ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大浜平太郎」の検索結果

「大浜平太郎」に関連する情報 358件中 1〜10件目

商工組合中央金庫

不正融資は200億円にのぼる。東芝は「チャレンジ」、富士ゼロックス「プライド値」、商工組合中央金庫は「営業店計画」など高い目標値を掲げ、従業に不正を助長させた。商工組合中央金庫は融資の基準を満たさない中小企業の業績を改ざんし、不正融資を繰り返していた。その問題は融資のために税金を使われることだった。

東京都中央区の商工組合中央金庫の株主総会が行われた。株主は国が46%、中小企業業界団体なども出資している。株主は不正融資を収拾し、中小企業支援に支障をきたすことがない言葉を求めた。去年発覚した、「危機対応融資」制度を利用した不正問題。災害や金融危機で業績悪化した起業に低い金利で融資を行う。融資先が破綻した場合、国が8割を補償する。商工組合中央金庫は融資を増やすために「営業店計画」という目標を設定、現場は圧力をかけられ、取引先企業の業績が増収しているが減収したように書き換えて制度を不正利用した。99人の従業員が関わり、198億円が不正融資された。先月、金融庁などが立入検査を開始、現在も続く。総会では、最初に社長が陳謝した。しかし、株主からは厳しい意見が飛んだ。

商工組合中央金庫の不正融資について、池袋支店の営業マンを取材。職員は広報部に問い合わせを求めた。第三者委員会の報告書によると、営業店計画について、ある職員は上司から「損害担保要件にあてはまらないことはない、無理にでも当てはめろ」と、自ら書きかけを指示。また課長が「無能」「他に会社に行け」などを言われるのを目の前で見て、部下が課長のために不正に手を染めた。国広総合法律事務所の國廣正弁護士は無理から不正は発生するとし、プレッシャーが現場の不正を産んだ。東芝と同じ構造だと指摘。不正が確認できているのは全口座の12%のみ、9月末までに自主調査を完了させ、全容を明らかにする方針。

スタジオトークで、大浜平太郎が商工組合中央金庫が不正融資を繰り返した理由を解説。リーマンショックで危機対応融資が始まり、東日本大震災、熊本地震、円高、エネルギーコスト高が対象となった。民間ではできない公的融資が存在意義だった。小泉政権で公的金融機関の民営化が始まり、法改正で民営化の期限が撤回された。不正融資背景は公的金融機関の存在意義を示す考えがあった可能性があるとした。

商工中金の不正融資問題について、國廣正弁護士は政治家は中小企業を守るために予算を使い切るように国にプレッシャーをかけるとし、日本の政治構造の問題があると指摘。


「大浜平太郎」に関連するグルメ情報

Oi!HOP

北村まあさがHOPLAB岡山祥子さんを取材、岡山さんはビールのティーバッグ「Oi!HOP」を紹介。ビールに入れると、ホップが入っているため香りや苦味を足すことができ、色まで変わった。北村は試飲し、別のビールに変わったとした。1バッグ216円で、8月発売予定。

スタジオトークで、大浜平太郎が「Oi!HOP」を使ったビールを試飲した。


スモール ロボセブン

アジア最大級の食品機械の展示会「FOOMA JAPAN 2017」が東京ビッグサイトで始まった。大浜平太郎キャスターは15年前にイベントを取材したことがあり、食品偽装問題などで食の安全への関心が高かったと振り返った。過去最多の出展社数となった今年は「ゆで卵カラムキ装置」などが展示された中、特徴的なのは機械の小型化。コバードの「スモール ロボセブン」は大福などのあんを自動で包む機械で、コンパクト化としても打ち出した。従来品より生産能力は落ちるものの大きさは半分で、価格は約700万円から400万円に下がった。これまで手作りで対応していた中小の菓子店からの要望で開発し、手作業に比べ10分分の1に時間が短縮できるという。


ゆで卵カラムキ装置

アジア最大級の食品機械の展示会「FOOMA JAPAN 2017」が東京ビッグサイトで始まった。大浜平太郎キャスターは15年前にイベントを取材したことがあり、食品偽装問題などで食の安全への関心が高かったと振り返った。過去最多の出展社数となった今年は「ゆで卵カラムキ装置」などが展示された中、特徴的なのは機械の小型化。コバードの「スモール ロボセブン」は大福などのあんを自動で包む機械で、コンパクト化としても打ち出した。従来品より生産能力は落ちるものの大きさは半分で、価格は約700万円から400万円に下がった。これまで手作りで対応していた中小の菓子店からの要望で開発し、手作業に比べ10分分の1に時間が短縮できるという。


