ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「安川雅史」の検索結果

「安川雅史」に関連する情報 24件中 1〜10件目

スマホ

夏休みとなり中高生のスマホトラブルが増えている。文科省の調べによると不登校になった時期は7〜9月が29.1%と最も多い。ネット関連の相談件数は年々増加しており、LINEでは10万人を対象にしたネット利用実態を来月から開始すると発表した。

全国webカウンセリング協議会理事長の安川雅史氏を招き、中高生のスマホトラブルについて紹介していく。スマホが原因で夏休み明けに不登校になる生徒は増えている。

ある高校1年生の女子生徒は夏休みに入って一日中スマホで友達とやりとりをしていた。「なんでくるの?」と移動手段を聞いたつもりが、相手は「どうしてくるの?」と受け取り他の友達のも拡散。女子生徒は居場所を失い、新学期から不登校になった。

スマホで起こる言葉の取り違えとして「その服センスよくない」と文末に?マークを付け忘れ、相手はセンスが悪いと言われたと勘違いしたなどといった事例がある。LINEで起こるトラブルの例としては、既読したのに返信がないなどがある。

夏休みにスマホトラブルが起きやすいワケとしては、長時間続くスマホのやりとりがある。スマホにとってのグループが居場所となり、24時間いつでもスマホを手放せない状況となる。追い込まれた子供たちの中には、スマホでのやりとりができない事から家族での海外旅行に行かないといった事例もある。


磐田市立総合病院

娘が救急搬送された病院の対応の様子を撮影しネットに投稿したブラジル人男性は、差別そのものの問題提起をしたかったのだという。しかし、警察や役所は相手にしてくれず、弁護士も順番待ちだった。悩んだ末に動画をインターネットに投稿したところ瞬く間に拡散し、全国ニュースでも取り上げられた。男性は「インターネットは大きな力を持っていることに気づいた。破壊的な力でもあり、建設的な力でもある」と話した。磐田市立総合病院はこの件を受け、「医療の原点は思いやり」という基本理念を改めて徹底し、再発防止に努めているという。

磐田市立総合病院の医師が不適切な発言をした問題に関して、宮根誠司が「同じ出来事を撮影しても、場面の切り取り方によって見方が大きく違ってくる」と話し、竹田圭吾が「動画を投稿して問題提起するのはいいと思うが、そこにコメントやクレームをつけるほうが無責任でゆがんでいる。どちらが正義かわからないのに、自分が正義の側に立ちたいという衝動が抑えられない。そこが広がってしまうと、映像のデメリットが目立ってしまう」と応じた。全国webカウンセリング協議会の安川雅史氏は「冷製に判断すること、映っていることが全てではないということ、人を追い詰めるようなコメントや行動をしないこと」を動画閲覧の際の注意点として挙げた。


熊本市立江南中学校

スタジオでは全国webカウンセリング協議会の安川雅史が子どもの携帯の使用方法について、親の管理テクニックを紹介した。また高知県の高校ではLINEを使った取り組みを行なっていてクラス、部活など約70のグループラインが存在している。学校、親、子どもがラインで繋がり連絡等に使用しているという。また熊本市の中学校では生徒たちがスマホやLINEの使用ルールを作成し夜遅くの連絡や中傷的な書き込みなど迷惑行為が約7割改善された。


高知中央高等学校

スタジオでは全国webカウンセリング協議会の安川雅史が子どもの携帯の使用方法について、親の管理テクニックを紹介した。また高知県の高校ではLINEを使った取り組みを行なっていてクラス、部活など約70のグループラインが存在している。学校、親、子どもがラインで繋がり連絡等に使用しているという。また熊本市の中学校では生徒たちがスマホやLINEの使用ルールを作成し夜遅くの連絡や中傷的な書き込みなど迷惑行為が約7割改善された。


ねっととらぶるばすたぁ

フィリーはネットいじめでよく使われる隠語すら警告対象になっている。また、岐阜県立大垣商業高校が開発したアプリ「ねっととらぶるばすたぁ」はトラブルに対して適切な対応方法を選択。全問正解すると解決方法などをアドバイスしてくれる。安川雅史理事長は「所持の規制よりも子どもたち自身に問題点を気づかせる事がネットいじめを防ぐ上で効果的」と説明している。


岐阜県立大垣商業高校

フィリーはネットいじめでよく使われる隠語すら警告対象になっている。また、岐阜県立大垣商業高校が開発したアプリ「ねっととらぶるばすたぁ」はトラブルに対して適切な対応方法を選択。全問正解すると解決方法などをアドバイスしてくれる。安川雅史理事長は「所持の規制よりも子どもたち自身に問題点を気づかせる事がネットいじめを防ぐ上で効果的」と説明している。


