ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「安藤優子」の検索結果

「安藤優子」に関連する情報 1964件中 1〜10件目

「安藤優子」に関連するグルメ情報

オイソン

安藤優子は米朝首脳会談の裏テーマとして、「2人の化学反応」というテーマを見出している。これを表しているのが会談冒頭の2人の握手だったと安藤優子は分析、金正恩はトランプ大統領に話しかける際に大統領閣下という最大級の尊敬の言葉を選んでいた、これは北朝鮮国内でどう呼称するのかが注目される。握手の瞬間は真ん中に歩み寄って握手をし、トランプ大統領は金正恩の右肩に触れている、トランプ大統領が上位にいるという力関係の誇示をアピールしたものと安藤優子は分析しているが、風間晋はそこまで深読みをしておらず気遣いが感じられるものだったと評価している。両首脳は写真撮影のあとに1対1で45分会談を行い、その後側近も含めた拡大会合を行った。その後ワーキングランチを共にし、話を続けた。ワーキングランチで注目したのは、オイソンというキュウリの甘酢がけにした韓国料理を食べる際に必要なお箸は少なくとも北朝鮮側が置かれていたという。これにはシンガポール政府の配慮もみられると分析された。


週刊文春

週刊文春によると、日大の理事長は先月21日に前監督に対し辞表を書くよう命令。その時に前監督は「俺を切るんですか。すべて公にしますよ」と述べていた。日本大学の評議員によると、「前監督の辞任は避けられないのでは?」「理事長の不正経理・運営瑕疵などがないと責任問題に至らないのでは?」「もともと日大130周年記念事業の陣頭指揮の担当だった理事長は来年の事業終了後、勇退という雰囲気があった。理事長に代わる人がいるのかな…という声も」などの話をされていた。安藤優子は前監督と理事長のやりとりについて「衝撃的なやりとりですよね。そこに含まれているものは一体何なのか、何を意味するのか知りたくないですか?」など述べ、三田友梨佳は「ここまで来るとアメフトとは別の話になる」など述べた。


日本大学

日大会館前から中継。定例の理事会は約1時間で終了。きのうは日大教職員組合の方々から理事長らの辞任を求める要求書が提出されたこともあり、きょうも多くの記者が集まっている。取材班は理事会ではどういった内容が話されるのか、誰が出席するのかは一切知らされていなかった。日大会館前では広報の者がメディアに対応。その時も詳しい内容は伝えられない、理事会終了後にFAXで知らせるとの一点張りだった。記者の中には「それだとまた日大の対応に批判が集まりますよ」と話すシーンもあった。理事会終了後、前監督の辞任を承認するFAXがメディア各社へ送られた。16時には文科省で学長含め日大役員らとスポーツ庁関係者の面会が行われる。その後に会見が行われる情報が入っている。まだ理事長の姿は確認できてない。広報の者も理事長の出席に関しては答えられないとのこと。ただ、前監督に関しては病院へ入院されていると答えた。

週刊文春によると、日大の理事長は先月21日に前監督に対し辞表を書くよう命令。その時に前監督は「俺を切るんですか。すべて公にしますよ」と述べていた。日本大学の評議員によると、「前監督の辞任は避けられないのでは?」「理事長の不正経理・運営瑕疵などがないと責任問題に至らないのでは?」「もともと日大130周年記念事業の陣頭指揮の担当だった理事長は来年の事業終了後、勇退という雰囲気があった。理事長に代わる人がいるのかな…という声も」などの話をされていた。安藤優子は前監督と理事長のやりとりについて「衝撃的なやりとりですよね。そこに含まれているものは一体何なのか、何を意味するのか知りたくないですか?」など述べ、三田友梨佳は「ここまで来るとアメフトとは別の話になる」など述べた。

理事会では日大が第三者委員会が設置したこともFAXで報告。当該選手の主張と監督・コーチの主張が大きく異なっていることから日大としてはアメフト部の対応では十分な事業関係及び原因の究明をすることができないとして設置の判断をしたとしている。第三者委員会はきのう誕生。結果報告は7月の下旬となるという。前監督はこの調査を待たずして辞めた形に。大村正樹は「ただこれで発足し、7月下旬に一定の結論がでると、フェニックスの人たちも動き出せる環境になるのかなと思う。それじゃ遅いかもしれませんけどね」など述べた。


日大

日本レスリング協会の記事について安藤優子は「栄監督は加害者側なのに同情的に描かれているのが違和感を持つ」と話した。木村太郎は「記事は栄監督を救うための記事で、東京オリンピックに向けて重要な核になる人物だということをレスリング協会に言うためで、なおかつ日大アメフト問題よりマシだということで記事が出た」と話した。

日大アメフト部の話題。アメフト部OBは、コーチ陣を縛っていた前監督の圧力について語った。番組の取材では、加害選手を救えなかったコーチ陣の現実が見えてきた。


「安藤優子」に関連するイベント情報

東京オリンピック

日本レスリング協会の記事について安藤優子は「栄監督は加害者側なのに同情的に描かれているのが違和感を持つ」と話した。木村太郎は「記事は栄監督を救うための記事で、東京オリンピックに向けて重要な核になる人物だということをレスリング協会に言うためで、なおかつ日大アメフト問題よりマシだということで記事が出た」と話した。


