ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「安藤優子」の検索結果

「安藤優子」に関連する情報 1824件中 1〜10件目

文芸春秋

今月25日、横綱・白鵬の自伝「白鵬伝」が出版される。本の中には批判の的となった“かち上げ”についても真意が述べられていた。速攻相撲を理想としている白鵬は、年を重ねるに連れてスピードが落ち“右かち上げ”や“左の張り差し”が手段の一つに。本を著した朝田武藏氏は「白鵬には8つの立ち合い術があり、かち上げと張り刺しが禁止になれば立ち会い術は2つになってしまう」と話している。白鵬自身は「時々、相手によってそういう速い相撲取りたいなというのもある」と語った。これについて木村太郎は白鵬は長年このやり方で勝ってきた、今になって言う横審の方がよっぽどおかしい、などとコメント。ヨネスケがファンの間では以前から問題視されていたと話し、大見信昭は横綱になった時点で言うべきだった、などとした。自伝の中では八角理事長がかち上げが好きだったと話していたことなども語られている。また、下の力士を一方的に張り倒すという「張り手」は横綱としてみっともないなどと話した。

横綱・白鵬の自伝「白鵬伝」の中では“横綱の品格”についても言及されている。横綱相撲という理想を追求したい自分がいる一方で、白星という現実的打算を優先させようとする自分もいると語る白鵬。しかし、今は“スポーツ”として捉えているという。ヨネスケは相撲は神事、分からなければ誰かが教えてとコメント。木村氏は横審が張り手やかち上げに何も言わない様子を見て「あ、スポーツになったんだ大相撲も」と思っていたが、今になって相撲道だ神事だと言われれば力士も面を食らうと話した。一方で、白鵬は自伝の中で自身が神事としての相撲にこだわっていると語っている。木村氏は知っていることと分かっていることは違うと指摘。大見氏はハングリー精神が違う、モンゴルの家族へ仕送りをする為には品格とばかり言っていられないと話した。

横綱・白鵬の自伝「白鵬伝」の中で語られた白鵬の場所でのルーティンを紹介。ヨネスケが勢は小走りで塩を取りに行くなどと話すと、大見氏は白鵬を真似ていると付け加えた。また、白鵬は大関時代に引退を考えたことがあったという。2006年、優勝次点の成績を残したにもかかわらず横綱昇進を見送られた白鵬。その後、モチベーションが下がったのか負けが混み、さらには初めての休場。この時に休場の原因となった親指のじん帯・骨が古傷となり、今場所での休場に繋がっている。当時、入院中にテレビでほかの力士の相撲を見ているうちに「やっぱり相撲しかない」という気持ちになり、復帰後、横綱昇進を果たした。安藤優子は相撲が好きで好きでしょうがないという気持ちは伝わってきますよね、とコメント。


「安藤優子」に関連する本・コミック・雑誌

今月25日、横綱・白鵬の自伝「白鵬伝」が出版される。本の中には批判の的となった“かち上げ”についても真意が述べられていた。速攻相撲を理想としている白鵬は、年を重ねるに連れてスピードが落ち“右かち上げ”や“左の張り差し”が手段の一つに。本を著した朝田武藏氏は「白鵬には8つの立ち合い術があり、かち上げと張り刺しが禁止になれば立ち会い術は2つになってしまう」と話している。白鵬自身は「時々、相手によってそういう速い相撲取りたいなというのもある」と語った。これについて木村太郎は白鵬は長年このやり方で勝ってきた、今になって言う横審の方がよっぽどおかしい、などとコメント。ヨネスケがファンの間では以前から問題視されていたと話し、大見信昭は横綱になった時点で言うべきだった、などとした。自伝の中では八角理事長がかち上げが好きだったと話していたことなども語られている。また、下の力士を一方的に張り倒すという「張り手」は横綱としてみっともないなどと話した。

横綱・白鵬の自伝「白鵬伝」の中では“横綱の品格”についても言及されている。横綱相撲という理想を追求したい自分がいる一方で、白星という現実的打算を優先させようとする自分もいると語る白鵬。しかし、今は“スポーツ”として捉えているという。ヨネスケは相撲は神事、分からなければ誰かが教えてとコメント。木村氏は横審が張り手やかち上げに何も言わない様子を見て「あ、スポーツになったんだ大相撲も」と思っていたが、今になって相撲道だ神事だと言われれば力士も面を食らうと話した。一方で、白鵬は自伝の中で自身が神事としての相撲にこだわっていると語っている。木村氏は知っていることと分かっていることは違うと指摘。大見氏はハングリー精神が違う、モンゴルの家族へ仕送りをする為には品格とばかり言っていられないと話した。

