ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「安藤優子」の検索結果

「安藤優子」に関連する情報 1916件中 1〜10件目

平和の家

1999年3月に、南北軍事境界線を取材する安藤優子の映像が流れた。映像に映っている平和の家で南北首脳会談が行われることになる。出演者らが挨拶しエンディングとなった。


日本スケート連盟

羽生凱旋パレードについてスタジオトーク。安藤優子さんは、帰りたくない気持ちが分かる、現実に戻りたくないなどとコメント。高橋克実さんは、この流れで飲みに行ったんじゃないかとコメント。パレードの運営資金は、Tシャツやラバーバンドの売り上げや、市民からの寄付約2000万円の総額約2億円。実行委員会関係者は、前回のパレードは約8900万円で差額を全額寄付予定だったことから、今回約1億1000万円を震災復興に寄付予定と見られている。羽生選手も、日本オリンピック委員会と日本スケート連盟からの報奨金約1000万円を、宮城県と仙台市にそれぞれ500万円を寄付。伊藤洋一さんと長谷川聖子さんは、行きたかったなどとコメント。長谷川さんは続けて、羽生選手の誠実な人柄が出ている、応援したくなった、誰も営利に走っていないところがいいとコメント。斎藤司さんは、こんなに人を集められる人はいないんじゃないか、バックお手振りを真似したいなどとコメント。三田友梨佳さんは、羽生選手のファンは演技だけじゃなく、強い意志や前向きなところ謙虚なところなど内面が好きな人が多い。ゴミが出ないことは、羽生選手の意思の強さがファンに影響しているとし、羽生選手に恥をかかせないファンの愛が溢れていたとコメントした。ボランティアがゴミ拾いを行ったが、集まったゴミは90リットルのゴミ袋6袋だけだった。実行委員会関係は、想定よりも少なく、協力に感謝しているなどとコメントしている。


ラバーバンド

羽生凱旋パレードについてスタジオトーク。安藤優子さんは、帰りたくない気持ちが分かる、現実に戻りたくないなどとコメント。高橋克実さんは、この流れで飲みに行ったんじゃないかとコメント。パレードの運営資金は、Tシャツやラバーバンドの売り上げや、市民からの寄付約2000万円の総額約2億円。実行委員会関係者は、前回のパレードは約8900万円で差額を全額寄付予定だったことから、今回約1億1000万円を震災復興に寄付予定と見られている。羽生選手も、日本オリンピック委員会と日本スケート連盟からの報奨金約1000万円を、宮城県と仙台市にそれぞれ500万円を寄付。伊藤洋一さんと長谷川聖子さんは、行きたかったなどとコメント。長谷川さんは続けて、羽生選手の誠実な人柄が出ている、応援したくなった、誰も営利に走っていないところがいいとコメント。斎藤司さんは、こんなに人を集められる人はいないんじゃないか、バックお手振りを真似したいなどとコメント。三田友梨佳さんは、羽生選手のファンは演技だけじゃなく、強い意志や前向きなところ謙虚なところなど内面が好きな人が多い。ゴミが出ないことは、羽生選手の意思の強さがファンに影響しているとし、羽生選手に恥をかかせないファンの愛が溢れていたとコメントした。ボランティアがゴミ拾いを行ったが、集まったゴミは90リットルのゴミ袋6袋だけだった。実行委員会関係は、想定よりも少なく、協力に感謝しているなどとコメントしている。


Tシャツ

羽生凱旋パレードについてスタジオトーク。安藤優子さんは、帰りたくない気持ちが分かる、現実に戻りたくないなどとコメント。高橋克実さんは、この流れで飲みに行ったんじゃないかとコメント。パレードの運営資金は、Tシャツやラバーバンドの売り上げや、市民からの寄付約2000万円の総額約2億円。実行委員会関係者は、前回のパレードは約8900万円で差額を全額寄付予定だったことから、今回約1億1000万円を震災復興に寄付予定と見られている。羽生選手も、日本オリンピック委員会と日本スケート連盟からの報奨金約1000万円を、宮城県と仙台市にそれぞれ500万円を寄付。伊藤洋一さんと長谷川聖子さんは、行きたかったなどとコメント。長谷川さんは続けて、羽生選手の誠実な人柄が出ている、応援したくなった、誰も営利に走っていないところがいいとコメント。斎藤司さんは、こんなに人を集められる人はいないんじゃないか、バックお手振りを真似したいなどとコメント。三田友梨佳さんは、羽生選手のファンは演技だけじゃなく、強い意志や前向きなところ謙虚なところなど内面が好きな人が多い。ゴミが出ないことは、羽生選手の意思の強さがファンに影響しているとし、羽生選手に恥をかかせないファンの愛が溢れていたとコメントした。ボランティアがゴミ拾いを行ったが、集まったゴミは90リットルのゴミ袋6袋だけだった。実行委員会関係は、想定よりも少なく、協力に感謝しているなどとコメントしている。


