ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大腿骨骨折」の検索結果

「大腿骨骨折」に関連する情報 208件中 1〜10件目

「大腿骨骨折」に関連するグルメ情報

ピラフ

内海桂子師匠について。設楽は「大腿骨骨折になったら寝たきりになることもあるが、舞台がある、お客さんの前に立つというのがあるから元気なのでは」などとコメント。リンゴさんは「前に漫才の方向性がわからなくなった時、前みたいに戻したら良いと言われて戻した」などと話した。中津川さんは佳子師匠の尊敬するところは、街中でのファンサービスだという。サインと写真撮影は嫌がらずにすべての人に行ない、一緒に長話をするとのこと。また食べる量が若者並みで、ある日のランチは「カツサンド、ポテトフライ、ピラフ、瓶ビール」だったという。今でも月に6回舞台に立っている。


「大腿骨骨折」に関連するグルメ情報

ポテトフライ

内海桂子師匠について。設楽は「大腿骨骨折になったら寝たきりになることもあるが、舞台がある、お客さんの前に立つというのがあるから元気なのでは」などとコメント。リンゴさんは「前に漫才の方向性がわからなくなった時、前みたいに戻したら良いと言われて戻した」などと話した。中津川さんは佳子師匠の尊敬するところは、街中でのファンサービスだという。サインと写真撮影は嫌がらずにすべての人に行ない、一緒に長話をするとのこと。また食べる量が若者並みで、ある日のランチは「カツサンド、ポテトフライ、ピラフ、瓶ビール」だったという。今でも月に6回舞台に立っている。


「大腿骨骨折」に関連するグルメ情報

カツサンド

内海桂子師匠について。設楽は「大腿骨骨折になったら寝たきりになることもあるが、舞台がある、お客さんの前に立つというのがあるから元気なのでは」などとコメント。リンゴさんは「前に漫才の方向性がわからなくなった時、前みたいに戻したら良いと言われて戻した」などと話した。中津川さんは佳子師匠の尊敬するところは、街中でのファンサービスだという。サインと写真撮影は嫌がらずにすべての人に行ない、一緒に長話をするとのこと。また食べる量が若者並みで、ある日のランチは「カツサンド、ポテトフライ、ピラフ、瓶ビール」だったという。今でも月に6回舞台に立っている。


左大腿骨骨折

樹木さんは夫婦のあり方について「家庭の形をなしていないしそれぞれの役は果たしていないが、これでバランスが取れていると今は思う」などと話していた。メディアで出ている以上に様々な問題があったろうと思うがそれをひっくるめて愛せるのは凄い、お互いにとって修行のようなものだったのだろうかなどと古市。樹木さんは左大腿骨骨折の際、「ワイドショーで知ったら嫌でしょう?今まで悪かったわね」と手術直前に自ら内田さんに電話し、内田さんは「こっちこそ悪かったな」と返したという。


大腿骨骨折

樹木と公私共に親交があり遺作にも主演した浅田美代子は、入院してからの1ヶ月間ほとんど毎日そばにいさせてもらった、身をもって死と向あうことを教えてくれたと話した。樹木は最期を自宅で過ごすことを強く望んでいた。亡くなる当日にも皆に気遣いを見せていた、まさかその日に亡くなるなんてと浅田は話した。内田裕也は憔悴しきった様子できのう自宅に戻った。後日コメントを発表予定。樹木の75年間は生涯女優を貫いた人生であった。


左大腿骨骨折

先月樹木希林さんは階段で転倒。左大腿骨骨折、入院し手術を受けていた。その後、樹木さんが病床で書いたメッセージを本木さんが紹介。本木さんによると樹木さんは先月一時危篤状態にあったという。入院から約1か月が経った一昨日。家族に見守られながら息を引き取った。その訃報を受けて吉永小百合さん、是枝監督、福山雅治さんらが樹木さんへの思いを明かした。


がん

5年前に全身ががんであることを明かした樹木希林さん。当時スッキリ!の取材を受け闘病について語っていた。放射線治療を受けていることを語った樹木さん。「現在のがん治療の技術はすごいと思う。どうやらがんと闘うということでもなさそう。(精力的に活動しているように見えると指摘を受けて)長く70年も仕事をしていると義理の仕事が多くなる。やらせていただいている。わたしは今日の授賞式も義理の仕事だと思っている。わたしは台本読んでいくらの役者だから」とコメント。闘病生活を送りながらも明るく応じる樹木希林さんの姿があった。

先月樹木希林さんは階段で転倒。左大腿骨骨折、入院し手術を受けていた。その後、樹木さんが病床で書いたメッセージを本木さんが紹介。本木さんによると樹木さんは先月一時危篤状態にあったという。入院から約1か月が経った一昨日。家族に見守られながら息を引き取った。その訃報を受けて吉永小百合さん、是枝監督、福山雅治さんらが樹木さんへの思いを明かした。


全身がん

全身がんで闘病しながら女優業を続けていた樹木希林さんが75歳で亡くなった。舞台の初日挨拶で夫婦円満が長続きする方法を聞かれると「何でもハイ、ハイとまず言ってみることだとこの映画を撮り終えて学びました。もう遅いですけどね」などと語った。西城秀樹さんが亡くなった時、希林さんは葬式や告別式について「みんな来なくていいからね、そーっとやってくれって言ってるの」などと語ったという。今年7月には杖をついて姿を表し、先月15日大腿骨骨折で緊急手術となった。本木雅弘さんがイベントで一時危篤となったがその後リハビリを続けていると伝え、本人直筆のメッセージが公開された。来月には映画「日日是好日」の公開が迫っており、共演の黒木華さんや多部未華子さんからメッセージが届いた。

希林さんにとっての2000年台は様々な病との戦いで2003年網膜剥離で左目を失明し、2005年には乳がんを発症した。どんな状況でも笑いを誘い明るく生きたが2013年に前身にがんが転移していると告知。それでも精力的に女優業を続け、出演した映画「万引き家族」はカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した。


「大腿骨骨折」に関連する映画・DVD

日日是好日

全身がんで闘病しながら女優業を続けていた樹木希林さんが75歳で亡くなった。舞台の初日挨拶で夫婦円満が長続きする方法を聞かれると「何でもハイ、ハイとまず言ってみることだとこの映画を撮り終えて学びました。もう遅いですけどね」などと語った。西城秀樹さんが亡くなった時、希林さんは葬式や告別式について「みんな来なくていいからね、そーっとやってくれって言ってるの」などと語ったという。今年7月には杖をついて姿を表し、先月15日大腿骨骨折で緊急手術となった。本木雅弘さんがイベントで一時危篤となったがその後リハビリを続けていると伝え、本人直筆のメッセージが公開された。来月には映画「日日是好日」の公開が迫っており、共演の黒木華さんや多部未華子さんからメッセージが届いた。


Yahoo! JAPAN

全身がんで闘病しながら女優業を続けていた樹木希林さんが75歳で亡くなった。舞台の初日挨拶で夫婦円満が長続きする方法を聞かれると「何でもハイ、ハイとまず言ってみることだとこの映画を撮り終えて学びました。もう遅いですけどね」などと語った。西城秀樹さんが亡くなった時、希林さんは葬式や告別式について「みんな来なくていいからね、そーっとやってくれって言ってるの」などと語ったという。今年7月には杖をついて姿を表し、先月15日大腿骨骨折で緊急手術となった。本木雅弘さんがイベントで一時危篤となったがその後リハビリを続けていると伝え、本人直筆のメッセージが公開された。来月には映画「日日是好日」の公開が迫っており、共演の黒木華さんや多部未華子さんからメッセージが届いた。