ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大浦天主堂」の検索結果

「大浦天主堂」に関連する情報 591件中 1〜10件目

江上天主堂

福江港から海上タクシーで久賀島へ移動。向かったのは「旧五輪教会堂」でこの建物は「大浦天主堂」の次に古いとされる。12畳の牢に200名の隠れキリシタンが幽閉され42名が亡くなった。この牢から出た人と子孫が作ったのがこの協会だという。他にも迫害を逃れるため信者3家族が隠れ住んだという「キリシタン洞窟」や奈留島の「江上天主堂」などを紹介。


大浦天主堂

福江港から海上タクシーで久賀島へ移動。向かったのは「旧五輪教会堂」でこの建物は「大浦天主堂」の次に古いとされる。12畳の牢に200名の隠れキリシタンが幽閉され42名が亡くなった。この牢から出た人と子孫が作ったのがこの協会だという。他にも迫害を逃れるため信者3家族が隠れ住んだという「キリシタン洞窟」や奈留島の「江上天主堂」などを紹介。


旧五輪教会堂

福江港から海上タクシーで久賀島へ移動。向かったのは「旧五輪教会堂」でこの建物は「大浦天主堂」の次に古いとされる。12畳の牢に200名の隠れキリシタンが幽閉され42名が亡くなった。この牢から出た人と子孫が作ったのがこの協会だという。他にも迫害を逃れるため信者3家族が隠れ住んだという「キリシタン洞窟」や奈留島の「江上天主堂」などを紹介。


福江港

福江港から海上タクシーで久賀島へ移動。向かったのは「旧五輪教会堂」でこの建物は「大浦天主堂」の次に古いとされる。12畳の牢に200名の隠れキリシタンが幽閉され42名が亡くなった。この牢から出た人と子孫が作ったのがこの協会だという。他にも迫害を逃れるため信者3家族が隠れ住んだという「キリシタン洞窟」や奈留島の「江上天主堂」などを紹介。


大浦天主堂

昭和のアルバムクイズに挑戦。どこの都道府県の写真かを答える。1問目の正解は長崎県で、ポイントを獲得したのは東国原ナインで、10ポイント獲得。


美の巨人たち 公式ツイッター

美の巨人たち「ホームページアドレス」公式フェイスブック。ツイッターも更新中。


美の巨人たち 公式フェイスブック


美の巨人たちホームページアドレス

美の巨人たち「ホームページアドレス」公式フェイスブック。ツイッターも更新中。


大浦天主堂

明治政府が諸外国の圧力からキリスト教を解禁したのは1873年。潜伏キリシタンたちは次々と現れ、信徒が次々に現れた。プチジャン神父は禁教のため荒れ果てていた大浦天主堂の改築に乗り出す。そのときプチジャンは日本ではまだ珍しかった希少な建築素材レンガを使った。改築の規模は創建時の2倍。見かけだけにこだわった創建当初とは違い、レンガ組で頑丈な天主堂を作り上げた。変貌を遂げた大浦天主堂はプチジャン神父は大切なものを残していた。それがわかったのは2007年。この年、パリ外国船協会本部小文書局から大浦天主堂の当初の設計図を発見。改築後の天主堂と比べると、柱の位置が一致した。大祭壇の中央部とマリア像の祭壇が創建当初のままになっている。プチジャンはき奇跡の起こった空間をそのまま残し、周囲を広げ強固なレンガで覆うかのように大切に守っていた。大浦天主堂は明治のままの姿を今に留めている。建物の入口では信徒発見を記念してフランスから贈られたマリア像が訪れる人を迎えてくれる。この荘厳な建物なければ日本のキリシタンの歴史は違うものになっていたはず。中には今も奇跡の時と同じパライソの光が降り注いでいる。


大浦天主堂

300年間沈黙していた潜伏キリシタンを表に引き出すために大浦天主堂をパライソのように仕立て上げた。プチジャンは内部の造りを徹底的にこだわった。リブ・ウォールド風の天井を作り、柱には日本の職人を使って彫刻を施した。しかしいくら本物風に作ってもそれだけでは魂の入っていない見せかけの建物にしかすぎない。プチジャンは天主堂に魂を吹き込むために本物の舞台装置をパリから持参。ステンドグラスはフランス製で日本の大工に作らせた。大祭壇の十字架のキリスト像フランスの歴史ある修道院から寄付されマリア像はフランスの由緒あるものを持ち込んだ。プチジャンは潜伏キリシタンを見つけ出すためにパライソのような完璧な教会を用意した。

1865年3月、大浦天主堂完成から3か月後には見学していた町の人々の中から天主堂に数人が入ってきた。その時祈りを捧げていたプチジャンに一人の女声が声をかけた。マリア様のご像はどこ?と答え、女性たちはマリア像に手を合わせた。300年の暗闇から潜伏キリシタンが姿を表した奇跡の瞬間だった。プチジャンは彼らの言葉をそのままパリへの手紙に記している。迫害の中、静かに信仰を守り続けていた人々の発見は世界宗教史上例がない事件だった。その知らせを聞いたヴァチカンのピウス9世は感激のあまり東洋の奇跡と呼び、世界中にその驚きを発信した。信徒発見から2年、大浦天主堂は台風で大きく損壊した。