「安藤優子」に関連するイベント情報

パレード

羽生凱旋パレードについてスタジオトーク。安藤優子さんは、帰りたくない気持ちが分かる、現実に戻りたくないなどとコメント。高橋克実さんは、この流れで飲みに行ったんじゃないかとコメント。パレードの運営資金は、Tシャツやラバーバンドの売り上げや、市民からの寄付約2000万円の総額約2億円。実行委員会関係者は、前回のパレードは約8900万円で差額を全額寄付予定だったことから、今回約1億1000万円を震災復興に寄付予定と見られている。羽生選手も、日本オリンピック委員会と日本スケート連盟からの報奨金約1000万円を、宮城県と仙台市にそれぞれ500万円を寄付。伊藤洋一さんと長谷川聖子さんは、行きたかったなどとコメント。長谷川さんは続けて、羽生選手の誠実な人柄が出ている、応援したくなった、誰も営利に走っていないところがいいとコメント。斎藤司さんは、こんなに人を集められる人はいないんじゃないか、バックお手振りを真似したいなどとコメント。三田友梨佳さんは、羽生選手のファンは演技だけじゃなく、強い意志や前向きなところ謙虚なところなど内面が好きな人が多い。ゴミが出ないことは、羽生選手の意思の強さがファンに影響しているとし、羽生選手に恥をかかせないファンの愛が溢れていたとコメントした。ボランティアがゴミ拾いを行ったが、集まったゴミは90リットルのゴミ袋6袋だけだった。実行委員会関係は、想定よりも少なく、協力に感謝しているなどとコメントしている。


「安藤優子」に関連するイベント情報

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレード

きのう仙台市午前8時、羽生選手の凱旋パレード5時間半前にもかかわらず、沿道には多くのファンの姿。きのうの仙台の最高気温は29.9℃。警備員は、こまめな水分補給と熱中症への注意を呼びかけていた。ファンの女性たちは、見てくれたら嬉しい、ありがとうと言おうと思うなどとコメント。地元のファンで構成されたピンクの帽子を被った集団の”チームピンクの”人たちはパレード限定Tシャツで揃え、お手製の横断幕を掲げている。番組の質問に対してオリンピックの前からファン、目立つために被っているとコメント。秘策として、”殿”と呼びかけたいと述べた。午後1時30分パレード開始。羽生選手は、喜びや見える風景、応援してくださる気持ちや声を胸に刻んで生きていきたいと思うなどと述べた。パレードは仙台駅近くの交差点から、目抜き通りを抜けて市役所までの約1.1km。ファンからの大歓声に応えるように、平昌五輪で披露した「SEIMEI」の決めポーズを披露。両脇のファンに同時に手を降ったり、背中に手を回し、後ろのファンに手を振る等の神対応が話題に。羽生選手もファンからの声援に圧倒される場面も。沿道にとどまらず美容室やホテル、カフェなどからも見る人たちがいた。羽生選手は”チームピンク”にも手を振った。チームピンクの人たちは、目が合った、熱い思いが相手に伝わったなどとコメント。

おととい午後6時過ぎ、パレード開始の19時間30分前。ファンの女川出身の佐々木さんと石巻出身の中條さんは徹夜でパレードを待つ。震災の復興支援をする羽生選手を知り、演技を見て虜になったという。佐々木さんは、震災で彼の存在を改めて認識したとコメント。後半のほうが羽生選手のテンションが上がるとみて、パレードの中間地点を確保。羽生選手に反応してほしいため、特性うちわを数種類作成。

きのう仙台市午前8時前、列に並んでいる東京から来た渡邉さん夫婦に質問したところ、コーヒーの列、店から見えるから並んでいると回答。穴場と調べて来た店は大行列で断念。ファン歴は5年、奥さんが好き、ご主人は付き合いだとコメント。暑いのに5時間待つのは大変だなどとも述べた。ご主人が飲み物と新聞を買い、場所を確保。