東京ビッグサイト

アジア最大級の食品機械の展示会「FOOMA JAPAN 2017」が東京ビッグサイトで始まった。大浜平太郎キャスターは15年前にイベントを取材したことがあり、食品偽装問題などで食の安全への関心が高かったと振り返った。過去最多の出展社数となった今年は「ゆで卵カラムキ装置」などが展示された中、特徴的なのは機械の小型化。コバードの「スモール ロボセブン」は大福などのあんを自動で包む機械で、コンパクト化としても打ち出した。従来品より生産能力は落ちるものの大きさは半分で、価格は約700万円から400万円に下がった。これまで手作りで対応していた中小の菓子店からの要望で開発し、手作業に比べ10分分の1に時間が短縮できるという。


フルハートジャパン

アジア最大級の食品機械の展示会「FOOMA JAPAN 2017」が東京ビッグサイトで始まった。大浜平太郎キャスターは15年前にイベントを取材したことがあり、食品偽装問題などで食の安全への関心が高かったと振り返った。過去最多の出展社数となった今年は「ゆで卵カラムキ装置」などが展示された中、特徴的なのは機械の小型化。コバードの「スモール ロボセブン」は大福などのあんを自動で包む機械で、コンパクト化としても打ち出した。従来品より生産能力は落ちるものの大きさは半分で、価格は約700万円から400万円に下がった。これまで手作りで対応していた中小の菓子店からの要望で開発し、手作業に比べ10分分の1に時間が短縮できるという。

さらにフルハートジャパンのケーキカッターは超音波で刃先を1秒間に約2万回振動させることでカットしたケーキの断面は美しくなる。同社の佐藤昭彦氏は「小型機はどこのメーカーもつくっていないので、そこを狙った」とコメント。


コバード

アジア最大級の食品機械の展示会「FOOMA JAPAN 2017」が東京ビッグサイトで始まった。大浜平太郎キャスターは15年前にイベントを取材したことがあり、食品偽装問題などで食の安全への関心が高かったと振り返った。過去最多の出展社数となった今年は「ゆで卵カラムキ装置」などが展示された中、特徴的なのは機械の小型化。コバードの「スモール ロボセブン」は大福などのあんを自動で包む機械で、コンパクト化としても打ち出した。従来品より生産能力は落ちるものの大きさは半分で、価格は約700万円から400万円に下がった。これまで手作りで対応していた中小の菓子店からの要望で開発し、手作業に比べ10分分の1に時間が短縮できるという。


「大浜平太郎」に関連するイベント情報

FOOMA JAPAN 2017

アジア最大級の食品機械の展示会「FOOMA JAPAN 2017」が東京ビッグサイトで始まった。大浜平太郎キャスターは15年前にイベントを取材したことがあり、食品偽装問題などで食の安全への関心が高かったと振り返った。過去最多の出展社数となった今年は「ゆで卵カラムキ装置」などが展示された中、特徴的なのは機械の小型化。コバードの「スモール ロボセブン」は大福などのあんを自動で包む機械で、コンパクト化としても打ち出した。従来品より生産能力は落ちるものの大きさは半分で、価格は約700万円から400万円に下がった。これまで手作りで対応していた中小の菓子店からの要望で開発し、手作業に比べ10分分の1に時間が短縮できるという。

さらにフルハートジャパンのケーキカッターは超音波で刃先を1秒間に約2万回振動させることでカットしたケーキの断面は美しくなる。同社の佐藤昭彦氏は「小型機はどこのメーカーもつくっていないので、そこを狙った」とコメント。

昨今の日本食ブームもあって、国内の食品機械メーカーに対する海外企業の注目度が高く、「FOOMA JAPAN 2017」では外国人来場者の姿があった。鈴茂器工のブースでは寿司のシャリを作り、1個ずつ包装するロボットなどを製造する様子に外国人が目を光らせていた。小型製麺機で国内トップシェアを誇る大和製作所は日本の麺文化を世界に広めようとしていて、社員の西本愛さんは日本貿易振興機構が用意した商談スペースへと向かった。ヨーロッパで寿司ロボットを販売する企業のバイヤーを務めるアリス氏は欧州でラーメン店が増えることを見越し、製麺機を調達すべく来日。西本さんはアリス氏に売り込みをかけたところ好感触で、フランス産の食前酒を贈呈された。アリス氏によると日本の中小食品機械メーカーの品質は中韓よりも高いという。日本貿易振興機構では商談から長期的なビジネスの継続に向けたアドバイスをしている。


C-HR

大浜平太郎キャスターが今年上期で気になったものに「うんこ漢字ドリル」以上にトヨタ自動車の「C-HR」。自身の見立てではデザインが個性的でそんなに売れないと思っていたが、個性的なデザインを求める客層の存在を痛感したという。大江キャスターはヤマト運輸の値上げ、料理動画を挙げた。今日紹介した番付は明日発売の日経MJにて掲載される。


トヨタ自動車

大浜平太郎キャスターが今年上期で気になったものに「うんこ漢字ドリル」以上にトヨタ自動車の「C-HR」。自身の見立てではデザインが個性的でそんなに売れないと思っていたが、個性的なデザインを求める客層の存在を痛感したという。大江キャスターはヤマト運輸の値上げ、料理動画を挙げた。今日紹介した番付は明日発売の日経MJにて掲載される。