日本レスリング協会HP

おととい日本レスリング協会HPはアメフトタックル問題で話題の「乖離」という言葉を使い、栄和人監督が指導者として復活したことを伝えていた。

きのう、日本レスリング協会のホームページに、伊調馨選手へのパワハラ騒動以降、自宅療養していたはずの栄和人監督の最新写真が記事と共に掲載された。記事は栄監督の雄姿を褒め称える内容で、アメフトタックル問題で話題の”乖離”という言葉を使い、指導者と選手との良好な関係性を強くアピール。写真には熱心に女子選手の指導をする栄監督の姿が写っていた。一方、パワハラを受けたと主張する伊調選手は、先月18日、ニューヨークで記者に囲まれた際、東京五輪へ向けて練習をしているが、復帰の見通しは立っていないと明かしている。

当事者が警鐘を鳴らす中、きのう、レスリング協会に突然掲載された”栄監督復活”の記事。記事には志学館学長の「選手全員が今後も栄監督の指導を受けることを望んでいる」というコメントも載っていた。一方、至学館大学レスリング部OGは、栄監督から受けた壮絶なパワハラを明かし、記事について「順番をわきまえたほうが良い」「指導開始前に謝罪をするべき」と指摘した。また、一連の”パワハラ問題”の告発者である安達巧コーチは「一体何人の方が今回のパワハラ問題で危機感を感じているのか」と怒りを露わにした。今回の記事は既に削除されており、協会関係者は「担当者が協会のチェックなしで載せてしまった」「協会の見解ではない」と釈明している。

きのう日本レスリング協会が内閣府に報告書を提出する期限の日だが、協会として栄監督への処分も決まっていなく、伊調選手のサポート体制が整っていない中で協会HPで栄監督を絶賛する記事が出た。きのう番組は内閣府へ取材をかけ内閣府職員は「報告書は午後5時に届いた」と話した。記事はおととい深夜に掲載され、きのう午後2時前に記事が削除された。ホームページのタイトルで日大アメフト問題で使われた乖離という言葉を使用していることについて小林信也は「わざわざこれをつかう良識はない」と話した。 石井てる美は「報告書を提出したあとでも記事は表に出さないような感覚になる」と話した。安藤優子は「乖離があるからこういう記事を書く」と話した。


関東学生アメリカンフットボール連盟

日大アメフト部の現役部員が現役部員の現状とコーチ陣との関係を語った。日大アメフト部の現役部員らは「現在、全体練習はせずに自主練をしている。全部選手主体でやっていて、最近はコーチの顔も見てない。今までコーチたちと選手たちの信頼関係が全然なかった。辞任の意向を示したコーチ2人は、前監督に気に入られてて、特に1、2年生は怖くて話もできなかった。最初は、辞任の移行を示したコーチらも含めたコーチ陣とも話したが、選手主体でやっていくことを決意した」「危険タックルをした選手が会見した前後に選手とコーチでミーティングを開いた。コーチ陣に危険タックルをした選手の今後を聞いたが、何の説明もなかった」「コーチらに、「もう一度日大フェニックスでやり直そう」と言われたが、選手のことを考えているように思えなかった」などと話した。日大は、関東学生アメリカンフットボール連盟から今年度の公式試合出場資格停止処分を受けたので現在は全体練習ができてない。

関学被害選手側が警視庁へ告訴状を提出し受理された。田村勇人は、「告訴状を受理すると、捜査義務・報告義務が発生する。警察も捜査・報告の意思があるということ。送検や起訴なども視野に動いているということ。」などとコメント。タックルした選手から、「会見で話した以上に話すことはない。私及び家族への支援の気持ちはありがたい。被害選手が試合に復帰されたことを知り、安堵した。今後の活躍をお祈りしている。関東学生アメリカンフットボール連盟からの処分を重く受け止めている。警察をはじめ捜査機関による聴取は進んで応じる。私の反則行為によって、チームの皆様に迷惑をかけたことに、あらためてお詫び申し上げます。」などとコメントが発表された。安藤優子は、「ようやく自分が正しかったことが裏付けられたことについて、文句を1つも書いていない。」などとコメント。


大阪府警

関学被害選手側が警視庁へ告訴状を提出し受理された。田村勇人は、「告訴状を受理すると、捜査義務・報告義務が発生する。警察も捜査・報告の意思があるということ。送検や起訴なども視野に動いているということ。」などとコメント。タックルした選手から、「会見で話した以上に話すことはない。私及び家族への支援の気持ちはありがたい。被害選手が試合に復帰されたことを知り、安堵した。今後の活躍をお祈りしている。関東学生アメリカンフットボール連盟からの処分を重く受け止めている。警察をはじめ捜査機関による聴取は進んで応じる。私の反則行為によって、チームの皆様に迷惑をかけたことに、あらためてお詫び申し上げます。」などとコメントが発表された。安藤優子は、「ようやく自分が正しかったことが裏付けられたことについて、文句を1つも書いていない。」などとコメント。


関西学院大学

関学被害選手側が警視庁へ告訴状を提出し受理された。田村勇人は、「告訴状を受理すると、捜査義務・報告義務が発生する。警察も捜査・報告の意思があるということ。送検や起訴なども視野に動いているということ。」などとコメント。タックルした選手から、「会見で話した以上に話すことはない。私及び家族への支援の気持ちはありがたい。被害選手が試合に復帰されたことを知り、安堵した。今後の活躍をお祈りしている。関東学生アメリカンフットボール連盟からの処分を重く受け止めている。警察をはじめ捜査機関による聴取は進んで応じる。私の反則行為によって、チームの皆様に迷惑をかけたことに、あらためてお詫び申し上げます。」などとコメントが発表された。安藤優子は、「ようやく自分が正しかったことが裏付けられたことについて、文句を1つも書いていない。」などとコメント。


日大

関東学生アメフト連盟の会見についての話題。自分たちが疑問に感じていたことを連盟はバサッと斬ってくれた、その背景には観客の証言などもあったのだと安藤優子が話した。