地元から駆けつけうちわを作成した、佐々木さんと中條さんは、羽生選手の気持ちが一番上がるパレードの中間地点で待機。羽生選手は手でハートマークを作ったり、Vサインなど最初からテンションが高い。2人の直前で後ろを向いてしまったが、彼女たちは、こっちを向いてくれたと興奮気味に語り、その後は撮影した写真に酔いしてれいた。

新聞で場所をとっていた夫婦の奥さんは、羽生選手を生で見れて嬉しい、かっこよかったと興奮気味。ご主人は写真は10枚くらい撮れた、青春そのものって感じ、いい顔が見られたから疲れが吹き飛んだなどとコメント。羽生選手はパレードについて、奥の方まで皆さんが待っててくれて声援を送ってくれたし、手を振ってくれた、そういう方々に届けばいいという気持ちでやっていたなどとコメント。ファンは、会えてうれしい、うちに帰りたくない、ついていきたいなどとコメント。

羽生凱旋パレードについてスタジオトーク。安藤優子さんは、帰りたくない気持ちが分かる、現実に戻りたくないなどとコメント。高橋克実さんは、この流れで飲みに行ったんじゃないかとコメント。パレードの運営資金は、Tシャツやラバーバンドの売り上げや、市民からの寄付約2000万円の総額約2億円。実行委員会関係者は、前回のパレードは約8900万円で差額を全額寄付予定だったことから、今回約1億1000万円を震災復興に寄付予定と見られている。羽生選手も、日本オリンピック委員会と日本スケート連盟からの報奨金約1000万円を、宮城県と仙台市にそれぞれ500万円を寄付。伊藤洋一さんと長谷川聖子さんは、行きたかったなどとコメント。長谷川さんは続けて、羽生選手の誠実な人柄が出ている、応援したくなった、誰も営利に走っていないところがいいとコメント。斎藤司さんは、こんなに人を集められる人はいないんじゃないか、バックお手振りを真似したいなどとコメント。三田友梨佳さんは、羽生選手のファンは演技だけじゃなく、強い意志や前向きなところ謙虚なところなど内面が好きな人が多い。ゴミが出ないことは、羽生選手の意思の強さがファンに影響しているとし、羽生選手に恥をかかせないファンの愛が溢れていたとコメントした。ボランティアがゴミ拾いを行ったが、集まったゴミは90リットルのゴミ袋6袋だけだった。実行委員会関係は、想定よりも少なく、協力に感謝しているなどとコメントしている。

凱旋パレードが終った直後に取材を続けていると人だかりを発見。人だかりの理由は羽生選手のそっくりさんの津崎桂一さん。素人とはいえ、そのこだわりは強く羽生選手の代名詞であるSEIMEI衣装は衣装担当に作ってもらった特注品で専用メイクさん月の本格派である。津崎さんは派で選手のファン500人と写真撮影をした。津崎さんは周りから似ていると言われたのをきっかけに4年前から羽生選手の大ファンになった。


羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレード実行委員会

きのう仙台市午前8時、羽生選手の凱旋パレード5時間半前にもかかわらず、沿道には多くのファンの姿。きのうの仙台の最高気温は29.9℃。警備員は、こまめな水分補給と熱中症への注意を呼びかけていた。ファンの女性たちは、見てくれたら嬉しい、ありがとうと言おうと思うなどとコメント。地元のファンで構成されたピンクの帽子を被った集団の”チームピンクの”人たちはパレード限定Tシャツで揃え、お手製の横断幕を掲げている。番組の質問に対してオリンピックの前からファン、目立つために被っているとコメント。秘策として、”殿”と呼びかけたいと述べた。午後1時30分パレード開始。羽生選手は、喜びや見える風景、応援してくださる気持ちや声を胸に刻んで生きていきたいと思うなどと述べた。パレードは仙台駅近くの交差点から、目抜き通りを抜けて市役所までの約1.1km。ファンからの大歓声に応えるように、平昌五輪で披露した「SEIMEI」の決めポーズを披露。両脇のファンに同時に手を降ったり、背中に手を回し、後ろのファンに手を振る等の神対応が話題に。羽生選手もファンからの声援に圧倒される場面も。沿道にとどまらず美容室やホテル、カフェなどからも見る人たちがいた。羽生選手は”チームピンク”にも手を振った。チームピンクの人たちは、目が合った、熱い思いが相手に伝わったなどとコメント。

