ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「安藤優子」の検索結果

「安藤優子」に関連する情報 2076件中 1〜10件目

「安藤優子」に関連するイベント情報

「第43回報知映画賞」 表彰式

亡くなった西城秀樹さんや樹木希林さんについて。安藤優子さんは改めて見ると見事と言った。また樹木希林さんが都内で行われた第43回報知映画賞の授賞式で3本の映画で助演女優賞を受賞した。受賞した映画は、「モリのいる場所」「万引き家族」「日日是好日」の3つ。授賞式では娘である内田也哉子が代わりに出席し、母が夢にも出てこない、しかし映画で母を見ることが出来るなどをコメントした。


「安藤優子」に関連する映画・DVD

日日是好日

亡くなった西城秀樹さんや樹木希林さんについて。安藤優子さんは改めて見ると見事と言った。また樹木希林さんが都内で行われた第43回報知映画賞の授賞式で3本の映画で助演女優賞を受賞した。受賞した映画は、「モリのいる場所」「万引き家族」「日日是好日」の3つ。授賞式では娘である内田也哉子が代わりに出席し、母が夢にも出てこない、しかし映画で母を見ることが出来るなどをコメントした。


「安藤優子」に関連する映画・DVD

モリのいる場所

亡くなった西城秀樹さんや樹木希林さんについて。安藤優子さんは改めて見ると見事と言った。また樹木希林さんが都内で行われた第43回報知映画賞の授賞式で3本の映画で助演女優賞を受賞した。受賞した映画は、「モリのいる場所」「万引き家族」「日日是好日」の3つ。授賞式では娘である内田也哉子が代わりに出席し、母が夢にも出てこない、しかし映画で母を見ることが出来るなどをコメントした。


「安藤優子」に関連するイベント情報

第43回報知映画賞

亡くなった西城秀樹さんや樹木希林さんについて。安藤優子さんは改めて見ると見事と言った。また樹木希林さんが都内で行われた第43回報知映画賞の授賞式で3本の映画で助演女優賞を受賞した。受賞した映画は、「モリのいる場所」「万引き家族」「日日是好日」の3つ。授賞式では娘である内田也哉子が代わりに出席し、母が夢にも出てこない、しかし映画で母を見ることが出来るなどをコメントした。


「安藤優子」に関連する映画・DVD

万引き家族

樹木希林の遺作となった映画「満開の桜と妖精」で樹木希林さんの孫を演じた入月絢は撮影の過程で樹木希林さんの気遣いの中に女優であることへの意地を感じたという。

亡くなった西城秀樹さんや樹木希林さんについて。安藤優子さんは改めて見ると見事と言った。また樹木希林さんが都内で行われた第43回報知映画賞の授賞式で3本の映画で助演女優賞を受賞した。受賞した映画は、「モリのいる場所」「万引き家族」「日日是好日」の3つ。授賞式では娘である内田也哉子が代わりに出席し、母が夢にも出てこない、しかし映画で母を見ることが出来るなどをコメントした。


ガスボンベ

札幌での爆発事故で、爆発時には飲食店には47人、不動産店には2人いた。今回重傷者が1人だったことについて東京理科大学の菅原進一名誉教授は「頑丈な建物ほど密閉度が高く爆発力が増すが、壁などが薄いと威力が弱まることがある」と話した。複数回爆発音を聞いたという証言について「ガス抜きがされてなかったスプレー缶があったため2回ぐらいに分けて爆発があった」と話した。しかし、不動産店や飲食店のプロパンガスは爆発で破損していなかった。安藤優子は「1回の爆発ではなくもう1回大きな爆発があって広範囲に被害を及ぼすような結果になった」と話した。


「安藤優子」に関連するイベント情報

グランプリファイナル

紀平梨花選手について。16歳で気持ちのコントロールができるなんて凄いなどとスタジオの安藤優子らは話した。きのう空港にはファンや報道陣など100人以上の人が待ち構えており、紀平選手もこんなにいるんだと驚いていたとのこと。


成田空港

紀平梨花のストイックさを姉の萌絵さんが語る。お菓子は1日100キロカロリーまで、チョコレートは1粒までと決めているとのこと。試合での自分の気持ちのコントロールなどが上手くいくようになって今回結果が出せるようになったのだと思うと紀平は話している。

紀平梨花選手について。16歳で気持ちのコントロールができるなんて凄いなどとスタジオの安藤優子らは話した。きのう空港にはファンや報道陣など100人以上の人が待ち構えており、紀平選手もこんなにいるんだと驚いていたとのこと。


「安藤優子」に関連するイベント情報

グランプリファイナル

紀平梨花のグランプリファイナル優勝についてトーク。安藤優子が、卓球では伊藤美誠が中国に警戒されていると話した。シニアデビューの年での優勝は浅田真央以来13年ぶりと紹介した。得点の内訳では、紀平梨花が技術点で大きく上回った、演技構成点ではこれまで大きく負けていたが今大会では僅差に食らいついたと紹介した。

紀平梨花のグランプリファイナルの演技について、予定されていたプログラムから直前で調整が行われたと紹介。フランス大会では得点の低いジャンプに変更する守りの調整が行われたが、グランプリファイナルではより得点の高いジャンプに変更する攻めの調整となった。佐野稔さんが、3回転ジャンプは2度、2回転ジャンプは3度同じものを跳んではいけないというルールがある、練習ではジャンプ失敗時の変更も考えておくが初めての大会で行うのは難しいと解説した。その他、ザギトワ選手は試合直前に足をけがしていたが本人は明かしていなかったと紹介した。


両国国技館

安藤優子さんは「日馬富士の引退会見の言葉が重く響いてくる。」とコメント。高橋克実さんは「最後まで礼儀と礼節さを忘れないでくれと言い続けていたので目に余ることがあったと思う。」などとコメント。貴乃花の関係者は「貴乃花の顔に泥を塗った。あれだけ守ってあげた弟子なのに残念。この一年はなんだったのか、全てが台無しになってしまった。」などと話す。貴ノ岩が十両昇進を決めたときが一番貴乃花部屋が湧いたとのこと。貴乃花は貴ノ岩に親のように接していた。

最新情報 親方と付け人が協会に説明へ