ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「安藤優子」の検索結果

「安藤優子」に関連する情報 2000件中 1〜10件目

サザンビーチちがさき

ライフセーバーについてトーク。安藤優子は「やっぱり頼りになるなと思いますね。ダメだと言われても何で入っていく人がいるんですかね」と話すと、木村太郎は「僕が海で遊んでいた頃は、こういう人たちがいなかった。僕から言えば最近のことですね」と話した。


フジテレビ

安藤優子が、逸見政孝の葬儀を中継したエピソードを語った。安藤優子が、テレビは誠実に向き合えばその人を誠実に映し出すということを、逸見政孝は教えてくれたと語った。


フジテレビ

安藤優子が、逸見政孝の葬儀を中継した映像を紹介。このあと、安藤優子が今だから語る、恩師・逸見政孝への思い。


フジテレビ

逸見政孝の葬儀には、5千人の弔問客が訪れた。逸見政孝の棺を乗せた車は各テレビ局をまわり、フジテレビでは社員500人が見送った。


胃がん

安藤優子が、逸見政孝の闘病日記を読み上げた。逸見政孝は、「敗者の気分」と闘病日記に書いていた。

逸見政孝の闘病の様子を再現ドラマで紹介。逸見政孝の娘が、闘病中の父親の様子を語った。1993年12月24日、逸見政孝は意識不明となり、翌日死亡した。


胃がん

1993年9月6日、逸見政孝は記者会見で、胃がんの手術を受けていたことを公表し、治療のために休養することを発表した。当時は、がんは不治の病であると考えられていた。安藤優子が、逸見政孝が記者会見を行った心境を語った。

逸見政孝が、胃のすべてを摘出する手術を受けた。安藤優子が、手術後の逸見政孝をお見舞いに行ったエピソードを語った。このあと、直筆の闘病日記に書かれていた本音。


十二指腸潰瘍

フリーアナウンサーとなった逸見政孝は、バラエティー番組の司会として活躍。世田谷区に豪邸を建設したが、初期のがんを宣告されていた。FNNスーパータイムの生放送直前に逸見は倒れて、病院に搬送され、胃がんの手術を受けた。しかし、胃がんであることは公表されなかった。


胃がん

フリーアナウンサーとなった逸見政孝は、バラエティー番組の司会として活躍。世田谷区に豪邸を建設したが、初期のがんを宣告されていた。FNNスーパータイムの生放送直前に逸見は倒れて、病院に搬送され、胃がんの手術を受けた。しかし、胃がんであることは公表されなかった。

逸見政孝の家族は、手術後に医者から5年生存率はかなり低いと宣告された。逸見正孝の妻は、他の病院で診察してもらうように夫に提案したが、逸見正孝は拒否した。


スポニチ

フリーアナウンサーとなった逸見政孝は、バラエティー番組の司会として活躍。世田谷区に豪邸を建設したが、初期のがんを宣告されていた。FNNスーパータイムの生放送直前に逸見は倒れて、病院に搬送され、胃がんの手術を受けた。しかし、胃がんであることは公表されなかった。


善教寺

逸見政孝さんは大阪府生まれ。アナウンサーを目指し早稲田大学に入学した。逸見正孝と大学の同級生で、現在は住職をしている松倉悦郎さんが、出会ったときの彼はまだ大阪弁が抜けきれていなかったが、彼の下宿にはその日に間違えたアクセントが黒板に書いてあったと語った。逸見正孝は1968年にフジテレビに入社。安藤優子が、スーパータイムで逸見政孝と共演したエピソードを語った。逸見政孝は、1988年にフリーアナウンサーに転身する。