ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「安藤優子」の検索結果

「安藤優子」に関連する情報 1634件中 1〜10件目

「安藤優子」に関連するイベント情報

エビアン選手権

引退を表明している宮里藍選手がエビアン選手権の最終日を終えてホールアウトした。宮里藍選手は2003年で現役高校生でプロ転向し、2004年には初優勝した。2006年からはアメリカツアーに参戦するようになり、2010年には世界ランキング1位になった。宮里藍選手は「自分自身悔いなく最後までやれたと思う」と語った。

スタジオでは宮里藍選手の引退について話題になった。エビアン選手権の最後のパットは色々な思いがめぐっていたのではないかと安藤優子は語った。


赤痢

安藤優子が、今回の事件で二次感染の可能性が出てきたとニュースをまとめて説明。菊名記念病院の角田隆文を交えてトークをする。死亡した女児は8月11日に家族含め11人で、でりしゃす六供店で買った7品目の惣菜を昼食として食べた。一緒に感染した60代女性と同じものは4品目で加熱された食品ばかり。ポテトサラダは食べていない。でりしゃす六供店が指摘された衛生管理不備は、トングの使い方ではないかという指摘がきのう、市役所の会見であり、「食品ごとに使い分ける決まりだが、混じることがあった」とのこと。安藤は「ホテルのバイキングでもトングがあちこちに散乱していることはありますよね」と話した。また長谷川聖子は「食品の上にトングが置いてあることもよくありますよ」と話した。また大村正樹は、トングや食品に見立てた毛糸、菌に見立てたケチャップを使って感染経路の可能性についてプレゼンテーションした。角田は感染経路について「握手をした手を口に持っていくだけで移ります」と話した。大村は「それほどO157が強い感染力を持っているということを覚えておいてください」とした。


菊名記念病院

安藤優子が、今回の事件で二次感染の可能性が出てきたとニュースをまとめて説明。菊名記念病院の角田隆文を交えてトークをする。死亡した女児は8月11日に家族含め11人で、でりしゃす六供店で買った7品目の惣菜を昼食として食べた。一緒に感染した60代女性と同じものは4品目で加熱された食品ばかり。ポテトサラダは食べていない。でりしゃす六供店が指摘された衛生管理不備は、トングの使い方ではないかという指摘がきのう、市役所の会見であり、「食品ごとに使い分ける決まりだが、混じることがあった」とのこと。安藤は「ホテルのバイキングでもトングがあちこちに散乱していることはありますよね」と話した。また長谷川聖子は「食品の上にトングが置いてあることもよくありますよ」と話した。また大村正樹は、トングや食品に見立てた毛糸、菌に見立てたケチャップを使って感染経路の可能性についてプレゼンテーションした。角田は感染経路について「握手をした手を口に持っていくだけで移ります」と話した。大村は「それほどO157が強い感染力を持っているということを覚えておいてください」とした。


でりしゃす六供店

先月、埼玉・群馬の惣菜店で販売されたポテトサラダなどを食べた20人以上の客からO157が相次いで検出された問題ででりしゃす六供店の惣菜を食べた女児がO157に感染し、死亡した。女児が食べたのはタケノコの炒め物とエビの炒め物で前橋市保健所は二次汚染の可能性があると指摘。六供店の惣菜は客がトングでよそう形で販売されていて、前橋市はでりしゃすの従業員の検便や調理器具の拭き取り検査などを実施。さらに当初、感染源と疑われたポテトサラダの工場も検査している。これまでの検査でO157は検出されておらず、客がO157を店舗内に持ち込み、感染が拡大した可能性が浮上している。しかし、そうなると複数の店舗で食中毒が発生していることの整合性がとれず、前橋市はトイレで手を洗わない客がサラダをよそった可能性などを指摘。前橋市は今後さらに詳しく調べるとしているが、感染経路はいまだ不明のままとなっている。2011年には焼肉店でユッケなどを食べた117人がO157による食中毒になり、5人が死亡した。亡くなった男性はユッケを食べた翌日か激しい腹痛の症状があり、その後男性は溶血性尿毒症症候群を発症。意識不明となり、半年後に命を落とした。

