ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「女性自身」の検索結果

「女性自身」に関連する情報 3969件中 1〜10件目

女性自身

所ジョージが1990(平成2)年5月14日をチョイス。5月11日、天皇陛下の使者が学習院共同住宅で川島家に結婚の儀の日取りを伝える「告期の儀」が行われた。この時期女性週刊誌には嫁入り道具の中身に迫る記事が踊りタイ料理店を訪れる姿がスクープされたりと紀子さまブームだった。そして、先日婚約を発表した秋篠宮眞子さまは翌年お生まれになった。


女性自身

ことの発端は去年12月に、A氏が泰葉さん側からCD制作の依頼を受け音楽担当マネージャーに就任し、翌年3月10日に帝国ホテルのスイートルームで泰葉さん、A氏、CD制作関係者が打ち合わせ、制作費用約600万円を泰葉さんが了承した。5月からレコーディングが始まるも、7月中旬に泰葉さんが「お金がない」と告白する。8月8日に泰葉さん宅でミーティングしA氏が泰葉さんのお金の使い方について諭すと態度が一変し、10日に泰葉さんがブログでA氏をストーカーと表現し、11日に泰葉さんからA氏に「死ね」など脅迫メールが3日間で約50通届いた。さらに8月16日にA氏の自宅に出刃包丁、脅迫状、犬のフンが置かれた。18日に泰葉さんが警察に呼ばれ、犯行を認めた。

突然の引退発表や元マネージャーへの脅迫など、世間を騒がせている泰葉さんを直撃取材すると、泰葉さんは笑顔で現れた。7月に引っ越した新居で、現在も作詞作曲などの作業を行っているという。まず先月ブログで発表した「2年後の引退」について聞くと、「今回の婚約にも少しは関係があるんですけど、子どもを持ちたい。子育てをして女性の最後の夢を叶えたいということ。それと芸能界にいると私はしたたかに生きるということができなく、ぶっきらぼうなんですね。それと世間知らずなので、そういうことですごく反省しまして、子育てをするなら家庭に入るという道を選択しました。」と答えた。また2年後とした意味については「ファンの方々やお世話になった方々にきちんと挨拶できるスパンがそれくらいじゃないかなと思った」と話した。そして週刊女性に報じられた元マネージャーへの脅迫騒動について尋ねてみた。


女性自身

山本五十六が愛した言葉「常に戦場にいる気持ちで何事にも当たるべし」を紹介。衆議院議員の任期は4年で首相の「解散」の1言で選挙に突入する宿命を背負っている。安倍総理の衆院解散の決断を後押しした3つの要因を紹介。日本テレビの世論調査では安倍政権の支持率は42.1%と4か月ぶりに支持が不支持を上回った。民進党は離党議員が続出し山尾議員のW不倫疑惑も浮上。さらに豊田真由子議員の暴言・暴行スキャンダルや今井絵理子議員の不倫疑惑なども浮上した。 前原議員の支持率は期待しないが52.9%と残念過ぎる船出となった。また日本ファーストの会・若狭代表は小池都知事のバックアップを受け政治塾をスタートさせた。


女性自身

今週の気になる見出しは、女性自身より「世界最高齢112歳」を紹介した。風見しんごは、「お肉を食べましょう」と述べた。


女性自身

週刊文春デジタルによる不倫報道を受け、先週民進党から離党した山尾志桜里議員。相手と報じられた倉持弁護士とは政策ブレーンで頻繁な打ち合わせと説明し雲隠れしたが、女性自身が不倫のきっかけは夫との離婚相談と報じた。記事によるとスピート出世した山尾議員と夫の間に格差という亀裂が生じ、去年末から互いに弁護士と相談し離婚の話し合いをもつようになった。そして相談相手と報じられたのが倉持弁護士。民進党関係者によると夫は文春の取材によって初めて不倫を知ったとコメント。この報道について山尾議員倉持弁護士の双方の事務所から回答はない。


女性自身

イケメン年下弁護士との週4W不倫報道が出た山尾志桜里議員。不倫のきっかけは彼女の離婚相談からという新報道が出た。


週刊文春

先週、弁護士とのW不倫報道を否定したものの民進党から離党した山尾議員。しかし、女性自身は山尾議員は昨年末頃から離婚協議をしていて、その離婚相談の相手がその弁護士だと報じている。御意見番からは厳しい意見もあった。


女性自身

先週、弁護士とのW不倫報道を否定したものの民進党から離党した山尾議員。しかし、女性自身は山尾議員は昨年末頃から離婚協議をしていて、その離婚相談の相手がその弁護士だと報じている。御意見番からは厳しい意見もあった。


日刊スポーツ

2015年11月、岡田義徳の自宅で、田畑智子が親指の付け根部分を包丁で切り救急搬送された。(日刊スポーツ)田畑は自殺未遂報道を否定。2人は破局や復縁を経て、今回”けじめ婚”が報じられ、現在は同棲を開始し、田畑の両親に挨拶も行なったという。しかし両親は岡田の仕事の状況を心配し、2人が幸せになることは望んでいるが結婚には反対しているという。(女性自身)所属事務所も同棲は認めるも、結婚については具体的なことは決まっていないとコメントした。


女性自身

2015年11月、岡田義徳の自宅で、田畑智子が親指の付け根部分を包丁で切り救急搬送された。(日刊スポーツ)田畑は自殺未遂報道を否定。2人は破局や復縁を経て、今回”けじめ婚”が報じられ、現在は同棲を開始し、田畑の両親に挨拶も行なったという。しかし両親は岡田の仕事の状況を心配し、2人が幸せになることは望んでいるが結婚には反対しているという。(女性自身)所属事務所も同棲は認めるも、結婚については具体的なことは決まっていないとコメントした。