ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「安東弘樹」の検索結果

「安東弘樹」に関連する情報 1424件中 1〜10件目

「安東弘樹」に関連するグルメ情報

納豆そば

赤坂についてスタジオ出演者がトーク。井ノ原快彦はみのもんた連れて行かれた赤坂のカラオケ店には、みののお抱えバンドがいたというエピソードを明かした。峰竜太は「テレビ局と密接して芸能プロダクションが集まる場所は他にない」と語った。デヴィ夫人は、江戸時代は寺町だった赤坂だが、戦後は高級料亭が集まったと振り返り、かつての面影を残す「Kaisu」をVTRで見て感動したと語った。元TBSアナウンサーの安東弘樹は、昭和54年の日本レコード大賞でバックダンサーとして踊った経験があると語った。朝比奈彩は「天香回味」に友人とよく行くと語った。17年間、朝の生放送で赤坂に通い続けた薬丸裕英は、今もよく通うという「沙伽羅」の「納豆そば」を紹介した。山田五郎は、赤坂は東京六花街の一つで、バブル前は今の神楽坂・銀座・六本木を足したような場所だったと話した。


ミカド

赤坂についてスタジオ出演者がトーク。井ノ原快彦はみのもんた連れて行かれた赤坂のカラオケ店には、みののお抱えバンドがいたというエピソードを明かした。峰竜太は「テレビ局と密接して芸能プロダクションが集まる場所は他にない」と語った。デヴィ夫人は、江戸時代は寺町だった赤坂だが、戦後は高級料亭が集まったと振り返り、かつての面影を残す「Kaisu」をVTRで見て感動したと語った。元TBSアナウンサーの安東弘樹は、昭和54年の日本レコード大賞でバックダンサーとして踊った経験があると語った。朝比奈彩は「天香回味」に友人とよく行くと語った。17年間、朝の生放送で赤坂に通い続けた薬丸裕英は、今もよく通うという「沙伽羅」の「納豆そば」を紹介した。山田五郎は、赤坂は東京六花街の一つで、バブル前は今の神楽坂・銀座・六本木を足したような場所だったと話した。


コパカバーナ

赤坂についてスタジオ出演者がトーク。井ノ原快彦はみのもんた連れて行かれた赤坂のカラオケ店には、みののお抱えバンドがいたというエピソードを明かした。峰竜太は「テレビ局と密接して芸能プロダクションが集まる場所は他にない」と語った。デヴィ夫人は、江戸時代は寺町だった赤坂だが、戦後は高級料亭が集まったと振り返り、かつての面影を残す「Kaisu」をVTRで見て感動したと語った。元TBSアナウンサーの安東弘樹は、昭和54年の日本レコード大賞でバックダンサーとして踊った経験があると語った。朝比奈彩は「天香回味」に友人とよく行くと語った。17年間、朝の生放送で赤坂に通い続けた薬丸裕英は、今もよく通うという「沙伽羅」の「納豆そば」を紹介した。山田五郎は、赤坂は東京六花街の一つで、バブル前は今の神楽坂・銀座・六本木を足したような場所だったと話した。

15位は、400年続く老舗酒屋「赤坂 四方」。16代目の山田紀史子さんは、高級ナイトクラブ「コパカバーナ」があった当時を語った。そこでひときわ輝いていたのがデヴィ夫人だったという。


「安東弘樹」に関連するレストラン・飲食店

沙伽羅

赤坂についてスタジオ出演者がトーク。井ノ原快彦はみのもんた連れて行かれた赤坂のカラオケ店には、みののお抱えバンドがいたというエピソードを明かした。峰竜太は「テレビ局と密接して芸能プロダクションが集まる場所は他にない」と語った。デヴィ夫人は、江戸時代は寺町だった赤坂だが、戦後は高級料亭が集まったと振り返り、かつての面影を残す「Kaisu」をVTRで見て感動したと語った。元TBSアナウンサーの安東弘樹は、昭和54年の日本レコード大賞でバックダンサーとして踊った経験があると語った。朝比奈彩は「天香回味」に友人とよく行くと語った。17年間、朝の生放送で赤坂に通い続けた薬丸裕英は、今もよく通うという「沙伽羅」の「納豆そば」を紹介した。山田五郎は、赤坂は東京六花街の一つで、バブル前は今の神楽坂・銀座・六本木を足したような場所だったと話した。


「安東弘樹」に関連するグルメ情報

旬野菜と米沢牛一番育ちコース

赤坂についてスタジオ出演者がトーク。井ノ原快彦はみのもんた連れて行かれた赤坂のカラオケ店には、みののお抱えバンドがいたというエピソードを明かした。峰竜太は「テレビ局と密接して芸能プロダクションが集まる場所は他にない」と語った。デヴィ夫人は、江戸時代は寺町だった赤坂だが、戦後は高級料亭が集まったと振り返り、かつての面影を残す「Kaisu」をVTRで見て感動したと語った。元TBSアナウンサーの安東弘樹は、昭和54年の日本レコード大賞でバックダンサーとして踊った経験があると語った。朝比奈彩は「天香回味」に友人とよく行くと語った。17年間、朝の生放送で赤坂に通い続けた薬丸裕英は、今もよく通うという「沙伽羅」の「納豆そば」を紹介した。山田五郎は、赤坂は東京六花街の一つで、バブル前は今の神楽坂・銀座・六本木を足したような場所だったと話した。


