ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大腿骨骨折」の検索結果

「大腿骨骨折」に関連する情報 219件中 1〜10件目

大腿骨骨折

今回話しを聞いたのは新宿にある吉本興業の社長応接室。去年10月に樹木さんが企画した映画の初めての会議がここで行われた。この時すでにききさんの体は病に蝕まれていた。樹木さんは「やれることはやらなきゃ」と言い、体調不良をおしてまで作成した映画にはモチーフになった事件があった。去年4月に世間を騒がせた62歳の女が38歳と偽って金を集め、出資法違反で逮捕された事件。樹木さんの「早く映画を作りたい」という熱い希望で、会議の3ヶ月後である今年1月にはクランクイン。異例の速さだった。さらに樹木さんは8月に大腿骨を骨折し、緊急手術をしたあとも映画の製作に携わっていた。話が出来ないほど体力が低下しても、身振り手振りで映画の出来をチェックしていた樹木さん。その2週間後、9月15日に樹木さんは永眠した。奥山さんは「やり残したくないっていう思いはどこかにあって、自分の余命というカウントダウンに入っている意識があったと思う。その中で浅田さんのことは非常に大きかったと思う」とコメントした。樹木さんが最後まで気にかけていたのは13歳年下の浅田さんのこと。2人の付き合いはドラマ「時間ですよ」から始まった。共演してから実に45年の付き合いだった。お互いに気が合い、家を行き来する仲だった樹木さんと浅田さん。樹木さんがこの事件に興味をもったきっかけも、浅田さんとの何気ない会話からだった。樹木さんが浅田さんを主演に選んだ理由−そこには愛が溢れていた。


東京消防庁HP

冬の健康トラブルで実は多いのが転倒事故とのこと。高齢者の救急搬送の約8割超が転倒事故というが10月〜3月は4月〜9月に比べ大腿骨付近の骨折が2割増加しているのだと言う。理由として寒いと筋肉が冷えて硬くなりやすくバランスを崩し転倒リスクが上がるとしており、高齢者の場合大腿骨骨折は寝たきりになるリスクが高まると金子俊之さんは語っている。


大腿骨骨折

今朝、心不全のため94歳で亡くなった赤木春恵さんは「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」など数多くのドラマや映画に出演し、人間味あふれる役で親しまれ、1993年には紫綬褒章を、98年には勲四等宝冠章を受章した。一方、最近では2015年に大腿骨骨折して以来、入退院を繰り返していた。赤木さんは2015年取材に対し、女優という仕事に対して「女優を続けたいとは思っていない」と話していた。ドラマのプロデューサーとして親交があった石井ふく子さんは「言葉がありません」と話していた。赤木さんは1ヶ月前に体調を崩し、最期は安らかに旅立ったということだ。告別式は来月4日の予定。


心不全

今朝、心不全のため94歳で亡くなった赤木春恵さんは「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」など数多くのドラマや映画に出演し、人間味あふれる役で親しまれ、1993年には紫綬褒章を、98年には勲四等宝冠章を受章した。一方、最近では2015年に大腿骨骨折して以来、入退院を繰り返していた。赤木さんは2015年取材に対し、女優という仕事に対して「女優を続けたいとは思っていない」と話していた。ドラマのプロデューサーとして親交があった石井ふく子さんは「言葉がありません」と話していた。赤木さんは1ヶ月前に体調を崩し、最期は安らかに旅立ったということだ。告別式は来月4日の予定。


大腿骨骨折

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


がん

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


光林寺

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


エレファントハウス

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


「大腿骨骨折」に関連する映画・DVD

あん

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


「大腿骨骨折」に関連する映画・DVD

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。