ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「大飯発電所」の検索結果

「大飯発電所」に関連する情報 3401件中 1〜10件目

大飯大飯発電所

関西電力の大飯原子力発電所は、基準値振動について島崎前原子力規制委委員が過小に評価されている指摘した問題で、島崎氏と現委員長の田中俊一氏が会談した。田中氏ら規制委員会は評価方法は見直さず、申し入れを拒否した。


大飯発電所

原子力規制委員会で、再稼働に必要な安全審査を担当する学者は、大飯原発の審査の見通しについて前向きな姿勢を示した。また、安全審査では地震や津波の想定意外の理由で不合格になる原発はない見通し。


大飯発電所

政治家が中東・アフリカを訪問、沖縄県議会臨時会、原子力規制委員会が大飯原発3、4号機を現地調査、「安愚楽牧場」事件で元社長・元専務に判決(東京地裁)、十日えびす(〜11日 兵庫・西宮神社)。


大飯発電所

「政治家 中東・アフリカを訪問(〜15日)」、「沖縄県議会臨時会」など、きょうの主な予定を紹介。


大飯発電所

政府は、年明けに決定する国のエネルギー計画について議論する閣僚会議を開き、原発を重要な電源として活用していく方針を改めて確認した。関西電力・大飯原発の資料映像紹介。


大飯発電所

シリーズ「原発フェンスを歩く」最終回、福島第一原発に近い福島・南相馬市から八木ひとみがリポート。これまでの放送から、東海第二原発・東通原発・玄海原発・敦賀原発・大飯原発付近の取材を紹介した。

福島第一原子力発電所に近い福島・南相馬市からリポート。原発事故を受けて現在も立ち入り禁止区域があり、境界には立入禁止の看板が立ち「見えないフェンス」が張られる。自宅の放射線量が高いと診断され家族を避難させたという男性、畑で作物が作れず花畑に変えてしまったという男性などが取材に答えた。元作業員だったという男性は、原発稼働中は「経済的恩恵」もあったと話した。

福島第一原子力発電所に近い福島・南相馬市を取材。法律による立入禁止区域の境界にはフェンスは作られないが、防犯上の理由から住民が要請してバリケードを設けたところもあるという。その他、過去の放送から泊原発・敦賀原発・柏崎刈羽原発・玄海原発・伊方原発・東通原発での取材を紹介した。

福島第一原子力発電所に近い福島・南相馬市を取材。原発事故を受けた仮設住宅には2730世帯・6107人が暮らす。都内に避難していたが仮設住宅に入ったという女性が、仮設住宅での暮らしが長くなるとは思わなかったなどと話した。放送を振り返ってリポーターが、原発推進派・反対派の間にも壁を感じた、周辺住民と原発のない地域の住民にも温度差を感じたなどと話した。


大飯発電所

大飯原発で、原発事故を踏まえた防波堤の嵩上げ設置が完了した。防波堤はこれまでより3m高く8mに嵩上げされた他、取水ポンプの浸水を防ぐための防護壁も設けられた。関西電力は、安全性向上をアピールして再稼働を急ぎたい考え。しかし原子力規制委は、周辺の断層についての関西電力の評価は不十分と指摘している。


大飯発電所

美浜町新庄に、廃炉になった後の故郷の未来を模索する人がいる。長年、原発反対を訴える松下照幸さん。元々は推進のポジションにいたが、チェルノブイリ原発事故をキッカケに、原発反対を訴えるようになった。美浜町議会議員になり、原発反対を訴える。国が福井県に対し、大飯原発の再稼働を要請した去年4月、福井県庁前で反対活動を展開した全国の反対派に対し、冷静な対応を呼びかけた。そして代表して、行政に再稼働の中止を要請した。

そんな松下さんが去年秋、美浜町に対して「使用済み燃料、中間貯蔵施設の受け入れ」を提案した。松下さんの提案はおよそ50ページ。跡地を自然エネルギー開発に向けた工場として利用、そこで雇用を生み出す。さらに使用済み燃料を受け入れることで、新たな保管税の導入などを盛り込んでいる。松下さんは「使用済み核燃料を解決しないと廃炉にならない」等と話した。一方で、「原発に関わる人達と身近に生活してきた」「原発を止めるということは、彼らの生活を奪うこと」と話す。松下さんは、現実的な妥協点を探っていた。


大飯発電所

仙台放送(宮城)での東日本大震災の映像が放送される。 福島第一原発事故を受け、状況は一変した。原発が順次停止していた去年の春、当時の政治家は、「国民の生活を守るために大飯発電所3、4号機を再起動すべき」と述べた。おおい町民は「政治家や役人、学者は誰も責任をとらない、真っ先に我々がいじめられる」などと反発した。しかし去年5月14日、おおい町議会は再稼働に同意した。おおい町の政治家は「電話が殺到している、悪者扱いになっている」などと述べた。おおい町に寄せられた抗議や苦情の文書を役場が見せた。メールを合わせると1万通近くにのぼり、その多くが大都市に住む人たちから寄せられたという。

自宅にまで、講義する人達に押しかけられたという当時の町議会の議長だったおおい町議会議員の新谷欣也さんは「家の前に車を横付けして、人間の心を持っているのかなど、人間失格みたいなことを言われた」と話した。おおい町は、原発を受け入れたことで、これまでに約370億円の電源三法交付金を受けている。住民の暮らしを充実させるインフラなどに使ってきた。福井県全体では、約3666億円。日本一幸福なのは福井県だという、近年の調査結果もあった。40年にわたり、原発と共に生きてきた。


仙台放送

仙台放送(宮城)での東日本大震災の映像が放送される。 福島第一原発事故を受け、状況は一変した。原発が順次停止していた去年の春、当時の政治家は、「国民の生活を守るために大飯発電所3、4号機を再起動すべき」と述べた。おおい町民は「政治家や役人、学者は誰も責任をとらない、真っ先に我々がいじめられる」などと反発した。しかし去年5月14日、おおい町議会は再稼働に同意した。おおい町の政治家は「電話が殺到している、悪者扱いになっている」などと述べた。おおい町に寄せられた抗議や苦情の文書を役場が見せた。メールを合わせると1万通近くにのぼり、その多くが大都市に住む人たちから寄せられたという。

自宅にまで、講義する人達に押しかけられたという当時の町議会の議長だったおおい町議会議員の新谷欣也さんは「家の前に車を横付けして、人間の心を持っているのかなど、人間失格みたいなことを言われた」と話した。おおい町は、原発を受け入れたことで、これまでに約370億円の電源三法交付金を受けている。住民の暮らしを充実させるインフラなどに使ってきた。福井県全体では、約3666億円。日本一幸福なのは福井県だという、近年の調査結果もあった。40年にわたり、原発と共に生きてきた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (3401)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (3401)