ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「女性自身」の検索結果

「女性自身」に関連する情報 4171件中 1〜10件目

蟠龍寺

今週のアングルに、女性自身の体験型参拝を紹介。群馬・みどり市にある貧乏神追放神社では、大声で叫んだ後、ご神木を竹の棒で3回叩き、3回蹴飛ばす。管理する大海さんは、バブル崩壊後に貧乏から抜け出して明るく過ごしてほしいと父が設置したという。東京・目黒区の蟠龍寺には、歌舞伎役者がおしろいを塗って肌が綺麗になるようにと願掛けをされたおしろい地蔵があり、転じて美人祈願・美肌祈願でお参りする人が多いという。山口によると、縁を切る人と切らない人を、切れるハサミと切れないハサミに願かけてお参りする神社があるという。


草木ドライブイン

今週のアングルに、女性自身の体験型参拝を紹介。群馬・みどり市にある貧乏神追放神社では、大声で叫んだ後、ご神木を竹の棒で3回叩き、3回蹴飛ばす。管理する大海さんは、バブル崩壊後に貧乏から抜け出して明るく過ごしてほしいと父が設置したという。東京・目黒区の蟠龍寺には、歌舞伎役者がおしろいを塗って肌が綺麗になるようにと願掛けをされたおしろい地蔵があり、転じて美人祈願・美肌祈願でお参りする人が多いという。山口によると、縁を切る人と切らない人を、切れるハサミと切れないハサミに願かけてお参りする神社があるという。


貧乏神追放神社

今週のアングルに、女性自身の体験型参拝を紹介。群馬・みどり市にある貧乏神追放神社では、大声で叫んだ後、ご神木を竹の棒で3回叩き、3回蹴飛ばす。管理する大海さんは、バブル崩壊後に貧乏から抜け出して明るく過ごしてほしいと父が設置したという。東京・目黒区の蟠龍寺には、歌舞伎役者がおしろいを塗って肌が綺麗になるようにと願掛けをされたおしろい地蔵があり、転じて美人祈願・美肌祈願でお参りする人が多いという。山口によると、縁を切る人と切らない人を、切れるハサミと切れないハサミに願かけてお参りする神社があるという。


女性自身

今週のアングルに、女性自身の体験型参拝を紹介。群馬・みどり市にある貧乏神追放神社では、大声で叫んだ後、ご神木を竹の棒で3回叩き、3回蹴飛ばす。管理する大海さんは、バブル崩壊後に貧乏から抜け出して明るく過ごしてほしいと父が設置したという。東京・目黒区の蟠龍寺には、歌舞伎役者がおしろいを塗って肌が綺麗になるようにと願掛けをされたおしろい地蔵があり、転じて美人祈願・美肌祈願でお参りする人が多いという。山口によると、縁を切る人と切らない人を、切れるハサミと切れないハサミに願かけてお参りする神社があるという。


女性自身

西城秀樹が多忙の中で撮影していたのは「寺内貫太郎一家」、特に人気だったのが豪快な親子喧嘩のシーン。心配したファンから共演者 小林亜星に対する苦情の電話が殺到した。新御三家のそれぞれ違うキャラに、ファンの層も別れていった。秀樹の場合、アクションが特徴的な新曲が放送されると、翌日には学校でみんな真似をしていた。LIVEをすれば失神が続出する熱狂ぶりだった。兵庫県の野口駅、兵庫県の五郎駅、広島県の肥後西条駅には本人とは関係ないにもかかわらず、全国から殺到した。


女性自身


女性自身

プロとして笑いを追求した歌丸さん。ところが師匠は弟子に対して「稽古しろ」とは言わなかったという。しかし師匠の家で落語をずっと喋っているのを見て「稽古しなくちゃダメだな」と枝太郎さんは思ったという。病室でも落語の本を呼んでいたが、一昨日容態が急変し家族らに見守られながら息を引き取った。枝太郎さんは「苦しまずにすごく良い最期だったと思う。」などと述べた。歌丸さんの妻は「結婚するときに仕事場に来るなと言われ寄席に行ったことはない。笑点などはテレビで一応見ていた。」などと述べた。50年にわたり出演してきた「笑点」。お茶の間に笑いを届けるためにしてきた努力があった。


女性自身

月曜日に発売された「女性自身」に木曜バイキングメンバーの素顔がスクープされた。

月曜日に発売された「女性自身」に木曜バイキングメンバーである後藤輝基が報じられている。6月初旬に後藤輝基は高級スーパー前でベビーカーを押す姿が発見され、赤ちゃん言葉でデレデレであったという。


女性自身

父・石田純一さん、母・松原千明さん、兄・いしだ壱成さんを持つ女優のすみれさん。去年9月、長身イケメンハーフとの熱愛が報じられ、白昼堂々キスやハグなどラブラブな様子だったが、今週突然破局報道が。記者が突撃すると、「事実」と激白し、「彼氏募集中?それはないですね」とコメントした。


女性自身

三浦洋一と妻・真理子さんが出会ったのは1993年、バツイチで子どもがいた真理子さんはホステスとして働いていた。その店に番組の打ち上げで訪れた三浦、1993年に出会った。2人は籍を入れられないまま出産、それが次男・慶光さんだった。存在が明るみになると大バッシング、記者が自宅にも押し寄せ俳優界を干された。それから6年後に「食道がん」が明らかになり、2000年5月にこの世を去った。