ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大腿骨骨折」の検索結果

「大腿骨骨折」に関連する情報 52件中 1〜10件目

大腿骨骨折

研ナオコが先月舞台中に大腿骨骨折となり、約1か月で復帰会見がまもなくおこなわれるとのこと。会見には同じ舞台に共演していた梅沢富美男も同席するとのこと。


右大腿骨骨折

舞台中に右大腿骨骨折した研ナオコが、退院したことが判明した。人工関節に入れ替える手術を受けており、術後の経過も順調で日常生活ができるまでに回復したとのこと。(デイリースポーツ)


デイリースポーツ

舞台中に右大腿骨骨折した研ナオコが、退院したことが判明した。人工関節に入れ替える手術を受けており、術後の経過も順調で日常生活ができるまでに回復したとのこと。(デイリースポーツ)


大腿骨骨折

大腿骨を骨折した泰子さんは手術をうけた。翔子さんは懸命に介護、今までの人生とは逆転していた。ここで翔子さんは涙を見せず、ずっと母の足をさすっていた。


大腿骨骨折

2016年6月、翔子さんと母・泰子さんは個展のセレモニーのために新幹線で長野に向かっていた。実は出かけるまえ、泰子さんは転んでしまい足を負傷、徐々に痛みがひどくなり車いすを借りなければ歩けないほどに。初めて見る母の弱った姿に翔子さんは動揺を隠せなかった。泰子さんの診断は大腿骨骨折、手術が必要だった。


ダウン症

金澤翔子さんの1人ぐらしに密着。ある日、家に帰ると電気料金が支払われておらず、電気がとまってしまった。実は引き落としの手続きが間に合わず、ポストに請求書が来ていたのだが、翔子さんは開けることが出来ずに気付いていなかった。電気がなければ何も使えず、偶然スタッフがいたため料金を支払い事なきを得た。この日、翔子さんは電気にお金がかかることを初めて学んだ。料理は幼いころからやっていたので問題ないようだが、冷蔵庫にはアイスがたくさん、健康管理が心配だった。それでも翔子さんは一人暮らしを通じて様々な事を学んでいた。

2016年6月、翔子さんと母・泰子さんは個展のセレモニーのために新幹線で長野に向かっていた。実は出かけるまえ、泰子さんは転んでしまい足を負傷、徐々に痛みがひどくなり車いすを借りなければ歩けないほどに。初めて見る母の弱った姿に翔子さんは動揺を隠せなかった。泰子さんの診断は大腿骨骨折、手術が必要だった。


大腿骨骨折

シニア世代が運転する自転車は事故の原因になっている。自転車事故そのものは減っているが、高齢者だけで見ると事故件数は年々増加していて、免許を返納し自転車に乗り換えることが理由の一つとなっている。信号無視も横行し、非常に危険な状況。井口さんは3年前に自転車で買い物に行く際、同じく自転車にのった高校生の子とすれちがい避けようとして転倒、大腿骨を骨折し、2ヵ月間入院、いまでも右足に後遺症が残っている。自転車の運転には踏み込む力とバランス力が必要だが、高齢者は両方共欠けてきてしまう。頭を打つと重篤化する場合も。車輪やブレーキとCG画像を連動することで視力と聴力、反射神経を測定する機械では20代男性に比べ、車が現れてから停止までの時間を測定すると高齢者のほうが圧倒的に遅かった。気がついたときにはブレーキをかける間もないという。車の接近に何秒前から気づくかを測定しても、まったく気づかないケースもあった。一人ひとりの運動能力などを的確に把握して乗り方を考えなければならない。衝突事故を起こすと9500万円の損害賠償が命じられる場合もある。


骨折

酒を飲んで顔が赤くなりやすい人は骨粗鬆症を発症するリスクが高まり、大腿骨骨折しやすいことを研究グループが発表した。リスクは約2.5倍という。なぜリスクが高まるのか。


骨粗鬆症

酒を飲んで顔が赤くなりやすい人は骨粗鬆症を発症するリスクが高まり、大腿骨骨折しやすいことを研究グループが発表した。リスクは約2.5倍という。なぜリスクが高まるのか。


ビタミンE

お酒を飲むと赤くなりやすい体質の人は、赤くならない人と比べて骨粗しょう症を発症しやすく、大腿骨骨折のリスクが高いと慶應義塾大学の宮本健史医師らのグループが発表した。リスクは2.48倍違うと伝えた。


検索結果の絞り込み