ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大浜平太郎」の検索結果

「大浜平太郎」に関連する情報 423件中 1〜10件目

日本経済新聞社

大浜平太郎キャスターら出演者がオープニングの挨拶をした。西野さんが「世界経済とマーケットをいち早くお伝えします」と話した。


「大浜平太郎」に関連するイベント情報

パラリンピック

大浜平太郎さんは「ホテルオークラは世界中で20以上のホテルを展開しており、そこのブランド力も底上げしていきたいという狙いがアルのではないか」などとコメントした。


「大浜平太郎」に関連する観光・地域情報

ホテルオークラ

日本を代表する老舗高級ホテルも昨日、新たな宿泊施設の概要を発表した。ホテルオークラ東京の本館、前回の東京オリンピックが開かれる2年前に開業し、これまで数々の賓客を迎えてきた。東日本大震災をきっかけに耐震性を強化するため建て替えを決定。3年前に閉鎖した。建て替えへの投資額は1100億円。開業予定は来年9月上旬。ホテルオークラはブランドを強化するため、新たな本館は5つ星より上を目指す。新たにできる本館の低層棟、標準客室面積は約60平方メートルと都内屈指の広さで一泊あたりの平均価格は7万円。建て替え前の3倍以上の価格。高層棟の最上部に位置するスイートルームは広さは世界最大級の720平方メートル。1泊あたり300万円を予定している。ホテルオークラは超高級ホテルとして、まずは東京オリンピックで知名度をあげたいと意気込む。

大浜平太郎さんは「ホテルオークラは世界中で20以上のホテルを展開しており、そこのブランド力も底上げしていきたいという狙いがアルのではないか」などとコメントした。


「大浜平太郎」に関連するイベント情報

東京オリンピック

JTBが東京オリンピックの開催期間中に豪華客船をホテルとして活用すると発表した。宿泊料金は2泊3日で1人7万円台からとなっている。JTBはホテルシップとオリンピック観戦券セット商品も開発していく予定だ。

日本を代表する老舗高級ホテルも昨日、新たな宿泊施設の概要を発表した。ホテルオークラ東京の本館、前回の東京オリンピックが開かれる2年前に開業し、これまで数々の賓客を迎えてきた。東日本大震災をきっかけに耐震性を強化するため建て替えを決定。3年前に閉鎖した。建て替えへの投資額は1100億円。開業予定は来年9月上旬。ホテルオークラはブランドを強化するため、新たな本館は5つ星より上を目指す。新たにできる本館の低層棟、標準客室面積は約60平方メートルと都内屈指の広さで一泊あたりの平均価格は7万円。建て替え前の3倍以上の価格。高層棟の最上部に位置するスイートルームは広さは世界最大級の720平方メートル。1泊あたり300万円を予定している。ホテルオークラは超高級ホテルとして、まずは東京オリンピックで知名度をあげたいと意気込む。

大浜平太郎さんは「ホテルオークラは世界中で20以上のホテルを展開しており、そこのブランド力も底上げしていきたいという狙いがアルのではないか」などとコメントした。


リニア中央新幹線

国内の長距離輸送で競合するJR各社と航空2社の収益力を比較したところ、東海道新幹線を擁するJR東海の稼ぐ力が突出していた。安定した収入をリニア中央新幹線など先行投資に使い一段の成長を目指す。対抗する航空2社は格安航空会社(LCC)や国際線に活路を見いだすとの事。スタジオの大浜平太郎は「飛行機より新幹線は運行本数が約2倍、しかもビジネス客ばかりとの事です」、「一方でこれ以上は増やせない」などと補足した。(日本経済新聞)


JR東海

国内の長距離輸送で競合するJR各社と航空2社の収益力を比較したところ、東海道新幹線を擁するJR東海の稼ぐ力が突出していた。安定した収入をリニア中央新幹線など先行投資に使い一段の成長を目指す。対抗する航空2社は格安航空会社(LCC)や国際線に活路を見いだすとの事。スタジオの大浜平太郎は「飛行機より新幹線は運行本数が約2倍、しかもビジネス客ばかりとの事です」、「一方でこれ以上は増やせない」などと補足した。(日本経済新聞)


