ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「女性自身」の検索結果

「女性自身」に関連する情報 4088件中 1〜10件目

女性自身

21日に金メダルを獲得したスピードスケート日本女子団体パシュート。勝因の1つには高木姉妹の活躍があった。長女・菜那選手と末っ子・美帆選手の姉妹でのメダル獲得は日本の冬季五輪初。また美帆選手は1500mで銀、1000mで銅を獲得しており、日本人選手が1大会で金銀銅すべてのメダルを獲得したのも冬季五輪初。しかし、メダル獲得までには葛藤と競争の日々があった。先にスケートを始めたのは菜那選手で、美帆選手はスケートをしながらも様々なスポーツで才能を発揮していた。先に脚光を浴びたのは天才型と呼ばれた美帆選手で2010年、史上最年少の15歳8ヶ月でバンクーバー五輪に出場した。しかし姉妹の間には強烈なライバル意識が生まれており、努力型の菜那選手は妹に先を越された悔しさをバネに2014年のソチで五輪初出場した。一方、美帆選手は伸び悩み、ソチ代表から落選してしまった。ソチ五輪後、ナショナルチームを結成し、姉妹は年間300日間共に過ごすようになる。自転車での100キロ走や標高1500mでの全力ダッシュ、スケーティング姿勢でのジャンプなど過酷な達成した。


女性自身

悲願の金メダルに向けて、スピードスケート女子パシュートに挑む高木美帆・菜那姉妹だが、揃って出場したピョンチャンオリンピックに至るには特別な想いがあった。バンクーバー五輪では美帆選手がこれまでで最年少となる15歳で代表に選ばれていたが、美帆選手はメダルには及ばず、パシュートではメダルを獲得したものの、美帆選手はメンバーでありながら一度も出場できず「次は自分の力でっていうのは大きかった」と雪辱を誓ったものの美帆選手は落選し、姉の菜那選手がソチ五輪に出場した。この時菜那選手は前回は妹に負けて悔しい思いをしてと話し、美帆選手は代表を逃してしまって、負けを認めざる負えないと話していて、複雑な表情を応援の席では見せていた。

三兄弟の長女・次女として生まれた高木姉妹だが、5歳のときに兄の大輔さんの影響でスケートを始めていて、美帆選手は小学生の時から地区大会に優勝すると、中学の時には同世代に敵はいなかった。菜那選手の高校時代の監督は「心のどこかで妹には勝てないと分かりつつも、納得できていない。それを打ち消すために練習量がすごい」と話していて、2人を観てきた辻吉則さんは菜那は行動派で、美帆は慎重派だが、ふたりともコツコツと目標をやるタイプと話していて、2015年の直接対決では100分の1秒差で妹の美帆選手が勝利している。美帆選手は姉について負けず嫌いを表に出せるのが強みと話していて、菜那選手は妹について自分のことに集中できると話していた。そしてこの五輪は2人にとって8年越しの夢舞台となるが、目標について聞くと、2人でメダルを取って親に1つづつメダルをかけてあげられれば最高の思い出になると話していた。


女性自身

ふかわりょうとモデル風美女の熱愛をきょう発売の女性自身が報じた。女性は連日のようにふかわの自宅を訪れており、愛犬もなついているという。ふかわの所属事務所はプライベートは本人に任せているとして、報道を否定しなかった。(デイリースポーツ)


デイリースポーツ

ふかわりょうとモデル風美女の熱愛をきょう発売の女性自身が報じた。女性は連日のようにふかわの自宅を訪れており、愛犬もなついているという。ふかわの所属事務所はプライベートは本人に任せているとして、報道を否定しなかった。(デイリースポーツ)


デイリースポーツ

ふかわりょうさんとモデル風美女に熱愛が発覚と「女性自身」が報じた。女性は連日のようにふかわさんの自宅を訪れ、愛犬もすっかり懐いているという。所属事務所は交際は否定しなかった。(デイリースポーツ)


女性自身

ふかわりょうさんとモデル風美女に熱愛が発覚と「女性自身」が報じた。女性は連日のようにふかわさんの自宅を訪れ、愛犬もすっかり懐いているという。所属事務所は交際は否定しなかった。(デイリースポーツ)


女性自身2月27日号

女性自身2月27日号が遠藤憲一さんが別宅生活で恐妻から逃避中と報じた。去年12月、都心の繁華街にある立ち食いそばチェーン店での食事や、コンビニでビールや弁当を購入し自宅ではない高級タワーマンションへ帰宅したとのこと。今月上旬の記者直撃に対し、自宅をリフォーム中、仮住まいのマンションで奥さんも一緒に住んでいると説明。後日奥さんも電話取材に対し、別居を否定した。第8位:エンケン夫妻犬猿の仲ではない?


女性自身

ソチ五輪では姉の菜那選手が代表に選ばれたが、2010年のバンクーバー五輪では妹の美帆選手だけが出場した。菜那選手はこのとき美帆選手に対し、転べ、ラップ落ちろ、と思っていたという。姉妹でもライバル視するほど負けず嫌いで努力型の菜那選手。その結果ソチ五輪の代表を勝ち取ったが、逆の立場になったことで今度は美帆選手の意識も変わった。五輪に出たいという姉の強い思いに、気持ちの差は行動にも現れるんじゃないかなと自分の甘さを省みたと高木美帆は語っている。五輪への思いを強めた高木美帆は、自分と向き合えるようになり、その努力が結果として出たのかなと思うと兄も語っていた。2015年にはナショナルチームが発足し、世界の選手と同じ質と量の練習ができるようになった。


女性自身

小泉今日子についてトークが行われた。加治佐は「小泉今日子と豊原功補の不倫関係は以前から有名であったが、小泉今日子の性格を考えるとはっきりさせておきたかったのだろう。2人は同じ建物に事務所を構えており、そこで舞台の制作を行っている時に意気投合したと思われる。」と話した。また、加治佐は「小泉今日子と豊原功補は互いに思いが強く、公表することで豊原功補の妻に諦めて欲しかったのだろう」と話した。2人の関係が初めて明らかになったのは2015年の2月であり、おととし12月には「”輝く50代”を支える同志愛」と報じられた。去年10月には「『もう、いいよね』 あのカレと堂々の恋撮」と報じられ以前から度々報道されているが、誰も2人を追求していなかった。今まで週刊誌などで豊原功補の妻子について触れるものが少なかったことについて小泉今日子は「私が『ご家族に迷惑をかけないようにしてほしい』とフタッフに伝えたところ、思わぬ方向に事が動いてしまい、雑誌などには既に離婚したという情報が出回ってしまった」とコメントで話している。


「女性自身」に関連するイベント情報

コミックマーケット

女性自身によると、真木よう子は去年12月に事務所との契約を更新せず、独立することが明らかになった。待遇面への不満からここ数年は契約更改のたびにもめていたという。また、自身の写真集を製作しコミックマーケットに参加すると表明したところ、Twitterなどで批判が殺到、参加撤退に追い込まれた騒動、主演ドラマの視聴率低迷などが独立の背景にあったのではないか。独立は現在抱えているCMの契約が切れる7月。(スポーツニッポン)