に押し出していると伝えた。


日米韓連合

大浜平太郎は「何を論じていいかわからない状態で株主総会が始まろうとしている」と語った。市川眞一は東芝問題の疑問を「なぜ半導体を売却」「なぜ急いで売却」とまとめた。