安藤優子が、今回の事件で二次感染の可能性が出てきたとニュースをまとめて説明。菊名記念病院の角田隆文を交えてトークをする。死亡した女児は8月11日に家族含め11人で、でりしゃす六供店で買った7品目の惣菜を昼食として食べた。一緒に感染した60代女性と同じものは4品目で加熱された食品ばかり。ポテトサラダは食べていない。でりしゃす六供店が指摘された衛生管理不備は、トングの使い方ではないかという指摘がきのう、市役所の会見であり、「食品ごとに使い分ける決まりだが、混じることがあった」とのこと。安藤は「ホテルのバイキングでもトングがあちこちに散乱していることはありますよね」と話した。また長谷川聖子は「食品の上にトングが置いてあることもよくありますよ」と話した。また大村正樹は、トングや食品に見立てた毛糸、菌に見立てたケチャップを使って感染経路の可能性についてプレゼンテーションした。角田は感染経路について「握手をした手を口に持っていくだけで移ります」と話した。大村は「それほどO157が強い感染力を持っているということを覚えておいてください」とした。


デイリースポーツ

安藤優子が高橋克実に「関口さんが仰ったんですが、鳳さんとかに一度は自分の気持をブログに書いたほうが良いという話し、これについてどう思います?」と話題を振り、高橋は「舞台が始まる前の話ですから、ブログ内の『愛する舞台を』みたいな表現とは食い違って聞こえる」といった意見で返した。関口忠相は「(タイミングについて)気遣いがなかったという指摘は反省すべきところ」とコメント。ただ、このブログが降板の後に公開されたものだということは話された。長谷川聖子は「この文章によるざわざわ感が客に伝わるのは」と指摘した。関口は「もちろん今までに指摘されたことに関しては反省すべき点だが、事務所、そして私の責であって、彼女たちのものではない。そして彼女たちのファンに応えられることなども含めての対応だった」とコメント。また安藤は江頭美智留のマネージャーが関口から脅されたと主張していることに触れ、関口は「降板のため出演料を断ったら、江頭の気持ちだと言われた。その際、ではそれは出演料としてではないですよという話しをした。」と説明した。


任侠山口組

きのう、午前10時5分に神戸市の住宅街で発砲事件が発生した。任侠山口組の車3台が路地から大通りへ出ようとすると敵対する神戸山口組の車が突っ込んできた。そして双方、車から降りてくると2回、銃声が聞こえた。銃撃の実行犯は3人とみられ、マシンガンのようなものを持っていたとの情報もあがっている。実行犯は銃を持ったまま走って逃走したとのこと。神戸山口組の関係者が任侠山口組の代表を狙ったものとみられる。撃たれたのは代表のボディーガードと見られる男性で銃弾は頭に命中し、死亡した。防犯カメラには黄緑色の服の男性も映っていて、吉川氏は大変計画性にもとづいて行われたものがうかがわれると話した。現場近くには任侠山口組代表の自宅があり、現場から150m先の小学校ではけさ、集団登校が行われた。近隣住民は以前から不安を抱えていたという。任侠山口組は今年4月に代表らが神戸山口組を離脱して結成した新組織で近所の人の話ではそれ以来、警察が24時間周辺を警備している。兵庫県警は神戸山口組の関係者が代表を狙ったとみて実行犯の行方を追っている。

代表は午前10時ごろ、車列を組んで出るのだが、代表は車列の乗る順番にあまりこだわりを持っておらず、いつも前の車に乗るということもあったという。収束は難しいと専門家は話していて、安藤優子は銃を持った人物が歩いているなんて考えただけでも恐ろしいとコメント。


上野

上野の赤ちゃんパンダについてトークを展開した。安藤優子が「どうにかして測定係やってみたい」など話した。また過去に上野動物園にいたパンダ・トントンの名前候補の落選理由を紹介した。


