ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大腿骨骨折」の検索結果

「大腿骨骨折」に関連する情報 215件中 1〜10件目

大腿骨骨折

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


がん

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


光林寺

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


エレファントハウス

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


「大腿骨骨折」に関連する映画・DVD

あん

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


「大腿骨骨折」に関連する映画・DVD

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

観るものを引きつけて離さない人間味あふれる演技と、独特のキャラクターが愛された唯一無二の女優・樹木希林さんが先月15日に死去した。昨日、南麻布の光林寺で葬儀で行われた。小雨が降る中、生前親交のあった役者仲間などが弔問に訪れた。希林さんの最愛の相手である内田裕也さんの姿もあった。この日、40年以上別居しながら、生涯添い遂げることになった夫婦の知られざるエピソードが明らかにされた。また自らの死を覚悟しながら、自分らしく生き抜いた希林さんの姿も明らかになった。長年がんを患い闘病を余儀なくされ、今年の春に余命宣告されていたという。希林さん自身「自然に朽ちていきたい」という強い思いがあったとのこと。今年1年持つかどうか、場合によっては2〜3ヶ月という話だったという。家族に対し「はっきりしたから、いろいろ私も準備を進める」などと話していたとのこと。最期まで夫の裕也さんに告げることはなかった。具体的な準備とは、遺産について家族が困らないようきちんとする、葬儀が自分の好きな光林寺でできるかどうか確かめるなどと話していたという。今年8月に階段で転倒し、大腿骨骨折の大ケガを負った。一時は危篤状態となった。毎晩裕也さんに会いたいと言っていたという。離れて暮らしていても、胸の内を占めていたのは裕也さんの存在だった。先月14日に希林さんの容体が急変。最期は裕也さんが「しっかりしろ」などと電話で声をかけ、意識と体が離脱している状態だったが聞こえている様子だったという。家族に囲まれ、裕也さんの声を聞きながら安らかに旅立ったとのこと。夫婦が対面できたのは日が明けてからだった。


サンケイスポーツ

希林さん、裕也さんに会いたいと夫へ最期の求愛をしていたことが明らかになった。女優樹木希林さんの本葬が昨日営まれ訃報後初めて取材に応じた義理の息子で俳優の本木雅弘さんによると8月に希林さんが大腿骨骨折で入院した際、毎晩看護師さんに裕也さんに会いたいと言っていたという。また裕也さんが16日に希林さんと無言の対面をした際には「昔から美人だね」と優しく語りかけた。火葬では裕也さんが顎の骨の一部を箸で拾いハンカチに包みポケットに入れ持ち帰った。(サンケイスポーツ)


「大腿骨骨折」に関連するグルメ情報

ピラフ

内海桂子師匠について。設楽は「大腿骨骨折になったら寝たきりになることもあるが、舞台がある、お客さんの前に立つというのがあるから元気なのでは」などとコメント。リンゴさんは「前に漫才の方向性がわからなくなった時、前みたいに戻したら良いと言われて戻した」などと話した。中津川さんは佳子師匠の尊敬するところは、街中でのファンサービスだという。サインと写真撮影は嫌がらずにすべての人に行ない、一緒に長話をするとのこと。また食べる量が若者並みで、ある日のランチは「カツサンド、ポテトフライ、ピラフ、瓶ビール」だったという。今でも月に6回舞台に立っている。


「大腿骨骨折」に関連するグルメ情報

ポテトフライ

内海桂子師匠について。設楽は「大腿骨骨折になったら寝たきりになることもあるが、舞台がある、お客さんの前に立つというのがあるから元気なのでは」などとコメント。リンゴさんは「前に漫才の方向性がわからなくなった時、前みたいに戻したら良いと言われて戻した」などと話した。中津川さんは佳子師匠の尊敬するところは、街中でのファンサービスだという。サインと写真撮影は嫌がらずにすべての人に行ない、一緒に長話をするとのこと。また食べる量が若者並みで、ある日のランチは「カツサンド、ポテトフライ、ピラフ、瓶ビール」だったという。今でも月に6回舞台に立っている。


「大腿骨骨折」に関連するグルメ情報

カツサンド

内海桂子師匠について。設楽は「大腿骨骨折になったら寝たきりになることもあるが、舞台がある、お客さんの前に立つというのがあるから元気なのでは」などとコメント。リンゴさんは「前に漫才の方向性がわからなくなった時、前みたいに戻したら良いと言われて戻した」などと話した。中津川さんは佳子師匠の尊敬するところは、街中でのファンサービスだという。サインと写真撮影は嫌がらずにすべての人に行ない、一緒に長話をするとのこと。また食べる量が若者並みで、ある日のランチは「カツサンド、ポテトフライ、ピラフ、瓶ビール」だったという。今でも月に6回舞台に立っている。