フィリー

今、日本では小学生の約37%、中学生の約52%が携帯電話を持つ時代。小中高生の39.8%が1日2時間以上ネットを利用している。自治体では規制の動きが出ているが、規制するだけでなく使いながら子ども達を守る取り組みが生まれている。KDDIが先月発売した初のジュニア向けスマートフォンはフィルタリングの他、良くない言葉を使おうとすると注意メッセージが表示される「あんしん文字入力」という機能が付いた。警告を無視すると保護者のスマホに通知される。また、現在使えるスマホに「フィリー」というアプリを入れておくと約2万語の警告対象となるワードを抽出して保護者に知らせてくれる。

フィリーはネットいじめでよく使われる隠語すら警告対象になっている。また、岐阜県立大垣商業高校が開発したアプリ「ねっととらぶるばすたぁ」はトラブルに対して適切な対応方法を選択。全問正解すると解決方法などをアドバイスしてくれる。安川雅史理事長は「所持の規制よりも子どもたち自身に問題点を気づかせる事がネットいじめを防ぐ上で効果的」と説明している。


アメーバブログ

ブログの女王ことタレントの眞鍋かをりさんの公式ブログに殺害予告を書き込んだとして、青森県に住む39歳の男が脅迫の疑いで逮捕された。男は眞鍋さんの所属事務所に電話するなど嫌がらせを繰り返していたとみられる。男のツイッターには、先月22日から今月9日までの間、眞鍋さんに関する投稿が約900回掲載されていた。こうしたSNSを使った嫌がらせは芸能人だけでなく一般の間にも浸透している。全国Webカウンセリング協議会で理事長を務める安川雅史さんは「嫌がらせを受けたという証拠を固めて警察に動いてもらうのが大切」と話した。アメーバブログは親しい友人のみに記事を公開するサービスを設け、LINEも特定の人間のメッセージを受け取らずに済むブロック設定を用意するなど、SNS側も嫌がらせを防ぐためにさまざまな対策をとっている。眞鍋さんの所属事務所は「本人の日常生活および芸能活動への影響を考慮した上で、猶予がないと判断し、警察に相談させていただきました。今は大変安堵しております」とコメントした。


眞鍋かをりさん 公式ブログ

ブログの女王ことタレントの眞鍋かをりさんの公式ブログに殺害予告を書き込んだとして、青森県に住む39歳の男が脅迫の疑いで逮捕された。男は眞鍋さんの所属事務所に電話するなど嫌がらせを繰り返していたとみられる。男のツイッターには、先月22日から今月9日までの間、眞鍋さんに関する投稿が約900回掲載されていた。こうしたSNSを使った嫌がらせは芸能人だけでなく一般の間にも浸透している。全国Webカウンセリング協議会で理事長を務める安川雅史さんは「嫌がらせを受けたという証拠を固めて警察に動いてもらうのが大切」と話した。アメーバブログは親しい友人のみに記事を公開するサービスを設け、LINEも特定の人間のメッセージを受け取らずに済むブロック設定を用意するなど、SNS側も嫌がらせを防ぐためにさまざまな対策をとっている。眞鍋さんの所属事務所は「本人の日常生活および芸能活動への影響を考慮した上で、猶予がないと判断し、警察に相談させていただきました。今は大変安堵しております」とコメントした。


ツイッター

ロゼッタは2004年から10年間、64億キロの旅を経て彗星に着陸した。ヨーロッパ宇宙機関はその間、アニメーションやツイッターでロゼッタや小型探査機フィラエの様子を伝えてきた。ロゼッタは一時は節電のため休眠していたが今年1月、3年ぶりに起動した。

ブログの女王ことタレントの眞鍋かをりさんの公式ブログに殺害予告を書き込んだとして、青森県に住む39歳の男が脅迫の疑いで逮捕された。男は眞鍋さんの所属事務所に電話するなど嫌がらせを繰り返していたとみられる。男のツイッターには、先月22日から今月9日までの間、眞鍋さんに関する投稿が約900回掲載されていた。こうしたSNSを使った嫌がらせは芸能人だけでなく一般の間にも浸透している。全国Webカウンセリング協議会で理事長を務める安川雅史さんは「嫌がらせを受けたという証拠を固めて警察に動いてもらうのが大切」と話した。アメーバブログは親しい友人のみに記事を公開するサービスを設け、LINEも特定の人間のメッセージを受け取らずに済むブロック設定を用意するなど、SNS側も嫌がらせを防ぐためにさまざまな対策をとっている。眞鍋さんの所属事務所は「本人の日常生活および芸能活動への影響を考慮した上で、猶予がないと判断し、警察に相談させていただきました。今は大変安堵しております」とコメントした。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (24)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (24)