パンダ

生後90日目を迎えた上野動物園の赤ちゃんパンダの最新映像を公開。生後80日の頃と比較すると埋まっていた耳が外側に出るようになりパンダらしくなってきた。また目の前の物をある程度認識出来るようになるなど成長が確認できた。前回の測定時に比べ体重は約1キロ、身長は約7センチ増えた。生まれたての赤ちゃんに白黒模様はないが段々とパンダらしく成長した。足腰も強くなりハイハイをする時間や1人の時間も増えたが未だ母・シンシンに甘える姿が確認された。間もなく生後100日、いったいどんな名前になるのだろうか。

上野の赤ちゃんパンダについてトークを展開した。安藤優子が「どうにかして測定係やってみたい」など話した。また過去に上野動物園にいたパンダ・トントンの名前候補の落選理由を紹介した。

上野の赤ちゃんパンダの名前予想。「カツカツ」と予想した高橋克実が「三軒茶屋のある店のママはこうやって呼んでくれます」など話した。


日本ファーストの会

民進党を離党した細野豪志元環境相は昨日、小池都知事・若狭勝氏と会談した。日本ファーストの会との連携が注目される小池都知事だが、あくまで「スピード感を持って国政政党にしていくことが大事」とエールを送るに留まったという。一方、民進党内には5人の議員が離党の動きを見せていて、安藤優子は「前原氏は対応に頭を悩ませているのでは」などとコメントした。


近畿財務局

大阪府から補助金およそ9250万円をだまし取ったとして、森友学園の前理事長夫妻が再逮捕された。大阪地検特捜部は今日にも起訴するという。しかし国有地が8億円以上値引きされ売却されたのかという疑問が一番のもの。先月容疑者と近畿財務局の担当者との値引き交渉の音声記録を入手した。去年、小学校建設予定だった国有地地下から大量のゴミが出てきたと言うが、音声では容疑者がそれを理由に売却価格の値引きを迫るようなものがあった。音声データでは、国側の職員はゴミが出てきたことを知らなかったとした上で、「そういうストーリーはイメージしている」との発言をしている。8億円値引きのストーリーははじめからあったのか。さらに工事業者と見られる人物も「認識を統一したほうが良いなら合わせるが、ごみが地下から出てきたとは伝えていない」などと発言していた。存在しないゴミをあるとして口裏合わせをしていたのか。その後容疑者の思惑通り、国有地は破格の値段で売却された。近畿財務局の元職員は、現役職員からは「まずい処理だった」との声が上がっていると話す。近畿財務局は音声データについて、録音状況などが確認できずコメントできないとしている。

安藤優子は、音声データが本物だとしたらこれは前理事長たちだけでなく、それを一緒にやった国の責任も追求されるべきだと話す。新たな音声データの内容について。被告側には前理事長の被告夫妻と工事業者、代理人弁護士が出席し、国側は近畿財務局の当時の国有財産統括官とみられる人物と職員の2人が出席していた。2015年に学園側が地中のゴミを撤去する工事をしており、翌年に新たなゴミを発見、被告夫妻は財務省で面談し昭恵夫人の名前を出した。その際財務省職員は、売買交渉は近畿財務局でするよう促した。近畿財務局と協議を始めた前後の3月下旬に新たな音声データは録音されたとされる。その後交渉を重ね、被告側は値下げ交渉をしていたが、音声データでは国側も値下げの方向で話をしていたのではと思わせる内容が話された。国側の職員の話からすると、国側にはごみがあってもなくても8億円値引きしたいとの意図にも感じられる。また工事業者側からは、「ゴミが出た」との国のストーリーに従ってもいいが、自分達から「ゴミが出た」といったわけではないと指摘している様子だった。また8億円値引きは最初から決まっていたという工事関係者もいる。安藤優子は、国が被告の顔色をうかがうかのような形で話をするめるのであれば、被告サイドに便宜を図ろうとする意志がありありだったとコメントした。