おととい午後6時過ぎ、パレード開始の19時間30分前。ファンの女川出身の佐々木さんと石巻出身の中條さんは徹夜でパレードを待つ。震災の復興支援をする羽生選手を知り、演技を見て虜になったという。佐々木さんは、震災で彼の存在を改めて認識したとコメント。後半のほうが羽生選手のテンションが上がるとみて、パレードの中間地点を確保。羽生選手に反応してほしいため、特性うちわを数種類作成。

きのう仙台市午前8時前、列に並んでいる東京から来た渡邉さん夫婦に質問したところ、コーヒーの列、店から見えるから並んでいると回答。穴場と調べて来た店は大行列で断念。ファン歴は5年、奥さんが好き、ご主人は付き合いだとコメント。暑いのに5時間待つのは大変だなどとも述べた。ご主人が飲み物と新聞を買い、場所を確保。

地元から駆けつけうちわを作成した、佐々木さんと中條さんは、羽生選手の気持ちが一番上がるパレードの中間地点で待機。羽生選手は手でハートマークを作ったり、Vサインなど最初からテンションが高い。2人の直前で後ろを向いてしまったが、彼女たちは、こっちを向いてくれたと興奮気味に語り、その後は撮影した写真に酔いしてれいた。

新聞で場所をとっていた夫婦の奥さんは、羽生選手を生で見れて嬉しい、かっこよかったと興奮気味。ご主人は写真は10枚くらい撮れた、青春そのものって感じ、いい顔が見られたから疲れが吹き飛んだなどとコメント。羽生選手はパレードについて、奥の方まで皆さんが待っててくれて声援を送ってくれたし、手を振ってくれた、そういう方々に届けばいいという気持ちでやっていたなどとコメント。ファンは、会えてうれしい、うちに帰りたくない、ついていきたいなどとコメント。

羽生凱旋パレードについてスタジオトーク。安藤優子さんは、帰りたくない気持ちが分かる、現実に戻りたくないなどとコメント。高橋克実さんは、この流れで飲みに行ったんじゃないかとコメント。パレードの運営資金は、Tシャツやラバーバンドの売り上げや、市民からの寄付約2000万円の総額約2億円。実行委員会関係者は、前回のパレードは約8900万円で差額を全額寄付予定だったことから、今回約1億1000万円を震災復興に寄付予定と見られている。羽生選手も、日本オリンピック委員会と日本スケート連盟からの報奨金約1000万円を、宮城県と仙台市にそれぞれ500万円を寄付。伊藤洋一さんと長谷川聖子さんは、行きたかったなどとコメント。長谷川さんは続けて、羽生選手の誠実な人柄が出ている、応援したくなった、誰も営利に走っていないところがいいとコメント。斎藤司さんは、こんなに人を集められる人はいないんじゃないか、バックお手振りを真似したいなどとコメント。三田友梨佳さんは、羽生選手のファンは演技だけじゃなく、強い意志や前向きなところ謙虚なところなど内面が好きな人が多い。ゴミが出ないことは、羽生選手の意思の強さがファンに影響しているとし、羽生選手に恥をかかせないファンの愛が溢れていたとコメントした。ボランティアがゴミ拾いを行ったが、集まったゴミは90リットルのゴミ袋6袋だけだった。実行委員会関係は、想定よりも少なく、協力に感謝しているなどとコメントしている。

凱旋パレードが終った直後に取材を続けていると人だかりを発見。人だかりの理由は羽生選手のそっくりさんの津崎桂一さん。素人とはいえ、そのこだわりは強く羽生選手の代名詞であるSEIMEI衣装は衣装担当に作ってもらった特注品で専用メイクさん月の本格派である。津崎さんは派で選手のファン500人と写真撮影をした。津崎さんは周りから似ていると言われたのをきっかけに4年前から羽生選手の大ファンになった。


森友

事務次官の音声データをもとに日本音響研究所がデータ分析をした。結果、事務次官の音声と90%一致。音声解析の結果、個室ではなくオープンなスペース。3〜4人の声が入っている。カウンターのあるバーのような空間。氷を削る音はICレコーダーから約1.7mの距離があるのではとされている。約50秒の音声に3つのバリエーションがある。1つ男性の歌のBGM。2つ目はBGMなし。3つ目は氷を削る音+ジャズ。時間や場所が変わった可能性も考えられる。千葉音声研究所によると、編集痕があることを指摘。一連の流れではなく編集されたものの可能性も。事務次官の会話の流れにつちえ高橋茂雄は「会話の内容とおっぱい触っていい?がモテない」「森友問題に挟んでいるのがタチが悪い」など、安藤優子は「全然脈絡ないですよね」など、高橋克実は「女性の方はこういう感じなのはわかっている対応ですよね」など述べた。


