ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大腿骨骨折」の検索結果

「大腿骨骨折」に関連する情報 89件中 1〜10件目

「大腿骨骨折」に関連する本・コミック・雑誌

小学館文庫

1967年2人は結婚。その後、3人の子宝に恵まれ、きよし両親とヘレン母・弟子と暮らす。しかし、1986年、変化が起きる。子宮と卵巣を全摘出。それがきっかけで、ホルモンバランスを崩し、早い段階で、更年期障害が。きよし父の認知症。さらに、ヘレンさんの母が大腿骨骨折をきっかけに寝たきり生活に。きよしさんの老支援の状態に。3人の親を同時にみる、壮絶な多重介護。しかも、西川きよしは1986年参院議員に。東京が生活の拠点だった。ヘレンさんは、夫のいない状態で、更年期障害を抱えながら、3人の親を同時にみる、多重介護。書籍の中で、「自分でみるには限界に来て、ジレンマに陥っていることもわかっていた」などと記載した。お互いに先が見えなくなり、一時は離婚も考えるほどだったという。東京と大阪を行き来しながら、きよしさんがヘレンさんのために、話を聞きにきた。その話を聞いてくれることこそが支えだった。そして、2002年にヘレンさんの母が、その後きよしさんの両親も亡くなり、去年、介護生活は終わりをつげた。2人の日課は、一緒にお風呂に入ることだという。きよしさんは、ヘレンさんの感謝の気持ちを言葉にした。


「大腿骨骨折」に関連する本・コミック・雑誌

1967年2人は結婚。その後、3人の子宝に恵まれ、きよし両親とヘレン母・弟子と暮らす。しかし、1986年、変化が起きる。子宮と卵巣を全摘出。それがきっかけで、ホルモンバランスを崩し、早い段階で、更年期障害が。きよし父の認知症。さらに、ヘレンさんの母が大腿骨骨折をきっかけに寝たきり生活に。きよしさんの老支援の状態に。3人の親を同時にみる、壮絶な多重介護。しかも、西川きよしは1986年参院議員に。東京が生活の拠点だった。ヘレンさんは、夫のいない状態で、更年期障害を抱えながら、3人の親を同時にみる、多重介護。書籍の中で、「自分でみるには限界に来て、ジレンマに陥っていることもわかっていた」などと記載した。お互いに先が見えなくなり、一時は離婚も考えるほどだったという。東京と大阪を行き来しながら、きよしさんがヘレンさんのために、話を聞きにきた。その話を聞いてくれることこそが支えだった。そして、2002年にヘレンさんの母が、その後きよしさんの両親も亡くなり、去年、介護生活は終わりをつげた。2人の日課は、一緒にお風呂に入ることだという。きよしさんは、ヘレンさんの感謝の気持ちを言葉にした。

「ヘレンのもう、いや!―多重介護奮戦録」

Amazon.co.jp


異食

フリーアナウンサー岩佐まりは2DK、家賃9万円のマンションで母と2人暮らし。午前5時に起床、要介護4の母に寝返りを打たせる。7時に起床、母は車椅子生活。母は大腿骨骨折で様子が変わったという。8時に朝食、食事は異食への注意が必要。週6回デイサービスを利用、毎月6万円。母を預けている間に仕事をする。この日は新潟で介護に関する講演を行った。月収25万円、8万円の介護年金で生活している。講演後はすぐ帰宅し母を迎えに行く。


認知症

フリーアナウンサー岩佐まりは2DK、家賃9万円のマンションで母と2人暮らし。午前5時に起床、要介護4の母に寝返りを打たせる。7時に起床、母は車椅子生活。母は大腿骨骨折で様子が変わったという。8時に朝食、食事は異食への注意が必要。週6回デイサービスを利用、毎月6万円。母を預けている間に仕事をする。この日は新潟で介護に関する講演を行った。月収25万円、8万円の介護年金で生活している。講演後はすぐ帰宅し母を迎えに行く。


右大腿骨骨折

いわさきちひろ生誕100年記者発表会にちひろ美術館の館長を務める黒柳徹子さんが出席した。徹子さんは9月に公開された主演舞台の稽古後の会見で、人生で初めて骨折し、手術したことを明かし、16日間の舞台を車いすで務めた。現在の回復状況について聞かれると「完治はもう少しですね」とコメントした。


右大腿骨骨折

黒柳徹子さんが、絵本作家いわさきちひろさんの生誕100年を記念するイベントの発表会に出席した。8月末に右大腿骨骨折で手術をし、車いすに乗って主演舞台を務めていた黒柳さん。今回のイベントでは、写真撮影までずっといすに座ったままの状態で行われた。取材陣から回復ぶりを聞かれると、「大丈夫です、元気です。ありがとうございます」と答え、完治間近であることを報告した。


東京中日スポーツ

黒柳徹子さんが、絵本作家いわさきちひろさんの生誕100年を記念するイベントの発表会に出席した。8月末に右大腿骨骨折で手術をし、車いすに乗って主演舞台を務めていた黒柳さん。今回のイベントでは、写真撮影までずっといすに座ったままの状態で行われた。取材陣から回復ぶりを聞かれると、「大丈夫です、元気です。ありがとうございます」と答え、完治間近であることを報告した。


「大腿骨骨折」に関連するイベント情報

2018年いわさきちひろ生誕100年記者発表

黒柳徹子さんが、絵本作家いわさきちひろさんの生誕100年を記念するイベントの発表会に出席した。8月末に右大腿骨骨折で手術をし、車いすに乗って主演舞台を務めていた黒柳さん。今回のイベントでは、写真撮影までずっといすに座ったままの状態で行われた。取材陣から回復ぶりを聞かれると、「大丈夫です、元気です。ありがとうございます」と答え、完治間近であることを報告した。


右大腿骨骨折

いわさきちひろ生誕100年の記者発表会に黒柳徹子さんが出席した。徹子さんは8月下旬に右足の大腿骨を骨折して手術を受けた。会見で足の状態を聞かれると「大丈夫です。歩くのはもうちょっとです」と順調な回復をアピールした。(東京中日スポーツ)


東京中日スポーツ

「いわさきちひろ生誕100年」記者発表会に黒柳徹子が登場した。黒柳徹子は8月に右大腿骨骨折で手術を受けた。足の状態について「歩くのはもうちょっとです」と話した。 (東京中日スポーツ)