「安東弘樹」に関連するレストラン・飲食店

赤坂についてスタジオ出演者がトーク。井ノ原快彦はみのもんた連れて行かれた赤坂のカラオケ店には、みののお抱えバンドがいたというエピソードを明かした。峰竜太は「テレビ局と密接して芸能プロダクションが集まる場所は他にない」と語った。デヴィ夫人は、江戸時代は寺町だった赤坂だが、戦後は高級料亭が集まったと振り返り、かつての面影を残す「Kaisu」をVTRで見て感動したと語った。元TBSアナウンサーの安東弘樹は、昭和54年の日本レコード大賞でバックダンサーとして踊った経験があると語った。朝比奈彩は「天香回味」に友人とよく行くと語った。17年間、朝の生放送で赤坂に通い続けた薬丸裕英は、今もよく通うという「沙伽羅」の「納豆そば」を紹介した。山田五郎は、赤坂は東京六花街の一つで、バブル前は今の神楽坂・銀座・六本木を足したような場所だったと話した。

 (中国鍋・火鍋、薬膳、台湾料理)

「安東弘樹」に関連するホテル・温泉旅館「安東弘樹」に関連する観光・地域情報

KAISU

赤坂についてスタジオ出演者がトーク。井ノ原快彦はみのもんた連れて行かれた赤坂のカラオケ店には、みののお抱えバンドがいたというエピソードを明かした。峰竜太は「テレビ局と密接して芸能プロダクションが集まる場所は他にない」と語った。デヴィ夫人は、江戸時代は寺町だった赤坂だが、戦後は高級料亭が集まったと振り返り、かつての面影を残す「Kaisu」をVTRで見て感動したと語った。元TBSアナウンサーの安東弘樹は、昭和54年の日本レコード大賞でバックダンサーとして踊った経験があると語った。朝比奈彩は「天香回味」に友人とよく行くと語った。17年間、朝の生放送で赤坂に通い続けた薬丸裕英は、今もよく通うという「沙伽羅」の「納豆そば」を紹介した。山田五郎は、赤坂は東京六花街の一つで、バブル前は今の神楽坂・銀座・六本木を足したような場所だったと話した。


TBS

赤坂についてスタジオ出演者がトーク。井ノ原快彦はみのもんた連れて行かれた赤坂のカラオケ店には、みののお抱えバンドがいたというエピソードを明かした。峰竜太は「テレビ局と密接して芸能プロダクションが集まる場所は他にない」と語った。デヴィ夫人は、江戸時代は寺町だった赤坂だが、戦後は高級料亭が集まったと振り返り、かつての面影を残す「Kaisu」をVTRで見て感動したと語った。元TBSアナウンサーの安東弘樹は、昭和54年の日本レコード大賞でバックダンサーとして踊った経験があると語った。朝比奈彩は「天香回味」に友人とよく行くと語った。17年間、朝の生放送で赤坂に通い続けた薬丸裕英は、今もよく通うという「沙伽羅」の「納豆そば」を紹介した。山田五郎は、赤坂は東京六花街の一つで、バブル前は今の神楽坂・銀座・六本木を足したような場所だったと話した。


MUGEN

16位はミュージックバー。「ボロンテール」は1977年に原宿明治通り沿いにオープンし、赤坂に移転した。コースターは常連の和田誠がデザインしたという。「SOUL BAR MIRACLE」は海外のスターも訪れた店。オーナーはディスコ「テンプス」の川畑満男さん。かつて赤坂にあったディスコ「MUGEN」では、海外アーティストの生演奏が行われていたという。

赤坂についてスタジオ出演者がトーク。井ノ原快彦はみのもんた連れて行かれた赤坂のカラオケ店には、みののお抱えバンドがいたというエピソードを明かした。峰竜太は「テレビ局と密接して芸能プロダクションが集まる場所は他にない」と語った。デヴィ夫人は、江戸時代は寺町だった赤坂だが、戦後は高級料亭が集まったと振り返り、かつての面影を残す「Kaisu」をVTRで見て感動したと語った。元TBSアナウンサーの安東弘樹は、昭和54年の日本レコード大賞でバックダンサーとして踊った経験があると語った。朝比奈彩は「天香回味」に友人とよく行くと語った。17年間、朝の生放送で赤坂に通い続けた薬丸裕英は、今もよく通うという「沙伽羅」の「納豆そば」を紹介した。山田五郎は、赤坂は東京六花街の一つで、バブル前は今の神楽坂・銀座・六本木を足したような場所だったと話した。


フジテレビ

キャスター人生を変えたニュース、舞台裏を語るコーナーの紹介。安藤優子は和歌山毒物カレー事件の林真須美死刑囚への取材でキャスター失格の烙印を押した。古舘伊知郎は東日本大震災での被災地での取材でキャスターとしての無力さを思い知ったという。宮川俊二は炭鉱事故で遺族への取材でキャスター人生が変わったという。安東弘樹はニュース番組の壮絶な舞台裏を明かす。人生を変えた平成の重大ニュースを初激白する。