ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大腿骨骨折」の検索結果

「大腿骨骨折」に関連する情報 78件中 1〜10件目

「大腿骨骨折」に関連するグルメ情報

納豆

大阪医科大学などの研究グループが大腿骨骨折10万人あたりの発生率を発表し、西日本の発生率が高いことがわかった。発生率が高い県1位男性は沖縄県、女性は兵庫県。低い県1位は秋田県である。玉置淳子教授は「納豆摂取が東日本より西日本が少ないから」と話した。納豆の摂取が多いと骨密度の低下が少ない可能性がある。


大阪医科大学

大阪医科大学などの研究グループが大腿骨骨折10万人あたりの発生率を発表し、西日本の発生率が高いことがわかった。発生率が高い県1位男性は沖縄県、女性は兵庫県。低い県1位は秋田県である。玉置淳子教授は「納豆摂取が東日本より西日本が少ないから」と話した。納豆の摂取が多いと骨密度の低下が少ない可能性がある。


ビタミンD

大腿骨骨折の発生率が西日本で高かったという調査結果が出た。女性が最も高かったのは兵庫県で、和歌山、沖縄、奈良と続いている。男性は高い方から順に沖縄、長崎、和歌山、佐賀の順。一方、低いのは秋田、青森、岩手、宮城、北海道の順だった。大腿骨骨折のリスク要因はBMIの低さ、喫煙、多量飲酒、ビタミンDの不足。ビタミンDはシラス干し、サンマ、干しシイタケ、イクラ、あん肝などに多く含まれる。(毎日新聞)


大腿骨骨折

大腿骨骨折の発生率が西日本で高かったという調査結果が出た。女性が最も高かったのは兵庫県で、和歌山、沖縄、奈良と続いている。男性は高い方から順に沖縄、長崎、和歌山、佐賀の順。一方、低いのは秋田、青森、岩手、宮城、北海道の順だった。大腿骨骨折のリスク要因はBMIの低さ、喫煙、多量飲酒、ビタミンDの不足。ビタミンDはシラス干し、サンマ、干しシイタケ、イクラ、あん肝などに多く含まれる。(毎日新聞)


毎日新聞

大腿骨骨折の発生率が西日本で高かったという調査結果が出た。女性が最も高かったのは兵庫県で、和歌山、沖縄、奈良と続いている。男性は高い方から順に沖縄、長崎、和歌山、佐賀の順。一方、低いのは秋田、青森、岩手、宮城、北海道の順だった。大腿骨骨折のリスク要因はBMIの低さ、喫煙、多量飲酒、ビタミンDの不足。ビタミンDはシラス干し、サンマ、干しシイタケ、イクラ、あん肝などに多く含まれる。(毎日新聞)


毎日新聞

大腿骨骨折の人口10万人あたりの発生率を都道府県別に調べ集計した所、中部〜九州にかけて高かったことがわかった。地域差は最大2倍である。(毎日新聞)


大腿骨骨折

右足の大腿骨を骨折していたことを明かした女優・黒柳徹子さんが、先週木曜日に主演舞台「想い出のカルテット」の公開稽古に登場した。ケガを押しての出演となるため全篇車イスでの演技となるが、およそ15分間、慣れた手つきで車イスを操作。堂々の台詞回しを披露した。今回の舞台は引退した音楽家が集まる老人ホームで元オペラ歌手4人が再会する物語。徹子さんの役は元々腰が悪い設定だったため、車いす用のスロープを付けた以外は演出にほとんど変更がないという。1989年から続く徹子さん主演の海外コメディシリーズも今回で31作目。徹子さんは「あんなふうに頑張ってやっているんだってわかっていただけたらいい。迷惑がかからないように“シャンシャン”やる」などと話し、先週決まった赤ちゃんパンダの名前になぞらえ自身を鼓舞。100歳まで舞台をやりたい、頑張ってやっていこうと思っていますとかたった。


プレイボーイ

続いては「大腿骨骨折の黒柳徹子 車いすでも舞台続けるワケ」「平岳大と佐久間良子 “不思議な親子関係”」「プレイボーイ創刊者死去」。

先月27日、アメリカの男性向け雑誌「プレイボーイ」創刊者であり実業家のヒュー・ヘフナー氏が老衰のため亡くなった。91歳だった。ヘフナー氏は1953年「プレイボーイ」の創刊号で女優マリリン・モンローを表紙に起用。雑誌を発行部数700万部にまで成長させたほか、ナイトクラブ経営などの事業も成功し巨万の富を築いた。プレイボーイを地でいくヘフナー氏にとって、派手な私生活もステータスのひとつ。ビバリーヒルズの豪邸では毎晩のようにパーティー三昧。2度の結婚・離婚を経験し、2012年には60歳年下のモデルと再再婚するなど大きな話題に。数々の成功を手にしアメリカの象徴とまで言われたヘフナー氏。そのためアメリカでは、200億円以上ともいわれるヘフナー氏の遺産は誰の手に渡るのかに関心が集まっている。中にはヘフナー氏の未亡人クリスタル・ハリスさんが遺産を1円ももらえないかもしれないという記事も。そこには愛の物語があった。


大腿骨骨折

第7位は人生初の骨折をした黒柳徹子。おととい主演舞台の公開稽古に車椅子で登場。先月末につんのめって右足の大腿骨を骨折したことを明かした。 ジャイアント馬場のすすめでヒンドゥースクワットをやっていたのに骨折するなんて等と話した。現在は歩行できるくらい順調に回復している。


東京消防庁

今は全治していると語る徹子さん。大腿骨骨折の骨折は右足。つんのめってしまった。65歳以上が救急搬送した理由の81%が転ぶ事故。渡部は15万人から20万人が毎年骨折していると語る。実際、同世代の方は「歩くのに自信ない」とコメント。高齢者を悩ませる骨折。徹子さんはインスタグラムで、経過は順調、毎日リハビリに励んでいるとコメントをアップした。専門家はリハビリが一番大事だと専門家は伝える。徹子さんは片足スクワットにも挑戦していた。「わたしは元気って思ってきれいにして。人間ある年になるとどうでもいいって思うとどうでもよくなりますから」などとコメントした。前向きな徹子さんらしい考え方。


検索結果の絞り込み