ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大浜平太郎」の検索結果

「大浜平太郎」に関連する情報 403件中 1〜10件目

明治

「明治ブルガリアヨーグルト」に使われている乳酸菌は定期的にブルガリアから輸送され、守谷工場ではマイナス80度で保管している。この菌と新鮮な牛乳、生クリームなどを混ぜ合わせ、ヨーグルトの素を作り、パッケージに注ぎ込み、40度の部屋で数時間置くことで完成する。明治とブルガリアは研究のため1960年代から菌のやりとりなど交流を重ねていたが、商品化には至らなかった。その後、1970年に大阪万博が開催された際、ブルガリアのエリアでは本国から取り寄せたプレーンヨーグルトが紹介。試食した当時の明治の社員が感嘆し、日本には砂糖や寒天を加えたおやつタイプのヨーグルトしかないなかで、ブルガリアの乳酸菌を使った「明治プレーンヨーグルト」を発売。その後、商品名にブルガリアを加え、73年に「明治ブルガリアヨーグルト」が発売となった。前身の商品では酸っぱさが好まれなかったが、本場のヨーグルトとして親しまれ、ブランド全体で年間800億円超の売り上げを誇り、プレーンヨーグルト市場ではシェア3割を占める。

明治の古田徹朗氏はロングセラーの極意について、「本物は必ず分かってもらえるという熱意」といコメント。

大浜平太郎キャスターは「以前にブルガリアを取材した時、現地の人々は日本でブルガリアの乳酸菌が連綿と生きていることに喜んでいた」と語った。


「大浜平太郎」に関連するグルメ情報

明治ブルガリアヨーグルト

カンフーブームを巻き起こしたアクション俳優、ブルース・リーが死去した1973年、日本では初めてのプレーンヨーグルト「明治ブルガリアヨーグルト」が誕生した。

「明治ブルガリアヨーグルト」に使われている乳酸菌は定期的にブルガリアから輸送され、守谷工場ではマイナス80度で保管している。この菌と新鮮な牛乳、生クリームなどを混ぜ合わせ、ヨーグルトの素を作り、パッケージに注ぎ込み、40度の部屋で数時間置くことで完成する。明治とブルガリアは研究のため1960年代から菌のやりとりなど交流を重ねていたが、商品化には至らなかった。その後、1970年に大阪万博が開催された際、ブルガリアのエリアでは本国から取り寄せたプレーンヨーグルトが紹介。試食した当時の明治の社員が感嘆し、日本には砂糖や寒天を加えたおやつタイプのヨーグルトしかないなかで、ブルガリアの乳酸菌を使った「明治プレーンヨーグルト」を発売。その後、商品名にブルガリアを加え、73年に「明治ブルガリアヨーグルト」が発売となった。前身の商品では酸っぱさが好まれなかったが、本場のヨーグルトとして親しまれ、ブランド全体で年間800億円超の売り上げを誇り、プレーンヨーグルト市場ではシェア3割を占める。

明治の古田徹朗氏はロングセラーの極意について、「本物は必ず分かってもらえるという熱意」といコメント。

大浜平太郎キャスターは「以前にブルガリアを取材した時、現地の人々は日本でブルガリアの乳酸菌が連綿と生きていることに喜んでいた」と語った。


スターバックス

いま、曲がり角に直面しているスターバックスは、新たな戦略として、専用のマシンを企業に貸出、オフィスなどでスターバックスのコーヒーを提供する事業を発表した。マシンは、ボタンを押す以外の作業は必要なく、40秒前後で完成する。マシンを有料で貸出、豆やミルクを販売し利益を得る仕組みとなる。今後、5年間で500ヶ所に設置する計画をしている。

96年に1号店をオープンしたスターバックスは、店舗数を拡大させていき、2015年には日本最大のコーヒーチェーンとなった。その一方で、かつて首位だった顧客満足度は低下、去年の調査ではランク外であった。こうした中、立ち上げる新事業は、更に販売網を広げる戦略をとった。拡大路線とブランドイメージの両立をするのは可能なのだろうか?