日本経済新聞

安倍晋三首相は経済財政諮問会議で外国人労働者の受け入れ拡大を表明した。人手不足が深刻な建設や農業、介護など5業種を対象に来年4月に新たな在留資格を設ける。原則認めていなかった単純労働に門戸を開き、2025年までに50万人超の就業を目指すとの事。スタジオの大浜平太郎は「移民を受け入れるなら日本人との賃金格差、社会保険の態勢などの準備が必要ですね」などとコメントした。(日本経済新聞)

ドイツのメルケル首相が独自案を示した。ユーロ圏経済の南北格差の解消を目指す数兆円規模の投資予算、危機に対応する欧州版国際通貨基金(IMF)の創設、国境警備の強化の3つが柱となる。不法移民の流入抑制やポピュリズム政治に対する危機感があるとの事。(日本経済新聞)

国内の長距離輸送で競合するJR各社と航空2社の収益力を比較したところ、東海道新幹線を擁するJR東海の稼ぐ力が突出していた。安定した収入をリニア中央新幹線など先行投資に使い一段の成長を目指す。対抗する航空2社は格安航空会社(LCC)や国際線に活路を見いだすとの事。スタジオの大浜平太郎は「飛行機より新幹線は運行本数が約2倍、しかもビジネス客ばかりとの事です」、「一方でこれ以上は増やせない」などと補足した。(日本経済新聞)


がん

日立製作所は尿を使ったがん検査を発表した。必要な尿は1滴で、乳がんや大腸がんなどを発見できる可能性が高い半年間実証実験を行うい、2020年代前半の実用化を目指す。このがん検査には、スマートフォンのアプリを活用する。時間と場所を記録され、実際の尿を専用ボックスに入れて送ると解析結果がスマホに送られてくるという。

大浜平太郎は「これはなかなか興味深いものがある。ここ数年がん検診の分野は色々な競争が激しくなっていてある意味楽しみだが日本はがん検診の受診率が3割ぐらいと言われていて低い。内視鏡に抵抗のある人もいる。企業が心配しているのが定年の延長などもあって年配の人が現役で働く機会が増えている。そうすると働きながら癌になる確率も増えると思われている。そういう意味では簡単で早期に発見できる検査を確立するのを待たれている状況だ」等と話した。


グローイング

パワハラ予防を目指した新たなサービスが始まっている。自分がどれだけパワハラをするリスクがあるのか調べられる検査があるという。大浜平太郎が試した結果、リスクは「要注意」と診断された。大浜平太郎の場合は対人共感力が低いという結果が出たという。

パワハラリスクの検査を導入したのがアドセックという企業だ。管理職が若手との接触を見直すために、社員全員がパワハラ検査を受けたという。パワハラで社員が退社するというのは企業に大きな損害なので、それを防げれば企業にプラスになると村松吉則常務は語った。


「大浜平太郎」に関連するグルメ情報

八丁味噌

地域の農林水産物や食品を知的財産として保護しようという「地理的表示保護制度」の対象商品が紹介された。ただ「八丁味噌」に関しては国の登録に関して老舗の2社「八丁味噌」と「まるや八丁味噌」が不服を申し立てたという。農林水産省は愛知県味噌溜醤油工業協同組合の作り方を八丁味噌と認めて地域ブランドに登録した。しかし組合に参加してない老舗2社が登録から外れているということで不服申立てをしたという。農林水産省は老舗2社にもGIとして登録して使ってもらいたいという考えだという。

スタジオでは「地理的表示保護制度」について話題になった。八丁味噌に関しては実際に食べてみると味は違うが、今回の審査に味の基準は入ってないと大浜平太郎は解説した。農林水産省はブランド力向上ではなく知的財産保護のために「地理的表示保護制度」を導入すると語っているという。