千葉音声研究所

事務次官の音声データをもとに日本音響研究所がデータ分析をした。結果、事務次官の音声と90%一致。音声解析の結果、個室ではなくオープンなスペース。3〜4人の声が入っている。カウンターのあるバーのような空間。氷を削る音はICレコーダーから約1.7mの距離があるのではとされている。約50秒の音声に3つのバリエーションがある。1つ男性の歌のBGM。2つ目はBGMなし。3つ目は氷を削る音+ジャズ。時間や場所が変わった可能性も考えられる。千葉音声研究所によると、編集痕があることを指摘。一連の流れではなく編集されたものの可能性も。事務次官の会話の流れにつちえ高橋茂雄は「会話の内容とおっぱい触っていい?がモテない」「森友問題に挟んでいるのがタチが悪い」など、安藤優子は「全然脈絡ないですよね」など、高橋克実は「女性の方はこういう感じなのはわかっている対応ですよね」など述べた。

きのう財務省から届いた5枚の刷り物のうち4枚目がスタッフが疑問に思ったものがあった。「女性記者との間で、週刊誌報道で詳細に記載されているようなやりとり(また、音声データおよび女性記者の発言として画面に表示されたテロップで構成されるやりとり)をしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない」。デイリー新潮のWEB動画には女性記者と事務次官との会話で事務次官が「予算通ったら浮気するか」とやり取りする場面があるが、千葉音声研究所の解析によると事務次官が「じゃあ(個人名)最後は一緒やね?」と話している解析結果が出た。「予算通ったら浮気するか」と報道された内容はデジタル解析の結果、誤ったテロップではないかとされている。千葉音声研究所によると声紋鑑定の証拠能力はDNA鑑定、指紋鑑定に次ぐ程度。音声だけでは本人と特定するには難しいという。財務省が強気なのは音源だけでは本人特定が難しいことのあらわれか?柿崎明二は事務次官の話し方について「愛媛県の文書に対する前首相秘書官の答え方が会ってないと言いながら会ったとされる中身を否定する。印象論ですけど非常に似ていますよね。何段階か防波堤を築いている形の答え方」など述べた。


日本音響研究所

事務次官の音声データをもとに日本音響研究所がデータ分析をした。結果、事務次官の音声と90%一致。音声解析の結果、個室ではなくオープンなスペース。3〜4人の声が入っている。カウンターのあるバーのような空間。氷を削る音はICレコーダーから約1.7mの距離があるのではとされている。約50秒の音声に3つのバリエーションがある。1つ男性の歌のBGM。2つ目はBGMなし。3つ目は氷を削る音+ジャズ。時間や場所が変わった可能性も考えられる。千葉音声研究所によると、編集痕があることを指摘。一連の流れではなく編集されたものの可能性も。事務次官の会話の流れにつちえ高橋茂雄は「会話の内容とおっぱい触っていい?がモテない」「森友問題に挟んでいるのがタチが悪い」など、安藤優子は「全然脈絡ないですよね」など、高橋克実は「女性の方はこういう感じなのはわかっている対応ですよね」など述べた。

きのう財務省から届いた5枚の刷り物のうち4枚目がスタッフが疑問に思ったものがあった。「女性記者との間で、週刊誌報道で詳細に記載されているようなやりとり(また、音声データおよび女性記者の発言として画面に表示されたテロップで構成されるやりとり)をしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない」。デイリー新潮のWEB動画には女性記者と事務次官との会話で事務次官が「予算通ったら浮気するか」とやり取りする場面があるが、千葉音声研究所の解析によると事務次官が「じゃあ(個人名)最後は一緒やね?」と話している解析結果が出た。「予算通ったら浮気するか」と報道された内容はデジタル解析の結果、誤ったテロップではないかとされている。千葉音声研究所によると声紋鑑定の証拠能力はDNA鑑定、指紋鑑定に次ぐ程度。音声だけでは本人と特定するには難しいという。財務省が強気なのは音源だけでは本人特定が難しいことのあらわれか?柿崎明二は事務次官の話し方について「愛媛県の文書に対する前首相秘書官の答え方が会ってないと言いながら会ったとされる中身を否定する。印象論ですけど非常に似ていますよね。何段階か防波堤を築いている形の答え方」など述べた。