大浜平太郎は「スターバックスというのはブランドビジネスだとはっきり言っていたが、オープンなスペースは相当慎重に検討していて、場所柄や、運営者が“スターバックスらしさ”を理解しているかは丁寧にコミュニーケーションを取りたいという。店舗があればブランドの維持管理はやりやすいだろうが、店舗がない状態でもできるのかどうかはチャレンジングな取り組みだと思う」とコメントした。また、価格設定は運営者側が決定しているという。


東海東京証券

今日の東京市場では日経平均株価が一時700円以上上昇。しかし、午後に入ると利益を確定したり海外発のリスクを回避したりするのための売りが優勢となり、日経平均は上げ幅をみるみるうちに縮めた。大浜平太郎は今が底で此処から先は企業業績がいいので上がっていくと分析。木野内栄治氏は夏にはアメリカの中間選挙でトランプ大統領が振りなので下落していく。しかし日本では自民党総裁選挙があるので大型補正案が出るので上がると言う見方をし、窪田真之氏は夏以降に2019年の景気失速を意識し始めるので下降すると答えた。


モルガン・スタンレーMUFG証券

スタジオトークで、大浜平太郎は丸の内で大企業とベンチャー企業が実証実験することでウィンウィンだとした。モルガン・スタンレーMUFG証券シニアアドバイザーのロバート・A・フェルドマンはベンチャー企業の聖地になるには人間の結合だとし、丸の内の壁は働き方改革だとした。時間制限とイノベーションは水と油だと指摘。


「大浜平太郎」に関連するイベント情報

アンファー SAVE SOAP プロジェクト

片渕茜がアンファーの坂村愛実さんを取材、板村さんは「洗える絵本」を紹介。片渕茜が絵本を洗って行くと、下の絵が出てくる。カンボジアでは手洗いが習慣になっていないため、感染症が増えている。そこでアンファーは石鹸を1つ買うと絵本と石鹸がカンボジアの子どもたちに届くプロジェクト「SAVE SOAP プロジェクト」を開始する。

スタジオトークで、「アンファー SAVE SOAP プロジェクト」について、大浜平太郎は衛生教育はわかってもらうのが大変と言われていると話した。


アンファー

片渕茜がアンファーの坂村愛実さんを取材、板村さんは「洗える絵本」を紹介。片渕茜が絵本を洗って行くと、下の絵が出てくる。カンボジアでは手洗いが習慣になっていないため、感染症が増えている。そこでアンファーは石鹸を1つ買うと絵本と石鹸がカンボジアの子どもたちに届くプロジェクト「SAVE SOAP プロジェクト」を開始する。

スタジオトークで、「アンファー SAVE SOAP プロジェクト」について、大浜平太郎は衛生教育はわかってもらうのが大変と言われていると話した。


三菱総研

大浜平太郎は、サイバー攻撃を引き起こすプログラムは、場合によっては2年から3年潜伏していることもあり、東京五輪やパラリンピックに向けた攻撃も始まっていて仕込まれている可能性もあるという。三菱総研チーフエコノミストの武田洋子は、日本のサイバーセキュリティ対策としてすべきことを聞かれ、まずはサイバー攻撃に備える範囲をどこまでか考える事だという。政府は重要インフラ13分野を想定している。仮にうまく乗り越えることができれば、このノウハウを含めてインフラシステム自体を輸出していくことも期待できるかもしれない、とまとめた。


「大浜平太郎」に関連するイベント情報

東京五輪

平和の祭典は過去に何度もテロの脅威にさらされていた。リオ五輪では大会期間中に2300万回のサイバー攻撃を受けた。大会組織委員会のファイルが漏洩し市長や大臣などの個人情報が流出する事態となった。ロンドン五輪で2週間の開催期間中に受けたサイバー攻撃はなんと2億2100万回。五輪でのサイバー攻撃では偽チケットの販売や大会システムの破壊などが想定されているが、クリスティアン・ビーク氏は「すべての攻撃を防げると考えるのは非現実的 不可能だ」という。そして2年後に迫る東京五輪の対策として、警視庁はサイバー攻撃対策センターを新設した。

大浜平太郎は、サイバー攻撃を引き起こすプログラムは、場合によっては2年から3年潜伏していることもあり、東京五輪やパラリンピックに向けた攻撃も始まっていて仕込まれている可能性もあるという。三菱総研チーフエコノミストの武田洋子は、日本のサイバーセキュリティ対策としてすべきことを聞かれ、まずはサイバー攻撃に備える範囲をどこまでか考える事だという。政府は重要インフラ13分野を想定している。仮にうまく乗り越えることができれば、このノウハウを含めてインフラシステム自体を輸出していくことも期待できるかもしれない、とまとめた。


「大浜平太郎」に関連するグルメ情報

マックフライポテト

マクドナルドが日本に広めたものの一つが「食べ歩き」。1971年に日本1号店がオープンした頃、東京・銀座で食べ歩きをしている人が格好いいと流行したのだという。今では当たり前となっているドライブスルーもマクドナルドが契機。大浜平太郎はマックシェイクが登場した時の衝撃を語った。