横綱・白鵬の自伝「白鵬伝」の中で語られた白鵬の場所でのルーティンを紹介。ヨネスケが勢は小走りで塩を取りに行くなどと話すと、大見氏は白鵬を真似ていると付け加えた。また、白鵬は大関時代に引退を考えたことがあったという。2006年、優勝次点の成績を残したにもかかわらず横綱昇進を見送られた白鵬。その後、モチベーションが下がったのか負けが混み、さらには初めての休場。この時に休場の原因となった親指のじん帯・骨が古傷となり、今場所での休場に繋がっている。当時、入院中にテレビでほかの力士の相撲を見ているうちに「やっぱり相撲しかない」という気持ちになり、復帰後、横綱昇進を果たした。安藤優子は相撲が好きで好きでしょうがないという気持ちは伝わってきますよね、とコメント。

「白鵬伝」

Amazon.co.jp


C型肝炎

小室哲哉の会見について、安藤優子は具合が悪そうな印象を受けて精神的な支えのA子さんが必要だったと話した。加治佐謙一は小室哲哉は音楽プロデューサーなどをやっていて、それを全てやめる頼まれればやるという形はとるが、本人のやる気がない風に感じると話した。


C型肝炎

自身の不倫報道を受け小室哲哉が行った会見について、安藤優子らは不倫と引退がどうつながるのか分からないとちょっと感じたと話した。まただからと言ってということはあるが、C型肝炎を患ったなど小室自身が体調が悪いようすが気になるとした。引き続き会見について伝える。


アフロ

休場した白鵬について安藤優子は「よく考えるために時間がほしいのかなと思った」とコメント。一方の稀勢の里は取り組みを続けることになった。


日刊スポーツ

休場した白鵬について安藤優子は「よく考えるために時間がほしいのかなと思った」とコメント。一方の稀勢の里は取り組みを続けることになった。


「安藤優子」に関連するイベント情報

平昌五輪

バイキングとグッディのスタジオトーク。安藤優子は「平昌オリンピックに北朝鮮側は参加してやるという態度。もしかしたらムン・ジェインさんは軒を貸して母屋を取られるようなことにもなりかねない。蓋を開けてみたら平昌オリンピックではなく平壌オリンピックみたいな。そこに楽団が一役買うという感じはする」と話した。


はれのひ

「白鵬”張り手封印”で薄氷の勝利」「“伊之助代役”いきなり差し違える」「被害2億円超…はれのひ社長今どこへ」のニューステロップ。安藤優子が相撲人気が高まってるとして満員御礼だった事について伝えた。


「安藤優子」に関連するイベント情報

十日戎開門神事福男選び

午前6時、圧倒的速さで走り抜いた高校生の佐藤さんが福男に選ばれた。前園と島田は5分42秒でゴールした。

「来ていただいたのに申し訳ない」と前園は頭を垂れた。島田は「あそこまでやってダメだったってことは邪気がすごいんですかね」とコメントした。松本が「ペットのセブンを食おう」と提案すると前園は顔をしかめた。島田は「戌年に人間関係を頑張ると良い」と話す。様々な場所に行って多くの人と出会ったり、疎遠になっている人に連絡を取ると運気が上がるそうだ。一方で、今年は一段と気をつけなければいけないことがあるという。


「安藤優子」に関連するグルメ情報

ぜんざい

今年のラッキーカラーは「ピンク」と「シルバー」だ。前園はピンクとシルバーのランナーファッションに身を包むと笑顔になった。前園の手には運が強くなる神秘十字線などがあったが、どれも惜しかったため、神秘十字線、くじ運線、スター線などを書き込んだ白い手袋を装着した。利き手じゃない手でくじを引くと、邪念などが入りにくくなり、くじ運がアップする。続いて、天まで運気が上がり、衣食住(重箱)の意味を備えた天重を食べた。徳を積むため、2人は会場に行くまでの道のりでゴミ拾いをした。午後8時15分、おみくじの受付に並んだ。福男のスタートはそこから10時間後の翌朝6時だ。くじ引き10分前に、神在が訛ったとされる「ぜんざい」を食べた。先頭集団のAブロックを引く確率は15分の1。まずは島田がくじを引き、外れを引いた。そして、前園も外れだった。